PR

AR/XRヘッドセットは世の中に浸透するのか

スポンサーリンク

「AR/VR/MR/XRヘッドセット」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「AR/VR/MR/XRヘッドセット」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の「AR/VR/MR/XRヘッドセット」新着情報まとめ

AR/VR/MR/XRヘッドセットについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

AppleのVision Proに関する情報はこちら。

Vision Pro情報まとめ、市民権を得ることはあるのか
最新機種が発表されたので、最新機種を買うべきか、中古市場でお値打ち品を探すべきか、情報をまとめています。

VisionOSに関する情報はこちらになります。

Apple visionOSの最新情報まとめ
Apple Vision OSの情報を掴んだらとりあえず共有用に投げておくスペースになります。ちゃんと更新はしません。

AR/VR/MR/XRヘッドセットに関する新着ニュース

ヘッドセットや仮想空間環境に影響するサービスなどの情報をまとめていきます。

OPPO、AIアシスタント対応スマートグラス「Air Glass 3」の試作品を発表

OPPO、AIアシスタント対応スマートグラス「Air Glass 3」の試作品を発表

2024年02月27日の、OPPOの最新プロトタイプ「Air Glass 3」に関する情報をお届けします。

  • OPPOはMobile World Congress(MWC)でスマートグラス「Air Glass 3」のプロトタイプを発表
  • AIアシスタントとのやり取りが可能
  • 「ColorOS 13」以降のOSを搭載するOPPOのスマートフォンに対応
  • 価格や発売予定日は未定
  • 音声アシスタントはOPPOの大規模言語モデル「AndesGPT」をベースとする
  • スマートフォンアプリに接続する必要がある
  • AIアシスタントの利用は中国のみ
ニュースについてのポジティブな影響や意見

OPPOのAir Glass 3は、AIアシスタントとのやり取りが可能であり、生成AIの組み込みによるスマートグラスの進化を示しています。また、スマートフォンとの連携により、より幅広い機能が利用可能になる可能性があります。

ニュースについてのネガティブな影響や意見

AIアシスタントの利用が中国に限定されていることや、スマートフォンアプリに接続する必要があることは、一部のユーザーにとっては制限となる可能性があります。また、価格や発売予定日が未定であるため、消費者の期待を煽るものの具体的な購入計画が立てにくい状況です。

「XREAL Air 2 Ultra、新世代スマートグラスの展開」

「XREAL Air 2 Ultra、新世代スマートグラスの展開」

2024年1月14日の、「XREAL Air 2 Ultra」を試す–周囲に仮想ディスプレイを展開できるスマートグラスに関する情報をお届けします。

  • XREALの新スマートグラス「XREAL Air 2 Ultra」は、仮想ディスプレイを周囲に展開できる。
  • 699ドル(日本では9万9800円)で、2023年3月に発売予定。
  • 他のデバイスとの連携が必要で、AppleのVision Proなどの競合製品と比較して安価。
  • 軽量設計で、6DoFフルモーショントラッキングとフルHD解像度を実現。
  • 映像は鮮明で、ジェスチャーによる操作もスムーズ。
ニュースについてのポジティブな影響や意見
  • XREAL Air 2 Ultraは、仮想現実と拡張現実技術の進歩を示している。
  • ユーザーに新しいマルチメディア体験を提供し、日常生活や業務に革新をもたらす可能性がある。
  • 手頃な価格で、一般ユーザーへの拡張現実技術の普及を促進する。
ニュースについてのネガティブな影響や意見
  • XREAL Air 2 Ultraは単体では動作せず、他のデバイスとの連携が必要。
  • 現段階で対応するアプリが限られており、エコシステムの成熟が必要。
  • 高価な競合製品に比べると機能面で劣る可能性がある。
「XREAL Air 2 Ultraの追加情報と市場環境」
  • XREAL Air 2 Ultraは、中国の新興テクノロジー企業XREALが開発。
  • Apple, Samsung, Googleなど大手企業も拡張現実技術に注目し、市場競争が激化。
  • 今後のアプリ開発や技術進化が、スマートグラスの普及と機能拡張の鍵を握る。

Lenovo、ゲーミンググラスと携帯型PC「Legion Go」を発表

2023年9月2日、IFA(国際家電展示会)でLenovoがゲーミング関連の新製品を発表しました。

  • Lenovoは、Legionというゲーミング製品ラインを通じて、新たなゲーミンググラス「Legion Glasses」を発表。この製品は、Micro-OLEDパネルと1,920 x 1,080の解像度を持つ。
  • 価格は$329で、10月に発売予定。
  • Lenovoはまた、携帯型のPCゲーミングデバイス「Legion Go」も発表。この製品はAMD Ryzen Z1 Extremeを搭載し、8.8インチのQHD Plusディスプレイ、49.2Whのバッテリー、16GBのRAM、最大1TBのストレージを備えている。
  • 価格は$699。
補足:スペックと比較
製品解像度リフレッシュレート価格発売予定
Legion Glasses1,920 x 1,080 (各目)60Hz$32910月
Legion Go8.8インチ QHD Plus不明$699不明
補足:市場との比較
  • 「Legion Go」は、Nintendo SwitchやSteam Deckと比較されることが多いが、これはオンボードプロセッシングにAMD Ryzen Z1 Extremeを採用しているため。
  • クラウドゲーミングにおける遅延が少ないという利点があります。

WebAR作成サービス「palanAR」が高精度な認識機能「プレミアムVPS AR」をリリース

  • 株式会社palanが提供するWebAR作成サービス「palanAR(パラナル)」は、新たな機能「プレミアムVPS AR」を追加。
  • 「プレミアムVPS AR」は、位置情報と画像認識技術の組み合わせによる高精度な空間認識を実現。
  • VPS(Visual Positioning System)技術を活用し、実世界の位置情報とスマートフォンカメラでの環境認識を基に、3Dモデルや画像、動画などのAR表示が可能。
「プレミアムVPS AR」の詳細情報
  • 「アフターコロナ」期において、場所に紐づくAR技術の利用と実証実験が増加。
  • 「palanAR」はNiantic社の「Lightship VPS for Web」との連携により、観光やイベントでの高精度な場所認識と拡張ARの制作が可能。
  • この新しいARコンテンツは、特別なアプリのインストールなしに、Webブラウザだけで体験ができる。

MetaのARヘッドセット開発とAppleとの差

  • 旧Facebookが“Meta”に社名を変更してメタバースに注力しているものの、ARヘッドセット開発でAppleに遅れを取っていると報じられている。
  • Metaのヘッドセットは2027年の一般向け発売を予定しており、AppleのVision Proの2024年の発売から3年後になる。
  • Metaのヘッドセットの視野角は50度で、Apple Vision Proの視野角120度と比べて大きな差がある。
ヘッドセットの技術詳細
  • MetaのARヘッドセットは、マイクロLED技術が不調のため、LCOS(Liquid Crystal on Silicon)に切り替えて開発している。
  • AppleのVision Proはソニー製のマイクロOLEDを採用し、2つのディスプレイに2,300万ピクセルが搭載されている。
  • 試した人によれば、Appleのヘッドセットは「空気の中に住んでいるような」インターフェース体験を持つ。
その他の情報
  • Metaは当初、視野角70度のシリコンカーバイドを使用する予定だったが、現在はガラス導波路を使用する見通し。
  • 評判の悪かったQuest Proヘッドセットの生産計画も縮小し、部品がなくなり次第、製造を中止する方針。

AR/VR/MR/XRヘッドセットの新製品情報

新製品:「XREAL Air2 Pro」

2023年12月9日時点での「Xreal 株式会社」の「XREAL Air2 Pro」について紹介します。

XREAL Air2 Proの特徴
  • 0.55インチマイクロOLEDパネルを搭載
  • 最大330インチのバーチャルスクリーンと120Hzのリフレッシュレート
  • USB-C出力可能なスマートフォンやゲーム機に対応
  • 約75gの軽量設計と快適な重量配分
  • 「ゼロプレッシャーノーズパッド」での快適な装着感
  • インナーレンズは度付きレンズへの交換可能
  • 3段階のエレクトロクロミック調光機能搭載
価格

6万1980円(税込)

XREAL Air2 Proのおすすめポイント
  • ポータブルで大画面の動画鑑賞やゲームプレイが楽しめる
  • 軽量設計で長時間の使用でも快適
  • 度付きレンズへの交換可能で、普段使いのメガネとしても使用できる
  • シンプルなデザインでファッションアイテムとしての活用も期待できる
XREAL Air2 Proの気になるところ、注意点
  • 高価格帯であるため、購入を検討する際は予算を考慮する必要がある
  • 最新技術を採用しているため、初期不良やバグの可能性も考慮するべき
XREAL Air2 Proの購入時参考情報
  • 販売元:日本 Xreal 株式会社
  • 問い合わせ先:TEL:0120-013-250
  • 公式サイト:https://www.xreal.com/jp

新製品:VIVEトラッカー(Ultimate)

2023年12月2日時点でのHTC NIPPONの「VIVEトラッカー(Ultimate)」について紹介します。

「VIVEトラッカー(Ultimate)」の特徴
  • 2台の広角カメラを内蔵し、より正確なトラッキングを実現。
  • ベースステーションなしでも利用可能。
  • 付属のワイヤレスドングルによる安定した接続対応。
  • フルボディトラッキングには本製品3台の利用が想定され、5台でコントローラー不要のフルボディトラッキング実現。
  • 内蔵バッテリーの駆動時間は最大約7時間。
価格
  • 単体モデル:3万1000円(税込)
  • 3台セットモデル:9万1900円(税込)
「VIVEトラッカー(Ultimate)」のおすすめポイント
  • VR体験でのフルボディトラッキングがよりリアルかつ正確に。
  • ベースステーション不要で、設置の手間が省ける。
  • 複数台利用により、より包括的なVR体験が可能。
「VIVEトラッカー(Ultimate)」の気になるところ、注意点
  • 最適なフルボディトラッキングには複数台の購入が必要。
  • 価格が高めなため、コストを考慮する必要がある。
「VIVEトラッカー(Ultimate)」の購入時参考情報
  • 販売開始日:2023年11月29日
  • 販売店舗:HTC NIPPON 直販サイト
  • バッテリー駆動時間:最大約7時間

商品名:Uni-motion Core

2023/08/11時点での株式会社ライバーの「Uni-motion Core」について紹介します。

Uni-motion Coreの特徴
  • 全身トラッキングデバイスで「VRChat」などに対応
  • VRデバイスの使用時、胸、両太もも、両すね(全5点)に装着して、アバターの全身を動かせる
  • 連続使用時間は24時間。トラッカーの重さは約15g(1つ/電池なし)
価格

3万3980円(税込)

Uni-motion Coreのおすすめポイント
  • 有名な「VIVEトラッカー(3.0)」よりも大幅に軽量で、トラッカー1つの重さが15g
  • 光学式モーションキャプチャで発生しやすいトラッカー飛びにも対応
Uni-motion Coreの気になるところ、注意点
  • 動作には乾電池を使用
  • 「Uni-motion With」という別バージョンもあるため、選び時の注意が必要
Uni-motion Coreの購入時参考情報
  • 胸位置用のセンサーのみをセットにした「Uni-motion With」の発売も告知。価格は1万800円(税込)
  • メタバースユーザーやVTuberなど、アバターの全身を動かしたい人向け

さらに、全身トラッキングデバイスの市場は競争が激化しており、他の企業も新製品をリリースしています。購入時には複数の製品を比較して選んでください。

商品名:Vuzix M400 スマートグラス

2023/07/22時点での「Vuzix(ビュージックス)」の「Vuzix M400 スマートグラス」について紹介します。

Vuzix M400 スマートグラスの特徴
  • 米軍に採用されるほどの堅牢性『IP67防水防塵性能』
  • 産業用のスマートグラスとして、製造業以外の医療業界など精度を求められる業界でも浸透している
  • 有機ELディスプレイ nHD(640×360) color display
価格

「該当の価格情報が添付情報には含まれていませんでしたので、正確な金額は公式サイト等で確認してください」円(税込)

Vuzix M400 スマートグラスのおすすめポイント
  • 軽量で190g(ケーブル、バッテリー、メガネフレーム含む)と現場作業に最適
  • 直感的な操作感で、複雑な機能は排除されており、音声コントロールやタッチパッドナビゲーションで操作が可能
  • Snapdragon XR1を採用し、高性能な処理が可能
Vuzix M400 スマートグラスの残念なところ
  • 国内での認知度がまだ低い
  • 実用性重視のため、デザインはシンプル

商品名:エプソンのスマートグラス BT-30E/BT-35E

2024/03/20時点でのエプソンのBT-30E/BT-35Eについて紹介します。

BT-30E/BT-35Eの特徴
  • 両眼シースルーのスマートグラスで、検査・測定機器やドローン操作のモニター利用、スマートデバイスからの映像視聴に適している。
  • 2019年5月30日発売。
  • ホストはPCのみで接続可能。
価格

情報なし円(税込)

BT-30E/BT-35Eのおすすめポイント
  • 国内メーカーの信頼性。
  • Androidスマホとの接続が可能で、Wi-Fi、ネット接続ができる。
BT-30E/BT-35Eの残念なところ
  • IPx2準拠の生活防水なので、IP67ほどの防水性がない。
  • 見た目の解像度が、海外製に劣ることがある。

MicroSoft MR対応ハイスペック・スマートグラス HoloLens2

2024/03/20時点でのMicroSoftのHoloLens2について紹介します。

HoloLens2の特徴
  • 完全コードレスで、Wi-Fi接続が可能な、バッテリー内蔵型のMRグラス。
  • すべての指の位置情報をトラッキング(ハンドトラッキング)しており、3D空間との誤差が少ない。
  • 深度センサーや視線センサー(アイトラッキング)、空間マッピングなど、360度すべての空間認識の精度が高い。
価格

422,180円(税込)

HoloLens2のおすすめポイント
  • ヘッドマウント式の高機能MRグラス。
  • 拡張性/汎用性が高く、Mixed Realityパートナーなどの開発者とともにカスタマイズが可能。
HoloLens2の残念なところ
  • 機器が大きいため、長時間の作業の際に負担がかかる。
  • 連続使用のバッテリー駆動時間が短めなので、利用シーンが限られる。

商品名:NrealLight

2024/03/20時点でのau KDDIのNrealLightについて紹介します。

NrealLightの特徴
  • ARを用いた作業マニュアルの表示など、遠隔作業支援等の法人企業での活用も予定。
  • KDDIが、2019年5月にNrealと戦略的パートナーシップを結び、開発者支援を実施中。
  • 「XRエコシステムの構築を目指す」を掲げ、さまざまなパートナーと連携している。
価格

69,799円(税込)

NrealLightのおすすめポイント
  • Androidアプリをミラーリング可能で、シースルー(透過式)なので、視野を遮らない。
  • 動画配信サービス「NETFLIX」「FODプレミアム」などのコンテンツも視聴可能。
NrealLightの残念なところ
  • 視野角が52度なので、狭め。
  • 2022年時点で、接続できるのは「Xperia 5 II」「Galaxy Note20 Ultra 5G」の2機種のみ。

商品名:Google Glass Enterprise Edition 2

2024/03/20時点でのGoogleのGoogle Glass Enterprise Edition 2について紹介します。

Google Glass Enterprise Edition 2の特徴
  • Android(片眼式)、CPU(Snapdragon XR1 Platform)搭載のスマートグラス。
  • 複数の端末との接続が可能(1対N)。
  • 主に法人向けで、特に開発者を対象としている。
価格

※リンク先から直接購入は出来ません。見積もり等は、IBS JAPANなどから可能。

Google Glass Enterprise Edition 2のおすすめポイント
  • 法人向け専用のスマートグラスとして、過去に話題になった製品の法人版。
  • タッチバー操作、QRコードの読み取り、音声コマンド機能を持つ。
Google Glass Enterprise Edition 2の残念なところ
  • 法人代理店経由などの販売のため入手しにくい。
  • 画面が小さいという声や、iPhoneに非対応である点。

商品名:realwear HMT-1 & HMT-1Z1

2024/03/20時点でのrealwearのrealwear HMT-1 & HMT-1Z1について紹介します。

realwear HMT-1 & HMT-1Z1の特徴
  • Android(片眼式)搭載のスマートグラス。
  • 接続可能数は1対N(端末)で、具体的な数は販売パートナーごとに異なる。
  • 防塵防水性能:IP66。
価格

※公式サイトや販売パートナーからの見積もり等をご参照ください。

realwear HMT-1 & HMT-1Z1のおすすめポイント
  • ヘッドマウント式スマートグラス。
  • 遠隔作業支援システム「NSW」「IDEye」などとの連携が可能。
realwear HMT-1 & HMT-1Z1の残念なところ
  • WEBシステムや販売パートナーごとに仕様が異なるため、一貫した情報がない。

補足情報:

  • realwear HMT-1:音声操作&ヘッドマウント型のウェアラブルデバイス。
  • realwear HMT-1Z1:音声操作&ヘッドマウント型のウェアラブルデバイス。防爆認証済みモデル。

商品名:Magic Leap 1

2024/03/20時点でのMagic LeapのMagic Leap 1について紹介します。

Magic Leap 1の特徴
  • MR(現実世界がMRグラスの中に映り、バーチャルな物体の配置も可能)を実現。
  • 広角50°視野角、超高速120Hzリフレッシュレート、表示色1680万以上の色に対応。
  • OSはLumin OS。CONTROLトラックパッドでの操作が可能で、ハプティックフィードバック機能を搭載。
価格

※ドコモの店舗などでの確認をお願いします。

Magic Leap 1のおすすめポイント
  • ヘッドマウント型で真のMRを体験可能。
  • 宇宙飛行士やロボットが実空間での動きをシームレスに把握、体験できるMR技術。
  • 9つのセンサーで空間を認識し、わずか316gというヘッドホン並みの軽さ。
Magic Leap 1の残念なところ
  • 視界の全面が塞がるヘッドマウント型なので、透過型に比べ周囲の確認が難しい。
  • Magic Leap専門の開発者コミュニティ存在するが、今後のアプリ開発の進展は不透明。
  • 実物を確認するにはドコモの5G関連店舗でのみ可能。

商品名:Playstation VR

2024/03/20時点でのPlaystationのPlaystation VRについて紹介します。

Playstation VRの特徴
  • PlayStation Camera内蔵:2つのHDカメラと4つのマイクを持つPS CameraがDUALSHOCK 4やPlayStation Moveモーションコントローラーの動きや3D空間内の位置を正確に把握。
  • 6軸検出システムを搭載(3軸ジャイロ・3軸加速度)。
  • VRヘッドセットの重さとサイズ:約600g(ケーブル除く)、約187 × 185 × 277 mm。プロセッサーユニット:約300g、約150 x 39 × 114 mm。
価格

27,478円(税込)

Playstation VRのおすすめポイント
  • 360度全方向に映像が投影され、没入感が非常に深い。
  • 3Dオーディオ技術で、音の方向や距離を正確に再現。
  • OLEDスクリーンで滑らかな120fpsのグラフィックを実現。
Playstation VRの残念なところ
  • 非透過式のため、装着中に周囲が確認できない。
  • 一部のソフトで別売りのコントローラーが必要。
  • 対象年齢が12歳以上で、実用的な用途には向かない。

直近のAR/VR/MR/XRヘッドセットのセール情報

AR/VR/MR/XRヘッドセットの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

「ホリデーセール」:Meta Quest 2

2023年11月18日時点でのMeta(旧Facebook)のVRゴーグル「Meta Quest 2」について紹介します。

Meta Quest 2の特徴
  • プロセッサ:Snapdragon XR2
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GBまたは256GB
  • ディスプレイ:1832×1920ピクセル×2(リフレッシュレート最大90Hz)
  • トラッキング性能:6DoF(自由度6/頭および体の動きを検知可能)
価格
  • 128GBモデル:39,600円(税込)
  • 256GBモデル:46,200円(税込)
お得度

通常価格から7,700円引き

セール期間

2023年11月13日〜2023年12月31日

Meta Quest 2のメリット、注意したいポイント
  • スタンドアロン式で高性能なVR体験が可能
  • 比較的手頃な価格で最新のVRゴーグルを体験できる
  • 128GBと256GBの2つのストレージオプションから選択可能
  • セール期間中はさらに割引価格で購入できるチャンス
スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「AR/VR/MR/XRヘッドセット」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「AR/VR/MR/XRヘッドセットとは」的な内容になります。

そもそも、スマートグラスやARヘッドセットとは何?

スマートグラスやAR, VR, MR, XRヘッドセットについての基本的な情報をまとめます。

スマートグラス:

スマートグラスは、情報をディスプレイに映し出すことができる特別な眼鏡です。これにより、リアルタイムでの情報提供や通知、ナビゲーションといった機能が可能となります。Google GlassやMicrosoft HoloLensなどが例として挙げられます。

AR (Augmented Reality: 拡張現実):

ARは、実際の現実の世界にデジタル情報やオブジェクトをオーバーレイする技術です。スマートフォンやタブレット、スマートグラスを使用してARコンテンツを体験することができます。

VR (Virtual Reality: 仮想現実):

VRは、完全にデジタル化された仮想の環境を作成し、ユーザーがその中で体験できるようにする技術です。専用のヘッドセット(例: Oculus Rift, HTC Vive)を使用して、360度の仮想空間を体験することができます。

MR (Mixed Reality: 混合現実):

MRは、ARとVRの中間に位置する技術で、実際の現実と仮想の世界を組み合わせた環境を作成します。これにより、実世界の中に仮想オブジェクトが存在しているかのように体験することができます。MicrosoftのHoloLensはMRヘッドセットの一例です。

XR (Extended Reality: 拡張現実):

XRは、AR、VR、MRなどの全ての拡張・仮想体験を総称する言葉です。つまり、現実とデジタルの境界を超えて拡張されるあらゆる体験を指します。

これらの技術は、エンターテインメント、教育、医療、リモートワーク、訓練、設計など、さまざまな分野での利用が進められています。

スマートヘッドセットが利用されるシーン

各分野でのAR, VR, MR, XRヘッドセットの利用シーンについて具体的に説明します。

1. エンターテインメント

  • AR: ポケモンGOのようなゲームでは、現実の世界を探索しながら仮想のクリーチャーをキャッチする体験が可能。
  • VR: Beat SaberやHalf-Life: AlyxのようなVR専用ゲームで没入感のある体験ができる。また、映画や音楽イベントの仮想体験も人気。
  • MR: エンターテインメント施設で、物理的なオブジェクトとデジタルコンテンツが組み合わさったインタラクティブなアトラクション。

2. 教育

  • AR: 教科書やワークシートにQRコードやイメージをスキャンして、3Dモデルや動画を表示することで教材を補完。
  • VR: 歴史的な場面や宇宙を仮想的に体験し、学習の助けとして使用。
  • MR: 解剖学の授業で、実際のモデル上に仮想の臓器や骨格をオーバーレイして学ぶ。

3. 医療

  • AR: 手術中に患者の体内イメージをリアルタイムでオーバーレイし、外科医の手助けをする。
  • VR: 疼痛管理やリハビリテーション、精神疾患の治療にVR環境を使用。
  • MR: 複雑な手術のシミュレーションやトレーニング。

4. リモートワーク

  • AR: リアルタイムでの遠隔サポート。例えば、修理やメンテナンス時に専門家が遠隔で指示を出す。
  • VR: 仮想的なオフィス空間での会議やコラボレーション。
  • MR: リアルな物理オブジェクトとデジタル情報を組み合わせたコラボレーション。

5. 訓練

  • AR: 航空機のメンテナンストレーニングでの手順の視覚的なガイド。
  • VR: 危険な状況のシミュレーション、例えば消防士や軍隊の訓練。
  • MR: 工業用ロボットの操作トレーニングや複雑なマシンの操作トレーニング。

6. 設計

  • AR: 建物や製品の設計時に現実の環境に仮想モデルをオーバーレイして確認。
  • VR: 建築物や車の内部デザインを仮想的に歩き回りながら確認。
  • MR: 実物大のモデルに対してデジタルの修正や変更をリアルタイムで確認。

これらの例は、AR, VR, MR, XR技術がもたらす可能性の一部に過ぎませんが、各分野での具体的な利用シーンをイメージする手助けとなるでしょう。

専門以外で、一般ユーザーが使用するシチュエーション

AR, VR, MR, XRヘッドセットを一般の利用者が購入する際の理由や方法、そして注意点について解説します。

購入の理由や方法

  1. エンターテインメント: VRゲームや映画の体験、ARゲームなどの楽しみのため。
  2. 教育: 自身や子供の学習ツールとして、歴史的な場面や科学的な事象を仮想的に体験するため。
  3. 専門的な訓練: 趣味や職業上の訓練を目的として、例えば飛行シミュレーションや車の運転シミュレーション。
  4. リモートコミュニケーション: 遠距離の家族や友人とのコミュニケーションを仮想空間内で行うため。
  5. 趣味や研究: 技術的な興味や研究、開発のため。

購入時の注意点

  1. 互換性: 所有しているPCやゲーム機との互換性を確認する。特定のヘッドセットは高性能なPCを必要とする場合がある。
  2. コンテンツ: 希望するコンテンツやアプリケーションがそのヘッドセットで利用可能かを確認する。
  3. 価格: 予算内での最適なモデルを選ぶ。高価なモデルほど高機能であるとは限らない。
  4. 使い心地: 重さやフィット感、装着時の快適さなどのエルゴノミクスを考慮する。
  5. 表示品質: 解像度やリフレッシュレート、視野角などのスペックを確認する。
  6. センサーやトラッキング: ヘッドセットの動きや位置を正確に追跡する能力を確認。部屋全体のトラッキングやハンドトラッキングが必要な場合は特に。
  7. バッテリー寿命: ワイヤレスのヘッドセットの場合、使用可能時間や充電時間を確認。
  8. レビューや評価: 他のユーザーのレビューや評価を参考にして、その製品の実際の性能や使い心地を確認。
  9. 拡張性: 将来的にアクセサリーを追加したり、アップグレードすることが可能かどうか。

このようなヘッドセットを購入する際は、自身のニーズや使用シーンに合わせて最適なモデルを選ぶことが大切です。

どのようなアプリ、ソフトがあるの?

以下はChatGPTが生成していますので、情報の真偽には注意してください。

ゲーム

  • Beat Saber: VR向けの音楽リズムゲーム。
  • Pokémon GO: スマートフォン向けのARゲーム。
  • Half-Life: Alyx: Valveが開発したVR専用のシューターゲーム。
  • Superhot VR: タイムが動くのはプレイヤーが動くときだけというユニークなVRシューターゲーム。

2. ソーシャルVR/ARアプリケーション

  • VRChat: VR内でのコミュニケーションやアクティビティが楽しめるソーシャルVRアプリ。
  • AltspaceVR: イベントやミートアップ、セミナーなどをVR空間で体験できる。

3. 教育/学習

  • Google Expeditions: VRとARの教育ツールで、世界中の歴史的な場所や天文学的な情報を探索できる。
  • Tilt Brush: VRで3Dペインティングを行えるソフトウェア。

4. 設計/3Dモデリング

  • SketchUp VR: 人気の3DモデリングソフトウェアSketchUpのVR版。
  • Gravity Sketch: VR空間での3Dデザインとモデリングが可能。

5. 映画/エンターテインメント

  • Netflix VR: VR空間でのNetflix視聴アプリ。
  • YouTube VR: VRコンテンツを視聴するためのYouTubeアプリ。

6. ワークフロー/プロダクティビティ

  • vSpatial: VR空間での仮想オフィス環境。
  • Spatial: ARとVRでの共同作業をサポートするアプリ。

7. メディテーション/リラクゼーション

  • Guided Meditation VR: 美しい仮想の場所でのガイド付き瞑想体験。

8. トレーニング/シミュレーション

  • Flight Simulator: 実世界の飛行体験をシミュレートするゲーム。
  • Surgical Training Apps: 手術のトレーニングやシミュレーションを行うためのアプリケーション。

AR/VR/MR/XRヘッドセットの口コミ・評判

AR/VR/MR/XRヘッドセットの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「AR/VR/MR/XRヘッドセット」と検索できます。

AR/VR/MR/XRヘッドセットの知っておきたいよくあるQ&A

Q
AR/VR/MR/XRヘッドセットとは何ですか?
A

答えAR (拡張現実), VR (仮想現実), MR (混合現実), および XR (拡張現実) ヘッドセットは、デジタル情報を現実の景色と融合させたり、完全に仮想の環境を作成したりするためのウェアラブルデバイスです。それぞれの技術はユーザーの感覚体験を豊かにし、教育、エンターテインメント、プロフェッショナルな用途など、さまざまな分野での利用が期待されています。

Q
VRヘッドセットとARヘッドセットの主な違いは何ですか?
A

VRヘッドセットは、ユーザーを完全に仮想の世界に没入させることを目的としています。対照的に、ARヘッドセットは、現実の景色にデジタル情報や画像を重ねて表示することで、現実を拡張することを目的としています。MRヘッドセットは、これらの両方の特徴を組み合わせ、仮想オブジェクトを現実の環境に統合する体験を提供します。

Q
AR/VR/MR/XRヘッドセットの主な用途は何ですか?
A

これらのヘッドセットは、ゲーム、映画鑑賞、教育、トレーニング、医療、不動産、設計、旅行、およびリモートコラボレーションなど、多岐にわたる用途で利用されています。特に、実際の場所や状況でのトレーニングやシミュレーションが難しい場合、これらの技術は非常に有用です。

Q
AR/VR/MR/XRヘッドセットを使用する際の注意点は?
A

長時間の使用や高速な映像は、一部のユーザーにめまいや吐き気を引き起こすことがあります。適切な休憩を取ることや、最初は短時間から使用することが推奨されています。また、周囲の環境や障害物に注意しながら使用することも重要です。

Q
AR/VR/MR/XRヘッドセットの価格帯はどのくらいですか?
A

価格は、製品の品質、機能、ブランドによって大きく異なります。入門モデルは数千円から、高品質でプロフェッショナル向けのものは数十万円以上となることもあります。目的や必要な機能に応じて適切なモデルを選ぶことが大切です。

「AR/VR/MR/XRヘッドセット」に関して参考になる記事リスト

「AR/VR/MR/XRヘッドセット」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

Apple製品のセールに関する情報

Apple製品の年末〜初売りまでのセール情報をまとめたページはこちら。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

製品ごとにセールをまとめているのは以下。

スポンサーリンク

「AR/VR/MR/XRヘッドセット」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

PC/MAC周辺機器家電(ライフスタイル)
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ai india meta」に関する最新情報です。

    WhatsAppは、インドおよび他のいくつかの市場で、Meta AIと呼ばれる大規模な言語モデルを活用したチャットボットをテストしています。これは、WhatsAppが巨大なユーザーベースを活用してAIサービスを拡大する意向を示しています。最近、同社はAIチャットボットのテストを開始し、これまでに米国など一部の市場でテストされていたものを、インドやナイジェリアの一部のユーザーに提供しています。インドは5億人以上のWhatsAppユーザーを抱える同サービスの最大市場です。

    https://techcrunch.com/2024/04/11/whatsapp-trials-meta-ai-chatbot-in-india-more-markets/

  2. buchikuma-info より:

    「18 kddi セミナー」に関する最新情報です。

    KDDIは5月18日に東京都渋谷区と共同で「マネ活セミナー初級編 supported by au」を開催する。これは初めての自治体との共同開催で、投資初心者向けの内容であり、具体的な金融商品の勧誘は行わない。

    https://japan.cnet.com/article/35217643/

  3. buchikuma-info より:

    「meta pro quest」に関する最新情報です。

    Apple Vision Pro、Meta Quest 3、Quest ProをCTスキャンして比較した結果、AppleとMetaの設計思想の違いが明らかになった。Apple Vision Proは内部空間を最大限に活用し、曲線的なフレームに基板や部品を立体的に配置している一方、Metaのデバイスは部品や基板が平面的に配置されている。ディスプレイ面では、Apple Vision Proは高性能なマイクロOLEDディスプレイを採用しており、一方Metaのデバイスはより実用的なLCDパネルを使用している。また、プロセッサー面では、Apple Vision ProにはM2チップとR1チップが搭載されており、高い計算負荷を処理する能力を持っている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRmh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvNDhfN19yXzIwMjQwNDEwXzE3MTI3NDY4NDI3NjYyNjTSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「next meta llama」に関する最新情報です。

    Metaは、ロンドンでのイベントで、次世代の大規模言語モデルであるLlama 3の初回リリースを来月に予定していることを確認しました。Metaのグローバルアフェアーズ担当のニック・クレッグは、「次の月、実際はそれよりも早く、非常に短期間で、新しいスイートの次世代基盤モデルであるLlama 3の展開を開始することを願っています。」と述べています。今年中にさまざまな機能や柔軟性を持つ異なるモデルがリリースされる予定で、まもなく開始される予定です。

    https://techcrunch.com/2024/04/09/meta-confirms-that-its-llama-3-open-source-llm-is-coming-in-the-next-month/

  5. buchikuma-info より:

    「meta oculus 10」に関する最新情報です。

    Facebook(現Meta)がOculusを買収してから10年が経過し、Metaの次の展望が注目されています。Metaはフィットネス用のQuestデバイスを発売する予定であり、ARグラスも従来の形態とは異なるデバイスになる見込みです。スマートグラスやARグラスとヘッドセットの連携も進んでおり、Ray-BanスマートグラスにAI機能が導入されることが予定されています。Metaは今後、Oculus Quest 3やAI、スマートグラス、ARグラスに注力し、テクノロジーの進化を牽引していく方針です。

    https://japan.cnet.com/article/35217448/

  6. buchikuma-info より:

    「ar ar ゴーグル ゴーグル」に関する最新情報です。

    BLAN社が3月下旬に発売したARスマート水泳用ゴーグル「Holoswim2S」は、ARディスプレイを搭載し、泳ぎながら距離やタイム、ラップ、ペースなどを計測・確認できる。透明なOLEDホログラフィックディスプレイや様々なコーティングで目を保護し、水漏れ防止とフィット感を実現。プール時間の最適化や運動効果の向上に役立つ。価格は29,700円。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1582620.html

  7. buchikuma-info より:

    「lm エプソン 複合機」に関する最新情報です。

    エプソン販売株式会社が新商品としてA4カラーラインインクジェット複合機『LM-C400』を発売する。この製品は高い生産性と環境性能を備え、オフィスや店舗での利用に適している。特に、低消費電力やCO₂排出量の削減に貢献し、環境に配慮した印刷を実現している。さらに、コンパクトな設計で場所を取らず設置でき、さまざまなニーズに対応する。新商品は2024年5月9日に発売予定で、オール・イン・ワンプランやカウンター・チャージプランなどのサービスプランも用意されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000616.000033845.html

  8. buchikuma-info より:

    「mr endeavor endeavor mr」に関する最新情報です。

    エプソングループのエプソンダイレクト株式会社は、高性能デスクトップPC「Endeavor MR8400・MR5000」のカスタマイズメニューにインテル® Core™ プロセッサー(第14世代)を追加した。このプロセッサーは、最大24コア、32スレッドを搭載し、画像や映像処理、データ分析・処理などに優れた性能を発揮する。これにより、高負荷な処理にも対応可能なモデルとなっている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000071285.html

  9. buchikuma-info より:

    「解説 2024 セミナー」に関する最新情報です。

    一般社団法人クレア人財育英協会は、「2024年問題(残業上限規制)」について考えるセミナー座談会を開催する。セミナーでは、例外業種における時間外労働の上限規制について詳しく解説される。セミナーの日程は2024年4月7日で、講師は雇用クリーンプランナー・特定社会保険労務士の小野純氏が担当する。雇用クリーンプランナーは、ハラスメント社会を生き抜くための正しい知識とリテラシーを身につけることができる資格であり、政府の支援対象となっている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000088.000118219.html

  10. buchikuma-info より:

    「eclipse simulator solar」に関する最新情報です。

    2024年4月8日に北アメリカの空で最大の天文イベントが起こる。引退した数学者が作成したウェブツールを使用して、理想的な観測地点を見つけることができる。このシミュレーターは、北半球のどんな都市や町、山頂、または荒野からでも4月の日食がどのように見えるかをユーザーに視覚化するのに役立つ。このツールは、数世紀前の天文学的計算と現代のデータに基づいており、Purdue大学の引退した数学者であるDan McGlaunによって構築された。彼は、15回の日食を目撃しており、このシミュレーターは彼のウェブサイトの一部であり、教育的な側面を持つ複雑なシミュレーターである。シミュレーターを使用すると、日食中に空が暗くなるだけでなく、地平線が琥珀色に変わることや、日食中に太陽の外層大気であるコロナが見えることなどを視覚化できる。 McGlaunは、このシミュレーターを作成するために数年かけて計画し、数か月かけて必要な数学を行った。彼は、数世紀前の計算を基に、天文学的エフェメライドなどのデータベースから情報を引用して、できるだけ正確な結果を提供している。

    https://www.wired.com/story/solar-eclipse-2024-simulator-to-help-you-find-the-best-spot/

  11. buchikuma-info より:

    「セミナー fx セントラル」に関する最新情報です。

    セントラル短資FXが4月9日に無料ウェブセミナーを開催する。セミナーでは外国為替市場のプロトレーダーである西原宏一氏が登壇し、ドル円の動向や為替介入の効果について解説する。セミナーには叶内文子氏も登場し、参加方法は特設URLから可能。西原氏はシティバンクでの経験を持ち、現在は株式会社CKキャピタルの代表取締役・CEOとして活躍中。セントラル短資FXは日々情報コンテンツを提供する「マーケットビュー」も無料で提供している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000088644.html

  12. buchikuma-info より:

    「world oculus facebook」に関する最新情報です。

    FacebookがOculusを買収してから10年が経過しましたが、VRヘッドセットは世界を変えるほどの影響を与えていないとされています。Meta(旧Facebook)がスタートアップを20億ドルで買収した後、2024年4月現在、その取引はどのような位置づけにあるのかが注目されています。

    https://techcrunch.com/2024/04/04/facebooks-oculus-acquisition-turns-10/

  13. buchikuma-info より:

    「ゲーム リズム de」に関する最新情報です。

    セガは、Apple Arcadeで配信中のリズムアクションゲーム『サンバDEアミーゴ:パーティー・トゥー・ゴー』に4曲の新楽曲を追加したことを発表しました。新たに追加された楽曲には、Weezerの「Take On Me」やChinozoさんの「グッバイ宣言」などが含まれています。

    https://gamebiz.jp/news/384131

  14. buchikuma-info より:

    「meta age quest」に関する最新情報です。

    Metaは、Quest VRヘッドセットを使用するためにユーザーの年齢確認を求めるようになった。Quest 2および3のユーザーには、年齢を再入力するよう促され、13歳から17歳のティーンエイジャーは自動的にプライベート設定にされ、保護者はティーンの体験を調整するための親権監督ツールを使用できる。一方、10歳から12歳のプリティーンのために親がアカウントを設定する必要があり、その場合、親はプリティーンがダウンロードできるアプリを制御できる。

    https://techcrunch.com/2024/04/02/meta-quest-age-verification/

  15. buchikuma-info より:

    「ゲーム リズム de」に関する最新情報です。

    セガは、Apple Arcadeで配信中のリズムアクションゲーム『サンバDEアミーゴ:パーティー・トゥー・ゴー』に4曲の新しい楽曲を追加したことを発表しました。追加された楽曲には、Weezerの「Take On Me」やChinozoさんの「グッバイ宣言」などが含まれています。

    https://gamebiz.jp/news/384131

  16. buchikuma-info より:

    「meta age quest」に関する最新情報です。

    Metaは、Quest VRヘッドセットを使用するためにユーザーの年齢を確認することを義務付けるようになった。Quest 2および3のユーザーは、年齢を再入力するよう促され、13歳から17歳のティーンエイジャーは自動的にプライベート設定になり、保護者はティーンの体験をカスタマイズするための親権監督ツールを使用できる。一方、10歳から12歳のプリティーンの場合、親はアプリのダウンロードを制御するためのアカウントを設定する必要がある。

    https://techcrunch.com/2024/04/02/meta-quest-age-verification/

  17. buchikuma-info より:

    「winny 映画 映画 winny」に関する最新情報です。

    映画「Winny」がAmazonプライムビデオの見放題配信に登場し、ネットを揺るがした大事件実話を基にした挑戦と戦いの記録が描かれています。映画は東出昌大と三浦貴大がW主演し、技術者の未来と権利を守るために権力やメディアと戦う男たちの物語です。配信は4月3日から開始されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNTE4ODM50gEA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「ロボット apple 開発」に関する最新情報です。

    Appleが次の目玉製品として家庭用ロボットの開発を検討していることが報じられています。このロボットはAIを活用して散らかった空間でも移動可能であり、家事をこなす機能も検討されています。一方、自動運転車「Apple Car」の開発は中止され、今後はAI分野に注力する方針となっています。家庭用ロボットのプロジェクトはまだ初期段階であり、一般向け公開の可否は不明です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4MzMwL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4MzMwL2FtcC8?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「全身 cellsh コリ」に関する最新情報です。

    2024年4月2日から16日までの期間限定で、株式会社ニーズ/株式会社サンファミリーがMakuakeで「Cellshアイスジェルローラー」「Cellshダブルボディローラー」の先行予約販売を開始。Cellshシリーズは全身のコリをほぐし、血行を促進するセルフエステをコンセプトにした商品。Cellshアイスジェルローラーは冷感ローラーで、顔周りや全身のお肌をキュッと刺激し、Cellshダブルボディローラーは幅広く全身の筋肉にアプローチ可能。ローラー内にはひんやりジェルが入っており、冷たく使用したい場合は冷蔵庫で冷やすことも可能。デザイン性や握りやすさにもこだわりがあり、男性女性問わず利用可能。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000233.000075529.html

  20. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    医療総合サイトでは、認知症リスクについての最新情報や研究結果が提供されています。東北大学の研究によると、歯の喪失だけでなく咀嚼困難や口腔乾燥も認知症リスクの上昇に関連している可能性があることが示唆されています。口腔機能の低下予防や服薬の調整などで認知症リスクを低下させる可能性があることも述べられています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240329/oral-health-dementia.html

  21. buchikuma-info より:

    「train train train ゲーム」に関する最新情報です。

    銚子電気鉄道とリアルワールゲームスが共同で位置情報ゲームを活用した地域活性化プラットフォーム「プロジェクトT(TRAIN)」を立ち上げ、2024年夏にスマートフォン用位置情報ゲーム「TRAIN & TRAIN」をリリースする。このアプリには日本全国の9000駅と500路線が登場し、プレイヤーは自分だけの鉄道物語を楽しむことができる。鉄道事業者も参画し、地域への愛着を深めるプラットフォームとなる予定で、クラウドファンディングも実施される予定。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vd3d3LmdhbWVyLm5lLmpwL25ld3MvMjAyNDAzMjkwMDU4L9IBAA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「meta meta quest quest」に関する最新情報です。

    株式会社サイバーガジェットがMeta Quest 3用の新製品2種を発売。1つはMeta Quest 3ヘッドセットとコントローラーを同時に充電できる『CYBER・充電スタンド(Meta Quest 3用)』、もう1つはヘッドセットの快適さを向上させ、動作時間を延長できる『CYBER・拡張バッテリー付きヘッドストラップ(Meta Quest 3用)』。充電スタンドはコントローラー用バッテリーと充電端子付きのバッテリーカバーを同梱し、充電中はインジケーターランプで充電状況を確認可能。拡張バッテリー付きヘッドストラップはヘッドセットの安定性を向上させ、動作時間を約1時間半延長可能。製品には各種仕様や価格、発売日などの詳細が記載されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy82ODQwMjQ10gEkaHR0cHM6Ly9uZXdzY2FzdC5qcC9uZXdzLzY4NDAyNDUvYW1w?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの医療総合サイトでは、慢性腰痛に関する最新技術が紹介されています。NECなどが開発したスマホ映像と最先端AIを活用し、適切なセルフケア支援を行う技術が注目されています。この技術では、映像から慢性腰痛の原因を推定し、運動プログラムを提案することが可能です。さらに、2D/3D骨格推定技術を用いることで、高精度な骨格推定が可能となり、背中の形状も専門家並みの精度で評価できるようになっています。腰痛の症状改善や再発予防に役立つ技術の開発が求められていることが強調されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240327/chronic-back-pain-ai.html

  24. buchikuma-info より:

    「世界 トラッカー 世界 会議」に関する最新情報です。

    2024年4月18日から台湾で開催される第12回世界竹会議に、高知県特産の虎竹で作られた電気自動車「竹トラッカー」が参加する。竹虎四代目が代表として参加し、竹トラッカーは3日間の特設コースでデモ走行を行う。世界竹会議は竹業界や研究者が集まり、情報交換や技術移転を行う国際的なイベントであり、竹の可能性を広げるために竹虎が取り組んでいる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000033525.html

  25. buchikuma-info より:

    「世界 トラッカー 世界 会議」に関する最新情報です。

    高知県特産の虎竹を使用した電気自動車「竹トラッカー」と共に、竹虎四代目が第12回世界竹会議に台湾へ参加する。会議では世界各地の竹の専門家が集まり、竹の開発や情報交換が行われる。竹トラッカーは特設コースで展示され、虎竹製の甲冑「虎竹アーマー」も準備される。竹虎は竹の可能性を広げ、竹産業の発展に貢献することを目指している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMjQuMDAwMDMzNTI1Lmh0bWzSAQA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「ゲーム 2024 2024 リリース」に関する最新情報です。

    ポッピンゲームズとCozyTrailGamesが新作スマホゲーム『ゆるキャン△~ぱずるキャンプ~』を2024年にリリースすることを発表しました。

    https://gamebiz.jp/news/383574

  27. buchikuma-info より:

    「deck protecto pitch」に関する最新情報です。

    Protectoの$4MのシードデッキについてのPitch Deck解説。Together Fundをリードとする資金調達ラウンドにより、Protectoの総調達額は$5 millionに達した。14枚のスライドには、Cover slide、Problem slide、Urgency slide、Platform interstitial slide、Technology overview slide、Results slide、Solution slide、Case study slide 1、Case study slide 2が含まれている。

    https://techcrunch.com/2024/03/22/sample-seed-pitch-deck-protecto/

  28. buchikuma-info より:

    「meta fee meta privacy」に関する最新情報です。

    EUは、MetaがFacebookとInstagramのユーザーに月額サブスクリプションを支払うかトラッキングに同意するかを選択させるという物議を醸す手法に疑念を示し、この手法がEUの更新されたデジタルガバナンスと競争規則に違反する可能性があると示唆している。消費者保護団体はMetaのプライバシー料金に関する苦情を提出しており、MetaがEUの消費者保護およびプライバシールールに違反していると主張している。EUのユーザーは現在、FacebookやInstagramを使用してもトラッキングを受けずに利用する方法はない。

    https://techcrunch.com/2024/03/20/meta-privacy-fee-eu-assessment/

  29. buchikuma-info より:

    「rise behind behind scenes」に関する最新情報です。

    SIEが『Rise of the Ronin』のメイキング映像4「Rise as One」Behind the Scenesを公開しました。

    https://gamebiz.jp/news/383434

  30. buchikuma-info より:

    「ジョン 映画 ジョン レノン」に関する最新情報です。

    映画「ジョン・レノン 失われた週末」は、ジョン・レノンと元恋人メイ・パンの関係を描いた作品であり、ジョンが最初の妻シンシアと別れて日本人のオノ・ヨーコと結婚するまでの18か月間を描いています。この時期は「失われた週末」と呼ばれ、ジョンのやんちゃな一面が描かれています。映画にはジョンの息子ジュリアンも登場し、当時の思い出が語られています。2023年には、ジョンのデモ音源をもとにポールとリンゴがAI技術を使って新曲「ナウ・アンド・ゼン」を制作し、世界的なヒットとなりました。ビートルズ解散から50年以上、ジョンの死去から40年以上が経った今も、彼の影響は色あせておらず、映画「ジョン・レノン 失われた週末」が日本で公開されることになりました。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65f55ef1e4b0b4d0b8997cb2

  31. buchikuma-info より:

    「ar ヘッドセット vr」に関する最新情報です。

    2024年2月にAppleが発売したVision ProがARとVRの認知度を高め、AR/VRヘッドセット市場を活性化させた。IDCの調査によると、2028年までにARヘッドセットは1,090万台、VRヘッドセットは2,470万台に成長する見込み。MetaもAppleの貢献に感謝すべきとされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3NTQyL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3NTQyL2FtcC8?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「lenovo legion lenovo legion」に関する最新情報です。

    Lenovoは、8.8型Androidタブレット「Lenovo Legion Tab」を発表しました。このタブレットは、QualcommのSnapdragon 8+ Gen 1や大型の冷却機構Legion ColdFront: Vaporを搭載しており、8.8型ディスプレイ、2560×1600ピクセルの解像度、144Hzのリフレッシュレート、Dolby Atmosデュアルスピーカー、6550mAhのバッテリー容量、最大45Wの急速充電に対応しています。さらに、USB Type-C端子を2個搭載し、画面出力が可能でゲーム時には充電バイパス機能により発熱を抑制する仕組みも備えています。この製品は日本ではNECの「LAVIE Tab T9」として販売される予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vc21obi5pbmZvLzIwMjQwMy1sZW5vdm8tbGVnaW9uLXRhYi1zcGVj0gEzaHR0cHM6Ly9zbWhuLmluZm8vMjAyNDAzLWxlbm92by1sZWdpb24tdGFiLXNwZWM_YW1w?oc=5

  33. buchikuma-info より:

    「meta privacy scrap」に関する最新情報です。

    欧州議会のメンバーは、Metaに対して、FacebookやInstagramでの「同意するか有料にする」という強制的な「プライバシー料金」の方針を廃止するよう求めている。メンバーは、Metaがユーザーを操作し、広告なしのサブスクリプションを支払うか、監視に基づく広告ターゲティングを許可するという「偽の選択肢」を提供していると非難している。この要求は、Metaのグローバルアフェアーズ担当のニック・クレッグ氏宛てに送られた公開書簡に36人の欧州議会議員が署名している。

    https://techcrunch.com/2024/03/15/meps-letter-pay-or-okay/

  34. buchikuma-info より:

    「タブレット 教育 いけ」に関する最新情報です。

    子供のIT教育にはタブレットではなく、PCを使う訓練を若いうちから積むべきだという意見がある。タブレットは主に受信機として使用され、PCが創作機として重要であり、将来の仕事ではPCの方が必要とされることが指摘されている。タブレットの活用は、将来の仕事で必要なPCスキルを身につけるためには不十分であるという見解が示されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vYWdvcmEtd2ViLmpwL2FyY2hpdmVzLzI0MDMxNTA3MjYzNi5odG1s0gE1aHR0cHM6Ly9hZ29yYS13ZWIuanAvYXJjaGl2ZXMvMjQwMzE1MDcyNjM2Lmh0bWw_YW1wPTE?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「ソフトウェア パートナーシップ 検討」に関する最新情報です。

    日産自動車と本田技研工業が、自動車の電動化・知能化に向けた戦略的パートナーシップの検討を開始する覚書を締結したことを正式発表。パートナーシップは、自動車車載ソフトウェアプラットフォームやバッテリーEVなど幅広い領域で検討され、環境対応技術やソフトウェア開発の強化が重要視されている。両社は業界のトップランナーとして新たな価値創造を目指す考え。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2403/15/news167.html

  36. buchikuma-info より:

    「meta quest ストラップ」に関する最新情報です。

    Meta社は、Meta Quest 3向けのバッテリー付き「Eliteストラップ」に不具合があった場合、所有者に無償交換を行うことを確認している。不具合はバッテリーが機能しない問題で、一部から報告があった。Meta社は問題が解消されたバージョンを再販し、所有者に対して積極的な対応を開始している。現時点では英語圏のみで交換対応のメールが送付されており、国内向けのメールは確認されていない。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3Lm1vZ3VyYXZyLmNvbS9tZXRhLXF1ZXN0LTMtZWxpdGUtc3RyYXAtZnJlZS1yZXBsYWNlbWVudC_SAQA?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    「ニュース 各国 meta」に関する最新情報です。

    Meta社がFacebookやInstagramを運営し、オーストラリアやカナダ政府との激しいバトルを繰り広げている。Metaは他の国々でも同様の対応を取ることを決定し、国内メディアの衰退を防ぐために政府が利益の一部の還元を求める一方、Metaはその影響力を背景に一歩も譲ろうとしない姿勢を見せている。この衝突は新たな国際問題となりつつあり、インターネット空間の影響力が明らかになっている。

    https://toyokeizai.net/articles/-/740262?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  38. buchikuma-info より:

    「legion 700 legion 700」に関する最新情報です。

    レノボが中国で展開していた8.8インチのiPad miniサイズのハイスペックAndroidタブレット「Lenovo Legion Y700」のグローバル版が、「Lenovo Legion Tab」としてリリースされることが発表された。新しいタブレットはSnapdragon 8+ Gen 1を搭載し、多言語やGoogle Playストアに対応した公式のグローバル版ROMが入っている。その他のスペックには、8.8インチディスプレイ、最大144Hzリフレッシュレート、12GB RAM、256GBストレージ、13MP+2MPのリアカメラ、8MPのフロントカメラ、Dolby Atmos対応オーディオなどが含まれている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzAzLzE0L3Bvc3QtNjk0NzUv0gEA?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    「製造業 開幕 サミット」に関する最新情報です。

    2024年3月13日から3日間、Aichi Sky Expoで開催された「スマート・マニュファクチャリング・サミット」は、「Industry5.0」や「スマート製造業」の実現に向けた日欧の連携を促進するイベントでした。このサミットでは、製造業の未来に焦点を当て、人間と自動化の相互補完や持続可能性などのテーマが取り上げられました。さらに、日欧の産業界における協力の可能性や相乗効果を模索する機会となりました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000111456.html

  40. buchikuma-info より:

    「meta グラス ban」に関する最新情報です。

    Metaの最高技術責任者が発表した「Ray-Ban Meta」スマートグラスには、名所を特定して説明する新機能が追加される予定。例えば、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジやビクトリア様式住宅など、観光名所の情報が表示される。この機能により、スマートグラスが仮想ツアーガイドのような役割を果たすことが期待されている。価格は約4万4000円からで、2023年に発売されたばかり。

    https://japan.cnet.com/article/35216408/

タイトルとURLをコピーしました