PR

Game Porting Toolkitを使えばWindowsゲームがAppleシリコンでもいけそう

M1Mac登場時にパソコンが壊れたので、Appleシリコン搭載Macbookを利用しているのですが、せっかくiOSアプリが起動できるのにディベロッパーは許可してくれないし、WindowsならプレイできるゲームがMacだとプレイできないという障壁がさらに高まってしまったことを嘆いています。

先日、WWDCにおいて「Game Porting Toolkit」について発表がありました。簡単に言えば、WineというMacでWindowsアプリを動かすソフトウェアをAppleが改良したものみたいな感じです。

しろくま
しろくま

これは、M1Mac(Appleシリコン)でWindowsでしかできないゲームができるようになるチャンス?

というわけで、早速人柱になってこようと思います。

Macゲームでおすすめのプラットフォームに関する記事をまとめたいと思います。読者が飽きずに内容がわかるような導入文を300文字程度で作成してください。

3行でわかる「Macゲームのプラットフォーム」
  • ゲームの互換性:Macにプラットフォームがあっても、ゲームが対応しているとは限らない
  • システム要件:Macがシステム要件を満たしていても、ゲームができるとは限らない
  • ゲームプレイと操作性:Macがハイスペックでも、実行環境が整いにくいので操作性はイマイチということもある

2024年にSonomaアップデート後にGame Porting ToolKiとを利用して環境構築が簡単に行える、whisky導入方法と各種設定をメモした記事はこちらになります。

MacでWindowsゲーム「Whisky構築方法」
AppleシリコンのMacはとにかくゲーム環境の構築がうまくいかないのですが、とはいえ使い慣れたマックでゲームもプレイできれば最高なのでWhiskyを使った環境構築の備忘録を共有しておきます。

基礎知識、AppleシリコンMacでゲームをプレイする

M1MacでiOSゲームをプレイするぞ、という記事は何個か書きました。

Mac OS Big SurでiOS アプリはできるのか
「M1」Appleシリコン搭載機のデビューとともに、MacOSX「Big Sur」で対応機はiOSアプリを起動できるようになりました。想定するのはゲームですが、有料アプリなども利用できると幅広く利用できそうです。

書いた後に色々対策をされたために、今ではAppStoreでディベロッパーが許可したアプリしかプレイできません。

バグとチート対策を考えるとコスパ悪くなると思ってなかなか日本の大手ディベロッパーは許可を出してくれません。

そもそもAppleシリコンとは

AppleのM1チップは、2020年にAppleが発表した最初の自社製シリコンチップで、それまでのIntelチップを置き換える目的で設計されました。M1は8コアCPUと最大8コアGPUを持つ統合型システムオンチップ(SoC)であり、16コアのNeural Engineを含む。Appleはこれを「世界で最も先進的なパーソナルコンピュータチップ」と称しています。

M1チップは、その高速なパフォーマンスとエネルギー効率の高さで高い評価を受けています。このパワフルさと効率性は、特に複数のアプリケーションを同時に動かすマルチタスクの状況や、リソースを大量に消費する高度なグラフィックタスクにおいて顕著です。そのため、一部のMacユーザーは、以前よりもはるかにスムーズなパフォーマンスを体験しています。

ゲームはプレイできるの?

M1 Macでゲームをプレイすることについて話すと、そのパフォーマンスは非常に優れています。ただし、全てのゲームがM1 Macに対応しているわけではありません。M1チップはARMベースのアーキテクチャを採用していますが、多くのゲームはまだIntel x86アーキテクチャに最適化されています。Appleはこの問題を解決するために、IntelアプリをARMアーキテクチャに動的に変換する「Rosetta 2」を提供しています。しかし、これによりパフォーマンスが若干低下する可能性もあります。

一方で、AppleのApp StoreやApple Arcadeは、M1 Macで最適に動作するゲームを提供しています。また、ゲーム開発者も徐々にARMアーキテクチャに最適化したゲームをリリースしています。

M1 Macでのゲーム体験は大いに改善されてきており、将来的にはより多くのゲームが最適化され、M1チップのフルパワーを引き出すことが期待できます。しかし、今の段階では、ゲーム選択の範囲が若干制限される可能性があります。特定のゲームをプレイしたい場合、互換性を確認することをお勧めします。

Windowsは利用できるの?

MacはMacOSで起動している上に、パソコンがものを考えるために使用する回路がWindowsとは異なるため、Windowsを使用することはできません。

ただ、MacにWindowsを起動できる仮想空間(Macで使用できるように翻訳してくれる場所)を用意することで、MacでもWindowsを利用することができます。

有名なところでは、Parallels Desktopです。ざっくりとした使い方だけ載せておきます。

準備編
  1. Parallels Desktopをダウンロードする: 公式サイトまたはAmazonなどから最新版の「Parallels Desktop 18 for Mac」を入手します。新規ライセンス、または14日間の無償トライアルを利用することができます。
  2. Parallels Desktopをインストールする: ダウンロードしたファイルを開き、「Parallels Desktopのインストール」をダブルクリックします。インストールが始まると、画面の指示に従い操作を進めます。また、使用許諾契約が表示されるので、内容を一読して「同意する」をクリックします。その後、「デスクトップ」「書類」「ダウンロード」の各フォルダへのアクセスを許可する必要があります。
  3. Windows 11をインストールする: Parallels Desktopのインストールが完了したら、「インストールアシスタント」画面から「MicrosoftからWindows 11を入手」をクリックします。その後、Windows 11の初期セットアップを進めます。この際、カメラやマイクのアクセスを許可する必要があるかもしれません。
  4. Parallelsアカウントの登録: 仮想マシンの利用を開始する際には、Parallelsアカウントの登録とサインインが必要です。新規ユーザーの場合はメールアドレスによる登録が可能で、Apple IDやGoogleアカウントなどのシングルサインオンにも対応しています。
  5. 製品のアクティベート: トライアル期間が終了した後は、ライセンスを購入して製品をアクティベートします。
  6. Windows 11のライセンス認証を行う: Windows 11は有償のため、ライセンスコードの購入と認証が必要です。Microsoftストアから直接ライセンスコードを購入するのが一番簡単です。ただし、AppleシリコンMacで使えるのは、Windows 11 ProかWindows 11 Enterpriseのいずれかです。
カスタマイズする


以下に仮想マシンのカスタマイズの方法と推奨事項をまとめます:

  1. 仮想マシンの構成を確認・変更するには、まずParallels Desktopの「処理」メニューから「ストップ」を選択し、Windows 11のシステムを一時停止します。その後、「処理」メニューの「構成」または「コントロールセンター」から設定画面を表示します。
  2. 初期設定では、インストールしたMacのスペックに応じて自動的にCPUコア数やメモリの割り当て量が設定されます。例えば、8コアCPUと8GBメモリを搭載したM1チップのMacBook Airでは、仮想マシンにはCPUが4コア、メモリは6GB割り当てられます。この設定では、ブラウジングや表計算などの一般的な用途には適しています。
  3. ただし、割り当てられた6GBのメモリの内、3GBはグラフィックスに用いられるため、実質的なメモリは3GBとなります。特に3Dを多用するゲームなどを動かすには、この設定では厳しいかもしれません。
  4. そのため、仮想マシンを快適に利用するには、16GBのメモリを搭載したMacがおすすめです。余裕のあるスペックであれば、「自動」から「手動」に設定を切り替え、作業に合わせて割り当て量を調整することが可能です。

Game Porting Toolkitについて

この部分を書くためにこの記事書いてます。

2023年WWDCにて発表

この「Game Porting Toolkit」のアップデートについての情報は、M1 Macでゲームをプレイする際の見通しをより良くするものですね。

このツールがAppleのM1チップ、特にM1 MaxとM2 Ultraに対応したMacにおけるゲームパフォーマンスを大幅に向上させると報告されています。WindowsゲームをMacに移植するための手間を大幅に減らすこのツールは、開発者にとって大きな助けとなります。特に、DirectX 12をリアルタイムでMetal 3に変換できる能力は、パフォーマンスとグラフィクスの質の両方を向上させる可能性があります。

このツールの存在は、ゲーム開発者がARMベースのMacにゲームを移植する際の障壁を大幅に下げ、より多くのゲームがMacでもプレイ可能になる可能性を示しています。そして、これらのゲームはM1チップの強力なパフォーマンスをフルに活用することができます。

具体的なパフォーマンス改善についても報告されており、それによれば「エルデンリング」のフレームレートがM1 Maxチップを搭載したMacで26fpsから32fpsに、そして「サイバーパンク2077」の平均フレームレートがM2 Ultra Macで8fpsから18fpsに向上したとのことです。これは、特にリソースを大量に消費するゲームにおいて大きな改善であり、ゲーム体験の質を高めることができます。

このツールの存在とアップデートは、AppleのM1チップを搭載したMacでのゲーム体験を大きく進化させる可能性があることを示しています。ゲーム開発者とエンドユーザーの両方にとって、これは非常に興奮するニュースと言えるでしょう。

Game Porting Toolkitの使い方

  1. まず、無料のApple Developerアカウントにログインします。通常の詳細を入力して、利用規約に同意します。
  2. macOS Sonomaがインストールされていることを確認します。新しいバージョンはまだベータ版ですが、ベータ版のソフトウェアをMacデバイスで実行することに問題がないことを確認します。
  3. Apple Developerのウェブサイトから必要なソフトウェアをダウンロードします。必要なソフトウェアは「Command Line Tools for Xcode 15 beta」と「Game Porting Toolkit beta」です。
  4. ダウンロードした後、Game Porting Toolkitをダブルクリックしてマウントします。次にいくつかのソフトウェアをインストールするためにこれが必要です。
  5. Spotlightメニューを開き、Terminalを検索します。
  6. Terminalを開いたら、以下のコマンドを実行してRosetta 2を更新します。
softwareupdate –install-rosetta
  1. 次に、以下のコマンドを実行して「shell」を起動し、Rosettaも有効にします。
bash

arch -x86_64 zsh
  1. Homebrewをインストールします。これはパッケージマネージャで、多くの重い作業を自動化してくれます。以下のコマンドを実行します。
bash

/bin/bash -c “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)”
  1. 次に、以下のコマンドを実行してHomebrewにファイルをインストールする場所を指示します。
bash

(echo; echo ‘eval “$(/usr/local/bin/brew shellenv)”‘) >> /Users/$USER/.zprofileeval “$(/usr/local/bin/brew shellenv)”
  1. AppleのGithubリポジトリから必要なものをインストールします。以下のコマンドを実行します。
bashCopy codebrew tap apple/apple http://github.com/apple/homebrew-apple
  1. すべてが整ったら、Game Porting Kitをインストールします。以下のコマンドを実行します。
bash

brew -v install apple/apple/game-porting-toolkit

このプロセスは時間がかかる可能性があります。

  1. ゲームをインストールするための準備をします。以下のコマンドを実行します。
bash

ditto /Volumes/Game Porting Toolkit-1.0/lib/ `brew –prefix game-porting-toolkit`/lib/
cp /Volumes/Game Porting Toolkit*/gameportingtoolkit* /usr/local/bin
  1. Game Porting Kitのセットアップを開始します。SteamやBattle.netなどのファイルを設定するには、以下のコマンドを使用します。
bash
WINEPREFIX=~/my-game-prefix `brew –prefix game-porting-toolkit`/bin/wine64 winecfg
  1. SteamやBattle.netをインストールするには、Windowsのインストールファイルを取得し、適切な場所に配置します。ダウンロードフォルダに配置した場合、以下のようにSteam.exeファイルを起動します。
javascript 
gameportingtoolkit ~/steam ~/Downloads/SteamSetup.exe
  1. これでSteamを起動できます。以下のコマンドを実行します。
bash
gameportingtoolkit ~/steam ‘C:Program Files (x86)/Steam/steam.exe’

以上が、AppleのGame Porting Toolkitを使用してWindowsのゲームをmacOSでプレイするための基本的な手順です。しかし、これは開発者向けのツールであり、一部の高度なゲームでは期待するようなパフォーマンスを得られない可能性があることを理解しておくことが重要です。

詳細な下準備の手順

以下のサイトを参考にしています。

Game Porting Toolkit - Gaming on M1 Apple silicon Macs and MacBooks, bugs, fixes, compatiblity and troubleshooting guides - AppleGamingWiki
  1. macOS Sonoma (現在ベータ版) を使用することを推奨します。macOS Venturaは、steamwebhelper.exeのクラッシュという大量の問題を引き起こすため、推奨されていません。
  2. Apple Developer Downloadsサイトにアクセスします。これらのファイルは、ログインしたAppleアカウントを持っていれば誰でも無料でダウンロードできます。
  3. Command Line Tools for Xcode 15 betaを検索し、dmgファイルをダウンロードしてからインストールします。
  4. 古いバージョンのXcodeがインストールされている場合は、それを削除します。
  5. Game Porting Toolkitを検索し、ダウンロードします。dmgファイルを開き、pkgを実行します。
  6. 以前にHomebrewをインストールしたことがある場合は、ARM64のHomebrewを削除することが推奨されています。Homebrewのアンインストールスクリプトを使用するか、/opt/homebrew/bin フォルダを削除します。
  7. ターミナルを開き、以下のコマンドでRosettaをインストールします:

    css

    softwareupdate --install-rosetta
  8. 次に、以下のコマンドでx86_64のシェルに入り、以降のステップをRosetta環境内で実行します:

    bash

    arch -x86_64 zsh
  9. もしまだx86_64バージョンのHomebrewをインストールしていない場合は、以下のコマンドでインストールします:

    bash

    /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
  10. 次に、以下のコマンドでパスを設定します:

    bash

    (echo; echo 'eval "$(/usr/local/bin/brew shellenv)"') >> /Users/$USER/.zprofile eval "$(/usr/local/bin/brew shellenv)"
  11. そして、以下のコマンドでbrewコマンドがパスに存在することを確認します:bashCopy codewhich brew このコマンドが/usr/local/bin/brewを出力しない場合は、以下のコマンドを使用します:

    bash

    export PATH=/usr/local/bin:${PATH}
  12. Appleのタップをダウンロードするために以下のコマンドを実行します:

    bash

    brew tap apple/apple http://github.com/apple/homebrew-apple
  13. 次に、game-porting-toolkitのフォーミュラをインストールします。このフォーミュラは、いくつかの大きなソフトウェアプロジェクトをダウンロードしてコンパイルします。このプロセスの所要時間は、コンピュータの速度によります。Macの速度によりますが、1時間以上かかることもあります:

    bash

    brew -v install apple/apple/game-porting-toolkit
  14. もし、インストール中に「Error: game-porting-toolkit: unknown or unsupported macOS version: :dunno」のようなエラーが表示された場合、HomebrewのバージョンがmacOS Sonomaをサポートしていない可能性があります。その場合は、Homebrewを最新バージョンに更新し、再度試してみてください:

    bash

    brew update ; brew -v install apple/apple/game-porting-toolkit
  15. 次に、以下のコマンドを実行して、Game Porting Toolkitが最新バージョンであることを確認します:

    bash

    arch -x86_64 zsh brew update && brew upgrade apple/apple/game-porting-toolkit
  16. 以前にダウンロードしたGame Porting Toolkit dmgが/Volumes/Game Porting Toolkit-1.0にマウントされていることを確認します。次に、以下のスクリプトを使用して、Game Porting ToolkitライブラリディレクトリをWineのライブラリディレクトリにコピーします:

    bash

    ditto /Volumes/Game Porting Toolkit-1.0/lib/ `brew --prefix game-porting-toolkit`/lib/
  17. Game Porting Toolkit DMGから3つのスクリプトを取得し、次のコマンドで/usr/local/binに配置します:

    bash

    cp /Volumes/Game Porting Toolkit*/gameportingtoolkit* /usr/local/bin
  18. Wineプレフィックス(ツールキットとゲームをインストールする仮想的なC:ドライブ)を作成します。以下のコマンドを実行して、ホームディレクトリにmy-game-prefixという新しいWineプレフィックスを作成します:

    bash

    WINEPREFIX=~/my-game-prefix `brew --prefix game-porting-toolkit`/bin/wine64 winecfg

    「Wineの設定」ウィンドウが表示されるはずです。WindowsのバージョンをWindows 10に変更します。Applyを選択し、OKを選択してwinecfgを終了します。

    もし、「Wineの設定」ウィンドウが表示されない場合や、Dockに新しいアイコンが表示されない場合は、Homebrewのx86_64版とgame-porting-toolkitフォーミュラが正しくインストールされているか確認してください。

以上の手順を終えれば、このWineプレフィックスにランチャーや個々のWindowsゲームをインストールする準備が整いました。

STEAMをプレイする
  1. まず、SteamのWindows版をダウンロードし、ダウンロードフォルダに配置します。
  2. 次に、以下のコマンドをターミナルに入力してSteamをインストールします:javascript

    gameportingtoolkit ~/my-game-prefix ~/Downloads/SteamSetup.exe

    ここで”my-game-prefix”は自分で定義したワインプレフィックス(Wineのインストール先や設定の保存先となるフォルダ)の名前です。Steam以外のアプリケーションもこの方法でインストールする場合は、異なる名前を使用することをおすすめします。
  3. 次に、以下のコマンドでSteamを起動します:

    bash

    gameportingtoolkit ~/my-game-prefix 'C:Program Files (x86)/Steam/steam.exe'
  4. Steamが起動したら、通常通りにログインします。ただし、Steamが黒いウィンドウのまま表示されるという問題が発生することがあります。その場合は以下の手順に進みます。
  5. Steamを別の方法で起動するためのコマンドは以下の通りです:

    bash

    MTL_HUD_ENABLED=1 WINEESYNC=1 WINEPREFIX=~/my-game-prefix /usr/local/Cellar/game-porting-toolkit/1.0.2/bin/wine64 'C:Program Files (x86)Steamsteam.exe'

    これでも引き続き問題が解決しない場合は、ターミナルウィンドウを閉じて再度開き、上記のコマンドを再度試すことを繰り返します。これを続けることでログイン画面が開くはずです。

これで、SteamからWindows版のゲームをダウンロードし、起動することができるようになります。ただし、ここで述べた手順はあくまで一例で、実際の結果は具体的なゲームやMacのモデルによって変わる可能性があります。また、このプロセスには一定のPCスキルが必要であることをご了承ください。

DMM GAME Playerを起動する

まだクラッシュが多いようなので、とりあえずmacOS Sonomaが正式リリースしてから試してみます。

Google Play Gamesを起動する

まだクラッシュが多いようなので、とりあえずmacOS Sonomaが正式リリースしてから試してみます。

2024年Macゲームでおすすめのプラットフォームランキング

2024/03/28時点での情報収集で「いいな」と思った「」について紹介したいと思います。

Macユーザーが利用できるゲームプラットフォーム

  1. team: これは最も一般的なゲームプラットフォームの一つであり、数千のゲームを提供しています。多くのゲームはWindows専用ですが、多くのゲームがMacにも対応しています。また、新しく提供されたゲームポーティングツールキットにより、Windows専用のゲームもMacでプレイできるようになりました。
  2. Epic Games Store: こちらも多数のゲームを提供しています。無料のゲームも定期的に提供されています。ここでも一部のゲームはMacに対応しています。
  3. GOG.com (Good Old Games): このプラットフォームは、DRMフリー(デジタル著作権管理フリー)のゲームを提供していることで知られています。一部のゲームはMacに対応しています。
  4. Apple Arcade: Appleが提供する月額制のゲームサブスクリプションサービスで、100以上のゲームがプレイできます。これらのゲームはすべてMacに対応しており、広告やインアプリ購入もないため、ストレスフリーで楽しめます。
  5. Blizzard Battle.net: Blizzard Entertainmentが運営するプラットフォームで、World of WarcraftやOverwatchなどの人気ゲームがあります。これらのゲームの一部はMacに対応しています。
  6. Origin: Electronic Artsが運営するプラットフォームで、The SimsやBattlefieldなどのゲームがあります。一部のゲームはMacに対応しています。
  7. UPlay: Ubisoftが運営するプラットフォームで、Assassin’s CreedやFar Cryなどのゲームがあります。一部のゲームはMacに対応しています。
  8. DMM GAME PLAYER: 日本のプラットフォームで、日本のゲームを多く提供しています。一部のゲームはMacに対応しています。
  9. Google Play Games (Beta): Googleが運営するプラットフォームで、AndroidゲームをMacやPCでプレイできるようにするものです。Windows版をゲームポーティングツールキットで起動できる可能性があります。

プラットフォームを選ぶ基準

  1. ゲームの種類と選択肢: あなたが特にプレイしたいゲームやジャンルがある場合、それが利用可能であるプラットフォームを選ぶことが重要です。また、新しいゲームを常に試してみたい場合は、頻繁に新しいゲームをリリースするプラットフォームを選ぶことを検討すると良いでしょう。
  2. 互換性: ゲームプラットフォームはすべて、Macとの互換性を持っていますが、すべてのゲームがMacで利用可能なわけではありません。特定のゲームをプレイしたい場合は、そのゲームがあなたのOSと互換性があるか確認してください。
  3. 価格と価値: プラットフォームによってはサブスクリプションサービスを提供しているものもあり、定額で多くのゲームをプレイできるという利点があります。一方で、個別のゲームを購入することを好む人にとっては、個々のゲームのコストも重要な要素です。
  4. プラットフォームの機能: 一部のプラットフォームでは、友達とのマルチプレイ、実績、クラウドセーブなどの追加機能が提供されています。これらの機能が重要である場合は、これらを提供するプラットフォームを選ぶことを検討してください。
  5. ユーザーインターフェースと使いやすさ: プラットフォームのユーザーインターフェースと使いやすさも重要です。あなたが特に好むスタイルやデザインがある場合は、それを提供するプラットフォームを選ぶことを検討してください。
  6. カスタマーサポート: 何か問題が発生した場合に迅速かつ効果的なサポートを提供するプラットフォームは価値があります。

各プラットフォームの評価

現在は仮です。

プラットフォームゲームの種類と選択肢互換性価格と価値プラットフォームの機能ユーザーインターフェースと使いやすさカスタマーサポート
Steam5 (非常に多い)4 (大部分が対応)4 (販売・セールが頻繁)5 (豊富な機能)4 (比較的使いやすい)4 (充実している)
Epic Games Store3 (まずまず)4 (大部分が対応)5 (定期的に無料ゲームを提供)3 (基本的な機能はある)4 (直感的)4 (充実している)
GOG.com4 (多い)5 (全てのゲームがMac対応)4 (リーズナブルな価格)4 (多くの機能を提供)4 (清潔感のあるデザイン)4 (充実している)
Apple Arcade3 (まずまず)5 (全てがMac対応)5 (月額料金で全ゲームが遊び放題)3 (基本的な機能はある)5 (非常に使いやすい)5 (Appleの充実したサポート)

プラットフォーム:AppleArcade

2024/03/28時点でプラットフォーム:「AppleArcade」についてご紹介します。

「AppleArcade」の特徴

「AppleArcade」に関する情報は公式HPも参考にしてみてください。

また、当サイトでもApple Arcadeに関する記事を書いてますので参考にしてみてください。

「AppleArcade」の特徴は以下の通り。

  • 1. Apple Arcadeの概要 Apple Arcadeは、200以上のプレミアムなゲームを制限なしで楽しむことができるゲームサブスクリプションサービスです。新作、受賞作、App Storeの人気作品など、さまざまなジャンルのゲームを順次追加し、いつでもプレイすることが可能です。一度サブスクリプションに加入すれば、追加の課金や広告を気にすることなくゲームを楽しむことができます。
  • 2. Apple Arcadeの利用方法と料金 Apple Arcadeは、1か月間の無料トライアル期間後、月額600円で利用できます。さらに、Apple製デバイスを購入すると、Apple Arcadeを3か月間無料で体験できます。また、Apple Oneというサービスを利用すれば、Apple Arcade、Apple Music、Apple TV+、iCloudストレージの4つをセットにして、手頃な月額料金で楽しむことができます。さらに、これらのサブスクリプションは家族5人まで共有できます。
  • 3. Apple Arcadeのゲームラインナップと互換性 Apple Arcadeでは、パズル、ストラテジー、アドベンチャー、シミュレーション、ボード、カード、スポーツなどの多種多様なゲームが楽しめます。また、Apple Arcadeオリジナルのゲームや、App Storeで人気のゲームなどもプレイできます。ゲームは、iPhone、iPad、Mac、Apple TVといった複数のデバイスで楽しむことができます。さらに、Apple Arcadeには多くのゲームがゲームコントローラに対応しており、ゲーム体験をさらに向上させることが可能です。新作ゲームやコンテンツのアップデートは常に追加されており、最新の情報はApp Storeでチェックできます。

これらの情報により、Apple Arcadeの豊富なゲームラインナップ、手軽な料金体系、そして広範なデバイス互換性が明確になります。それぞれのユーザーにとって魅力的なゲーム体験を提供するためのプラットフォームと言えるでしょう。

かめ
かめ

実際、ほとんどApple Arcadeをする機会はないくらい、無料のゲームでも時間は潰せるので、「あえて、Apple Arcadeのゲーム、やる?」という気持ちはあります。

しろくま
しろくま

でも、飽きっぽい子供が「ちょっとゲームをしてみる」という時にはすごくおすすめ。App Storeは審査厳しい上に、Apple Arcadeはディベロッパーも厳選されているので、いい作品しかないから安心して選ばせてあげられます。

プラットフォーム:Steam

2024/03/28時点でプラットフォーム:「Steam」についてご紹介します。

「Steam」の特徴

「Steam」に関する情報は公式HPも参考にしてみてください。

取り扱っているゲームの種類と利便性

Steamは、世界中のゲームを数多く取り扱っているオンラインのゲーム販売・管理プラットフォームです。日本のゲームから海外のゲーム、大手ゲーム会社制作のゲームソフトから個人や小規模チームが制作したゲームソフトまで、様々な種類のゲームが購入し、プレイできます。物理的なメディア(DVD)を扱うことなく、ゲームを電子データとして購入することが可能で、そのため購入後は即時にプレイすることが可能です。この即時性がSteamの大きな魅力の一つです。

ゲームの管理とセール

Steamでは、購入したゲームを「Steamライブラリ」に登録して一覧管理できます。これにより、自分がプレイしたゲームやまだクリアしていないゲームを一目で確認でき、管理が非常に便利です。また、Steamは定期的に大規模なセールを開催しており、定価よりもはるかに安くゲームを購入する機会が頻繁に訪れます。これは、ゲームを遊び尽くした人、新しいジャンルに挑戦したい人、あるいは普段遊ばないようなマイナーなゲームに出会いたい人にとって、大きな魅力となっています。

コミュニティとフレンド機能

Steamでは、購入したゲームソフトだけでなく、ユーザー間の交流も重視しています。フレンド機能が充実しており、フレンドを登録することでグループチャットに参加したり、ゲームの情報を交換したり、マルチプレイを楽しむことが可能です。また、Steamの専用アプリケーションである「Steamクライアント」を通じて、ゲームの購入・管理はもちろん、コミュニティへの参加やゲームの実行など、Steamの機能を総合的に利用することができます。

以上、Steamの主要な特徴と魅力についてまとめました。種類豊富なゲームの取り扱い、便利なゲームの管理とセール、そしてユーザー間の交流を支えるフレンド機能とコミュニティ。これらはSteamが世界中のゲーマーから支持される理由であり、Steamを使うことでゲーム体験がより豊かになると言えるでしょう。

プラットフォーム:Epic Games Store

2024/03/28時点でプラットフォーム:「Epic Games Store」についてご紹介します。

「Epic Games Store」の特徴

「Epic Games Store」に関する情報は公式HPも参考にしてみてください。

以下、エピックゲームスについてのまとめです。

【エピックゲームスとは】

エピックゲームスは、デジタルゲームのストアであり、他のゲームプラットフォームでは遊べないタイトルが多く存在します。Epic Games ストアでの独占販売タイトルが多数あり、これらのタイトルを探すことが一つの魅力です。また、新作タイトルの中には、Epic Games ストアで先行配信されるものもあります。

【メリット】

エピックゲームスの大きなメリットとして、定期的に無料配布やセールを行っている点が挙げられます。話題のタイトルが通常より安く入手できるセールの情報は、ストアのトップページで確認することができます。また、無料ゲームコーナーでは、通常は有料販売されているゲームが期間限定で無料で入手できることもあります。

【ゲームプレイまでの流れ】

エピックゲームスでゲームを遊ぶまでの流れは次の通りです。まずは、Epic Games Launcherを動作させるスペックを備えたPCを用意します。次に、用意したPCにEpic Games Launcherをインストールします。その後、Epic Gamesアカウントを作成し、Epic Games ストアでゲームを購入します。購入したゲームは、Epic Games ストアから直接起動することが可能です。

注意点としては、オフライン環境では起動できない、他のゲームプラットフォームとのつながりがない、日本語がサポートされていないことがある、といった点が挙げられます。これらを考慮しながら、楽しいゲームライフをお過ごし下さい。

Macで遊ぶゲームプラットフォーム

ここは完全にChatGPTに書かせているところです。

Macゲームのプラットフォームの選び方

Macでゲームを楽しむ際の重要な要素として、適切なゲームプラットフォームの選択があります。この記事では、Macゲームのプラットフォームの特性と選び方について詳しく解説します。

主要なMacゲームのプラットフォームとその特性

Macで利用可能なゲームプラットフォームはいくつかありますが、主要なものとしては「Steam」、「Epic Games Store」、「Apple App Store」などが挙げられます。

Steamは、多種多様なゲームが揃っており、日々新たなゲームが追加されています。また、コミュニティ機能が充実しており、他のプレイヤーと交流しながらゲームを楽しむことができます。

Epic Games Storeは、毎週無料ゲームが提供されるなど、ユーザーに対するサービスが充実しています。また、Epic Gamesが開発した「Unreal Engine」を用いたゲームが数多く揃っています。

Apple App Storeは、Appleが提供する公式のアプリストアで、Mac専用のゲームも多く揃っています。

Macゲームのプラットフォームの選び方

ゲームプラットフォームを選ぶ際のポイントとして、まず「提供されているゲームの種類」を確認します。どのようなゲームジャンルが好きか、具体的なゲームタイトルがあるかによって、適したプラットフォームが異なる可能性があります。次に「価格」を考慮します。定期的なセールや無料ゲームの提供があるプラットフォームを選ぶと、コストを抑えつつゲームを楽しむことができます。最後に「ユーザーサポート」の質も重要です。問題が発生した際のサポート体制や、ゲームのレビュー・評価を確認することができるかも確認しておきましょう。

Macゲームのプラットフォーム選びのポイントまとめ

  • 提供されているゲームの種類:好きなゲームジャンルや欲しいゲームタイトルが揃っているプラットフォームを選ぶ
  • 価格:定期的なセールや無料ゲームの提供があるプラットフォームを選ぶことで、コストを抑えることが可能
  • ユーザーサポート:問題が発生した際のサポート体制や、ゲームのレビュー・評価を確認できるプラットフォームが望ましい

Macゲーム「プラットフォーム」に関する情報まとめ

Macゲーム「プラットフォーム」についての記事内容をまとめていきます。

Macゲーム「プラットフォーム」について知っておくべき3つのこと

  • ゲームの互換性: MacのOSはWindowsとは異なり、すべてのゲームが対応しているわけではありません。プラットフォームゲームがMacに対応しているか確認することは重要です。
  • システム要件: すべてのMacがすべてのゲームをサポートしているわけではありません。ゲームをプレイするためには、あなたのMacがゲームのシステム要件を満たしているかを確認する必要があります。
  • ゲームプレイと操作性: プラットフォームゲームは操作性が重要な要素となります。ゲームがMacのキーボードやマウス、またはゲームコントローラーと良好に連携しているか確認してください。

Macゲーム「プラットフォーム」に関するよくある質問(FAQ)

Macゲーム「プラットフォーム」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
Macで「プラットフォーム」ゲームはプレイできますか?
A

ゲームがMacに対応しているかどうかは、ゲームの公式ウェブサイトや販売店で確認できます。対応していない場合でも、エミュレーターや特定のソフトウェアを使ってプレイできる場合があります。

Q
「プラットフォーム」ゲームのシステム要件は何ですか?
A

ゲームのシステム要件は、公式ウェブサイトや販売店で確認できます。システム要件には、必要なオペレーティングシステム、CPU速度、メモリ量、空きストレージ容量、グラフィックスカードなどが含まれます。

Q
Macで「プラットフォーム」ゲームの操作性はどうですか?
A

ゲームの操作性はゲームによります。一部のゲームは、Macのキーボードとマウス、またはゲームコントローラーとの連携に特化しています。ゲームのレビューを読んで、他のプレイヤーの経験を参考にすると良いでしょう。

Q
Macで「プラットフォーム」ゲームをプレイするためには何が必要ですか?
A

ゲームをプレイするためには、ゲームがMacに対応していること、Macがゲームのシステム要件を満たしていること、十分なストレージ空間があることが必要です。また、良いゲーム体験のためには、快適なゲーム環境を整えることも重要です。

Q
「プラットフォーム」ゲームがMacで正常に動作しない場合、どうすればいいですか?
A

最初に、Macがゲームのシステム要件を満たしているか確認してください。次に、ゲームの最新アップデートがインストールされているか確認してください。それでも問題が解決しない場合、ゲームのサポートに問い合わせると良いでしょう。

Macゲーム「プラットフォーム」に関する各種SNSの口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Mac ゲーム」と検索できます。

Macゲーム「プラットフォーム」に関して参考になる記事リスト

Macゲーム「プラットフォーム」に関連した当サイトの記事リンクは以下の通りです。

Macアプリに関する記事一覧

mac初心者設定
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「beta 18 flashlight」に関する最新情報です。

    最新のiOS 18デベロッパーベータ版では、Appleが懐中電灯のUIをより楽しくする改良を行いました。iOS 18の公開ベータ版でも利用可能で、新しいデザインは光の幅と明るさを示す曲線を備え、ピーク強度を示す点線の曲線も表示されます。

    https://techcrunch.com/2024/07/16/with-the-latest-ios-18-developer-beta-apple-makes-flashlight-ui-more-fun/

  2. buchikuma-info より:

    「teams macos macos ユーザー」に関する最新情報です。

    セキュリティ企業Malwarebytesが報告したところによると、macOSを標的とした新たなマルウェアキャンペーンが発生しており、Microsoft Teamsの詐欺広告を利用してマルウェア「Atomic Stealer」が配信されている。このキャンペーンは少なくとも数日間続いており、高度なフィルタリング技術が使用されているため検出が難しい。広告はMicrosoft.comを含むURLで表示されているが、実際には関係のない香港の業者が広告主であることが判明している。macOSユーザーは公式サイトからのダウンロードを推奨されている。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2407/17/news061.html

  3. buchikuma-info より:

    「apps users android」に関する最新情報です。

    Googleは、AndroidアプリをPlayストア以外でもプロモーションする計画を進めており、新機能「Collections」がその一環として登場する。この機能では、ユーザーがAndroidホーム画面からアプリを管理できるようになり、既にインストールされているアプリに再度アクセスすることが可能となる。Googleは、この新しい機能を開発者向けのソフトウェア開発キット(SDK)と共に発表し、ユーザーがアプリに戻ってくるよう促す方法を提供している。具体的な例として、リテールアプリではショッピングカートに保存されたアイテムをハイライトして購入を促し、Uber Eatsのようなアプリではユーザーに好きな料理を注文するように誘導するなど、様々なアプリカテゴリーにおいてユーザーの継続的な利用をサポートすることが目指されている。

    https://techcrunch.com/2024/06/28/androids-upcoming-collections-feature-will-drive-users-back-to-their-apps/

  4. buchikuma-info より:

    「開催 2024 expo」に関する最新情報です。

    2024年7月21日に茨城県日立市で開催される『こども赤ちゃんEXPO2024』は、静岡で来場者満足度90%を記録し成功したイベントです。このイベントは子育て中のファミリーに楽しみや正しい情報、繋がりを提供し、子育て支援者同士を繋ぎ業界を盛り上げることを目的としています。イベントでは親子ヨガやベビーマッサージなどの体験ブースや相談ブースが設けられ、正しい情報を提供します。来場は事前予約の3部制で、参加費は無料です。地元企業を含む42社が協賛し、100組様限定の協賛品が用意されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMTEuMDAwMTMxMzM3Lmh0bWzSAQA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「wwdc 24 wwdc 24」に関する最新情報です。

    WWDC24では、新OSの仕様だけでなく、新製品やAI技術「」なども発表された。WWDCは開発者が集まるイベントで、Appleの全従業員と世界中のトップ開発者が1カ所に集まることの意義が強調された。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2406/20/news097.html

  6. buchikuma-info より:

    「apple wwdc 24」に関する最新情報です。

    WWDC24では、Appleの未来が示唆された。基調講演はApple社屋で行われ、開発者が集まる重要なイベントである。過去の経緯や新技術の発表などが行われる中、最新OSの変化が焦点となっている。WWDC24を読み解く5つの視点が示されており、Appleの進化や展望が明らかになっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiVGh0dHBzOi8vbmV3cy5nb28ubmUuanAvYXJ0aWNsZS9pdG1lZGlhX3BjdXNlci90cmVuZC9pdG1lZGlhX3BjdXNlci0yMDI0MDYyMF8wOTcuaHRtbNIBWGh0dHBzOi8vbmV3cy5nb28ubmUuanAvYW1wL2FydGljbGUvaXRtZWRpYV9wY3VzZXIvdHJlbmQvaXRtZWRpYV9wY3VzZXItMjAyNDA2MjBfMDk3Lmh0bWw?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「14 spark spark 14」に関する最新情報です。

    Spark 14は手頃な価格の新しいスマートフォンで、大きな6.8インチのディスプレイやMediaTek Helio G91-Ultraプロセッサー、108MPメインカメラなどの魅力的な機能を備えています。さらに、大容量バッテリーや急速充電、5G接続、Corning Gorilla Glass保護、ゲーミングモード、NFC機能なども搭載されています。価格は手頃で、6月30日までの期間限定割引も適用されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMi8gFodHRwczovL3NtYXJ0cGhvbmVtYWdhemluZS5ubC9qYS8yMDI0LzA2LzE3LyVFNiU5NiVCMCVFMyU4MSU5NyVFMyU4MSU4NHNwYXJrLTE0JUUzJTgyJTkyJUUzJTgxJTk0JUU3JUI0JUI5JUU0JUJCJThCJUVGJUJDJTlBJUU0JUJBJTg4JUU3JUFFJTk3JUUzJTgxJUFCJUUzJTgyJTg0JUUzJTgxJTk1JUUzJTgxJTk3JUUzJTgxJTg0JUUzJTgyJUI5JUUzJTgzJTlFJUUzJTgzJUJDJUUzJTgzJTg4JUUzJTgzJTk1JUUzJTgyJUE5L9IBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「search apple spotlight」に関する最新情報です。

    iOS 18では、AppleのSpotlight Searchが自然言語クエリにおける検索機能を向上させています。Spotlight Searchは、アプリ内のコンテンツを自然言語で検索しやすくするための新機能を導入し、開発者がSpotlight経由でコンテンツを寄付できるようになりました。これにより、ユーザーはアプリ内のコンテンツをより簡単に検索できるようになり、Siriもアプリのコンテンツをより理解しやすくなります。

    https://techcrunch.com/2024/06/13/apples-spotlight-search-gets-better-at-natural-language-queries-in-ios-18/

  9. buchikuma-info より:

    「apple 2024 wwdc」に関する最新情報です。

    AppleはWWDC 2024の基調講演で、iOS、iPadOS、macOS、VisionOSのアップデートやApple Intelligenceの導入など、多くの新機能やアップデートを発表しました。TechCrunchチームがApple WWDC 2024基調講演からの最大のニュースを簡単にまとめています。

    https://techcrunch.com/2024/06/13/everything-apple-announced-wwdc-2024/

  10. buchikuma-info より:

    「apple 2024 wwdc」に関する最新情報です。

    2024年のWWDCキーノートでAppleが発表した内容には、Apple IntelligenceやSiriのメイクオーバーなどが含まれていました。AIの進化や機能のリフレッシュが注目され、TechCrunchチームがその概要をまとめています。AppleはAIに重点を置き、Siri、Genmoji、ChatGPTの統合、写真編集など幅広いニュースを発表しました。

    https://techcrunch.com/2024/06/12/everything-apple-announced-wwdc-2024/

  11. buchikuma-info より:

    「apple 2024 wwdc」に関する最新情報です。

    2024年のWWDCキーノートでAppleが発表した内容には、Apple IntelligenceやSiriのメイクオーバーなどが含まれていました。AIの進化が焦点となり、Siri、Genmoji、ChatGPT統合、写真編集などのさまざまなニュースが発表されました。TechCrunchチームがこれらの重要なニュースを簡単にまとめています。

    https://techcrunch.com/2024/06/11/everything-apple-announced-wwdc-2024/

  12. buchikuma-info より:

    「ゴール freek freek games」に関する最新情報です。

    I-FREEK GAMESが自社開発のパズルゲーム「ナンバーズゴール」のiOS版を2024年6月10日にリリースしました。このゲームは数字をマッチさせながらゴールの数字を目指すマッチパズルゲームで、50以上のステージがあり、子供から大人まで楽しめる内容となっています。会社概要では、I-FREEK GAMESがゲーム開発に特化し、e-Sports事業やSES事業も展開していることが紹介されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000234.000019796.html

  13. buchikuma-info より:

    「apple 2024 wwdc」に関する最新情報です。

    AppleがWWDC 2024で発表したwatchOSの新機能まとめによると、Apple Watchに搭載されたwatchOS 11では、Training Loadという新機能が利用できることが紹介されています。また、watchOSの最新アップデートにより、さらに多くの新機能がユーザーの手首にもたらされるとのことです。

    https://www.lifehacker.jp/article/2406-every-new-feature-apple-revealed-for-watchos-11-during-wwdc-2024/

  14. buchikuma-info より:

    「24 wwdc wwdc 24」に関する最新情報です。

    AppleがOpenAIと業務提携し、Apple製品にChatGPTが搭載されることが発表された。ChatGPTは無料で利用可能で、iPhoneやMacのSiri、文章作成アプリに導入される。これにより、PagesアプリからChatGPTにアクセスして物語を作成するなど、新たな機能が提供される。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNi9ncHQ0LW8tYXBwbGUuaHRtbNIBAA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「apple ai wwdc」に関する最新情報です。

    2024年のAppleの開発者向け年次会議「WWDC24」では、iOS 18/iPadOS 18やmacOS 15の発表が予定されており、特にAI機能が注目されています。新しいAIシステム「Apple Intelligence」が導入される見込みで、主な機能はSafariでの記事やメモの要約、通知のキャッチアップ、ボイスメモの自動文字起こしなどが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSWh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyNDA2MTAtYXBwbGUtd3dkYzI0LWludGVsaWdlbmNlLWV4cGVjdGF0aW9ucy_SAQA?oc=5

  16. buchikuma-info より:

    「wwdc apple ライブ」に関する最新情報です。

    Appleは深夜26時に開催されるWWDC24で、新機能やAIに関する発表が予定されています。基調講演はApple公式ウェブサイト、Apple TVアプリ、YouTubeのApple公式アカウントでライブ配信されるので、興味がある方はそれらを利用することができます。また、ギズモードではAIについての解説ライブも行われる予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8vd3d3Lmdpem1vZG8uanAvMjAyNC8wNi93d2RjMjRfYW5ub3VuY2UuaHRtbNIBAA?oc=5

  17. buchikuma-info より:

    「ai wwdc 15」に関する最新情報です。

    2024年のWWDCでは、Appleが生成AI計画を明らかにすることを期待している。昨年のWWDCがVision Proを紹介したイベントとして記憶される一方、今年のイベントでは生成AI計画が重要なポイントとなる見込み。AppleはAIに関する重要性を強調し、前月には独立した仮想iPadイベントを開催したが、AIはそれほど注目されなかった。しかし、GPTやGoogleのGemini統合などのモデルに対するファンファーレを考えると、Appleは今週AIに関して大きな動きを見せる必要がある。

    https://techcrunch.com/2024/06/04/what-to-expect-from-wwdc-2024-ios-18-macos-15-and-so-much-ai/

  18. buchikuma-info より:

    「ai wwdc 15」に関する最新情報です。

    2024年のWWDCでは、Appleが生成AI計画を明らかにすることを期待している。昨年のWWDCがVision Proを紹介したイベントとして記憶されたように、今年のイベントでもAI計画が重要な役割を果たす見込み。Appleは先月独立した仮想iPadイベントを開催し、AIが主要な役割を果たさなかったことに多くの人が不満を抱いている。そのため、AppleはAIに関する計画を明確に示すことが求められている。

    https://techcrunch.com/2024/06/04/what-to-expect-from-wwdc-2024-ios-18-macos-15-and-so-much-ai/

  19. buchikuma-info より:

    「24 wwdc wwdc 24」に関する最新情報です。

    Apple Musicは、WWDC24に向けて夏のサウンドを集めたプレイリスト「WWDC24 Hello」を公開しました。このプレイリストには、サブリナ・カーペンターやドミニク・ファイクなど、20曲の楽曲が収録されています。Apple Musicは、このプレイリストを通じて今年最大のデベロッパ向けイベントに向けて準備を促しています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgxMDk2L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTgxMDk2L2FtcC8?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「wwdc ai 24」に関する最新情報です。

    アップルは、開発者会議「WWDC24」の基調講演を6月11日午前2時に開催する。WWDC24では、次期「iOS」や「macOS」「iPadOS」「visionOS」などのアップデートが期待されており、特に生成型の人工知能(AI)に関する発表が注目されている。Appleは生成AIの開発で競合他社に劣っているイメージがあり、その改善が急務とされている。新型iPad Proの発表に合わせてAIの処理能力を高めた新型プロセッサ「M4」を発表したが、WWDCではソフトウェア面での生成AI活用が注目される。

    https://japan.cnet.com/article/35219418/

  21. buchikuma-info より:

    「apple 10 wwdc」に関する最新情報です。

    Appleは6月10日から14日に開催される開発者向けイベント「WWDC2024」で、最新のiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS、visionOSに関する基調講演を行う。イベントは5日間に渡り開催され、セッションはAppleのWebサイトやアプリ、YouTubeで配信される。注目のテーマは生成AIになるかもしれない。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2405/29/news139.html

  22. buchikuma-info より:

    「epic epic games games」に関する最新情報です。

    2020年に始まったEpic GamesとApple、Googleの法廷闘争において、Epic GamesはAppleに敗北しましたが、Googleには勝利を収めました。裁判の現状やEpic Gamesの目的については詳細が説明されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vd3d3LjRnYW1lci5uZXQvZ2FtZXMvMDM2L0cwMDM2OTEvMjAyNDA1MTMwMjYv0gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「users google iphone」に関する最新情報です。

    Googleは、iPhoneユーザー向けに「Circle to Search」のバリエーションを導入しました。この新しいインタラクションは、Androidユーザーが画面上のどこからでも円を描いたり、ハイライトしたり、書き込んだり、タップしたりしてGoogle検索を行えるようにし、どんな画面からでもGoogle検索に簡単にアクセスできるようになりました。これは、iOSではGoogleがAndroidと同様にオペレーティングシステムを制御していないため、iPhoneユーザーには利用できなかったオプションです。この問題を解決するため、GoogleはiPhone 15 Proデバイスでの視覚検索を可能にするショートカットを導入しました。これにより、ボタンを押すだけで画面上の任意のものを視覚的に検索できるようになりました。

    https://techcrunch.com/2024/05/08/google-brings-a-variation-on-circle-to-search-to-iphone-users/

  24. buchikuma-info より:

    「french brew presses」に関する最新情報です。

    タイトル: 低ストレスな朝のブリューに最適なフレンチプレス
    ヘッディング: 低ストレスな朝のブリューに最適なフレンチプレス、Bodum Chambord、Fellow Clara、Oxo Brew Venture、Mueller French Press、Get WIRED
    テーマ1 オリジナルテキスト:
    2024年5月6日午前8時、低ストレスな朝のブリューに最適なフレンチプレス。控えめなフレンチプレスは手頃な価格で効果的で、失敗しにくい。ここでは、朝のコーヒーカップを作るためのお気に入りを紹介します。この記事のリンクを使用して何かを購入すると、私たちは手数料を得ることがあります。これは私たちのジャーナリズムをサポートするのに役立ちます。この記事で紹介されているものBodum ChambordFellow ClaraOxo Brew VentureMueller French Press4/5はコーヒーを淹れるための控えめな機器です。電気を必要とせず、専門家たちはより豊かでフルボディのコーヒーを淹れることができると一致しています。例えば、ドリップコーヒーメーカーでろ過されるはずの天然オイルは完全に残り、コーヒーを芳醇で力強くします。コーヒーを淹れるフレンチプレスの方法は簡単で、コスト効果があり、使いやすく、失敗しにくいです。また、カウンタースペースをあまり取りません。

    https://www.wired.com/gallery/best-french-presses/

  25. buchikuma-info より:

    「threads users controls」に関する最新情報です。

    Threadsは、ユーザーが自分の投稿を引用できる人を制御する機能を導入した。これにより、他の人が自分の投稿を引用して批判することを防ぐことができる。この機能は、返信を制限する機能に続くものであり、ユーザーは会話を「誰でも」に開放するか、「フォローしているプロフィール」または「メンションされたユーザーのみ」に制限することができる。これにより、他者を批判するために引用することが難しくなる。デスクトップWebブラウザではまだ表示されていないが、モバイルアプリでは利用可能である。

    https://techcrunch.com/2024/05/04/farewell-dunks-threads-launches-quote-controls-for-all-users/

  26. buchikuma-info より:

    「children biden biden desk」に関する最新情報です。

    失踪や搾取された子どもたちのための国立ホットラインを強化する法案がバイデン大統領の机に向かって進んでいます。この法案は、オンライン性的搾取から子どもたちを守ることを目的としており、オンラインサービスプロバイダーが児童性虐待資料を検知した場合、プラットフォームはそれをCyberTiplineに報告することが法的に義務付けられます。その後、NCMECが警察と協力して犯罪を調査します。

    https://techcrunch.com/2024/04/30/a-bill-strengthening-ncmecs-cybertipline-heads-to-the-presidents-desk/

  27. buchikuma-info より:

    「epic eu epic games」に関する最新情報です。

    Epic Gamesは、EUがiPadOSをDMAの下で「ゲートキーパー」と呼んだ後、iPad向けにFortniteを提供すると発表しました。EUの決定に賛成し、iPadにもFortniteを提供する準備を進めていると述べています。これにより、AppleはEpic GamesのGame Storeなどの代替アプリストアと競争する必要があります。

    https://techcrunch.com/2024/04/29/epic-games-says-it-will-bring-fortnite-to-ipad-after-eu-dubs-ipados-a-gatekeeper-under-dma/

  28. buchikuma-info より:

    「users train community」に関する最新情報です。

    写真共有コミュニティEyeEmは、ユーザーの写真をAIモデルのトレーニングに利用するためにライセンスを取得することを通知しました。ユーザーは30日以内にコンテンツを削除してオプトアウトすることができますが、そうしない場合はこの使用に同意したことになります。

    https://techcrunch.com/2024/04/26/photo-sharing-community-eyeem-will-license-users-photos-to-train-ai-if-they-dont-delete-them/

  29. buchikuma-info より:

    「ゲーム エミュレータ 配信」に関する最新情報です。

    任天堂ゲーム機エミュレータアプリ「Delta」がApp Storeのダウンロードランキングでトップに立ち、30カ国以上で1位を獲得している。Appleはこれまでエミュレータの配信を禁じていたが、4月にガイドラインを変更し、「Delta」の配信を正式に許可した。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOWh0dHBzOi8vd3d3LmdhbWVidXNpbmVzcy5qcC9hcnRpY2xlLzIwMjQvMDQvMjIvMjI5ODcuaHRtbNIBAA?oc=5

  30. buchikuma-info より:

    「エミュレータ アプリ app」に関する最新情報です。

    App Storeがゲームエミュレータアプリの掲載を許可し、任天堂のゲームをプレイする人気のエミュレータが登場したがすぐに取り下げられた。別のファミリーコンピュータのエミュレータも同様に削除された。ROMファイルの著作権について議論があり、合法的な入手方法が問題となっている。現在、最も注目されているエミュレータアプリ「Delta」はApp Storeには掲載されておらず、EU域内でのみダウンロード可能となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4ODQ2L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4ODQ2L2FtcC8?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「apple カメラ apple tv」に関する最新情報です。

    アップルのセットトップボックス「Apple TV」は、将来的にはカメラが内蔵され、iPhoneなしでFaceTimeビデオ会議が可能になる可能性がある。BloombergのMark Gurman氏によると、アップル内部では新型Apple TVに「FaceTimeビデオ会議のための内蔵カメラとジェスチャーベースの制御」を検討しているが、詳細はまだ明らかにされていない。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8vZ2V0bmF2aS5qcC9kaWdpdGFsLzk1MzMzMC_SAQA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「game mobile controllers」に関する最新情報です。

    この記事では、最高のモバイルゲームコントローラーについて紹介されています。8BitDo Pro 2、GuliKit KK3 Max、Backbone One、GameSir G8 Galileoなどのコントローラーが紹介されており、各製品の特徴や性能が比較されています。WIREDの1年間の購読特典も紹介されています。

    https://www.wired.com/gallery/best-mobile-game-controllers-for-iphone-android/

  33. buchikuma-info より:

    「メールアドレス apple apple id」に関する最新情報です。

    iPhoneでApple IDのメールアドレスを変更する方法について、Apple IDとして使用しているメールアドレスを変更する際には、連絡先情報や購入済みコンテンツなどが引き続き利用できる。古いメールアドレスが使えなくなった場合は変更が可能であり、新しいメールアドレスを関連付けたApple IDを作成しても変更できるが、元のアカウント情報は引き続き使用できなくなる。変更前には新しいメールアドレスの準備やOSのアップデート、データのバックアップ、Apple IDを使用している全てのサービスとデバイスからサインアウトすることが推奨されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNzU4ODQ4L9IBAA?oc=5

  34. buchikuma-info より:

    「壁紙 24 wwdc」に関する最新情報です。

    2024年4月1日、AR7氏がWWDC24のロゴをモチーフにした壁紙を制作公開しました。iPhone用の壁紙は4種類、Apple Watch用の壁紙は2種類あり、それぞれの解像度も記載されています。WWDC24ではiOS18、iPadOS18、watchOS11、macOS 15、tvOS18、visionOS2が発表される見通しで、新機能に期待が高まっています。制作公開された壁紙は、iPhone対応版が4種類、Apple Watch対応版が2種類あります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4MjQ0L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4MjQ0L2FtcC8?oc=5

  35. buchikuma-info より:

    「ai wwdc 期待」に関する最新情報です。

    2024年のWorldwide Developers Conference(WWDC)が6月10~14日に開催される。Appleは次期「iOS」や「macOS」「iPadOS」「visionOS」などのアップデート、生成型の人工知能(AI)に関する発表が期待されており、新たなAI機能を搭載する可能性もある。競合他社もAI機能を強調しており、Appleが生成AIを搭載することで期待が高まっている。WWDCはオンラインで開催されるが、初日にはApple Parkで対面のイベントも予定されている。

    https://japan.cnet.com/article/35216965/

  36. buchikuma-info より:

    「24 wwdc wwdc 24」に関する最新情報です。

    Appleは2024年6月10日から14日までオンラインで開催される開発者向けイベント「WWDC24」で、最新のiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS、visionOSに関する発表を行う予定です。さらに、生成AIに関する戦略も発表される可能性があり、AppleがAIを活用したサービスを提供する方針を示しています。他社の取り組みに続き、Appleの生成AIに関する動向が注目されています。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2403/27/news131.html

  37. buchikuma-info より:

    「apple eu meta」に関する最新情報です。

    EUは、新しいテック法の下でApple、Meta、Alphabetを調査対象として指定し、これに関する初の公式調査が行われている。EUは、これらのテック企業が競争を妨げていないかどうかの証拠提出を求めており、DMAに違反していると判断すれば、重い罰金が科せられる可能性がある。Appleは、開発者がApp Storeから自社のウェブサイトにリンクする際の制限や、写真やiCloudなどのデフォルトのアプリを第三者の代替品に置き換える難しさに焦点を当てられている。また、MetaとAlphabetも調査対象となっており、それぞれのビジネスモデルについて検証が行われる予定。

    https://www.wired.com/story/apple-meta-alphabet-eu-digital-markets-act/

  38. buchikuma-info より:

    「stera stera terminal terminal」に関する最新情報です。

    ネットスターズと三井住友カードが、決済端末「stera terminal unit」「stera terminal mobile」のQRコード決済ゲートウェイとして採用し、アクワイアリング協業を促進することを発表。これにより、コード決済の加盟店拡大を図り、新たなサービスの提供を目指す。決済プラットフォーム「stera」は、GMOペイメントゲートウェイとビザ・ワールドワイド・ジャパンとの協働で構築された事業者向け決済プラットフォームである。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000101.000019526.html

  39. buchikuma-info より:

    「games apps pro」に関する最新情報です。

    AppleのVision Proが登場しました。この新しいAR/VRヘッドセットには、様々な独立系開発者によるアプリやゲームが提供されています。空間パズルゲームや3Dでインテリアデザインプロジェクトを表示するアプリなど、さまざまな楽しいアプリが登場しています。例えば、Soul SpireやBlackboxなどがあり、これらのアプリはVision Proで利用可能です。

    https://techcrunch.com/2024/03/22/apple-vision-pro-apps/

  40. buchikuma-info より:

    「やる 導入 erp」に関する最新情報です。

    ERP導入の進め方には「ビッグバン・アプローチ」と「段階的アプローチ」があり、それぞれメリットとデメリットがある。プロジェクトリーダーは慎重に評価し、組織のニーズや予算、スケジュール、リソースを考慮して適切な導入アプローチを選択する必要がある。ERP導入の成功にはプランニングが重要であり、プロジェクトチームや関係者との協議も欠かせない。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2403/21/news067.html

  41. buchikuma-info より:

    「epic games epic games」に関する最新情報です。

    Epic Gamesは、2024年後半にスマートフォン向けEpic Games Storeを提供することを発表し、その中には「フォートナイト」も再び配信される可能性がある。以前はiOSとAndroid向けに配信されていたが、Appleとの問題で一時的に配信停止となっていた。現在はAndroid版が公式サイトで配信されており、iOS端末ではクラウドゲーミングサービスを通じて遊ぶことができる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiM2h0dHBzOi8vd3d3Lm1vZ3VyYXZyLmNvbS9lcGljLWdhbWVzLXN0b3JlLWZvcnRuaXRlL9IBAA?oc=5

  42. buchikuma-info より:

    「threads trending users」に関する最新情報です。

    InstagramのTwitter風アプリであるThreadsが、全米のユーザーにトレンドトピックスを提供する機能を広く展開している。これにより、リアルタイムのコミュニティ感が向上し、ユーザーは自身のフィード以外で何について話題があるのかを把握できるようになる。

    https://techcrunch.com/2024/03/19/threads-trending-topics-all-users-us/

  43. buchikuma-info より:

    「users complaining shadowbanning」に関する最新情報です。

    Xユーザーは、Elon Musk所有のX(以前のTwitter)を利用しているにもかかわらず、プラットフォームが「シャドウバンニング」を行っていると不満を述べています。これは、アカウントに一時的なラベルを適用して投稿の可視性を制限することで、コンテンツの到達範囲を制限するものであり、なぜ制裁が課されたのかについて明確な説明を提供していないとしています。ユーザーは、不明確で救済措置を求める手段がないままに任意のアカウント制限が課されていることに関するコンテンツモデレーションの問題について不満を述べています。

    https://techcrunch.com/2024/03/18/x-shadowban-complaints/

  44. buchikuma-info より:

    「ワイン シミ ワイン シミ」に関する最新情報です。

    ワインのシミを落とす方法として、塩とお湯を使用する簡単な方法が紹介されています。記事では、ワインのシミがなかなか落ちない場合に有効な方法として、塩をシミにかけてお湯をかけて洗濯することを提案しています。この方法は手軽で専用の洗剤を使用する必要がないため、家庭で簡単に試すことができます。ただし、時間が経つほどシミが落ちにくくなるため、早めの対応が重要とされています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65f7afc0e4b030e8357a7d88

  45. buchikuma-info より:

    「ナル 変身 steam」に関する最新情報です。

    もふもふ探索アクションゲーム『ナルもふ!』がSteam向けに発表された。可愛い男の子ナルが変身能力を使い、世界を巡る冒険が描かれる。ナルは天界を目指し、個性的な獣人たちとの出会いや強敵との戦いが待ち受ける。探索とバトルが特徴で、可愛らしいキャラクターや新たな変身能力も登場する。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240313-285737/

  46. buchikuma-info より:

    「発表 wwdc 24」に関する最新情報です。

    2024年の世界開発者会議(WWDC24)の開催日は、3月26日か4月2日に発表される可能性が高い。新OSや新型Mac Pro、Mac Studioの発表も予想されており、AI機能の強化や新製品の搭載が期待されている。過去10年間の開催日からの予想も含めて、情報がリークされている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MTMyL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc3MTMyL2FtcC8?oc=5

  47. buchikuma-info より:

    「epic apple dma」に関する最新情報です。

    Appleは欧州委員会の勧告に従い、Epic Gamesの開発者アカウントを復活させることを決定した。Epic Gamesはこれを大きな勝利と捉えており、EU圏内でEpic Games Storeを展開し、iOS向けに「フォートナイト」を復帰させる計画を進めるとしている。欧州委員会のティエリー・ブルトン委員も、Appleの決定に満足しており、DMAの成果を具体的に示していると述べている。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2403/09/news067.html

タイトルとURLをコピーしました