PR

今買うならHDDかSSDか、最新モデルとお買い得製品まとめ

スポンサーリンク

「HDD/SSD」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「HDD/SSD」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の「HDD/SSD」新着情報まとめ

HDD/SSDについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

HDD/SSDに関する新着ニュース

HDD/SSDに関する新着ニュースをまとめています。

海外メーカー製NASキット、今が買い時!

2023年4月20日の、海外製NASキットに関する情報をお届けします。

  • HDDやSSDの価格低下により、海外メーカー製NASキットの魅力が増加している。特に、ASUSTOR、QNAP、Synologyの製品が注目されている。
  • NASキットはクラウドサービスに代わる選択肢として人気があり、家庭内でデータの管理やファイル共有が簡単に行える。データの保存だけでなく、メディア管理やリモートアクセスも可能。
  • 初心者でも設置や設定が簡単に行えるようになっており、初期費用も抑えられるようになっている。
NASキットの基本知識
  • NAS(Network Attached Storage)はネットワークに接続されたデータ保管庫で、家庭内の複数のデバイスから利用可能。
  • NASキットはUSBストレージやクラウドストレージと比較して、月額料金が不要で、大容量もリーズナブルに実現できるなどのメリットがある。
  • NAS向けのSSDやHDDの選定には注意が必要で、NASやRAIDでの使用に対応した製品を選ぶことが重要。
おすすめの海外メーカー製NASキット

海外製NASキットの中で特に注目されている3大メーカーの製品には、以下のような特長があります。

1. ASUSTOR DRIVESTOR 2 AS1102T
  • 価格: 2万3520円
  • CPU: RTD1296(4コア/1.4GHz)
  • メモリ: 1GB
  • ネットワーク: 2.5Gbps×1
2. QNAP TS-233
  • 価格: 2万8238円
  • CPU: Cortex-A55(4コア/2.0GHz)
  • メモリ: 2GB
  • ネットワーク: 1Gbps×1
3. Synology DS220j
  • 価格: 2万7405円
  • CPU: RTD1296(4コア/1.4GHz)
  • メモリ: 512MB
  • ネットワーク: 1Gbps×1

以上の情報から、NASキットはデータ保管だけでなく、多くの付加価値を提供する製品として注目されています。特に海外製NASキットは、多機能性と拡張性が魅力で、個人や家庭内でのデジタルトランスフォーメーションを実現できる可能性があります。

HDD/SSDの新製品情報

HDD/SSDの新製品情報についてまとめています。

Synologyの新製品と最新機能をCOMPUTEX TAIPEI 2023で披露

2023年9月5日の、Synologyの新製品と最新機能発表に関する情報をお届けします。

  • COMPUTEX TAIPEI 2023でSynologyが新しい製品と機能を紹介
  • NAS用最新OS「DSM 7.2」が強化されたパーソナルクラウド機能とセキュリティ機能を提供
  • 新たなポータブルSSDと監視カメラソリューションも発表
新製品と最新機能の詳細
  • NAS向けOS「DSM 7.2」: 新機能として、ファイル共有時にウォーターマークを挿入したり、ダウンロードを制限する機能が追加。また、「Write Once Read Memory」機能が導入され、指定したフォルダ内のファイルを一定期間編集や削除ができなくするセキュリティ対策が強化されました。
  • ポータブルSSD「BeeDrive」: 1TBと2TBの容量オプションで、PCやスマートフォンのデータの簡単かつ安全なバックアップが可能。価格は1TBモデルが20,700円、2TBモデルが34,500円で、6月7日からの発売が予定されています。
  • Synology製NAS用HDD「HAT3300」シリーズ: 4TB、6TB、8TB、12TBの容量オプションがあり、6月1日から発売が予定されています。価格は以下の通りです。
容量価格(円)
4TB15,100
6TB25,300
8TB32,100
12TB42,200

監視カメラソリューション「Surveillance Station」: 新しいUIと新機能が導入され、新たなネットワークカメラ「BC500」と「CT500」が発表されました。これらのカメラはAI処理機能を内蔵しており、ライセンス不要で利用できます。

直近のHDD/SSDのセール情報

HDD/SSDの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

「楽天市場セール」:「IODATA スティック型外付SSD 1TB」

2023年11月6日時点での「IODATA」の「スティック型外付SSD 1TB」について紹介します。

「IODATA スティック型外付SSD 1TB」の特徴
  • USB-A/USB-C両対応で幅広いデバイスに対応
  • 高速データ転送可能で、大容量の高画質画像や動画データもスムーズに読み込み
  • コンパクトなスティックタイプで、ケーブル不要、持ち運びに便利
価格

8,637円(税込、10%ポイント還元:11月7日9時59分まで)

お得度

10%ポイント還元により実質7,000円台で購入可能

セール期間

2023年11月7日(月曜日)9時59分まで

「IODATA スティック型外付SSD 1TB」のメリット、注意したいポイント
  • USB-A/USB-C両対応でiPhone15やiPad、Mac、Windows PCからPS5まで多様なデバイスと互換性あり
  • コンパクトサイズで外出先でも便利に使用できるが、紛失しやすいサイズなので注意が必要

楽天市場「楽天スーパーDEAL」:バッファロー外付けHDD 6TB

2023年10月06日時点でのバッファローの「HD-TDA6U3-B 外付けHDD 6TB」について紹介します。

HD-TDA6U3-B 外付けHDD 6TBの特徴
  • 机やテレビ周りでもすっきり設置できるコンパクトサイズ。
  • HDDが壊れる前に通知してバックアップを促す「みまもり合図 for AV」を搭載。
  • 防振用シリコンゴムでフローティング構造にして、振動による音も低減。
価格

14,270円(税込)

お得度

ポイント10倍

セール期間

2023年10月04日(水)〜2023年10月11日(火)1時59分

HD-TDA6U3-B 外付けHDD 6TBのメリット、注意したいポイント
  • バックアップデータ作成やテレビの録画保存に最適。
  • 従来のファンレス設計による静音化、さらに通気孔をふさぐことで音漏れを防止。

Amazonセール:バッファロー外付けHDD「HD-AD6U3」

2023年9月27日時点でのバッファローの外付けHDD「HD-AD6U3」について紹介します。

「HD-AD6U3」の特徴
  • 大容量6TBで、テレビ録画やPCのデータバックアップに最適
  • 故障予測「みまもり合図」機能搭載
  • コンパクトサイズで縦置きも可能、多様な設置場所に対応
価格

12,302円(税込、8%オフ)

お得度

8%オフのため、かなりお得です。

セール期間

2023年9月27日(不明) 〜 不明

「HD-AD6U3」のメリット、注意したいポイント
  • USB-C対応で、スマホからPCまで幅広く使用可能
  • 静音&コンパクトで、場所を取らずに設置可能
  • 複数のテレビブランドと互換性あり(シャープ、ソニー、パナソニックなど)

楽天スーパーSALE:nasne (NS-N100)

2023年9月5日時点でのバッファローのnasne (NS-N100)について紹介します。

nasne (NS-N100)の特徴
  • テレビが無くてもテレビ番組を観る・録ることが可能
  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)製テレビアプリ「torne(R) mobile」に対応
  • 大容量2TBのハードディスク内蔵で最大10TBまで容量拡張可能
価格

29,800円(税込)

お得度

通常の10倍のポイントを獲得できる

セール期間

2023年9月4日(日)20時〜2023年9月11日(日)1時59分

nasne (NS-N100)のメリット、注意したいポイント
  • 複数台で同時録画や同時視聴が可能
  • 一部の機能利用には有料プラグインの購入が必要

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「HDD/SSD」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「HDD/SSDとは」的な内容になります。

HDDとSSDの違い

HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)は、どちらもデータストレージデバイスですが、データの保存方法や性能において重要な違いがあります。以下に、その主な違いについて詳しく解説します。

仕組みと動作

  • SSD: SSDはデータをフラッシュメモリの電子回路に保存する方式を採用しています。不揮発性のフラッシュメモリを使用し、浮動ゲートトランジスタを利用してデータを保存・取得します。
  • HDD: HDDは複数の機械部品を使用してデータを保存・取得します。具体的には、磁気コーティングされた回転するプラッタにデータを保存します。

読み取り・書き込みプロセス

  • SSD: SSDの読み取りプロセスはSSDコントローラがデータブロックのアドレスを検出し、その電荷を読み取るという方式です。書き込みの際には、フラッシュブロック全体を更新する必要があります。
  • HDD: HDDの読み取りプロセスは、I/Oコントローラがアクチュエータアームに信号を送信し、読み取り/書き込みヘッドが電荷を読み取るという方式です。書き込みの際には、読み取り/書き込みヘッドがデータを保存する場所に移動します。

パフォーマンス

  • SSD: SSDはHDDよりも高速に動作し、消費電力も低いです。特に大きなファイルの移動やアプリケーションの実行速度において、その性能の差が顕著に現れます。
  • HDD: HDDの速度は、プラッタの回転速度によって制限されるため、一般的にSSDよりも低速です。

コストとストレージキャパシティ

  • SSD: SSDのデータストレージのコストは、1GBあたり0.08〜0.10USD程度です。
  • HDD: HDDは1GBあたり0.03〜0.06USDで、大容量のストレージが市場に普及しています。

耐久性と信頼性

  • SSD: SSDは機械部品がないため、耐久性に優れています。また、特定の技術を使用してデータの書き換えを均等に行うことで、寿命を延ばしています。
  • HDD: HDDは機械部品が動くため、耐久性が比較的に劣ります。機械部品の破損リスクや熱の問題があります。

使用シーン

  • SSD: 高速処理が必要な場合や、大量のデータを頻繁に読み書きする場合、データ分析やゲームなどのワークロードに適しています。
  • HDD: データバックアップやアーカイブなど、アクセス頻度が低い大量のデータの保存に適しています。

相違点の要約

項目SSDHDD
仕組み電子回路でデータ保存機械的な磁気プラッタでデータ保存
読み取りプロセスコントローラがアドレスを検出・電荷読み取りI/Oコントローラからの信号でアクチュエータアーム動作・電荷読み取り
書き込みプロセス新しいブロックにコピー・古いブロック消去・電荷変更読み取り/書き込みヘッドが移動・電荷変更で保存
パフォーマンス高速低速
コスト高い低い
耐久性高い低い

HDD/SSDのデータ消去方法

デジタルデバイスのHDDやSSDの処分は、バッテリの処分と並んで面倒なタスクとされています。特に、データの安全性に関連する問題が主な懸念点となります。以下に、データの安全削除や物理的破壊について、具体的な方法と注意点を解説します。

データの完全消去

データの安全削除は、HDDやSSDを譲渡や転売する際に必要となる処理です。一般的なフォーマットだけではデータが完全に消えないため、データ消去専用のツールを用いてデータを上書き消去することが推奨されます。特に、専門知識のない古物商から購入した場合、データ復元のリスクが高まります。

  • 市販のデータ消去専用ソフトやCCleanerのようなフリーソフトを使用
  • スタンドアロンで動作するデータ消去専用デバイス(例: UD-3101CLER)を利用
  • データ消去時の時間と労力を考慮

専門店のHDD破壊サービス

廃棄を目的としている場合、物理的な破壊が一番効果的な方法とされます。専門店では、HDD破壊装置を使用してHDDを物理的に破壊するサービスを提供しています。料金は業者によって異なり、無料のサービスも存在します。

  • 専門店のサービスを利用して物理的にHDDを破壊
  • 破壊装置のモデルによって破壊の程度が異なる
  • 地方在住者には地元に支店がある業者を利用するのが便利

自力での物理的破壊

自身で電動ドリルを使用してHDDのプラッタに穴を開ける方法もあります。これには、電動ドリル、鉄工用ドリルビット、木の板、万力などの用具が必要です。適切な準備と注意を払えば、簡単かつ安全に作業を行うことが可能です。

  • 電動ドリルとその他の用具を準備
  • 作業中の安全と破片の管理に注意
  • ガラス製のプラッタを採用したHDDでは破片に注意が必要
  • データの完全消去は、譲渡や転売を前提とした場合に重要なステップであり、専用のツールやソフトを利用することが推奨される。
  • 物理的な破壊は、HDDの廃棄を目的とする場合に最も効果的であり、専門店のサービスを利用するか自身で行うことができる。
  • 自力での物理的破壊は準備と注意が必要であり、安全性を確保しながら効果的に行うことが可能。

HDD/SSDのおすすめの選び方

HDDとSSDはコンピュータのデータストレージデバイスであり、それぞれには特徴と利点があります。購入を検討している場合、以下の重要なポイントを考慮してください。

速度と性能

HDDとSSDの最も顕著な違いは速度と性能です。SSDはHDDよりもデータアクセスと書き込み速度が速く、これはSSDがフラッシュメモリを使用し、HDDが機械的なパーツ(プラッターとヘッド)を使用していることに起因します。したがって、HDDとSSDの性能の違いは、体感できるほど明らかであり、SSDはHDDよりも20-30%速い場合があります。また、処理時間が半分に短縮されるケースもあります。

  • SSDはHDDより高速
  • SSDはフラッシュメモリを利用
  • HDDは機械的なパーツを利用

価格と耐久性

HDDとSSDの価格はそれぞれの性能と容量によって異なります。SSDは速度面で優れているため、同じ容量でもHDDよりも高価です。また、SSDにはさまざまなタイプ(SLC、MLC、TLC)があり、それぞれ耐久性と価格に違いがあります。

  • SSDはHDDよりも高価
  • SSDの種類によって耐久性と価格が異なる
  • HDDは大容量で安価な選択肢

軽量性と静音性

SSDはHDDよりも軽量であり、特にポータブルデバイスに適しています。また、SSDは静音性にも優れています。一方で、HDDは大容量のデータストレージニーズに適した安価な選択肢を提供します。

  • SSDは軽量でポータブルデバイスに適している
  • SSDは静音
  • HDDは大容量と低価格を提供

まとめ

  • HDDとSSDの違いを理解して選択する
  • SSDは速度と性能で優れるが価格は高め
  • HDDはコスト効果的で大容量のデータストレージに適している
  • SSDは軽量かつ静音性に優れている
  • 選択肢にはデータ容量、回転速度(HDD)、処理速度(SSD)、種類(内蔵、外付け、NAS)を考慮する

SSDとHDDのおすすめ商品とメーカー紹介

今回は、SSDとHDDのおすすめ商品とメーカーを紹介します。様々なメーカーが存在し、それぞれ異なる特徴や性能を持つ製品を提供しています。ここでは、それらの製品とメーカーの特徴について詳しく説明します。

SSDのおすすめメーカーと商品

SSDを選ぶ際には信頼できるメーカーから選ぶことが重要です。以下に、いくつかの人気メーカーとそれぞれのおすすめ商品を紹介します。

  • サムスン: 韓国の多国籍企業で、独自技術「3D V-NAND」を持つSSD製品が特徴。例として「Samsung SSD 870 QVOシリーズ」や「Samsung 980 PRO」シリーズなどがある。
  • クルーシャル: アメリカの半導体メーカー「マイクロン」が展開するブランドで、40年以上の歴史と3~5年の保証期間が特徴。
  • サンディスク: ウエスタンデジタル社のブランドで、USBフラッシュメモリやメモリーカードなども提供している。
おすすめSSDモデルの紹介
  • 内蔵型SSD: 主に2.5インチ、M.2、mSATAがあり、パソコン作業やゲームのパフォーマンス向上に適しています。
  • 外付けSSD: 容量が不足した際に手軽にストレージを増やせる。1TB以上が特に高画質なデータの保管に適しています。
  • ゲーミングPC/Playstation 4向けSSD: 処理速度が重要で、SSD増設がゲーム環境の向上におすすめ。

HDDのおすすめメーカーと商品

HDDの選び方でも、人気メーカーから選ぶことが推奨されます。以下に、いくつかの人気メーカーを紹介します。

  • 東芝: 日本を代表するメーカーで、国内唯一のHDDメーカーとして幅広いラインナップを提供。
  • シーゲイト: アメリカのメーカーで、高いパフォーマンスと静音性を持つ製品が特徴。
  • バッファロー: 愛知県を拠点とするメーカーで、コストパフォーマンスの良いモデルから高機能モデルまで提供。
  • アイ・オー・データ: 石川県を拠点とするメーカーで、データ復旧サービスなどが特徴。

箇条書きでのまとめ

  • SSDとHDDの選び方には、信頼できるメーカーから選ぶことが重要。
  • サムスン、クルーシャル、サンディスクなどがSSDの人気メーカー。
  • 東芝、シーゲイト、バッファロー、アイ・オー・データなどがHDDの人気メーカー。
  • SSDは内蔵型、外付け型、ゲーミング用など多くのバリエーションがあり、用途に応じて選ぶことができる。
  • HDDの選び方も多岐にわたり、各メーカーが異なる特徴と保証期間を提供している。

HDD/SSDの口コミ・評判

HDD/SSDの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「HDD/SSD」と検索できます。

HDD/SSDの知っておきたいよくあるQ&A

Q
HDDとSSDの違いは何ですか?
A

HDD (Hard Disk Drive) と SSD (Solid State Drive) はともにコンピュータのストレージデバイスですが、データの保存方法が異なります。HDDは磁気ディスクを利用してデータを保存し、物理的な動き(ディスクの回転と読み書きヘッドの動き)が関わります。一方で、SSDはフラッシュメモリという半導体を利用してデータを保存し、物理的な動きが関わりません。これにより、SSDはHDDよりも高速な読み書き速度を実現しています。

Q
SSDはHDDよりも高価ですか?
A

一般的に、同じデータ容量で比較するとSSDはHDDよりも高価です。しかし、SSDは読み書き速度が高速であり、耐久性や静音性に優れています。このため、パフォーマンスとコストのバランスを考慮した上で選定することが重要です。

Q
HDDやSSDの寿命はどれくらいですか?
A

HDDとSSDの寿命はそれぞれ異なり、使用状況や条件によっても変わります。HDDは物理的な摩耗により、通常5〜10年の寿命が見込まれます。SSDは書き込み回数に制限があり、通常は数年から10年程度の寿命があります。ただし、高品質なSSDはさらに長寿命となる可能性があります。

Q
SSDの種類(SLC, MLC, TLC)の違いは何ですか?
A

SSDにはSLC (Single-Level Cell)、MLC (Multi-Level Cell)、TLC (Triple-Level Cell) といった異なるセル技術があります。これらはデータの保存方法が異なり、SLCは1セルに1ビット、MLCは1セルに2ビット、TLCは1セルに3ビットのデータを保存します。SLCは高価だが高速かつ耐久性が高く、MLCとTLCはコストパフォーマンスに優れているが、耐久性と速度がやや劣ります。

Q
HDDやSSDの容量を増やす方法はありますか?
A

HDDやSSDの容量を増やす方法としては、新しいHDDやSSDを購入して追加するか、外付けのHDDやSSDを利用する方法があります。また、不要なデータの削除やアーカイブを行い、容量を節約することも効果的な方法となります。

「HDD/SSD」に関して参考になる記事リスト

「HDD/SSD」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

ガジェット関連記事

スマートホーム系
災害対策用
インターネット関連
パソコン周辺機器
スポンサーリンク

「HDD/SSD」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

PC/MAC周辺機器
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ai 半導体 ai 半導体」に関する最新情報です。

    2024年5月7日にAppleが発表した新型iPad ProにはAIに特化した独自設計の最新プロセッサー「M4」が搭載され、性能が向上している。AppleはAIアプリケーションを効率的に利用することを目指しており、M4はTSMCの第2世代3nm製造プロセスを採用している。AppleはAI半導体分野での競争力を強化し、開発者会議で新戦略を公表する予定である。一方、SamsungはIntelと協力し、AIアクセラレーター「MACH-1 Inference Chip」を開発しており、AI半導体戦略に注目が集まっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOGh0dHBzOi8veHRlY2gubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL254dC9jb2x1bW4vMTgvMDEyMzEvMDAxMDgv0gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「11 11 amazon 11 インチ」に関する最新情報です。

    シャオミ製11インチタブレット「Pad 6」がAmazonで最大11%OFFのタイムセール中。Android 13ベースのOS搭載で、2,880×1,800ドットの11インチ液晶やQualcom Snapdragon 870を搭載。Wi-Fi版が44,470円から販売されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vZm9yZXN0LndhdGNoLmltcHJlc3MuY28uanAvZG9jcy9zZXJpYWwvZ29vZGJ1eS8xNTkwMzQzLmh0bWzSAQA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「ssd 1万 1万 切っ」に関する最新情報です。

    Amazonのセールで、iPhone 15に直接挿せるロジテックのSSD 1TBや高速なSanDiskのmicroSDカードなど、ストレージ商品がお得に販売されている。他にもバッファローやエレコム、IODATAなどのSSDや外付けHDDもセール中。また、サンディスクのmicroSDカード1.5TBも13%オフで大容量のストレスフリーなデータ保存が可能。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNC9hbWF6b24tdGltZXNhbGUtZmVzLTIwMjQtMDQyMC0xLmh0bWzSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「would deal hubspot」に関する最新情報です。

    Googleの親会社であるAlphabetが、ボストンに拠点を置くCRMおよびマーケティング自動化企業であるHubSpotを買収する可能性を検討しているという噂が広まっている。この取引が実現すれば、現在の価値を大幅に上回る価格で行われる可能性が高い。両社はすでに関係を持っており、Google広告を使用してHubSpotの売上を促進するパートナーシップを結んでいる。Alphabetはこれまでに多くの買収を行ってきたが、これほど規模の大きな取引は珍しい。

    https://techcrunch.com/2024/04/04/as-deal-rumors-fly-alphabet-and-hubspot-would-be-a-strange-pairing/

  5. buchikuma-info より:

    「楽天 pr ブログ」に関する最新情報です。

    楽天でのお買い物に関するブログ記事で、特定のプロモーション情報が含まれており、10%OFFクーポンを利用してType-c製品を購入したという内容が記載されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vcGxhemEucmFrdXRlbi5jby5qcC90ZWt1dGVrdXRla3V0ZWt1L2RpYXJ5LzIwMjQwMzIwMDAwNy_SAURodHRwczovL3BsYXphLnJha3V0ZW4uY28uanAvdGVrdXRla3V0ZWt1dGVrdS9kaWFyeS8yMDI0MDMyMDAwMDctYW1wLw?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「制御 推定 キット」に関する最新情報です。

    当社は、モーター制御ソフトウェア開発キット「MCU Motor Studio」に新しい位置推定制御技術を追加した「MCU Motor Studio Ver.3.0」と、モーターパラメーターを自動算出する新ツール「Motor Tuning Studio Ver.1.0」を開発し、提供を開始した。ベクトル制御向けマイコンやソフトウェア開発キットを拡充し、モーターの高効率化をサポートする取り組みを行っていく。これにより、ベクトル制御の複雑なPI制御ゲインチューニングの課題を解決し、モーター制御の容易化を図る。MCU Motor Studioは既知のモーターパラメーターを使用していたが、モーターからのパラメーター抽出機能が不足していた点も改善された。

    https://toshiba.semicon-storage.com/jp/company/news/news-topics/2024/03/micro-20240319-1.html

  7. buchikuma-info より:

    「ウエスタン ウエスタン デジタル デジタル」に関する最新情報です。

    Amazon新生活SALEが3月1日に始まり、ウエスタンデジタルが大容量ストレージ製品を最大33%割引で販売している。新生活を始める際には、思い出やデータを保存するためのストレージが必要であり、このセールでお得に購入できるチャンスだ。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2403/02/news046.html

  8. buchikuma-info より:

    「ai サービス 発表」に関する最新情報です。

    AppleのクックCEOは、今年中に新しいAI関連サービスの発表を匂わせ、「新境地を開く」と述べました。AppleはAI事業に重点を置き、Apple CarからAI事業にスイッチする動きも見せています。2024年には生成AIの新しい進化が期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NTMyL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc2NTMyL2FtcC8?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「電力 100 導入」に関する最新情報です。

    パナソニックホームズとその販売会社は、国内の住宅展示場118拠点に再生可能エネルギー100%電力を導入する取り組みを始めた。再生可能エネルギー化を推進し、脱炭素化や持続可能な社会の実現に貢献するため、電力消費の再生可能エネルギー化を進めることで事業活動を加速させる。再生可能エネルギー電力は新電力プランとオフサイトPPAモデルの2種類で構成され、東京・名古屋・大阪・福岡など99拠点で新電力プランを導入し、東京・名古屋など19拠点でオフサイトPPAモデルを採用する。

    https://www.s-housing.jp/archives/341250

  10. buchikuma-info より:

    「2万 2万 楽天 hdd」に関する最新情報です。

    楽天セールで、ケーブル1本でテレビに繋ぐことができる手のひらサイズの3TB外付けHDDが1.2万円で販売されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmxpZmVoYWNrZXIuanAvYXJ0aWNsZS9yYWt1dGVuLXNhbGUtMjAyNC0wMjE2LTEv0gEA?oc=5

  11. buchikuma-info より:

    「000 000 楽天 16」に関する最新情報です。

    Ankerのお手軽体組成計は、乗るだけで簡単に16項目のカラダのデータを測定することができます。この体組成計は楽天お買い物マラソンで4,000円台で購入することができます。

    https://www.lifehacker.jp/article/rakuten-sale-2024-0207-1/

  12. buchikuma-info より:

    「要約 ai 記事」に関する最新情報です。

    株式会社インプレスは、Googleの最新AIモデル「Gemini」を使用した記事のAI要約機能を、デジタル総合ニュースサービス「Impress Watchシリーズ」の17媒体に導入することを発表しました。AI要約機能は、Geminiの文章理解・要約能力を活用して記事を要約するもので、記事を要約する(AI)と3行まとめの2種類の要約が選択可能です。この機能は既にImpress WatchとケータイWatchで先行導入され、2月1日から全媒体に展開されます。株式会社インプレスでは、今後も対象記事の拡大や機能改善、サービスアップデートを検討していくとしています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005710.000005875.html

  13. buchikuma-info より:

    「musk judge deal」に関する最新情報です。

    デラウェアの裁判官は、エロン・マスクの560億ドルのテスラ報酬パッケージが不公平であると判断し、これは企業史上最大の報酬取引が無効となることを意味します。この判決により、世界最富の人物であるマスクは2018年の報酬パッケージを維持することができません。この判決は控訴可能です。マスクはこの判決に不満を示し、彼が所有するソーシャルメディアサイトであるX(以前のTwitter)に投稿しました。マスクはまた、テスラが設立州をテキサスに変更すべきかどうかを尋ねました。

    https://techcrunch.com/2024/01/30/elon-musks-56b-tesla-pay-deal-is-unfair-judge-rules/

  14. buchikuma-info より:

    「パナソニック 譲渡 hd」に関する最新情報です。

    パナソニックHDは、Shiftallの全株式をクリーク・アンド・リバーに譲渡することで合意したと発表しました。Shiftallは、パナソニックHDの子会社であり、デジタル化・IoT化に取り組んできた企業です。Shiftallの組織能力は、パナソニックグループ内での新規事業創出やイノベーション推進に貢献してきました。この譲渡により、クリーク・アンド・リバーはさらなる成長と組織運営改革を進めることが期待されています。

    https://japan.cnet.com/article/35214631/

  15. buchikuma-info より:

    「nvme nvme ssd ssd」に関する最新情報です。

    CORSAIR製のPCIe 4.0対応M.2 NVMe SSD「MP600 ELITE」シリーズがアスクから発売されることが発表されました。このSSDはPCI Express 4.0 x4接続に対応しており、3D TLC NANDフラッシュとPhison PS5021-E21Tコントローラーを採用しています。最大転送速度はリード時に7000MB/s、ライト時に6500MB/sを実現しています。また、PS5向けのモデルも用意されています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2401/31/news135.html

  16. buchikuma-info より:

    「amazon amazon 情報 asus」に関する最新情報です。

    ASUSのWi-Fi 6ルーターがAmazonでセール中です。期間限定で開催されるセールに先駆けて、すでにASUSのWi-Fi 6対応ルーターがタイムセール価格で販売されています。セール対象の「RT-AX3000 V2」は最大通信速度2402+574Mbpsで、Wi-Fi 6ルーターメッシュ機能も搭載しています。セール価格は1万1984円です。また、「RT-AX1800U (A)」もセール対象で、最大1201+574MbpsのWi-Fi 6ルーターで、AiMesh対応USB 2.0ポートも備えています。セール価格は7438円です。なお、セールの内容や価格は予告なく変更される場合があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vaW50ZXJuZXQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL25ld3MvMTU2NDAwNy5odG1s0gEA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「tb hdd 外付け」に関する最新情報です。

    Seagateは、PlayStation公式ライセンスを取得し、外付けの5TB HDD「Game Drive for PS5」を発売しました。このHDDは、USB 3.2 Gen1(USB 3.0)接続に対応しており、PS4とPS5で使用することができます。容量は2TBと5TBの2種類があり、5TBモデルの販売価格は2万7980円(税込み)です。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2401/24/news121.html

  18. buchikuma-info より:

    「ssd 990 990 evo」に関する最新情報です。

    ITGマーケティングは、日本でサムスン製のM.2 NVMe SSD「Samsung SSD 990 EVO」の販売を開始することを発表しました。このSSDは、PCIe 4.0 x4およびPCIe 5.0 x2接続に対応しており、容量は1TBと2TBの2種類が用意されます。転送速度は最大でリード5000MB/s、ライト4200MB/sを実現し、ランダム性能もリード最大70万IOPS、ライト最大80万IOPSとなっています。価格はオープンで、予想実売価格はそれぞれ1万5480円、2万5980円(税込み)です。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2401/24/news136.html

  19. buchikuma-info より:

    「deal catalyst general」に関する最新情報です。

    米国の大手ベンチャーキャピタル企業であるGeneral Catalystは、急成長している南アジアのスタートアップ市場での存在感を拡大するため、インドに焦点を当てたベンチャーキャピタル企業の買収を検討していると、関係者3人がTechCrunchに伝えた。この取引により、General Catalystは2010年以来、1000億ドル以上のスタートアップ投資が集まっているインドの活気あるテクノロジーシーンにより深く関与することができる。General Catalystは最近、Venture Highwayとの取引に関与しており、ターゲットファンドを含む取引内容はまだ最終化されていないため、情報源は匿名を希望している。

    https://techcrunch.com/2024/01/18/general-catalyst-india/

  20. buchikuma-info より:

    「deal catalyst general」に関する最新情報です。

    米国の大手ベンチャーキャピタル企業であるGeneral Catalystは、急成長する南アジアのスタートアップ市場での存在感を拡大するため、インドに焦点を当てたベンチャーキャピタル企業の買収を検討しているという情報がある。この取引により、General Catalystは2010年以来、1000億ドル以上のスタートアップ投資が集まっているインドの活気あるテクノロジーシーンにより深く関与することができる。取引相手はVenture Highwayとのことであり、現在交渉中であるが、まだ最終的な合意に至っていないため、対象ファンドを含むいくつかの要素が変更される可能性があるという。

    https://techcrunch.com/2024/01/18/general-catalyst-india/

タイトルとURLをコピーしました