PR

水拭きしてくれるロボット掃除機がほしい「ローラン、ミズロボ」

スポンサーリンク

我が家の次の狙い目は、この「水拭き機能」のあるロボット掃除機なんです。

わざわざ、他のロボット掃除機の総集編みたいな記事を作る必要はなかったのですが、最近はハイブリッド利用できるモデルも多く、「これはいらない」というものを候補から外しておきたい、という狙いもありました。

ロボット掃除機総集編「本当に使えるコスパの良い擬似ルンバ機」
ロボット掃除機はルンバでいいと思います。ですが、最近はコスパの良さだけで選べば「これ、安すぎね?」と思うものも多くなってきており、そろそろ評価を改めるときなのかもしれない。

このページでは、我が子がこぼしたケチャップを、バレないように自分のズボンで頑張って床に擦りつけた挙句、タオルをかぶせて偽装工作された汚れを、水拭きしてくれる超高機能なロボット掃除機を探していきます。

ぶちくま
ぶちくま

できれば、自動で我が子を叱りつける機能も

よめくま
よめくま

それは、親の務めです。

スポンサーリンク

2024年の「水拭きロボット掃除機」新着情報まとめ

水拭きロボット掃除機について調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

水拭きロボット掃除機に関する新着ニュース

水拭きロボット掃除機に関する新着ニュースをまとめています。

Anker「Eufy Clean X9 Pro」の詳細なレビュー

2023年9月18日の、Anker製ロボット掃除機「Eufy Clean X9 Pro」に関する情報をお届けします。

Ankerのロボット掃除機「Eufy Clean X9 Pro with Auto-Clean Station」はフローリングの床掃除と水拭きをするなら申し分ない:製品レビュー
強力な吸引力を誇るAnkerのロボット掃除機「Eufy Clean X9 Pro with Auto-Clean Stationは、2つのモップできれいに水拭きをしてくれる。だが、自動ゴミ収集機能が搭載されていないことや、毛足の長いカーペッ...
  • 優れたモップ洗浄力と吸引力を持つロボット掃除機
  • モップ自動洗浄システムと高性能アプリを搭載
  • 毛足の長いカーペットの掃除が不可能で、自動ゴミ収集機能が欠けている
詳細な特徴とレビュー内容
  • 製品の特徴
    • 2つのモップを持ち、水拭き掃除が非常に効果的
    • 吸引力が5500paで、これまでにテストされたロボット掃除機の中で2倍以上のパワー
    • 複数のフロアのマップを保存でき、掃除スケジュールの設定や手動操作が可能
    • Google アシスタントやAlexaとの互換性があり、チャイルドロック機能を搭載
    • バッテリーの持続時間が長く、約74平方メートルの家を約90分で掃除可能
  • レビューのハイライト
    • モップの洗浄力が非常に高く、床が非常にきれいになる
    • カーペットの掃除が不可能で、特に毛足が長いカーペットでの使用が困難
    • 自動ゴミ収集機能が欠けており、大きな家では掃除中にゴミ箱を何度も空にする必要がある
    • カーペットが湿ってしまうという問題が指摘された
    • セキュリティーとプライバシーの認証は受けているが、基本的なセキュリティシステム(2要素認証など)が欠けている
  • 比較された製品
    • Shark AI Ultra
    • TP-LinkのTapo RV10 Plus
  • 価格
    • 価格に関する情報は提供されていません。
その他の注意点
  • 自動洗浄ステーションには、清潔な水と汚れた水の2つのタンクがあり、汚れた水のタンクは定期的に清掃する必要がある
  • カーペット掃除時のモップの高さ調節が限定的で、特定のカーペット材料での使用が困難
  • カメラ機能に関するプライバシーの懸念が指摘され、Ankerのこれまでのプライバシー実績が良くないとされている

水拭きロボット掃除機の新製品情報

水拭きロボット掃除機の新製品情報についてまとめています。

新製品:Roborock Q Revo

2023年12月2日時点でのBeijing Roborock Technologyのロボット掃除機「Roborock Q Revo」について紹介します。

「Roborock Q Revo」の特徴
  • 吸引と水拭きの両方に対応した一体型ロボット掃除機。
  • 5500Paの強力な吸引力と3次元動作のラバー製メインブラシ搭載。
  • カーペットエリアの自動検知機能と高速回転する丸形回転モップ装備。
  • 障害物を赤外線カメラで避ける機能とユーザーセキュリティ保護のためのTUV認証取得。
  • 4way全自動ドックQでモップ洗浄、乾燥、給水、ゴミ収集を全自動実行。
  • 最大3時間、300平方mの稼働が可能な大容量バッテリー搭載。
  • アプリで掃除の設定や進入禁止エリアの提案、クイックマッピング機能利用可能。
価格

希望小売価格は16万3900円(税込)

「Roborock Q Revo」のおすすめポイント
  • 強力な吸引力と高機能な水拭きで、あらゆる種類の汚れに対応。
  • 4way全自動ドックQによる手間なしの自動メンテナンス。
  • カーペットエリア検知や障害物回避機能によるスマートな掃除体験。
  • 充電ドックのコンパクトさと高機能性。
「Roborock Q Revo」の気になるところ、注意点
  • 価格が高いため、予算に余裕のあるユーザー向け。
  • 高機能ながらドックのサイズが大きくなっている可能性あり。
「Roborock Q Revo」の購入時参考情報
  • 発売日:2023年12月8日
  • 予約開始:2023年11月28日
  • 販売店舗:ヤマダデンキおよびヤマダウェブコム
  • 発売記念特別キャンペーン:11月28日から12月15日まで、5万5000円引きの10万8900円で販売。予約者にはRoborockオリジナルノベルティ、4way全自動ドックQの紙パックを特典として進呈。2024年1月31日までの購入者には30日間の返金保証キャンペーンも実施。

新製品:Xiaomi ロボット掃除機 S10

2023年9月27日時点でのシャオミのロボット掃除機「Xiaomi ロボット掃除機 S10」について紹介します。

Xiaomi ロボット掃除機 S10の特徴
  • 4,000Paの吸引力と水拭き機能を搭載。
  • スマートウォータータンクからモップヘッドに適切な水分量を供給。
  • 高精度なLDSレーザーナビゲーション技術で部屋をマッピング。
価格

24,800円(税込、市場想定価格)

Xiaomi ロボット掃除機 S10のおすすめポイント
  • 水拭き機能と高い吸引力を併せ持っている。
  • 床を水浸しにせず、床の材質に合わせた3段階の水分量調整が可能。
Xiaomi ロボット掃除機 S10の気になるところ、注意点
  • カラーはホワイトのみ。
  • 本体重量は約3.6kg。
Xiaomi ロボット掃除機 S10の購入時参考情報
  • 販売日程: 既に発売されています。
  • 販売店舗: 公式サイトやECサイトで購入可能。

新製品:iRobot ルンバ コンボ j9+

2023年9月13日時点でのアイロボットジャパンの新製品「ルンバ コンボ j9+」について紹介します。

ルンバ コンボ j9+の特徴
  • 吸引・水拭きの清掃性能が2倍以上にアップ
  • 自動ゴミ収集ステーション「クリーンベース」に自動給水機能を新たに搭載
  • 新機能「ダートディテクティブ」により部屋ごとの汚れ具合を学習し、効率的な清掃を行う
価格

19万9800円(税込)

ルンバ コンボ j9+のおすすめポイント
  • 「パッドリフティングシステム」により、カーペットや畳の水拭きを避けつつ、効率的に清掃が可能
  • 「ダートディテクティブ」機能により、汚れが多いエリアを優先的に掃除し、清掃効率を向上させる
  • クリーンベースに搭載された3Lの給水タンクにより、約30日間の水補給が不要で、メンテナンスが簡単
ルンバ コンボ j9+の気になるところ、注意点
  • 高価な製品であるため、予算を考慮する必要がある
  • 新機能や性能向上の詳細なデータやユーザーレビューがまだ少ない
ルンバ コンボ j9+の購入時参考情報
  • 発売日:2023年9月22日
  • シリーズ内の他のモデルと比較して、最上位の機能と性能を提供
  • クリーンベースには紙パックと交換用モップパッドを収納できる設計が採用され、交換がスマートに行える

この新製品発表に併せて、アイロボットジャパンは新カテゴリー製品として空気清浄機「Klaara(クラーラ)」も発表しました。

新製品:ロボット掃除機「DEEBOT X2 OMNI」

2023年9月12日時点でのエコバックスジャパンの新商品「DEEBOT X2 OMNI」について紹介します。

「DEEBOT X2 OMNI」の特徴
  • 厚さ9.5cmという業界最薄の四角い新デザインを採用し、狭いスペースや部屋の隅まできっちり清掃可能
  • 加圧回転式デュアルモップを装備し、吸引掃除と水拭き掃除の両方が可能
  • AI音声アシスタント「YIKO(イコ)」による音声操作がサポートされ、清掃予約も可能
価格

239,800円(税込)

「DEEBOT X2 OMNI」のおすすめポイント
  • 全自動クリーニングステーションが付属し、モップの洗浄やゴミの収集を自動で行う
  • 掃除中に突然現れた障害物を避ける「AIVI 3D 2.0」や210度の視野を実現する「Dual-Laser Lidar」マッピング技術を採用
  • ダストボックスの容量は420mLと大容量で、バッテリー駆動時間は最大約212分(吸引のみの場合)
「DEEBOT X2 OMNI」の気になるところ、注意点
  • 高価格帯の商品であるため、予算を考慮する必要がある
  • 商品のサイズや重さによっては、収納スペースや移動が難しい場合がある
「DEEBOT X2 OMNI」の購入時参考情報
  • 予約開始日:2023年9月14日
  • 発売日:2023年9月28日
  • 本体サイズ:W320×D353×H95mm、全自動クリーニングステーション収納時サイズ:W394×D443×H527.5mm
  • 清掃モード:吸引のみ、水拭きのみ、吸引と水拭き、吸引後水拭きの4モード

新製品:「AquaBot Pro」

2023年9月18日時点での「Gloture」の「AquaBot Pro」について紹介します。

AquaBot Proの特徴
  • 吸引力約6000Paと毎分約180回転するモップパッドによる水拭き掃除が同時に行える2in1タイプのロボット掃除機
  • 4つの掃除モード(掃き掃除モード、モップ掛けモード、同時掃除モード、最初に吸引してからモップ掛けをするモード)を搭載
  • SLAM機能と前面カメラを利用した障害物回避とペットモニタリング機能
価格

138,500円(税込)

AquaBot Proのおすすめポイント
  • 他の高価格帯のロボット掃除機(Roborock S8 Pro UltraやDEEBOT T20 OMNI)と比較しても、同等の機能を持ちながらコストパフォーマンスが良い
  • 自動ゴミ収集や水拭きモップパッドの自動洗浄・乾燥に加え、自動給水・排水機能が搭載されている点がユニーク
AquaBot Proの気になるところ、注意点
  • 自動給水・排水機能の利用にはY字ホースなどの設置が必要で、プロの業者による工事が推奨される
  • 前面カメラのセキュリティやプライバシーの保護に関する情報が不足している可能性がある
AquaBot Proの購入時参考情報
  • Gloture楽天ストアで販売中
  • 2023年9月6日に発売され、価格は138,500円(税込)

この情報を参考にして、AquaBot Proの購入を検討してみてください!

直近の水拭きロボット掃除機のセール情報

水拭きロボット掃除機の商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

「中古販売」:「Switchbot お掃除ロボットS1plus」

2023年9月18日時点での中古品の「Switchbot お掃除ロボットS1plus」について紹介します。

https://dgywuz.basspool.top/index.php?main_page=product_info&products_id=174
Switchbot お掃除ロボットS1plusの特徴
  • 4リットルの大容量ダストバッグを搭載し、最大70日間ゴミを触らなくても良い。
  • 高精度マッピング機能(LDS技術とAIを利用)で、高速かつ正確な家の間取りを採寸し、清掃範囲を計画できる。
  • SLAMアルゴリズムによる経路計画と無人自動運転技術を搭載し、効率的な清掃が可能。
価格

特別価格 22,500円(税込)

お得度

元の価格45,000円から半額の22,500円に値下げされており、非常にお得。

セール期間

2023年9月18日(月)〜2023年4月15日(土)

Switchbot お掃除ロボットS1plusのメリット、注意したいポイント
  • メリット:高精度なマッピング機能と効率的な清掃性能、アクセサリー(ダストパック7枚含む)が付属している。
  • 注意点:中古品であるため、商品の状態や付属品の確認が必要。また、透明のアクリル板に付いていた固定用両面テープが1枚剥がれており、再利用のために緑のテープが貼られている。

スポンサーリンク

ハイブリッド式ってどうなの?

この記事の一個前が、「ルンバを買わないでどうして他のロボット掃除機探してるの?」という煽り記事だったのですが(違う)、最近のロボット掃除機は、「水拭きも吸引もできる」というハイブリッドなモデルが登場しています。

ぶちくま
ぶちくま

そんなことやるのはアイリスオーヤマくらいだろ、と思ったら、本当にアイリスオーヤマも出してました。

まずは、ハイブリッド式を候補から消すために、簡単に解説します。

手間が増えるだけ

先に申し上げておくと、ハイブリッド式のロボット掃除機は、確かにひとつの筐体で全てをやってくれるので、便利といえば便利です。

ですが、水拭きモードを使用するときには、単一モードで水拭き運用となる場合がほとんど。さらに、別のアタッチメントを装着する手間などもあり、「2in1だけど、作業量は変わりない」というのが正直なところです。

水には強くなる

水タンクなどを装着して、モップを湿らせたりする都合、筐体は水に強く設計される傾向にあります。

どのロボット掃除機も水濡れの危険性とは隣り合わせ。さらに、我が子くらいになると、ルンバが走り出すと水鉄砲に玉を込め始めるスナイパーになるので、「意図的に濡れる危険性がある」ことも十分に承知しておく必要があります。

ぶちくま
ぶちくま

なんか、動く的みたいで楽しいみたいね

もちろん、ハイブリッドモデルだからといって、故意に濡らされたら故障する原因にはなりますが、床の水濡れくらいなら想定内の構造となっているため、お子様のいるご家庭なんかでは安心して使える、かもしれません。

拭き掃除の評判は、割といい

あくまでも他所のレビューを眺めた結果でしかありませんが、もっと「期待外れだった」コメントが多いのかと思いきや、「割と床がきれいになってよかった」というのが多かったです。

ぶちくま
ぶちくま

もちろん、否定的なコメントがないわけではありませんが、Hybridモデルの購入満足度は、私が想定しているよりはずっと高いようです。

スポンサーリンク

チェックしておきたい水拭きハイブリッドモデル

簡単にハイブリッドモデルのロボット掃除機を紹介していきます。

Anker Eufy RoboVac L70 Hybrid

シンプルでかっこいい、AnkerのEufy、RoboVac L70 Hybrid

Anker製の家電ブランド、Eufyから、最先端をいくカッティングエッジなモデルを。

ぶちくま
ぶちくま

というか、普及版を別記事で紹介しているので、記事を書くモチベーションを保つためにも高級ラインをチョイス。

ルンバ越えも名高い

さすがAnker社、という性能をまとめてきました。

Anker Eufyの水拭きモード
  • 水量調整も可能なモッピングモード
  • マッピングも可能
  • 床に合わせて吸引力を変える「BoostIQ」
  • アプリで侵入禁止、水拭き禁止などの調整が可能

アイリスオーヤマ IC-R01

アイリスオーヤマ、水拭きもできるロボット掃除機

アイリスオーヤマも前回の記事で触れたのでサクッとご紹介するに留めます。

ダストボックスは水洗い可能

割と大事な点なので説明しておきますが、ダストボックスが水洗い可能というのは、重要です。

各自、勝手に水洗いすればいいじゃないか、という気がしなくもないのですが、先にも説明した通り、「水濡れに自信があるかどうか」で、水洗いの対応が変わってきます。

前方は吸引、後方は水拭き

どうやって水拭きするのかと思ったら、ゴミを吸い取った後の床を、後方に貼り付けたモップで拭くという芸当を成し遂げてくれます。

 ECOVACS DEEBOT OZMO 950

Ecovacs deebotを水拭きで評価する
オデキじゃないよ

ゴールデンカムイの牛山のような、おでこにぽつっとしたタコ、ではなくてマッピング可能なレーザーがあるのが特徴。

水拭き性能がすごい

最も理想に近い「吸引・水拭き」の二刀流を成し遂げてくれたモデル。

水拭きならではの爽快さは、足裏細菌(Bacillus subtilis, Staphylococcus)を92%除去してくれたという衛生微生物研究センターの試験に裏付けされている、かのようです。

Bacillus subtilisとは

ちなみに、こういうの気になっちゃうんですけど、除菌試験の標的になったグラム陽性菌は、ひとつは枯草菌という、どこにでもいる常在細菌のひとつ。食中毒、というより食品汚染(コンタミネーション)の原因となる場合があります。研究にも用いられやすいモデル細菌。

Staphylococcusとは

こちらは、ブドウ球菌、という意味です。黄色ブドウ球菌は、食中毒の原因菌として有名。エンテロトキシンという毒素を産生するので、細菌学なんかの試験でよく出される。

素足でのびのびとした在宅ライフを

私は家の中は素足で歩きたい派なんですけど、水拭きしてくれるとありがたいなとは思います。

除菌というよりは、「拭き取り」という使い方ですけど、何にせよ「目に見える汚れ」ではないものであれば、しっかりと拭き取ってくれるようです。

ぶちくま
ぶちくま

目に見える汚れをゴシゴシこそぎ落とすのは、人間の仕事のようですね。

ハイエンド機の比較

少し気になったのですが、920と950の違いはほとんどないようです。

モデル名DEEBOT OZMO 950 DEEBOT OZMO 930DEEBOT OZMO 920DEEBOT OZMO 901
マッピング清掃
バーチャルボーダー● ※水拭きあり/なし 指定可能● ※水拭きあり/なし 指定可能
カーペット認識
スケジュールタイマー
スマホアプリ対応
水量調整水拭き
吸引力変更3段階2段階2段階
高さ9.3cm10.2cm9.3cm10.2cm
段差乗り越え モップ未装着時2cm1.5cm最大2cm1.5cm
バッテリー容量5,200mAh3,200mAh最大110分2,600mAh
スポンサーリンク

水拭き専用ロボット掃除機のすごさ

ハイブリッド機を紹介しましたが、欲しくなりましたか? 

ぶちくま
ぶちくま

私はうっかりエコバックスをカートに入れましたが、さすがに高すぎるのでやめました。

しろくまさん
しろくまさん

水拭きは要所で使うくらいでいいので、もう少し、お安くなりませんかね。

というわけで、ここからはようやく本腰を入れて、水拭き専用のロボット掃除機を調べていきます。

最強のブラーバジェット

まず、比較対象というよりも「今はここまで進んでるぜ」モデルとして、ブラーバジェットの最上位機種を例にとってみます。

よめくま
よめくま

絶対に、買いませんけどね。

ブラーバジェットm6

ブラーバジェットはドックあり
完全オートで待機中
もはや職人芸

さすが、アイロボットというか、ルンバの機能はしっかりと詰め込んだという最上位機種の貫禄。

ブラーバジェット mシリーズ
  • 言わずと知れたマッピング機能
  • 部屋の状況を学習し、最適な掃除パターンを考える
  • 水拭きには必須な「侵入禁止エリア」の細かい設定
  • Alexa、Google アシスタント対応による音声操作
  • ルンバと連携し、「掃き掃除」のあとの「拭き掃除」
  • カラ拭きもできる多彩な清掃モード
  • ジェットスプレーで汚れを浮き上がらせる

ルンバと連携できるのは、ブラーバだけだね。

ルンバとブラーバは並べたい
目指したい構図

200シリーズで事足りる

そろそろ現実に戻って、お値段以内のものを探します。

200(ジェット)シリーズをおすすめしたい人
  • 水拭きは外せない
  • どうせなら汚れはしっかりと落としたい
  • ブラーバの回収くらいの手間は惜しまない
  • 専用パットの継続購入が負担ではない
  • 静かなロボット掃除機が欲しい
  • 3万円以内の商品が欲しい

拭き掃除を自動でやるくらいなら200シリーズでも十分です。

でも、ブラーバジェットを充電器に繋いだりしている作業があると、だんだん「あれ、もうウェットシートで自分で拭けば」という気にならなくもない。

ぶちくま
ぶちくま

ある程度広い部屋で、ペットなどを飼って毎日派手に汚れるくらいから、需要が生まれるのかもしれません。

300シリーズとの違いは?

300シリーズは、水がプシュッと出ない「ジェットではない」モデルです。

200と300の違い(ブラーバ)
  • サイズは200シリーズが小さい
  • ジェットは「水を噴射」するのがメイン
  • ジェット(200)はモップ、300は使い捨てシート(のような薄い布)
  • 対応面積は圧倒的に300

しっかり水拭きするなら、「ジェット」印、使い捨てシートで衛生的に拭き掃除がしたいなら300シリーズといった感じですね。

パナソニック ローラン MC-RM10

パナソニックは、本当に家電なら手当たり次第に出してきますね。

ルンバと異なる特徴

割と構造から違うので、拭き掃除の中でも「汚れをこそげ落とす」ことを目的とするなら、パナソニックのローランが良さそうです。

https://panasonic.jp/soji/products/rollan.html

回転式ローラーが強そう

パナソニック、Rollanという水拭きロボット

強そう。

回転式ローラーは、汚れを擦り落とすものではなく、「綺麗な面」を使えるように回転していくためのものです。

ぶちくま
ぶちくま

キン肉マンのサンシャインみたいに、ジェロニモの腕を粉砕するような力技ローラーじゃないんだね。

使い捨てシートで楽々お掃除

専用のモップがあり、ウェット・ドライ兼用なので使い勝手が良さそうですが、いざ洗濯が必要になると面倒になってしまう怠惰な人間です、私は。

ローランは使い捨てシートの利用もできる
簡単お掃除

ローランのいいところは、使い捨てシートを使うモードもあり、ボタン一つで自動巻き取り、ゴミ捨ても簡単ときました。

レイコップ ミズロボ

レイコップも水拭きロボットをリリースしてましたが、実際のところ、どうなのよ。

モップの回転を推進力に

なんかグイングインする、RAYCOPのミズロボ

少しグッときたのが、モップの回転でウィンウィンしながら進むのですが、なかなか愛嬌があります。動画を撮っておけばよかった。

多彩な動きを見せるミズロボ
  • 自動モード
  • Y字モード
  • 集中モード
  • 壁際モード
  • 手動モード
  • ターボモード
  • カラ拭きモード

多彩な動きを独特な形状で行うミズロボには少し心惹かれるものがあります。

https://www.raycop.co.jp/product/mizurobo

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「機能 ロボット switchbot」に関する最新情報です。

    SwitchBotは、自動給排水機能とリアルタイムモップ洗浄機能を備えた多機能掃除ロボット「SwitchBot お掃除ロボットS10」を発表し、5月15日に販売を開始する。このロボット掃除機は独自のデュアルステーション設計を採用し、水道に直結して全自動で給水/排水を行うことが可能となっている。価格は通常モデルが11万9820円で、「外付け水タンクセット」付属モデルが12万9800円となっている。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2405/14/news156.html

  2. buchikuma-info より:

    「beijing catl hyundai」に関する最新情報です。

    CATLとBeijing HyundaiがEV用バッテリーに関する戦略協定に調印しました。この協定により、Beijing HyundaiはCATLの最新バッテリー技術を搭載した10以上の主要なグローバルモデルを開発・投入する予定です。両社は製品開発に焦点を置き、相互に成長を支援する関係を築いています。CATLは過去数年間にHyundaiとのパートナーシップを強化し、世界的な自動車製品の供給をサポートしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMWh0dHBzOi8vd3d3Lm9raW5hd2F0aW1lcy5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8tLzEzNTE1ODTSATNodHRwczovL3d3dy5va2luYXdhdGltZXMuY28uanAvYXJ0aWNsZXMvYW1wLzEzNTE1ODQ?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「19万 amazon amazon 19万」に関する最新情報です。

    MINISFORUMの最新3in1タブレットがAmazonでも19万円台で販売される。このタブレットは着脱式キーボードを備え、ノートPCとしてもタブレットPCとしても使用可能。さらに、VLinkポートを搭載し、モバイルモニターとしても利用可能。主な仕様は、14型ディスプレイ、Ryzen 7 8840U、32GBメモリ、1TB SSD、Windows 11 Proなどが付属する。発売は5月18日予定。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vcGMud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvdG9kYXlzX3NhbGVzLzE1ODc2MDYuaHRtbNIBAA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「シート チャイルド チャイルド シート」に関する最新情報です。

    違法なチャイルドシートがECサイトで販売され、安全基準を満たしていない製品が危険であることが指摘されている。国交省が未認証チャイルドシートの危険性を公表し、事故で子供が放り出される可能性があることが示されている。これを受けて通販サイトでは一時的に販売中止となったが、再び販売が再開されるサイクルが続いている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vd3d3LmF1dG9jYXIuanAvcG9zdC8xMDI5NTIx0gEA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「水拭き ルンバ 価格」に関する最新情報です。

    アイロボットが水拭きに対応した39,300円のロボット掃除機「Roomba Combo Essential robot」を発表し、エントリーモデルとして4万円以下で提供。水拭き機能を搭載し、操作もシンプルで初めてのユーザーや単身者、シニアにも適している。サブスクリプション提供も行われている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDQxNy0yOTI4NDc1L9IBAA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「プラマイゼロ プラマイゼロ 激落 モップ」に関する最新情報です。

    ±0プラマイゼロが「激落ちくん」シリーズの新製品、「コードレス電動モップ H020」と「コードレス電動ブラシ」を発売。モップは床を水拭きできる電動モップで、水噴射機能も搭載。ブラシは高い防水性で水につけながら掃除が可能。価格は19,800円と11,000円で、4月中旬と4月下旬に発売予定。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1582029.html

  7. buchikuma-info より:

    「dreame モップ モップ 伸び」に関する最新情報です。

    Dreame Technology Japanが先行予約販売を開始した「DreameBot X30 Ultra」は、床の吸引や水拭き掃除だけでなく、ゴミ収集やモップの洗浄・乾燥、洗剤の自動投入などを行う全自動ロボット掃除機。モップ洗浄時にステーションで自動クリーニングし、メンテナンスを簡素化。モップが壁際まで伸びる「モップエクステンド技術」や、毛足の長いカーペットを濡らさずに掃除する機能も備えている。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1579374.html

  8. buchikuma-info より:

    「dreame モップ モップ 伸び」に関する最新情報です。

    Dreame Technology Japanが先行予約販売を開始した「DreameBot X30 Ultra」は、床の吸引、水拭き掃除、ゴミ収集、モップの洗浄・乾燥、洗剤の自動投入、ベースステーションの自動洗浄などを行う全自動ロボット掃除機。モップ洗浄時にステーションで自動クリーニングし、メンテナンスを簡素化。モップが壁際まで伸びる「モップエクステンド技術」や毛足の長いカーペットを濡らさずに掃除する「モップ自動脱着」機能も特徴。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU3OTM3NC5odG1s0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「ケチャップ 汚れ シミ」に関する最新情報です。

    ケチャップのシミを落とす方法について紹介されており、ケチャップ汚れが気になる家庭や小さな子供がいる家庭に役立つ情報です。シェービングフォームを使って汚れを落とす方法が紹介されており、ティッシュで拭き取った後にシェービングフォームを使い、洗濯するだけで簡単にシミを落とせると説明されています。シミは時間が経つと落ちにくくなるため、早めの対応が重要であると強調されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65fbe684e4b06c0f22ebd122

  10. buchikuma-info より:

    「試験 バッテリー センター」に関する最新情報です。

    エスペック株式会社は、栃木県宇都宮市にある「バッテリー安全認証センター」の試験設備を増強しています。これは、EV用リチウムイオン電池の安全性試験の需要拡大に対応するためのものです。同センターは、2015年に開設され、国連規則や各種国際規格に対応した世界初の試験所として知られています。EVの普及に伴い、リチウムイオン電池の安全性試験の需要が増加しており、エスペック株式会社はこれに対応するため、2023年度には充放電試験や釘刺し試験の設備を増強し、2024年度にも同程度の設備を計画しています。また、2025年には愛知県にて国内最大級の新試験所を開設する予定です。エスペック株式会社は、今後もEVの安全性確保に貢献するために、受託試験サービスの拡充を行っていくとしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMDMuMDAwMTM1Mjg2Lmh0bWzSAQA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「材料 候補 ai」に関する最新情報です。

    マイクロソフトと米国の研究機関が、AI(人工知能)とHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)を活用して、バッテリーの新しい材料候補を高速に検証する取り組みを開始しました。この共同研究では、リチウムの使用量を削減するための材料候補を見つけることを目指しており、エネルギー貯蔵分野での材料開発に貢献することを目指しています。AIとHPCの組み合わせにより、人間の手作業で行われていた検証作業を大幅に短縮することが可能となります。この取り組みにより、バッテリー材料の開発が加速し、リチウムの使用量を減らすことが期待されます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vamFwYW4uemRuZXQuY29tL2FydGljbGUvMzUyMTM2NzEv0gEA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「roborock セール 掃除機」に関する最新情報です。

    ロボット掃除機Roborockが「楽天新春セール」で最大58%OFFとなることが発表されました。セールでは人気モデルのS7+やQ7などがラインアップされています。S7は44%OFFで49,800円、Q7は58%OFFで25,800円となっています。Roborockの掃除機は高い吸引力や水拭き機能などが特徴であり、自動ゴミ収集ドックも備えています。セール期間は2023年12月28日から1月9日までとなっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMjQuMDAwMDg1NTgxLmh0bWzSAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「掃除 実施 水拭き」に関する最新情報です。

    今年の大掃除は時期を分散して実施する形が主流であり、75%以上の人が床の水拭き掃除の重要性を認識しています。しかし、週に1回以上実施できている人は30%以下です。約40%の人は水拭き掃除の正しい手順を知らないと回答しており、床の水拭き掃除に関する意識調査の結果が公開されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000120.000042335.html

  14. buchikuma-info より:

    「revo revo 使っ roborock」に関する最新情報です。

    Roborock Q Revoは、コンパクトなボディにもかかわらず、優れた掃除性能とお手入れの簡便さを備えています。このロボット掃除機は、障害物を賢く避けながらゴミをしっかり吸引し、回転式モップで水拭きも行うことができます。さらに、4way全自動ドックQという機能により、定期的なメンテナンスも自動で行ってくれます。Roborock Q Revoは、コンパクトなサイズながらもパワフルな性能を持ち、お手入れの手間を省くことができるため、おすすめのモデルです。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/topic/special/1549726.html

  15. buchikuma-info より:

    「rz 300 rz 300」に関する最新情報です。

    レクサスは、バッテリーEV専用モデル「RZ」にFWDモデル「RZ300e」を追加導入し、一部改良を行うことを発表しました。RZ300eは、RZの走りのコンセプトである「The Natural」を継承しており、冷間時のバッテリー暖機性能の向上により、急速充電時間が改善されています。また、レクサスはバッテリーEVのライフスタイルを豊かにするために、体験プログラム「LEXUS Electrified Program」も拡充しています。さらに、レクサスは軽井沢コモングラウンズにレクサス充電ステーションを開設し、コラボレーション企業との共創により、バッテリーEVライフを充実させる「LEXUS Experience」を提供しています。これには、都市と自然を行き来する新しいライフスタイルを提案する「2nd Home Experience by SANU」と、食を通じたサステナブルで上質な時間を提供する「LEXUS DINING JOURNEY」も含まれています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vZ2xvYmFsLnRveW90YS9qcC9uZXdzcm9vbS9sZXh1cy80MDEzNDc3MS5odG1s0gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「掃除機 シャオミ 発表」に関する最新情報です。

    シャープが7年ぶりに新しい中期計画を発表する予定であり、液晶ディスプレイの不振に危機感を抱いている。政治の世界では、新しい首相候補者の選出に向けた駆け引きが進行中であり、非主流派が堂々と首相を批判している。また、首相の支持率が最低になったことで衝撃が広がっている。さらに、大麻グミに有害成分が検出されたため、販売停止命令が出される見通しとなっている。宝塚音楽学校の理事長が退任する意向を示しており、阪急阪神HDの会長も交代する予定である。イスラエルとガザの間でトンネルに関する動画が応酬されており、イスラエル側は「人間の盾」の存在を主張しているが、ガザ側はこれを否定している。さらに、親イラン組織は貨物船の拿捕は「イスラエルの虐殺に対応したもの」と主張し、海運業界にも影響が及んでいる。

    http://www.asahi.com/articles/ASRCN5V5NRCNULFA00V.html?ref=rss

  17. buchikuma-info より:

    「掃除機 シャオミ 発表」に関する最新情報です。

    中国の家電メーカーであるシャオミが、新製品の一挙発表を行いました。この発表では、テレビや掃除機など、スマートフォン以外の家電製品にも注力しています。シャオミは中国国内でスマートフォンを中心に家電製品を展開しており、日本市場でもその歩みを聞くことができます。発表の理由は、ブランド認知を広げるためにファンミーティングを行い、スピード感を持ってイノベーションを進めることを目指しています。シャオミは低価格ながら高品質な製品を提供し、幅広い商品を紹介しています。

    https://japan.cnet.com/article/35211045/

  18. buchikuma-info より:

    「掃除機 シャオミ 発表」に関する最新情報です。

    中国の家電メーカーであるシャオミが、新製品の一挙発表を行いました。彼らはスマートフォンを中心に家電製品も強化しており、今回の発表ではテレビや掃除機などの新製品を紹介しました。シャオミは日本市場でも存在感を高めており、ブランド認知を広げるためにファンミーティングなどのイベントも行っています。彼らはスマートフォンの次のトレンドに向けて、スピード感を持ってイノベーションを進めているようです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIxMTA0NS_SAQA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「タイプ rakuten rakuten 最強」に関する最新情報です。

    楽天モバイルは、10月25日から「Rakuten最強プラン(データタイプ)」の音声SIM(通常タイプ)への変更を受け付けることを発表しました。これにより、既存の楽天最強プランのデータタイプを音声SIMに変更することが可能となります。この変更は、楽天カードの所有者に提供されるデータSIMにも適用されます。また、既存のプランの解約も可能です。

    https://japan.cnet.com/article/35210689/

  20. buchikuma-info より:

    「職人 銀座 北大路」に関する最新情報です。

    銀座のカウンターで修業中の若手職人が握る育成型寿司屋「北大路倶楽部」が11月6日から期間限定でオープンする。この寿司屋は、銀座エリアの中心に位置し、個室和食のレストランチェーンを展開している大東企業株式会社が運営している。北大路倶楽部では、未来を担う若手職人を育成するためのオープンスクールも開催され、寿司21品のおまかせコースが提供される予定だ。料金は9,350円(税込)で、素材にこだわったおまかせコースを楽しむことができる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000088584.html

  21. buchikuma-info より:

    「バッテリー パワー パワー 作業量」に関する最新情報です。

    デウォルトが開発した新しい電動工具バッテリーは、従来のバッテリーよりもパワーと作業量が1.5倍に向上し、寿命も2倍に延びると発表されました。このバッテリーは、パウチ型のリチウムイオン電池セルを採用しており、従来のシリンダー型セルに比べて発熱が約30%低減されています。また、バッテリー制御システムの改良により、パワーの向上と作業量の増加が実現されています。この新しいバッテリーは、2023年10月下旬に発売予定で、18Vシリーズの電動工具と互換性があります。価格は31,900円です。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1541226.html

  22. buchikuma-info より:

    「バッテリー パワー パワー 作業量」に関する最新情報です。

    デウォルトが開発した新しい電動工具バッテリーは、従来のバッテリーよりもパワーと作業量が1.5倍に向上し、寿命も2倍に延びるという特徴を持っています。このバッテリーは、パウチ型リチウムイオン電池セルを採用しており、従来のシリンダー型セルと比べて発熱が約30%低減されています。また、バッテリー制御システムの改良により、パワーと作業量の向上が実現されています。このバッテリーは2023年10月下旬に発売される予定で、価格は31,900円です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8va2FkZW4ud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU0MTIyNi5odG1s0gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「10 ロボット 10 17」に関する最新情報です。

    SwitchBotは、10月17日にKickstarterプロジェクトを開始し、世界初の自動給水・排水デュアルステーション設計のお掃除ロボットS10を発売することを発表しました。このロボットは、給水・排水・清掃・モップ洗浄/乾燥・ゴミ収集などをすべて自動で行うことができる最高峰のモデルです。SwitchBotは、IoTデバイスのトップブランドであり、これまでにもスマートプラグやカーテン、リモコン、ロックなどの製品を提供してきました。SwitchBotの目指すのは、スマートホームの実現であり、最新の技術を活用して製品の開発と改善に努めています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000057002.html

  24. buchikuma-info より:

    「10 交換 gloture」に関する最新情報です。

    Gloture楽天ストアでは、指先に貼るマイクロチップ「INSTA-NAIL」のお試しキャンペーンを実施しています。このマイクロチップは、指先で名刺交換ができる便利なアイテムで、NFC通信に対応しています。現在、先着30名様限定で65%OFFで購入することができます。キャンペーンは10月26日まで行われています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002166.000032456.html

  25. buchikuma-info より:

    「dx dx 推進 推進」に関する最新情報です。

    シフト管理DXを推進するOplusが、DX推進応援プロジェクト「DX Action宣言」に参加していることが発表されました。Oplusはシフトの自動作成やエクセルからの脱却を実現し、再導入応援キャンペーンも実施しています。Oplusの取り組みは、シフト管理DXの普及と効率化に貢献しており、DX Action宣言の趣旨に賛同しています。Oplusのサービスは、シフト管理業務における課題に対応し、労働力不足や人件費の問題にも対応しています。DX Action宣言の特設サイトでは、DX推進に関する情報やノウハウが提供されています。また、Oplusでは再導入応援キャンペーンを実施しており、シフト管理DXの導入を検討している企業に対して支援を行っています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000096553.html

タイトルとURLをコピーしました