PR

モバイルルータはどれを選ぶ?新製品を根こそぎチェック

スポンサーリンク

「モバイルルータ」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「モバイルルータ」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2023年の「モバイルルータ」新着情報まとめ

モバイルルータについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

モバイルルータに関する新着ニュース

モバイルルータに関する新着ニュースをまとめています。

IIJmioが「Nothing Phone (2)」と「Xiaomi Pad 6」モバイルルータセットの販売を開始

2023年09月01日の、IIJmio新製品ラインナップに関する情報をお届けします。

  • インテーネットイニシアチブは「IIJmioサプライサービス」で、Nothing製スマートフォン「Nothing Phone (2)」とXiaomi製タブレット「Xiaomi Pad 6」のモバイルルータ同梱セットの販売を開始。
  • 「Nothing Phone (2)」は「サマーキャンペーン​1​」の対象として特別価格での提供がある。
  • 「ご愛顧感謝 機種変更キャンペーン」で対象端末を購入すると「選べるe-GIFT」がプレゼントされる。
詳細価格とキャンペーン情報
メーカー製品通常価格(一括)通常価格(月々)キャンペーン価格(一括)キャンペーン価格(月々)
NothingNothing Phone (2) (12GB/256GB)99,800円4,171円/月80,000円3,348円/月
NothingNothing Phone (2) (12GB/512GB)109,800円4,578円/月90,000円3,755円/月
XiaomiXiaomi Pad 6モバイルルータセット59,800円2,497円/月
「ご愛顧感謝 機種変更キャンペーン」情報
  • キャンペーン期間:2023年9月1日(金)~ 2023年11月30日(木)21:59
  • 対象端末を購入すると「選べるe-GIFT」がもらえる
    • Nothing Phone (2) (12GB/256GB):5,000円分
    • Nothing Phone (2) (12GB/512GB):5,000円分

海外モバイル通信事情の変革

2023年4月27日の、海外でのモバイル通信に関する情報をお届けします。

  • これまでの常識、Wi-Fiルーターのレンタルや現地でのプリペイドSIM購入が変化している。
  • 携帯各社の海外ローミングサービスが急激に安くなり、レンタルWi-Fiルーターよりも割安となっている。
  • eSIMを使用した海外ローミングサービスを提供するMVNOが増え、手軽に海外でのデータ通信が利用できるようになっている。
海外ローミングサービスの現状
  • NTTドコモの「パケットパック海外オプション」とKDDIの「世界データ定額」は、24時間当たり980円で契約している料金プランのデータ通信量を消費して通信が可能。
  • ソフトバンクの「海外あんしん定額」は、通信量を購入する仕組み。定額国Lの場合、980円で24時間・最大1GBの通信が可能。
eSIMの利用
  • GigSky、Airaro、HolaflyなどがeSIMを使用した海外ローミングサービスを提供。
  • 日本人向けとして、Ubigiが利用しやすい。日本語対応で、料金も円建て。
追加情報:筆者の体験
  • 筆者はスペインを訪れた際、UbigiのeSIMを使用。30日間・最大10GBの買い切り型のプランを2600円で購入して使用。

以上、コロナ禍を経て変わった海外モバイル通信事情についての情報でした。現地の通信環境に応じて、最も効率的な通信手段を選ぶことが推奨されます。

モバイルルータの新製品情報

モバイルルータの新製品情報についてまとめています。

新製品:「Stick Wi-Fi」

2023年9月3日時点でのソフトバンクとワイモバイルから発売される「Stick Wi-Fi」について紹介します。

「Stick Wi-Fi」の特徴
  • USBメモリのような小型サイズで、重さは33g
  • バッテリーレスでUSB給電のみで動作
  • LTE対応で、SIMカードはnanoSIMに対応
価格

6480円(税込)

「Stick Wi-Fi」のおすすめポイント
  • 他のWi-Fiルーターと比べて非常に小型軽量で持ち運びやすい
  • 充電の必要がなく、USB給電でいつでも利用可能
「Stick Wi-Fi」の気になるところ、注意点
  • バッテリーレスなので、USB端子がない場所では使用不可
「Stick Wi-Fi」の購入時参考情報
  • Wi-Fi規格はIEEE 802.11 b/g/nで、最大テザリング台数は10台
  • ソフトバンクとワイモバイルから発売予定

新製品:モバイルルーター「+F FS050W」

2023年6月1日時点での「富士ソフト」のモバイルルーター「+F FS050W」について紹介します。

「+F FS050W」の特徴
  • 大きさ: 約120×74×19mm、重さ: 約198g
  • eSIMとnano SIMのデュアルSIMに対応
  • 5Gおよび4G LTEの複数バンドに対応、Wi-Fi通信方式はIEEE 802.11 a/b/g/n/ac/axをサポート
価格

33,528円(税込)

「+F FS050W」のおすすめポイント
  • 5Gの高速通信に対応しており、受信最大2.8Gbps、送信最大460Mbpsの通信速度を持つ
  • Wi-Fi 6の最大通信速度は1.2Gbpsで、複数のデバイスを高速に接続可能
  • バッテリーレス稼働をサポートし、USB Type-C(USB 3.2 Gen1)ポートも装備
「+F FS050W」の気になるところ、注意点
  • 特に記載がありません
「+F FS050W」の購入時参考情報
  • 7月3日21時59分までの「モバイルルータ特価セール」で、「ギガプラン」を申し込むと特別価格の2万9800円で購入可能
  • IIJmioサプライサービスにて販売中

au新製品:5G SA対応モバイルルーターおよびホームルーター発売

2023年5月26日の、auの新製品に関する情報をお届けします。

  • KDDI、沖縄セルラーは2023年6月1日に、5G SA対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X12」とホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」を発売予定。
  • 2023年5月26日午前10時より、予約受付を開始。
  • 「モバイルルータープラン 5G」および「ホームルータープラン5G」の料金プランで利用可能。
ルーターの主要特徴
  • Speed Wi-Fi 5G X12:
    • 5GおよびWi-Fi 6に対応。
    • 外出時でも約9時間の連続通信が可能な4,000mAhバッテリーを搭載。
    • 接続中のデバイスやSSID情報、バッテリー残量などを専用アプリから確認・設定可能。
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L13:
    • コンセント接続での簡単なインターネット接続とQRコードを用いたWi-Fi接続。
    • 5G, Wi-Fi 6およびマルチギガビット有線LANに対応。
    • 電波強度やネットワーク登録状態などを専用アプリで確認・診断可能。
ご利用料金
機種名対応料金プラン各種割引適用前au PAY カードお支払い割5Gルーター割当月から13カ月間の料金
Speed Wi-Fi 5G X12モバイルルータープラン 5G5,458円-187円-550円4,721円
Speed Wi-Fi HOME 5G L13ホームルータープラン 5G5,170円-550円4,620円
  • 「5Gルーター割」の割引適用期間は、2023年6月1日の新規受付分以降、13カ月間。
  • 「モバイルルータープラン 5G」を利用の際の「プラスエリアモード」月間データ容量は、2023年6月1日以降、月間30GBとなる。

直近のモバイルルータのセール情報

モバイルルータの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

IIJmio「モバイルルータ特価セール」:「Aterm MP02LN SA」「AIR-2」「+F FS050W」

2023年7月5日時点でのインターネットイニシアティブ(IIJ)のモバイルルーターについて紹介します。

「Aterm MP02LN SA」の特徴
  • ギガプランとの同時契約時に特価で購入可能
  • 一括または分割払いが可能
  • 量販店やネットショップでの購入、BIC SIM、価格.comからの申込みはキャンペーン対象外
価格

500円(税込)

お得度

大幅割引

セール期間

2023年7月5日(火)〜2023年7月31日(月) 21時59分まで

「Aterm MP02LN SA」のメリット、注意したいポイント
  • ギガプランとの同時契約で大変お得に購入できる
  • キャンペーンの対象外の販売方法もあるので、購入時に注意が必要

「AIR-2」の特徴
  • ギガプランとの同時契約時に特価で購入可能
  • 一括または分割払いが可能
  • 量販店やネットショップでの購入、BIC SIM、価格.comからの申込みはキャンペーン対象外
価格

2万7800円(税込)

お得度

割引

セール期間

2023年7月5日(火)〜2023年7月31日(月) 21時59分まで

「AIR-2」のメリット、注意したいポイント
  • ギガプランとの同時契約でお得に購入できる
  • キャンペーンの対象外の販売方法もあるので、購入時に注意が必要

「+F FS050W」の特徴
  • ギガプランとの同時契約時に特価で購入可能
  • 一括または分割払いが可能
  • 量販店やネットショップでの購入、BIC SIM、価格.comからの申込みはキャンペーン対象外
価格

2万9800円(税込)

お得度

割引

セール期間

2023年7月5日(火)〜2023年7月31日(月) 21時59分まで

「+F FS050W」のメリット、注意したいポイント
  • ギガプランとの同時契約でお得に購入できる
  • キャンペーンの対象外の販売方法もあるので、購入時に注意が必要

ソフマップ「NECモバイルルーター特価」:「NECモバイルルーター Aterm MP02LN SA」

2023年9月4日時点でのNECの「Aterm MP02LN SA」について紹介します。

Aterm MP02LN SAの特徴
  • 連続使用時間約10時間
  • 10〜15台未満の同時接続が可能
  • SIMフリーでnanoサイズのSIMカードに対応
価格

2,980円(税込)

お得度

大幅割引(元の価格情報が提供されていないため、具体的な割引率は不明)

セール期間

不明

Aterm MP02LN SAのメリット、注意したいポイント
  • 現在お使いのSIMカードをそのまま利用可能
  • アウトレット品のため、パッケージが破れていたり、汚れていたりする場合がある。不備があった際は返品対応のみ。

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「モバイルルータ」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「モバイルルータとは」的な内容になります。

ポケットWi-Fiとモバイルルータの違い

ポケットWiFiとモバイルルーターは、多くの人にとってよく聞く言葉であり、使われ方としても同じ意味で使われることが多い。しかし、実際にはこれらの用語には異なる背景や意味がある。

ポケットWiFiとは

「ポケットWiFi」はもともとY!mobile(旧イー・モバイル)のモバイルルーター製品の商品名であり、これが一般的な呼び名として広まったものです。

  • 商品名としての「ポケットWiFi」はY!mobile商品のことを指す
  • ソフトバンクの4G回線を使ったモバイルルーターという意味も持つ
  • 一般的には、モバイルルーター全体を指す言葉として浸透している

モバイルルーターとは

モバイルルーターは、モバイルインターネット接続を提供するための機器のカテゴリー名を指す。

  • “自由に持ち運べる” モバイルと、“インターネット回線をつなぐ” WiFiルーターからきている
  • どこにでも持ち運べて、スマホやパソコンをインターネットに接続できる製品を指す
  • ポケット型WiFiやWiMAXもモバイルルーターの一種として考えられる

その他のモバイルルーターの種類

モバイルルーターは、いくつかの大手キャリアや事業者によって提供されている。

  • ドコモ、au、ソフトバンクの携帯キャリアが提供するモバイルルーター
  • ドコモ、au、ソフトバンク以外の事業者が提供するモバイルルーター(料金が安くて種類も豊富)
  • WiMAXは独自のWiMAX用電波でデータ通信を行うモバイルルーター

モバイルルータ、ポケット型wi-fiの通信方法

ポケット型WiFiやモバイルルータの通信の仕組みについての解説です。これらのデバイスがどのようにしてインターネットと通信するのか、その基礎的な知識やメリット・デメリットを詳しく説明します。

ポケット型WiFi・モバイルWiFiの基本

ポケット型WiFiは、多くの人が使っている「Pocket WiFi」という商品名の通信端末を指すものですが、一般的には「モバイルルーター」や「モバイルWiFi」とも呼ばれています。

  • 「ポケット型WiFi」「モバイルルーター」「モバイルWiFi」は、持ち運び可能な通信端末を指す言葉
  • 「WiMAX」や「THE WiFi」などもポケット型WiFiとして認識される
  • ワイモバイルやソフトバンクから販売されている「Pocket WiFi」がこのカテゴリの代表例

通信の基本仕組み:WiFiとは?

WiFiは、異なるメーカー間でも相互通信が可能な無線LANシステムの統一規格を指します。

  • WiFiは「The Standard for Wireless Fidelity」の略
  • WiFiの登場以前は、メーカーごとに異なる無線LAN規格が存在していた
  • WiFi規格が統一されたことで、異なるメーカーの通信機器でも通信が可能に

ポケット型WiFiの通信回線の特徴

ポケット型WiFiは、ケーブルを使わずにインターネットに接続することができるデバイスです。この通信は「移動体通信回線」を利用しており、4GLTEなどがその代表例として挙げられます。

  • ポケット型WiFiは移動体通信回線を使用して通信する
  • 通信業者(例:docomo, Softbank, WiMAX, 楽天など)の基地局からの電波を受け取り通信を行う
  • 通信エリアや基地局の数によって、接続の安定性や速度が変わる可能性がある

これらのポイントを抑えることで、モバイルルーターやポケット型WiFiの選び方や利用方法についてより深く理解することができます。

モバイルルータの選び方

モバイルルータやポケットWi-Fiを選ぶ際には、様々な要点を考慮する必要があります。ここでは、その選び方の重要ポイントを紹介します。

ポケットWi-Fiの端末の選び方

ポケットWi-Fiの選び方の最も基本的なポイントは、自分のニーズに合った端末を選ぶことです。

  • 通信速度や同時接続台数が異なる
  • 月額料金やエリア、同時接続台数などを比較することが重要
  • 端末代金と月額料金を総額で比較して選ぶことがおすすめ

キャンペーンの内容と条件

モバイルルータの選び方の中で、キャンペーンの内容や条件も大きな要素となる。

  • 月額料金の割引やキャッシュバックなど、様々なキャンペーンがある
  • 他社の解約違約金を負担するサービスも存在
  • 初期費用の値引きや端末代金の割引もキャンペーンの一部として提供されることがある

データ通信量と速度制限の確認

モバイルルータを選ぶ際の大きなポイントとして、データ通信量や速度制限をしっかりと確認することが必要です。

  • プランによって1ヶ月間の利用可能なデータ通信量が異なる
  • 速度制限がかかった場合、その制限が解除されるまで低速通信を利用することとなる
  • データ無制限のプランも存在するため、自分の利用状況に合わせて選ぶことがおすすめ

選ぶ際のポイントをしっかりと理解し、最適なモバイルルータを選びましょう。

モバイルルータのメリット・デメリット

モバイルルータ(ポケット型WiFi)の利用は多くのメリットがありますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。以下でそれぞれのメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット

モバイルルータの利用は、自宅や外出先での利用が可能であり、工事が不要で即日利用が可能な点と、月額利用料金が安いという点が主なメリットです。

  • 利用の柔軟性: 自宅だけでなく外出先でも利用可能であり、一部は海外でも利用可能です。
  • 手続きの簡便性: ケーブル工事が不要で、最短即日での利用開始が可能です。
  • 経済性: 光回線と比較して月額料金が安く、経済的なインターネット環境が構築できます。

デメリット

しかし、モバイルルータには通信容量の制限や回線の安定性の問題、複数人での利用に向かないというデメリットもあります。

  • 通信容量の制限: 一部のプランでは月間の通信容量が制限されており、制限を超えると通信速度が低下します。
  • 回線の安定性: 電波状況により回線が不安定になることがあり、特にオンラインゲームなどでは光回線の方が安定性があります。
  • 複数人利用の制約: 複数人やデバイスでの利用時に通信速度が著しく遅くなる可能性があります。

料金比較表

次の表はポケット型WiFiと光回線の月額料金を比較したものです。

サービス名月額料金
WiMAX (ポケット型WiFi)3,784円~
楽天 (ポケット型WiFi)3,278円
フレッツ光コラボ (光回線・一戸建て)約4,200円程度~
NURO光 (光回線・一戸建て)5,200円~

これらのメリットとデメリットを理解した上で、モバイルルータの契約を検討することが推奨されます。また、サービス提供企業ごとに料金やキャンペーン、通信容量などが異なるため、比較検討することも重要です。

モバイルルータを選ぶべき人、おすすめシーン

モバイルルータ(ポケットWiFi)は、特定のシーンやユーザー層にとって非常に便利なツールとなります。以下で、ポケットWiFiが適している人やシーン、および不向きな人やシーンについて解説します。

ポケットWiFi利用に適した人

ポケットWiFiは、月間100GB程度までのデータ通信を行うユーザーや、1人暮らしで固定回線の代わりとして利用する人に向いています。また、企業がテレワークや外回りの社員にネット回線を支給する際にも有用です。

  • 月間100GB程度のデータ利用者: 家でも外でもネットを多用する人に便利です。
  • 1人暮らしの利用者: 固定回線の代わりとして、ポケットWiFiが役立ちます。
  • 企業が社員に支給: テレワークや外回りの社員に、企業がネット回線を支給する際に便利です。

ポケットWiFi利用に不向きな人

ポケットWiFiは、月間100GBを大きく超えるデータ通信を必要とする人や、あまりデータ通信をしない人、スマホのみのデータ利用者、通信速度を最優先する人、SIM2枚を利用するスマホユーザーには不向きです。

  • 月間100GB以上のデータ利用者: 固定回線の利用が推奨されます。
  • データ通信量が少ない人: スマホ向けプランの利用が適しています。
  • スマホのみのデータ利用者: スマホ向けの大容量プランが適しています。
  • 通信速度を最優先する人: 現段階では、光回線の利用が推奨されます。
  • SIM2枚を利用するスマホユーザー: ポケットWiFiの導入は不要となります。

このように、ポケットWiFiの利用は、ユーザーのデータ通信量や利用シーンによって異なる適合性があります。利用シーンやニーズに合わせて最適な選択を行いましょう。

おすすめのポケットWiFiサービス

選ぶべきポケットWiFiサービスが分からないという人のために、いくつかの主要なポケットWiFiサービスの特徴を紹介します。ここでは、Broad WiMAX、Mugen WiFi、どこよりもWiFi、およびTHE WiFiという4つのサービスに関する情報を提供します。

Broad WiMAX

Broad WiMAXはLink Life社が提供するWiMAX+5Gのサービスで、初めの3ヶ月は月額2000円台でデータ無制限プランを利用できます(ただし、通信制限あり)。auスマートバリューやUQモバイルの割引対象としても知られています。詳細は次の通りです。

  • 3つのプランがあり、一部のプランではau 4G LTEやau 5G回線も利用可能
  • 月額2000円台で最初の3ヶ月利用可能(4ヶ月目以降も割引価格で利用できる)
  • ポケットWiFiタイプやホームルータータイプの機種が選択可能
  • 一部のプランでは5G回線の利用が可能

Mugen WiFi

Mugen WiFiのMUGEN格安プランは、月100GBで月額3,438円のポケットWiFiサービスとして提供されます。特徴は以下の通りです。

  • クラウドSIMを利用してドコモ・au・ソフトバンクの回線が利用可能
  • 月額3,438円で月100GBまで利用可能(契約期間の縛りあり)
  • 端末機種U3を利用すると、最大150Mbpsのダウンロード速度と最大50Mbpsのアップロード速度を享受できる
  • 2年後に最新の端末へ無償交換可能(新たな2年間の契約期間の縛り発生)
  • 海外利用も可能(追加料金あり)

どこよりもWiFi

「どこよりもWiFi」は、使用データ量に応じて4段階に変わる月額料金のサービスを提供しています。主な特徴は以下の通りです。

  • クラウドSIMを利用してドコモ・au・ソフトバンクの回線が利用可能
  • 月額料金が使用データ量によって4段階に変わる
  • 2年間の定期契約が必要(期間縛りなしの場合は月額+500円)

THE WiFi

THE WiFiは、月40GBや100GBのプランを提供し、月額3,281円からの料金設定となっています。以下の特徴があります。

  • クラウドSIMを利用し、ドコモ・au・ソフトバンクの回線が利用可能
  • 2種類のプランがあり、段階制定額のプランも利用可能
  • 海外利用が可能で、追加料金が発生する

これらのサービスはそれぞれ異なる特徴を持ち、ユーザーのニーズに応じて選択できます。詳細は公式サイトで確認してください。

モバイルルータの口コミ・評判

モバイルルータの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「モバイルルータ」と検索できます。

モバイルルータの知っておきたいよくあるQ&A

「モバイルルータ」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
モバイルルータとは何ですか?
A

モバイルルータは、インターネットデータ信号をWi-Fi信号に変換するポータブルデバイスです。これにより、ユーザーはスマートフォン、タブレット、ラップトップなどのデバイスをインターネットに接続できます。持ち運びが可能なため、外出先でのインターネット接続に非常に便利です。

Q
モバイルルータのメリットは何ですか?
A

モバイルルータのメリットは多岐にわたりますが、主な利点は以下の通りです:

  • インターネットへのアクセスが必要な場所であればどこでも接続可能。
  • 複数のデバイスを同時に接続できる。
  • データプランに応じたデータ制限があるため、コストをコントロールできる。
  • セキュリティーの観点から、公共Wi-Fiよりも安全。
Q
モバイルルータのデメリットは何ですか?
A

モバイルルータのデメリットもいくつか存在します:

  • データプランに制限がある場合が多い。
  • 信号の範囲が限られる場合がある。
  • 一部の地域では接続速度が遅くなる可能性がある。
Q
モバイルルータの月額料金はどのくらいですか?
A

モバイルルータの月額料金は、提供しているサービスプロバイダーと選んだプランに依存します。一般的には、データの使用量に応じて異なるプランがあり、月額料金はそのプランのデータ制限によって決まります。料金やプランの詳細は、各サービスプロバイダーの公式ウェブサイトで確認できます。

Q
モバイルルータはどのような場合に便利ですか?
A

モバイルルータは、以下のようなシチュエーションで特に便利です:

  • 外出先でインターネットアクセスが必要な場合(旅行、ビジネストリップなど)。
  • 公共Wi-Fiが利用できない、または安全でない場所でのインターネットアクセスが必要な場合。
  • イベントやプレゼンテーションで一時的なインターネット接続が必要な場合。
スポンサーリンク

「モバイルルータ」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

PC/MAC周辺機器
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「セキュリティー 進め hd」に関する最新情報です。

    EガーディアンとチェンジHDが提携し、セキュリティー業界再編を進める真の狙いは、日本のセキュリティーを国産化し、問題を解決することにある。チェンジHDは、ふるさと納税の会社として知られるが、日本の価値観を変え、セキュリティー分野に取り組むことで、福留社長が目指す方向性が明らかになっている。

    https://toyokeizai.net/articles/-/734636?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  2. buchikuma-info より:

    「モバイル 楽天 楽天 モバイル」に関する最新情報です。

    楽天モバイルは「楽天モバイル法人プラン」公式サイトで、「春のプレゼント」キャンペーンを開始しました。期間中に資料請求をした法人顧客に対し、抽選で30社にAnker製の10,000mAhモバイルバッテリーをプレゼントする特典があります。1社につき5個まで応募可能で、キャンペーン期間は2月27日から4月30日までです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDIyNy0yODkzMjg2L9IBAA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「desim esim 利用」に関する最新情報です。

    DeSiMは、タイとマレーシア向けのeSIMプランをAmazonで販売開始し、グローバルな通信サービスを拡大することを発表した。この新しいプランは、物理SIMカードの代わりにeSIMを提供し、旅行者やビジネス向けにシームレスな通信体験を提供する。eSIMはAmazonで購入可能であり、DeSiMは世界中の利用者に便利で安心な通信環境を提供することを目指している。速報JAPAN株式会社は、デジタル通信サービスを提供する企業であり、eSIMプランを展開して国境を越えたコミュニケーションの自由を追求している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000137009.html

  4. buchikuma-info より:

    「株主 楽天 esim」に関する最新情報です。

    楽天グループは、株主優待制度を改定し、2023年12月31日を基準として剰余金の配当を行わない代わりに、全株主に1年間の月間30GBの楽天モバイル音声通話付きeSIMを提供することを発表しました。これは、当初は最短3カ月から最長6カ月のデータSIMの提供だったが、内容を変更して、全株主に1年間の音声通話付きSIMを無料で提供するものです。eSIMの提供対象は、2023年12月末時点で楽天グループの株を保有している全株主であり、eSIMの送付は4月下旬から順次開始され、5月1日から利用可能となります。

    https://japan.cnet.com/article/35215260/

  5. buchikuma-info より:

    「株主 楽天 esim」に関する最新情報です。

    楽天グループは、株主優待制度を改定し、2023年12月31日を基準に剰余金の配当を行わない代わりに、全株主に1年間の月間30GBの楽天モバイル音声通話付きeSIMを提供することを発表しました。これは、当初は最短で3カ月、最長で6カ月のデータSIMの配布だったが、内容を変更して1年間の音声通話付きSIMを提供するものです。eSIMの提供対象は、2023年12月末時点で楽天グループの株を保有している全株主であり、eSIMの送付は4月下旬から順次開始され、5月1日から利用可能となります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKGh0dHBzOi8vamFwYW4uY25ldC5jb20vYXJ0aWNsZS8zNTIxNTI2MC_SAQA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「提供 sim 端末」に関する最新情報です。

    ミーク株式会社は、SIM挿入済み通信端末のキッティング、配送、回収をワンストップで提供するサービスを開始しました。最初のサービスとして、MVNO事業者向けのWi-Fiルーター付き通信サービスを提供しています。これにより、MVNO事業者は手軽にSIMカードを挿入したWi-Fiルーターを提供することができます。今後もさまざまな展開を予定しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000073834.html

タイトルとURLをコピーしました