PR

「ハピタスが面倒」ポイントサイトの自動化プラン

スポンサーリンク

ポイントサイトの「ハピタスのポイント自動化」に関する情報をまとめています。

このページでは以下のポイントを押さえて情報をまとめています。

  • ポイントサイトのハピタスのポイント自動化とは
  • ハピタスのポイント自動化の問題点
  • ハピタスのポイント自動化の解決方法

少しでも情報収集に役立てば嬉しいです!

スポンサーリンク

ポイントサイト「ハピタスのポイント自動化」の解決方法が知りたい

ポイントサイトの基礎知識や、ハピタスのポイント自動化に関する情報をまとめています。

ポイ活で、ポイント獲得は自動化できるか

ポイ活で、ポイント獲得は自動化できるか

ポイ活を自動化することは可能であり、多くのツールが開発されています。これらのツールを利用することで、日々のポイ活作業を自動で行うことができ、時間の節約にもつながります。

ポイ活自動化ツールの種類

ポイ活を効率的に行うための様々な自動化ツールがあります。

  • ポイントサイトの巡回ツール: 特定のポイントサイトを自動で巡回し、ポイントを集めます。
  • パソコン操作の自動化ツール: マウスクリックやキーボード操作を自動化し、ポイント獲得のプロセスを簡略化します。
  • スマートフォン操作の自動化ツール: スマートフォンでの操作を自動化し、移動中でもポイ活が可能になります。

ポイ活自動化ツールのメリット

自動化ツールを使用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 時間節約: 手動で行う作業時間を削減し、他の活動に時間を使うことができます。
  • 作業の簡略化: 複雑な作業をプログラムが代行してくれるため、ポイ活がより簡単になります。
  • ポイントの最大化: 自動化により、見逃しや忘れがなくなり、ポイントを最大限に獲得できます。

自動化のリスクと注意点

自動化ツールの使用は便利ですが、いくつかのリスク注意点が存在します。

  • アカウントのリスク: 自動化ツールの利用がポイントサイトの規約に反する場合があり、アカウントが停止されるリスクがあります。
  • セキュリティの問題: 自動化ツールにはセキュリティの脆弱性が存在することがあり、個人情報の漏洩につながることもあります。
  • ツールの更新と互換性: ツールが常に最新の状態である保証がなく、OSのアップデートによっては使用できなくなる可能性があります。

ハピタスのポイント取得方法と自動化の可能性

ハピタスのポイント取得方法と自動化の可能性

ハピタスを使用してポイントを効率的に獲得する方法と、その自動化の可能性について探求します。自動化を利用することで時間を節約し、より効率的にポイントを獲得する方法を検討します。

ハピタスのポイント獲得方法一覧

  1. 広告クリック: ハピタスサイトに掲載されている様々な広告を訪問してインタラクションを行うことでポイントが獲得できます。
  2. ショッピング: ハピタス経由で提携しているオンラインストアでの買い物をすると、購入金額の一部がポイントとして還元されます。
  3. サービス登録: ハピタスを通じてサービスやサブスクリプションに登録することでポイントが獲得できます。
  4. アンケート参加: ハピタスが提供するアンケートやマーケットリサーチに参加することでポイントを獲得できます。
  5. クレジットカード申し込み: ハピタスのプロモーションを通じてクレジットカードに申し込むと、大量のポイントが獲得できます。
  6. ゲームプレイ: 特定のレベルや成果を達成することでポイントを獲得するゲームオファーに参加します。
  7. 特別イベント: 高ポイント報酬を提供する特別イベントや期間限定のプロモーションに参加します。
  8. 紹介プログラム: 新規ユーザーをハピタスに紹介することでポイントが獲得できます。

広告を利用したポイント獲得の手順

ハピタスでは、広告をクリックしてサービスを利用することでポイントが獲得できます。

  • 広告詳細ページから「ポイントを貯める」ボタンをクリックして広告サイトに移動。
  • 広告サイトでの活動が完了すると、広告主の確認後にポイントが付与されます。
  • ポイント獲得の条件を確認し、それに従ったアクションを取ることが重要です。

ガッツリ貯めるコツ

ポイントを大量に貯めるためには、ポイントアップ中の案件や特別な広告を狙うことが効果的です。

  • ポイントアップ中の案件や特別な広告は、通常よりも高い還元率を提供します。
  • 「ハピタスセレクション」や「みんなdeポイント」など、特定期間のみの高還元広告を活用する。

日常の行動をポイント化

日常的なショッピングやサービスの利用をポイントサイト経由で行うことで、通常の生活行動をポイント獲得の機会に変えることができます。

  • オンラインショッピングは「ハピタス」を経由して行うことで、毎回の買い物でポイントが加算されます。
  • 定期的なショッピングで利用する店舗をお気に入りに追加しておくと、簡単にアクセスできます。
  • クレジットカードとの併用で、ポイントの二重取りが可能になります。

ポイント獲得を自動化できる項目

  1. 広告クリック自動化:
    • プログラムを使用して広告ページに自動アクセスし、指定された広告をクリックするスクリプトを作成することが考えられます。この場合、SeleniumやBeautifulSoupなどのツールを利用してWebページを操作・解析します。
  2. ログインプロセスの自動化:
    • ハピタスに定期的にログインしてポイントを獲得する行動を自動化します。PythonのSeleniumを使用してログインプロセスを自動化し、必要なページにアクセスして特定のアクションを実行するスクリプトを作成できます。
  3. アンケート自動回答:
    • 利用可能なアンケートがある場合、事前に定義された回答を用いてアンケートに自動的に回答するスクリプトを作成することも可能です。ただし、この方法はアンケートの質を下げる可能性があるため、推奨される方法ではありません。
  4. ゲームやアプリの自動操作:
    • ゲームやアプリを使ったポイント獲得案件に対して、自動化ツール(たとえばAndroidエミュレータを使用したスクリプトなど)を使ってゲーム内の繰り返し行動を自動化します。

ハピタスのポイント獲得を自動化した場合のフローチャート

ハピタスのポイント獲得を自動化した場合のフローチャート

ハピタスでのポイント獲得を自動化するプロセスを、フローチャート形式で詳しく説明します。この自動化は、一連の操作をプログラムによって自動実行することで、手動での繰り返し作業を削減します。

広告クリックの自動化

広告をクリックしてポイントを獲得するプロセスを自動化する方法です。

  • 広告詳細ページにアクセスし、「ポイントを貯める」ボタンを自動でクリック。
  • クリック後の広告ページで必要なアクションを自動実行。
  • 自動化ツール(例:ポイントクリックマスター、UWSC)を使用して定期的に操作を行う。

アプリ起動の自動化

モバイルアプリの起動を通じてポイントを獲得するプロセスを自動化します。

  • スマートフォンの操作を自動化するツール(例:adb, オートクリッカー, FRep)を設定。
  • 指定されたアプリを定時に自動起動し、必要な操作を自動で実行。
  • アプリ起動後の必要アクション(例:ログイン、特定のボタン操作)を自動化。

リスクとリターンの評価

自動化によるポイント獲得のリスクとリターンを評価し、適切な自動化の範囲を定めます。

  • 自動化の効率とポイント獲得量を評価。
  • 自動化によるリスク(例:アカウントの停止リスク、広告主からのクレーム)を考慮。
  • 実際のポイント獲得量と労力のバランスを考慮し、継続的な運用の可否を判断。

ハピタスのポイ活を自動化に役立つツールやスキル

ハピタスのポイ活を自動化に役立つツールやスキル
しろくま
しろくま

いろいろ書きましたが、正直なところ、「ここまでの自動化ツールを自作できれば、副業でそれなりに稼げる」という真理に行き着きます。

逆に言えば、ポイ活を極めしものたち、おそらくこれらの自動化は当然やっているので、同じ土俵で頑張っているつもりになると「思った以上に貯まらない」と感じるようになるかも。

しろくま
しろくま

私はブログを自動化することで収入源としていますが、これらの技術はいろいろなところで応用できるので、普通にスキルアップして本職に生かすのがいちばんのairtag/”>ライフハックなような気はします。

かめ
かめ

でも、本職でそれやっちゃうと、人事評価が上がるというよりは「自分にしかできない仕事が増える」可能性があるのが1番のリスクかもしれないですね。

スクリプトやプログラミング

  • Python + Selenium: ウェブブラウザの操作を自動化するスクリプトを書くために使われます。ログインやフォームの入力、ボタンのクリックなど、人間の操作を模倣して自動化することが可能です。
  • JavaScript: ウェブサイトに組み込まれたタスクを自動化するために使用することができます。ブラウザのコンソールから直接スクリプトを実行して特定の操作を自動化します。

ブラウザ拡張機能

  • iMacros: FirefoxやChromeで利用可能なブラウザ拡張機能で、ウェブサイト上の繰り返し行われる活動を自動化します。例えば、ポイントサイトでの日常的なクリックやページ訪問を記録し、それを自動で再生することができます。
  • Greasemonkey/Tampermonkey: ユーザースクリプトマネージャーを使用して、ウェブサイトの機能を拡張または変更し、特定のプロセスを自動化します。

モバイルアプリ

  • Tasker (Android): Androidデバイスで様々な条件に基づいたタスクを自動化するアプリです。例えば、特定のアプリの起動や通知の監視を自動化することができます。
  • Shortcuts (iOS): iPhoneやiPadで使用可能な自動化ツールで、アプリ間のアクションを自動化して繋げるショートカットを作成します。

ポイントサイトのハピタスのポイント自動化に関する口コミ・評判

ハピタスのポイント自動化の情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「ポイントサイト ハピタスのポイント自動化」と検索できます。

ハピタスのポイント自動化の口コミ、レビュー、評判まとめ

口コミやレビュー、評判についての情報です。

年齢:30代、性別:男性、職業:エンジニア

ハピタスのポイント自動化のアイデアは理論上は魅力的ですが、実際には多くのリスクが伴います。自動化ツールの使用はユーザー規約に違反する可能性があり、アカウントの停止につながるかもしれません。それに、ポイント獲得のために広告を「見る」という行動が伴わないため、広告主にとっては無価値であり、これが広告の価値をなうことにつながります。

  • 利点は効率的なポイント獲得
  • リスクはアカウントの停止と広告の価値損失
  • 長期的な視点では、持続可能なポイ活方法を選ぶべき
年齢:40代、性別:女性、職業:カウンセラー

自動化は面倒な作業を省く一方で、ポイントサイトのコミュニティと広告主に対して不誠実です。ハピタスを使う醍醐味は、新しい商品やサービスに触れることにあり、自動化はその体験を損ないます。コミュニティとしての健全性を保つためにも、自動化は推奨されません。

  • 自動化は手間を省ける
  • コミュニティとの信頼関係を損なうリスク
  • より倫理的なポイ活の方法を選択することが大切
年齢:50代、職業:弁護士

ハピタスのポイント自動化は技術的に興味深いトピックですが、法的なグレーゾーンに踏み込むことも。自動化は一見便利ですが、これによってポイントシステムの公平性が損なわれる可能性があります。技術的な挑戦としては面白いかもしれませんが、実行する前には法的なリスクも十分に検討すべきです。

  • 技術的な挑戦としては面白い
  • 法的なリスクと倫理的な問題をはらむ
  • ポイントシステムの公平性を保つために慎重な判断が求められる

ハピタスのポイント自動化に関連した情報

ハピタスのポイント自動化は、日常のショッピングやサービス利用をより効率的に行う方法として注目されています。特にレシートをポイントに変えるアプリや、ポイントサイトの裏技には多くの興味が寄せられています。

レシートをポイントにする

ポイントサイトの裏技

スポンサーリンク

まとめ:ハピタスのポイント自動化「リスクヘッジの先にアカウント停止」

最後までお読みいただきありがとうございました。

ポイントサイトの「ハピタスのポイント自動化」の特徴をまとめました。

まとめ:ハピタスのポイント自動化の解決方法

ポイントサイト/ハピタスのポイント自動化に関するページ内の情報をまとめていきます。

かめ
かめ

極論、ズルするやつが一番得をする世の中だけど、バレたらゼロになっちゃうのは要注意。この辺りのバランスを考えないといけないですね。

しろくま
しろくま

例えば、広告の閲覧などを自動化するとアカウント停止のリスクは高まるけど、ログインを短縮したり、アンケートの記入速度を上げる工夫自体は問題ではないのでこの辺りから着手するのがいいかも。

知っておきたい「ハピタスのポイント自動化」まとめ

  • ハピタスのポイント自動化は、定期的なクリックやアプリの起動などを自動で行うことでポイントを獲得する方法です。
  • 自動化は、スクリプトやツールを使って単純作業を省くことができるが、ポイントサイトの規約に違反するリスクがあります。
  • 実用的には自動化によって時間を節約できるが、ポイントサイト側の不正検出にひっかかりやすくなります。
  • ポイント自動化にはPythonスクリプトやブラウザ拡張機能を使った方法が存在し、ユーザー間で情報交換が行われることもあります。

ポイントサイトの「ハピタスのポイント自動化」の課題と解決方法

  • ポイントサイトは通常、自動化ツールの使用を禁止しており、発見された場合にはアカウント停止のリスクがあります。
    • 解決方法: 自動化の代わりに、ポイントサイトが提供する公式アプリを利用して効率よくポイントを集める。例えば、ポイントサイトの通知機能を活用して、ポイントアップキャンペーンを逃さずに参加する。
  • ポイント自動化ツールはしばしば古くなり、最新のウェブ技術やセキュリティ対策に追従できないことがある。
    • 解決方法: 自動化スクリプトを定期的に更新し、セキュリティ対策を確認するか、自動化を行わない安全な方法に切り替える。
  • 自動化によるポイント獲得は通常低く、多大な労力に見合わない場合が多い。
    • 解決方法: 代わりに多様なポイントサイトを活用し、ポイント獲得のための様々な活動(アンケート、ショッピング、ゲーム等)に参加する。

ハピタスのポイント自動化の知っておきたいよくあるQ&A

Q
ハピタスでのポイント自動化は合法ですか?
A

ハピタスを含むほとんどのポイントサイトは、自動化ツールの使用を禁止しています。自動化ツールを使用することは、サイトの利用規約に違反する行為とされ、発見された場合アカウントが凍結されるリスクがあります。合法的にポイントを獲得するためには、ハピタスが提供する正規の方法を利用してください。

Q
自動化ツールを使わずに効率的にハピタスのポイントを増やす方法はありますか?
A

ハピタスのポイントを効率的に増やすには、特別なキャンペーンやポイントアップイベントに積極的に参加することをお勧めします。また、ハピタスのメール通知を購読し、新しいキャンペーン情報をいち早くキャッチすることもポイント獲得を効率化する手段です。さらに、ハピタスの友達紹介プログラムを利用すると、紹介した友達がポイントを獲得する度に自分もポイントが加算されるため、効果的にポイントを増やすことができます。

Q
ハピタスのポイント自動化ツールの使用で起こりうる問題は何ですか?
A

ポイント自動化ツールを使用する最大のリスクは、アカウントの凍結です。ツールを使って不正にポイントを獲得すると、ハピタスによって不正行為とみなされ、警告なしにアカウントが停止される可能性があります。また、セキュリティリスクも考慮する必要があります。自動化ツールは個人情報を漏洩する恐れがあるため、使用はお勧めできません。

「ハピタスのポイント自動化」に関して参考になる記事リスト

ポイントサイトや「ハピタスのポイント自動化」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

ポイントサイトのおすすめ記事

ポイントサイトを使う時にどこがいいか、という情報をまとめているページがあります。

2024年にお勧めしたいポイントサイトランキング「独断です」
おすすめのポイントサイトを紹介するページは腐るほどあるので、どうせ腐るなら独断と偏見に満ちた個人の感情を丸出しにしたランキングを作ろうと思ったので、気軽に読んでいただければ幸いです。

ポイントサイトの記事一覧

スポンサーリンク

「ハピタスのポイント自動化」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「取得 情報セキュリティ ukabu」に関する最新情報です。

    トーク支援ツール「UKABU」を提供する株式会社UKABUが、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO/IEC27001」認証を取得した。これにより、UKABUの情報セキュリティ対策が国際規格に準拠していることが認められた。UKABUは今後もセキュリティ対策の強化に取り組み、顧客とのコミュニケーションをサポートするトーク支援ツールとしてサービスを提供していく。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000075692.html

  2. buchikuma-info より:

    「10 10 リスト コツ」に関する最新情報です。

    「6/10リスト」は、仕事のTo doリストとは異なり、家の掃除を手軽に管理するための便利なツールである。このリストは「デイリー6」と「ウィークリー10」の2つの主要なカテゴリに分かれており、忙しい人でも自分のスペースをきれいに保つことができる。

    https://www.lifehacker.jp/article/2405use-the-6-10-list-to-take-the-stress-out-of-cleaning/

  3. buchikuma-info より:

    「アプリ ストア アプリ ストア」に関する最新情報です。

    2024年4月26日、政府がスマートフォン向けアプリ市場を競争促進する新法案「スマホソフトウェア競争促進法」を閣議決定し、AppleやGoogleを規制対象としている。新法ではアプリストアへの新規参入を容易にする一方、違反した場合には最大1000億円の課徴金が科せられる可能性がある。施行は2025年末を予定しており、AppleとGoogleが対象になる見通しである。新法は従来の独占禁止関連法令とは異なるアプローチを取り、厳しい罰則を設けている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDAwMDEvMDkyNzYv0gEA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「ガスパール リサ リサ ガスパール」に関する最新情報です。

    雑貨館インキューブ全店舗で2024年5月14日から6月9日まで、「リサとガスパール原作誕生25周年記念フェア」が開催されます。このイベントでは、リサとガスパールのぬいぐるみやポーチ、ステーショナリー雑貨など約200種類の新作商品が販売されます。さらに、特典として1,500円以上の購入でオリジナルポストカードがプレゼントされます。会期は5月14日から6月9日までで、会場は複数の店舗で開催されます。商品の一部として、ロングポーチ、フェイスポーチ、ペットボトルカバーなどが販売されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000599.000017692.html

  5. buchikuma-info より:

    「電気料金 節電 日常的」に関する最新情報です。

    2024年に実施された「家庭の電気料金に関する意識調査」によると、日常的に節電をしている人の7割が電気料金高騰を受けてさらに節約をするようになったと回答しています。しかし、節電に疲れを感じている人も7割以上いることが明らかになりました。また、電気代を抑えるための工夫や省エネ住宅、太陽光発電、蓄電池に興味を持つ人が多いことも報告されています。政府の電気代・ガス代の負担軽減策が終了することで、多くの人が家計に不安を抱いている状況が示されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000062185.html

  6. buchikuma-info より:

    「250 ftr ホンダ」に関する最新情報です。

    1986年に登場したホンダ「FTR250」は、アメリカンモータースポーツへの憧れから生まれたシングルスポーツバイクで、軽量スリムで俊敏な走りが特徴でした。このバイクはカスタムシーンでも人気があり、ダートトラックマシンのレプリカとしても楽しめるオン/オフマシンでした。排気管を跨いでエンジン下に回り込む独特のフレーム形状や低いシート高、大きなハンドル切れ角などが市街地でも取り回しやすさを提供しました。2000年に発売された「FTR」がその後継車として登場し、ストリートトラッカーとして人気を博しました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vYmlrZS1uZXdzLmpwL3Bvc3QvMzY1MDE30gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「ポイント サイト ポイント サイト」に関する最新情報です。

    ポイントサイトを利用してポイ活を行うことで、1ヶ月に1万円以上稼ぐことが可能かどうかについて、200人に調査を行った結果が報告されています。調査では、ポイントサイトでの平均的な収入や利用状況が明らかになり、多くの人が月に100〜500円や500〜1000円程度を稼いでいることが分かりました。また、1万円以上を稼ぐ人も存在するが、その割合はごく少ないことが示されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJ2h0dHBzOi8vbWFpZG9uYW5ld3MuanAvYXJ0aWNsZS8xNTI1ODgzMNIBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「terass chro 小柴」に関する最新情報です。

    不動産エージェントファームのTERASSがCHROに小柴 礼生氏が就任したことが発表された。TERASSは不動産エージェントとスタッフの働きやすさ向上と自己実現促進のための仕組み・制度を拡充し、今後2,000名体制を目指す方針を示している。小柴氏はHR領域での経験を持ち、不動産エージェント数を5倍に拡大するなどの実績があり、組織全体の働きやすさと自己実現を重視した組織づくりを行うとしている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000082.000047422.html

  9. buchikuma-info より:

    「不正 可能性 漏えい」に関する最新情報です。

    鳥取県倉吉市にある松井酒造合名会社が直販サイトで不正アクセスを受け、利用者のクレジットカード情報174件が漏えいした可能性があると発表。2023年3月29日から9月20日までの期間にECサイトでクレジットカード決済を行った174人の情報が漏えい。クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード、メールアドレス、パスワード、データベースの一部情報が漏えいした可能性あり。不正アクセスはシステムの脆弱性を利用した第三者によるもので、不正なファイルがサーバに設置された可能性もある。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2405/13/news120.html

  10. buchikuma-info より:

    「ゼロ fundinno ゼロ 学院」に関する最新情報です。

    堀江貴文主宰のゼロ高等学院がFUNDINNOで3回目の資金調達を実施することが発表された。学院は10代起業家を育成し、初等部・中等部の新設や海外展開を進める。授業料は年間80万円で、実践的な授業や留学支援を通じて学生の自己実現を支援する。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000035825.html

  11. buchikuma-info より:

    「apple 謝罪 広告」に関する最新情報です。

    Appleは、iPad Proの広告動画が批判を受けたことを受けて謝罪し、テレビでの広告放映を中止すると発表した。動画では楽器や彫刻が巨大なプレス機で破壊され、iPad Proに変化する内容であり、多くの批判を浴びた。Appleのマーケティングコミュニケーション担当副社長は、「的外れだった」と謝罪し、広告のテレビ放映計画を取りやめることを明らかにした。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwMTM5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwMTM5L2FtcC8?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「cloudflare posture risk」に関する最新情報です。

    Cloudflareが新しいリスク管理ソリューション「Cloudflare for Unified Risk Posture」を発表。このソリューションはセキュリティツール単体では難しいリスク環境全体の可視性を高めるための機能を提供し、SASEやアプリケーションセキュリティ機能を備えており、CrowdStrikeなどのエンドポイント保護プロバイダーと連携可能。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2405/10/news063.html

  13. buchikuma-info より:

    「認証 tisax 取得」に関する最新情報です。

    オートリブ株式会社は、ドイツ自動車工業会による情報セキュリティ評価「TISAX」認証を取得しました。TISAXは自動車業界の情報セキュリティ審査基準であり、自動車メーカーや部品メーカーがサプライヤーを選定する際に参照される重要な基準となっています。同社は今後も情報セキュリティレベルを向上させ、安全なモビリティ社会の実現に向けて安全ソリューションの開発を推進していきます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000097129.html

  14. buchikuma-info より:

    「protests campaign russian」に関する最新情報です。

    ロシアの影響力キャンペーンが大学キャンパスの抗議活動を悪用していることが明らかになっている。クレムリンに関連するネットワークであるDoppelgangerは、実在のニュースサイトの偽物を使用して、プロ・パレスチナとプロ・イスラエルのディスインフォメーションを広めている。彼らは米国内で分裂を引き起こすことを試みており、大学での抗議活動とそれに対する大学当局や法執行機関の対応が分裂と怒りを煽っている中、クレムリンは外国の影響力プレイブックから一部を取り入れ、そのディスインフォメーションインフラを使用して、米国社会をさらに分断しようとしている。Doppelgangerネットワークは、偽のリンクを広めるために不正なボットアカウントのネットワークを使用しており、最近では米国の大学での抗議活動についての偽の情報を広めている。これにより、米国の抗議活動に対するロシアの影響力が浮き彫りになっている。

    https://www.wired.com/story/russian-influence-campaign-exploiting-college-campus-protests/

  15. buchikuma-info より:

    「サイト サイト モッピー ポイント」に関する最新情報です。

    ポイントサイト「モッピー」は顧客の体験価値向上を目指し、Salesforceの「Marketing Cloud」を導入することを発表。これにより、個々のニーズに合わせた広告提案やパーソナライズされた広告配信が可能となり、会員は効率的にポイントを貯めることができるようになる。セレスは今後も利便性向上を図り、より多くの利用者にサービスを提供していく方針。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDAxNjIuMDAwMDIxNTA0Jmc9cHJ00gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「10 2024 スマートフォン」に関する最新情報です。

    2024年4月29日から5月5日の「BCNランキング」によるスマートフォンの実売台数ランキングでは、1位がiPhone 14、2位がiPhone 15となっている。その他にもシャープのAQUOS wish3やXiaomiのRedmi 12 5Gなどが上位にランクインしている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vdXJlLnBpYS5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8tLzIyMzY2NDTSAQA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「弁護士 カケコム セミナー」に関する最新情報です。

    2024年5月23日に開催される【カケコム×マネーフォワード】共催セミナーでは、電子契約に関する法的悩み解決に焦点を当て、弁護士が解説を行います。セミナーでは、電子契約の基礎知識から法改正の解説、社内導入の実践的ノウハウまで幅広くカバーされます。参加者には相談料が値引きされる特典のヨヤクーポンも配布されます。マネーフォワードとの連携により、企業が抱える電子契約に関する疑問や悩みを解決する機会となるでしょう。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000019346.html

  18. buchikuma-info より:

    「導入 弁護士 契約」に関する最新情報です。

    マネーフォワードが、弁護士予約サービスの『カケコム』と共催で、電子契約に関するセミナーを開催する。セミナーでは、弁護士による法制・法改正の解説や実践的なノウハウが提供され、電子契約の重要性や導入に関する情報が共有される。セミナーは2024年5月23日にオンラインで無料開催され、法務担当者や経営者、IT担当者向けに推奨されている。また、弁護士予約サービス『カケコム』についても紹介され、生活者が気軽に弁護士に相談できるサービスであることが強調されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001242.000008962.html

  19. buchikuma-info より:

    「air company compressed」に関する最新情報です。

    ハイドロストアは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州に初の大規模プラントを建設し、その後カリフォルニアにもさらに大きな施設を建設する計画を進めている。同社は地下に圧縮空気を貯蔵するシステムを製造し、風力や太陽光が電力需要を満たせない際に電力を生産することが可能であり、長時間のエネルギー貯蔵を実現している。ハイドロストアは、既存の技術を確立しており、カナダやアメリカでのプロジェクトを進めている。カリフォルニアプロジェクトは、州の長期エネルギー貯蔵目標に合致し、2024年末までに建設を開始し、2030年までに稼働する予定。彼らの技術は、他の長時間貯蔵オプションと競争力があり、将来的にはコスト削減が期待されている。

    https://www.wired.com/story/hydrostor-compressed-air-battery-california-australia-energy-climate/

  20. buchikuma-info より:

    「200 startup battlefield」に関する最新情報です。

    TechCrunchのStartup Battlefield 200へのノミネート締め切りまであと1か月。SB200にノミネートされたスタートアップは、$100,000の賞金をかけたStartup Battlefieldで競い合う機会を得ることができる。TechCrunchの編集者が20社を選出し、その中から優勝者が決まる。Disruptでは、選ばれたスタートアップが展示やプレゼンテーションを行う。

    https://techcrunch.com/2024/05/02/1-month-left-to-submit-nominations-for-startup-battlefield-200-2/

  21. buchikuma-info より:

    「2024 10 スマートフォン」に関する最新情報です。

    2024年4月15日から21日までの日次集計データによると、スマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りでした。1位はiPhone 14、2位はiPhone 15、3位はRedmi 12 5G、4位はAQUOS wish3、5位はPixel 7a、6位はPixel 8でした。連休中にスマートフォンの買い替えを考えるのに最適な時期とされています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3LmJjbnJldGFpbC5jb20vcmVzZWFyY2gvZGV0YWlsLzIwMjQwNTAyXzQyMDYyNi5odG1s0gEA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「ポイント 500億 サイト」に関する最新情報です。

    ポイントサイト「モッピー」が2024年5月1日に累計ポイント付与額が500億ポイントを突破した。セレスが運営する「モッピー」は広告利用やゲームなどでポイントを獲得し、様々な交換先があることで会員から支持を受けている。ポイント活用の関心が高まり、2023年以降会員数が増加しており、金融やクレジットカード広告利用が特に伸びている。セレスは今後も利便性向上を図り、より多くの利用者にサービスを提供する方針だ。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDAxNjAuMDAwMDIxNTA0Jmc9cHJ00gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「honor pad honor pad」に関する最新情報です。

    Honor Pad 9 Proが中国で登場し、MediaTek Dimensity 8100を搭載している。価格は約4万8千円で、スペックは8GB/256GBまたは12GB/256GBメモリ、12.1インチディスプレイ、最大144Hzリフレッシュレート、10,050mAhバッテリー、最大35w急速充電、リア13MPカメラ、フロント5MPカメラ、クアッドスピーカー構成となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vZGFpbHktZ2FkZ2V0Lm5ldC8yMDI0LzA0LzMwL3Bvc3QtNzEzMDUv0gEA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「pad 衛門 衛門 pad」に関する最新情報です。

    タブレット型の電子小黒板「蔵衛門Pad Tough」が販売された。このモデルは、耐衝撃/防塵防水で、10インチの大画面と32000mAhのバッテリーを搭載しており、6日間連続での撮影が可能。2024年3月13日に発売された。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vYnVpbHQuaXRtZWRpYS5jby5qcC9idC9hcnRpY2xlcy8yNDA0LzMwL25ld3MwOTMuaHRtbNIBAA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「マーク 知っ グリーン車」に関する最新情報です。

    駅の電光掲示板のグリーン車マークには、実は使い分けられている2つのマークがあり、その違いが話題になっています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_662a0c70e4b01a688b3ddf92

  26. buchikuma-info より:

    「最高額 歴代 歴代 最高額」に関する最新情報です。

    漫画家が詐欺メールを受信し、歴代最高額のカード利用を提示される国家予算をはるかに超える金額が請求された。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6629e6fce4b005d7bf0c87e4

  27. buchikuma-info より:

    「ipad buy best」に関する最新情報です。

    「The Best iPad to Buy (and a Few to Avoid)」と題された記事では、2021年の第9世代iPadや2022年の第10世代iPad、2021年の第6世代iPad Miniなど、おすすめのiPad製品や避けた方が良い製品について紹介されています。また、新しいiPad Miniの情報も含まれています。WIREDの1年間の購読特典についても触れられています。

    https://www.wired.com/gallery/the-best-ipad/

  28. buchikuma-info より:

    「valuation 250 raising」に関する最新情報です。

    Perplexityは、AI検索プラットフォームのために$250M以上を調達し、$2.5B-$3Bの評価額で調達を進めていると報道されている。NEAとIVPなどの過去の支援者も含め、さらなる$250Mの調達を行う予定であり、市場で注目を集めている状況を活かすための資金調達を行っている。

    https://techcrunch.com/2024/04/23/perplexity-is-raising-250m-at-2-point-5-3b-valuation-ai-search-sources-say/

  29. buchikuma-info より:

    「花びら 寄せ 思わ」に関する最新情報です。

    造形作家のデゴチさんが校舎の片隅に寄せられた桜の花びらで青春の痕跡を作り、通りかかる人々を楽しませています。この仕掛けには多くの人が反応し、「可愛いは作れる byおっさん」「遊園地や空港で見たことある、発見したらきゅんとするやつ」といったコメントが寄せられています。デゴチさんはこの仕掛けを通じて人々に笑顔を提供し、青春の痕跡を楽しんでもらいたいと述べています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_66274f7de4b00ea555a4cbd3

  30. buchikuma-info より:

    「sns インバウンド sns コツ」に関する最新情報です。

    地方創生において、自治体がインバウンドや観光客、移住者を呼び込むための最強のPRツールは「SNS」であるということが広く認識されている。

    https://toyokeizai.net/articles/-/747171?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  31. buchikuma-info より:

    「blade blade モーション ps」に関する最新情報です。

    SIEがPS5用ゲーム『Stellar Blade』のモーションコミックを公開し、イヴとタキが地球降下作戦に備える前日譚が描かれている。

    https://gamebiz.jp/news/385049

  32. buchikuma-info より:

    「backed 16 16 backed」に関する最新情報です。

    SoftBankが支援するTabaPayが、a16zが支援するSynapseの資産を破産申請後に買収することになった。これはBanking-as-a-serviceの問題を示している。FTVは自らの資金の返還を要求した。

    https://techcrunch.com/2024/04/22/softbank-backed-tabapay-is-buying-the-assets-of-a16z-backed-synapse-after-it-filed-for-bankruptcy/

  33. buchikuma-info より:

    「mac バックライト perixx」に関する最新情報です。

    Perixxが発表したMac向けの薄型テンキーレスキーボード「Periboard-332MWJP」は、日本語配列と白色LEDバックライト機能を備えており、価格は4999円(税込み)から販売されている。このキーボードは、Mac向け配列を採用したパンタグラフ式キーボード「Periboard-332MW」をベースにしている。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2404/23/news162.html

タイトルとURLをコピーしました