PR

ペーパーレスでPDF編集の機会が倍増「UPDFレビュー」

スポンサーリンク
かめ
かめ

もう、このPDFどうにかしたい!テキストも変更できないし、画像も挿入できない…手書きで修正するしかないのかな…

しろくま
しろくま

落ち着いて、カメさん!そんな時代遅れの方法はもう終わり。今は『UPDF』っていう超便利なPDF編集ソフトがあるんだよ。

かめ
かめ

え、本当?でも、使い方が難しそう…

しろくま
しろくま

大丈夫、UPDFなら直感的な操作で簡単にPDFを編集できるし、テキストや画像の挿入も楽々。しかもリーズナブルな価格で、スマホでも使えるんだよ!

こんな会話が聞こえてきそうなくらいに、PDFは編集しづらいです。

導入にも触れましたが、UPDFのライセンスをお借りできたので、PDF編集ソフトがこれからの時代にどれくらい必要なものなのかを解説したいと思います。

このページでは、PDFのファイルを編集したいと思った時に知っておきたいことをまとめ、後半にソフトをつかうとどんなことができるようになるかをまとめました。

もし利用を悩まれている場合は、無料で使える部分もあるので、まずはダウンロードしてみることをお勧めします!

スポンサーリンク

「PDF編集ソフト」の活用方法

まずは、「なぜ、PDFは編集しづらいのか」についての情報です。

そもそも、PDFファイルってなんだ?

PDFファイルは、幅広い用途で使用される汎用的な電子文書フォーマットです。Adobeによって開発され、様々なデバイスやOSで同じレイアウトで表示されるのが特長です。

PDFファイルとは

PDFは「Portable Document Format」の略で、どんな環境でも同じレイアウトで文書を表示できます。文書はパスワードで保護可能で、印刷や書類管理のコスト削減に役立ちます。

PDFファイルの互換性

PDFファイルは、Word、Excel、PowerPointなどのOffice文書や画像ファイルなど、多くのファイル形式から作成することが可能です。

また、PDFファイル自体を他のファイル形式に変換することもでき、例えばPDFをExcelやWord形式に変換して編集作業を行うことができます。

PDFファイルの活用事例

PDFは改変を防ぎたい文書、機密情報を含む文書、電子帳簿保存法関連の文書、Webサイト上の情報更新、情報量が多い文書に適しています。

  1. 改変防止が必要な文書:
    • パスワード保護やセキュリティ設定により、内容の改変を防ぐことができます。
  2. 機密情報の管理:
    • 機密情報を含む契約書や請求書などの文書を安全に共有・管理できます。
  3. 電子帳簿保存法に関連する文書:
    • 法律で要求される電子文書の保存規格を満たすために使用されます。
  4. Webサイト上の情報更新:
    • スピーディーな情報更新のために、WebサイトにPDFファイルを掲載します。
  5. 情報量が多い文書:
    • 複数の画像や文書を一つのファイルに統合でき、ファイルサイズの圧縮も可能です。

まとめ:PDFファイルの特徴と互換性

  • プラットフォーム独立性でどの環境でも同じ表示が可能
  • セキュリティ設定で保護と共有が容易
  • 注釈やコメント機能で共有と校正がスムーズに行える

どんどん増える、デジタル書類の管理の手間

まず、どうしてPDF編集ソフトが必要になってきているかについてお話ししたいと思います。

学校と家庭における書類の管理

日本の教育機関でも、学校配布物のペーパーレス化が進んでいます。紙じゃなくなったことで、子供が大事な書類を失くしてしまうリスクは減ったのですが、実際に手元になくなったことで必要な書類が体感的に見つかりにくくなる事例が増えています。

PDF編集ソフトがあることでこれらの問題がどのように解決するかについてまとめました。

シチュエーション 1: 学校からの配布物の管理
  • 利用動機: 学校から子供宛に配布される各種文書(学年便り、行事案内、献立表など)が多く、これらを効率的に管理したい親御さん。
  • UPDFの役割: デジタル化された学校の文書を一箇所に集約し、編集や注釈を加えることで、子供のスケジュール管理や重要な情報のハイライトが容易になります。
シチュエーション 2: 家庭での教育サポート
  • 利用動機: ペーパーレス化のメリットとして、デジタル配布物は保護者に確実に届き、情報漏れが少なくなること。
  • UPDFの役割: 学校からのデジタル資料を整理し、家庭での学習サポートに活用。注釈機能を使って子供への説明や指示を加えることが可能。
シチュエーション 3: 環境意識の高い家庭運営
  • 利用動機: 紙の使用量を減らし、環境に配慮した家庭運営を望む保護者。
  • UPDFの役割: PDF編集ソフトを活用して、家庭での文書管理を完全デジタル化。紙の消費を抑え、エコフレンドリーなライフスタイルをサポート。

在宅勤務やリモートワークの影響

新型コロナウイルスのパンデミックは、多くの職場でリモートワークや在宅勤務を促進しました。この変化により、デジタルツールの重要性が高まり、特にPDF編集ソフトウェアの需要が増加しました。これらのソフトウェアは、業務効率化やコミュニケーションの改善に大きく貢献しています。

活用事例としてのPDF編集ソフトの実用性:

  1. 業務報告書の作成と共有:
    • リモートワークでは、業務報告書やプロジェクトの進捗文書が頻繁に共有されます。PDF編集ソフトを用いることで、これらの文書を簡単に作成し、共有することが可能になります。
  2. コラボレーションの強化:
    • チームメンバー間でPDF文書を共有し、注釈やコメントを追加することで、意見交換やフィードバックが容易に行えます。これにより、チームのコラボレーションが強化されます。
  3. 契約書や合意書のデジタル署名:
    • 物理的な対面が難しい場合、PDF編集ソフトウェアを使用して、契約書や合意書にデジタル署名を行うことができます。これにより、遠隔地でもビジネスプロセスがスムーズに進行します。
  4. 文書のセキュリティ保護:
    • 機密情報を含む文書を扱う際、PDF編集ソフトウェアを使用して文書を暗号化し、パスワード保護を設定することができます。これにより、情報の安全性が確保されます。

フリーランスや個人事業主の公的文書管理

フリーランスや個人事業主にとって、契約書類や見積書などの公的文書の管理は業務の中心的な部分を占めます。デジタル化の進展に伴い、PDF編集ソフトウェアの利用はこの分野で特に重要になっています。

PDF編集ソフトウェアを利用した具体的な事例:

  1. 契約書の作成と編集:
    • フリーランスや個人事業主は、契約書や業務委託契約書などを頻繁に取り扱います。PDF編集ソフトウェアを使えば、これらの文書を容易に作成し、必要に応じてカスタマイズや修正が可能です。
  2. 見積書や請求書の発行:
    • 見積書や請求書の作成にもPDFが広く使われています。PDF編集ソフトウェアを使用することで、これらの文書を迅速かつ正確に作成し、クライアントに電子的に送付できます。
  3. デジタル署名の利用:
    • フリーランスや個人事業主は、契約書類にデジタル署名をすることで、書類の真正性を確保し、送付の手間を省くことができます。
  4. 文書のセキュリティと管理:
    • 機密性が高い業務文書を取り扱う場合、PDF編集ソフトウェアによる文書のパスワード保護や暗号化が重要です。また、文書の整理やアーカイブも容易に行えます。

PDF編集ソフトの使いやすさや機能性について

PDFファイルは、作成や共有に優れている一方で、編集には幾つかの問題があります。これらの問題は、PDF編集ソフトウェアを使うことで解決することができます。

PDFファイルは編集しにくい

  1. 管理者権限の欠如: PDFを作成したユーザーが他のユーザーの編集機能を有効にしない場合、編集が困難になります。
  2. ファイル保護: PDFがパスワード保護で暗号化されている場合、編集ができません。
  3. 不適切なプログラムでの作成: 古いまたは無効なプログラムで作成されたPDFは、編集が難しくなることがあります。
  4. 使いにくいPDFエディタ: 使用している編集ソフトウェアが複雑すぎる場合、編集作業が困難になります。

PDF編集ソフトウェアの優位性と機能

PDF編集ソフトウェアは、これらの課題に対処し、以下のような多様な機能を提供します。

  1. ページの編集: 文字の編集、画像や図形の追加、不要な情報の削除などが可能です。
  2. ページの結合・分割: 複数のPDFファイルを1つにまとめたり、長い文章のファイルを任意の場所で分割したりできます。
  3. ファイルの作成・変換: PDFを他のファイル形式に変換したり、逆に他の形式からPDFを作成したりできます。
  4. 電子署名の追加: デジタルコピーした署名の挿入やタイムスタンプによる変更履歴の追加が可能です。
  5. ウォーターマークの追加: ファイルの背景にウォーターマークを挿入し、無断配布や盗用を防ぐことができます。
  6. ファイルの保護: パスワード保護機能を使用して、PDFファイルの閲覧や編集を制限できます。

PDF編集ソフトを利用するメリット

  • 書類管理の効率化: PDFの編集が可能になることで、書類のコピー作成や別フォーマットへの変換などの手間を省けます。
  • データ改ざんの検出: 電子署名により、データの信頼性が向上し、改ざんを検出できるようになります。
スポンサーリンク

PDF編集ソフトで「UPDF」をお勧めする理由

ここからは「UPDF」をお勧めする理由についてお伝えしていきます。

UPDFをお勧めするポイント

UPDFは多機能で使いやすいPDF編集ソフトウェアです。その特徴を見ていきましょう。

UPDFにできること

  • テキスト編集: PDF内のテキストを編集したり、追加したりできます。
  • 画像編集: PDFに画像を挿入したり、既存の画像を編集・削除したりできます。
  • アノテーション機能: コメントやハイライト、図形をPDFに追加できます。
  • ページ管理: PDFのページを並べ替えたり、削除したりできます。
  • UPDF Cloud:異なるデバイスからひとつのデータにアクセスし、作業が途切れない
  • AI搭載のOCR:画像として保存されたデータから、テキストを抽出して編集・検索が可能に!
  • PDFのバッチ処理:あらゆるデータをUPDFを通してアクセスしやすい一つのデータにまとめることができます。
  • デジタル署名対応:ペーパーレスの時代に対応、公的文書も取り扱える電子署名が簡単に実現
AI機能では何ができる?

UPDFは、AI技術を統合した高性能なPDF編集ソフトです。このソフトの特徴としては、ユーザーフレンドリーなUI、直感的な操作性、そしてAIを活用した豊富な機能が挙げられます。

UPDFのAI機能でできること
  1. 要約: UPDF AIは、PDF文書を迅速に要約できます。
    全てのPDFファイルに目を通すことなく、簡単に内容を把握することができます!
  2. 翻訳: このツールは、PDFを迅速に翻訳し、あらゆる言語に即座に変換できます。
    海外文献などの調べ物に重宝、語学の勉強にも役立ちます。
  3. 説明: UPDF AIは、技術情報や教材、医学用語などをより理解しやすい形に変換します。
    難解な単語や専門用語が出てきても、その場で簡単に調べて注釈を入れることもできます。
  4. 作成: アイデアのブレインストーミング、文法チェック、スペルミスの排除、コンテンツの磨き上げ、新しい記事の作成などが1か所で行えます。
    直感的に、操作は簡単に、自分の思った通りに資料作りができます​。
  5. 汎用性: UPDF AIは、PDFドキュメントの範囲を超えて、さまざまなニーズに対応できる膨大なナレッジベースを活用しています。

プラグインで機能拡張もできる

UPDFでは、プラグインをダウンロードしてさらに機能を拡張することもできます。

先ほど紹介したAI機能とも連動して、PDF文書の読み取り内容をAIに要約してもらったり、そこからさらに資料作りや学習に発展させたりすることもできます。

しろくま
しろくま

生成AIを利用できることを考えると、将来的にはテキスト主体のPDFファイルを編集する際に、指定した場所に挿絵のように生成した画像を挿入することもできるようになるかもしれません。

UPDFを活用するシーン

ビジネス文書の編集

契約書や提案書などのビジネス文書を編集する際にUPDFを使用すると、テキストの追加や変更、画像の挿入がスムーズに行えます。

学術資料の整理

研究論文や教材などの学術資料に注釈をつけたり、重要な部分をハイライトしたりするのにUPDFが役立ちます。

プレゼンテーション資料の作成

プレゼンテーション用のPDF資料を作成する際に、UPDFを使用すると、ページのレイアウト調整やコンテンツの追加が簡単にできます。

UPDFは購入すべき?

UPDFの購入を検討している場合、価格やスペックを理解することが重要です。

UPDFのコスパに関する情報

UPDFを購入するかどうかを判断するには、価格や料金プランを見てみましょう。

UPDFの価格/料金プラン
  • UPDFの公式サイトによると、料金プランは複数あり、利用者のニーズに応じた選択肢が用意されています。
  • プランによっては無料版も提供されており、基本的な機能を試すことができます。
しろくま
しろくま

お得な価格でUPDFを購入するだけではなく、1年間プランを購入すれば14か月間サービスを利用することができます!

お得なプランを適応するためにも、必ず公式HPをチェックするようにしましょう。

UPDFのスペックに関する情報

UPDFの仕様や対応デバイス、バージョン情報を確認しましょう。

UPDFのスペック表
  • 対応デバイス: Windows、macOS、iOS、Androidなど。
  • バージョン: 定期的に更新される最新バージョンに対応。
  • 機能: テキスト編集、画像編集、アノテーション機能、ページ管理など。

UPDFの使用方法

UPDFの使用方法について簡単に説明します。

UPDFの設定方法

UPDFを利用する前に行うべき設定や準備について解説します。

  • UPDFをダウンロードし、インストールします。
  • 必要に応じて、アカウントを作成し、ログインします。
  • 初期設定を行い、必要に応じてカスタマイズします。

PDFファイルの編集方法

  1. PDFのテキスト編集:
    • UPDFを起動し、編集したいPDFを開きます。
    • 左のツールバーから「編集」アイコンを選択し、編集モードに入ります。
    • 編集したいテキストブロックを選択し、テキストを編集します。
  2. PDF画像の編集:
    • UPDFで編集可能な画像を含むドキュメントを開きます。
    • 「編集」アイコンをクリックして、画像編集ツールバーを表示します。
    • 画像に適用する操作(回転、切り取り、抽出、置換、削除)を選択し、実行します。
  3. PDFのページ編集:
    • 「ページを整理」アイコンをクリックして、ページ管理ツールを表示します。
    • 空白ページの挿入、ページの回転、ページの抽出や置換などのアクションを選択します。
PDFテキスト編集

PDF資料を利用して、PDF内にテキストを入力することも簡単。勉強内容のメモや、AIに出力してもらった翻訳などを簡単に挿入できます。

PDFだとテキストの選択範囲を指定することが難しいファイルも多いのですが、UPDFならテキストボックスとして認識されるので部分的にテキストを選択することも簡単にできます。

また、自分用の資料を作っている場合には、位置調整なども簡単にできるので、配布用の資料をさっと手直ししたい時にも簡単にできるので、数ページの冊子を作るときなんかはUPDFで作ってしまった方が簡単かもしれません。

PDFの画像も簡単に編集可能

実際に「UPDF」を利用した感想

「UPDF」の口コミ・評判

UPDFは、Adobe Acrobatと比較しても機能的に劣らず、価格面で非常にリーズナブルなPDFエディターです。多くのレビューで高い評価を受けており、特に以下の点が高く評価されています。

「UPDF」のポジティブな意見
  • 多機能性: UPDFはテキストの追加や削除、フォントや色の変更、画像の挿入や編集、ページの組み替えなど、PDFに関するほぼすべての操作が可能です。
  • 利便性と使いやすさ: シンプルなUIで直感的に操作でき、WordやPowerPointのような感覚でPDFを編集できます。スマホアプリも提供されており、外出先でも編集作業が可能です。
  • OCR機能: スキャンした文書を検索可能なテキストに変換でき、PDFを様々なファイル形式に変換することが可能です。
  • セキュリティオプション: パスワード保護やデジタル署名により、重要な文書のセキュリティを強化できます。
  • AI機能: ChatGPTをベースとしたAI機能により、PDFの自動翻訳や主要情報の要約・抽出、AIによる執筆・改稿・校正が可能です。
「UPDF」購入時に注意すること
  • 試用版の制限: 試用版では透かしが入る可能性があるため、全機能を利用する場合は有料版の購入が必要です。

実際に使用した感想・レビュー

AI機能は今後も進化する

記事執筆当時(2023年11月)は、利用しているAIはOpenAIのGPT-3というものでした。

UPDFのAI機能の目的は「PDF内のテキストを読み取る」ことなので、GPT-3でも十分だと思います。ちなみに、当サイトのコメントに自動投稿されている情報収集BotもGPT-3で生成しています。

ただ、GPT-3を含めて、PDFの長文読み取りは難しいので、PDFファイルが何十枚もある論文を読み取らせた後に内容について議論する、ということはまだまだ難しいと考えていいと思います。せいぜい、1枚の内容を要約するくらいです。

今後は教科書なども電子化されていくことを考えると、電子書籍1冊の内容から、自分が学びたい項目をAIとChatしながら学習していくというスタイルに変わっていくことが予想されます。

これだけなら、既存のAIサービスでも良いのですが、PDFファイルを編集する機能と組み合わせると、「教科書内の画像やテキストから資料を作成する」ことに応用できたり、あるいは自分が学んだ内容を注釈としてメモしておき、いつでもデジタルデータとして検索できるタグ付けが大事になってくると考えられます。

テキストや画像の編集精度もかなり高い

私は福袋ブログなんかを運営しているのですが、企業はプレスリリースでPDFを多用します。

PDFファイルを閲覧していると、「この画像を使って資料を作りたい」とか、「部分的にテキストを利用したい」ということがよくあります。しかし、PDFファイルの画像やテキストのコピーはうまくいかないことが多く、結局、スクリーンショットや手打ちで対処することになります。

また、PDFファイルを作った後に、少しだけ手直ししたい、という時にもPDF編集ソフトがあると便利ですが、UPDFはより直感的に、例えばWordやPowerPointなどで資料を作っているくらいの操作感で作業することができます。

企業ごとに「請求書」や「契約書」のフォーマットが決まっていることが多く、役所もペーパーレスの影響で申請書類を電子化してくれていることが多いのですが、これらがPDFであることが圧倒的に多く、結局「一度紙にダウンロードしてからスキャンする」と無駄な処理を間に挟むケースが増えてきています。

PDF編集ソフトがあると、PDFに直接書き込むことができるので、PDFフォーマットにそのまま記入してメールに添付して提出、なんてこともできるようになります。電子印鑑のようなものを用いれば公的な機関の書類としても通用するケースも増えています。

しろくま
しろくま

今回は別の目的で利用したい、という方も、一回限りの利用じゃなくて今後も使うことになると考えればどのプランを利用するか決めやすいですね!

Twitterの「PDF編集ソフト」や「UPDF」に関する情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「PDF編集ソフト/UPDF」と検索できます。

スポンサーリンク

まとめ:UPDFは「資料作成に必須レベルの編集ソフト」

最後までお読みいただきありがとうございました。

PDF編集ソフトの便利な点や、UPDFの特徴をまとめました。購入の参考になれば幸いです。

UPDFの特徴まとめ

ここまでの内容を踏まえて、どんな使い方をしたらいいか、利用するべきシチュエーションなどをまとめてみました。

「UPDF」の活用方法

  • 多彩なPDF編集機能: テキストの追加、削除、編集、フォントの変更、画像の挿入や回転などが可能​。
  • 変換機能: PDFをWord、Excel、PowerPointなどのファイル形式に変換できる​​。
  • 高度なセキュリティ: パスワード保護やデジタル署名により、文書のセキュリティを強化​​。
  • OCR機能: スキャンしたドキュメントを検索可能なテキストに変換​​。
  • AI機能: ChatGPTをベースにしたAI機能で自動翻訳や文書の要約・抽出、執筆・改稿・校正が可能​​。

PDF編集ソフトの「UPDF」を使うべき人、シチュエーション

  • ビジネスユーザー: 契約書や報告書などのビジネス文書の編集や保護に利用。
  • 学術研究者: 研究論文や教材の注釈付け、要点のまとめや翻訳に利用。
  • 多言語ユーザー: 複数言語の文書を扱う際の翻訳や要約に利用。
  • デジタルセキュリティを重視するユーザー: 重要な文書の保護やデジタル署名に利用。
  • 多デバイス利用者: スマホやタブレットでの編集や文書管理に利用。

UPDFに関するよくある質問

Q
UPDFはどのようなPDF編集機能を持っていますか?
A

UPDFにはテキスト追加、削除、編集、フォントの変更、画像の挿入・回転、ページの順番変更、削除、回転、抽出などの多彩な編集機能があります。

Q
UPDFはどのデバイスで利用できますか?
A

UPDFはWindows、Macだけでなく、iOSやAndroidデバイスでも利用できます。

Q
UPDFのセキュリティ機能にはどのようなものがありますか?
A

UPDFでは、PDFを開く時や編集時のパスワード保護、デジタル署名、暗号化オプションが利用可能です​​​​。また、PDF墨消し機能にも対応しています。

Q
UPDFにはどのようなAI機能がありますか?
A

UPDFは、PDFの自動翻訳、主要情報の要約・抽出、AIによる執筆・改稿・校正などのAI機能を備えています。

Q
UPDFでPDFを他のファイル形式に変換できますか?
A

はい、UPDFはPDFをWord、Excel、PowerPoint、CSV、リッチテキスト、テキスト、様々な画像形式、XML、HTMLなどに変換できます。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「教育 学院 青楓」に関する最新情報です。

    エン・ジャパンが主催する「青楓館高等学院」の教育改革プロジェクトでは、民間出身の「校長候補」を公募している。この学院は通信制高校サポート校として始まり、PBLプログラムなど実践的な教育を提供しており、将来的には独自の学校法人を設立し、全国展開を目指している。校長には教員免許は不要で、ビジネス経験や教育への熱意が重視され、年収1,000万円クラスの報酬が想定されている。教育改革に参加し、日本を世界一の教育大国に導くビジョンに共感する新しい教育者の応募を待っている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000782.000000725.html

  2. buchikuma-info より:

    「教育 ワークショップ ガイアックス」に関する最新情報です。

    ガイアックスの起業家教育事業責任者である吉川佳佑氏が、2月12日に広島県イノベーション推進チーム主催のワークショップに講師として登壇しました。このワークショップは「環境エネルギー×アントレプレナーシップ教育」をテーマにしており、県内の高校生や大学生が参加し、カーボンリサイクルという新技術を学びながら、新しい商品やサービスの考案を行いました。ガイアックスは起業ゼミという教育プログラムを展開しており、吉川氏は地域や団体の特色を活かしたオリジナルのプログラム作成に取り組んでいます。また、ガイアックスのスタートアップスタジオでは、起業家教育事業、インキュベーション事業、投資事業の3つの事業を提供しており、全国どこにいてもスタートアップに挑戦できる環境を目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000613.000003955.html

  3. buchikuma-info より:

    「ai ai デバイス ai 時代」に関する最新情報です。

    音声型AIデバイス「rabbit r1」が話題となっており、「AI時代のiPhone」としての変化が予測されています。このデバイスは、音声での操作や情報提供が可能であり、スマートフォンのような役割を果たすことが期待されています。今後、AI技術の進化とともに、さらなる変化が期待されます。

    https://www.lifehacker.jp/article/2401-tb-rabbit-r1/

  4. buchikuma-info より:

    「meat campaign discredit」に関する最新情報です。

    「ラボで育てられた肉を中傷する曖昧なキャンペーン」というタイトルの記事は、ラボで育てられた肉に対する新しい広告キャンペーンについて報じています。このキャンペーンは、物議を醸す広報会社と密接な関係を持つ団体によって運営されており、栽培肉についての公衆情報を提供することを目的としています。しかし、このキャンペーンは、植物由来の肉産業を非難するために使用された広報戦略を利用しており、栽培肉産業の支持者からは欺瞞的で非科学的なキャンペーンとして批判されています。

    このキャンペーンは、栽培肉産業を支持する団体であるCenter for the Environment and Welfare(CEW)によって2023年に開始されました。CEWの実行理事であり、食品飲料業界の利益を守る非営利団体を支援する公共関係会社Berman and CompanyのパートナーでもあるJack Hubbard氏がCEWを率いています。CEWの資金提供者のリストは公開されていません。

    CEWのキャンペーンは、栽培肉を育てるために使用される細胞を腫瘍細胞と比較し、化学物質で浸されるなどと主張するテレビ広告やウェブサイトを展開しています。しかし、これらの主張は、栽培肉産業の支持者から

    https://www.wired.com/story/cultivated-meat-pr-cew-center-environment-welfare-berman/

  5. buchikuma-info より:

    「meat campaign discredit」に関する最新情報です。

    「The Murky Campaign to Discredit Lab-Grown Meat」というタイトルの記事は、栽培肉産業を標的にした新しい広告キャンペーンについて報じています。このキャンペーンは、物議を醸す広報会社と密接な関係を持つ団体によって運営されており、栽培肉についての公衆情報を提供することを目的としています。しかし、このキャンペーンは、植物由来の肉産業を非難するために以前に使用された広報戦略を利用しており、栽培肉産業の支持者からは欺瞞的で非科学的なキャンペーンとして批判されています。

    このキャンペーンは、Center for the Environment and Welfare(CEW)という団体によって2023年に開始されました。CEWは、公共関係会社であるBerman and Companyのパートナーであるジャック・ハバードが率いており、食品飲料業界の利益を守る非営利団体を支援しています。CEWのウェブサイトと広告キャンペーンは、米国の消費者を教育することを目的としているとハバードは述べていますが、栽培肉産業の支持者であるGood Food Instituteの政策担当シニアバイスプレジデントであるジェシカ・アルミーは、CEWが誤情報の源であると主張しています。

    このキャンペーンは、栽培肉が学校の架空の科学展で子供によって

    https://www.wired.com/story/cultivated-meat-pr-cew-center-environment-welfare-berman/

  6. buchikuma-info より:

    「campaign campaign discredit discredit」に関する最新情報です。

    タイトル:ラボで育てられた肉を貶める曖昧なキャンペーン
    見出し:ラボで育てられた肉を貶める曖昧なキャンペーン、関連記事もご覧ください…
    トピック1:
    トピックのキーワード:キャンペーン、肉、ラボ、曖昧
    トップの段落:
    エンティティ:2024年1月18日午前7時、曖昧なキャンペーンは、教育を目的としたウェブサイトによって実施されており、CEWグループが主導しています。CEWグループは、Berman and Companyという企業のパートナーでもあるが、キャンペーンの資金提供者のリストは公開されていない。政策のシニアバイスプレジデントであるハバード氏は、CEWが肉が腫瘍のように成長し、CEWが腫瘍細胞を使用して肉を作り出していると主張している。Bloomberg Businessweekによると、CEWは少量の細胞から肉を容易に作り出す能力を持っている。無限の能力を持つとされるこの肉は、不老化した細胞から作られており、オーストラリアの食品規制当局とがん研究センターは、CEWのキャンペーンについて既に懸念を表明している。CEWに対する批判は、米国のキャンペーングループであるCenter for Consumer Freedom(CCF)も行っている。CCFが2020年のスーパーボ

    https://www.wired.com/story/cultivated-meat-pr-cew-center-environment-welfare-berman/

  7. buchikuma-info より:

    「給食 学校 学校 給食」に関する最新情報です。

    最近、学校給食が苦境に立たされていることをご存知でしょうか。近年、学校給食の内容が質素になっているという問題が世間で議論されています。2019年には東海テレビが名古屋市の学校給食を取り上げ、肉や魚の使用量が減少し、エビフライやデザートの提供回数が半減していることが報じられました。さらに、2023年10月には広島の学校給食を委託していたホーユーが破産手続きを開始し、全国各地で一時的に給食の提供がストップするなど、非常に厳しい局面を迎えています。これにより、一部の学校では混乱やトラブルが生じています。学校給食が置かれている苦境について、より多くの人々が知る必要があります。

    https://gendai.media/articles/-/122714

  8. buchikuma-info より:

    「事例 無料 ラボ」に関する最新情報です。

    福岡県春日市の事例をテーマにした第7回スマート公共ラボ活用事例セミナーが1月26日に無料で開催されます。さらに、3ヶ月の無料体験特典も付いています。このセミナーでは、住民の60%が利用している福岡県春日市の事例が紹介され、ChatGPT連携機能も試すことができます。セミナーはオンラインで行われ、参加申し込みはLINE WEBフォームから行うことができます。福岡県春日市の事例では、LINE活用によるプロモーションや子育て支援機能などが紹介され、公共ラボの活用方法が学べます。また、自治体職員や行政DXに関心のある方々にもおすすめのセミナーです。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000099.000028653.html

  9. buchikuma-info より:

    「ソフト フォント ソフトウェア」に関する最新情報です。

    モリサワクリエイティブソフトは、中国の大手ワンダーシェアーソフトウェアの動画編集ソフト「Filmora」に日本語やハングル、欧文フォントの提供を開始しました。モリサワは、高品質なフォントを使用して動画制作をサポートし、視聴者にわかりやすい情報を伝える役立つデザインを提供しています。また、モリサワとワンダーシェアーソフトウェアはパートナーシップを締結し、今後もソフトウェアの開発やフォントの提供を行っていく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000432.000010848.html

  10. buchikuma-info より:

    「ソフト フォント ソフトウェア」に関する最新情報です。

    モリサワクリエイティブソフトは、中国の大手ワンダーシェアーソフトウェアの動画編集ソフト「Filmora」に日本語、ハングル、欧文フォントの提供を開始しました。モリサワは、高品質なフォントを使用して動画制作をサポートし、視聴者にわかりやすい情報伝達を促進します。ワンダーシェアーソフトウェアは世界150か国以上で利用されており、2億以上のインストールがあります。モリサワのフォント提供により、Filmoraのユーザーはさまざまな言語での動画制作に活用することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000432.000010848.html

  11. buchikuma-info より:

    「教育 ビジネス 教育 ビジネス」に関する最新情報です。

    SIGNATE CloudとAoba-BBTは、DXビジネス教育コンテンツで協業し、厳選されたビジネス教育動画を視聴できるようになりました。この協業は、企業のDX推進人材の教育を強化するためのものであり、経済産業省や情報処理推進機構(IPA)のDX推進スキル標準に基づいたプログラムを提供しています。SIGNATE Cloudは、SIGNATEのDX人材育成プラットフォームであり、Aoba-BBTは長年にわたりビジネス教育に取り組んできた企業です。この協業により、DXリテラシーやヒューマンスキルなど、DX推進に必要なスキルを持つ人材の育成が進められます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000143.000038674.html

  12. buchikuma-info より:

    「アウト ワーク ワーク アウト」に関する最新情報です。

    Amazonのホリデーセールで、XiaomiのスマートウォッチやAnkerの体組成計など、健康をサポートするお得なワークアウトグッズが紹介されています。XiaomiのSmart Band 7は36%オフで販売中であり、AnkerのEufy Smart Scale P2 Proは乗るだけでカラダに関する16の項目を測定できます。さらに、マッサージボールや腹筋ローラーなどのワークアウトグッズも最大40%オフで購入できます。また、NTT sonority nwmというイヤホンも30%オフで販売されており、家族と話すことや声に気づくことができます。さらに、ザバスのソイプロテイン100 ココア味も40%オフで購入できます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyMy8xMi9hbWF6b24tdGltZXNhbGUtZmVzLTIwMjMtMTIxNy0yLmh0bWzSAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「リーダーズ 学校 学校 リーダーズ」に関する最新情報です。

    『FNS歌謡祭』第二夜のタイムテーブルが発表されました。出演者には新しい学校のリーダーズ、INI、ENHYPENなどが含まれています。番組は12月13日午後6時30分から約4時間30分にわたって放送されます。また、嵐の相葉雅紀さんと井上清華アナウンサーが司会を務めます。出演者や披露曲の詳細は公式サイトで確認できます。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_657910c5e4b0db9d2ab773db

  14. buchikuma-info より:

    「kddi 影響 福岡」に関する最新情報です。

    福岡でKDDIのスマートフォン通信障害が一時的に発生しました。この障害は西日本を中心に影響を及ぼしました。障害は11日の午前7時18分ごろに発生し、午前10時11分ごろに復旧しました。影響を受けたエリアでは音声通話やSMSの利用に問題がありましたが、現在は全面的に復旧しています。この障害により、利用者は電波の状況が悪くなり、インターネットの接続にも影響がありました。KDDIはお客様に深くお詫びし、迷惑をかけたことを謝罪しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vd3d3LmZicy5jby5qcC9mYnNuZXdzL25ld3M5NmU2anY5enVqYjFkNXdzeDYuaHRtbNIBAA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「事業 事業 可能性 可能性」に関する最新情報です。

    株式会社インタラクティブソリューションズの「生成AIパッケージ事業」が、東京都中小企業振興公社の事業可能性評価事業において「事業の可能性あり」と評価されました。この評価により、インタラクティブソリューションズは中小企業振興公社からの支援を受けることができ、事業の展開や支援を受けるための金融機関や販路の開拓などが行われます。生成AIパッケージ事業は、AIを活用して文章の作成や会話の理解などを支援するサービスであり、今後の成長が期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000019407.html

  16. buchikuma-info より:

    「news ai human app combines」に関する最新情報です。

    Capsuleの新しいアプリは、AIと人間の編集者を組み合わせてニュースをキュレーションする。このアプリは、AIと人間の編集者が協力してニュースを選び、編集することで、より信頼性の高い情報を提供することを目指している。Capsuleの新しいアプリは、ニュースをキュレーションするためのAI技術を活用し、人間の編集者がその情報を確認し、必要な修正や追加を行うことで、より正確でバランスの取れたニュースを提供することができる。このアプリは、ユーザーが信頼できる情報にアクセスできるようにするだけでなく、情報の偏りやバイアスを排除するためにも役立つ。Capsuleの新しいアプリは、AIと人間の編集者の組み合わせにより、より高品質なニュース体験を提供することが期待されている。

    https://techcrunch.com/2023/12/01/capsules-new-app-combines-ai-and-human-editors-to-curate-the-news/

  17. buchikuma-info より:

    「ai llms rise」に関する最新情報です。

    「Good old-fashioned AI remains viable in spite of the rise of LLMs」は、古典的なAIがLLMsの台頭にもかかわらず有効であることを示しています。過去には、機械学習が単一のタスクに特化したモデルを構築していたが、今でもそのようなタスクベースのモデルは健在であり、企業にとって有用であることが述べられています。AmazonのCTOであるWerner Vogelsも、「Good old-fashioned AI」を称賛し、実世界の問題を解決するために依然として重要であると述べています。

    https://techcrunch.com/2023/12/01/good-old-fashioned-ai-remains-viable-in-spite-of-the-rise-of-llms/

  18. buchikuma-info より:

    「ai ai powered anduril」に関する最新情報です。

    Andurilが開発した新しいドローンキラーは、AIを搭載した戦争に対応しています。このドローンキラーは、脅威を特定し分類し、必要に応じて攻撃する能力を持っています。ウクライナの紛争において、大量の安価なドローンが使用されており、Andurilの製品であるRoadrunnerは、これらのドローンに対抗するために使用される可能性があります。このドローンキラーは、高速で飛行し、自律的に目標を追跡し攻撃することができます。また、AIと自律性の重要性の上昇により、多くの国が軍事戦略を見直しています。米国防総省は、AIを活用した自律システムの開発を推進しており、中国の脅威に対抗するためにAIを組み込んだ技術の採用に取り組んでいます。ただし、AIの使用には適切な規制が必要であり、自律的な兵器の開発や使用を制限する必要があります。

    https://www.wired.com/story/anduril-roadrunner-drone/

  19. buchikuma-info より:

    「app ai wombo」に関する最新情報です。

    人気のあるDream by Wombo AIアプリの開発者が、AIアバターのための新しいアプリをリリースしました。この新しいアプリはWomboと呼ばれ、カナダのスタートアップ企業が開発しました。Womboは、1枚のセルフィーを使って複数のリアルなアバターを生成することができます。他のAIアバターアプリとは異なり、Womboは複数のセルフィーを提出する必要がなく、ほぼ即座に画像を生成することができます。WomboのCEOであるBen Zion Benkhinは、TechCrunchのインタビューで、ユーザーにスムーズな体験を提供したいと述べています。

    https://techcrunch.com/2023/11/30/makers-of-popular-dream-by-wombo-ai-app-launch-a-new-app-for-ai-avatars/

  20. buchikuma-info より:

    「オリヴェイレンセ ud ud オリヴェイレンセ」に関する最新情報です。

    横浜FCは、12月1日から限定111着の「三浦知良選手直筆サイン入り・2023-24 UDオリヴェイレンセ公式戦ユニフォーム」の販売を開始する。このユニフォームはポルトガル2部リーグのUDオリヴェイレンセ公式戦で使用されるもので、三浦知良選手の直筆サインが入っている。販売価格は77,000円で、サイズはLサイズから3XLサイズまで用意されている。購入は12月28日まで可能で、2024年1月下旬から2月上旬に発送される予定だ。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000044505.html

  21. buchikuma-info より:

    「fi wi wi fi」に関する最新情報です。

    岩国錦帯橋空港でセルフWi-Fiレンタルサービス「WiFiBOX」が12月1日から提供されることが発表されました。これは岩国錦帯橋空港で唯一のWi-Fiサービスとなります。WiFiBOXは株式会社テレコムスクエアが提供するモバイル通信クロスボーダーソリューションで、岩国錦帯橋空港の1階に設置されます。サービスは12月1日から開始され、利用者はWiFiBOXを借りることで岩国錦帯橋空港を利用しながらインターネットに接続することができます。このサービスは岩国錦帯橋空港を利用する旅行者やビジネスマンにとって便利なものとなるでしょう。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000340.000006419.html

  22. buchikuma-info より:

    「chatgpt ai ai 会話」に関する最新情報です。

    シャープは、コミュニケーションロボット「RoBoHoN」向けにChatGPTを活用した対話アプリ「AI会話」を提供することを発表しました。このアプリは、ロボホンらしい言葉遣いで回答を返すことができるようになっています。サービスは月額330円で提供され、2023年にリリース予定です。また、2022年には先行体験が行われ、100人のロボホンオーナーがサービスを試すことができました。ChatGPTを活用することで、ロボホンとの対話がより楽しめるようになります。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2311/30/news144.html

  23. buchikuma-info より:

    「12 iv libero」に関する最新情報です。

    Y!mobileは、12月7日に約2.2万円のミッドレンジスマートフォン「Libero 5G IV」を発売する。このスマートフォンは、約5000万画素のカメラを搭載し、5Gに対応している。また、約6.6型のディスプレイや初心者でも簡単に操作できるシンプルモード、詐欺や迷惑電話対策機能も備えている。カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色展開となっている。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2311/30/news154.html

  24. buchikuma-info より:

    「スタンプ 内陸 内陸 奥羽」に関する最新情報です。

    秋田内陸線・奥羽北線沿線で開催されている「魅力発見デジタルスタンプラリー」は、スマートフォンを使って参加できるイベントです。仙北市、北秋田市、大館市、弘前市など、計24か所のスポットを巡り、スタンプを集めて応募することができます。応募すると、豪華な賞品が抽選で当たるチャンスもあります。このイベントは、秋田内陸線と奥羽北線を利用しながら、沿線の魅力を発見する機会を提供しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSGh0dHBzOi8vd3d3LmNpdHkuaGlyb3Nha2kuYW9tb3JpLmpwL3Nhbmd5by9rYW5rb3UvMjAyMy0xMTIxLTEwMjMtNDIuaHRtbNIBAA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「de advogado advogado miguel」に関する最新情報です。

    弁護士のミゲル・ザイム氏が、フォルサ・タティカ(特殊部隊)の功績メダルで表彰されました。彼はマット・グロッソ州の警察本部長によって、警察機関への貢献が認められたため、この栄誉を受けました。また、フォルサ・タティカとの銃撃戦で1人の容疑者が死亡し、もう1人が負傷したと報じられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMifWh0dHBzOi8vd3d3LnVuaWNhbmV3cy5jb20uYnIvcmFkYXItbmV3cy9hZHZvZ2Fkby1taWd1ZWwtemFpbS1lLWhvbWVuYWdlYWRvLWNvbS1tZWRhbGhhLW1lcml0by1wcm90ZXRvci1kZS1mb3JjYS10YXRpY2EvMTAzMjY00gEA?oc=5

  26. buchikuma-info より:

    「fi wi wi fi」に関する最新情報です。

    AmazonブラックフライデーでおすすめのTP-Link製品のWi-Fiルーターを見直すべき理由について紹介されています。最新規格に対応した『Archer AXE5400/A』や話題の「タブレットみたいなWi-Fiルーター」もセール対象となっています。また、Wi-Fi 6対応のDexo X50/AやDeco XE75/Aなどもおすすめされています。さらに、EasyMeshを活用してデッドスペースを改善する方法も紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8vcmVhbHNvdW5kLmpwL3RlY2gvMjAyMy8xMS9wb3N0LTE1MDQ5MDAuaHRtbNIBN2h0dHBzOi8vcmVhbHNvdW5kLmpwL3RlY2gvMjAyMy8xMS9wb3N0LTE1MDQ5MDAuaHRtbC9hbXA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「apple ai apple employees」に関する最新情報です。

    元Apple社員のConrad Kramer、Ari Weinstein、Kim Beverettは、デスクトップにAIをもたらすための新しいスタートアップ企業であるSoftware Applications Incorporatedを立ち上げました。彼らの目標は、生成型AIを活用したデスクトップ向けの革新的なソフトウェアを開発することです。彼らはまだ製品を公開していませんが、OpenAI GPTやMeta Llama 2などの大規模な言語モデルのプロトタイプを作成しています。彼らは、80年代や90年代のコンピュータを使っていた時の魔法を再現することを目指しており、使いやすく柔軟なソフトウェアを作るためにAIや言語モデルを活用しています。彼らはデスクトップでの作業効率を向上させることに興奮しており、デスクトップに特化したソフトウェアに注力しています。彼らは現在、デザイナーや機械学習の専門家を含む10人の従業員を採用する予定です。彼らはすでに650万ドルの資金調達を行っており、成功した過去の経験も彼らを支えています。彼らは生成型AIの競争に興奮しており、Apple社を離れて新しいプロジェクトを始めることになった理由について語っています。彼らはデスクトップ向けの個人化されたAIシステムを構築することに情

    https://news.google.com/rss/articles/CBMicWh0dHBzOi8vd3d3LnRoZXZlcmdlLmNvbS8yMDIzLzExLzI5LzIzOTgxODAyL3NvZnR3YXJlLWFwcGxpY2F0aW9ucy1pbmMtd29ya2Zsb3ctc2hvcnRjdXRzLWFwcGxlLWVtcGxveWVlcy1zdGFydHVw0gEA?oc=5

  28. buchikuma-info より:

    「neowiz neowiz プレスリリース rpg」に関する最新情報です。

    韓国のゲーム会社NEOWIZが開発したソウルライクアクションRPG『Lies of P』が、Appleの「2023App Store Awards」で「今年のベストMacゲーム」に選ばれました。このゲームは、韓国でのリリース後、国内外のゲーム賞でも多くの受賞歴を持っています。また、ゲームはPCやコンソールプラットフォームだけでなく、Mac App Storeでもプレイすることができます。『Lies of P』は、古典的な童話「ピノッキオ」の解釈をベースにした興味深いストーリーと、優れたグラフィックが評価されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDE0NDkuMDAwMDEwOTg4Jmc9cHJ00gEA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「ai ai powered chatbot」に関する最新情報です。

    タイトル: Amazonが企業向けのAI搭載チャットボット「Q」を発表
    見出し: Amazonが企業向けのAI搭載チャットボット「Q」を発表
    トピック1:
    トピックのキーワード: AI AI搭載チャットボット 搭載 搭載チャットボット Amazon Amazonが発表 企業 チャットボット 企業が発表
    トップの段落:
    エンティティ: Amazonが企業向けのAI搭載チャットボット「Q」を発表
    キーワード: Amazonが企業向けのAI搭載チャットボット「Q」を発表 AWSの顧客向けに「Q」という名前のAI搭載チャットボットを導入するAmazon

    エンティティ: Amazonが
    キーワード: AmazonがAI搭載チャットボット AWSの顧客向けに「Q」という名前のAI搭載チャットボットを導入する

    https://techcrunch.com/2023/11/28/amazon-unveils-q-an-ai-powered-chatbot-for-businesses/

  30. buchikuma-info より:

    「22 22 workforce profitability」に関する最新情報です。

    ドイツのマイクロモビリティ企業であるスクータースタートアップのTier Mobilityは、22%の従業員を解雇し、収益性を達成しようとしています。CEOのLawrence Leuschnerによると、これによりコスト削減が行われ、収益性を追求する過程が終了すると述べています。これは、Tierが成長と拡大の過程で過去の年に多くのスタートアップやスケールアップが学んだように、収益性を達成するためには運営上の損失を減らす必要があるということを示しています。

    https://techcrunch.com/2023/11/28/scooter-startup-tier-lays-off-22-of-workforce-to-reach-profitability/

  31. buchikuma-info より:

    「20 20 million additive」に関する最新情報です。

    MENA地域を拠点とする3Dプリンティングとデジタル在庫プラットフォームのImmensaが、2000万ドルを調達しました。Immensaは、3Dプリンティング技術を活用して製造業界に革新をもたらすことを目指しており、デジタル在庫管理システムを提供しています。この資金調達により、Immensaは事業拡大と技術開発を進める予定です。

    https://techcrunch.com/2023/11/28/immensa-a-mena-based-additive-manufacturing-and-digital-inventory-platform-raises-20-million/

  32. buchikuma-info より:

    「セキュリティ ai cisa」に関する最新情報です。

    米国セキュリティ庁(CISA)と英国国立サイバーセキュリティセンター(NCSC-UK)は、AIシステムの開発者向けにセキュリティ対策ガイドラインを発表しました。このガイドラインは、不正アクセスからデータを守るためのセキュリティ対策についてまとめられており、23の組織が共同で締結しました。AI開発においてセキュリティが後回しにされる傾向があることが指摘されており、ガイドラインはセキュリティを開発の初期段階から考慮する必要性を強調しています。このガイドラインは、AIシステムの設計、開発、運用、保守の各段階におけるセキュリティ要件や具体的な対策について詳細に説明しています。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2311/29/news070.html

  33. buchikuma-info より:

    「de et acté」に関する最新情報です。

    ゴールドマン・サックスとアップルの提携が失敗に終わり、離婚手続きが進行中であることが報じられています。アップルはゴールドマン・サックスに対し、契約を解消する提案を送り、ニューヨークのゼネラルモーターズとのクレジットカード契約も終了し、住宅リフォームローンの事業を売却する意向を示しました。ゴールドマン・サックスはアップルとの提携において、利益がカリフォルニアに流れる一方で、不正利用による損失がニューヨークに集中していることに気付き、2020年以降で30億ドル(約270億円)以上の損失を出していると報じられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMilQFodHRwczovL3d3dy5sZW1vbmRlLmZyL2Vjb25vbWllL2FydGljbGUvMjAyMy8xMS8yOS9lbnRyZS1nb2xkbWFuLXNhY2hzLWV0LWFwcGxlLWwtZWNoZWMtZXN0LWFjdGUtZXQtbGEtcHJvY2VkdXJlLWRlLWRpdm9yY2UtZW5nYWdlZV82MjAyOTI4XzMyMzQuaHRtbNIBAA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「ex プチラマ プチラマ ex」に関する最新情報です。

    TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』がプチラマEXシリーズに登場することが発表されました。メガハウスから「プチラマEX僕のヒーローアカデミア Type-Decision」が2024年11月下旬に発売される予定です。このシリーズでは、緑谷出久、爆豪勝己、死柄木弔の3種類の彩色済みジオラマフィギュアが展開されます。価格は2,200円(税込)です。プチラマシリーズ特設サイトでも詳細情報が公開されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000737.000005808.html

  35. buchikuma-info より:

    「cybereason セキュリティ リーズン」に関する最新情報です。

    サイバーセキュリティ企業のサイバーリーズンは、モバイルセキュリティ製品「Cybereason MTD (Mobile Threat Defense)」の機能を大幅に刷新し、販売を開始した。この製品は、XDRとの連携やSASEの併用により、多層防御を実現している。サイバーリーズンは、セキュリティプラットフォームを提供することで、国内外で攻撃対策にAIを活用している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwNDcuMDAwMDg4MTQwLmh0bWzSAQA?oc=5

  36. buchikuma-info より:

    「de de niro niro」に関する最新情報です。

    俳優のロバート・デ・ニーロが、トランプ氏に対する批判を含まない賞賛のスピーチをしたことについて、Appleが検閲を行ったと非難しています。デ・ニーロはGotham Awardsでのスピーチで、Appleのプロデューサーであることから、彼のスピーチの一部が削除されたと主張しています。Appleはこれについてコメントしていません。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMikAFodHRwczovL3d3dy5zcGllZ2VsLmRlL2t1bHR1ci9raW5vL3JvYmVydC1kZS1uaXJvLXdpcmZ0LWFwcGxlLXplbnN1ci12b3Itd2VnZW4tbGF1ZGF0aW8tb2huZS10cnVtcC1rcml0aWstYS01MDkyMWM5OS00NWNmLTRiMTEtYTQ1ZS1jODNiNmE4ZTlhNWbSAQA?oc=5

  37. buchikuma-info より:

    「ラプンツェル bleu en」に関する最新情報です。

    ファッションブランドLANVIN en Bleuが、「塔の上のラプンツェル」をテーマにしたかわいらしいバッグとスマホショルダーを発売することを発表しました。このシリーズは、LANVIN en Bleuらしいスタイルでプリンセスのような気分を味わえるデザインとなっています。バッグはトートバッグで、価格は31,900円。スマホショルダーには、ラプンツェルの塔のプリントとパスカルのチャームが付いており、価格は22,000円です。これらのアイテムは、2023年12月1日から発売されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000105204.html

  38. buchikuma-info より:

    「32 32 800 800」に関する最新情報です。

    Amazon.co.jpでは、MSIのIntel Z790とWi-Fi搭載LGA1700対応マザーボードが43%オフの32,800円で販売されています。このマザーボードは、14世代のチップセットやM.2 6Eなどの機能を備えており、効率的な冷却機構も備えています。このセールは12月13日まで行われていますので、興味のある方は早めにチェックしてみてください。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDIzMTEyNy0yODI3Njg2L9IBAA?oc=5

  39. buchikuma-info より:

    「ペンタブレット 22 液晶 ペンタブレット」に関する最新情報です。

    XPPenの液晶ペンタブレット「Artist 22 Plus」は、筆圧レベル16,384に対応しており、長時間の作業も快適に行えます。21.5インチの大画面で広色域なディスプレイを搭載しており、正確かつ高精細なストロークを実現します。フルフラットなデザインで使いやすく、角度調整が可能な一体型スタンドも付いています。また、VESAマウントにも対応しており、市販のモニターアームと組み合わせて便利に使用することができます。XPPenの公式ストアやAmazon、楽天などで購入することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiI2h0dHBzOi8vZ2V0bmV3cy5qcC9hcmNoaXZlcy8zNDYzNTQ10gEA?oc=5

  40. buchikuma-info より:

    「na displej se」に関する最新情報です。

    Appleは、他人のiPhoneをのぞき見するスパイに注目しています。側面から見ると画面がぼやけるようになります。Appleは、プライバシー保護のために画面を特殊なフィルムで覆う特許を取得しました。この特殊なフィルムは、直接の視線からのみ光を放射し、側面から見ると何も見えないか、ぼやけた画像しか見えないようになります。これにより、他人が画面をのぞき見することを防ぐことができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMinQFodHRwczovL21vYmlsbWFuaWEueml2ZS5jei9jbGFua3kvYXBwbGUtc2UtemFtZXJpLW5hLXNtaXJha3kta3RlcmktY2l2aS1kby1jaXppY2gtaXBob251LXotYm9jbmloby1wb2hsZWR1LWJ1ZGUtZGlzcGxlai1yb3ptYXphbnkvc2MtMy1hLTEzNTg5NDEvZGVmYXVsdC5hc3B40gEA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました