PR

IoTの時代に「高齢者の見守り」はどう変わるの?

スポンサーリンク

「高齢者見守りシステム」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「高齢者見守りシステム」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2023年の「高齢者見守りシステム」新着情報まとめ

高齢者見守りシステムについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

高齢者見守りシステムに関する新着ニュース

高齢者見守りシステムに関する新着ニュースをまとめています。

石川県能美市、IoT家電を活用した高齢者見守りシステムの構築を開始

2023年10月02日の、石川県能美市の「IoT高齢者見守りシステムサービス」に関する情報をお届けします。

  • 能美市は、シャープ、三菱電機、AIoTクラウドと連携して、高齢者を遠隔で見守る「IoT高齢者見守りシステムサービス」の構築に着手。2024年のサービス開始を目指す。
  • 高齢者や要介護者の孤立リスクへの対策が課題で、複数メーカーのIoT家電を対象とした見守りシステムを構築することを決定。
  • 能美市在住の高齢者約100名を対象に、2024年3月31日までの期間、見守り対象者宅にIoT家電を設置し、室内環境などのデータを自動で取得。
詳細・補足情報
  • 能美市は、見守り対象者の選定や関係機関・支援者との連携を担当。
  • シャープは「IoT高齢者見守りシステム」の構築・運用と、空気清浄機クラウドの連携を担当。
  • 三菱電機はエアコンクラウドとの連携を、AIoTクラウドは自治体向けの基盤提供と開発を担当。
  • 本サービスは2024年度以降も継続し、IoT家電メーカーの拡大や災害対策への応用も考慮中。
参与企業と役割
企業名役割
能美市見守り対象者の選定、関係機関・支援者との連携
シャープ「IoT高齢者見守りシステム」の構築・運用、空気清浄機クラウド連携
三菱電機エアコンクラウド連携
AIoTクラウド自治体向け基盤提供、開発

高砂市:高齢者等見守り・SOSネットワーク事業の概要

2023年10月01日の、高齢者等見守り・SOSネットワーク事業に関する情報をお届けします。

  • この事業では、所在不明のリスクがある方の情報を事前に登録して、地域の協力者が見守りを行います。
  • 所在不明となった際には、関係機関や協力者に捜索依頼メールが送信され、早期の発見・保護が目指されます。
  • 平成30年4月より事業が実施されており、事前登録や協力者の登録は随時受け付け中です。
事前登録に関して
  • 認知症などで所在不明のリスクがある方の情報を事前に登録することで、日常の見守りや早期の発見・保護を促進します。
対象者の詳細
  • 市内に住所を持つ、基本的に65歳以上の認知症高齢者や日常生活での注意が必要な状態の方が対象。若年性認知症の方も含む。
申請方法
  • 「高砂市高齢者等見守り・SOSネットワーク登録届出書」に必要事項を記入し、地域福祉課へ提出。
  • 登録内容の変更時には、「高砂市高齢者等見守り・SOSネットワーク登録変更・取消届出書」を提出する。
個人賠償責任保険について
  • 高砂市のSOSネットワークに登録されている方で特定の条件を満たす者は、「高砂市認知症高齢者等個人賠償責任保険」に加入可能。
  • 対象者は在宅生活者で、日常生活に支障をきたす認知症の症状が確認され、自身で外出が可能な方。

高松市の配食サービス団体、電気自動車を寄贈される

2023年10月04日の、高松市の配食サービスに関する情報をお届けします。

  • 高松市の国分寺北部校区コミュニティ協議会が、みずほ教育福祉財団から小型電気自動車を寄贈された。
  • 同協議会は「まもりん食堂」として、古民家をリノベーションし、ランチや弁当の配達サービスを提供している。
  • 今回寄贈された電気自動車は1人乗りで、後部に配達用ボックスが取り付けられ、家庭用コンセントで6時間充電で50km走行可能。
配食サービスの詳細
  • 2020年10月に開始され、初めは約20食から始めたが、現在は約80食に増加。
  • 野菜多めのメニューが好評で、毎週金曜日には子ども食堂も運営。
  • 同財団は、地域との密接な関わりや世代を超えた交流を評価し、車の寄贈を決めた。
貴重な寄贈
  • 贈呈式は国分寺北部コミュニティセンターで開催。
  • 同協議会の佐々木正明会長は、地区の細い道での配達に苦労していたため、この車の寄贈は大変助かると述べ、車体の特徴的なデザインを見守り活動のシンボルとして活用したいとの意向を示した。

株式会社NEXUS、高齢者見守り協定を静岡県の各地域と締結

2023年10月3日の、高齢者見守りに関する協定締結の情報をお届けします。

  • 株式会社トラストゲートのグループ会社、株式会社NEXUSが静岡県の各地域と高齢者見守りに関する協定を締結。
  • NEXUSが推進する「見守りネットワーク」は、地域社会全体での高齢者の支援を目的としている。
  • 沼津市を中心に、御殿場市・沼津市・長泉町との締結が完了し、今後も他の自治体との協定締結を進行中。
高齢者見守りネットワーク事業について
  • 全国での少子高齢化と一人暮らしの高齢者増加を背景に、「見守りネットワーク」の導入が進行中。
  • NEXUSは地域に根差した社会貢献活動に取り組み、高齢者見守りネットワークへの参加を決定。
株式会社NEXUSの概要
  • 2022年12月に静岡県沼津市から保険代理店事業を開始。
  • 「長生きすることが幸せな時代に」をモットーに、100年時代を幸せに生きるサポートを目指して活動。
  • 社会活動に積極的に参加し、地域の豊かな生活のサポートを継続的に行っている。

文京区、高齢者見守りサービス「あんしん扉センサーサービス」を提供開始

2023年9月18日の、文京区の高齢者見守りサービスに関する情報をお届けします。

  • 文京区が、東京ガスの「もしものたより」を活用して「高齢者見守りあんしん扉センサーサービス」を提供開始。
  • サービスは、ドアの開閉を24時間確認し、開閉が無かった場合には安否確認の電話を行い、見守る人にメール通知する。
  • 文京区内の65歳以上の一人暮らし、または同一世帯全員が65歳以上の方が対象。令和7年3月まで無償での提供。
サービスの経緯と文京区の取り組み
  • 文京区では、コロナ禍による高齢者との接点減少と孤立リスク増加を背景に、見守り体制の強化を模索。
  • 2023年5月にサービス提供を開始。23区で初めての見守りサービス導入。
  • 係長重田様より、サービス周知の取り組みや2024年度もの継続予定であることが明らかにされた。
東京ガスのコメントと取り組み
  • 2022年6月に文京区からの問い合わせを受け、サービスの提供を開始。
  • サービス内容の説明やチラシの作成時に多数の議論を行い、2023年2月に正式採用された。
  • 東京ガスリビング戦略部の山田氏より、文京区民に信頼される事業者としての継続的な関わりや貢献の意向が述べられた。

高齢者見守りシステムの新製品/新サービス情報

高齢者見守りシステムの新製品/新サービス情報についてまとめています。

西伊豆・大浜地区で高齢者の見守り体制拡充への取り組み

2023年10月3日の、西伊豆町の高齢者の認知症見守り体制拡充に関する情報をお届けします。

  • 「大浜サロンまつぼっくり会」が認知症のお年寄りの見守り体制を拡充。
  • 認知症サポーターのステップアップ講座を大浜公民館で開催し、「チームオレンジ」を結成。地域での見守り支援を進める。
  • 西伊豆町の高齢化率は52.6%(4月時点)で、県内最高。地域包括支援センターは、地域全体で認知症への理解を深める取り組みを推進。
認知症サポーターの取り組みと意見
  • 認知症サポーターの普及を目指す「町キャラバン・メイト連絡会」が主催。
  • 参加者は認知症の人のニーズや問題解消方法をグループで議論。地域のラジオ体操への参加呼びかけや住民同士の情報共有などの意見が出た。
  • 「チームオレンジ」は地域での連携を強化し、認知症の人や家族の支援を目的として活動。地域包括支援センターがチームの活動を町内で推進する方針。

直近の高齢者見守りシステムの補助金/セール情報

高齢者見守りシステムの商品で、「これはお得!」と感じた補助金やセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

合同会社ネコリコ、「Age Well Japan 2023」で特価販売とコスチューム参考展示

2023年10月6日の、高齢者向け見守りロボットの販売情報をお届けします。

  • 二子玉川ライズで開催される「Age Well Japan 2023」にて「BOCCO emo LTEモデル Powered by ネコリコ」を特別価格で即売会を開催。
  • 当日イベント限定の特価で販売、商品のクーポンカードも配布。
  • emoの新たなコスチュームの参考展示を行い、後日公式サイトで詳細情報を公開予定。
販売商品の価格詳細
商品名イベント価格(税込)通常価格(税込)備考
BOCCO emo LTEモデル 新品44,000円50,600円月額1,570円のサービス契約が必要
BOCCO emo LTEモデル リファービッシュモデル22,000円29,700円月額1,570円のサービス契約が必要、レンタルアップ品で新品同等の性能・機能
参考展示のコスチューム
  • 詳細は会場で確認。後日公式サイトで情報を公開予定。
イベント詳細
  • 日程: 2023年10月13日(金)10:00~18:00
  • 会場: 二子玉川ライズ スタジオ & ホール
  • アクセス: 東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」より、リボンストリートを直進徒歩4分
  • 参加方法: 申込不要。当日気軽に来場可能。
  • イベント主催: 株式会社AgeWellJapan、Vivid Creations Pte Ltd
  • サイト: https://agewelljapan.com/

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「高齢者見守りシステム」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「高齢者見守りシステムとは」的な内容になります。

高齢者見守りサービスの選び方

高齢者の親と離れて暮らしていると、多くの心配や不安が生じることがあります。そのため、高齢者の見守りサービスの利用を検討する方が増えています。見守りサービスの選び方やおすすめのサービスについて詳しく解説します。

見守りサービスを選ぶ際の5つのポイント

見守りサービスは多種多様。選び方のポイントを理解することで、最適なサービスを選ぶ手助けとなります。

  • 親の意向を尊重する: 見守りサービスを選ぶ際の最も大切なポイントは、親の意向や希望を尊重すること。
  • 状況や目的に合わせて選ぶ: 24時間の見守りが必要なのか、週に1回程度で良いのか、カメラによる見守りが必要なのかなど、状況や目的に応じてサービスを選ぶことが重要。
  • 費用に注意: 費用が高額にならないように、必要なサービスを選ぶことが大切。
  • 操作の簡便性を重視: 親が操作を必要とするサービスの場合、操作が簡単でわかりやすいものを選ぶ。
  • 専門家に相談: 見守りサービスの選び方に迷った際は、市区町村役場や地域包括支援センター、ケアマネジャーなどの専門家に相談することが推奨されている。

目的や状況によって選べる!おすすめ見守りサービス6選

見守りサービスの種類は豊富で、それぞれのニーズや状況に合わせて選ぶことができます。

  • 自宅にセンサーやカメラを設置: 緊急時も安心できるサービス。
  • アプリを利用した見守り: 導入が手軽で簡単なサービス。
  • IoT機器による見守り: アプリよりもさらに手軽なサービス。
  • 介護サービスの利用: デイサービスや訪問介護などの介護サービスも見守りの一環として利用可能。
  • 民生委員や地域ボランティアによる見守り: 身近な存在としての見守りサービス。
  • 地域住民との交流: 交流を深めること自体が見守りとなるサービス。

さいごに

高齢者の一人暮らしが増える中、見守りのニーズは高まる一方です。この記事で紹介したポイントやサービスを参考に、自分や家族の状況に合ったサービスを選び、安心して暮らせる環境を整えていきましょう。

高齢者見守りサービスの種類

高齢者見守りサービスは多岐にわたり、利用者の状況や好みに応じて選ぶことができます。以下、6つの主要な見守りサービスの種類とその特徴を紹介します。

サービスの種類特徴
センサーやカメラを設置するタイプ24時間の監視が可能で緊急時にも安心
アプリを利用したタイプ導入が手軽で必要な機能だけを選べる
IoT機器を活用したタイプ日常生活の中での見守りが可能で操作が簡単
介護サービスの利用が見守りにつながるタイプ介護サービスの利用も一種の見守りといえる
配食サービスが見守りにつながるタイプ配達員が高齢者の様子をチェックし、必要に応じて家族や関係者に連絡
民生委員や地域ボランティアによる見守りタイプ地域のボランティアや民生委員が担当し、無料で利用可能
地域住民との交流を活用するタイプ通常の見守りサービスとは異なり、コミュニティの中でのサポートが特徴

緊急時も安心!センサーやカメラを自宅に設置するタイプ

  • セキュリティ会社が提供するサービス
  • 異常を感知した場合にセキュリティ会社が対応
  • 家族が画像や音声をリアルタイムで確認可能
  • 24時間緊急通報や介護・健康相談が可能

手軽で簡単!アプリを利用したタイプ

  • 位置情報の確認や動体感知など、アプリを利用した見守り機能
  • 緊急時のメッセージ送信や外出・帰宅時の通知機能
  • 一部の高齢者にとってはスマートフォンの操作に慣れるまでが課題

IoT機器を活用したタイプ

  • 家電や電池などのIoT機器を利用した見守り
  • 家族に通知が届くサービスや生活リズムの確認が可能
  • 操作が簡単で、スマートフォン操作の必要がない場合も

介護サービスの利用が見守りにつながるタイプ

  • 介護サービスの利用も一種の見守りといえる
  • デイサービスや訪問介護など、定期的なサポートが提供される
  • 介護職員やホームヘルパーとの接触が見守りの一環となる

配食サービスが見守りにつながるタイプ

  • 栄養バランスのとれた食事の配送時に見守りを行うサービス
  • 配達員が高齢者の様子をチェックし、必要に応じて家族や関係者に連絡
  • 多くの自治体が独自のサービスを提供している

民生委員や地域ボランティアによる見守りタイプ

  • 定期的な安否確認や声がけを行う活動が主
  • 地域のボランティアや民生委員が担当し、無料で利用可能
  • 地域に根差した見守りサービス

地域住民との交流を活用するタイプ

  • 地域のイベントやサークル活動に参加しての見守り
  • 仲間との交流を通じて、日常の変化を感知する
  • 通常の見守りサービスとは異なり、コミュニティの中でのサポートが特徴

高齢者見守りシステムの口コミ・評判

高齢者見守りシステムの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「高齢者見守りシステム」と検索できます。

高齢者見守りシステムの知っておきたいよくあるQ&A

Q
高齢者見守りシステムとは何ですか?
A

高齢者見守りシステムは、特に単独世帯や夫婦のみの世帯などで生活する高齢者の生活状況や安全を確認・監視するためのシステムです。最近では、IoT技術を活用して、遠隔地からでも高齢者の生活状態を把握し、安心して見守ることができるシステムが増えています。

Q
どのような技術やデバイスが見守りシステムに使われていますか?
A

見守りシステムにはさまざまな技術やデバイスが用いられています。主なものには、IoTを活用した家電やライフラインの使用状況モニタリング、カメラやセンサーによる動作検知、GPSを用いた位置情報の追跡などがあります。

Q
高齢者見守りシステムの導入にかかるコストはどれくらいですか?
A

高齢者見守りシステムのコストは、使用する技術やサービス内容、提供元の企業によって異なります。一部のサービスは無料で提供されるものもありますが、詳しい費用やサービス内容は各提供企業の公式サイトや資料を参照することをおすすめします。

Q
高齢者本人がデジタル機器に不慣れでもシステムは利用できますか?
A

はい、多くの高齢者見守りシステムは、高齢者本人がデジタル機器に不慣れでも利用できるように設計されています。例えば、既存の家電やライフラインを利用したシステムでは、特別な操作は不要で、普段通りの生活を送るだけで家族や関係者が遠隔地から見守ることができます。

Q
プライバシーは保護されていますか?
A

高齢者見守りシステムの提供企業は、利用者のプライバシー保護を非常に重視しています。データの取得、保存、共有に関しては、適切なセキュリティ対策が施されており、無断での第三者への情報提供は行われません。ただし、具体的な取り扱い方針や詳細は各提供企業のプライバシーポリシーを確認することをおすすめします。

「高齢者見守りシステム」に関して参考になる記事リスト

「高齢者見守りシステム」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

ガジェット関連記事

スマートホーム系
災害対策用
インターネット関連
パソコン周辺機器
スポンサーリンク

「高齢者見守りシステム」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

PC/MAC周辺機器
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「訪問 表敬 表敬 訪問」に関する最新情報です。

    大島町のキャラバン隊が市長を表敬訪問しました。訪問は2024年1月12日に行われ、久里浜港から高速ジェット船で約1時間かけて大島に到着しました。この訪問は、伊豆大島で開催される第69回「伊豆大島椿まつり」のキャンペーンの一環として行われました。大島町長と横須賀市長、大島観光協会の会長などが参加し、市長への表敬訪問が行われました。また、椿まつりの期間中には高速ジェット船が横須賀市から伊豆大島への寄港を行う予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000128894.html

  2. buchikuma-info より:

    「南さつま市 地域 南さつま」に関する最新情報です。

    南さつま市地域創生プロジェクトは、南さつま市の地域振興を目指す取り組みです。2024年1月17日から1月23日まで、福岡の大丸福岡天神店でイベントが開催されます。このプロジェクトでは、南さつま市の魅力や地域産品を発信し、地域の活性化を図っています。イベントでは、南さつま市の代表的な食材を使ったグルメが紹介されます。南さつま市は、豊かな自然と気候に恵まれた地域であり、海の幸や山の幸を活かした美味しい食材が豊富です。また、南さつま市は観光地としても魅力的であり、海道や砂丘などの自然景観やマリンレジャーが楽しめます。このイベントでは、南さつま市の魅力を発信するために、地域の事業者や南さつま市観光協会などが出店します。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002291.000025003.html

  3. buchikuma-info より:

    「児童 タブレット 女子」に関する最新情報です。

    東京の武蔵野市で、授業用のタブレットを使って複数の男子児童が女子児童を盗撮したという事件が発生しました。去年の12月に、武蔵野市内の公立小学校で教員が女子児童の着替える様子を盗撮した情報が提供され、警視庁と武蔵野市教育委員会が調査を行いました。調査の結果、男子児童がタブレット端末を使って女子児童の着替える様子を盗撮し、画像を保存していたことがわかりました。タブレット端末は複数の児童に配られ、画像はアカウントに保存され、複数人が閲覧できる状態でした。教育委員会は外部への流出の確認はしていませんが、再発防止のためにタブレット端末の使い方について検討していくとしています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vd3d3My5uaGsub3IuanAvc2h1dG9rZW4tbmV3cy8yMDI0MDExMS8xMDAwMTAwOTc0Lmh0bWzSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「ev 協定 terra」に関する最新情報です。

    Terra Chargeは、大阪府泉佐野市と協定を締結し、公共施設に設置したEV充電器を1月10日から運用開始することを発表しました。この協定は、脱炭素化に向けた基盤整備の一環として、EVの普及を促進するための有効な施策の一つです。泉佐野市は「泉佐野市再生可能エネルギー導入計画」を策定し、温室効果ガスの削減に取り組んでいます。Terra Chargeは初期/ランニングコスト無料で充電インフラを提供しており、この協定に基づき、泉佐野市の公共施設には合計4基のEV充電器が設置されます。設置場所は長南公民館と日根野公民館です。充電器の利用料金は1時間450円(税込)です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000204.000075648.html

  5. buchikuma-info より:

    「保険 カモら カモら 盲点」に関する最新情報です。

    この記事は、保険の営業マンに騙されてしまう人々の盲点について議論しています。特に、積立型保険について、その本質やレバレッジの働きについて説明しています。記事は、保険の大原則は「掛け捨て」であると指摘しています。

    https://toyokeizai.net/articles/-/722866?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  6. buchikuma-info より:

    「災害 fuubo 救援」に関する最新情報です。

    災害救援インフラとしてのフードロス削減ボックス「fuubo」が、2024年から全国展開されることが発表されました。2023年9月から東京都内のオフィスビルで試験的に導入されており、災害救援機能を備えたfuuboは、災害時の備蓄や販売機としての役割を担うことが期待されています。fuuboはすでに累計69台が設置されており、企業や大学、病院、宿泊施設など幅広い場所で利用されています。また、fuuboの活用機能が多様化しており、災害救援以外にも便利な存在として広く認知されています。fuuboの展開強化により、災害救援やフードロス削減の取り組みがさらに推進されることが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000100036.html

  7. buchikuma-info より:

    「電話 物資 石川県」に関する最新情報です。

    石川県の能登半島地震に関連して、被災地への電話や物資の持ち込みについて注意が呼びかけられています。石川県知事の馳浩氏は、被災地への直接の電話や物資の持ち込みは控えるように呼びかけています。被災地では救命活動や災害対応に支障が出る可能性があるため、物資は現地での直接の搬入を遠慮するように求められています。また、電話に関しても被災者の声が届きにくくなる可能性があるため、安否確認のための電話は必要最小限に留めるように注意が呼びかけられています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65974f3ae4b0912833af732f

  8. buchikuma-info より:

    「石川県 日本 寄付」に関する最新情報です。

    能登半島地震で被災した石川県では、日本赤十字社や石川県共同募金などへの寄付が受け付けられています。寄付金は被災地の復興支援や被災者への生活支援に役立てられます。また、ふるさと納税を通じても支援金を送ることができます。石川県や富山県、日本財団などが災害復興支援のための特別基金を設けており、寄付の受付期間も延長されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65978bfee4b0912833af7e11

  9. buchikuma-info より:

    「ガザ ガザ 地区 地区」に関する最新情報です。

    ガザ地区では18万人が感染症に苦しんでおり、衛生環境が悪化しているという報告があります。WHOの事務局長はこの状況に懸念を表明しました。ガザ地区では多くの人々が避難し、過密な状況で生活しており、感染症の脅威が増しているとされています。この問題に対して国際社会の関心が高まっています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_658fa2afe4b0b01d3e3fe972

  10. buchikuma-info より:

    「山田 山田 晃士 晃士」に関する最新情報です。

    FC大阪は、GK山田晃士選手の完全移籍加入を発表しました。山田晃士選手は1998年12月31日生まれの24歳で、身長181cm、体重82kgです。彼は2014年から2016年まで浦和レッズのユースチームでプレーし、その後、早稲田大学に進学しました。2021年から2023年まではザスパクサツ群馬でプレーしており、今季の成績はJ2リーグで4試合に出場しました。FC大阪は彼の加入により、2024年シーズンの戦力強化を図ることが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000541.000045155.html

  11. buchikuma-info より:

    「探究 中高生 地域」に関する最新情報です。

    広尾学園小石川高等学校の植原鈴音さんが、中高生向けの探究学習コンテスト「本気de地域探究プロジェクト」の最終審査でグランプリを獲得しました。このコンテストは、パナソニックサイクルテック株式会社とRESAS活用教育推進委員会が主催し、中高生が自宅で地域の課題を探究し、解決策を提案するプロジェクトです。植原さんは電動アシスト自転車に関する疑問を解決するアイデアをプレゼンし、その創造性と地域への貢献度が評価されました。このコンテストは中高生の探究学習を支援し、企業や地方自治体との連携を通じて地域の活性化を図る機会を提供しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005501.000003442.html

  12. buchikuma-info より:

    「企業 地域 融資」に関する最新情報です。

    静岡銀行は、地域の企業変革を促進するために、ゴウリカマーケティング株式会社と融資契約を締結しました。この契約により、静岡銀行はゴウリカマーケティングの企業変革をサポートし、地域経済の活性化に貢献することを目指しています。ゴウリカマーケティングは、東京と大阪に拠点を置く企業で、2023年度に総額10億円の融資を受ける予定です。静岡銀行は、企業の合理化や経営の効率化を支援することで、地域の企業変革を促進しています。また、ゴウリカマーケティングは今後、全国の企業に対しても変革支援を積極的に行っていく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000130638.html

  13. buchikuma-info より:

    「スマートフォン コンビニ 住民票」に関する最新情報です。

    一部のコンビニで、スマートフォンを使って住民票などを取得するサービスが開始されました。対象はアンドロイドスマートフォンで、ファミリーマートとローソンの一部店舗で利用できます。このサービスでは、マイナンバーカードの機能を搭載したスマートフォンを使って、住民票などを受け取ることができます。現在は東京都内の一部店舗でのみ利用可能ですが、来年1月22日からはファミリーマートとローソンの全国の店舗で利用できる予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMmh0dHBzOi8vd3d3LnN0di5qcC9ubm4vbmV3czkxYjBnYWswNmQ0dTkybmExMy5odG1s0gEA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「タブレット 民生委員 貸与」に関する最新情報です。

    滋賀県の大津市で、民生委員にタブレットの貸与を行う実証実験が行われています。この取り組みは、民生委員の負担を軽減するための策として行われていますが、一部の参加者からは戸惑いの声も上がっています。特に、69歳の参加者は「タブレットの使いこなせるか」という不安を抱いています。明日からは、大津市の明日都浜大津でタブレットの説明会が開催され、参加者がタブレットの活用方法について学ぶ予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8vd3d3LmNodW5pY2hpLmNvLmpwL2FydGljbGUvODI1MjIzP3JjdD1zaGlnYdIBAA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「システム 情報 システム 開発」に関する最新情報です。

    バス位置情報配信システムなどの開発を行っているVISH(ヴィッシュ)が、認証取得学校支援システムを公立学校に提案しています。このシステムは、バスの位置情報を配信することで、学校の運営や安全管理を支援します。VISHは、セキュリティマネジメントシステムの国際規格であるISMSの認証も取得しており、信頼性の高いシステムを提供しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQWh0dHBzOi8vd3d3LmNodWtlaS1uZXdzLmNvLmpwL25ld3MvMjAyMy8xMi8yMC9PSzAwMDIzMTIyMDA0MDFfMDEv0gEA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「アート shibuya 展示」に関する最新情報です。

    2024年1月12日から14日までの3日間、渋谷区立勤労福祉会館で開催されるアートイベント“DIG SHIBUYA”の連携プロジェクトに、サイエンスアート作品「Black Hole Recorder」が展示されることが決定しました。この作品は、理化学研究所数理創造プログラム(iTHEMS)と外部クリエーターによって制作されたもので、量子ブラックホール理論に基づいています。展示では、来場者が体験型展示を通じて作品を楽しむことができます。展示会場は渋谷区立勤労福祉会館であり、展示は2024年1月12日から14日までの3日間行われます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000070527.html

  17. buchikuma-info より:

    「サイト 企業 スマートフォン」に関する最新情報です。

    2024年のスマートフォンサイトユーザビリティランキング(企業サイト編)が発表されました。このランキングは、ベック株式会社が実施し、150社のBtoC事業を展開する企業サイトの中から、ユーザビリティを重視したランキングを作成しています。調査は2023年8月下旬から10月下旬にかけて行われ、100点満点で評価されました。トップ10には、J:COM、UQコミュニケーションズ、ソフトバンク、au、明治、味の素、キリン、三井住友海上、三菱自動車、佐川急便がランクインしました。また、業種別のランキングでは、情報通信、食品・飲料・生活用品、鉄道・運輸、証券・保険、自動車・自動二輪、銀行・クレジットカード、商社・流通・小売が上位にランクインしました。ランキング結果はオンラインセミナーで公開されています。昨年と比較して、企業Webサイトのスマートフォンユーザビリティスコアは平均で上昇し、J:COM、UQコミュニケーションズ、ソフトバンク、auが引き続き上位にランクインしています。企業Webサイトは、生活者のニーズに応えるために、情報の発信やユーザビリティの向上に取り組む必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSWh0dHBzOi8vd3d3Lnpha3phay5jby5qcC9wcmVzc3JlbGVhc2UvYXRwcmVzcy9ONDZEWTZHSVdGT1lMTUhHWTVCNFhIQzM0NC_SAQA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「東急 東急 東横線 東横線」に関する最新情報です。

    東急東横線でカップルやファミリー向けの安い中古マンションがある駅のランキングが発表されました。リクルートが運営するニュースサイトSUUMOジャーナルが調査結果を発表し、1位は菊名駅、2位は妙蓮寺駅、3位は日吉駅となっています。これらの駅では中古マンションの価格が比較的安く、カップルやファミリーに人気があります。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2312/18/news051.html

  19. buchikuma-info より:

    「株式会社 jeplan 大阪ガス」に関する最新情報です。

    株式会社JEPLANと大阪ガス株式会社が資本業務提携を行うことを発表しました。この提携により、両社はサーキュラーエコノミー(循環型経済)の推進や気候変動対策に貢献することを目指します。JEPLANはPET(ポリエチレンテレフタレート)のリサイクル技術を持ち、大阪ガスはエネルギーサービス分野での革新的な取り組みを行っています。今後も両社は連携し、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000107.000031188.html

  20. buchikuma-info より:

    「スマートフォン アダプター ビクセン」に関する最新情報です。

    ビクセンがセレストロン社製の「NexGO DXスマートフォンアダプター」を発売しました。このアダプターを使うことで、天体望遠鏡や顕微鏡にスマートフォンを取り付けることができます。付属のリモコンを使って、スマートフォンのカメラシャッターを切ることも可能です。このアダプターは12月15日に発売され、価格は11,000円です。ビクセンのオンラインストアで販売されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNzAzNjY0L9IBAA?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「2023 japan japan 位置」に関する最新情報です。

    LBMA Japanは、『第1回 位置情報アワード2023』の最優秀賞を発表しました。最優秀賞は、オフィス空間評価システムGISTAを開発した株式会社竹中工務店が受賞しました。LBMA Japanは、位置情報データの活用を推進するために活動しており、70社の会員企業が参加しています。LBMA Japanは、位置情報ビジネスの成長と活性化を目指しており、位置情報アワードはその取り組みを称えるものです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiO2h0dHBzOi8vd3d3LmppamkuY29tL2pjL2FydGljbGU_az0wMDAwMDAwMjUuMDAwMDU1MjI2Jmc9cHJ00gEA?oc=5

  22. buchikuma-info より:

    「自動車 fpt 子会社」に関する最新情報です。

    ITサービスプロバイダーのFPTは、自動運転車(SDV)への移行を促進するために、自動車技術子会社であるFPT Automotiveを設立しました。FPT Automotiveは、2023年までにSDV技術を開発し、2030年までに10億ドルの売上を目指すとしています。FPT Automotiveは、車載インフォテインメントや電子制御ユニット(ECU)などの自動車技術の開発と推進に取り組む予定です。FPTは、M&Aやパートナーシップを活用して、最新の技術を取り入れ、自動車産業の発展を加速させることを目指しています。FPT Automotiveの設立により、FPTは新興市場のニーズに応え、世界中のお客様に優れたパフォーマンスを提供する準備が整いました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000017750.html

  23. buchikuma-info より:

    「イベント 全国 box」に関する最新情報です。

    ロスゼロは、2024年1月6日(土)からパナソニックホームズの住宅営業イベントに協力し、全国の来場者に抽選で「フードロスお楽しみBOX」を提供します。このイベントは、住まいの見学祭として開催され、建売住宅やモデルハウスなどの展示が行われます。来場者はWEBで予約し、現地でアンケートに回答した後、後日抽選で60名にフードロスお楽しみBOXが届けられます。このBOXには、食品ロスを活かした商品が詰められており、食品ロスの問題に対する意識を高めることを目的としています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000128.000059829.html

  24. buchikuma-info より:

    「エアドロップ スマートフォン bonk」に関する最新情報です。

    ソラナスマートフォンの売上が急増していると報じられています。この急増の理由は、BONKエアドロップに参加したい人々が殺到しているためです。ソラナモバイルは、BONKトークンを持っている人々に3000万BONKを配布するエアドロップを実施しており、これによりスマートフォンの売上が急増しています。ソラナスマートフォンは599ドル(約8万3860円)で販売されており、BONKトークンの価値が現在700ドル近くになっているため、エアドロップに参加することで利益を得ることができます。このエアドロップによる売上の急増は、ソラナ共同創設者のラージ・ゴカール氏やアナトリー・ヤコヴェンコ氏のツイートによっても加速されています。さらに、ソラナモバイルは暗号資産の安全な保存機能を備えたスマートフォンであり、エアドロップ希望者が殺到していることがDiscordサーバーで確認されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJWh0dHBzOi8vd3d3LmNvaW5kZXNramFwYW4uY29tLzIxMjMwMC_SAQA?oc=5

  25. buchikuma-info より:

    「地域 プログラム バイヤー」に関する最新情報です。

    東海旅客鉄道、AKOMEYA TOKYO、WHERE、INCの3社が協力し、地域副業・兼業プロジェクト地域の事業者をマーケティングと都内ポップアップ開催で応援するプログラム「地域バイヤープログラム第2期」が開講されます。このプログラムは岐阜県高山市と静岡県三島市で実施され、2023年12月13日から募集が開始されます。地域の魅力的な商品を発掘し、マーケティングスキルを身につけることで地域の事業者を応援することを目的としています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000023669.html

  26. buchikuma-info より:

    「インタビュー インタビュー 中山間 スマートフォン」に関する最新情報です。

    笹本純一さんは、浜松市南区の中山間地域でスマートフォンの普及に取り組んでいる方です。彼は地域の高齢者を中心にスマートフォンの便利な使い方を提案し、デジタルな暮らしを快適にする取り組みを行っています。彼の事業は、市民の幸福向上に貢献し、浜松市のまつWell Beingアワード2023でデザイン賞を受賞しました。彼はスマートフォンのビデオ通話機能を生かして買い物支援などの試験事業を行い、地域の人々から好評を得ています。彼の取り組みは、山あいの暮らしをより快適にするために続けられており、スマートフォンのサービスや機能の日々の更新にも対応しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LmF0LXMuY29tL25ld3MvYXJ0aWNsZS9zaGl6dW9rYS8xMzcyMjAxLmh0bWzSAQA?oc=5

  27. buchikuma-info より:

    「japan build build tokyo」に関する最新情報です。

    「JAPAN BUILD TOKYO スマートビルディング EXPO」に出展することが発表されました。この展示会は、建築・建設・不動産業界の課題を解決する最新の製品が一堂に集まる日本最大級の専門展示会です。出展する企業はフェアリーデバイセズで、「首掛け型ウェアラブルで実現する遠隔支援DXと熟練工AIを創る」THINKLETを展示します。展示会の詳細や出展内容については、公式ウェブサイトをご覧ください。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000042518.html

  28. buchikuma-info より:

    「インタビュー インタビュー 中山間 スマートフォン」に関する最新情報です。

    笹本純一さんは、静岡県浜松市南区の中山間地域でスマートフォンの普及に取り組んでいます。彼は地域の高齢者を中心にスマートフォンの便利な使い方を提案し、デジタルな暮らしを快適にする取り組みを行っています。彼の事業は市民の幸福向上に貢献し、浜松市が主催する「Well Being アワード 2023」のデザイン賞を受賞しました。笹本さんはスマートフォンのビデオ通話機能を活かして買い物支援などの試験事業を行い、地域の人々に喜ばれています。彼は連携アプリの仕様変更など、急な変化にも日々対応しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LmF0LXMuY29tL25ld3MvYXJ0aWNsZS9zaGl6dW9rYS8xMzcyMjAxLmh0bWzSAQA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「スマートフォン スマートフォン 購入 補助金」に関する最新情報です。

    高齢者向けの地域助成金を利用して、初めてスマートフォンを購入することができます。自治体によって異なる補助金制度がありますので、購入前に確認することが重要です。スマートフォンは高齢者にとって連絡手段や買い物のツールとして欠かせない存在であり、快適な生活を送るための重要なツールとなっています。補助金の申請先や対象条件などは自治体によって異なりますが、例えば文京区では65歳以上の高齢者が対象で、スマートフォンの購入に必要な要件を満たすことが必要です。補助金制度は2023年度まで続く予定です。スマートフォンの購入を検討している高齢者にとって、補助金制度はスマートフォンデビューを応援してくれるものです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vYWxsYWJvdXQuY28uanAvZ20vZ2MvNTAwNDMyL9IBAA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「介護 株式会社 エナジー」に関する最新情報です。

    日立エナジージャパン株式会社が『介護コンシェルジュ』を提供開始しました。このサービスは、仕事と介護の両立を支援するもので、ケアマネジャーなど約10万人の介護関係者を対象に展開されます。株式会社インターネットインフィニティーが開発した『介護コンシェルジュ』は、オンライン上でケアマネジメントやリハビリ、デイサービスなどの情報を提供し、健康寿命の延伸を目指すヘルスケアサービスの運営を支援します。日立エナジージャパン株式会社は、仕事と介護の両立支援を経営課題と位置づけ、『介護コンシェルジュ』の導入により、福利厚生サービスの強化と拡充を進めています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000181.000012000.html

  31. buchikuma-info より:

    「スマートフォン アダプター 取付け」に関する最新情報です。

    ビクセンは、12月15日にNexGO DXスマートフォンアダプターを発売する。このアダプターは、天体望遠鏡や顕微鏡にスマートフォンを取り付けて手軽に撮影することができる。XY微動装置を搭載しており、スマートフォンの位置や方向を調整して光軸を合わせることができる。また、25.4mmから44.5mmまでの接眼レンズに対応しており、堅牢な金属ボディを採用している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIGh0dHBzOi8vbmV3c2Nhc3QuanAvbmV3cy8zNDk0ODc10gEkaHR0cHM6Ly9uZXdzY2FzdC5qcC9uZXdzLzM0OTQ4NzUvYW1w?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「御殿場 50 富士」に関する最新情報です。

    キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所は、操業50周年を迎え、新たな挑戦に取り組んでいます。御殿場産大麦を使用した「御殿場モルトウイスキー」の製造を開始し、2028年以降の商品化を目指しています。2023年12月4日には、御殿場産大麦の長期購入契約調印式と樽詰式が行われました。キリンディスティラリーは、50年以上にわたりウイスキー事業を続けており、御殿場モルトウイスキーの製造によって地域の支援と共にウイスキーの魅力を国内外に発信していきます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000049800.html

  33. buchikuma-info より:

    「株式会社 コンポ コンポ ジッタ」に関する最新情報です。

    株式会社壽屋と株式会社Gugenkaは、著名なイラストレーターがデザインしたアバター製品「プレタコンポジッタ」シリーズをスマートフォンからVRChatで利用できるようにする取り組みを行っています。この取り組みにより、2023年11月30日からスマートフォンからVRChatでアバターを使用することが可能になります。これにより、より多くの人々がアバターを楽しむことができるようになります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000104990.html

  34. buchikuma-info より:

    「診断 セキュリティ iot」に関する最新情報です。

    株式会社クレスコは、セキュリティ脆弱性診断サービスに「IoTセキュリティ診断」を追加しました。この追加サービスにより、お客様はスマート家電やウェアラブルデバイスなどのIoT機器のセキュリティ状態を把握し、効果的な対策を講じることができます。経済産業省や総務省などがIoT製品のセキュリティ対策を推進している中、IoT機器の脆弱性を狙った攻撃が増加しています。このため、IoTセキュリティ診断の追加は必要性が高まっていると予想されます。診断はセキュリティガイドラインや認証基準に基づいて行われ、脆弱性の検出や課題の洗い出しを行います。これにより、お客様のIoT機器のセキュリティ対策に役立つ情報を提供します。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000109727.html

  35. buchikuma-info より:

    「サービス エレメント 組込み」に関する最新情報です。

    STマイクロエレクトロニクスは、STPay-Mobileによるデジタル・ウォレット・サービスに対応した組込みセキュア・エレメント搭載の次世代NFCコントローラを発表しました。このコントローラは、スマートフォンやウェアラブル機器、タブレットなどのモバイル機器で使用することができます。STPay-Mobileプラットフォームを使用することで、非接触の発券や決済サービスを実現することができます。また、組込みSIMやeSIMの統合サービスにも対応しており、交通機関のモバイルチケットや自動車のデジタルキーなどのアプリケーションにも利用することができます。このコントローラは、Thales社との協力に基づいて開発され、モバイルオペレーティングシステムとの組み合わせにより、セキュリティの保護やホスト機能の実現が可能です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001336.000001337.html

  36. buchikuma-info より:

    「展示 開催 2024」に関する最新情報です。

    NTTドコモは、2024年1月17日から18日にかけて「docomo Open House’24」を開催する。このイベントでは、通信技術、コミュニケーション、都市デザイン、交通、生成AI、メタバース/XRなどの6つの分野で31の展示が行われる予定だ。また、オンライン展示も用意されており、2024年1月17日から2月29日まで閲覧することができる。会場は東京国際フォーラムであり、東京都千代田区に位置している。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2311/22/news176.html

  37. buchikuma-info より:

    「サービス likeme card」に関する最新情報です。

    Qoo10で、スマートフォン完結型の決済サービス「Likeme♡by saison card Digital」のデビューキャンペーンが開催されます。キャンペーン期間中にお買い上げ金額の一部がキャッシュバックされ、メガ割クーポンも併用できるため、お得に利用することができます。Likeme♡by saison card Digitalは、Qoo10で利用できるサービスであり、2023年11月20日から利用が開始されます。また、Qoo10はインターネット総合ショッピングモールであり、eBay Japan合同会社が運営しています。Likeme♡by saison card Digitalのキャンペーンは2023年11月22日から開催され、2024年3月31日まで利用することができます。キャンペーン期間中には、お買い物の20%がキャッシュバックされ、上限は2,000円です。このキャンペーンは、クリスマスや年末年始などの季節のイベントに合わせて実施されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000620.000022933.html

  38. buchikuma-info より:

    「肥満症 サービス メドケア」に関する最新情報です。

    メドケア株式会社は、GLP-1受容体作動薬を使用した「Medically肥満症外来」オンライン診療サービスの提供を開始しました。このサービスは、肥満症の患者に対して特定保健指導を行い、肥満症の合併症の予防や医療費の削減に貢献することを目的としています。メドケア株式会社は、健康保険組合との契約を通じて、オンライン診療サービスを提供しています。肥満症は、BMIが25以上の人々によって引き起こされる状態であり、糖尿病や高血圧などの健康障害と関連しています。このサービスは、肥満症の患者の特定保健指導対象者を減らし、肥満症の合併症のリスクを低減することを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000028313.html

  39. buchikuma-info より:

    「株式会社 スマートフォン 島根銀行」に関する最新情報です。

    株式会社島根銀行は、スマートフォン支店の預金残高が500億円を突破したことをお知らせしました。島根銀行はSBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社との資本業務提携を行っており、スマートフォン支店は島根県松江市に本店を置いています。頭取の鈴木良夫氏と代表取締役社長の吉木直道氏がこのお知らせを行いました。スマートフォン支店はスマートフォンアプリを提供し、預金残高の500億円突破を記念してお知らせを行いました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNGh0dHBzOi8vd3d3LnNiaWdyb3VwLmNvLmpwL25ld3MvMjAyMy8xMTIyXzE0MjQ1Lmh0bWzSAQA?oc=5

  40. buchikuma-info より:

    「txone japan networks」に関する最新情報です。

    TXOne Networks Japanと国内販売代理店契約を締結し、ハードウェアとソフトウェアの両面からセキュリティ対策を強化することを発表しました。この契約により、工場や重要なインフラなどの産業用制御システムをサイバー攻撃から保護し、安定した稼働を実現するセキュリティソリューションを提供します。岡谷エレクトロニクス株式会社がTXOne Networks Japanの代理店となり、国内での販売活動を担当します。この契約により、製造業などのお客様に対して長年にわたり提供してきたセキュリティソリューションの実績を活かし、より強力なサポートを提供することが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000122162.html

  41. buchikuma-info より:

    「佐賀県 全国 全国 平均」に関する最新情報です。

    佐賀県の教育委員会が報告書を発表し、佐賀県内の学校での学習用タブレットの利用が全国平均を下回っていることが明らかになりました。報告書によれば、佐賀県の小中学校では1人に1台のタブレットが配備されており、ICTを活用した教育推進協議会も開かれていますが、前年度の活用状況が改善されず、全国平均を下回っている現状が報告されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vd3d3LnNhZ2Etcy5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8tLzExNDY0NTnSAS1odHRwczovL3d3dy5zYWdhLXMuY28uanAvYXJ0aWNsZXMvYW1wLzExNDY0NTk?oc=5

  42. buchikuma-info より:

    「sase セキュリティ ネットワーク」に関する最新情報です。

    株式会社フーバーブレインは、AI時代の最先端ネットワーク・セキュリティの構築・運用を支援するために、SASEプラットフォーム「Cato SASE Cloud」を提供しています。このプラットフォームは、AIやセキュリティの最新技術を活用し、柔軟性と拡張性が高く、自動的に最新の技術にアップデートされる特徴を持っています。また、2023年3月期には、前期比10倍の売上を達成し、急成長を遂げています。これにより、企業のネットワークの複雑化やセキュリティの脅威に対応するためのニーズが広がっています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000018682.html

  43. buchikuma-info より:

    「地域 プロジェクト 歩み」に関する最新情報です。

    静岡県の人口が最も少ない松崎町では、「NH田んぼプロジェクト3年の歩み」という展示が開催されます。この展示では、子どもたちと一緒に稲作体験やアクティビティを通じて地域の現状に触れることができます。地域住民との交流も行われ、地域活性化に向けた取り組みが展示されます。展示は11月8日から2023年11月25日まで人形町engawa GALLERYで開催されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000080370.html

  44. buchikuma-info より:

    「アルコール クラウド型 サービス」に関する最新情報です。

    株式会社パイ・アールは、クラウド型アルコールチェックサービス「アルキラーNEX」とクラウド型車両管理システム「SmartDrive Fleet」の連携を開始しました。この連携により、法改正に対応し遵守強化を行い、車両管理DXを推進することが可能となります。アルキラーNEXは12月1日からのアルコール検知器の使用義務化に向けて開発されたサービスであり、SmartDrive Fleetは車両管理の効率化を図るためのシステムです。この連携により、車両関連業務の可視化と自動化が進められ、安全な運転の推進が期待されます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwNDUuMDAwMDg3MDE3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  45. buchikuma-info より:

    「サービス com オークネット」に関する最新情報です。

    オークネットJ:COMと業務提携し、個人向けスマートフォン・タブレットの端末買取サービスの協業が開始されました。株式会社オークネットは循環型マーケットデザインを提供しており、JCOM株式会社との提携により、個人向けのスマートフォン・タブレットの買取サービスを展開することとなりました。この協業により、オークネットの循環型マーケットデザインの活用とJ:COMのネットワークを活かした買取サービスが提供されることが期待されます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAxMDkuMDAwMDcxMDU5Lmh0bWzSAQA?oc=5

  46. buchikuma-info より:

    「jobs steve steve jobs」に関する最新情報です。

    タイトル: OpenAIからのSam Altmanの解任は、数十年前の「AppleがSteve Jobsを解雇した」という出来事と類似している

    要点: 1985年、スティーブ・ジョブズはAppleの取締役会との権力闘争の末に有名な解雇を経験した。彼は後に復帰し、大きな成功を収めた。

    トピック1:
    トピックキーワード: スティーブ・ジョブズ、スティーブ・ジョブズ解雇、サム・アルトマン、Apple、OpenAI、類似点
    トップ段落:
    エンティティ: スティーブ・ジョブズ、アルトマン、ジョブ解雇の類似点
    キーワード: スティーブ・ジョブズ対サム・アルトマン、ジョブ解雇の類似点、1985年、スティーブ・ジョブズの有名な解雇、Apple、権力闘争、取締役会、個人用コンピュータの革新、伝説的なブランドの確立、ジョブズの解雇の理由

    エンティティ: アルトマン、数十年
    キーワード: アルトマンの解任、多くの人々が類似点を引き合いに出す、数十年前に起こったApple創業者スティーブ・ジョブズの出来事

    エンティティ: スティーブ・ジョブズは有名な取締役会によって解雇された。後に彼は復帰し、成功を収めた
    キーワード: スティーブ・ジョブズ、有名

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiogFodHRwczovL3d3dy5saXZlbWludC5jb20vdGVjaG5vbG9neS90ZWNoLW5ld3Mvc2FtLWFsdG1hbnMtb3VzdGVyLWZyb20tb3BlbmFpLWRyYXdzLXBhcmFsbGVscy13aXRoLWFwcGxlLWZpcmVkLXN0ZXZlLWpvYnMtZGVjYWRlcy1hZ28tcmVhZC1oZXJlLTExNzAwMjg4Mjk4NzY0Lmh0bWzSAaYBaHR0cHM6Ly93d3cubGl2ZW1pbnQuY29tL3RlY2hub2xvZ3kvdGVjaC1uZXdzL3NhbS1hbHRtYW5zLW91c3Rlci1mcm9tLW9wZW5haS1kcmF3cy1wYXJhbGxlbHMtd2l0aC1hcHBsZS1maXJlZC1zdGV2ZS1qb2JzLWRlY2FkZXMtYWdvLXJlYWQtaGVyZS9hbXAtMTE3MDAyODgyOTg3NjQuaHRtbA?oc=5

  47. buchikuma-info より:

    本日の「家電」YouTube話題まとめ

    – 「シリタカビューティー部」が最新の美容家電を紹介し、秋の夜に自宅でエステ気分を楽しむ方法を提案している。
    – 漫画動画「スカッとする話」では、夫が姉と同居することを告げた後、妻が引越し業者に家具や家電の手配をする様子が描かれている。
    – 2023年の最新ドライヤーを各家電メーカーが発表しており、おすすめポイントがまとめられている。
    – 日本円の価値が下落し、代購業者がカメラや精品、家電を大量に買い占めている様子が報じられている。
    – DIYで90万円で400平方フィートの家を購入し、全面的なリフォームを行い、Mieleの家電を取り入れた快適な生活を実現している様子が紹介されている。

  48. buchikuma-info より:

    「バスキャッチライト 位置 サービス」に関する最新情報です。

    VISH株式会社は、11月17日に新しい位置情報共有サービス「バスキャッチライト」をリリースすることを発表しました。このサービスは、人、自転車、モビリティ全般向けに提供され、位置情報を共有することができます。VISH株式会社は、2004年に設立され、スイミングスクール、スポーツクラブ、自動車教習所などの施設を運営しています。この新しいサービスでは、車両の位置情報をリアルタイムで提供し、利用者に到着のお知らせを音声や視覚的に行います。また、専用のアプリケーションやURLを使用して、位置情報を共有することができます。このサービスは、イベントやモビリティ全般の利用者にとって便利であり、VISH株式会社は、要望に応えるために無料のバージョンアップも提供しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSWh0dHBzOi8vd3d3Lnpha3phay5jby5qcC9wcmVzc3JlbGVhc2UvYXRwcmVzcy9DRVJaMlNVSlRSUEE1RjM2WldMM0FaVzdFSS_SAQA?oc=5

  49. buchikuma-info より:

    本日の「家電」YouTube話題まとめ

    – 家電を安く買うためのコツ5選が紹介されている動画
    – 新北消防員が公共の家電を盗んで特斯ラや電動車で出租していたというニュース
    – 新デロンギのおしゃれなヒーターとミタル家族の過ごし方を紹介する動画

  50. buchikuma-info より:

    本日の「家電」YouTube話題まとめ

    – 消防員が公家電を盗んで特斯ラをレンタルする事件が発生
    – 大阪の高級ラブホテルと格安ラブホテルを比較した結果が衝撃的だった
    – 年収2000万円以上稼ぐCxOになるための自己改革法についての検証
    – 美CPIの増加率が緩やかになり、男性は利下げを要求し、犬は利上げを要求する状況に
    – お金の雑談ライブで家計管理の悩みに答え、2023年のおすすめの火災保険についても話す

タイトルとURLをコピーしました