PR

Wi-Fiルーターってどれも一緒じゃないの?とりあえず買えばいいやつ

スポンサーリンク

「Wi-Fi ルーター」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「Wi-Fi ルーター」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の「Wi-Fi ルーター」新着情報まとめ

Wi-Fi ルーターについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

Wi-Fi ルーターに関する新着ニュース

WiFiに関しては、私が実際にルーターを選んだりしているこちらの記事も参考になるかもしれません。

Wi-Fi ルーターの新製品情報

Wi-Fiルーターの新製品情報をつかんだ時にここにメモしていきます。

新製品:ネットギア WAX610Y

2023年9月9日時点での「ネットギアジャパン合同会社」の「WAX610Y」について紹介します。

WAX610Y の特徴
  • Wi-Fi 6対応、最大通信速度は5GHz帯が1201Mbps、2.4GHz帯が574Mbps
  • 最大接続台数は250台、同時接続数は30台
  • IP55等級の防水・防塵性能を有し、-10℃~50℃の環境で動作可能
価格

4万8100円(税込)

WAX610Y のおすすめポイント
  • 2.5GbpsとPoE/PoE+(IEEE 802.11af/at)に対応した有線LANポートを1つ備える
  • セキュリティ面ではWPA 3 Enterpriseに対応し、8つのSSIDを設定可能
  • 「Insight」アプリとクラウド経由の管理に対応し、1年間の無料サブスクリプションが付属
WAX610Y の気になるところ、注意点
  • 電源アダプターは別売りであり、PoEの消費電力は16.1W
  • 主に法人向けに設計されており、一般家庭向けよりも高価
WAX610Y の購入時参考情報
  • 直販サイト「ネットギアストア」で販売中
  • 本体サイズは181×34×305mm、重量は940g。壁掛けキットとポールマウントキットが付属

新製品:Archer AX23V

2023年9月2日時点でのティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)の「Archer AX23V」について紹介します。

Archer AX23Vの特徴
  • シリーズ最小サイズの縦置き型Wi-Fi 6ルーター
  • 合計1.8Gbps(5GHz:1201Mbps + 2.4GHz:574Mbps)の速度
  • EasyMeshに準拠し、最大接続台数36台をサポート
価格

5,980円(税込)

Archer AX23Vのおすすめポイント
  • 文庫本サイズ(横130×縦150mm)のコンパクトながら、高性能なWi-Fi 6ルーター
  • EasyMesh対応でメッシュWi-Fiの構築が可能
Archer AX23Vの気になるところ、注意点
  • IPv6 IPoEを使用するには対応した回線の契約や手続きが必要
  • 実際のワイヤレスデータスループット、カバレッジ、最大接続デバイス数は環境に依存
Archer AX23Vの購入時参考情報
  • 2023年9月7日(木)にAmazon.co.jpで国内向けに発売
  • 業界最長クラスの3年保証が付いている

この新製品は、特にスペースが限られた場所で高性能なWi-Fi環境を構築したい方におすすめです。興味がある方は、Amazonで詳細を確認してみてください。

新製品:「ASUS WiFi RT-AX59U (A) 無線 ルーター」

2023年8月26日時点でのASUSの「WiFi RT-AX59U (A) 無線 ルーター」について紹介します。

WiFi RT-AX59U (A) 無線 ルーターの特徴
  • IPv6 IPoE (IPv4 over IPv6) 対応で、IPv6/IPv4両方にインターネット接続可能。
  • 最大4,200Mbpsの高速通信を実現するWi-Fi 6に対応。
  • スリムデザインで卓上にも壁掛けにも対応。
価格

14,073円(税込)

WiFi RT-AX59U (A) 無線 ルーターのおすすめポイント
  • 最大4,200Mbpsの高速通信が可能なWi-Fi 6に対応しているため、多くのデバイスに高速で安定した接続が可能。
  • AiMeshに対応しており、広い通信範囲を提供するメッシュネットワークシステムを構築できる。
WiFi RT-AX59U (A) 無線 ルーターの気になるところ、注意点
  • AiMeshの最大構成可能台数は5台となっている。
  • 利用環境によっては、最大接続台数やカバレッジが変わる可能性がある。
WiFi RT-AX59U (A) 無線 ルーターの購入時参考情報
  • 接続台数の目安:最大64台
  • 1広さの目安:戸建て3階建/マンション4LDK~

直近のWi-Fi ルーターのセール情報

Wi-Fi ルーターの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

「Amazon初売り」:「HUAWEI WiFi AX3 New WS7100 V2」

2024年1月8日時点でのファーウェイの「HUAWEI WiFi AX3 New WS7100 V2」について紹介します。

「HUAWEI WiFi AX3 New WS7100 V2」の特徴
  • 最大通信速度2402+574MbpsのWi-Fi 6対応ルーター。
  • ファーウェイ独自のメッシュシステム対応で広範囲なカバーが可能。
  • スタイリッシュでコンパクトなデザイン。
価格

7,200円(税込)

お得度

セール価格でお得に購入可能。

セール期間

2024年1月7日(日)まで

「HUAWEI WiFi AX3 New WS7100 V2」のメリット、注意したいポイント
  • メリット: Wi-Fi 6対応で高速通信が可能。家中どこでも快適なインターネット環境を提供します。また、価格が手頃でコストパフォーマンスが高い。
  • 注意点: セール期間が限られているため、購入を検討している場合は早めに決断することが重要です。また、メッシュシステムをフル活用するには対応する他のデバイスも必要になります。

2024 Amazon 初売り:「HUAWEI Mesh 3 AX3000」

2024年1月5日時点でのファーウェイの「HUAWEI Mesh 3 AX3000」について紹介します。

HUAWEI Mesh 3 AX3000の特徴
  • 最大2402+574MbpsのWi-Fi 6メッシュシステム
  • 単体モデルの提供
価格

11000円(税込)

お得度

セール中に特別価格提供

セール期間

2024年1月7日まで

HUAWEI Mesh 3 AX3000のメリット、注意したいポイント
  • Wi-Fi 6で快適な通信環境
  • 単体モデルでも広範囲をカバー
  • セール期間中にお得に購入可能

アマゾンLinksys公式ストア限定:Velop AX4200トライバンドメッシュWiFi 6システム 3台パック

2023年9月9日時点でのLinksysの「Velop AX4200トライバンドメッシュWiFi 6システム 3台パック」について紹介します。

Velop AX4200トライバンドメッシュWiFi 6システムの特徴
  • Apple HomeKit対応で、Appleエコシステムとシームレスな連携が可能
  • WiFi 6とトライバンドテクノロジーを活用し、最大4.2Gbpsの超高速通信速度を提供
  • スマートホームのセキュリティを強化するためのノートン360 3か月無料サブスクリプション特典付き
価格

74,800円(さらに20% OFFクーポン付き)

お得度

20%割引とノートン360 3か月無料サブスクリプション特典が付いており、非常にお得

セール期間

2023年9月8日(金曜日)〜2023年9月10日(日曜日)

Velop AX4200トライバンドメッシュWiFi 6システムのメリット、注意したいポイント
  • スマートホーム環境の安定性と信頼性を向上させ、多数のデバイスのシームレスな連携をサポート
  • Apple HomeKitとの統合により、スマートホームのセキュリティがさらに強化される
  • Linksysアプリを利用して簡単なセットアップとコントロールが可能
  • セールはアマゾンLinksys公式ストア限定で実施

Amazon タイムセール – TP-Link Wi-Fi中継機

2023年9月2日時点でのTP-LinkのWi-Fi中継機について紹介します。

Wi-Fi中継機の特徴
  • 簡単に使用できる867 + 300Mbpsの広範囲Wi-Fi中継機
  • 11年連続で世界シェアNo.1を達成
  • APモード、OneMesh対応、スマホアプリTetherで簡単接続
価格

2,280円(税込)

お得度

45%オフの大特価

セール期間

2023年8月31日(水)(詳細な終了日は不明)

Wi-Fi中継機のメリット、注意したいポイント
  • OneMesh対応でTP-Link製ルーターと繋げて簡単にメッシュWi-Fi環境が構築可能
  • スマホアプリTetherで簡単にWi-Fi設定ができる

このセールは特にWi-Fiの接続範囲を拡大したい、あるいはメッシュWi-Fi環境を手軽に構築したい方におすすめです。興味がある方は、Amazonのセールページで詳細を確認してください。

新製品:WN-DAX5400QR/E と WN-DAX3000GR/E

2023年8月26日時点で、アイ・オー・データ機器が販売するWi-Fi 6対応ルーター「WN-DAX5400QR/E」と「WN-DAX3000GR/E」について紹介します。

WN-DAX5400QR/Eの特徴
  • 最大4804+574MbpsのWi-Fi 6対応
  • WANポートは2.5Gbpsに対応
  • Amazonセールで39%OFF
価格

1万780円(税込)

WN-DAX5400QR/Eのおすすめポイント
  • 高速なWi-Fi 6対応で最大4804+574Mbps
  • 2.5GbpsのWANポートで高速インターネット接続が可能
WN-DAX5400QR/Eの気になるところ、注意点
  • セール価格や内容は予告なく変更される場合がある
  • プライム会員限定で特定のサービスが行われる可能性がある
WN-DAX5400QR/Eの購入時参考情報
  • Amazon.co.jpのアイ・オー・データストアで特選タイムセール中
  • セール価格は39%OFFの1万780円

WN-DAX3000GR/Eの特徴
  • 最大2402+574MbpsのWi-Fi 6対応
  • Amazonセールで30%OFF
価格

8980円(税込)

WN-DAX3000GR/Eのおすすめポイント
  • 手頃な価格でWi-Fi 6対応のルーター
  • Amazonで30%OFFのセール価格
WN-DAX3000GR/Eの気になるところ、注意点
  • セール価格や内容は予告なく変更される場合がある
  • プライム会員限定で特定のサービスが行われる可能性がある
WN-DAX3000GR/Eの購入時参考情報
  • Amazon.co.jpのアイ・オー・データストアで特選タイムセール中
  • セール価格は30%OFFの8980円

TP-Linkストア:Wi-Fi 6E/6対応ルーター&中継機

2023年8月23日時点でのTP-LinkのWi-Fi 6E/6対応ルーター&中継機について紹介します。

Archer AX90/Aの特徴
  • 最大通信速度4804+1201+574MbpsのトライバンドWi-Fi 6対応
  • TP-Link OneMesh対応
  • セールでの27%OFF
価格

2万1800円(税込)

お得度

27%OFF

セール期間

特に記載なし

Archer AX90/Aのメリット、注意したいポイント
  • 高速通信が可能
  • OneMesh機能による安定した通信エリアを確保

TP-Linkストア:Wi-Fi 6E対応メッシュシステム「Deco XE75/A」

Deco XE75/Aの特徴
  • トライバンドWi-Fi 6E対応で、最大通信速度2402+2402+574Mbps
  • クーポン使用で5000円OFF
価格

3万6768円(税込)

お得度

5000円OFFクーポン

セール期間

有効期限:8月31日

Deco XE75/Aのメリット、注意したいポイント
  • 高速なトライバンドWi-Fi 6E対応
  • お得なクーポン利用可能

「セールでお得」:「ASUS RT-AX3000 V2」

2024/01/08時点での「ASUS」の「RT-AX3000 V2」について紹介します。

「RT-AX3000 V2」の特徴
  • 最大2402+574MbpsのWi-Fi 6ルーター。
  • ASUS独自のメッシュ機能「ASUS AiMesh」に対応。
  • Amazon.co.jpのASUSストアで特選タイムセール対象商品。
価格

1万3842円(税込)

お得度

通常価格からの割引率などは明示されていませんが、特選タイムセールとしてのお得度は高いと思われます。

セール期間

具体的なセール期間は明示されていませんが、タイムセールであるため短期間のみのセールと思われます。詳細はAmazon.co.jpのASUSストアページで確認してください。

「RT-AX3000 V2」のメリット、デメリット
  • メリット:Wi-Fi 6対応で高速な通信が可能。
  • デメリット:セールの詳細や期間については公式ページでの確認が必要。

注意:セール開催・内容・価格等は、予告なく変更となる場合がございます。また、値引きやクーポンによるサービスがプライム会員限定などで行われている場合もあります。正確な情報は、販売ページ上でご確認ください。

Wi-Fi ルーター:「Archer AX90/A」

2023/07/20時点での「TP-Link」の「Wi-Fi ルーター」について紹介します。

「Archer AX90/A」の特徴
  • 最大通信速度4804+1201+574MbpsのトライバンドWi-Fi 6ルーター
  • 同社独自のメッシュ機能「TP-Link OneMesh」に対応
  • Amazonでの特選タイムセール対象
価格

「2万1800」円(税込)

お得度

「27%OFF」

セール期間

「2023年7月20日(木)」〜「セール終了日は情報に記載なし」

「Archer AX90/A」のメリット、デメリット
  • メリット:高速通信が可能なトライバンドWi-Fi 6ルーターで、メッシュ機能も搭載しており、拡張性が高い
  • デメリット:「デメリットは情報に記載なし」

※セールの詳細、開催期間、その他の製品については、販売ページ上での正確な情報をご確認ください。

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「Wi-Fi ルーター」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「Wi-Fi ルーターとは」的な内容になります。

Wi-Fiルーターの選び方

Wi-Fiルーターは、スマートフォンやノートパソコン、タブレットなどのデバイスでネット接続を行うために必須のアイテムとなっています。最近では、家電製品やゲーム機にもWi-Fi対応モデルが増加しており、Wi-Fiルーターの選び方を知ることは非常に重要です。このセクションでは、Wi-Fiルーターの基本的な知識や選び方を詳しく解説します。

無線LAN規格で選ぶ

無線LANにはさまざまな規格が存在し、現在の最新規格は「11ax(Wi-Fi 6e)」です。Wi-Fiルーターを選ぶ際には、この「11ax」または「11ac」に対応しているモデルを選択すると、最新のデバイスでも問題なく利用することができます。

  • 既存の無線LAN規格には以下が存在:
    • IEEE 802.11a
    • IEEE 802.11b
    • IEEE 802.11g
    • IEEE 802.11n
    • IEEE 802.11ac
    • IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6、Wi-Fi 6e)

接続可能な台数で選ぶ

Wi-Fiルーターには「同時接続可能な台数の上限」が設定されているため、使用するデバイスの数を考慮して選ぶ必要があります。また、通信速度を維持するために、実際に接続する台数よりも多くの台数に対応したモデルを選ぶことが推奨されています。

  • 予め接続するデバイスの数を確認
  • 接続台数の上限に余裕を持ったモデルを選ぶことがオススメ

通信速度で選ぶ

Wi-Fiルーターの通信速度は、搭載されているアンテナの数によって異なります。一般的に、アンテナの数が多いほど通信速度が向上します。ルーターの外見だけでなく、製品情報で通信速度やアンテナ数をチェックすることが大切です。

  • アンテナの数が多いと通信速度が速くなる
  • アンテナ数を確認し、必要な通信速度を持つ製品を選択

戸建、マンション、一人暮らし、家族、それぞれが選ぶべきルーター

選ぶWi-Fiルーターは生活スタイルや住環境によって異なる。以下、それぞれの状況におすすめのルーターとその特徴をまとめます。

一人暮らしのおすすめルーター

一人暮らしの場合、場所をとらないコンパクトなルーターが最適。また、接続台数が多いモデルは価格が高くなるため、コスパに優れた接続台数15台前後の商品が適している。

  • コンパクトサイズで場所を取らない
  • 接続台数15台前後でコスパが良い
  • IO DATAやELECOMのモデルが人気

家族みんなで使うルーターの選び方

家族全員が端末を持っている現代では、接続台数の多いモデルやMU-MIMO機能を持つモデルが必須。これにより、同時接続でも通信速度の低下を避けることができる。

  • 接続台数の多いモデルがおすすめ
  • MU-MIMO機能で複数の機器との通信をスムーズに
  • TPLINKやELECOMの高性能モデルが適している

オフィス用ルーターの選び方

オフィスでは安全なVPN接続が求められるため、VPN対応ルーターがおすすめ。また、DFS障害回避機能や公平通信制御機能を持つモデルを選ぶことで、安定した通信環境を確保できる。

  • VPN対応で高度な通信セキュリティ
  • DFS障害回避機能でレーダー波検知にも迅速に対応
  • BUFFALOのVPNルーターや無線アクセスポイントが人気

今の住環境や利用人数を元に、最適なルーターを選ぶことで、快適なインターネット生活を送ることができる。選び方の際は、メーカーの公開情報やカタログ、Webページを参考にしよう。

Wi-Fiルーターにあると便利な機能

Wi-Fiルーターの選び方は多岐にわたるが、特に知っておくと便利な機能についてまとめます。

MU-MIMO

MU-MIMOは、複数の端末と同時に通信することを可能にする技術です。従来のSU-MIMOは端末とルーターの1対1の通信となるため、多くの端末が接続されると通信速度が低下することがあった。しかし、MU-MIMOを搭載したルーターでは、複数の端末との通信速度の低下を抑えることができます。

  • 複数端末との通信をスムーズにする
  • 従来のSU-MIMOよりも通信速度の低下を防ぐ
  • 1対複数の端末と同時に通信可能

ビームフォーミング

ビームフォーミングは、Wi-Fiの電波を特定の端末に向けて強く飛ばす技術です。通常のWi-Fiルーターは全方向に電波を発信するが、ビームフォーミングを持つルーターは端末の位置を検知して、その方向に電波を集中的に送ることで通信品質を向上させます。

  • 指向性の強い電波で特定の端末に通信を強化
  • Wi-Fiルーターから離れた場所でも通信品質が良好
  • 対応機器が必要

バンドステアリング/オートチャネルセレクト

バンドステアリングは混雑している周波数帯から空いている周波数帯に自動で切り替える機能です。一方、オートチャネルセレクトは空いているチャネルに自動的に切り替えることで通信の干渉を減少させる機能です。

  • 5GHz帯や2.4GHz帯の混雑を自動的に回避
  • 通信の干渉を減少させるための自動チャネル選択
  • 最新の機種では動作中に自動で切り替わる

以上、Wi-Fiルーター選びの際に参考にすると良い便利な機能を紹介しました。これらの機能を搭載したルーターを選ぶことで、より快適なインターネット環境を実現することができるでしょう。

Wi-Fi ルーターの口コミ・評判

Wi-Fi ルーターの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Wi-Fi ルーター」と検索できます。

Wi-Fi ルーターの知っておきたいよくあるQ&A

「Wi-Fi ルーター」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
Wi-Fi ルーターとは何ですか?
A

Wi-Fiルーターは、インターネット接続を無線化して、スマートフォンやパソコンなどのデバイスにWi-Fi信号を提供する機器です。有線接続(イーサネット)を受け取り、それを無線のWi-Fi信号として周囲に放射します。

Q
Wi-Fi ルーターの設定は難しいですか?
A

多くのWi-Fiルーターは、簡単なセットアップガイドやアプリを備えており、基本的な設定は比較的簡単に行うことができます。しかし、詳細な設定やセキュリティ強化のための設定は専門知識が必要な場合もあります。

Q
Wi-Fi ルーターの速度を向上させる方法は?
A

Wi-Fiルーターの速度を向上させるためには、ルーターの位置を最適化する、無線チャネルを変更する、無駄なデバイスの接続を制限するなどの方法があります。また、古いルーターの場合は、新しいモデルにアップグレードすることも考慮するとよいでしょう。

Q
どれくらいの範囲でWi-Fiが利用できますか?
A

Wi-Fiルーターの範囲は、機器のモデルや設置場所、周りの物理的な障害物によって異なります。一般的には、家の中で数十メートルの範囲が期待できますが、障害物や電子機器の影響で範囲が短くなることもあります。

Q
Wi-Fi ルーターのセキュリティはどう確保しますか?
A

Wi-Fiルーターのセキュリティを確保するためには、強力なパスワードを設定し、WPA3などの最新の暗号化方式を使用することが推奨されます。また、不要なポートの開放を避け、定期的なファームウェアの更新を行うことで、セキュリティを強化することができます。

「Wi-Fi ルーター」に関して参考になる記事リスト

「Wi-Fi ルーター」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

ガジェット関連記事

スマートホーム系
災害対策用
インターネット関連
パソコン周辺機器
スポンサーリンク

「Wi-Fi ルーター」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

PC/MAC周辺機器
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「クーポン パソコン オフ」に関する最新情報です。

    HPのパソコン割引クーポン情報をまとめると、11万円以上で5%オフ、13万2000円以上で7%オフ、7万7000円以上で4%オフのクーポンが利用可能です。条件を満たさなくても、有料オプションを追加すれば13万2000円以上でのクーポン利用も可能です。また、法人向けのビジネスパソコンでも4%オフのクーポンが利用できます。深夜や土日には限定クーポンも発行される場合があります。

    https://little-beans.net/sale/hp-coupon/

  2. buchikuma-info より:

    「接続 有線 有線 接続」に関する最新情報です。

    「AN-S128」は、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応したディスプレイオーディオにUSB接続し、スマートフォンとBluetooth連携することで、有線接続が不要になります。車に乗る度に手動で接続する必要がなく、スマートフォンの置き場所も限定されません。Apple CarPlay対応のAN-S128iとAndroid Auto対応のAN-S128Aの2つのモデルがあり、コンパクトなデザインで取り付けも簡単です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJ2h0dHBzOi8vamlrYXlvc2hhLmpwLzIwMjQvMDIvMjYvMTYxODcyL9IBAA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました