Amazonプライムデー開催中、6/22まで!

2021年のAppleMusicの対抗馬を探る

スポンサーリンク

AppleユーザーでもYouTube Musicがお勧め、という記事を書いて数年が経ち、流石にそろそろ新しい情報を仕入れようかと思いたち、記事としてまとめる所存です。

AppleユーザーでもYouTube Musicが最適解となり得る理由
Apple Musicを使い込んで何年か経ちますが、YouTube Musicがお得であることに気がつきました。Google Play Musicを統合したYouTubeのサブスクリプションも開始されており、ますますGoogleサービスが拡大されることが期待されます。比較した内容をまとめてみました。
ぶちくま
ぶちくま

私はiPhoneユーザーなので、基本的にはAppleユーザーが使いやすいサービスを探していきますが、Android系のスマホを利用している方が「Apple Musicもアリなのか?」と疑問が思った時には比較に利用していただけるとわかりやすいと思います。

スポンサーリンク

音楽サブスク系サービスの2021年の動向を探る

音楽サブスクのApple Music以外の選択肢

毎年更新したいとは思いますが、更新日時での最新情報をまとめておきます。

各社比較早見表

目視での確認で、記事更新が追いつかないのであくまでも参考値としてご確認ください。

項目YouTube MusicSpotifyApple MusicAmazon Music UnlimitedLINE MUSICAWA
月額料金:個人iPhone: 1,280円 Android: 980円
980円、(Premium DUO) 1280円980円980円960円960円
月額料金ファミリーiPhone: 1,950円 Android: 1,480円
1580円1480円1480円1400円
配信楽曲数未発表5000万曲以上7500万曲以上7000万曲以上7400万曲以上8000万曲以上
無料プランありありなしありありあり
転送速度(音質)256kbps320kbps256kbps320kbps,(HD)850kbps,(ULTRA HD)3730kbps320kbpsExcellent(320Kbps)

寸評おすすめ:AppleMusicが一歩リード

記事を書き上げる前は「YouTube Music推しだわな」と思っていたのですが、執筆中の「ALAC・空間オーディオ配信、追加料金なし」のニュースに胸が躍って、お勧めは「AppleMusic」にしました。

ぶちくま
ぶちくま

もともと、コスパはよかったので「iPhone利用」なら間違いなし、でもAndroidのことも考えるとね、という評価だったのですが、音質と体験の提供は大きい。

しろくまさん
しろくまさん

Amazonは音楽配信の枠組みを超えたトータルで考えるとおすすめなんですけどね、利用者を想定しないでサブスクの利用価値だけで考えるとおすすめまではできない。

Apple Musicはスタンダードをキープ

AppleMusicには別途サービスの解説記事などを用意します。ここでは要点だけ。

  • 対応楽曲数、利用料ともに「スタンダード」
  • Apple WatchHomePodなど、利用できるAppleデバイスは増え続ける
  • 純正デバイスでの使用感は最高級でかつ割安
  • 音質面では2021年に「Apple Lossless配信」に対応し、アーティストが収録したそのままをAppleMusicで再生可能に
  • 「空間オーディオ」で新しい音楽体験を提案
  • ファミリー利用AppleOneを使えば、AppleArcadeAppleTVも格安に楽しめる

Appleユーザーは、Appleデバイスを使ってAppleの情報さえ追っておけば損はしないので情報収集面でも労力的にも楽チンでいいのですが、ブロガーとしては同じところに腰掛け続けるのはいかがなもんなんだ、というのもあるので、Google系サービスにもアンテナ貼ってます。

しろくまさん
しろくまさん

普通のユーザーとしては「入ってくる情報を制限する」ことも大事だと思うので、Appleの安定感は一般家庭が平和に暮らす上ではお勧めだと言えます。

Listen on Apple Music

Apple Musicの使い勝手が知りたい

Apple Musicを長年使ってきた感想などをまとめました。駄文系です。

AppleMusicをお勧めしたいポイント
Apple Musicのセールストークのようなことをしてみようかと思ったら、人生の安売りみたいな文章ができあがっちまった。こんな世の中だからこそ、音楽が必要なんだと心が叫んでる。

YouTubeは2020年のGooglePlayMusic廃止から統合の道を

Google Play Music、私も期待してAppleMusicと並行してプレイリストなどいじっていたのですが、2020年にサービスを終了し、YouTube Musicと統合することになりましたジーザス。

しろくまさん
しろくまさん

蓋を開けてみれば、これまでも最高峰だったGoogle Play MusicにYouTubeのサービスも統合されただけなので、サービスの量は増えた感じ。

ぶちくま
ぶちくま

使い勝手も、悪くはないんだけど、若干ごちゃついたのとMVなどに時間を取られるようになったので、音楽は音楽でいいな、と毎日反省しながらMV見てる。

YouTube Musicについて知っておきたいこと|iPhoneユーザー
私自身はAppleユーザーでバリバリにApple Musicも使用しているのですが、ブラウザ環境でも簡単に楽しめてしかも無料のYouTube Musicはとりあえず利用しておいた方がいい、という内容になります。

新勢力はあるのか

私の中での選択肢は、AppleMusicか、YouTube Musicの二択です。ここに「Amazonプライム会員」の属性を持つ方と「ハイレゾ環境を構築したい方」は「Amazon Music」の可能性が追加されます。

そのほかの新勢力に関しては、検討の価値があるかどうかだけ簡単に触れておきます。

Amazon Music

新勢力ということはないのですが、全く触れないと「ちゃんと調べてんのか」とお叱りを受けそうなので。

Amazonプライム会員なら、AmazonMusicのプライムプランを利用可能に。イージーリスニングなら十分にこなせるくらいで、逆に音楽ちゃんと聴きたい場合は楽曲提供数は物足りないので、対抗馬として考えるなら「Unlimited」プランからとなります。

プライム会員から抜け出せなくなる3つの罠|ポイントとビデオが泥沼
いつの間にかプライム会員になっていたという話。会員になると、ビデオ見れるし、外に出なくてもほぼ全ての買い物がこなせる上に送料無料。罠で入会したのに、使い倒そうと計画するのはなぜ。
Amazonアンリミテッドサービス比較【KindleとMusic】
2021年のプライムデーは無料期間が普段よりも長く設定されており、大変に気になる「AmazonMusic」のことや、雑誌などを定期購読している方におすすめしたい「Kindle Unlimited」などの情報をまとめています。
ぶちくま
ぶちくま

後述しますが、AWAなどの「アーティスト購買形式での聞き放題」などとの併用で真価を発揮したりもします。「必要分だけ選ぶ」ができるなら、「プライム」会員と他のサービスとの併用もありかも。

海外は先行して「ロスレス」が無料に

ちなみに、日本での対応がどうなるかは分かりませんが、Amazon Musicの有料プランには「Unlimited」と「HD」があります。HDは、いわゆるロスレス音源での配信となり、つまり音源圧縮による音質劣化がない、CDレベルの音質で楽しめるというもの。

音源としては「HD(High Definition」からさらに上位互換の「ULTRA HD」の提供も開始。対応楽曲数は少ないですがCD以上の品質での配信となるので、再生するスピーカーにも拘りたくなるところです。

今後は「360 Reality Audio」で新しい音楽視聴体験ができるものの、スピーカー再生に対応するなどが期待されているようです。ユーザー数が多いこともあり、発展の余地が無限大に広がっています。

LINE MUSIC

楽曲数は7,400万曲で同価格帯の音楽配信サービスとしては及第点。

音楽配信サービスの面よりも、「LINE」との連携で「みんなと共有」したり「呼び出し音」として利用できたりとリア充仕様の設計。私には全く響かないが、LINEで「私って音楽とか嗜むんだよね」アピールがしたい場合には選択肢に入るのかもしれない。

あとは、シンプルにミュージックビデオなどの配信数もあります。

LINEは経済圏を作っていることもあるので、経済圏で生活する方ならポイ活の一環として採用することもありかもしれません。

LINE経済圏に財布を預けて大丈夫? お得な生活方法と将来性
LINE経済圏についての情報をまとめています。LINE Payの将来性やソフトバンク(Zホールディングス)との合併がどのような影響を与えるのか、LINEアプリの発展と、ブロックチェーン利用など雑多に。

Spotify

音楽聴き放題で無料プランの金字塔。

これをやられたら他のサービスがとてもじゃないけどやっていけないよね、って数年前に書き込んでから、なんやかんや他のサービスと共存しているのが現実。

しろくまさん
しろくまさん

「音楽を無料で聴く」っていうことはすでにYouTubeがやってきたから、もうそんなに需要がないんだろうね。

ぶちくま
ぶちくま

特別な視聴体験として、「Appleは自社デバイスとの親和性」「YouTubeは動画とAndroidの融合」、「AmazonはAlexaとプライム会員」という強みを持ちながら、さらにその特徴を伸ばす形で維持・成長した中で、いまいち強みがわからんのがSpotify。

「無料でここまでできる」が強みにならないこれからの時代でどう戦うかが注目。

AWA

配信楽曲数は8,000万曲を超える日本の大手音楽配信サービス。

サイバーエージェントとエイベックスの共同出資で立ち上がった会社らしく、アプローチをかけるなら「クリエイター・アーティスト側」から。配信独占などで地位を保ってきましたが、昨今、音楽配信事業自体が「サブスク」の流れを受け止めざるを得ず、有名アーティストが軒並みサブスク解禁を発表してAWAの独自性が崩れつつある。

アーティストプランで「差別化」から「共存」へ

現在は、使いやすいプランとして「学割」はもちろんのこと、「アーティストプラン」として、270円で1アーティスト無料になるプランも使える。

これは、言い換えると他のサブスクとの共存策みたいなもんで、他のサブスクでほぼ無料で聴ける中、「このアーティストだけはちゃんと聴きたい」を購入させるプランだといえます。

後述しますが、今は「イージーリスニング」で適度に音楽との距離感を保ちながらも、アクティブに時間を割いて「好きな音楽を聴く」という時間配分についてもリスナーは考えていく必要があります。

イージーリスニング分野は他のサービスに任せて、アクティブに音楽と向き合いたい時にAWAを使ってもらえるような施策、という感じで解釈しています。

スポンサーリンク

パターン別、お勧めの音楽サブスクリプションを考える

音楽サブスクを選ぶポイント

音楽サブスクリプションとの付き合い方として、最新の動向を踏まえながら好き勝手に論じていきます。間違った情報があればコメントしておいていただければ、随時反映させていきます。

ぶちくま
ぶちくま

音楽との付き合い方も、千差万別、百花繚乱、唯我独尊。子々孫々。色々あっていいからこそ、自分に合った方法などありましたらぜひぜひコメントください。

高品質で音楽を聴きたい

まずは、気になる音質の話。早い話が「ハイレゾ」系の話ではあるのだけど、音楽の体験はまた別次元に進み始めている感じはする。

ハイレゾのサブスクは高いだけ? moraとAmazonの比較
ハイレゾサービスもサブスクに参入してきていますが、Amazonとmora、どちらがいいのか比較してみました。結論としては、「そもそも、ハイレゾをサブスクで」みたいなところにいきついています。

高音質とは

音質の基本は「kbps」というデータになります。これはデータの転送速度のこと。音楽配信の場合は、シンプルにこのデータ転身速度の値の大きさで音質を比べます。

加えて、音楽配信の上で重要になるのは「圧縮形式」です。これは「エンコーダ」「フォーマット」あたりの情報。フォーマットとしては、AACやMP3、Appleロスレス、FLAC、AIFF、WAVあたりが主流。

AIFFとWAVに関しては非圧縮フォーマット。AppleロスレスとFLACが「ロスレス圧縮」で概ね原音に近い圧縮形式。AAC、MP3はロッシー圧縮といい、圧縮割合によって音質が劣化していきます。

ややこしい単語にBluetoothのコーデックの話がありますが、ここではあまり関係ないので省略。

ハイレゾを再現するために必要になるアイテム「自己満」
ハイレゾに拘ろうかやめようか悩んでいる私が、「やっぱり揃えようとなると大枚叩かないとな」とゲンナリする製品情報をまとめています。

Appleはハイレゾ/ロスレスに追加料金なしで対応

ちょっと下調べついでだったのですが、AppleMusicが完全にロスレス対応していました。

Apple Music、ドルビーアトモスによる空間オーディオを発表、さらにカタログ全体がロスレスオーディオに

Appleが音楽事業から手を引くことは絶対にないとは思っていましたが、HomePodの生産中止を受けて「方向性を間違えたか」と不安になっていたところにこのニュース。iPodから受け継ぐ音楽因子はしっかりと残っていたようです。

ぶちくま
ぶちくま

ALAC(Apple Lossless Audio Codec)によるほぼ全てのカタログ対応は、音楽配信事業としては他のサービスに水を開けるくらいには衝撃的。言い換えると「CDの時代」が完全に終わりを告げるくらいのニュースです。

しろくまさん
しろくまさん

ALACで配信されるなら、HDDをパンパンに膨らませていたCDから取り込んだALACデータが削除できるということですからね。

高音質視聴から体験への変革

ある意味では、音楽配信のサービスとして「高音質」が一区切りつけられたということでもあります。

Appleがアーティストから受け取った音楽データを、ほぼ同じ状態でリスナーに配信しているわけなので、これ以上の「高音質」が存在しなくなるわけです。

とはいえ、リスニング体験に更なる付加価値をつけることになるのが「空間オーディオ」の提供になり、また新しいステージへと誘ってくれております。

空間オーディオとは

空間オーディオは、アーティストがファンに向けて、真の多次元サウンドと鮮明さを備えた臨場感あふれるオーディオ体験を作り出す機会をもたらします。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/05/apple-music-announces-spatial-audio-and-lossless-audio/

空間オーディオの場合は、後半で紹介する「360 Reality Audio」の「原音に奥行きを出す音響技術」というよりはDolby Atmosのような「立体音響が原音」のものをそのまま配信するサービスになるんじゃないかと思いますが、この辺りの詳しいことはこれから調べます、すいません。

対応機種

H1チップまたはW1チップを搭載したすべてのAirPodsとBeatsのヘッドフォン、および最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカー

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/05/apple-music-announces-spatial-audio-and-lossless-audio/
360 Reality Audio

最終的には別記事に移動することになるとは思いますが、情報収集ついでにここにログを残しておきます。

Appleの「空間オーディオ」と競合することになるであろうサービスは、SONYの「360 Reality Audio」になると考えられます。ただ、これはサービスというより新しい音楽提供の形態に近いのかもしれない。

360 Reality Audioは、オブジェクトベースのソニーの360立体音響技術を使った新しい音楽体験です。

ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけ、球状の空間に配置。

アーティストの生演奏に囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感できます。

https://www.sony.jp/headphone/special/360_Reality_Audio/

360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)

これは、基本的には「空間録音」技術、オーディオ機器、アプリケーションなどの複合的なアプローチから、どの切り口からでも新しい体験ができる、というようなものです。たぶん。

とにかくたくさんの音楽を聴きたい

楽曲数で言うなれば、YouTube Musicに敵うものはありません。

YouTube Musicは無限に音楽が増え続ける装置

これまでのGoogle Play Musicの提供楽曲数というベースがありながら、YouTubeの配信コンテンツから音楽データを抜き取ったものまでが曲数として数えることが可能なので、言ってしまえばミュージシャン・クリエイターの数だけ楽曲数が増え続けます。

ぶちくま
ぶちくま

楽曲配信でYouTubeを無視する人は、もう収益性を無視したボランティアしているみたいなもんだからね。(そんなことはない)

しろくまさん
しろくまさん

多くの人に楽曲を届けたいのであれば、YouTubeを利用しない手はないですからね。

アマチュアからプロ、さらにはオリジナルからカバー、リミックスなんかも含めたら、本当に無限大に展開するわけです。

  • AppleMusic:7,500万曲
  • YouTubeMusic:7,000万曲

コスパ最高を考える

月額利用料金を軸に最適な音楽サブスクサービスを考えていきます。

980円が一般ライン

コスパとしては、1楽曲あたりいくらで聴けるのか、というアプローチも可能なのですが、ほとんどの場合「自分が聞かない音楽」で割増されるだけなので、公表楽曲数の多さは、我々の音楽QOLにはあまり関与しません。

もちろん、たくさんの楽曲があった方が「自分にとっての最高の音楽」に出会える可能性は高いのですが、音楽の好み自体が変動するし、自分の向き合い方次第なので、やはり量より質。質としても、音楽の質だけではなく「体験の質」をより重視していく傾向にあると思います。

ぶちくま
ぶちくま

音楽って、「いい音楽を聴く」のは大事なんだけど、「いつ聴くか」「誰と聞くか」ですごく価値が変わるんだよね。いい本を読むは内的世界の充実なんだけど、いい音楽を聴くのは「内的」「外的」どちらも相互に高める触媒なんだよね。

さて、とはいえのべつまくなし、手当たり次第にサブスクサービスをかじるのも時間の無駄でありお金の無駄。ぶっちゃけていえば音楽のコスパはどこも大差ありません。

有料サービスならプライム会員が安い

Amazon Musicだけは「プライム会員」の関連があるので少し別の括りになるのですが、他のサブスクは概ね横ばい。YouTubeが動画を含めると抜きん出るし、AppleはAppleOneのファミリープランを使えばTVプログラムもゲームもできるからお得。

コスパに関しては、音楽と一緒に楽しみたい「何か」を軸に決める必要があります。

無料ならSpotifyかYouTube

無料の音楽なら、音楽だけを楽しむなら「Spotify」で、動画も含めるならYouTube。Androidスマホのことを考えると8割くらいの方にはYouTube Musicをお勧めします。

無料の代償が大きいことを知る

ただ、動画閲覧も含めると、人生の大局を見ると「時間の喪失」が多くなります。Googleは広告もえげつないので「気がついたら音楽じゃなくて広告閲覧に時間を使っていた」まであり得るし、その方向性に持っていきたいのがGoogleなので、「見えざるリスク」は大きいことはお伝えしておきます。

ぶちくま
ぶちくま

これからの時代を生きる子供って、この「見えざるリスク」のある「無料サービス」によって人生を台無しにしていくことが容易に想像できるから、我が子くらいは取捨選択できるスキルを身につけて欲しいな、とは思いますよね。

余談でしたが、適切にお金を払うことは、「見えざるリスク」の予防策にはなるので、親が子供に買い与える場合はファミリープランなどを利用して家族全員で生活の質を高めていく選択をしたいところです。余談ですけどね。

独自のサービスを突き進む

独自のサービスとしては、Appleが音質面で半歩リード、Amazonも高音質プラスαで飛び抜けムード。動画の神様YouTubeはさすがだとして、案外、それぞれの独自性を生かしながら展開しています。

ぶちくま
ぶちくま

個人的には、サブスクリプションはだらだら契約せずに数ヶ月おきに入れ替えて使用してみるのがお勧め。

音楽はサブスク、は今後も変わらないし、アーティストへの還元と広告事業と他のサービスへの導線配備ってところで各社が工夫しているだけだから、自分に合うものもその都度変わることを念頭に置いて、「他も試してみよう」で自在に移動できるスキルが我々リスナー側には必要なんだと思います。

手持ちの音楽環境を生かす

音楽を聴くとき、最近では多くの方が「スマホ」と「イヤホンorヘッドホン」という環境で聞かれているようです。

しろくまさん
しろくまさん

音楽は構えて聴くものではなくなったのかもね。

ぶちくま
ぶちくま

私はイヤホンでは耳が痛くなるし、ヘッドホンは首が痛くなるので、大体スピーカーですね。

聴き方が変わると、求められる音質も再生機器の相性も考える必要はあるのですが、その辺りを「いかにルーズに」「しかし快適に」「より楽しく」音楽と付き合えるか、というのは案外ポイントなんじゃないかな、と思っています。

音質は「いい方がいい」と思いがちですが、音質がいいというのは、つまり「データ容量が増える」事になり、スマホリスナーとしては耳の痛い問題になります。

では、自分にとって「準備しやすい音楽再生環境」とマッチしやすい音楽サブスクリプションとは何なのか。

自分が使用する再生端末を考える

まずは各サービスが想定する再生端末を紐解いてみます。

「音楽を聴く」場合、考えなければいけないことは「音源」と「再生機器」、そして「スピーカー(音響機器)」です。スマホで音楽配信サービスを利用するところまで決まっている場合、「音源はサブスクサービス」、「再生機器はスマホ」までは決まっているので、あとは自分が「何を使って聴くのか」というところに注目します。

基本的にはOSによる縛りはない

AppleMusicやYouTube Musicは、独自のOS(Android、iOS)と相性が高いのはもちろんなのですが、AppleMusicでもYouTube Musicは再生可能ですし、逆も然り。再生できる端末に大きな差は生じません。

ぶちくま
ぶちくま

どちらのOSでも、再生するのはアプリなので、各アプリストアからアプリをインストールすれば対応可能です。

かつては音源を保存するために「音楽データのフォーマット」を気にする必要があったのですが、サブスクリプションは契約期間中には聴き放題となるのでダウンロードして保存することに身構える必要は無くなりました。

スマートスピーカーを使う場合は少し注意

あとは、分岐点となるのは「スマートスピーカー」だと思います。

スマートスピーカーってどれ買ったらいいの、否、そもそも、いる?
スマートスピーカーを使いこなすと便利ですが、世間一般では「スピーカーと喋ったところで生活が変わるわけがない」という認識が色濃いわけで。人生が変わるスマスピの選び方をお伝えします。

スマートスピーカーを利用する場合、対応する「配信サービス(AppleMusicやSpotifyなど)」で利用できるものが決まるパターンと、スマートスピーカーを操作する「アシスタント(SiriやAlexaなど)」によっても影響を受けます。

Appleは何も考えずにHomePod miniでいいんだけど、Google系がこの点で少し厄介。AmazonのAlexaスキルの使い勝手がいいので、Alexaを軸にスマートスピーカーでの音楽視聴を組み上げた方がシンプルになります。

HomePod mini がスマートホームハブのベストアンサー
我が家以外で見たことのないHomePodですが、1万円という圧倒的なコスパを打ち出しておきながら他社の類似スマートスピーカーは半額程度で買えちゃうから、結局、売れないんじゃないかと心配しています。

各OSによる再生端末シミュレート

編集中です。端末リストだけ書いておきます。でも、基本的にはOSで利用サービスが縛られることは考えにくいです。

AppleMusicの再生端末
  • iPhone
  • iPod
  • iPad
  • AppleWatch
  • AppleTV
  • CarPlay
  • HomePod
  • Android端末でもOK
YouTube Music
  • Androidスマホ
  • Chromecast
  • GoogleHome
  • iOS端末もアプリ利用でOK
Amazon Music
  • EchoなどのAmazon端末
  • Fire HDなどのAmazon端末
  • Android、iOSどちらもアプリで対応

買い揃えるよりも活用しやすいサービスを選ぶ

対応端末は自社プロダクトを想定してはいますが、ほぼ自由です。ただ、サービスの連続性を考えると、Appleの統一された規格と、自社デバイスを相互に利用するアイデアは素晴らしいので、「全部アップル」の人だけはAppleMusicがお勧め。

例えば、先に紹介した「空間オーディオ」や「360 Reality Audio」を楽しみたい、という方は、対応する配信サービスを利用する必要があります。Appleは自社統一なのでわかりやすいのですが、360 Reality Audioの配信は、ヘッドホン環境は「deezer」「nugs.net」、スピーカーでは「amazon music」と「nugs.net」になります。

360 Reality Audioは独自形式のフォーマットではなく、MPEGの標準規格として定められた「MPEG-H 3D Audio」を利用しています。つまり、この「MPEG-H 3D Audio」に対応していれば再生は可能。音楽データを最適化する工程が360 Reality Audioであり、最適化された音楽の再生に適したスピーカーやイヤホン、ヘッドホンを利用することで、「異次元の音楽体験」が可能になります。

再生のハードル自体は低いけど、最適化するためにはやっぱり配信・再生アプリ・再生機器で調整する必要があり、その調整役が360 Reality Audioという感じです。

レコメンド機能の秀逸さで選ぶ

これからの音楽体験で重要なのは、「既存の音楽をリピートする」ことよりも、気分に合わせて「未知の音楽と自然に出会う」演出にあると思います。

私もおじさんなので、最新の音楽チャートにはとんと興味がなくなり、「あの頃はよかった」と過去に自分で作ったプレイリストを再生したりするのですが、ノスタルジーに浸れるのは30分くらい。かつての音楽を聴いて「あの頃の感情を再現」することを望みながらも、現在の感情が全く追いついてこないので、妙な虚しさを覚えます。

ぶちくま
ぶちくま

あれは、友人たちと一緒にいた思い出だから楽しくて、おっさんになってから一人で聞くと「懐かしさ」よりも「もう絶対にあの頃には戻れない」現実と向き合う作業が待っているよね。

とはいえ、我々おじさんもYOASOBIとかしたいのですが、何から聴き始めたらいいのかを考える余裕はないおじさんです。この点、レコメンド機能が優秀だと、適度に「知っている曲」を流しながら「こんなやつなら聴きやすいでしょ」と似たような音楽、あるいは既存のアーティストの最新楽曲などを再生してくれるので便利です。

ぶちくま
ぶちくま

自分で聴きたい音楽を選べないようなやつは音楽聴く資格ねぇよな、とか思っていた20代の頃の自分はどこにいったんだろうね。息、してる?

では、優秀なレコメンド機能とは何なのか、少し考えてみます。

好みは変わる

最近、人間の嗜好性・好みについての本を読んだのですが、人間の好みは簡単に変化するそうです。「何が好きか」で個性は決まりそうなものですが、こうなると人間の個性なんて簡単に定義づけられるものじゃなくなりますね。

好みに影響を与える要因
  • 自己定義(自分はこれが好き、という思い込みや暗示)
  • 習慣
  • 連続性と飽きること
  • 周囲の評価(周囲の評価に影響を受けやすい)
  • 周囲に対する自己評価(周囲を評価する自己評価にも影響される)

簡単にいえば、まずは「自分が好き」というものはやはり「好き」なものになります。これは音楽について考えれば「すでに出来上がったプレイリスト」ということになります。

これはそのまま「楽曲の再生回数」として反映されます。人間は、慣れれば慣れるほど好きになります。ただ、音楽の性質によっては「耳馴染みがいい」ものほど「すぐに飽きる」ことも知られています。

あとは、いわゆるレビューの評価を気にします。レビューの評価が良ければ自分も高評価とするパターンもありますが、自分の好きなものを否定するレビューに関しては「レビューが悪い」と楽曲に対する好感があがったり、あるいは「レビュワーが好きかどうか」という論点にすり替わったりします。

レコメンド機能が秀逸かどうかを考える際には、簡単にいえば「当たり障りなく聴きやすい音楽を流し続ける」ことと「適度に刺激となる音楽を挟み込む」ことを、いかにユーザーにストレスなく体験させるか、ということになります。

積極的に未知の音楽を遭遇したいという要求には、人気ヒットチャートや新着・ニューカマーや未再生の音楽などが多く収録されたプレイリストを提供したり、イージーリスニング中には似たような楽曲に時折未知のものを混ぜ込んで刺激を入れる、あたりのバランスがうまくできているレコメンド機能が優秀だといえます。

AppleMusicのレコメンド機能

Apple Musicの場合は、個人アカウントに対して独自に編集されたプレイリストとして「Get Up!」「Chill」「New Music」「Favorite」という4種類が用意されます。

ラジオ番組としても自分の好きなアーティスト情報などをもとに自動で編集して流し続けることもできるので、「何度も同じ曲が聴きたい」時にはプレイリスト再生、作業用としてはラジオを流すなどの使い分けが可能。プレイリストの編集もAppleMusicで週に一回は勝手にやってくれるので聞き飽きることはありません。

前述の通り、音楽を好きになるためには「何回も聞いて耳馴染みをよくする」過程が必要。自動で更新されるプレイリストは、再生しているだけで「聴き馴染みの良い曲」が増えるので、「好きが増やせる音楽アプリ」としては最高峰だと思っています。

また、積極的に未知の曲を開拓する場合は、「好みのアーティスト」を軸にプレイリストを選択したり、人気DJのラジオ番組、Apple Musicスタッフやアーティストが編集したプレイリストを通して新規開拓が簡単にできます。

繰り返し聴きたい、という音楽に出逢ったら履歴などをみて「プレイリスト」に追加するだけ。この作業をするだけで、追加曲でのプレイリストが作れたり、今後のお勧め曲としてプレイリスト編集で選曲されたりします。

YouTube Musicのレコメンド機能

YouTubeも中々に秀逸です。ただ、選択肢が多すぎるためか、AppleMusicほど「ズバン」と決まらない感じ。AppleMusicは、たまにこっちの感情透けて見てるんじゃないかってくらい専属DJが楽曲回す時がある。

Your Mix

視聴傾向からお勧め曲がピックアップされる。一番使いやすいレコメンド機能。

Discover Mix

ユーザーの好みから「聞いたことがない」お勧め曲をピックアップしてくれる。

New Release Mix

お気に入りのアーティストの新曲を中心にプレイリストを作ってくれる。

My Mix

好きなアーティストごとにパターン化して最大7つのMixが作られる。「今の気分は大体このアーティスト」と決まっている時に便利。面倒ならMySupermix」で全てのMixを総括したものもある。

スポンサーリンク

音楽サブスクリプションを格安・無料で楽しみたい

音楽サブスクを無料で楽しむには

音楽を無料で楽しむ、は実はそれほど難しい話じゃなくなりました。Amazon Musicはプライム会員になれば無料みたいなもんだし、アカウントを使い回し続ければ、各社サービスを循環しながら無料期間だけで聴き続けることも可能です。面倒だけど。

前述の通り、「無料であること」は、大体「時間」か「情報」を売る作業に他ならず、有料よりも高くつくことは大いにあり得ます。ただ、私もチートなどの方法を考えるのは好きなので、ついつい情報発信してしまいますが、リスクは大きいし実施しない方が幸せな人生だということだけはお伝えしておきます。

アカウントを作り続ける

まずは、アカウントを量産するということ。音楽配信サービスの場合は9割以上が無料期間があります。各社、アカウントの持ち主を割り出す方法は若干異なるので一概に言える話ではありますが、これだけ音楽配信サービスが溢れているので、各社の無料期間を渡り歩きながら、無料期間だけでやっていくことは可能。

アカウントと個人を紐づけるもの

  • 端末固有番号
  • IPアドレス
  • メールアドレス
  • クレジットカード番号
  • 住所や名前などの個人情報

言い換えると、端末を適度に変えながら、複数のメールアドレスと使用できる住所さえあれば無料期間で渡り歩くことは可能です。個人的には、この作業時間があればほとんどの方は有料サービスを複数受けることができるくらいには稼げると思うので、コスパは悪いと思います。

しろくまさん
しろくまさん

例えば生活保護などで収入・支出ともに管理する必要がある方などは、多少小狡く生きていく方法としては覚えておいていいかもしれません。

リッピング・コピーガードを回避する

リッピングやコピーガード回避については何度か記事にしましたが、基本的にはコピーガードは外すと個人利用でも法に問われる可能性があります。

配信された音楽データの場合は、契約期間が過ぎると独自のDRM(デジタルコンテンツの著作権管理)が施されており、「ダウンロードできても利用できない」ようになっています。

ただ、このDRMを回避する方法というのも出回るようになるのがインターネットが普及したこの世の中。

ストリーミング配信系は、ダウンロードした後に独自の暗号鍵が支給されて、視聴する場合は随時鍵を使用して期間内は利用できる、というような仕組みです。暗号鍵で解錠されたデータに関しては保存されれば期間後も視聴可能、ということになります。

強引な手法では、契約期間中に好きな音楽を「アナログ録音」してしまう手もあります。このアナログ録音を自動でやるソフトがあれば、手間なく「ある程度の音質」で楽曲を楽しむことができます。

何度も言いますが、基本的に勧められる行為ではありません。

家族・ファミリープランを友達と共有する

無料で楽しむ、という視点を少しずらすと、例えばファミリープランで最大6人まで利用可能、というサービスを家族以外の複数人で利用する、という方法もあります。これも何度か記事にしました。

友人というのは大体において「期間限定」の関係性です。トラブルになるのは目に見えているのですが、昨今の割り勘サービスなどで気軽に集金もできるので、学生時代にルームメイトと利用する、などのシーンは想定しやすいです。

お金のトラブルは縁の切れ目は全くその通りで、少額だろうが高額だろうが、トラブルになった後の関係性は金額の埋め合わせよりも大変です。

個人アカウントを複数デバイスで共有する

さらにお金を払わない方法としては、「音楽サブスクリプション契約用」のアカウントを作って、これを使用可能デバイス内で共有するという方法もあります。

個人アカウントの場合、複数デバイスでの同時再生はできないパターンがほとんどですが、ルームシェアの環境下でとりあえず置いておくデバイスなどに合同アカウントで対応する、などのシチュエーションでの利用が可能になると思います。

結局、ちゃんとお金払うが一番安い

色々書きましたが、サブスクリプションは安いです。これまでCD一枚3,000円でお小遣いがなくなっていた時代に比べれば、音楽を生活に馴染ませる費用として格安です。無料で音楽聴ける時代に、1,000円くらいアーティストに還元していかないと、世の中から音楽がなくなって「音楽のような広告」だらけになってしまいます。

しろくまさん
しろくまさん

少し書きましたが、人の好みはある程度狙って捕まえることができるので、みんなが耳にする音楽は、広告価値を高めるために、馴染みやすいキャッチーでポップな音楽ばっかりになっちゃうかもしれません。

ぶちくま
ぶちくま

みんながお金を払っているものほど、「自分だけは払わない」ことで優越感を味わうこともできるだろうけど、フェアでいることも大事だったり。

長々と書きましたが、Apple Musicのロスレス配信と空間オーディオが楽しみで仕方がない。音楽ニュースで胸が震えたのは久しぶりです。皆様にも同じ感動が届くように願っております。

Listen on Apple Music
Appleサービス
スマホやPCの故障が心配なら


故障が心配ならモバイル保険が便利


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

モバイル保険や、類似サービスを比較した記事もありますので、こちらもご贔屓ひいきに。


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

Apple製品を買うならちょっと待って!

Apple製品をご購入を検討の方におすすめの情報です。

楽天リーベイツで公式ショップのお買い物をすると

楽天リーベイツはご存知でしょうか。楽天経済圏に暮らす方にとってはポイントも「お金」と同じ価値になることは実感されるところだと思います。このポイントが溜まりやすくなるアプリです。

ぶちくま
ぶちくま

「ポイント貯めるのとか面倒」という方は、年間の損失額は結構えぐいことになっていますよ!

しろくまさん
しろくまさん

こういう細かいことをないがしろにできる人はサービス残業とかも平気そう。

面倒くさいな、と思った方も大丈夫。アプリで普通に買い物すればポイントがつく、くらいの感じなので本当に簡単ですよ。

普通はポイントがつかない公式ショップも対象

私が楽天Rebatesをお勧めするのは、ポイ活民でも二重取りしにくい「Apple公式オンラインショップ」をはじめとした「ほぼ定額の商品」でもポイントが発生すること。

しかも、やり方は簡単で、アプリ経由で気になる公式ショップをタップするだけ。リストは一例だけで、「あれはあるかな」は大体あります。

  • Apple
  • Microsoft
  • ヤマダ電機
  • Omni7/アカチャンホンポ
  • Edion
  • コジマネット
  • ノジマオンライン
  • Dyson
  • Joshin
  • Book-off
しろくまさん
しろくまさん

au Pay マーケットもポイントつくけど、複雑だけどお得なのはわかるね。

ぶちくま
ぶちくま

少し気になるだけの方も、情報収集で公式HPを眺めがてら、ぜひ利用してみてください!

全ての商品が対象というわけではないので、どういう商品が対象なのかも確認してみてください。

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました