PR

水拭きができるスティッククリーナーで掃除の質が変わるってよ

スポンサーリンク

水拭きができるスティッククリーナーがポンポンと登場しているので、新製品を含めておすすめを紹介していきます。

3行でわかる「水拭き掃除機のスティッククリーナー」
  • 機能と使い勝手: やっぱり一回で拭き掃除もできちゃうのは楽ちん。
  • 技術的進歩: バッテリーや防水性の向上で、水拭き掃除機が増えている、ただし粗悪品には注意したほうがいい
  • 製品選びのポイント: 購入時にはメーカーの評判、商品レビュー、安全性認証、製品の保証、適切な価格設定などを確認することが重要。

スポンサーリンク

2024年水拭き掃除機でおすすめのスティッククリーナーランキング

2024/03/20時点での情報収集で「いいな」と思った「水拭きスティッククリーナー」について紹介したいと思います。

スティッククリーナー:「Dyson Submarine™ウェットローラーヘッド」

水拭き掃除機「Dyson Submarine™ウェットローラーヘッド」について紹介します。

「Dyson Submarine™ウェットローラーヘッド」の特徴

  • 一台で掃除から水拭きまでを行うことができ、掃除のストレスを解消します。
  • ローラーモーターは毎分900回転し、液体や皮脂、汚れ、ゴミを吸着します。ステンレス製のスクレイパーがこれらの汚れをかき取り、汚水トレイで排出します。
  • ウェットローラーヘッドはローラーの装着を自動で検知し、吸引を停止して水拭きモードに切り替わります。

「Dyson Submarine ウェットローラーヘッド」のメリット、デメリット

  • メリット:ローラーは一般的な家庭用抗菌洗剤で洗うことが可能で、手洗いや食器洗浄機でも清潔に保つことができます。また、Dyson V12 Detect Slimを含む掃除機で使用でき、通常の吸引モードと水拭きモードの間をインテリジェントに切り替えることが可能です。
  • デメリット:畳やカーペットの掃除には別売りのツールが必要です。また、マシンのパフォーマンスを維持するために、使用頻度に応じて約6ヶ月ごとにローラーの交換が必要です。

スティッククリーナー:「マッハ V1 Ultra」

水拭き掃除機「マッハ V1 Ultra」について紹介します。

「マッハ V1 Ultra」の特徴

  • スチームとオゾン水によるW除菌機能を搭載し、細菌の99.9%を取り除く能力がある。
  • 最大82分間の連続使用が可能で、掃除後は製品本体および水拭きブラシの洗浄や除菌、乾燥までボタン一つの操作で自動で行うセルフクリーニング機能を搭載。
  • 急速床乾燥機能により水拭き掃除をした後に水分や拭き跡が残ることがない。

「マッハ V1 Ultra」のメリット、デメリット

  • メリット:高性能の吸引力、スチームとオゾン水による除菌機能、セルフクリーニング機能、82分間の連続使用が可能な長寿命バッテリー、急速床乾燥機能等があり、特にペットや小さな子供がいる家庭からの評価が高い。
  • デメリット:一部のユーザーからは高価格が指摘されている可能性がある。また、製品の重さが約5.7kgと、一部のユーザーにとっては重たいと感じられるかもしれない。

スティッククリーナー:「H12ProとH12Core」

水拭き掃除機「H12ProとH12Core」について紹介します。Dreameというメーカーになります。

各ショップボタンで「Dreame H12 Core」と検索できます。

「H12 Core」の特徴

  • 3way吸引+水拭き機能を持つ。
  • 同時に固形物・液体の吸引と水拭きが行える。
  • お茶をこぼした畳、油汚れの台所、水のある洗面所、お菓子のくずのある子供の部屋とペットの毛や排泄物のあるエリアの掃除に便利。

「H12 Core」のメリット、デメリット

  • メリット:様々な状況下での掃除に対応可能。
  • デメリット:(添付情報にはH12 Coreのデメリットに関する情報はありません)

「H12 Pro」の特徴

  • 壁際に密着するデュアルエッジブラシが搭載されている。
  • Dreameの独自開発の隅や端に強いヘッドローラーが搭載されている。
  • 電解水によるウルトラモード(除菌モード)を含む各種モードを搭載。
  • Dreameの独自開発の「双方向回転式モップ自動洗浄システム」を搭載。
  • モップの熱風乾燥機能を持つ。

「H12 Pro」のメリット、デメリット

  • メリット1:壁際の清掃も可能で、さまざまなモードで対応できる。
  • メリット2:自動洗浄と熱風による乾燥機能があるため、カビや雑菌、不快な臭いを防げる。
  • デメリット:(添付情報にはH12 Proのデメリットに関する情報はありません)

商品名:「Roborock Dyad Pro」

2023/07/17時点でのRoborockの「Dyad Pro」について紹介します。

「Roborock Dyad Pro」の特徴

  • パワフルな吸引力(最大1万7,000Pa)と水拭き掃除が同時に行える
  • ローラーブラシが壁ぎわ1mmまで接近し、部屋の隅々までキレイに掃除
  • 掃除後、ローラーブラシの自動洗浄・乾燥機能が付いている
価格

「未定」円(税込)

「Roborock Dyad Pro」のおすすめポイント

  • 吸引と水拭きの同時掃除により、液体が混ざった食べこぼし汚れも一度に対応可能
  • 大容量バッテリーにより、最長43分、最大300㎡を掃除可能
  • 汚れのレベルに合わせた吸引力と水量の自動調整機能が使い勝手を向上
「Roborock Dyad Pro」の残念なところ
  • 価格が未定であり、高額になる可能性がある
  • 実際の稼働時間や掃除範囲は使用環境により異なる可能性がある
スポンサーリンク

2024年の「水拭きスティッククリーナー」新着情報まとめ

水拭きスティッククリーナーについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

水拭きスティッククリーナーに関する新着ニュース

水拭きスティッククリーナーに関する新着ニュースをまとめています。

コードレス掃除機の新トレンド:水拭き機能と自動ゴミ収集ドック

2023年07月28日に、コードレス掃除機の新しいトレンドについての情報が公開されました。

  • 従来のキャニスター掃除機からコードレススティック掃除機への置き換えが進行中で、新たに「水拭き機能」と「自動ゴミ収集ドック」が注目されている。
  • ダイソンは水拭き機能を搭載したコードレススティック掃除機「Dyson V12s Detect Slim Submarine」を発売。床の水拭きが可能となり、多用途に対応。
  • シャークニンジャの「Shark CleanSense iQ+」は自動でダストボックス内のゴミをドックに回収する機能を搭載。手動でのゴミ捨て作業が不要に。
水拭き機能の日本での浸透について
  • 日本市場では水拭き機能の掃除機の割合は低いが、新製品の登場により新しいトレンドになる可能性がある。
  • 水拭き機能はすでに中国やアジア圏で一定の割合を占めている。
自動ゴミ収集ドックの採用背景
  • ロボット掃除機でも一般的な機能で、手間を減らすためにスティック掃除機にも採用されている。
  • ゴミ捨てにまつわる不満や悩みを解決するために採用された。
日本市場での掃除機の使用状況
  • 日本ではロボット掃除機の普及率はまだ3割程度で、多くの家庭でロボット掃除機とコードレススティック掃除機が併用されている。
  • 吸引力や駆動時間などの基本性能が向上した現在、付加機能の競争が高まると予想される。

水拭きスティッククリーナーの新製品情報

水拭きスティッククリーナーの新製品情報についてまとめています。

新製品:「Dreame H12 Dual 4wayコードレス水拭き掃除機」

2023年12月15日時点でのDreameの「Dreame H12 Dual 4wayコードレス水拭き掃除機」について紹介します。

「Dreame H12 Dual 4wayコードレス水拭き掃除機」の特徴
  • 1台でスティッククリーナー、ふとんクリーナー、ハンディクリーナー、水拭き掃除機の4機能を兼ね備えた多機能コードレス掃除機。
  • 固形物・液体を吸引しつつ、水拭き清掃が可能。
  • 強力な自走式ヘッドで、軽い力で操作可能。
  • 吸引モードと水拭きモードに加え、除菌モードを搭載。
  • モーターの両側からきれいな空気が排出される複数のフィルターシステム採用。
  • 双方向回転式モップ自動洗浄システムで、モップの生乾きや悪臭を解消。
  • 本体サイズは275×278×1,105mm、重さ5.13kg。
  • 浄水タンク容量は900ml、汚水タンクは700ml。
  • 1回の充電で水拭き時35分、吸引時60分の清掃が可能。
価格

99,800円(税込)

「Dreame H12 Dual 4wayコードレス水拭き掃除機」のおすすめポイント
  • 多機能で家中の様々な清掃ニーズに対応。
  • 水拭きと吸引を同時に行える効率的な清掃方法。
  • 高い除菌能力を持つ特殊な水拭きモード。
  • メンテナンスが容易な自動洗浄システム。
「Dreame H12 Dual 4wayコードレス水拭き掃除機」の気になるところ、注意点
  • 高価格帯の製品。
  • 重量が5.13kgと比較的重め。
「Dreame H12 Dual 4wayコードレス水拭き掃除機」の購入時参考情報
  • 発売日:2023年12月12日。
  • 購入場所:販売店舗の情報は特に記載されていないため、メーカーのウェブサイトや大手オンラインストアでの購入を検討。

新製品:「電動フロアワイパー」

2023年11月5日時点でのアイリスオーヤマの「電動フロアワイパー」について紹介します。

電動フロアワイパーの特徴
  • 組み立て簡単、充電式で約90分使用可能​1
  • ヘッドの凹凸構造が汚れを効果的に取る​2
  • 毎分約1000回の振動で強力な掃除を実現​3
価格

9,980円(税込)​4

電動フロアワイパーのおすすめポイント
  • 他のフロアワイパーよりも効率的に床汚れを拭き取る​3
  • 簡単操作で汚れが目立つ夕刻も掃除しやすい​3
電動フロアワイパーの気になるところ、注意点
  • 充電時間が4時間と長め​1
  • デメリットは特に記載なし
電動フロアワイパーの購入時参考情報
  • 2023年9月15日に発売されたばかり​1

新製品:Proscenic P11 Mopping コードレス掃除機

2023年9月5日時点でのProscenic株式会社の新型コードレス掃除機「P11 Mopping」について紹介します。

P11 Moppingの特徴
  • 400Wのモーターを搭載し、35000Paのハイパワーで吸引と床拭きを一体化
  • 人間工学に基づいた重心デザインで軽い感じがし、掃除の負担が少ない
  • ワンタッチでブラシを取り外せる
価格

16,390円(税込、セール価格)

P11 Moppingのおすすめポイント
  • 各種床材に対応し、微細な埃やペットの毛髪、汚れ、猫砂なども簡単に取り除ける
  • 独自設計の水タンクを利用して、吸引しながら水拭きもでき、床拭き掃除が時短かつ手軽に行える
P11 Moppingの気になるところ、注意点
  • 初めて使用する際、ブラシの取り外し方法を確認すること
  • セール期間が限られているため、購入を検討している場合は早めの購入が推奨される
P11 Moppingの購入時参考情報
  • 通常販売価格: 27,990円(税込)
  • セール特価: 18,789円(税込)
  • さらに10%OFFの秘密コード:P11MOPPING
  • 最終価格: 16,390円
  • 限定セール期間: 2023年9月10日 23:59 JSTまで

以上の情報を参考に、新型コードレス掃除機「P11 Mopping」の購入を検討してみてください。

新製品:「Dyson V12s Origin Submarine SV49 SU」

2023年9月2日時点でのダイソンの「Dyson V12s Origin Submarine SV49 SU」について紹介します。

「Dyson V12s Origin Submarine SV49 SU」の特徴
  • 水拭き対応のコードレススティック掃除機
  • 「Submarine ウェットローラーヘッド」による自動給水・吸着・かき取る技術
  • 本体サイズは257×253×1,129mm、重量は3.2kg、最長運転時間は約50分
価格

81,500円(税込、直販サイトでの価格)

「Dyson V12s Origin Submarine SV49 SU」のおすすめポイント
  • 上位モデルに比べ、シンプルでリーズナブルな設定
  • 「Submarine ウェットローラーヘッド」により、床を均一に濡らし、余分な水を残さない
「Dyson V12s Origin Submarine SV49 SU」の気になるところ、注意点
  • 強モードの運転時間は約5分と短い
  • ピエゾセンサーによる吸引力の自動調整がない
「Dyson V12s Origin Submarine SV49 SU」の購入時参考情報
  • 発売日は2023年8月30日
  • 付属品には隙間ノズル、コンビネーションノズル、ペット毛絡み防止スクリューツール、ツールクリップが含まれる

以上、新製品「Dyson V12s Origin Submarine SV49 SU」の詳細についてでした。この掃除機で、床の清掃がより効率的に、しかも楽に行えるでしょう。

ハイアールが多機能掃除機「MIZUKI JC-M1A」を発表

2023年9月2日の、掃除機に関する最新情報をお届けします。

  • ハイアール社が新型掃除機「MIZUKI JC-M1A」を発表。2023年5月11日に発売予定。
  • 吸引、水拭き、から拭きの3つの機能を一台で提供。
  • 日本空港ビルディングの新津春子さん協力のもと、体に負担のかかる掃除を楽にする目的で開発。
製品の詳細と特長
  • サイズ: 261(幅)×266(奥行)×1,116(高さ)mm
  • 市場想定価格: 税込39,800円前後
  • 付属品: 充電スタンド、モップローラーブラシ、給水タンク、回収タンク
  • 連続使用時間: 「標準(AUTO)」モードで約32分、「パワー」モードで約17分
  • 操作: ハンドルに配置されたボタンで掃除モードと吸引力を切り替え可能
  • 自走式ヘッド: ヘッド後方に車輪が付いており、楽に移動可能
  • 日本向け改良: モップローラーブラシ装着部に金属のバーを配置、水分を絞り出す効果あり
注意点と制限
  • 洗剤使用: 泡立つ洗剤は使用禁止
  • 床材制限: 毛足の長いカーペットや、乾いた液体の汚れには向いていない
  • 室内専用: ベランダ等の屋外での使用は不可
お手入れとメンテナンス
  • セルフクリーニング: 約90秒でモップローラーブラシを洗浄、その後約4時間で風乾燥
  • 回収タンク: 水拭きモード使用後は毎回お手入れが必要
追加機能
  • セルフクリーニングモード: 掃除後のモップローラーブラシを自動で洗浄&乾燥
  • バッテリー残量表示: 本体天面のパネルで確認可能

以上が、ハイアール社の新型掃除機「MIZUKI JC-M1A」についての情報です。この多機能掃除機で、家庭の掃除が一層効率的かつ楽になることでしょう。

新製品:アクア「WIPEL AQC-WX1P」

2023年6月28日時点でのアクア(AQUA)のスティック型掃除機「WIPEL(ワイプル) AQC-WX1P」について紹介します。

WIPEL AQC-WX1Pの特徴
  • コードレススティック掃除機にローラー型のモップが付き、水拭きできる。
  • 赤ちゃんの食べこぼしや突発的な汚れにも素早く対応。
  • 重量は約3.4kgで、「水拭きクリーナーで最軽量」とされている。
価格

44,000円(税込、店頭予想価格)

WIPEL AQC-WX1Pのおすすめポイント
  • 水拭きと吸引を同時に行うことができる。
  • 足腰に負担がかからず、バケツやゴム手袋も不要。
  • 60℃までのお湯も使用可能。
WIPEL AQC-WX1Pの気になるところ、注意点
  • 連続運転時間は強モードで約15分、標準モードで約30分。
  • 運転音は78dB以下。
WIPEL AQC-WX1Pの購入時参考情報
  • 発売日は7月12日。
  • 付属の専用洗剤が1本(250ml/約15回分)。
  • 充電時間は約2.5時間、コード長は1.8m。
  • ブラシの耐久距離は約100km。週1回の使用で1年間程度がブラシの取り換え目安。

直近の水拭きスティッククリーナーのセール情報

水拭きスティッククリーナーの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

スティッククリーナーに水拭き機能まで必要か

スティッククリーナーの水拭き機能に関する解説です。

水拭き掃除機とは?その魅力と使い方

水拭き掃除機の一つである「スティッククリーナー」は、その機能性と便利さから多くの家庭で活用されています。本記事ではその特性と使い方について解説します。

スティッククリーナーの特性と機能

スティッククリーナーは、その名前が示す通りスティック(棒)状の軽量でコンパクトな掃除機で、立ったまま操作が可能であり、特に家庭の日常的な清掃に便利です。高さ調節も可能なので、床面はもちろん、棚の上や天井にも手を伸ばせます。一部のスティッククリーナーは「水拭き掃除機」の機能を持ち、床の水拭き掃除と吸引を同時に行えるものもあります。特に「H12Pro」と「H12Core」は、3way吸引と水拭き、そしてモップの自動洗浄を一台で行える優れた機種として注目されています。

更に、スティッククリーナーには、壁際に密着するデュアルエッジブラシや自動洗浄機能、電解水による除菌モードなど、さまざまな便利な機能が搭載されています。壁際の掃除が苦手な通常の掃除機とは異なり、スティッククリーナーは細かい隙間や角にもしっかりとアクセスし、しっかりと掃除を行うことが可能です。そして、掃除が終われば、ステーションにセットするだけで自動的にモップの洗浄と乾燥が始まるため、手間がかからずとても便利です。

スティッククリーナーの使い方

スティッククリーナーの使用は非常に簡単です。まず、掃除を行いたいエリアを決め、必要に応じて吸引力やモードを選択します。H12Proならば、固形物・液体の吸引、床の水拭き、モップの自動洗浄、電解水による除菌モードなど、適切なモードを選択できます。掃除が終われば、本体をステーションに戻すだけで自動的にモップの洗浄と乾燥が始まるため、手間がかかりません。また、スティッククリーナーは軽量なため、運搬も簡単で、部屋から部屋へと持ち運びながら掃除をすることも可能です。

スティッククリーナーの魅力まとめ

  • 軽量で操作が簡単なため、広範囲の掃除が可能
  • 吸引力やモードの調節が可能で、多様な清掃ニーズに対応
  • 自動洗浄機能により、モップの手間を大幅に削減

掃除をラクにする!水拭き掃除機の選び方と活用術

この記事では、水拭き掃除機の一種である「スティッククリーナー」の選び方と活用方法について解説します。適切な機種の選定とその活用で、あなたの掃除生活が更に快適になることでしょう。

水拭き掃除機を選ぶポイント

水拭き掃除機を選ぶ際には、まず吸引力や水拭き機能の質を見ることが重要です。「H12Pro」と「H12Core」などのスティッククリーナーは、3way吸引+水拭きの機能を持ち、床の掃除から水拭きまで一台で対応できます。また、壁際に密着するデュアルエッジブラシ搭載や自動洗浄機能、電解水による除菌モードなどの付加的な機能も選び方のポイントとなります。

次に重視するべきは操作性と使いやすさです。スティッククリーナーの大きな魅力は、その軽量性と使いやすさです。床から天井まで、家中どこでも気軽に掃除できるところがポイントです。また、スティッククリーナーは自立するため、掃除中に一時的に置く際も便利です。

最後に、メンテナンスのしやすさも考慮することが重要です。H12ProやH12Coreなどのスティッククリーナーは、掃除機をステーションにセットするだけでモップの自動洗浄と乾燥が始まるので、手間がかからず、日々の掃除がぐっと楽になります。

水拭き掃除機の活用術

水拭き掃除機は、その名の通り床を水拭きする機能を持つ掃除機で、家の中の様々な場所で使えます。床やキッチン、トイレなどの水周りや、子供の部屋やペットのいる場所など、広範囲にわたり活用することが可能です。

また、電解水による除菌モードを搭載したH12Proなどは、特に梅雨時など高温多湿な日本の夏に活躍します。床掃除を通じて、雑菌を除去し、清潔な生活空間を保つことができます。

さらに、自動洗浄機能を活用すれば、掃除が終わったあとの面倒なメンテナンス作業を省くことができます。ステーションに戻すだけでモップの洗浄と乾燥が始まるので、次回の掃除までにきちんとメンテナンスできます。

水拭き掃除機選びと活用術まとめ

  • 吸引力や水拭き機能の質、付加的な機能を選び方のポイントとする
  • 操作性と使いやすさ、メンテナンスのしやすさも重要な選び方のポイント
  • 床掃除だけでなく、雑菌の除去などにも活用可能
  • 掃除後のメンテナンスも自動化できるため、手間が省ける

水拭き掃除機でお掃除ライフをアップグレード!

この記事では、スティッククリーナーと呼ばれる水拭き掃除機の特徴とその使い方について詳しく解説します。正しい選び方と活用法を身につけ、お掃除ライフを一段とアップグレードしましょう。

スティッククリーナーの特徴と選び方

スティッククリーナーは、そのコンパクトで軽量な形状から、手軽に持ち運び、使用することができるという特徴があります。また、その細長い形状は、家具の下や狭い隙間など、従来の掃除機では手が届きにくい場所もしっかりと掃除できる利点を持っています。

選ぶ際のポイントとしては、まず性能の高さを確認することが重要です。吸引力や水拭き機能の強さ、バッテリーの持ち時間などは、掃除効率を左右する要素となります。さらに、自動洗浄機能やヘッドの動きやすさなど、使いやすさを左右する機能もチェックすると良いでしょう。

スティッククリーナーの活用法

スティッククリーナーは、日常的な掃除だけでなく、水拭き掃除も可能なため、さまざまなシーンで活用できます。例えば、キッチンの床掃除やリビング、子ども部屋の掃除など、家中どこでも使用できます。また、一部の製品には除菌機能も備えているため、トイレ周りの清掃やペットがいる家庭での掃除にも適しています。

また、一部のスティッククリーナーは、ハンディタイプとしても使うことができます。この機能を活用すれば、テーブル上やソファなど、床以外の場所の掃除も手軽に行うことができます。

スティッククリーナー選びと活用法のまとめ

  • スティッククリーナーの特徴: コンパクトで軽量、細長い形状が特徴
  • 選び方のポイント: 吸引力や水拭き機能の強さ、バッテリーの持ち時間、自動洗浄機能、ヘッドの動きやすさを確認
  • 活用法: 日常的な掃除や水拭き掃除、除菌掃除など多岐にわたり活用可能、ハンディタイプとしても使用可

ChatGPTとの対話

でも、実際のところ、水拭きとクリーナーが一緒になると故障とかも多くなりそうですし、パーツが増えてメンテナンスが大変そうだっていうのはありそうですよね。

確かに、水拭き機能が組み合わされたスティッククリーナーは、機能が一つの製品よりも複雑な構造になっています。そのため、故障の可能性があると考えることは自然なことかもしれません。また、機能が増えるほど、それに対応するメンテナンスも必要になるでしょう。

しかし、実際には、多くのメーカーはこれらの機能を持つ掃除機の信頼性と耐久性を確保するために、品質管理やテストに非常に厳しく取り組んでいます。また、近年の製品では、自動清掃機能や簡単な手順での分解・組み立てが可能な設計など、メンテナンスの手間を軽減するための工夫もなされています。

それでも、製品選びの際には、保証期間やアフターサービス、レビューや口コミを確認することが重要です。これらをチェックすることで、製品の信頼性やメンテナンスの容易さについての情報を得ることができます。

なぜ、最近水拭きする掃除機が増えているのか

ここ数週間で水拭きができる掃除機が格段に増えたのですが、考えられる要因はなんでしょうかね?

水拭きができる掃除機の数が増えた理由としては、以下の要因が考えられます。

  1. 消費者の需要: 一台で吸引と水拭きができる製品は、使用者にとって手間が減り、大変便利です。これにより、従来の掃除機よりも効率的に掃除ができるため、消費者の需要が高まっている可能性があります。
  2. 技術の進歩: 最近では、スマートホームやIoTの発展とともに、家電製品の技術も飛躍的に進化しています。掃除機もその一つで、吸引力の改善、バッテリー寿命の延長、水拭き機能の追加など、技術の進歩により多機能な製品が増えてきていると考えられます。
  3. 競争の激化: 掃除機市場は競争が激しく、各メーカーは新たな機能や技術を追加することで差別化を図り、消費者の関心を引くことを試みています。水拭き機能の追加は、その一環として行われている可能性があります。

以上の要因により、水拭きができる掃除機の数が増えたと考えられます。

技術的にネックだったところはなんだったのでしょうか?それはどうして克服されたのでしょうか?

水拭き機能を持つ掃除機には、いくつかの技術的なネックが存在していました。

  1. バッテリーの持続力: 一台の掃除機が吸引と水拭きの両方を行うためには、それぞれの機能に必要な電力を確保しなければならず、バッテリーの持続力が大きな問題でした。近年のバッテリー技術の進歩、特にリチウムイオンバッテリーの改良により、より長時間の稼働時間と短時間の充電時間が可能となり、この問題が克服されました。
  2. 保水と吸引のバランス: 同時に吸引と水拭きを行う場合、適切な保水量と吸引力のバランスを維持するのは難しい課題でした。しかし、機器の設計改良やモーター技術の進歩により、これらの機能がうまく協調して動作するようになりました。
  3. 耐水性と耐久性: 水と電気機器は相性が悪く、水拭き機能を持つ掃除機は、内部の電気回路やモーターが水分によって損傷するリスクがありました。しかし、IP評価(防塵・防水評価)の向上、適切な防水設計と材料の使用により、これらの問題が大幅に軽減されました。

これらの技術的なネックを解決するためには、各分野の研究開発が進み、それぞれの技術の進歩が重なった結果、現在のような高性能な水拭き掃除機が生まれたと言えます。

粗悪品、どうやって見破る?

ただ、メーカーの競争が激化して製品の質が向上すればいいのですが、よく知らないメーカーの製品を購入するのは少し抵抗があります。特にリチウム電池などはバッテリーが出火原因となることもあります。粗悪品を見破るポイントなどはありますか?

リチウム電池を搭載した製品を購入する際、確かに注意が必要です。出火リスクを回避し、粗悪品を見破るためのいくつかのポイントを以下にまとめてみます:

  1. メーカーの評判: 信頼できるメーカーの製品を選ぶことは重要です。そのメーカーが長い間存在していて、以前に高品質の製品を製造した経験があるかどうか調べてみましょう。
  2. 商品レビュー: 購入者のレビューや評価は非常に有益な情報源となります。他のユーザーが製品について何を言っているかを見て、特にバッテリーに関するコメントや懸念があるか確認しましょう。
  3. 安全性認証: 製品が特定の安全性基準を満たしていることを示す安全認証マークがあるかどうか確認します。例えば、リチウムイオン電池の安全性を確認するための国際標準である「UN38.3」などです。
  4. 製品の保証: 信頼できるメーカーは通常、製品に対して一定期間の保証を提供します。もし何か問題が発生した場合、保証があれば対応してもらえます。
  5. 適切な価格設定: 価格が驚くほど低い製品は警戒が必要です。品質の高いバッテリーとコンポーネントはコストがかかるため、あまりにも安価な製品は品質の低下を示す可能性があります。

これらのポイントをチェックすることで、粗悪品を避け、品質の高い水拭き掃除機を選ぶ手助けになるはずです。

しろくま
しろくま

ちなみに、私がDysonのバッテリーを非純正に交換した時にバッテリーの安全性について触れたことがあります。

スポンサーリンク

水拭き掃除機「スティッククリーナー」に関する情報まとめ

水拭き掃除機「スティッククリーナー」についての記事内容をまとめていきます。

水拭き掃除機「スティッククリーナー」について知っておくべき3つのこと

  • 機能と使い勝手: スティッククリーナー型の水拭き掃除機は、従来の掃除機と水拭きクリーナーの機能を一つにまとめた製品です。スティックタイプであるため、軽量かつコンパクトで、使い勝手が良く、手間なく床掃除が可能です。
  • 技術的進歩: ここ数週間で水拭きができる掃除機が格段に増えた要因は、技術的な進歩にあります。かつては電池の持続力やモーターのパワー、水分を含んだ状態での長時間作動といった課題がありましたが、これらが大きく進歩したことで、機能性と利便性を一体にした製品が増えてきています。
  • 製品選びのポイント: 購入時にはメーカーの評判、商品レビュー、安全性認証、製品の保証、適切な価格設定などを確認することが重要です。これらをチェックすることで、粗悪品を避け、品質の高い水拭き掃除機を選ぶことができます。

水拭き掃除機「スティッククリーナー」に関するよくある質問(FAQ)

水拭き掃除機「スティッククリーナー」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
スティッククリーナーのメリットは何ですか?
A

スティッククリーナーは、コンパクトで軽量なので、家具の下や狭い隙間など、手が届きにくい場所も簡単に掃除することができます。また、水拭き機能を搭載しているため、拭き掃除も一度に行うことができます。

Q
スティッククリーナーの選び方は?
A

スティッククリーナーを選ぶ際は、吸引力や水拭き機能の強さ、バッテリーの持ち時間など、性能の高さを確認することが重要です。さらに、自動洗浄機能やヘッドの動きやすさなど、使いやすさを左右する機能もチェックしましょう。

Q
スティッククリーナーの活用法は?
A

スティッククリーナーは、日常的な掃除だけでなく、水拭き掃除も可能なため、さまざまなシーンで活用できます。一部の製品には除菌機能も備えているため、トイレ周りの清掃やペットがいる家庭での掃除にも適しています。

Q
スティッククリーナーはどのようにメンテナンスすればいいですか?
A

スティッククリーナーのメンテナンス方法は製品により異なりますが、一般的には掃除後にヘッド部分を清掃し、フィルターは定期的に交換することが推奨されています。具体的な方法は製品の取扱説明書をご確認ください。

Q
スティッククリーナーはペットにも適していますか?
A

はい、スティッククリーナーはペットにも適しています。ペットの毛を吸い取る力が強い製品や、水拭き機能でペットの汚れを清掃することが可能な製品もあります。また、一部の製品には除菌機能も備えているため、ペットがいる家庭での掃除にも適しています。

水拭き掃除機「スティッククリーナー」に関する各種SNSの口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「水拭き掃除機 スティッククリーナー」と検索できます。

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。「水拭き掃除機」とタグ検索できます。

水拭き掃除機「スティッククリーナー」に関して参考になる記事リスト

水拭き掃除機「スティッククリーナー」に関連した当サイトの記事リンクは以下の通りです。

掃除機の記事一覧

掃除機のセール情報はこちら。

「掃除機・クリーナー」の底値セール情報、決算〜歳末・福袋も
「掃除機・クリーナー」を年末年始/決算セールに購入するタイミングを見極めるための情報をまとめていきます。福袋情報をまとめるついでですが、セール情報もキャッチしたら更新します。
Dyson

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「家電 まつわる 家電 まつわる」に関する最新情報です。

    冷蔵庫の節電方法や家電の安くなるタイミングについてのQ&A記事が掲載されており、家電購入時のコスト削減方法や節電方法、家電の使い方に関するアドバイスが紹介されています。記事では家電を賢く使うコツや、家電を安く購入するためのタイミング、節電のための方法などが紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vbmV3cy5nb28ubmUuanAvYXJ0aWNsZS9hbmFubmV3cy90cmVuZC9hbmFubmV3cy01NTI4MzkuaHRtbNIBRmh0dHBzOi8vbmV3cy5nb28ubmUuanAvYW1wL2FydGljbGUvYW5hbm5ld3MvdHJlbmQvYW5hbm5ld3MtNTUyODM5Lmh0bWw?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「ブラシ 収納 トイレ」に関する最新情報です。

    山崎実業から新商品が発売されました。その中には、トイレブラシを浮かせて収納できるホルダーや、冷蔵庫の側面に取り付けできるスライドパネルなどが含まれています。トイレブラシホルダーは壁の穴が目立ちにくい石こうボードピンで取り付け可能で、替えブラシホルダーにはトイレスタンプを収納することもできます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000166.000049283.html

  3. buchikuma-info より:

    「kg kg 軽い アクア」に関する最新情報です。

    アクアは、約1.2kgの軽量コードレススティッククリーナー「HANDY DUO! STICK AQC-HX1R」を発売する。この掃除機はブロワー機能も搭載しており、床用ノズルや3wayノズル、ブロワーノズルなどが付属している。さらに、充電式で部品を組み替えることでハンディクリーナーにもなる仕様で、使いやすさが特徴とされている。価格は25,300円で、6月12日に発売される予定だ。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1597569.html

  4. buchikuma-info より:

    「ダイソン 掃除機 11」に関する最新情報です。

    楽天スーパーSALEでは、ダイソンのコードレス掃除機がお得に販売されており、機能や特典が紹介されています。特に、パワフルな吸引力や目に見えないホコリを浮かび上がらせる機能が人気です。さらに、コンパクトモデルや空気清浄機能付きファンヒーターもセール中で、お得なポイント倍増などの特典もあります。セール期間は6月11日までなので、お見逃しなく!

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQWh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNi9yYWt1dGVuLXN1cGVyc2FsZS0yMDI0LTA2MDYtMi5odG1s0gEA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「ai 対話 google」に関する最新情報です。

    Googleが開催した「Google I/O」では、AIに焦点を当てた内容が取り上げられ、AI開発競争が進行していることが示された。特に注目を集めたのは「Project Astra」で、人間のような自然な対話を実現するAIエージェントの開発が進められている。これにより、チャットボットからより多様な情報を活用する「マルチモーダル」なAIへの移行が進んでいる。GoogleはGeminiを活用し、音声や画像など複数の情報を組み合わせたAIを開発しており、OpenAIも同様にマルチモーダル性を強化したAIを発表している。両社ともに、人間と自然な対話を実現することに焦点を当てており、AIの将来に期待が寄せられている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRWh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzYvN182X3JfMjAyNDA1MjFfMTcxNjIzNzQ3MjExOTQ1ONIBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「補助金 バイク 電動」に関する最新情報です。

    電動バイク購入時に国や自治体から補助金が出ることがあまり知られておらず、最近ではバッテリーシェアサービスにも補助金が出るようになっている。補助金は環境にやさしい車両購入を促進するための取り組みであり、申請により購入代金から割引される仕組みである。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vYmlrZS1uZXdzLmpwL3Bvc3QvMzY1NDE20gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「ドラム アクア アクア ドラム」に関する最新情報です。

    ドラム式洗濯機をアクアの「まっ直ぐドラム2.0」に買い替えたユーザーが大満足している。新機能の「熱・UVパワフル除菌」機能や「エアウォッシュプラス」により、衣類絡みが少なく、除菌・消臭効果も高いと評価している。洗濯後の衣類の清潔さや機能面での満足度が高いと述べられている。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/kaden/1579907.html

  8. buchikuma-info より:

    「ドラム アクア アクア ドラム」に関する最新情報です。

    2023年10月に発売されたAQUAの「まっ直ぐドラム2.0 AQW-DX12P」は、最上位モデルであり、12kgの洗濯容量と6kgの乾燥容量を持つ。UV-C波長の紫外線ライトを搭載した「熱・UVパワフル除菌」機能が特徴で、洗濯時の除菌・消臭に便利。また、「エアウォッシュプラス」機能もあり、水洗いできない衣類の除菌やシワ伸ばしに役立つ。節水設計で風呂水給水機能がないが、洗剤代で相殺可能とのこと。洗濯機だけで十分な除菌効果があり、満足度が高いとのレビューがある。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbl9yZXZpZXcva2FkZW4vMTU3OTkwNy5odG1s0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「こだわっ こだわっ 電子レンジ アクア」に関する最新情報です。

    アクアは、4月3日に発売される「四ツ星レンジ AQM-KF20P」が、解凍にこだわった初の単機能電子レンジ。価格は27,500円で、20Lの容量を持ち、赤外線センサーや独自の解凍プログラムを搭載している。また、冷凍食品自動あたためボタンや撥水・撥油コーティングなどの機能も備えている。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1579549.html

  10. buchikuma-info より:

    「こだわっ こだわっ 電子レンジ アクア」に関する最新情報です。

    アクアは、4月3日に発売する初の単機能電子レンジ「四ツ星レンジ AQM-KF20P」において、ちょうど良い解凍を重視しています。この電子レンジは、20Lの容量を持ち、赤外線センサーや独自の解凍プログラムを搭載し、自動的にちょうど良い解凍を実現します。さらに、冷凍食品を温める際にはボタン1つで簡単に操作できる機能も備えています。デザイン面でも手入れやすさを考慮し、使いやすさを追求しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU3OTU0OS5odG1s0gEA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「開発 自動 自動 運転」に関する最新情報です。

    ティアフォーとArmが協力し、自動運転システムの開発を加速する取り組みが行われている。この協業では、Armのプラットフォーム「Web.Auto」とAmazon Web Service(AWS)クラウドが統合され、自動運転向けハードウェアやチップの開発期間を短縮することが目指されている。

    https://japan.cnet.com/article/35216630/

  12. buchikuma-info より:

    「core 上位 14900」に関する最新情報です。

    3月15日にIntelのCoreプロセッサ最上位の「Core i9-14900KS」が発売された。価格は税込みで、秋葉原のショップでは在庫が豊富だという。一部のショップでは、「最大6.0GHzまで出せるCore i9-14900Kが3万円以上安く買えるため、ピーキーなユーザーには魅力的でないかもしれない」との声もある。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2403/18/news096.html

  13. buchikuma-info より:

    「dyson vacuums best」に関する最新情報です。

    2024年3月に更新された記事では、Dysonの最新の掃除機モデルについて紹介されています。記事では、Dyson V15 DetectやDyson Gen5 Detectなどのモデルが紹介され、各モデルの特徴や性能について詳細に解説されています。また、価格や機能の比較も行われており、購入を検討する際の参考になる情報が提供されています。記事では、各モデルの特長や欠点、おすすめの用途などが分かりやすく紹介されており、Dysonの掃除機を購入する際に役立つ情報がまとめられています。

    https://www.wired.com/gallery/best-dyson-vacuums/

  14. buchikuma-info より:

    「chatgpt 要素 要素 認証」に関する最新情報です。

    ChatGPTが多要素認証(MFA)を有効化可能になった。MFAを設定することでアカウントへの不正アクセスを困難にでき、セキュリティを強化できる。設定は簡単で、セキュリティレイヤーを追加する手間も感じられない。MFAによって通常の攻撃を未然に防ぐことができるため、有効化することが重要である。

    https://japan.cnet.com/article/35216317/

  15. buchikuma-info より:

    「発売 スティック daija」に関する最新情報です。

    PS5/PS4/PC向けのアケコン「NACON DAIJA アーケードスティック」が5月23日に国内で発売される。2種類のスティックヘッドや工具が同梱され、幅広いカスタマイズが可能。新アプリによるボタンレイアウト変更や最大4つのプロファイル保存ができる。価格は税別3万9900円で、PlayStation 4/PlayStation 5/PCで使用可能。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240307-284976/

  16. buchikuma-info より:

    「apple dma core」に関する最新情報です。

    Appleは、EUのアプリ開発者向けに新しいビジネス条件を導入し、その中で「Core Technology Fee」を維持することを決定した。Appleはアプリ開発者コミュニティからのフィードバックを受けて、一部の小さな譲歩を行ったが、主な苦情に対処していない。新しい「Core Technology Fee」により、App Store外で配布されるアプリの年間初回インストールが100万を超える場合、開発者は1回あたり€0.50をAppleに支払う必要がある。

    https://techcrunch.com/2024/03/05/apple-revises-its-dma-rules-after-pressure-but-keeps-the-core-technology-fee-intact/

  17. buchikuma-info より:

    「バケツ ワイパー ワイパー バケツ」に関する最新情報です。

    窓掃除がこれひとつで済む“4役”ワイパーバケツも不要な「4in1ワイパー」が登場します。このワイパーには霧吹き、モップ、水切り、ブラシの機能が統合されており、窓やブラインドの掃除だけでなく、お風呂の床や壁の掃除にも使えます。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は980円です。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1572333.html

  18. buchikuma-info より:

    「tz tz 深澤 アクア」に関する最新情報です。

    アクアは、深澤直人氏がデザインした冷凍冷蔵庫「TZシリーズ」の2024年モデルを3月7日から順次発売する。ラインナップには容量512Lと420Lのモデルがあり、薄型設計でキッチンにピッタリ収まる。冷凍室は整理しやすく、LED照明が付いている。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1573067.html

  19. buchikuma-info より:

    「tz tz 深澤 アクア」に関する最新情報です。

    アクアが、プロダクトデザイナー深澤直人氏が手掛けた冷凍冷蔵庫「TZシリーズ」の2024年モデルを3月7日から順次発売する。ラインナップには容量512Lと420Lのモデルがあり、薄型設計でキッチンにピッタリ収まる。冷凍室は整理しやすく、LED照明が付いている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU3MzA2Ny5odG1s0gEA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「電動 クルマ ツール」に関する最新情報です。

    最新の電動ツールがクルマの電源で利用できるようになり、洗車や整備、車両トラブルからのリカバリーが容易になっています。記事では、クルマの12Vアクセサリーソケットに接続して使用するブロワーやジャンプスターター、エアインフレーターなどの3つの電動ツールが紹介されています。これらのツールは、洗車や整備、トラブル対応など様々な場面で活躍し、クルマのライフスタイルを向上させることができます。ブロワーやジャンプスターターは特に便利で、狭い部分の水を吹き飛ばしたり、バッテリー上がりの際にエンジンを再始動することが可能です。また、エアインフレーターはコードレスでタイヤに空気を入れることができ、空気圧チェック&調整が簡単に行えます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJ2h0dHBzOi8vbW90b3ItZmFuLmpwL21mL2FydGljbGUvMjAzMTg1L9IBAA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「ゴミ捨て ゴミ捨て 最新 スティック」に関する最新情報です。

    最新のスティック掃除機4機種を紹介。ゴミ捨ての手間を省く紙パック式や自動ゴミ収集ドック式があり、本体の軽さや吸引力などが比較されている。特にシャープの紙パック式は軽量で、日立はホコリを舞わせたくない人向け、パナソニックは手間が少ない自動ゴミ収集ドックが特徴。掃除機のメンテナンスが面倒な人やホコリを避けたい人におすすめ。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/topic/topic/1569508.html

  22. buchikuma-info より:

    「電動 燃料 航空機」に関する最新情報です。

    2024年2月27日、IHIは「H2 & FC EXPO 2024」にて燃料電池航空機ハイブリッド電動推進システムの展示を行う。2050年のカーボンニュートラル実現に向け、航空機電動化や独自の軽量化技術、水素燃料の適用、合成燃料の開発に取り組み、環境に優しい航空機の実現に貢献する。展示物にはエネルギー回収電動ターボユニットや水素再循環ターボブロアなどが含まれる。展示会は2024年2月28日から3月1日まで東京ビッグサイトで開催され、水素社会実装に向けた技術が展示される。関連して、IHIは航空機用燃料電池推進システムを実現するために空気軸受の独自開発に成功している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000157.000089117.html

  23. buchikuma-info より:

    「コードレス コードレス 電動 ミニデスク」に関する最新情報です。

    RB社がバッテリー内蔵の電動昇降サイドデスク「Side-Pro」の予約販売を開始。価格は65,000円だが、Makuakeでは45,500円から購入可能。天板サイズは80×40cmで、高さは59〜111cmに調節可能。バッテリー内蔵でコンセントがない場所にも設置可能。充電1回で100回の昇降が可能で、高さを記憶するメモリ機能や障害物検知機能も搭載。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1570897.html

  24. buchikuma-info より:

    「launch blue blue origin」に関する最新情報です。

    Blue Originが初めてNew Glennを打ち上げ台に上げ、大規模なテストキャンペーンの開始を祝った。テスト完了後、再利用可能な第1段階に7基のBE-4エンジンを搭載し、飛行可能な第2段階と組み合わせる予定。テストでは、車両統合や打ち上げ台への輸送、液体窒素を使用した統合タンキングテストが行われる予定。テストは少なくとも1週間かかる見込み。

    https://techcrunch.com/2024/02/22/ahead-of-testing-blue-origin-raises-new-glenn-on-the-launch-pad-for-first-time/

  25. buchikuma-info より:

    「16 14 core」に関する最新情報です。

    デルは最新のCore Ultraプロセッサを搭載したプレミアムノートPC「XPS 13」「XPS 14」「XPS 16」を発表し、販売を開始した。価格はそれぞれ22万9980円から、27万5980円から、31万9980円から。これらのノートPCは高性能なプロセッサやGeForce RTXグラフィックスを搭載し、メモリやストレージも充実している。ディスプレイは3Kまたは4K対応で、タッチ対応ディスプレイも選択可能だ。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2402/21/news128.html

  26. buchikuma-info より:

    「14 搭載 core」に関する最新情報です。

    ASUS JAPANは、Core Ultraプロセッサを搭載した14型有機ELディスプレイを備えたモバイルノートPC「Zenbook 14 OLED UX3405MA」を発表しました。このノートPCは薄型設計であり、4つの構成が用意されています。価格は13万4800円から19万9800円(税込み)です。Core UltraプロセッサにはAIエンジンやIntel Arcグラフィックス機能が搭載されており、Windows 11 Home 64bitが搭載されています。本体サイズは312.4(幅)×220.1(奥行き)×14.9(高さ)mmで、重量は約1.2kgから1.22kgです。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2402/16/news122.html

  27. buchikuma-info より:

    「ハイアール 15 15 連続」に関する最新情報です。

    ハイアール ジャパン セールス株式会社は、日本国内の家庭用セパレートエアコン市場に参入し、清潔で省エネで快適なルームエアコン「huu」を発売することを発表しました。ハイアールは、ユーロモニター・インターナショナルの調査で世界販売台数シェアNo.1に認定され、世界的にも成功しています。ハイアールは、海外での経験を活かして、日本市場に参入することで、多くのお客様に快適な生活空間を提供することを目指しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vd3d3Lm5pa2thbi5jby5qcC9yZWxlYXNlcy92aWV3LzE2OTUxN9IBAA?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「ジェル ジェル ボール スティック」に関する最新情報です。

    洗濯洗剤の形状について、液体やジェルボールよりもスティック型が効果的である理由について述べられています。

    https://www.lifehacker.jp/article/2401_roomie_kao-attack-perfectstick/

  29. buchikuma-info より:

    「スティック ボトル ボトル ラドンナ」に関する最新情報です。

    ラドンナは、2月2日に21,000円で発売するハンディクリーナー「Toffy コードレススティッククリーナー HW-VC2」を紹介しました。この掃除機は、軽量でありながら高性能なDCモーターを搭載しており、コードレスで使いやすいデザインが特徴です。また、付属のノズルを付け替えることでハンディスタイルやスティックスタイルなど、掃除場所に合わせて使い分けることができます。さらに、ボタン一つで簡単にごみを捨てることができ、衛生的な使用が可能です。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1564577.html

  30. buchikuma-info より:

    「運転 自動 自動 運転」に関する最新情報です。

    Appleが自動運転車の開発を始めてから10年以上が経過しているが、まだ市販車の発売は先送りされている。記事では、Appleがまず1台の自動運転タクシーをローンチすることを提案している。このアプローチには多くのメリットがあり、また自動車製造には高いハードルがあるため、小規模な範囲での実現を目指すことが重要だと述べられている。さらに、オーナーの運転方法や使用用途の多様性に対応するためには、安全性や耐久性などの基準を満たす必要があると指摘されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIWh0dHBzOi8vamlkb3VudGVuLWxhYi5jb20vdV80NTI3NNIBJWh0dHBzOi8vamlkb3VudGVuLWxhYi5jb20vdV80NTI3NC9hbXA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「運転 自動 自動 運転」に関する最新情報です。

    アップルが開発中の自動運転車「Apple Car」について、最新の情報が明らかになりました。以前は完全自動運転を目指していたとされていましたが、現在はレベル2+の自動運転を目指していることがわかりました。レベル2+の自動運転では、車の動きをサポートすることができますが、ドライバーは常に周囲を注視し、ハンドルに手をかける必要があります。つまり、人間が運転する必要があるということです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiS2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wMS9hcHBsZS1jYXItYXV0b25vbW91cy1sZXZlbC0yLXBsdXMtcnVtb3IuaHRtbNIBAA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「フクリー サービス サービス フクリー」に関する最新情報です。

    株式会社カンリーが提供する福利厚生サービス「フクリー」のAndroid版がリリースされた。このサービスは、地図ベースのUIを使用し、現在地周辺のお得なクーポンを検索することができる。コンビニや飲食店など日常使いできるクーポンが多数掲載されており、月額1万円から導入可能。サービス導入企業の従業員は、限定クーポンを使えるお店を探し、様々なサービスを安価で利用することができる。また、店舗運営企業は無料でクーポンを掲載することができる。株式会社カンリーの詳細情報やお問い合わせ先も記載されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000214.000037205.html

  33. buchikuma-info より:

    「カレー粉 カレー粉 スティック スティック」に関する最新情報です。

    エスビー食品は、新たな商品「辛くないカレー粉スティック」を発売する。この商品は、ファミリー層のニーズに対応するために、とうがらしやこしょうを使用せずに作られている。70年以上の歴史を持つ「赤缶カレー粉」の遺伝子を受け継いだこの商品は、20種類のスパイスを使用しており、辛みを抑えながらも芳醇な香りと風味を表現している。エスビー食品は、子供を持つファミリー層や熟年層、シニア層のニーズに応えるために、辛くないカレー粉の開発に取り組んできた。また、従来の「カレー粉スティック」のパッケージもリニューアルされ、使い切りやすいサイズの個包装となっている。

    https://www.ssnp.co.jp/seasoning/535799/

  34. buchikuma-info より:

    「core pc ミニデスクトップ」に関する最新情報です。

    MINISFORUMは、第12世代Coreプロセッサを搭載したミニデスクトップPC「NAB7」の販売を開始しました。このモデルは、Core i7-12700HプロセッサとIris Xe Graphicsを搭載しており、ベアボーンモデルは5万5980円、メモリ/SSD搭載モデルは7万5980円から購入できます。NAB6をベースにCPUをアップグレードした新しいモデルです。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2401/24/news146.html

  35. buchikuma-info より:

    「16 core core ultra」に関する最新情報です。

    エムエスアイコンピュータージャパンは、Core Ultraプロセッサを搭載したクリエイター向けの16型ノートPC「Prestige 16 AI」シリーズを発表しました。このシリーズには、ディスプレイ仕様や搭載CPU/GPUの違いによって「Prestige-16-AI-Studio-B1VFG-8003JP」「Prestige-16-AI-Studio-B1VFG-7003JP」「Prestige-16-AI-Studio-B1VGG-5001JP」という3つの構成があります。価格はオープンで、MSI公式ストアではそれぞれ27万9800円、31万9800円、38万9800円となっています。これらのノートPCは、16型ディスプレイ(2560×1400ピクセルまたは3840×2400ピクセル表示対応の有機EL)を搭載しており、Core Ultraプロセッサ(16コア22スレッド)とGeForce RTX 4060 LaptopまたはGeForce RTX 4070 Laptopを搭載しています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2401/24/news151.html

  36. buchikuma-info より:

    「大森 突発 突発 難聴」に関する最新情報です。

    Mrs. GREEN APPLEのメンバーである大森元貴が突発性難聴になったことが報告されました。1月19日に左耳の聴力に問題があることが分かり、本日病院で診察を受けた結果、突発性難聴と診断されました。大森は現在治療に向き合いながら活動を続ける意思を持っており、現時点では予定されているライブも実施する予定です。大森はファンや関係者に対して心配や迷惑をかけたことを謝罪し、コンディションについて相談しながら活動を続けていくことを報告しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vbmV3cy50di1hc2FoaS5jby5qcC9uZXdzX2dlaW5vdS9hcnRpY2xlcy9ob3RfMjAyNDAxMjFfMDUwLmh0bWzSAQA?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    「トイレ トイレ ブラシ ブラシ」に関する最新情報です。

    トイレブラシを捨てたけれども、トイレの掃除が快適になった理由を考えてみましょう。トイレブラシを使わずに掃除する洗剤があります。これを使えば、トイレの掃除が簡単で効果的に行えます。1年近くトイレブラシを使わずに掃除している人もいるようです。普通の頻度でブラシを使って掃除していた状態と比べても、トイレはキープされた状態で、ブラシを使わなくても瞬間的に綺麗になるのです。

    https://www.lifehacker.jp/article/2401_businessinsider_unilever-domesto/

  38. buchikuma-info より:

    「leave leave way let」に関する最新情報です。

    タイトル: ビッグテックはあなたを去らせない。ここには脱出方法がある
    見出し: ビッグテックはあなたを去らせない。ここには脱出方法がある、あなたも興味を持つかもしれません…
    トピック1:
    トピックキーワード: 去る 方法 ビッグテック ビッグテック 去る 方法
    トップパラグラフ:
    エンティティ: 2024年1月17日午前7時 enshittification 検索。新しい競合他社のプラットフォームがデータとうまく連携します。プラットフォームは二重市場のカノニカル形式であり、まだ競争があるか、またはEUの一般データ保護規則アイルランドは競争によって無秩序にされています。ユーザーとビジネスを維持するための高い切り替えコストという経済学者の用語があります。あなたが好きなものを捨てなければならないが、銀行とのつながりを保つために高い切り替えコストがかかります。米国連邦取引委員会の規制は非常に厳しいものであり、エンジニアリングの相互運用性を維持するための回避法や不法行為のテックハラスメントなどの他の問題に対しても厳しいものですが、EUのデジタル市場法DMAによると、共通の受信トレイに対してメッセージを回避する法律が

    https://www.wired.com/story/big-tech-wont-let-you-leave-heres-a-way-out/

タイトルとURLをコピーしました