【移行アシスタントは安易に使うな】古いPCからMacに簡単データ移動

スポンサーリンク
  • MacBook Proを買った時の、古いPCからデータを移行する手順
  • 「移行アシスタント」で40時間コース、しかもエラーでやり直し
  • 必要なデータだけをコピペするで十分だった

この度、中古ではありますがMacBook Proを購入し、無事(ではないのだが)、長年愛用したTOSHIBA dynabookからおよそ50時間ほどかけてめでたく移行できました。

感動のあまりに、ここにご報告させていただきます。

もちろん、そんな瑣末な事象、世間様に公表したところでどなた様のためにもならないのでチラシの裏に書きなぐってろとおっしゃられる気持ちは無理もないのですが、PCからMACに移す際になにかと苦汁をなめる結果となったので、その際感じた注意点などまとめてみまする。

スポンサーリンク

移行アシスタントを無線で実行してはいけない、絶対押すなよ!

はい、ということで、特に何も調べることなく、Macに促されるままにぶちくまはWindows PCからMacへ、「移行アシスタント」なるアプリケーションを用いて移行作業を開始しました。

この方法は一番簡単だしシンプルです。クリックしていくだけで作業が進行していきます。

ですが!

とにかく時間がかかる上に、通信エラーが多い。

開始したときに残り時間が表示されるんだけども、「50時間」と表示されたときには何かの悪い冗談かと思ったよ。

ぶちくま
ぶちくま

2日フル稼働でも終わらない!

いやさ、古いPCとか使ってると、最初尋常じゃない数字が出ても、すぐに何時間から何分に治ったりするじゃないですか。

あの類だと思って、1日放っておいたんですよ。

そしたら、しっかり残り時間が20時間くらいになっててね。

ぶちくま
ぶちくま

50ひく24は26だから、6時間も得した!

Macの計算能力の高さに感心しつつ、いつになったらMacに触れるのか心配になったね。というか、dynabookの方が本域でご臨終するんじゃないかと心配しました。

そして、残り時間10時間を切ったところで見事に接続が切れて、そこから全く進まず。

泣く泣く移行作業をやり直し、40時間ほどが泡と消えました

ぶちくま
ぶちくま

とにかく移行アシスタントを無線で行うな!絶対だぞ!

第一選択は有線ケーブルを利用しよう

ぶちくま家の無線環境があまりよくない、ということもあるのだけど、それでも無線通信でうんびゃくGBのデータ通信をやるのは健全な判断とは言えません。

しろくまさん
しろくまさん

どれくらい不健全かっていうと、中3男子の隠しフォルダくらいには不健全だ。

世代的にはヨレヨレのビデオテープのタイトルシールが「ドラえもん総集編」と書き殴られているくらい不健全だ。

まぁ、わからなくてよろしい。

有線LANでお互いのパソコンを接続するのが一番無難です。Mac同士であればthunderboltケーブル同士で繋ぐという方法もあります。

その際は、ターゲットディスクを選択して云々と言ったやり方もあるが、今回はあくまでもWindowsPCとMacの以降の話なので割愛。

おそらく、古いPCと新しいMacという形になると思うので、有線ケーブルは用意しておいた方がいいと思います。

今回、中古でしたがMacBookPro2015を購入したのですが、残念なことに有線LANケーブルが直接挿さらなかったので、また別の選択を強いられることになりました。

全部のデータを移行する必要があるか

移行作業中にふと気付いたのですが、dynabookは1TBくらいの容量がありました。フルには使ってないにせよ、500GBくらいのデータがある。

500GBの思い出っていったいなんだろう、とか考え始めると作業が捗らないからとにかく手を動かせ。テスト前に棚の整理はするな。2時間後にはワンピース読み始めてるから。

これを MacBookのSSD、512GBに移行する必要があるんだけど、まぁ算数の問題ですね。ほぼ埋まってしまう。

つまり、データの選定が必要になるんです。

ぶちくま
ぶちくま

えっ、めんどくさ。

この500GBのうち、200GBくらいは音楽データになります。

曲数はそれほどでもないのだけど、いかんせんApplelossless形式で貯めていたので、一曲一曲のデータが割と大きくてこんな感じになってもうた。

これ、本当にMacBookに入れておく必要があるのだろうか。むしろ、こういったデータこそ、外付けHDDに貯めておけばいいんでないの。

Apple Musicならデータ容量を大幅削減

ようやく、念願かなって、Apple Musicの配信がALAC(アップルロスレス)に対応したので、少なくとも私が認知できる最高音質となりました。HomePodで音楽流し続けるだけで、少なくとも音質による薄っぺらさは全く感じられなくなりました。

AppleMusicをお勧めしたいポイント
Apple Musicのセールストークのようなことをしてみようかと思ったら、人生の安売りみたいな文章ができあがっちまった。こんな世の中だからこそ、音楽が必要なんだと心が叫んでる。

この機会に、音質の違いを楽しむべく、Apple Musicを使ってみるのはいかがでしょうか。

しろくまさん
しろくまさん

前述の通り、ALACはデータがかさばるので、HDDが埋まってしまうことを考えると、配信でその都度高音質の音楽を楽しめ方がデータ損失リスクも無くなって安く上がるんですよね。

ぶちくま
ぶちくま

音質を考慮しても、コスパ最高のサブスク音楽になったね!

2021年のAppleMusicの対抗馬を探る
YouTube MusicとAmazon Musicが「動画」「高音質」「別サービスとの融合」などを果たす中で、AppleMusicは選ぶべきなのか、という情報を拾っているときにロスレス・空間オーディオ配信ニュースが飛び出し抜け出した感ある。dd

外付けHDDを活用せよ

ぶちくまは、大昔、メインPCがハードディスククラッシュしたことがあってそれ以来、主要データはバックアップデータの他に適宜外付けHDDに保存する習慣をつけておりました。

それなら、もう移行する必要もないんじゃないかと。

何も、古いWindowsのデータを、せっかく新しい(中古だけど)MacBookなんだから、わざわざ入れる必要もないんじゃないか。

撮り溜めたデータを外付けHDDのまま運用する

音楽データ以外は、ドキュメント関係はその都度必要なデータを探せばいいし、ピクチャ関係も同様に必要なときに探せばいい。

特に写真においてはiPhoneで撮ったものは自動でiCloud に保存されているので、もはや移行の必要性もないということに気がついた。

動画なんてのはもともと保存する習慣もないので、むしろMacBookのデータを圧迫するようなものはゴミ箱行きである。

あるいは、それこそ隠しファイル行きである。

問題点があるとすればHDDはフォーマットする必要があるかも

どういうわけだか、dynabookでフォーマットしていたバッファロー製の外付けHDDはMacBookでも認識してくれたので、特に気にする必要はなかったんだけど、場合によってはMacの方ではフォーマットし直す必要性が出てくるかもしれませんね。

そうなると、HDDは一旦初期化作業が必要になるからちょいとリスキー。必ず動作の確認はした方が良さそうです。

iTunesには、ログインしただけで音楽データが

全ての音楽データは、Applemusicを導入した際に、Appleに献上済みでしたので、
ログインした途端にライブラリが埋まりました。

えっ、なんで、と一瞬ビビりましたが、iCloudミュージックライブラリなるところに最大10万曲まで預けられるらしい。

でも、256kbpsに制限されるので、音質にこだわる場合はやっぱり元データで聴けるようにしないといけないようです。

まぁ、いまのぶちくまの音楽聴く環境って、bluetoothでJBLのchargeにとばすだけなので、高音質データであってもどうせ圧縮されちゃうから、今のままでも全然問題なさそうではある。

JBLのCHARGEは音質気にする人でもお勧めだから要チェック

仕方がないとは思うんだけど、買った時よりもめっちゃ安くなってるね。

似てるけどめっちゃ違う商品。

スポンサーリンク

移行アシスタントのまとめ

そういったわけで、そもそもデータを移行する必要がない、という盲点に気付かされた1日でありました。

WindowsPCからMacへ移行する前に考えるべきこと

  1. まず、必要なデータかどうか検討する。
  2. 必要なデータの量を見て、有線で繋ぐべきかどうか考える
  3. データ容量が少ない時だけ、「移行アシスタント」を利用する

意外と、当たり前のことにも気がつかないものですね。

移行作業と一緒にやっておきたいこと

個人的なまとめですが、誰かの役に立てば幸いです。

まずは移行準備から

移行作業に必要なものをまとめておきます。

外付けHDDを用意しておく

NASのようなデータ保存媒体があれば一番ではありますが、データ移行のサポートくらいであればどのようなHDDでも大丈夫です。

ほとんどの市販されているHDDはMacにフォーマット(Macで使用できるような形に整えること)ができるので、心配であれば「Mac対応」と書いてあるようなHDDを用意しておいたほうが、今後のTimeMachineというバックアップソフトの保存先としても利用できるのでお勧めです。

TP-linkA9をTimeMachine目的で購入【バックアップエラーが難点】
買って後悔したWi-Fiルータとなりました、Archer A9ですがどうせならちゃんとレビューします。コスパはいいのですが、接続方法が不親切なのとTime Machineのエラーが多かったので他メーカー購入についても検討していただければと思います。
ぶちくま
ぶちくま

データのバックアップもできて、せっかくMacbookを買ったならこれがいいかな、と思って選びました。据え置きのiMacなどは通常のHDDでいいと思います。

有線ケーブルを買っておく

有線ケーブルも用意しておきましょう。最近のデバイスはThunderboltとUSB-Cがややこしいことになっているので、最近のMacを買った場合は「どのケーブルを買うべきか」もしっかりとチェックしておいた方が良さそうです。

サンダーボルトとライトニングがややこしい|最新MacのUSB-Cケーブルを選ぶ
結論だけ言えばType-CのUSBとLightningが繋がるケーブルを買えばいいだけの話なのですが、いまいちわからんThunderboltなどの規格についてもほんのり解説しています。

最新のMacやMacbookならUSB-Cという規格になります。少し前のMacやPCから移行する場合は、USB-Aの形が使えれば、USB-Cという形とつながるケーブルであればOK。

初期のThunderboltなどの搭載機も、基本的にはUSB-A(普通のUSB)の形で繋がるはずです。USB Type-C同士の接続の場合は、だいたい新しいやつを買う必要があります。

iCloudの容量で補ってもいい

Mac同士の移行作業だと、古いMacのデータはまるっとHDDに保存しておき、基本的なデータだけをiCloudなどを利用して引き継ぐだけでも十分作業できたりします。余計なデータを入れると重たくなるので、この方法が一番シンプルで簡単で、かつ無駄がないのでお勧めです。

クラウドサービスだと容量が足りない可能性はありますが、必要なデータを見直すいい機会でもあります。

移行時の注意点

まとめです。

  • バックアップは用意しておく
  • WiFiなどの無線でできても、基本は有線でやった方がいい(エラーで止まりやすい)
  • Mac同士ならTimeMachine移行が簡単
  • 焦らない

なかなか進まないと思って途中で消したりすると、データが飛んでしまうかもしれないので注意です。

mac初心者設定PC/MAC
スポンサーリンク
Apple製品を買うならちょっと待って!

Apple製品をご購入を検討の方におすすめの情報です。

楽天リーベイツで公式ショップのお買い物をすると

楽天リーベイツはご存知でしょうか。楽天経済圏に暮らす方にとってはポイントも「お金」と同じ価値になることは実感されるところだと思います。このポイントが溜まりやすくなるアプリです。

ぶちくま
ぶちくま

「ポイント貯めるのとか面倒」という方は、年間の損失額は結構えぐいことになっていますよ!

しろくまさん
しろくまさん

こういう細かいことをないがしろにできる人はサービス残業とかも平気そう。

面倒くさいな、と思った方も大丈夫。アプリで普通に買い物すればポイントがつく、くらいの感じなので本当に簡単ですよ。

普通はポイントがつかない公式ショップも対象

私が楽天Rebatesをお勧めするのは、ポイ活民でも二重取りしにくい「Apple公式オンラインショップ」をはじめとした「ほぼ定額の商品」でもポイントが発生すること。

しかも、やり方は簡単で、アプリ経由で気になる公式ショップをタップするだけ。リストは一例だけで、「あれはあるかな」は大体あります。

  • Apple
  • Microsoft
  • ヤマダ電機
  • Omni7/アカチャンホンポ
  • Edion
  • コジマネット
  • ノジマオンライン
  • Dyson
  • Joshin
  • Book-off
しろくまさん
しろくまさん

au Pay マーケットもポイントつくけど、複雑だけどお得なのはわかるね。

ぶちくま
ぶちくま

少し気になるだけの方も、情報収集で公式HPを眺めがてら、ぜひ利用してみてください!

全ての商品が対象というわけではないので、どういう商品が対象なのかも確認してみてください。

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました