現在、サイトのメンテナンス中。ご迷惑おかけします。

 iPhoneユーザーが失敗しないLINEのデータ引き継ぎ方法「iCareFone for LINE」

スポンサーリンク

LINEデータの引き継ぎ、過去に何度か失敗しています。

私はiPhoneを利用しているのですが、iPhoneユーザーの場合、ほとんどのデータはiCloudに自動でデータが保存される仕組みとなっていることもあり、アプリのデータ引き継ぎなどの手続きをうっかり忘れてしまうのです。

このページでは、iCareFone for LINEという、LINEのデータ引き継ぎやデータバックアップの専用ソフトウェアを利用することで、iPhoneで利用しているLINEのデータ管理が簡単にできるようになることについて解説していきたいと思います。

これから機種変更をしようと考えている方や、過去・現在、まさにLINEのデータ引き継ぎに失敗されている方にはとてもためになる情報となっていますので、ぜひLINEのスマートなデータ管理について調べていってください。

詳細なiCareFone for LINEについての情報は、下のリンクからも確認することができます。

AndroidとiOSの間でLINEデータを自由に転送 - iCareFone for LINE
iCareFone for LINEを利用して、LINE データをAndroidからiPhoneへ転送することができます。
まずは無料でダウンロード!
スポンサーリンク

LINEデータ引き継ぎの大変なところ

まずは、どうしてLINEのデータ引き継ぎが大変なのかについてお伝えしていきたいと思います。

LINEデータで引き継がれるデータとは

後述しますが、まず、LINEのデータは「引き継ぎ処理」をしたとしても、すべてのデータを新しいスマホに移行させることはできません。

LINEのデータについて考える際に、まずはしっかりと分類すべきデータの考え方として、「アカウントに依存しているデータ」と、「端末(スマホ本体)にしか保存されないデータ」があることを知っておく必要があります。

LINEアカウントに保存されているデータ

まず、LINEアカウントにログインすればそのまま引き継げるタイプのデータがあります。

これは、LINEのサーバー上にアカウントに関連づけて保存されているデータなので、LINEアカウントさえ継続して利用することができれば、そのまま利用可能なデータとなっています。

  • 友だちリスト
  • グループ
  • 自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)
  • ステータスメッセージ
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの内容
  • Keepに保存中のデータ
  • LINE Pay・LINEポイント残高
  • ポイントクラブのランク情報
  • LINEスタンププレミアムの利用情報
OSが異なることで引き継がれなくなるデータ

iPhoneを使っていた方が、iPhoneに機種変更する場合には問題ないのですが、iPhoneユーザーがAndroidに機種変更すると移行できないデータがいくつか存在します。

  • 購入済みのLINEコイン残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット
  • LINE連動アプリ・サービスの情報(GAME・マンガ・占いのアイテムなど)

OS(AndroidやiOS)が異なる場合、使用しているお金の通貨が異なるイメージになるので、課金した場合の残高などは基本的には引き継ぐことができません。

LINEが発行している通貨である、LINE PayやLINEポイントの残高については、異なるOSでも使用可能ですが、このあたりを混同するとデータ移行をした場合に利用できなくなる通貨が出てくるので注意が必要です。

トーク履歴のバックアップ

LINEアカウントに保存されないデータとして「トーク履歴」があります。

トーク履歴は利用しているスマホ本体に保存されているデータとなり、トーク履歴のデータを移動させないと新しい端末でトーク履歴を復元することはできなくなります。

このトーク履歴は、2022年4月現在、異なるOSへデータを移動することができません。スマホ買い替えの際には注意したいところです。

トーク履歴のバックアップ方法
トーク履歴のバックアップ方法
  1. LINEホーム画面の「設定」アイコンをタップする
  2. 「トーク」をタップする
  3. 「トークのバックアップ」をタップする
  4. 「いますぐバックアップ」をタップする

その後、iPhoneの設定で、LINEアプリのiCloudの利用を許可する設定などもありますが今回は割愛。

ぶちくま
ぶちくま

この方法では、iPhoneからAndroidなどへのトーク履歴のデータ移動はできないというのは注意が必要ですね。

LINEデータの引き継ぎ方

まず、一般的なLINEデータの引き継ぎ方法を簡単に説明していきます。

  1. 古いスマホのLINEを最新バージョンにアップデートしておく
  2. LINEアカウントの登録情報で「電話番号」や「メールアドレス」を確認しておく(引き継ぎに必要)
  3. 必要があれば、古いスマホの時点で「トーク履歴」のバックアップをとっておく
  4. 異なるOSの場合は、トーク履歴のテキストをコピペしたり、思い出の写真をKeepに保存しておいたりする
  5. 新しいスマホでLINEにログインする
  6. 同じOSであればトーク履歴を復元する
  7. LINEスタンプなどを必要なものだけダウンロードする

公式によるLINEデータの引き継ぎ方法は、上記の通りとなります。

スムーズで確実なデータ移行には、普段のバックアップによるデータ保護や、アカウントの設定が大事だということがわかります。

ただ、このあたりの設定につまずいたり、うっかりデータを消してしまうような方には、もっと確実な方法をおすすめしたいと思います。

Androidに、どうしてもトーク履歴を引き継がせたい場合にできること

iPhoneユーザーは、Androidユーザーにトーク履歴をデータ移行することはできません。

これは、iPhoneでは、Appleが管理するiCloudというクラウドシステムにデータ保管しているのに対して、AndroidではGoogle ドライブに保管する違いがあるためです。

ぶちくま
ぶちくま

iPhoneでも利用できるGoogleドライブにLINEのトーク履歴を保存して読み取れるようにしてくれれば解決しそうなんですけど、やはりそううまくはいかないみたいですね。

技術的な問題を克服するのは我々には難しいので、iPhoneで利用していたLINEのデータを少しでも残しておきたいと考える方のために、簡単にできるLINEデータ保存方法を書いておきます。

テキストだけならメールやメモでOK
トーク履歴のテキストを送信する、iCareFone for LINEの利用方法

トーク履歴は、アカウントやグループごとに保存されていますが、保存したいトーク履歴を開いた状態で、テキストデータのみ、他のアプリに送信することができます。

  1. 保存したいトーク履歴を開く
  2. トーク履歴内の「メニュー」アイコンをタップ
  3. 「その他」をタップ
  4. 「トーク履歴を送信」をタップ
  5. 保存したいアプリ・ファイルを選択してタップ

LINE写真やトーク履歴内の動画はKeepを利用

先ほどの「テキストを送信」の方法では、トーク履歴内の画像や動画を保管することができません。

そのため、「LINEアカウントに紐付けされたデータベース」に保管できるKeepやアルバムの機能を使って、画像や動画を保存しておくこともできます。

  1. トーク履歴の一部の画像だけを保存する場合は、端末にダウンロードして「iCloud」「Google フォト」などの写真クラウドサービスに保存してもOK。新しいiPhoneでクラウドにアクセスすればいつでも楽しめます。
  2. LINEの機能を使うなら、自分用のデータベースにするなら「Keep」に保存。
  3. トーク対象と共有するなら「アルバム」機能を活用してもいい

スクリーンショットや画面収録を利用する

すでにLINEデータを消去してしまった、という場合には、トーク対象の方に、上記のテキストデータの保存や画像・動画の保存を依頼すれば解決できます。

あまりにもトーク履歴が豊富な場合、保存が手間なので、トーク履歴をゆっくりと画面収録(動画のスクリーンショット)で保存してもらい、その内容をアップロードしてもらい、Keepなどで保存しておくという方法もあります。

スポンサーリンク

iCareFone for LINEを利用した場合のLINEデータの引き継ぎ方法

LINEのデータ引き継ぎ方法などを解説しましたが、LINEのバックアップ方法は様々な設定が必要な上に、異なるOSには引き継ぐことができないということをお話ししました。

ぶちくま
ぶちくま

もっとシンプルに、LINEのデータ管理ができる方法はないですかね?

ここからは、LINEのデータ引き継ぎに便利なソフトウェアである「iCareFone for LINE」を利用した、もっとシンプルで使いやすいLINEのデータ引き継ぎ方法について解説したいと思います。

iCareFone for LINEは一部の機能を除いて無料で利用することができます。詳細な情報は下記の商品ページをご確認ください。

まずは無料でダウンロード!

1.AndroidからiPhoneへLINEデータを引き継ぐ 

AndroidからiPhoneへ、iCareFone for LINEの利用方法

まず、注目していただきたいのが、iCareFone for LINEを利用することで、先ほどの公式の方法では不可能であった「異なるOS間でのLINEデータ引き継ぎ」が可能だということ。

Android→iPhoneの引き継ぎ方法

  1. iCareFone for LINEを起動する
  2. AndroidからLINEデータを移行する
  3. AndroidのLINEバックアップを作成する
  4. LINEデータをiPhoneに転送する

この4ステップでAndroidユーザーがiPhoneに機種変更した場合にも、LINEデータを安全に移行することができます。

2.iPhoneからAndroidへLINEデータを引き継ぐ   

iPhoneからAndoroidへ、iCareFone for LINEの利用方法

iPhoneからAndroidへのLINEデータの引き継ぎも同様です。

iPhone→Androidの引き継ぎ方法

  1. iCareFone for LINEを起動する
  2. iPhoneからLINEデータを移行する
  3. iPhoneのLINEバックアップを作成する
  4. LINEデータをiPhoneに転送する

このように、使用する端末のOSを気にすることなく利用することができるのが、iCareFone for LINEの便利な点だといえます。

3.iPhoneからiPhoneへLINEデータを引き継ぐ

今回、私が利用したのがiPhoneからiPhoneへのLINEデータの引き継ぎとなりますので、少し丁寧に解説しようと思います。

iPhoneの機種変更時のLINEデータ移行方法

iCareFone for LINEをダウンロード

まずは、iCareFone for LINEをダウンロードしてください。

まずは無料でダウンロード!
USBケーブルでiPhoneをPCと繋ぐ

iCareFone for LINEをダウンロードしたPCで、まずはiCareFone for LINEを起動します。

起動後、データを転送したい、転送元のiPhoneと新しく利用する予定のiPhoneを繋ぎます。USBケーブルが複数ない場合は、まずは転送元のiPhoneを繋いでバックアップを取る手順でも転送可能です。

転送元のiPhoneをバックアップしておく
バックアップ作成も可能、iCareFone for LINEの利用方法

必須ではありませんが、データ転送の前にはPCにLINEデータを保存しておくことをお勧めします。

LINEアプリを利用したトーク履歴の保存方法もありますが、設定が少しややこしいので、このままiCareFone for LINEを利用してバックアップを取ることをお勧めします。

LINEのデータが予想以上に膨らんでいる場合には、必要なトーク履歴だけを選択してデータ転送することも可能です。

iCareFone for LINEでデータ移送を始める
iPhone同士のデータ転送方法、iCareFone for LINEの利用方法

iCareFone for LINEで、転送元iPhoneから転送先iPhoneへとデータ転送を開始します。このとき、接続しているiPhoneが「データを送る(元々利用していたiPhone)」と「データを受け取る(新しい、これから利用するiPhone)」の方向が間違えていないか、よく確認しましょう。

転送先のiPhoneでもLINEをインストールしておき、LINEアカウントを登録・ログインしておきます。

このとき、LINEアカウントをバックアップしていない状態で転送元から転送先iPhoneにアカウントを移してしまうと、転送元iPhoneのLINEにログインできなくなり、データが消失する危険性があります。

新しいiPhoneのLINEでデータを確認する
iPhoneのデータを転送する、iCareFone for LINEの利用方法

データ転送作業はiCareFone for LINEにお任せして、数分ほどで転送処理は終了します。

ぶちくま
ぶちくま

今回は、試しにiPhoneからiPadにデータ転送しましたが、これはうまくいきませんでした。

しろくまさん
しろくまさん

ただ、後述する「データ復元」を利用すると、iPhoneのデータをiPadに保存することは可能です。

4.AndroidからAndroidへLINEデータを引き継ぐ

Android同士のデータ転送方法、iCareFone for LINEの利用方法

AndroidからAndroidは、基本的にはGoogle ドライブを利用してLINEデータの引き継ぎが可能となっています。

ただ、このGoogleドライブを利用した方法だと、随時バックアップデータが作成されるメリットはあるものの、画像・動画データやスタンプなどのデータに関してはバックアップの対象外となっています。

iCareFone for LINEを利用することで、これらのデータも復元することが可能となっています。

Android→Androidのデータ転送方法

  1. iCareFone for LINEを起動する
  2. AndroidでUSBデバッグを有効にする
  3. 転送元のLINEバックアップを取得する
  4. LINEデータをターゲットのAndroidに転送する

Androidに関しても、LINEデータの引き継ぎは簡単に利用することができます。

ぶちくま
ぶちくま

何より、本来は保存されない「画像」などにも対応しているので、トーク履歴の思い出がそのままの形で新しい機種に引き継げるのは大きなメリットだと言えますね。

LINEデータのバックアップと復元について

iCareFone for LINEを利用する上で、最も使い勝手がいいと感じるのが、LINEデータのバックアップです。

ぶちくま
ぶちくま

私の場合、LINEはMacとiPadでも連携しています。

こちらは「トーク履歴の引き継ぎ」などが行えないため、メッセージをキーボードを利用して送信する分にはいいのですが、トーク内容の前後関係がわからなくなることが多々あります。

LINEデータのバックアップがあれば、PC上からバックアップデータを確認できるため、必要な情報を検索したりする際に大変便利です。重要なドキュメントのデータ保管としてもPCの方が相性がいいので、マルチデバイスでLINEを利用されている方にはおすすめの方法となります。

iCareFone for LINEを利用したLINEバックアップ方法

iPhoneのLINEデータをバックアップする、iCareFone for LINEの利用方法
バックアップまでの方法
  1. iCareFone for LINEを起動する
  2. 左メニューバーより、二番目の[バックアップ]機能を選択
  3. プルタブより接続したiPhoneデバイスを選択
  4. 「今すぐバックアップ」をクリック
  5. LINEデータがPC上にバックアップ

LINEデータがPC上にバックアップされました。このデータを利用すれば、他の端末へのデータ移行や、PC上でのデータ確認が可能となります。

Macの場合はセキュリティ設定でアクセス可能にする
Macのセキュリティ設定を変更する、iCareFone for LINEの利用方法
  • Macの場合、利用しているアプリに「Mac内のデータを利用させる許可」を出す必要があります。
  • Macの「システム環境設定」より「セキュリティとプライバシー」を選択
  • 上部タブより「プライバシー」を選択する
  • 鍵マークをクリックして「変更」を許可する
  • 左側の各種項目より、「フルディスクアクセス」を選択
  • 右側の(アプリ)選択項目の下、「+」マークをクリック
  • 許可を与えるアプリとして「iCareFone for LINE.app」を選択する

これで、iCareFone for LINEのアプリ上で、バックアップデータが選択できるようになりました。

LINEのバックアップデータを端末(iPhone)に復元する
バックアップデータを選択する、iCareFone for LINEの利用方法
  • 復元するデータを選択して、「iOSに復元」をクリックする
  • 復元デバイスを選択して「今すぐ復元」をクリックする
  • 復元したデバイスでLINEにログインする

復元したデバイスでLINEにログインします。この時、古いスマホのLINEアカウントでの操作が必要になるので、まだ削除しないでください。

PC上にバックアップしたLINEデータを表示する

LINEのトーク履歴に重要なやりとりがあったときなど、端末以外の場所にも保存しておきたいところです。

トーク履歴のテキストだけであれば、テキスト形式で他のアプリやメールなどで保存することはできます。しかし、トークの合間の画像や動画も含めてLINEのやりとりをライブ感を持って保存したいと考えた場合には、全てを一括して保存したいところです。

iCareFone for LINEで保存したLINEバックアップデータは閲覧もしやすいので、データの転送だけではなく、LINEのトーク履歴を振り返る機能としても優秀です。

トーク履歴を表示する

iCareFone for LINEでは、このような感じでバックアップデータのトーク履歴を確認することができます。

トーク履歴を表示する、iCareFone for LINEの利用方法

トーク対象ごとにトーク履歴を保存することも可能で、トーク内容を部分的に選択してエクスポートすることもできます。

HTMLでのトーク履歴閲覧、iCareFone for LINEの利用方法

エクスポートしたファイルは、HTMLファイルでいつでも確認できるようになっています。

保存した文書ファイルなども確認可能
テキストや画像だけではなく利用した文書系データもバックアップできる、iCareFone for LINEの利用方法

意外なところでは、LINE上で利用したワードやエクセルなどの文書系ファイルも保存可能。うっかり、仕事やレポートなどを消してしまった場合でも、LINEを利用していれば使用したファイルを救出する際にも便利な機能です。

画像も一覧で選びやすい
画像データを閲覧する、iCareFone for LINEの利用方法

LINEで保管されていた画像関連のデータは全て確認することができます。

これらのプレビューを活用すれば、バックアップを作成したPC上でのトーク履歴の確認も簡単に行うことができます。

ぶちくま
ぶちくま

うまく利用すれば、スマホ端末のLINEデータの保存量を削減することもできるので、不要なトーク履歴はPCに保存する習慣をつけてもよさそうですね。

スポンサーリンク

まとめ:iCareFone for LINEはLINEのデータ転送におすすめできる?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

LINEのデータ転送は異なるOSの場合は特に面倒です。iCareFone for LINEのようなソフトウェアをうまく活用することで、データ転送はもちろん、日々のバックアップ作成にも応用できます。

ぶちくま
ぶちくま

最近は、街の美容室や小売店なんかでもLINEを利用している方が多いので、顧客とのやり取りを保存しておく、なんて使い方もありそうですね。

LINEのデータ移行、どうしたらいい?

  • LINEアカウントに紐付けされたデータに関しては、新しい端末のLINEでログインするだけでOK
  • トーク履歴は引き継ぎが難しい場合もあるので、必要なデータは別途バックアップをとる
  • トーク履歴の完全な再現は難しく、手間も多い
ぶちくま
ぶちくま

新しいスマホを買うとウキウキするけど、この引き継ぎ業務が面倒でせっかくの気分も台無しになってしまうね。

しろくまさん
しろくまさん

スマホ買い替えの時は、LINEの他にも、いろんなアプリなどの引き継ぎ設定が必要だったりするからね。

iCareFone for LINEの利用をおすすめしたい方

  • LINEデータの中に、どうしても引き継ぎたいデータがある
  • パソコンを使ってバックアップデータを閲覧したい
  • とにかく面倒な作業はしたくない
しろくまさん
しろくまさん

なんとか自力でバックアップデータは作れそうだけど、やっぱり手間なのと、見落としでデータ消しちゃうのはもったいない感じがしますね。

ぶちくま
ぶちくま

まずは無料で利用できるところで、iCareFone for LINEを試してみるのもよさそうですね!

まずは無料でダウンロード!

コメント

タイトルとURLをコピーしました