PR

IoTの時代に「高齢者の見守り」はどう変わるの?

スポンサーリンク

「高齢者見守りシステム」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「高齢者見守りシステム」の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

2024年の「高齢者見守りシステム」新着情報まとめ

高齢者見守りシステムについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

高齢者見守りシステムに関する新着ニュース

高齢者見守りシステムに関する新着ニュースをまとめています。

石川県能美市、IoT家電を活用した高齢者見守りシステムの構築を開始

2023年10月02日の、石川県能美市の「IoT高齢者見守りシステムサービス」に関する情報をお届けします。

  • 能美市は、シャープ、三菱電機、AIoTクラウドと連携して、高齢者を遠隔で見守る「IoT高齢者見守りシステムサービス」の構築に着手。2024年のサービス開始を目指す。
  • 高齢者や要介護者の孤立リスクへの対策が課題で、複数メーカーのIoT家電を対象とした見守りシステムを構築することを決定。
  • 能美市在住の高齢者約100名を対象に、2024年3月31日までの期間、見守り対象者宅にIoT家電を設置し、室内環境などのデータを自動で取得。
詳細・補足情報
  • 能美市は、見守り対象者の選定や関係機関・支援者との連携を担当。
  • シャープは「IoT高齢者見守りシステム」の構築・運用と、空気清浄機クラウドの連携を担当。
  • 三菱電機はエアコンクラウドとの連携を、AIoTクラウドは自治体向けの基盤提供と開発を担当。
  • 本サービスは2024年度以降も継続し、IoT家電メーカーの拡大や災害対策への応用も考慮中。
参与企業と役割
企業名役割
能美市見守り対象者の選定、関係機関・支援者との連携
シャープ「IoT高齢者見守りシステム」の構築・運用、空気清浄機クラウド連携
三菱電機エアコンクラウド連携
AIoTクラウド自治体向け基盤提供、開発

高砂市:高齢者等見守り・SOSネットワーク事業の概要

2023年10月01日の、高齢者等見守り・SOSネットワーク事業に関する情報をお届けします。

  • この事業では、所在不明のリスクがある方の情報を事前に登録して、地域の協力者が見守りを行います。
  • 所在不明となった際には、関係機関や協力者に捜索依頼メールが送信され、早期の発見・保護が目指されます。
  • 平成30年4月より事業が実施されており、事前登録や協力者の登録は随時受け付け中です。
事前登録に関して
  • 認知症などで所在不明のリスクがある方の情報を事前に登録することで、日常の見守りや早期の発見・保護を促進します。
対象者の詳細
  • 市内に住所を持つ、基本的に65歳以上の認知症高齢者や日常生活での注意が必要な状態の方が対象。若年性認知症の方も含む。
申請方法
  • 「高砂市高齢者等見守り・SOSネットワーク登録届出書」に必要事項を記入し、地域福祉課へ提出。
  • 登録内容の変更時には、「高砂市高齢者等見守り・SOSネットワーク登録変更・取消届出書」を提出する。
個人賠償責任保険について
  • 高砂市のSOSネットワークに登録されている方で特定の条件を満たす者は、「高砂市認知症高齢者等個人賠償責任保険」に加入可能。
  • 対象者は在宅生活者で、日常生活に支障をきたす認知症の症状が確認され、自身で外出が可能な方。

高松市の配食サービス団体、電気自動車を寄贈される

2023年10月04日の、高松市の配食サービスに関する情報をお届けします。

  • 高松市の国分寺北部校区コミュニティ協議会が、みずほ教育福祉財団から小型電気自動車を寄贈された。
  • 同協議会は「まもりん食堂」として、古民家をリノベーションし、ランチや弁当の配達サービスを提供している。
  • 今回寄贈された電気自動車は1人乗りで、後部に配達用ボックスが取り付けられ、家庭用コンセントで6時間充電で50km走行可能。
配食サービスの詳細
  • 2020年10月に開始され、初めは約20食から始めたが、現在は約80食に増加。
  • 野菜多めのメニューが好評で、毎週金曜日には子ども食堂も運営。
  • 同財団は、地域との密接な関わりや世代を超えた交流を評価し、車の寄贈を決めた。
貴重な寄贈
  • 贈呈式は国分寺北部コミュニティセンターで開催。
  • 同協議会の佐々木正明会長は、地区の細い道での配達に苦労していたため、この車の寄贈は大変助かると述べ、車体の特徴的なデザインを見守り活動のシンボルとして活用したいとの意向を示した。

株式会社NEXUS、高齢者見守り協定を静岡県の各地域と締結

2023年10月3日の、高齢者見守りに関する協定締結の情報をお届けします。

  • 株式会社トラストゲートのグループ会社、株式会社NEXUSが静岡県の各地域と高齢者見守りに関する協定を締結。
  • NEXUSが推進する「見守りネットワーク」は、地域社会全体での高齢者の支援を目的としている。
  • 沼津市を中心に、御殿場市・沼津市・長泉町との締結が完了し、今後も他の自治体との協定締結を進行中。
高齢者見守りネットワーク事業について
  • 全国での少子高齢化と一人暮らしの高齢者増加を背景に、「見守りネットワーク」の導入が進行中。
  • NEXUSは地域に根差した社会貢献活動に取り組み、高齢者見守りネットワークへの参加を決定。
株式会社NEXUSの概要
  • 2022年12月に静岡県沼津市から保険代理店事業を開始。
  • 「長生きすることが幸せな時代に」をモットーに、100年時代を幸せに生きるサポートを目指して活動。
  • 社会活動に積極的に参加し、地域の豊かな生活のサポートを継続的に行っている。

文京区、高齢者見守りサービス「あんしん扉センサーサービス」を提供開始

2023年9月18日の、文京区の高齢者見守りサービスに関する情報をお届けします。

  • 文京区が、東京ガスの「もしものたより」を活用して「高齢者見守りあんしん扉センサーサービス」を提供開始。
  • サービスは、ドアの開閉を24時間確認し、開閉が無かった場合には安否確認の電話を行い、見守る人にメール通知する。
  • 文京区内の65歳以上の一人暮らし、または同一世帯全員が65歳以上の方が対象。令和7年3月まで無償での提供。
サービスの経緯と文京区の取り組み
  • 文京区では、コロナ禍による高齢者との接点減少と孤立リスク増加を背景に、見守り体制の強化を模索。
  • 2023年5月にサービス提供を開始。23区で初めての見守りサービス導入。
  • 係長重田様より、サービス周知の取り組みや2024年度もの継続予定であることが明らかにされた。
東京ガスのコメントと取り組み
  • 2022年6月に文京区からの問い合わせを受け、サービスの提供を開始。
  • サービス内容の説明やチラシの作成時に多数の議論を行い、2023年2月に正式採用された。
  • 東京ガスリビング戦略部の山田氏より、文京区民に信頼される事業者としての継続的な関わりや貢献の意向が述べられた。

高齢者見守りシステムの新製品/新サービス情報

高齢者見守りシステムの新製品/新サービス情報についてまとめています。

西伊豆・大浜地区で高齢者の見守り体制拡充への取り組み

2023年10月3日の、西伊豆町の高齢者の認知症見守り体制拡充に関する情報をお届けします。

  • 「大浜サロンまつぼっくり会」が認知症のお年寄りの見守り体制を拡充。
  • 認知症サポーターのステップアップ講座を大浜公民館で開催し、「チームオレンジ」を結成。地域での見守り支援を進める。
  • 西伊豆町の高齢化率は52.6%(4月時点)で、県内最高。地域包括支援センターは、地域全体で認知症への理解を深める取り組みを推進。
認知症サポーターの取り組みと意見
  • 認知症サポーターの普及を目指す「町キャラバン・メイト連絡会」が主催。
  • 参加者は認知症の人のニーズや問題解消方法をグループで議論。地域のラジオ体操への参加呼びかけや住民同士の情報共有などの意見が出た。
  • 「チームオレンジ」は地域での連携を強化し、認知症の人や家族の支援を目的として活動。地域包括支援センターがチームの活動を町内で推進する方針。

直近の高齢者見守りシステムの補助金/セール情報

高齢者見守りシステムの商品で、「これはお得!」と感じた補助金やセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

合同会社ネコリコ、「Age Well Japan 2023」で特価販売とコスチューム参考展示

2023年10月6日の、高齢者向け見守りロボットの販売情報をお届けします。

  • 二子玉川ライズで開催される「Age Well Japan 2023」にて「BOCCO emo LTEモデル Powered by ネコリコ」を特別価格で即売会を開催。
  • 当日イベント限定の特価で販売、商品のクーポンカードも配布。
  • emoの新たなコスチュームの参考展示を行い、後日公式サイトで詳細情報を公開予定。
販売商品の価格詳細
商品名イベント価格(税込)通常価格(税込)備考
BOCCO emo LTEモデル 新品44,000円50,600円月額1,570円のサービス契約が必要
BOCCO emo LTEモデル リファービッシュモデル22,000円29,700円月額1,570円のサービス契約が必要、レンタルアップ品で新品同等の性能・機能
参考展示のコスチューム
  • 詳細は会場で確認。後日公式サイトで情報を公開予定。
イベント詳細
  • 日程: 2023年10月13日(金)10:00~18:00
  • 会場: 二子玉川ライズ スタジオ & ホール
  • アクセス: 東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」より、リボンストリートを直進徒歩4分
  • 参加方法: 申込不要。当日気軽に来場可能。
  • イベント主催: 株式会社AgeWellJapan、Vivid Creations Pte Ltd
  • サイト: https://agewelljapan.com/

スポンサーリンク

とりあえず知っておきたい「高齢者見守りシステム」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「高齢者見守りシステムとは」的な内容になります。

高齢者見守りサービスの選び方

高齢者の親と離れて暮らしていると、多くの心配や不安が生じることがあります。そのため、高齢者の見守りサービスの利用を検討する方が増えています。見守りサービスの選び方やおすすめのサービスについて詳しく解説します。

見守りサービスを選ぶ際の5つのポイント

見守りサービスは多種多様。選び方のポイントを理解することで、最適なサービスを選ぶ手助けとなります。

  • 親の意向を尊重する: 見守りサービスを選ぶ際の最も大切なポイントは、親の意向や希望を尊重すること。
  • 状況や目的に合わせて選ぶ: 24時間の見守りが必要なのか、週に1回程度で良いのか、カメラによる見守りが必要なのかなど、状況や目的に応じてサービスを選ぶことが重要。
  • 費用に注意: 費用が高額にならないように、必要なサービスを選ぶことが大切。
  • 操作の簡便性を重視: 親が操作を必要とするサービスの場合、操作が簡単でわかりやすいものを選ぶ。
  • 専門家に相談: 見守りサービスの選び方に迷った際は、市区町村役場や地域包括支援センター、ケアマネジャーなどの専門家に相談することが推奨されている。

目的や状況によって選べる!おすすめ見守りサービス6選

見守りサービスの種類は豊富で、それぞれのニーズや状況に合わせて選ぶことができます。

  • 自宅にセンサーやカメラを設置: 緊急時も安心できるサービス。
  • アプリを利用した見守り: 導入が手軽で簡単なサービス。
  • IoT機器による見守り: アプリよりもさらに手軽なサービス。
  • 介護サービスの利用: デイサービスや訪問介護などの介護サービスも見守りの一環として利用可能。
  • 民生委員や地域ボランティアによる見守り: 身近な存在としての見守りサービス。
  • 地域住民との交流: 交流を深めること自体が見守りとなるサービス。

さいごに

高齢者の一人暮らしが増える中、見守りのニーズは高まる一方です。この記事で紹介したポイントやサービスを参考に、自分や家族の状況に合ったサービスを選び、安心して暮らせる環境を整えていきましょう。

高齢者見守りサービスの種類

高齢者見守りサービスは多岐にわたり、利用者の状況や好みに応じて選ぶことができます。以下、6つの主要な見守りサービスの種類とその特徴を紹介します。

サービスの種類特徴
センサーやカメラを設置するタイプ24時間の監視が可能で緊急時にも安心
アプリを利用したタイプ導入が手軽で必要な機能だけを選べる
IoT機器を活用したタイプ日常生活の中での見守りが可能で操作が簡単
介護サービスの利用が見守りにつながるタイプ介護サービスの利用も一種の見守りといえる
配食サービスが見守りにつながるタイプ配達員が高齢者の様子をチェックし、必要に応じて家族や関係者に連絡
民生委員や地域ボランティアによる見守りタイプ地域のボランティアや民生委員が担当し、無料で利用可能
地域住民との交流を活用するタイプ通常の見守りサービスとは異なり、コミュニティの中でのサポートが特徴

緊急時も安心!センサーやカメラを自宅に設置するタイプ

  • セキュリティ会社が提供するサービス
  • 異常を感知した場合にセキュリティ会社が対応
  • 家族が画像や音声をリアルタイムで確認可能
  • 24時間緊急通報や介護・健康相談が可能

手軽で簡単!アプリを利用したタイプ

  • 位置情報の確認や動体感知など、アプリを利用した見守り機能
  • 緊急時のメッセージ送信や外出・帰宅時の通知機能
  • 一部の高齢者にとってはスマートフォンの操作に慣れるまでが課題

IoT機器を活用したタイプ

  • 家電や電池などのIoT機器を利用した見守り
  • 家族に通知が届くサービスや生活リズムの確認が可能
  • 操作が簡単で、スマートフォン操作の必要がない場合も

介護サービスの利用が見守りにつながるタイプ

  • 介護サービスの利用も一種の見守りといえる
  • デイサービスや訪問介護など、定期的なサポートが提供される
  • 介護職員やホームヘルパーとの接触が見守りの一環となる

配食サービスが見守りにつながるタイプ

  • 栄養バランスのとれた食事の配送時に見守りを行うサービス
  • 配達員が高齢者の様子をチェックし、必要に応じて家族や関係者に連絡
  • 多くの自治体が独自のサービスを提供している

民生委員や地域ボランティアによる見守りタイプ

  • 定期的な安否確認や声がけを行う活動が主
  • 地域のボランティアや民生委員が担当し、無料で利用可能
  • 地域に根差した見守りサービス

地域住民との交流を活用するタイプ

  • 地域のイベントやサークル活動に参加しての見守り
  • 仲間との交流を通じて、日常の変化を感知する
  • 通常の見守りサービスとは異なり、コミュニティの中でのサポートが特徴

高齢者見守りシステムの口コミ・評判

高齢者見守りシステムの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「高齢者見守りシステム」と検索できます。

高齢者見守りシステムの知っておきたいよくあるQ&A

Q
高齢者見守りシステムとは何ですか?
A

高齢者見守りシステムは、特に単独世帯や夫婦のみの世帯などで生活する高齢者の生活状況や安全を確認・監視するためのシステムです。最近では、IoT技術を活用して、遠隔地からでも高齢者の生活状態を把握し、安心して見守ることができるシステムが増えています。

Q
どのような技術やデバイスが見守りシステムに使われていますか?
A

見守りシステムにはさまざまな技術やデバイスが用いられています。主なものには、IoTを活用した家電やライフラインの使用状況モニタリング、カメラやセンサーによる動作検知、GPSを用いた位置情報の追跡などがあります。

Q
高齢者見守りシステムの導入にかかるコストはどれくらいですか?
A

高齢者見守りシステムのコストは、使用する技術やサービス内容、提供元の企業によって異なります。一部のサービスは無料で提供されるものもありますが、詳しい費用やサービス内容は各提供企業の公式サイトや資料を参照することをおすすめします。

Q
高齢者本人がデジタル機器に不慣れでもシステムは利用できますか?
A

はい、多くの高齢者見守りシステムは、高齢者本人がデジタル機器に不慣れでも利用できるように設計されています。例えば、既存の家電やライフラインを利用したシステムでは、特別な操作は不要で、普段通りの生活を送るだけで家族や関係者が遠隔地から見守ることができます。

Q
プライバシーは保護されていますか?
A

高齢者見守りシステムの提供企業は、利用者のプライバシー保護を非常に重視しています。データの取得、保存、共有に関しては、適切なセキュリティ対策が施されており、無断での第三者への情報提供は行われません。ただし、具体的な取り扱い方針や詳細は各提供企業のプライバシーポリシーを確認することをおすすめします。

「高齢者見守りシステム」に関して参考になる記事リスト

「高齢者見守りシステム」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

ガジェット関連記事

スマートホーム系
災害対策用
インターネット関連
パソコン周辺機器
スポンサーリンク

「高齢者見守りシステム」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

PC/MAC周辺機器
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「委託先 事業者 委託先 事業者」に関する最新情報です。

    AGS株式会社は、委託先事業者のセキュリティ調査やリスク管理を支援する「サプライヤー・マネジメント・クラウド」を提供開始した。このサービスは、委託先事業者との調査・管理業務を効率化し、セキュリティリスクを可視化するためのクラウドサービスであり、企業の委託先管理の重要性が高まる中で役立つものとなっている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000139878.html

  2. buchikuma-info より:

    「アライアンス アライアンス 締結 リオン」に関する最新情報です。

    パナソニック株式会社とリオン株式会社が、次世代の補聴器を共同開発するアライアンスを締結しました。リオンは補聴器開発の実績を持ち、パナソニックも補聴器市場をけん引してきた。両社は補聴器の性能向上と普及拡大に取り組み、健康長寿社会の実現を目指す。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240404-1

  3. buchikuma-info より:

    「イベント 株式会社 2023」に関する最新情報です。

    2023年、1,500万人の会員を持つ家計簿アプリ運営会社のマネーフォワードが全てのイベントにEventHubを導入した。EventHubはオンライン・オフライン・ハイブリッドなど全てのタイプのイベントを支援し、マネーフォワードの2023年のイベントを成功裏にサポートした。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000031178.html

  4. buchikuma-info より:

    「充電 自動車 電気」に関する最新情報です。

    国土交通省は、電気自動車のバッテリーを長持ちさせるための適切な充電方法や管理方法について動画を公開しました。バッテリーの特性を考慮し、常時満充電や急速充電を避け、長期間放置しないことが重要です。さらに、電欠を防ぐためには冷暖房の使用や高速走行などでの電力消費に注意する必要があります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lm1saXQuZ28uanAvcmVwb3J0L3ByZXNzL2ppZG9zaGEwOF9oaF8wMDUwODQuaHRtbNIBAA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「充電 自動車 電気」に関する最新情報です。

    ENECHANGEのEVsmartブログでは、バッテリー交換式の課題や最新の交換ステーションの運用に関する情報が提供されています。特に、京都市でのEV用バッテリー交換ステーションの開設や自動車メーカーとの連携について詳細が述べられています。バッテリー交換式のメリットや課題についての取材や情報発信が行われており、EVの普及に向けた取り組みが紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMilwFodHRwczovL2Jsb2cuZXZzbWFydC5uZXQvY2hhcmdpbmctaW5mcmFzdHJ1Y3R1cmUva3lvdG8tbGF1bmNoZXMtYXV0b21hdGVkLWJhdHRlcnktc3dhcC1zdGF0aW9uLWZvci1ldnMtbWstdGF4aS1hbW9uZy11c2Vycy1pbi1kZW1vbnN0cmF0aW9uLWV4cGVyaW1lbnQv0gGbAWh0dHBzOi8vYmxvZy5ldnNtYXJ0Lm5ldC9jaGFyZ2luZy1pbmZyYXN0cnVjdHVyZS9reW90by1sYXVuY2hlcy1hdXRvbWF0ZWQtYmF0dGVyeS1zd2FwLXN0YXRpb24tZm9yLWV2cy1tay10YXhpLWFtb25nLXVzZXJzLWluLWRlbW9uc3RyYXRpb24tZXhwZXJpbWVudC8_YW1w?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「令和 譲渡 動物」に関する最新情報です。

    令和6年度動物愛護センター譲渡推進プロジェクト業務の委託事業者を募集しています。業務内容はオンライン譲渡会や対面式譲渡会の企画・実施、休日面接会の企画・実施、動画撮影・編集などです。契約期間は契約締結日から令和7年3月31日までで、選定方法はプロポーザル方式です。募集要項や参加要件については詳細を確認し、参加意思表明書の提出期限や選定スケジュールに注意が必要です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000438.000108051.html

  7. buchikuma-info より:

    「レンタル au ロボット」に関する最新情報です。

    au Online Shopは、家電サブスク・レンタルサービス「Rentio」と連携し、最新のスマートフォン、ドローン、AIロボットのレンタルサービスを開始した。レンタル期間中は無料の修理・保証が受けられ、月額制やワンタイムプランが用意されている。対象製品は点検済みのリユース品で、料金は様々な製品ごとに異なる。ただし、レンタルのスマートフォンには通信用のSIMカード/eSIMは含まれておらず、別途回線契約が必要となる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDMyNC0yOTEzMTkwL9IBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「弁当 開発 企業」に関する最新情報です。

    セキュリティ企業のHENNGEが、セキュリティソリューション「HENNGE One」を手掛ける中、新しい弁当「HENNGE弁当」を開発し、CRAZY KITCHENと共同で発表した。この弁当は、コミュニケーションのきっかけ作りを目的としており、2022年にも同様の取り組みを行う予定となっている。HENNGE弁当は4月18日の新製品発表会で提供される予定である。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2403/21/news163.html

  9. buchikuma-info より:

    「連携 協定 連携 協定」に関する最新情報です。

    宮城県と伝統的工芸品産業の振興に関する連携協定が結ばれたことが発表されました。株式会社アドグローブがプロジェクト「Chara’ft」を通じて宮城県と連携し、伝統的工芸品の振興を図る取り組みが行われます。この連携により、さらに多くのプロダクトを提供し、宮城県の伝統的工芸品の特徴や価値を広く発信していく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000113333.html

  10. buchikuma-info より:

    「推定 being well」に関する最新情報です。

    株式会社NTTドコモは、スマートフォンに蓄積されたデータを活用し、個人の幸福度を推定する「Well-being推定AI」を開発しました。このAIは、自治体向けヘルスケアサービス「健康マイレージ」に導入され、身体的・精神的・社会的の3観点から幸福度を推定します。政府や国連も幸福度の重要性を認識し、Well-being指標の活用が進められています。ドコモは、スマートフォンのデータを活用することで、Well-beingの推定を容易にしました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000177.000118641.html

  11. buchikuma-info より:

    「北國 アクワイアリングシステム アクワイアリングシステム 構築」に関する最新情報です。

    北國FHDは、Visaとインフキュリオンと共同でフルクラウド型アクワイアリングシステムの構築を開始することを発表。このシステムは、Visaのソリューションを活用し、北國銀行カード事業だけでなく外部事業者にも利用可能で、オーソリゼーション・クリアリングや決済処理などの機能をクラウド上に構築する。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000115382.html

  12. buchikuma-info より:

    「情報 災害 アプリ」に関する最新情報です。

    舞鶴市が災害時に役立つ防災アプリを配信開始。アプリでは災害危険度が色で表示され、避難情報や避難所までのルート検索が可能。さらに、プッシュ通知で重要な気象・防災情報を自動表示し、救助要請や位置情報の共有も可能。アプリは無料で、舞鶴市民以外も利用可能。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3LnNhbmtlaS5jb20vYXJ0aWNsZS8yMDI0MDMxMS00Q1czQ09SMzNGTUZERlNaRjNPWUxFNExCRS_SAQA?oc=5

  13. buchikuma-info より:

    「補助金 申請 投資」に関する最新情報です。

    2024年3月6日に公募が開始された「中堅中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」の申請サポートが株式会社BLITZによって開始された。この補助金は中堅・中小企業の成長を支援し、地域の雇用や賃金上昇を促進することを目的としている。申請期限は令和6年4月30日であり、申請を検討している方はお早めに対応する必要がある。BLITZは申請者に幅広いサポートを提供し、採択されるための事業計画書の作成や申請手続きの支援に力を入れている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000110500.html

  14. buchikuma-info より:

    「iot 提供 無償」に関する最新情報です。

    シャープ、日本カルミック、横浜国際平和会議場の3社が、シャープの「生理用ナプキンIoTディスペンサー」を使用して生理用ナプキンを無償提供する実証実験をパシフィコ横浜で開始。実験では、女性用トイレにディスペンサーを設置し、利用状況や満足度を調査。施設利用者のニーズに応える取り組みであり、2024年度内に商品化を予定している。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1574928.html

  15. buchikuma-info より:

    「情報 データ 災害」に関する最新情報です。

    武雄市は人流データを活用した独自のプラットフォームを開発し、観光案内や災害時の避難シミュレーションなどの情報を発信する取り組みを始めた。これにより、観光施設や周辺道路の混雑具合や災害時の避難経路の状況が分かりやすく示されるようになる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vd3d3LnNhZ2Etcy5jby5qcC9hcnRpY2xlcy8tLzEyMDY0MTXSAQA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「横浜 iot iot ディスペンサー」に関する最新情報です。

    シャープと日本カルミックは、「パシフィコ横浜」で生理用品の実証実験を開始しました。シャープの「生理用ナプキンIoTディスペンサー」と日本カルミックのサニタリーボックス「サニッコ」を使用し、女性用トイレ個室内に設置しています。この取り組みは、生理用品の衛生的な配布から廃棄までの環境を提供し、来場者の利用状況や満足度を調査し、効果を検証することを目的としています。

    https://corporate.jp.sharp/news/240308-a.html

  17. buchikuma-info より:

    「配達員 長崎市 ストライキ」に関する最新情報です。

    アマゾンジャパンの配達員でつくる労働組合が、長崎市で全国初のストライキを実施し、就労継続を求めました。1次下請け業者が労組側の要求に応じなかったため、配達員たちはストライキを行いましたが、影響は限定的でした。労組は1次下請けとの団体交渉を求めており、現在は特段の遅延はなく、商品は予定通り届けられていると報じられています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzYvMTAxXzJfcl8yMDI0MDMwOF8xNzA5ODU4MjkxNjI2Nzc20gEA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「サービス 介護 株式会社」に関する最新情報です。

    株式会社インターネットインフィニティーは、株式会社日立保険サービスに介護コンシェルジュサービスの提供を開始した。このサービスは、仕事と介護の両立を支援する福利厚生サービスであり、従業員の介護に関する知識や経験不足を補い、悩みを抱える従業員の相談を受け付ける体制を構築することを目的としている。介護と仕事の両立が重要な課題となっており、企業にとっても重要な時代であるとされている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000185.000012000.html

  19. buchikuma-info より:

    「ご当地 地区 あげ」に関する最新情報です。

    2024年3月12日にローソンが全国8地区で「ご当地からあげクン」を発売。各地域ごとに異なる味が登場し、北海道では「まるでやきそば弁当味」、九州・沖縄では「うまかっちゃん からし高菜風味」など8種類が販売される。これは、地域ごとの特色やソウルフードとコラボしたシリーズで、価格は税込259円。

    https://www.ssnp.co.jp/distribution/540146/

  20. buchikuma-info より:

    「つい 協定 協定 締結」に関する最新情報です。

    パナソニック株式会社と鳥栖市が脱炭素社会の実現に向けた連携協定を締結しました。この協定では、ZEHやZEBの普及促進や市民への環境問題啓発、住宅の省エネ向上などの取り組みが含まれており、鳥栖市内での脱炭素化を推進することが目指されています。

    https://news.panasonic.com/jp/press/jn240229-1

  21. buchikuma-info より:

    「イベント プール ワール」に関する最新情報です。

    ポケラボが運営するスマートフォン向けゲームアプリ『アサルトリリィ Last Bullet』にて、新イベント「絶海のワールプール」が開始された。このイベントでは、メインストーリー「白百合の十二聖剣」をプレイすることができ、様々な報酬が用意されている。イベントクエストは2月29日から3月16日まで開催される。

    https://gamebiz.jp/news/382488

  22. buchikuma-info より:

    「札幌市 地区 もみじ台」に関する最新情報です。

    札幌市内の高齢化が進むもみじ台地区と青葉町地区では、市が住民にタブレットを無料で配布し高齢者の生活支援を行っています。この取り組みは「新・さっぽろモデル」事業で、デジタル技術を活用して高齢者の生活支援や健康増進を目指しています。選ばれた60歳以上の住民150人に専用のタブレットが配られ、AIとの「おしゃべり機能」や献立の相談などが可能です。しかし、一部の住民からは不安の声も聞かれており、今後は高齢者がタブレットやスマホを活用して適切な情報を得ることが課題となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLmh0dHBzOi8vd3d3Lmh0Yi5jby5qcC9uZXdzL2FyY2hpdmVzXzI1MDA5Lmh0bWzSAQA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「協定 供給 災害」に関する最新情報です。

    三重県玉城町とパナソニックホールディングスが災害時に生活物資を供給する協定を締結した。この協定により、パナソニックの伊勢工場が災害時に乾電池やランタンを無償で供給し、避難所環境の向上を目指す取り組みが行われる。自治体との協定は初めてであり、被災者支援に向けた重要な一歩となる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vd3d3LmlzZW5wLmNvLmpwLzIwMjQvMDIvMjQvMTA2NTUzL9IBAA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「函館 展示 函館 朝市」に関する最新情報です。

    函館朝市ミニ水族館では、2024年2月20日から1ヶ月間、「ごっこ」の水槽展示やプロカメラマンによる海中映像上映が行われます。この企画は、次世代へ美しい海を伝えるための取り組みであり、函館の冬の魚「ごっこ」の生態や姿を間近で観察できます。展示は無料で、函館近海の他の魚や海の生き物も通年展示されています。一般社団法人Blue Commons Japanが運営し、海に関連した活動や子ども向け講座も実施しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002451.000077920.html

  25. buchikuma-info より:

    「調布市 協定 ev」に関する最新情報です。

    Terra Charge株式会社は、調布市と調布市商工会との3者連携協定を締結し、EV充電設備の整備を推進することを発表した。この協定により、災害時のEV充電設備が無償開放され、脱炭素化と災害対策に貢献する。協定の背景や詳細についても説明されており、2027年までに市内100ヵ所に200口のEV充電設備を設置する目標が掲げられている。EV普及を促進し、地域振興に貢献する取り組みとして注目されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000221.000075648.html

  26. buchikuma-info より:

    「ご飯 止まっ 災害」に関する最新情報です。

    災害時に電気やガスが止まっても、ポリ袋を使った炊飯方法を活用することで、あたたかいご飯を食べることができる。準備するものはポリ袋、カセットコンロ、お鍋、アルミホイルで、無洗米と水をポリ袋に入れて炊く方法が紹介されている。ポリ袋を使えば、災害時でも食事の準備ができるため、避難グッズとして持っておくと便利だ。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65d55adae4b0cc1f2f79fee0

  27. buchikuma-info より:

    「歯ブラシ 攻撃 iot」に関する最新情報です。

    300万本のスマート電動歯ブラシがマルウェアに感染し、DDoS攻撃の踏み台にされたという報道がありましたが、実際には仮定の話であり事実ではなかったことが判明しました。FortiGuard Labsの研究によると、IoT歯ブラシが攻撃に利用される事例は確認されておらず、この報道は誤解が拡大したものでした。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2402/21/news049.html

  28. buchikuma-info より:

    「郵便局 申請 ビデオ」に関する最新情報です。

    宮崎県都城市の郵便局で、市職員とビデオ通話を行いながらマイナンバーカードの新規申請ができる取り組みが始まった。これにより、役所に行かずに郵便局でマイナンバーカードの申請や更新が可能になり、全国初の取り組みとして注目されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQ2h0dHBzOi8vd3d3LnNhbmtlaS5jb20vYXJ0aWNsZS8yMDI0MDIyMS1DT0NYSlczRkRaS05MRkVCREhDVE5GNjJaNC_SAQA?oc=5

  29. buchikuma-info より:

    「介護 なかま 介護 なかま」に関する最新情報です。

    ポイントサイト「ハピタス」経由で「介護のなかま」に新規無料会員登録すると400ptプレゼントされるキャンペーンが開催されています。介護ポストセブンでは、介護やシニア世代に役立つ情報を提供しており、会員になると3つのメリットがあります。キャンペーンの応募条件や締め切りなど詳細は記載されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8va2FpZ28tcG9zdHNldmVuLmNvbS8xMzk3MzHSAQA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「iot 漏水 開発」に関する最新情報です。

    アットマークテクノ、エイブリック、ソラコムが共同開発した漏水検知IoT開発キットが販売開始された。このキットには、エイブリックのバッテリーレス漏水センサーとアットマークテクノの省電力なArmadillo-IoTゲートウェイ A6Eがセットになっており、Node-REDコンテナを使用して容易に接続できる。価格は20セット限定のキャンペーンが7万2160円で、その後は通常価格の9万200円となる。また、ソラコムは同キットを用いた開発手順書を無償で公開し、自身でシステムを構築することが可能である。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vbW9ub2lzdC5pdG1lZGlhLmNvLmpwL21uL2FydGljbGVzLzI0MDIvMjAvbmV3czA4MC5odG1s0gEA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「住まい イベント 品質」に関する最新情報です。

    パナソニック ホームズ株式会社が、「住まいの品質」と「アフターサービス」をテーマにしたWEBイベント「建てた後も安心・満足がつづく住まいとは」を3月3日に開催。イベントでは、住まいの品質やアフターサービスについて詳細に説明し、実際のオーナーの体験談も紹介される。配信期間は3月3日から9月30日までで、パソコンやスマートフォンで視聴可能。過去のWEBイベントやセミナーの動画も視聴できる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000165.000022927.html

  32. buchikuma-info より:

    「導入 補助金 導入 補助金」に関する最新情報です。

    法律事務所向けクラウド事件カルテ「CloudBalance」がIT導入補助金2024の対象ツールに採択された。この補助金を利用すると、最大150万円の補助金が交付され、業務効率化やDXなどの経営課題を解決するITツールの導入を支援する。クラウドバランスは法律事務所の業務をサポートし、クラウドサービスを提供する。外出先からのアクセスや業務の可視化、個別開発が可能であり、顧客情報の入力作業を効率化する。支援事業者として導入実績があり、申請から導入までサポートを提供する。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000059474.html

  33. buchikuma-info より:

    「リユース 協定 協定 締結」に関する最新情報です。

    東京都青梅市と株式会社ジモティーがリユースに関する協定を締結しました。これにより、ジモティーを活用したリユース啓発が実施され、ごみ減量が促進される予定です。ジモティーは現在全国で143箇所の自治体とリユースに関する協定を締結しており、リユースの啓発とごみの削減に取り組んでいます。青梅市では環境にやさしい社会を目指すため、ごみの発生抑制やリユース意識の向上を目指しています。この協定により、ジモティーを通じてリユースの選択肢を広め、ごみの排出を抑制する活動が行われます。ジモティーは今後も自治体と連携し、リユースの促進を強化していく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000006029.html

  34. buchikuma-info より:

    「sixpad イベント 2024」に関する最新情報です。

    EMSを中心としたトレーニングブランド「SIXPAD」から、大臀筋に集中アプローチする「SIXPAD Hip Fit」が2024年2月14日に先行発売される。この商品ははくだけでヒップトレーニングができるもので、2024年4月上旬には楽天で予約販売が開始され、5月上旬には店舗やECサイトで一斉発売される予定。先行発売に先駆けて、2月14日から2月27日まで伊勢丹新宿店で期間限定のPOP-UPイベントが開催され、商品の試着や購入が可能となる。商品の特長としては、大臀筋にアプローチするための大きな電極を配置し、SIXPAD Powersuitシリーズ史上最大のEMS出力を持つことや、洗濯機で洗える独自の布製電極「エレダイン」を採用していることなどが挙げられる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000561.000029736.html

  35. buchikuma-info より:

    「アプリ japan japan アプリ」に関する最新情報です。

    TOPPANは、Appleの複合現実(MR)ヘッドセット「Vision Pro」向けに「Meet Japan!アプリ」と「Natural Windowアプリ」を提供することを発表しました。Meet Japan!アプリは、日本の文化や自然を4K映像で体験できるアプリであり、伝統芸能や四季、食などを圧倒的な臨場感で楽しむことができます。両アプリはVision Proの発売に合わせてApp Storeで提供が開始され、Meet Japan!アプリは現在は体験版として無償提供されていますが、将来的には有料版も提供される予定です。TOPPANは2025年までに50のコンテンツを提供することを目指しています。

    https://japan.cnet.com/article/35214775/

  36. buchikuma-info より:

    「災害 供給 物資」に関する最新情報です。

    高槻市は、パナソニック ホールディングス株式会社と「災害時における物資の供給等に関する協定」を締結しました。この協定では、パナソニックが高槻市内の施設に保有しているLEDランタンや乾電池式モバイルバッテリーなどの物資を災害時に供給することが取り決められています。これにより、停電が続く場合や避難者の携帯電話の充電などに必要な物品を提供することができます。また、協定では災害発生時の協力活動を円滑に行うため、パナソニックが市の防災訓練に参加することも取り決められています。この協定により、災害時の物資供給がより効率的に行われることが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000266.000118013.html

  37. buchikuma-info より:

    「アプリ japan japan アプリ」に関する最新情報です。

    TOPPANは、AppleのMRヘッドセット「Vision Pro」向けに「Meet Japan!アプリ」と「Natural Windowアプリ」を提供することを発表しました。Meet Japan!アプリは、日本の文化や自然を4K映像で体験できるアプリであり、伝統芸能や四季、食などの要素を圧倒的な臨場感で楽しむことができます。両アプリはVision Proの発売に合わせてApp Storeで提供が開始され、Meet Japan!アプリは現在は体験版として無償提供されていますが、今後有料版の配信やコンテンツの増加が予定されており、2025年までに50コンテンツの提供を目指しています。

    https://japan.cnet.com/article/35214775/

  38. buchikuma-info より:

    「災害 情報 災害 情報」に関する最新情報です。

    KDDIは、能登半島の避難所で車両型の出張auショップによる支援サービスを提供しています。専属スタッフが被災地で困っている人に対して、災害時の情報収集方法などを教えるだけでなく、他のキャリアでも利用できるようにしています。このサービスは、携帯ショップへの問い合わせが難しい人やスマートフォンの利用方法に不安を感じている人に対してサポートを提供するものです。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/01/news144.html

  39. buchikuma-info より:

    「協定 自動車 電気」に関する最新情報です。

    豊中市は、合同会社DMM.comと連携協定を締結し、電気自動車の普及を促進するための充電インフラ整備に取り組むことを発表しました。この協定に基づき、市内の公共施設に電気自動車の充電設備を設置し、充電インフラの整備と運営に協力する予定です。協定の内容は、充電設備の設置や運営、電気自動車の普及啓発、災害対策などが含まれています。この取り組みにより、豊中市は2050年までのゼロカーボンシティの実現に向けた一歩を踏み出すことが期待されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000600.000078420.html

  40. buchikuma-info より:

    「ネットワーク スタンドアロン スタンドアロン ファイアウォール」に関する最新情報です。

    HPE Aruba Networkingは、2024年までにスタンドアロン型ファイアウォールが終わりを迎えると予測しています。ハイブリッドワークやIoTの普及により、ネットワークの境界が侵食され、新たなセキュリティ対策が必要とされています。また、ゼロトラスト原則の拡大やエクスペリエンス重視のサービスレベル設定が注目されています。HPEは、従来のファイアウォールに代わる新しい対応策への移行を提案しています。さらに、ゼロトラストの普及、Wi-Fi 6の普及、AI技術の活用なども予測されています。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2401/24/news064.html

  41. buchikuma-info より:

    「nasc 長野市 つながる」に関する最新情報です。

    2024年1月26日に、「めぐる、つながる NASC OPEN DAY」というイベントが開催される。このイベントは、長野県長野市のNAGANOスマートシティコミッション(NASC)の軌跡を振り返り、更なる共創・協働のきっかけを作ることを目的としている。一般市民や学生も参加できるこのイベントでは、未来の長野市について想像しながら、まちづくりに関するアクションを考えることができる。イベントの詳細や参加方法は公式サイトで確認できる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000101.000046109.html

  42. buchikuma-info より:

    「landing time japan」に関する最新情報です。

    日本のSLIMミッションが歴史的な月面着陸を果たしましたが、その時間は限られています。SLIMミッションは、日本が行った5回目の月面着陸であり、太陽電池のトラブルにより、その寿命が制限されている可能性があります。JAXAのディレクターは、太陽電池が電力を生成していないことを説明しました。

    https://techcrunch.com/2024/01/19/japans-slim-mission-makes-historic-moon-landing-but-its-time-is-running-out/

  43. buchikuma-info より:

    「japan japan padel league」に関する最新情報です。

    2024年度から、日本パデル協会(JPA)はJAPAN PADEL LEAGUE(JPL)を新たに発足させることを発表しました。JPLのミッションは、地域の活性化、経済性の向上、エンターテイメントの追求にあります。2024シーズンのプレ大会の概要も発表されており、大会は一般社団法人日本パデル協会によって主催され、2024年1月から4月まで開催されます。賞金総額は30万円で、1月21日に茅ヶ崎選抜大会が予定されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000101.000023667.html

  44. buchikuma-info より:

    「災害 2024 tas」に関する最新情報です。

    この記事は、災害時の命綱となるリーフの再生バッテリーを使用した災害支援特化型キャラバンについての内容です。TAS2024というイベントに関連しており、日産のキャラバンが取り上げられています。記事では、リーフの再生バッテリーの活用方法やキャラバンの中身について詳しく解説されています。災害時に役立つ情報が提供されており、興味深い内容となっています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiUWh0dHBzOi8vY2Fydmlldy55YWhvby5jby5qcC9uZXdzL2RldGFpbC9kNmZhMDliY2E4OTE4ZjY0YWZiMjg2NDA4ZmNiZDFiM2JmZTczNzFmL9IBAA?oc=5

  45. buchikuma-info より:

    「塗料 自動車 自動車 塗料」に関する最新情報です。

    Hondaは、自動車用塗料を使用して実車のカラーを再現したiPhone/Androidスマートフォンケースを発売することを発表しました。最初の対象はHondaの「CIVIC」と「N-BOX」であり、人気車種の「NSX」などにも順次対応する予定です。このスマホケースは、エンターテインメントマーケティングの一環として展開され、価格は5478円(税込み)で、1月14日から販売サイト「muomou SHOP」やカーディーラーで取り扱われます。また、このケースは自動車用塗料を使用しているため、実車のカラーを忠実に再現するだけでなく、紫外線やアスファルトなどの外部要素からケースやスマートフォンを保護する機能も備えています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2401/16/news117.html

  46. buchikuma-info より:

    「地域 地震 大阪市」に関する最新情報です。

    大阪市内において、繰り返しの地震に強い耐震性を採用した地域集会所の建て替え物件2棟が竣工しました。これは地域コミュニティの活性化を目指し、ニーズに合わせた設計プランを提案したものです。大阪市では、地震による被害を最小限に抑えるために、地域集会所の建て替えを推進しており、これにより地域の安心・安全を守る取り組みが進められています。また、耐震性の採用は、大阪市の高度経済成長期からの建物の老朽化や地震リスクの増加に対応するために重要な要素となっています。今回の竣工は、地域の防災意識の高揚や活力の創出にも貢献しており、地域の住民にとって重要な拠点となることでしょう。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000159.000022927.html

タイトルとURLをコピーしました