PR

IoTの時代に「高齢者の見守り」はどう変わるの?

「高齢者見守りシステム」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「高齢者見守りシステム」の情報を見ていきましょう。

2024年の「高齢者見守りシステム」新着情報まとめ

高齢者見守りシステムについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

高齢者見守りシステムに関する新着ニュース

高齢者見守りシステムに関する新着ニュースをまとめています。

石川県能美市、IoT家電を活用した高齢者見守りシステムの構築を開始

2023年10月02日の、石川県能美市の「IoT高齢者見守りシステムサービス」に関する情報をお届けします。

  • 能美市は、シャープ、三菱電機、AIoTクラウドと連携して、高齢者を遠隔で見守る「IoT高齢者見守りシステムサービス」の構築に着手。2024年のサービス開始を目指す。
  • 高齢者や要介護者の孤立リスクへの対策が課題で、複数メーカーのIoT家電を対象とした見守りシステムを構築することを決定。
  • 能美市在住の高齢者約100名を対象に、2024年3月31日までの期間、見守り対象者宅にIoT家電を設置し、室内環境などのデータを自動で取得。
詳細・補足情報
  • 能美市は、見守り対象者の選定や関係機関・支援者との連携を担当。
  • シャープは「IoT高齢者見守りシステム」の構築・運用と、空気清浄機クラウドの連携を担当。
  • 三菱電機はエアコンクラウドとの連携を、AIoTクラウドは自治体向けの基盤提供と開発を担当。
  • 本サービスは2024年度以降も継続し、IoT家電メーカーの拡大や災害対策への応用も考慮中。
参与企業と役割
企業名役割
能美市見守り対象者の選定、関係機関・支援者との連携
シャープ「IoT高齢者見守りシステム」の構築・運用、空気清浄機クラウド連携
三菱電機エアコンクラウド連携
AIoTクラウド自治体向け基盤提供、開発

高砂市:高齢者等見守り・SOSネットワーク事業の概要

2023年10月01日の、高齢者等見守り・SOSネットワーク事業に関する情報をお届けします。

  • この事業では、所在不明のリスクがある方の情報を事前に登録して、地域の協力者が見守りを行います。
  • 所在不明となった際には、関係機関や協力者に捜索依頼メールが送信され、早期の発見・保護が目指されます。
  • 平成30年4月より事業が実施されており、事前登録や協力者の登録は随時受け付け中です。
事前登録に関して
  • 認知症などで所在不明のリスクがある方の情報を事前に登録することで、日常の見守りや早期の発見・保護を促進します。
対象者の詳細
  • 市内に住所を持つ、基本的に65歳以上の認知症高齢者や日常生活での注意が必要な状態の方が対象。若年性認知症の方も含む。
申請方法
  • 「高砂市高齢者等見守り・SOSネットワーク登録届出書」に必要事項を記入し、地域福祉課へ提出。
  • 登録内容の変更時には、「高砂市高齢者等見守り・SOSネットワーク登録変更・取消届出書」を提出する。
個人賠償責任保険について
  • 高砂市のSOSネットワークに登録されている方で特定の条件を満たす者は、「高砂市認知症高齢者等個人賠償責任保険」に加入可能。
  • 対象者は在宅生活者で、日常生活に支障をきたす認知症の症状が確認され、自身で外出が可能な方。

高松市の配食サービス団体、電気自動車を寄贈される

2023年10月04日の、高松市の配食サービスに関する情報をお届けします。

  • 高松市の国分寺北部校区コミュニティ協議会が、みずほ教育福祉財団から小型電気自動車を寄贈された。
  • 同協議会は「まもりん食堂」として、古民家をリノベーションし、ランチや弁当の配達サービスを提供している。
  • 今回寄贈された電気自動車は1人乗りで、後部に配達用ボックスが取り付けられ、家庭用コンセントで6時間充電で50km走行可能。
配食サービスの詳細
  • 2020年10月に開始され、初めは約20食から始めたが、現在は約80食に増加。
  • 野菜多めのメニューが好評で、毎週金曜日には子ども食堂も運営。
  • 同財団は、地域との密接な関わりや世代を超えた交流を評価し、車の寄贈を決めた。
貴重な寄贈
  • 贈呈式は国分寺北部コミュニティセンターで開催。
  • 同協議会の佐々木正明会長は、地区の細い道での配達に苦労していたため、この車の寄贈は大変助かると述べ、車体の特徴的なデザインを見守り活動のシンボルとして活用したいとの意向を示した。

株式会社NEXUS、高齢者見守り協定を静岡県の各地域と締結

2023年10月3日の、高齢者見守りに関する協定締結の情報をお届けします。

  • 株式会社トラストゲートのグループ会社、株式会社NEXUSが静岡県の各地域と高齢者見守りに関する協定を締結。
  • NEXUSが推進する「見守りネットワーク」は、地域社会全体での高齢者の支援を目的としている。
  • 沼津市を中心に、御殿場市・沼津市・長泉町との締結が完了し、今後も他の自治体との協定締結を進行中。
高齢者見守りネットワーク事業について
  • 全国での少子高齢化と一人暮らしの高齢者増加を背景に、「見守りネットワーク」の導入が進行中。
  • NEXUSは地域に根差した社会貢献活動に取り組み、高齢者見守りネットワークへの参加を決定。
株式会社NEXUSの概要
  • 2022年12月に静岡県沼津市から保険代理店事業を開始。
  • 「長生きすることが幸せな時代に」をモットーに、100年時代を幸せに生きるサポートを目指して活動。
  • 社会活動に積極的に参加し、地域の豊かな生活のサポートを継続的に行っている。

文京区、高齢者見守りサービス「あんしん扉センサーサービス」を提供開始

2023年9月18日の、文京区の高齢者見守りサービスに関する情報をお届けします。

  • 文京区が、東京ガスの「もしものたより」を活用して「高齢者見守りあんしん扉センサーサービス」を提供開始。
  • サービスは、ドアの開閉を24時間確認し、開閉が無かった場合には安否確認の電話を行い、見守る人にメール通知する。
  • 文京区内の65歳以上の一人暮らし、または同一世帯全員が65歳以上の方が対象。令和7年3月まで無償での提供。
サービスの経緯と文京区の取り組み
  • 文京区では、コロナ禍による高齢者との接点減少と孤立リスク増加を背景に、見守り体制の強化を模索。
  • 2023年5月にサービス提供を開始。23区で初めての見守りサービス導入。
  • 係長重田様より、サービス周知の取り組みや2024年度もの継続予定であることが明らかにされた。
東京ガスのコメントと取り組み
  • 2022年6月に文京区からの問い合わせを受け、サービスの提供を開始。
  • サービス内容の説明やチラシの作成時に多数の議論を行い、2023年2月に正式採用された。
  • 東京ガスリビング戦略部の山田氏より、文京区民に信頼される事業者としての継続的な関わりや貢献の意向が述べられた。

高齢者見守りシステムの新製品/新サービス情報

高齢者見守りシステムの新製品/新サービス情報についてまとめています。

西伊豆・大浜地区で高齢者の見守り体制拡充への取り組み

2023年10月3日の、西伊豆町の高齢者の認知症見守り体制拡充に関する情報をお届けします。

  • 「大浜サロンまつぼっくり会」が認知症のお年寄りの見守り体制を拡充。
  • 認知症サポーターのステップアップ講座を大浜公民館で開催し、「チームオレンジ」を結成。地域での見守り支援を進める。
  • 西伊豆町の高齢化率は52.6%(4月時点)で、県内最高。地域包括支援センターは、地域全体で認知症への理解を深める取り組みを推進。
認知症サポーターの取り組みと意見
  • 認知症サポーターの普及を目指す「町キャラバン・メイト連絡会」が主催。
  • 参加者は認知症の人のニーズや問題解消方法をグループで議論。地域のラジオ体操への参加呼びかけや住民同士の情報共有などの意見が出た。
  • 「チームオレンジ」は地域での連携を強化し、認知症の人や家族の支援を目的として活動。地域包括支援センターがチームの活動を町内で推進する方針。

直近の高齢者見守りシステムの補助金/セール情報

高齢者見守りシステムの商品で、「これはお得!」と感じた補助金やセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

合同会社ネコリコ、「Age Well Japan 2023」で特価販売とコスチューム参考展示

2023年10月6日の、高齢者向け見守りロボットの販売情報をお届けします。

  • 二子玉川ライズで開催される「Age Well Japan 2023」にて「BOCCO emo LTEモデル Powered by ネコリコ」を特別価格で即売会を開催。
  • 当日イベント限定の特価で販売、商品のクーポンカードも配布。
  • emoの新たなコスチュームの参考展示を行い、後日公式サイトで詳細情報を公開予定。
販売商品の価格詳細
商品名イベント価格(税込)通常価格(税込)備考
BOCCO emo LTEモデル 新品44,000円50,600円月額1,570円のサービス契約が必要
BOCCO emo LTEモデル リファービッシュモデル22,000円29,700円月額1,570円のサービス契約が必要、レンタルアップ品で新品同等の性能・機能
参考展示のコスチューム
  • 詳細は会場で確認。後日公式サイトで情報を公開予定。
イベント詳細
  • 日程: 2023年10月13日(金)10:00~18:00
  • 会場: 二子玉川ライズ スタジオ & ホール
  • アクセス: 東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」より、リボンストリートを直進徒歩4分
  • 参加方法: 申込不要。当日気軽に来場可能。
  • イベント主催: 株式会社AgeWellJapan、Vivid Creations Pte Ltd
  • サイト: https://agewelljapan.com/

とりあえず知っておきたい「高齢者見守りシステム」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「高齢者見守りシステムとは」的な内容になります。

高齢者見守りサービスの選び方

高齢者の親と離れて暮らしていると、多くの心配や不安が生じることがあります。そのため、高齢者の見守りサービスの利用を検討する方が増えています。見守りサービスの選び方やおすすめのサービスについて詳しく解説します。

見守りサービスを選ぶ際の5つのポイント

見守りサービスは多種多様。選び方のポイントを理解することで、最適なサービスを選ぶ手助けとなります。

  • 親の意向を尊重する: 見守りサービスを選ぶ際の最も大切なポイントは、親の意向や希望を尊重すること。
  • 状況や目的に合わせて選ぶ: 24時間の見守りが必要なのか、週に1回程度で良いのか、カメラによる見守りが必要なのかなど、状況や目的に応じてサービスを選ぶことが重要。
  • 費用に注意: 費用が高額にならないように、必要なサービスを選ぶことが大切。
  • 操作の簡便性を重視: 親が操作を必要とするサービスの場合、操作が簡単でわかりやすいものを選ぶ。
  • 専門家に相談: 見守りサービスの選び方に迷った際は、市区町村役場や地域包括支援センター、ケアマネジャーなどの専門家に相談することが推奨されている。

目的や状況によって選べる!おすすめ見守りサービス6選

見守りサービスの種類は豊富で、それぞれのニーズや状況に合わせて選ぶことができます。

  • 自宅にセンサーやカメラを設置: 緊急時も安心できるサービス。
  • アプリを利用した見守り: 導入が手軽で簡単なサービス。
  • IoT機器による見守り: アプリよりもさらに手軽なサービス。
  • 介護サービスの利用: デイサービスや訪問介護などの介護サービスも見守りの一環として利用可能。
  • 民生委員や地域ボランティアによる見守り: 身近な存在としての見守りサービス。
  • 地域住民との交流: 交流を深めること自体が見守りとなるサービス。

さいごに

高齢者の一人暮らしが増える中、見守りのニーズは高まる一方です。この記事で紹介したポイントやサービスを参考に、自分や家族の状況に合ったサービスを選び、安心して暮らせる環境を整えていきましょう。

高齢者見守りサービスの種類

高齢者見守りサービスは多岐にわたり、利用者の状況や好みに応じて選ぶことができます。以下、6つの主要な見守りサービスの種類とその特徴を紹介します。

サービスの種類特徴
センサーやカメラを設置するタイプ24時間の監視が可能で緊急時にも安心
アプリを利用したタイプ導入が手軽で必要な機能だけを選べる
IoT機器を活用したタイプ日常生活の中での見守りが可能で操作が簡単
介護サービスの利用が見守りにつながるタイプ介護サービスの利用も一種の見守りといえる
配食サービスが見守りにつながるタイプ配達員が高齢者の様子をチェックし、必要に応じて家族や関係者に連絡
民生委員や地域ボランティアによる見守りタイプ地域のボランティアや民生委員が担当し、無料で利用可能
地域住民との交流を活用するタイプ通常の見守りサービスとは異なり、コミュニティの中でのサポートが特徴

緊急時も安心!センサーやカメラを自宅に設置するタイプ

  • セキュリティ会社が提供するサービス
  • 異常を感知した場合にセキュリティ会社が対応
  • 家族が画像や音声をリアルタイムで確認可能
  • 24時間緊急通報や介護・健康相談が可能

手軽で簡単!アプリを利用したタイプ

  • 位置情報の確認や動体感知など、アプリを利用した見守り機能
  • 緊急時のメッセージ送信や外出・帰宅時の通知機能
  • 一部の高齢者にとってはスマートフォンの操作に慣れるまでが課題

IoT機器を活用したタイプ

  • 家電や電池などのIoT機器を利用した見守り
  • 家族に通知が届くサービスや生活リズムの確認が可能
  • 操作が簡単で、スマートフォン操作の必要がない場合も

介護サービスの利用が見守りにつながるタイプ

  • 介護サービスの利用も一種の見守りといえる
  • デイサービスや訪問介護など、定期的なサポートが提供される
  • 介護職員やホームヘルパーとの接触が見守りの一環となる

配食サービスが見守りにつながるタイプ

  • 栄養バランスのとれた食事の配送時に見守りを行うサービス
  • 配達員が高齢者の様子をチェックし、必要に応じて家族や関係者に連絡
  • 多くの自治体が独自のサービスを提供している

民生委員や地域ボランティアによる見守りタイプ

  • 定期的な安否確認や声がけを行う活動が主
  • 地域のボランティアや民生委員が担当し、無料で利用可能
  • 地域に根差した見守りサービス

地域住民との交流を活用するタイプ

  • 地域のイベントやサークル活動に参加しての見守り
  • 仲間との交流を通じて、日常の変化を感知する
  • 通常の見守りサービスとは異なり、コミュニティの中でのサポートが特徴

高齢者見守りシステムの口コミ・評判

高齢者見守りシステムの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「高齢者見守りシステム」と検索できます。

高齢者見守りシステムの知っておきたいよくあるQ&A

Q
高齢者見守りシステムとは何ですか?
A

高齢者見守りシステムは、特に単独世帯や夫婦のみの世帯などで生活する高齢者の生活状況や安全を確認・監視するためのシステムです。最近では、IoT技術を活用して、遠隔地からでも高齢者の生活状態を把握し、安心して見守ることができるシステムが増えています。

Q
どのような技術やデバイスが見守りシステムに使われていますか?
A

見守りシステムにはさまざまな技術やデバイスが用いられています。主なものには、IoTを活用した家電やライフラインの使用状況モニタリング、カメラやセンサーによる動作検知、GPSを用いた位置情報の追跡などがあります。

Q
高齢者見守りシステムの導入にかかるコストはどれくらいですか?
A

高齢者見守りシステムのコストは、使用する技術やサービス内容、提供元の企業によって異なります。一部のサービスは無料で提供されるものもありますが、詳しい費用やサービス内容は各提供企業の公式サイトや資料を参照することをおすすめします。

Q
高齢者本人がデジタル機器に不慣れでもシステムは利用できますか?
A

はい、多くの高齢者見守りシステムは、高齢者本人がデジタル機器に不慣れでも利用できるように設計されています。例えば、既存の家電やライフラインを利用したシステムでは、特別な操作は不要で、普段通りの生活を送るだけで家族や関係者が遠隔地から見守ることができます。

Q
プライバシーは保護されていますか?
A

高齢者見守りシステムの提供企業は、利用者のプライバシー保護を非常に重視しています。データの取得、保存、共有に関しては、適切なセキュリティ対策が施されており、無断での第三者への情報提供は行われません。ただし、具体的な取り扱い方針や詳細は各提供企業のプライバシーポリシーを確認することをおすすめします。

「高齢者見守りシステム」に関して参考になる記事リスト

「高齢者見守りシステム」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

ガジェット関連記事

スマートホーム系
災害対策用
インターネット関連
パソコン周辺機器

「高齢者見守りシステム」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

PC/MAC周辺機器
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「協定 向け 活用」に関する最新情報です。

    琉球大学と日産自動車が脱炭素社会の実現に向けて協定を結び、電気自動車のバッテリーなどを活用した再生可能エネルギーの共同研究を進めることで合意しました。EVのバッテリーなどを活用して脱炭素化に貢献する取り組みが行われる予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLmh0dHBzOi8vbmV3c2RpZy50YnMuY28uanAvYXJ0aWNsZXMvcmJjLzEyODgxNjHSAQA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「電球 iot iot 電球」に関する最新情報です。

    ハローテクノロジーズは、SIM搭載のIoT電球「Hello Light」の設計に関する米国特許を取得した。この電球は高齢者向け見守りなどに利用され、Wi-Fiを使用せずに点灯を検知し、クラウドに通知することができる。ヤマト運輸の「クロネコ見守りサービス ハローライト訪問プラン」でも利用されており、世界各国へ展開する計画がある。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000109180.html

  3. buchikuma-info より:

    「sdv api 自動車」に関する最新情報です。

    自動車の未来を支えるAPI策定プロジェクト「Open SDV Initiative」が設立され、名古屋大学のSDV研究室が中心となりビークルAPIの策定活動が始まった。経済産業省と国土交通省の「モビリティDX戦略」に貢献し、日系自動車メーカーのSDV世界シェア3割を目標としている。企業も参加し、自動車業界におけるSDVの重要性が高まっている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000109727.html

  4. buchikuma-info より:

    「2024 地域 コミュニティ」に関する最新情報です。

    パナソニックHDは、デジタル技術を活用して地域の共助・活性化を支援する「くらしコミュニティプラットフォーム」と仮想散歩アプリ「つれづれめぐり」を自治体・公共Week2024に出展する。地域コミュニティが公助を補完する役割を果たすことが求められる中、展示では課題や取り組み、効果などが紹介される予定だ。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005766.000003442.html

  5. buchikuma-info より:

    「ボックス advanced advanced iot」に関する最新情報です。

    株式会社デバイスエージェンシーが新サービス「AdvaNceD IoTスマート注文受け取りボックス」を導入し、24時間いつでも商品をピックアップできるようになる。このシステムは店舗の運営効率を向上させ、特徴として「24時間年中無休」「無人対応」「キャッシュレス決済」「直感的操作のタッチパネル」「外部システムとのAPI連携」「クラウドベースの遠隔管理」が挙げられる。ボックスはカスタマイズ可能で、キャッシュレス決済機能やクラウドからの遠隔操作、タッチパネルによる簡単操作、外部システムとのAPI連携が可能。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000124.000058452.html

  6. buchikuma-info より:

    「水素 災害 おこし」に関する最新情報です。

    茨城県五霞町では、水素エネルギーを活用した地域おこしを推進しており、充電器メーカーとの協定を結んで水素発電によるイベントや専用バッテリーを使用した電動ラジコンカーのレースを開催しています。この取り組みを通じて、水素エネルギーの有効活用や災害時の電源車としての可能性を広めています。五霞町は「水素の町」として国内外に発信し、次世代エネルギーとしての水素に関心を持つ子供たちを育成する取り組みを行っています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LnlvbWl1cmkuY28uanAvbmF0aW9uYWwvMjAyNDA2MDMtT1lUMVQ1MDE5MC_SAQA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「スプーン 警視 災害」に関する最新情報です。

    警視庁災害対策課が公式Xアカウントで「紙パックをスプーンにする」「ペットボトルをお皿にする」方法を発信しました。これらのライフハックは話題となり、災害時に役立つアイデアとして注目されています。紙パックをスプーンにする方法は、紙パックを4分割し斜めにカットすることで完成し、ペットボトルをお皿にする方法は縦に切るだけです。警視庁はこれらの自作食器を使って熱い料理でも安心して食べられることを紹介しており、災害時に役立つ知識として注目を集めています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_666a3800e4b076bcfea180f2

  8. buchikuma-info より:

    「原画 展示 英人」に関する最新情報です。

    【そごう千葉店】で開催されるイラストレーター鈴木英人氏の原画・版画展示販売では、鮮やかな色彩と独特のタッチで知られる作品約100点が展示される。80年代のFM情報誌「FM STATION」の表紙原画や他作品も展示され、会期中には鈴木英人氏のサイン会も開催される。作品の価格は幅広く、購入者には特典もあり。鈴木英人氏は広告デザインからイラストレーターとして活躍し、山下達郎のレコードジャケットやFM STATION誌のカバーデザインなどを手がけている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001803.000031382.html

  9. buchikuma-info より:

    「観光 寄贈 発信機」に関する最新情報です。

    知床の観光船事業者に海難事故に備え位置情報の発信機などが寄贈されることになり、寄贈式が行われました。寄贈される機器には発信機や受信機が含まれ、海難事故時の早期発見に役立つと期待されています。このサービスは通常有料ですが、今回の機器は無料で利用できるようです。寄贈者は安全な観光環境を提供し、万が一の際に早期発見や救助に役立てることを期待しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3My5uaGsub3IuanAvc2FwcG9yby1uZXdzLzIwMjQwNjA1LzcwMDAwNjc0OTIuaHRtbNIBAA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「住民 理事長 タワマン」に関する最新情報です。

    都内の高級タワーマンションに住む住民が、女性理事長による理不尽な要求に苦しんでいる状況が報じられている。管理組合の運営に不満をもった女性が組合をのっとり、独断でコストカットを行い、住民の意見を無視しているという。住民は女性理事長やその支持者たちの圧力に抗うことができず、声を上げることができない状況にあると伝えられている。

    https://gendai.media/articles/-/131010

  11. buchikuma-info より:

    「観光 寄贈 発信機」に関する最新情報です。

    知床の観光船事業者に海難事故に備え位置情報の発信機などが寄贈された。寄贈式には捜索サービス会社やスポーツウエアメーカーの代表者も出席し、発信機や受信機が贈られた。この機器は無料で利用可能であり、安全な観光環境を整えるために役立てられることが期待されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3My5uaGsub3IuanAvc2FwcG9yby1uZXdzLzIwMjQwNjA1LzcwMDAwNjc0OTIuaHRtbNIBAA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「住民 理事長 タワマン」に関する最新情報です。

    都内の高級タワーマンションで、女性理事長が住民の意見を無視して独断でコストカットを進め、住民たちが圧力に屈している状況が報じられている。理事長は主観的な判断でマンションの運営を行い、他の住民や資産価値に配慮がないと批判されている。住民たちは理事会での圧力に対抗できず、理事会議事録を見た他の住民からも反対の意見が出ている。

    https://gendai.media/articles/-/131010

  13. buchikuma-info より:

    「タブレット 介護 tq」に関する最新情報です。

    要介護者向けのコミュニケーションツール「TQタブレット」に新機能が搭載され、ビックカメラ3店舗での取り扱いが再開された。新機能には、10秒後に自動で繋がるタッチレスビデオ通話やメッセージ付写真共有機能が含まれており、遠く離れた家族とのコミュニケーションをより簡単に楽しむことができる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQmh0dHBzOi8vbmV3cy5iaWdsb2JlLm5lLmpwL2Vjb25vbXkvMDYwNC9wcnRfMjQwNjA0XzAxNjU3Mjk2NTcuaHRtbNIBTGh0dHBzOi8vbmV3cy5iaWdsb2JlLm5lLmpwL3NtYXJ0L2FtcC9lY29ub215LzA2MDQvcHJ0XzI0MDYwNF8wMTY1NzI5NjU3Lmh0bWw?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「充電 自動車 電気」に関する最新情報です。

    ENECHANGEのEVsmartブログでは、電気自動車に関連するさまざまな話題が取り上げられています。最新の記事では、Honda eの車検でバッテリーの劣化度を測定し、3年前よりも航続距離が増えていたことが報告されています。また、EV充電エネチェンジのアプリで充電量が表示されるようになったことや、公共充電器を見つける際の注意点なども紹介されています。記事は電気自動車に興味がある読者にとって役立つ情報が満載です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMidmh0dHBzOi8vYmxvZy5ldnNtYXJ0Lm5ldC9ob25kYS9ob25kYS1lL2V2LXdhbmRlcmluZy0yLTAtMDE5LWhvbmRhLWUtYmF0dGVyeS1kZWdyYWRhdGlvbi1tZWFzdXJlbWVudC1kdXJpbmctaW5zcGVjdGlvbi_SAXpodHRwczovL2Jsb2cuZXZzbWFydC5uZXQvaG9uZGEvaG9uZGEtZS9ldi13YW5kZXJpbmctMi0wLTAxOS1ob25kYS1lLWJhdHRlcnktZGVncmFkYXRpb24tbWVhc3VyZW1lbnQtZHVyaW5nLWluc3BlY3Rpb24vP2FtcA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「寄贈 バスケットボール hope」に関する最新情報です。

    茨城ロボッツが株式会社ショウエイの協賛を受け、日立市立滑川中学校と日立市立十王中学校にバスケットボール20球を寄贈した活動が報告された。このプロジェクトは3者で取り組む地域貢献活動であり、バスケットボールを通じて子どもたちが楽しめる環境を提供し、インクルーシブな社会を目指している。寄贈セレモニーでは関係者が出席し、子どもたちにプロバスケットボール選手を目指して練習する機会を提供することが強調された。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000280.000037407.html

  16. buchikuma-info より:

    「放火 住民 探す」に関する最新情報です。

    米国コロラド州で、10代の少年が盗まれたiPhoneを「探す」で見つけ出し、確認する前に該当する家屋に放火して5人を死傷させた事件が発生。放火された家屋の住民は無実であり、犯人は位置情報を偽装していた可能性がある。犯人はGoogleの検索履歴から特定され、懲役60年の刑が言い渡された。事件の詳細や犯罪の背景については説明されていない。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwODE5L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgwODE5L2FtcC8?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「ev 協定 向け」に関する最新情報です。

    テラチャージ、益田市、益田商工会が連携協定を締結し、EV充電設備の整備を推進する取り組みが進められている。2023年には16口の充電器を設置し、今後100口の設置を目指す。この協定により、公共施設や民間施設にも充電器を設置し、地域のゼロカーボンドライブを推進する考え。2024年5月17日に連携協定締結式が開催され、関係者が取り組みについて話し合った。益田市はEV充電インフラ整備に積極的であり、テラチャージは全国での充電設備整備を進めている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000244.000075648.html

  18. buchikuma-info より:

    「変化 リファービッシュ 事業」に関する最新情報です。

    パナソニックがリファービッシュ事業「Panasonic Factory Refresh」を本格参入し、消費者に新たな選択肢を提供することで市場に劇的な変化がもたらされる可能性がある。リファービッシュ品は環境負荷を低減し、廃棄物を削減することで資源の節約やCO2削減に貢献する。家電販売店での取り扱いにおいても中長期的に変化が起こり、専売モデルや共同開発品が登場する可能性があるとされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9ob21lYXBwbGlhbmNlcy85NTkyOTgv0gEA?oc=5

  19. buchikuma-info より:

    「クラウド aiot aiot クラウド」に関する最新情報です。

    シャープ初の社内スタートアップであるAIoTクラウドが、AIとIoTを組み合わせた事業を推進している。同社の取り組みについて、松本融社長が語っており、独自の電子書籍端末事業などの経緯や主力製品に焦点を当てている。AIoTクラウドはシャープの100%子会社であり、AI/IoT/クラウドに関する事業を展開している。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2405/13/news019.html

  20. buchikuma-info より:

    「導入 補助金 2024」に関する最新情報です。

    勤怠集計管理システム「Timely(タイムリー)」がIT導入補助金2024の対象ツールに認定された。この補助金は中小企業・小規模事業者向けに労働生産性向上を支援するものであり、Timelyは飲食業向けの勤怠管理システムであり、業務効率化やDX化を促進する役割を果たしている。Timelyは1996年から販売されており、グローバル展開も進められている。システムは飲食業の特性に合わせて勤怠管理から給与システムの連携までをサポートしている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000064213.html

  21. buchikuma-info より:

    「マシン 寄贈 エニタイムフィットネス」に関する最新情報です。

    青山商事グループの会社である株式会社globが、エニタイムフィットネスで使用していたトレーニングマシンを大分県・姫島村に寄贈しました。この取り組みは、Fast Fitness Japanを通じて実施され、姫島村の運動施設でマシン寄贈式が行われました。FFJは、企業理念に基づき、トレーニング環境の整備に悩む自治体や学校にマシンを寄付する活動を展開しており、姫島村との協定を通じて健康増進に取り組んでいます。これにより、島民の健康への取り組みが支援され、健康で豊かな環境整備が進められています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000157.000115161.html

  22. buchikuma-info より:

    「ユビレジ 導入 補助金」に関する最新情報です。

    ユビレジは、2024年5月28日にオンラインで「IT導入補助金活用セミナー」を開催します。このセミナーでは、IT導入補助金の申請サポート体制を提供する株式会社ライトアップの加藤洋樹氏が登壇し、申請のメリットや採択のコツを解説します。セミナーは無料で参加可能で、日時は2024年5月28日(火)15:00〜15:45で、内容はユビレジの機能紹介やIT導入補助金の申請手続きの解説などが含まれます。ユビレジはIT導入補助金制度の支援事業者として認定されており、申請後の採択率は90%超えています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000017577.html

  23. buchikuma-info より:

    「イベント イベント ジオ ジオ」に関する最新情報です。

    地図・位置情報の特化イベント「ジオ展」が開催され、エンターテインメントや教育関連の展示が行われた。会場は昨年よりも広くなったが、想像を超える人数が集まり混雑したものの、出展者や来場者から好評を得た。来年の展望については未定だが、幅広い参加者が業界の熱気を感じられるイベントとして継続していきたいとの意向が示された。出展者数や来場者数が増加し、地理空間情報の業界動向が分かるこのイベントの今後の進化が注目されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRGh0dHBzOi8vaW50ZXJuZXQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi9jaGl6dTMvMTU4NzEyMy5odG1s0gEA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「地域 事業 活動」に関する最新情報です。

    埼玉県川越市に拠点を置く「COEDO KAWAGOE F.C」は、Jリーグ加盟を目指す取り組みを行っており、JTB川越支店と共に埼玉県の部活動地域移行に関する実証事業を完了した。このプロジェクトでは、川越市内の中学校のサッカー部を支援し、合同部活動の推進や生徒の成長に向けた取り組みを行った。また、現役サッカー選手による指導や地域スポーツクラブとの連携、学校行事との関連性活用なども行われた。これにより、地域のスポーツ活動や文化活動の環境整備が進められ、地域の子供たちや住民が持続的にスポーツを楽しめる環境作りが推進されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000504.000069683.html

  25. buchikuma-info より:

    「村上 協定 次世代」に関する最新情報です。

    村上市、次世代の集い、新潟放送が連携協定を結び、「木育」活動を推進することを発表。若手林業関係者らで構成される次世代の集いと連携し、木育活動や林業PR、担い手確保・育成など5つの事項に取り組む。テレビやラジオでも木育に関する番組がスタートする。

    https://www.niikei.jp/1028332/

  26. buchikuma-info より:

    「開発 スタジオ ゲート」に関する最新情報です。

    Larian Studiosは、『バルダーズ・ゲート3』の成功を受けて、新しいオリジナルIPの2つのプロジェクトに取り組んでいることを発表した。CEOはこれを「過去最高の作品開発」と位置付けており、今後の展開が注目されている。また、Larian Studiosは自由な創造性を大切にしており、ファンや支援者に感謝の意を述べている。これらの新プロジェクトはまだ初期段階であり、今後の情報に期待が寄せられている。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240419-290403/

  27. buchikuma-info より:

    「澤田 クラムズ クラムズ 合同会社」に関する最新情報です。

    クラムズ合同会社の澤田翼氏がnat株式会社の顧問に就任しました。澤田氏はHR営業から人事責任者までの経験を持ち、クラムズ合同会社を設立し、セールスや人事コンサルティングを手掛けてきました。nat株式会社は、iOSアプリ「Scanat」を通じて現実空間をデジタル化するサービスを展開しており、澤田氏の経験とネットワークを活かして企業価値向上と事業成長を加速させる方針です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000046540.html

タイトルとURLをコピーしました