PR

スマートウォッチならPixel Watchが最良バランスか

スポンサーリンク

「Google Pixel Watch」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「Google Pixel Watch」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の「Google Pixel Watch」新着情報まとめ

Google Pixel Watchについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

Google Pixel Watchに関する新着ニュース

Google Pixel Watchに関する新着ニュースをまとめています。

Pixel Watchアプリの新機能:複数デバイス接続とGoogleアカウント連携

2023年9月8日の、Pixel Watchアプリの最新アップデートに関する情報をお届けします。

Pixel Watchアプリ更新で2台目のPixel Watchとのリンクが可能に
「Pixel Watch」アプリが更新され、複数のPixel Watchをスマートフォンと接続して切り替えて使えるようになった。初代と間もなく発表の「Pixel Watch 2」を併用できる。
  • 米Googleは9月6日にPixel Watchアプリをバージョン1.4.0.559745056にアップデートしたと発表しました。このアップデートによって、ユーザーは複数のPixel Watchを1台のAndroidスマートフォンに接続し、それらを切り替えて使用できるようになります。アプリ内に新たに表示されるボタンをタップすると、接続中のスマートウォッチの一覧ページが表示され、ここから新しいスマートウォッチを追加できます。
  • Googleは7日に公式ECサイト「Googleストア」で近日公開予定の「Pixel Watch 2」の画像を披露しました。このアプリのアップデートにより、初代Pixel WatchユーザーはPixel Watch 2も利用できるようになると予想されます。
  • アップデートにより、Pixel WatchアプリでGoogleアカウントを使用してPixel WatchをGoogleアカウントにリンクできるようになりました。ただし、この機能がどのように機能するかや、それがどのような影響を与えるかについての詳細はまだ提供されていません。この新機能は、おそらく近日発表予定の「Wear OS 4」のアップデートで有効になると予想されます。
追加情報: 今後の予定と展望
  • Pixel Watch 2とWear OS 4は、2023年10月4日に開催される「Made by Googleイベント」での発表が期待されます。このイベントでは、新製品とアップデートの詳細が明らかにされると予想されています。

Google新製品「Pixel 8」「Pixel 8 Pro」および「Pixel Watch 2」の先行公開

2023年9月8日の、Google新製品のリリースに関する情報をお届けします。

  • Googleは9月8日に公式ECサイト「Google ストア」を更新し、新製品「Pixel 8」「Pixel 8 Pro」及び「Pixel Watch 2」の外観写真を公開した。これらの製品は近日中に公開されるとされ、詳細情報をメールで受け取るための登録が可能です。また、「Pixel 8」と「Pixel 8 Pro」に関するティーザー動画もYouTubeにアップロードされています。
  • 新しい「Pixel 8」は「パワフルな実用性」を、そして「Pixel 8 Pro」は「Google史上最高の傑作」として謳っています。現時点で公開されている機能は、現行の「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」「Pixel 7a」「Pixel Fold」でも利用可能です。
  • 「Pixel Watch 2」は新しいGoogle Pixelとペアリングすることで、個別にカスタマイズされたヘルプ、安全機能、健康管理機能を利用できると述べていますが、詳細はまだ公開されていません。
追加情報: 製品デザインと今後のイベント
  • 「Pixel 8」シリーズは、前シリーズ「Pixel 7」に比べてデザインに丸みが加えられているように見受けられます。
  • 「Pixel Watch 2」は先代モデルと異なるカラーのバンドを持ち、どのような新機能が搭載されるかが楽しみです。
  • これらの製品の詳細は、2023年10月4日(米国東部夏時間)に開催される「Made by Googleイベント」で発表されると予想されます。

Google「Pixel Watch 2」詳細スペック判明!

  • Googleの次期スマートウォッチ「Pixel Watch 2」は、今年秋の発売が予想され、米FCCへの登録も確認された。
  • Pixel Watch 2(コード名「Eos」)の詳細なスペックがGoogle Play Consoleの機器カタログに登録されている。
  • 搭載チップはクアルコム製のSnapdragon W5(Qualcomm SW5100)となり、前モデルと比べて処理速度と省電力性能が大幅に向上する見込み。
ディスプレイ仕様とその他情報
  • Pixel Watch 2のディスプレイは、解像度384×384、画素密度320ppiと前モデルと同じ。
  • 画面パネルが中国BOE製からサムスン製に変更される可能性あり。
  • ボディはアルミ製となり、軽量化が図られている。
  • 1回の充電でバッテリーが数日持続するとの予想。
スペック詳細
項目詳細
プロセッサーQualcomm Snapdragon W5 (SW5100)
RAM2GB
OSAndroid 13ベース (Wear OS 4)
ディスプレイ解像度384×384
画素密度320ppi
ディスプレイパネルサムスン製(噂)
ボディ素材アルミ製(噂)

Googleの新機能「Watch Unlock」の紹介

  • GoogleがCES 2023でPixel Watchを装着時にスマートフォンのロックをシームレスに解除する「Watch Unlock」を披露。
  • 「Watch Unlock」はPixel Watchだけでなく、Wear OS スマートウォッチでも機能すると言われている。
  • この機能のリリースが近いことを示唆する動画が公開された。
詳細・動作について
  • Androidスマートフォンの[セキュリティの詳細設定]ページに「Watch Unlock」の項目が追加。
  • 手が濡れている場合や顔が認識されない場合でも、Wear OS スマートウォッチが近くにある状態で機能する。
  • iPhoneとApple Watchのロック解除と同様の動作と思われる。近くにあるWear OS スマートウォッチが振動し、通知が表示される。
リリースのタイミングに関する予測
  • 具体的なリリースのタイミングは不明。
  • 年内であればAndroid 14のリリースに合わせる可能性。
  • 10月にPixel 8シリーズ、Pixel Watch 2、Wear OS 4と共にリリースの可能性。

Google Pixel Watchの「iD」「QUICPay」対応について

  • Google Japanは2023年7月28日に、「Wear OS by Google」が非接触決済機能の「iD」と「QUICPay」に対応したと発表。
  • 「Google Pixel Watch」はこの非接触決済機能を利用できるようになった。
使用方法
  • Google Pixel Watchの画面上で「Googleウォレット」を開く。
  • 「+」ボタンをタップすると、ペアリングしているスマートフォンに登録画面が表示される。
  • スマートフォンの登録画面で「支払いカード」をタップし、クレジットカードやデビットカードを登録する。
  • 対応する加盟店でGoogle Pixel Watchをかざすと、iDまたはQUICPayで支払える。
追加情報/補足
  • これまでスマートウォッチのiDやQUICPay支払い機能は「Apple Watch」が先行していた。
  • Wear OS by Google環境でもこの支払い機能が利用可能になったことは新たなステップとなる。

Google Pixel Watchの新製品情報

商品名:「Google Pixel Watch」

2023/07/31時点での「Google」の「Google Pixel Watch」について紹介します。

「Google Pixel Watch」の特徴
  • Google と Fitbit の技術を組み合わせた初のスマートウォッチ。
  • より詳細な分析とガイダンス、独自のワークアウト機能を提供するFitbit Premiumを6ヶ月間無料で利用可能。
  • YouTube Music Premium が3ヶ月間無料で、1億曲以上を広告なしで視聴可能。
価格

「39,800」円(税込)

「Google Pixel Watch」のおすすめポイント
  • 「Apple Watch」のように非接触決済の「iD」と「QUICPay」に対応。
  • 20 種類以上の交換用バンドを選択可能で、見た目も中身も卓越したデザイン。
  • Google Pixel シリーズ製品や Android ともシームレスに連携可能。
「Google Pixel Watch」の気になるところ、注意点
  • 「バンドは別売りである点」
  • 「4G LTEを利用する際、特定のプロバイダを通じてのみ入手可能」
「Google Pixel Watch」の購入時参考情報
  • 「カラー: Champagne Gold ケース / Hazel アクティブ バンド」
  • 「Fitbit の心拍数測定機能や夜間の睡眠ステージ機能、転倒検出と緊急 SOS 機能を備えている」

直近のGoogle Pixel Watchのセール情報

Google Pixel Watchの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

Google Pixel Watch:「Pixel Watch」

2023/07/31時点での「グーグル(Google)」の「Pixel Watch」について紹介します。

「Pixel Watch」の特徴
  • Wear OS 3.5を搭載するスマートウォッチ。
  • メモリーは2GB、ストレージは32GB。
  • 320ppiのAMOLEDディスプレイを採用し、最大輝度は1000ニト。
価格

「3万210円」円(税込)

お得度

「24%オフ」

セール期間

「2023年7月10日(月)」〜「セールの終了日が添付情報に記載されていないため未定」

「Pixel Watch」のメリット、デメリット
  • 「決済機能として、”Suica”も利用できる」
  • 「特にデメリットは添付情報に記載されていないため不明」

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「Google Pixel Watch」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「Google Pixel Watchとは」的な内容になります。

Google Pixel 仕様まとめ

Google Pixel Watch 概要

  • デザイン
    • サイズ: 直径 41 mm
    • 高さ: 12.3 mm
    • 重量: 36 g(バンドを除く)
    • カラー & ケースの組み合わせ:
      • Champagne Gold ケース / Hazel アクティブ バンド
      • Matte Black ケース / Obsidian アクティブ バンド
      • Polished Silver ケース / Chalk アクティブ バンド
      • Polished Silver ケース / Charcoal アクティブ バンド
  • 技術仕様
    • 接続: 4G LTE, Bluetooth® 5.0, Wi-Fi 802.11 b/g/n 2.4 GHz, NFC, FeliCa
    • GPS: GPS, GLONASS, BeiDou, Galileo
    • ディスプレイ: カスタム 3D Corning® Gorilla® Glass 5, 320 ppi AMOLED, 最大輝度 1,000 ニト
    • バンドのサイズ:
      • S: 手首周りが 130~175 mm の方向け
      • L: 手首周りが 165~210 mm の方向け
    • 電源: 294 mAh, 最大 24 時間, USB-C® 磁気充電ケーブル
    • 充電速度:
      • 約 30 分で 50%
      • 約 55 分で 80%
      • 約 80 分で 100%
    • チップ: Exynos 9110 SoC, Cortex M33 コプロセッサ
    • OS: Wear OS 3.5
    • ストレージとメモリ: 32 GB eMMC フラッシュ, 2 GB SDRAM
    • センサー: コンパス, 高度計, 血中酸素センサー, 光学式心拍数センサー, 加速度計, ジャイロスコープ, 他
    • 操作: サイドボタン, 触覚式リューズ
    • オーディオ: 内蔵マイク, 内蔵スピーカー
    • 機能: Fitbit の健康&フィットネス機能, Google マップ, Google Pay, Google アシスタント, 他
    • 耐久性: カスタム 3D Corning® Gorilla® Glass 5, 5 ATM 防水性
  • パッケージ内容
    1. Google Pixel Watch
    2. アクティブ バンド(大小 2 種類)
    3. USB-C® 磁気充電ケーブル
    4. クイック スタートガイド

Google Pixel Watchを選ぶ際に知っておきたいこと

購入前にはポイントを押さえておきましょう。

メリットらしきものをまとめる

これくらいできて当然、というポイントもありますが、Pixel Watchのメリットに関する情報をざーっと書いていくとこんな感じ。

  1. 通知機能
    • スマホの各種通知を直接スマートウォッチで受け取れる。
    • 通知の振動や音にすぐに気づける。
    • 通知一覧はスワイプで簡単に表示・削除でき、スマホと同期される。
  2. 返信機能
    • メッセージングアプリから直接返信可能。
    • 簡易タッチキーボードや音声入力、顔文字や定型文を用いての返信が可能。
  3. 時計機能
    • 19種類のウォッチフェイスが用意されており、表示をカスタマイズできる。
    • ウォッチフェイスには天気、歩数、心拍数などの情報を表示可能。
  4. 活動量計機能
    • Fitbitの技術を取り込んだ活動量計機能が実装されている。
    • 歩数、運動量、睡眠などの健康データを記録。
    • 心拍数や消費カロリーも計測可能。
    • Pixel WatchのデータはGoogle FitやFitbitアプリで取得・確認できる。
  5. 非接触決済
    • SuicaやVISA、Mastercardのタッチ決済に対応。
    • 駅の改札や店舗での支払い時にPixel Watchだけで支払いが可能。
  6. 音楽再生機能
    • YouTube Musicアプリでオフライン再生が可能。
    • Bluetoothイヤフォンとペアリングして音楽を聴ける。
    • GPSを使用してジョギングやサイクリングのコースも記録できる。
  7. スマホアプリの連携
    • スマホカメラのリモコンとして使用可能。
    • Googleマップと連携して、ナビゲーション機能を利用できる。

絶対にチェックすべき注意点

Google Pixel Watchを購入を検討する際の注意点を以下にまとめました:

  1. Wear OSの制約
    • Apple Watchに比べてできることが限られることがある。
    • OSアップデートやアプリのアップデートは、Pixel Watchから行う必要があり、スマホとの同期は必ずしも自動ではない。
    • Pixel Watchではパスコードの自動解錠機能がないため、通知を受け取るためには手動で解錠が必要。
    • 通知の設定はアプリごとのオン・オフのみで、特定のアカウントや詳細な設定はできない。
  2. Googleアプリの機能制限
    • Googleカレンダーでは直近の予定のみが表示され、月間カレンダー表示はない。
    • Gmailアプリが存在しない。
    • Google Homeの操作に時間がかかることがある。
  3. FitbitとGoogle Fitの競合
    • FitbitとGoogle Fitの両アプリが共存しているため、ユーザーがどちらを使用するか迷うことがある。
    • Fitbitの機能はPixel Watchでフルには利用できず、その上Fitbit Premiumは6ヶ月間しか無料で利用できない。
  4. Google Payの制約
    • 対応しているカードが限られており、多くのカードがPixel WatchでのNFC決済に利用できない。
    • 対応カードの確認や問題解決のためにはユーザーが主導的に行動する必要がある。
  5. バッテリー持ち
    • バッテリーの持ちは短く、1日が限界である場合が多い。
    • 専用の充電器が必要で、サードパーティ製のアクセサリーの選択肢が限られる。

これらの点を考慮し、自分の使用目的や期待に合致するかどうかを確認した上で購入を検討することをおすすめします。

Google Pixel Watchの口コミ・評判

Google Pixel Watchの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Google Pixel Watch」と検索できます。

instagramの情報

instagram検索用リンクはこちらです。「Google Pixel Watch」とタグ検索できます。

Google Pixel Watchの知っておきたいよくあるQ&A

Q
Google Pixel Watchの主な特徴は何ですか?
A

Pixel Watchは、スマホとの組み合わせで各種通知を受け取れる、メッセージング系アプリからの返信機能、さまざまなウォッチフェイスのカスタマイズ、Fitbitのノウハウを活用した活動量計機能、そして単体で使用できる機能(Suica非接触決済や音楽再生など)を持つスマートウォッチです。

Q
Pixel Watchのウォッチフェイスをカスタマイズする方法は?
A

Pixel Watchには19種類のウォッチフェイスが用意されており、さらにGoogle Playストアで多数のサードパーティ製ウォッチフェイスをダウンロードすることができます。また、フォトアプリに保存した写真をウォッチフェイスに設定することも可能です。

Q
Pixel Watchでの活動量計の機能はどのようなものがあるのですか?
A

GoogleはFitbitを買収しており、Pixel WatchにはFitbitの技術を取り入れた活動量計機能が組み込まれています。歩数、運動量、睡眠、心拍数、血中酸素濃度の測定など、多岐にわたる健康管理機能が実装されています。

Q
Pixel Watchで音楽を再生する方法は?
A

YouTube Musicアプリを使用して、Pixel Watchに音楽をダウンロードすることで、オフライン再生が可能です。ペアリングしたBluetoothイヤフォンとの組み合わせで、スマホなしでの音楽再生を楽しむことができます。

Q
Pixel Watchを使用してSuica非接触決済は可能ですか?
A

はい、Pixel WatchでSuicaを使用することができます。ペアリングするスマホにモバイルSuicaを登録して設定を行うことで、Pixel Watchを使用した非接触決済が実現します。ただし、チャージはスマホとPixel Watchそれぞれ別々に行う必要があります。

「Google Pixel Watch」に関して参考になる記事リスト

「Google Pixel Watch」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

AppleWatchの関連記事一覧

AppleWatchを購入するときに参考にしたいことはこの記事にまとめています。

「AppleWatch Series9対応」現役でも使えるモデルはどれ?
AppleWatchの最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

AppleWatchのセールに関する情報は別サイトでまとめています。

AppleWatchを今買うならどこが安い?「Apple製品のセール情報」
AppleWatchを買う際に参考にしたい価格やセールに関する情報をまとめています。お得なセールがいつくるのか、今買うならどこのサイト・家電量販店がお得化などの情報を随時更新しています。

以下、AppleWatchについて知りたい場合に参考になる記事をまとめておきました。

スマートウォッチを探す際に役立つリンク集

当サイトで取り上げた「スマートウォッチ」に関連した記事をまとめています。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報に関してはこちら。

「歳末&福袋網羅」スマートウォッチのセール情報
スマートウォッチのセール情報をまとめています。ブログ運営の都合、情報収集に引っかかったセール情報を共有して物欲を他人に転化していくスタイル。
スマートウォッチメーカー最新情報
スポンサーリンク

「Google Pixel Watch」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「アプリ instagram instagram line」に関する最新情報です。

    デザインや操作性が良いと感じるアプリに関する調査結果では、1位が「Amazon」、2位が「LINE」、3位が「Instagram」となっており、これらのアプリが直感的な操作性を提供していることが評価されています。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2406/05/news176.html

  2. buchikuma-info より:

    「商品 シェア ポイント」に関する最新情報です。

    au PAY マーケットが「シェアプログラム」を提供開始。対象商品を紹介し、購入されると最大10%のPontaポイントがもらえる。商品ページに「シェアしてポイントもらえる」というアイコンが表示され、シェアボタンを押すことでポイントを獲得できる。ポイント加算上限は1商品あたり1000Pontaポイントで、今後キャンペーンも予定されている。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2405/29/news106.html

  3. buchikuma-info より:

    「動画 広告 サムスン」に関する最新情報です。

    サムスンが公開した動画は、Appleの広告を皮肉ったもので、創造性を重視するメッセージが込められている。視聴者の評価は二分されており、「これこそマーケティングだ」と称賛する声もあれば、「コピー&ペーストに過ぎず独創性がない」と批判する声もある。広告動画の炎上を受けて、Appleは謝罪している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vd3d3Lml6YS5uZS5qcC9hcnRpY2xlLzIwMjQwNTE2LTdVNFlVNElCQzVBV05BSUNCN1dRWFlaUUFNL9IBAA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「シリーズ dram dram レス」に関する最新情報です。

    Nextorage株式会社は、2024年5月8日より、ゲーミングSSDの新製品NEM-PABシリーズとGシリーズLEを発売しました。これらのSSDは、DRAMレスを採用しており、省電力化と高速安定性を実現しています。PCIe®4.0 NVMe™1.4のDRAMレスSSDであり、最大シーケンシャル速度は7,400 MB/sを実現しています。これにより、読み出しが多いゲームの保存に適した新しいSSDシリーズとなっています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000089028.html

  5. buchikuma-info より:

    「ストレージ apple 判明」に関する最新情報です。

    AppleはiPhone販売において、ストレージアップグレードでかなりの売上を上げていることが明らかになった。44%がベースモデル以上のストレージを購入し、高価なモデルほどアップグレード率が高い傾向がある。また、iCloudの無料ストレージの少なさも貢献しており、Appleは今後も無料ストレージ容量のアップグレードを行わないと推測されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwMTA2L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwMTA2L2FtcC8?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「pixel 価格 pixel スペック」に関する最新情報です。

    2023年に登場した「Pixel 7a」の成功を受け、次期モデルである「Pixel 8a」に関するリークやうわさが出ている。価格は100ドル(約1万5000円)といううわさもあり、ドイツのウェブサイトでは550ドル(約8万5000円)になる可能性もあると報じられている。Pixel 8aは割安感を保ちつつ、上位モデルの機能を引き継ぐ可能性があるが、過去のPixel aシリーズよりも価格が高くなる可能性もある。

    https://japan.cnet.com/article/35217992/

  7. buchikuma-info より:

    「recycled made materials」に関する最新情報です。

    「リサイクルやアップサイクルされた材料を使用した、私たちのお気に入りの23製品」と題されたウェブサイトの分析データによると、Nimble Champ(シリーズ2)、Amazon Kindle Paperwhite(2021年、第11世代)、Humanscale Path、Klean Kanteen Recycled Steel Bottlesなどが紹介されています。

    https://www.wired.com/gallery/our-favorite-upcycled-and-recycled-products/

  8. buchikuma-info より:

    「製品 カタログ 公開」に関する最新情報です。

    ジャパン・トゥエンティワン株式会社が、業務用iPadスタンドなどタブレット・PC向けの展示・盗難防止製品ブランド「コンピュロックス」の2024年版総合カタログを公開した。カタログには各種Apple社製品やMicrosoft社製品向けの専用品だけでなく、汎用タイプも含まれており、51ページにわたる内容となっている。製品は幅広い業種で使用されており、製品の安定的供給とサポート、カスタマイズ、製品の向上に取り組んでいる。販売元はCompulocks Brands Inc.であり、同社は米国の企業であり、幅広いPCやタブレット向けの盗難防止製品を提供している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy82NDE1Mjc10gEkaHR0cHM6Ly9uZXdzY2FzdC5qcC9uZXdzLzY0MTUyNzUvYW1w?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「グーグル マップ 投稿」に関する最新情報です。

    東京地裁において、全国の医師らがグーグルに対し、グーグルマップ上での不当な口コミや悪評を放置され、営業権が侵害されたとして約140万円の損害賠償を求める集団提訴を行った。医師らは、グーグルが悪評を放置し、地図上の口コミが営業権の侵害につながると主張している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8yLzIvMjE2XzJfcl8yMDI0MDQxOF8xNzEzNDIwMTQyMDYwMTMy0gEA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「新製品 arm arm cortex」に関する最新情報です。

    東芝デバイス&ストレージ株式会社は、Arm Cortex-M4コアを搭載したモーター制御マイコン「TXZ+™ファミリー アドバンスクラス」の新製品量産を開始した。新製品には1MBと512KBのフラッシュメモリー容量を持つ8製品が追加され、さらに詳細な仕様は公式ページで確認できる。ArmやCortexはArm Limitedの商標であり、TXZ+™は東芝デバイス&ストレージ株式会社の商標である。製品情報は変更される可能性があるため、注意が必要。

    https://toshiba.semicon-storage.com/jp/company/news/news-topics/2024/03/micro-20240326-1.html

  11. buchikuma-info より:

    「リリース apple google」に関する最新情報です。

    Apple、Google、Microsoft、Mozillaが共同で開発したWeb応答性測定用ベンチマーク「Speedometer 3.0」がリリースされた。初版は2014年にAppleのWebKitチームが、2.0は2018年にWebKitチームとGoogleのChromeチームが協力してリリースした。この提携により、Webパフォーマンスに関する共通の理解を確立し、ブラウザの体験を向上させるための改善が行われている。3.0ではInteropのチーム全体が加わり、「Blink、Gecko、WebKit」の3つの主要なブラウザエンジンに対するベンチマークが可能になった。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDAzLzEzL25ld3MxMDAuaHRtbNIBAA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「signal number phone」に関する最新情報です。

    Signalはついにユーザー名を導入し、電話番号を非公開に保つことができるようになりました。これにより、電話番号を共有せずにユーザー同士が通信できるようになりました。新機能では、デフォルトで電話番号が非表示になり、ユーザー名やQRコードを共有することが可能です。高リスクのユーザー向けには、さらに電話番号の発見性をオフにする機能も提供されています。これにより、プライバシーをリスクにさらすことなく、Signalを使用してコミュニケーションが可能になりました。電話番号は登録時に必要ですが、Signalはプライバシー保護を重視しつつ、ユーザーに使いやすくプライベートなコミュニケーションを提供することを目指しています。

    https://www.wired.com/story/signal-launches-usersnames-phone-number-privacy/

  13. buchikuma-info より:

    「pixel 登録 pixel pro」に関する最新情報です。

    Google Pixel 9シリーズおよびPixel Fold 2の新しいデバイスに関する情報が明らかになりました。UL Demkoの認証情報によると、バッテリー容量は4,942mAhで、モデル番号は「GH2MB」とされています。これはGoogle Pixel 7aのバッテリー容量よりも大きく、Google Pixel 9 Proに搭載される可能性が高いと考えられています。さらに、Geekbench 5ベンチマークスコアも確認されており、Pixel 9 ProにはTensor G4が搭載される可能性があります。これらの情報から、Googleの新しいデバイスには高性能なバッテリーとプロセッサが搭載されることが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc0OTMxL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc0OTMxL2FtcC8?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「app youtube made」に関する最新情報です。

    YouTubeはVision Proアプリを開発していないため、Apollo for Redditの開発者が代わりに作成しました。このアプリは、YouTubeの埋め込みAPIを使用しており、動画をウェブビューで読み込み、再生のためのコントロールを提供します。現在は1つのウィンドウのみをサポートしていますが、将来的には複数のウィンドウを表示する機能やコメントの表示、新しい没入型環境のサポート、字幕の制御などの機能を追加する予定です。このアプリは一度の購入で5ドルであり、定期的な収益モデルはありません。

    https://techcrunch.com/2024/02/01/youtube-is-not-building-a-vision-pro-app-so-apollo-for-reddit-dev-made-one/

  15. buchikuma-info より:

    「app youtube made」に関する最新情報です。

    YouTubeはVision Proアプリを開発していないため、Apollo for Redditの開発者が代わりに作成しました。このアプリはYouTubeの埋め込みAPIを使用しており、ビデオをウェブビューで読み込み、再生のためのコントロールを提供します。現在、アプリは1つのウィンドウのみをサポートしていますが、Vision Proの複数の空間ウィンドウを表示する機能を導入する予定です。また、コメントの表示、新しい没入型環境、字幕のコントロールなど、さまざまな機能も計画されています。このアプリは一度の購入で5ドルかかり、定期的な収益モデルはありません。

    https://techcrunch.com/2024/02/01/youtube-is-not-building-a-vision-pro-app-so-apollo-for-reddit-dev-made-one/

タイトルとURLをコピーしました