PR

Game Porting Toolkitを使えばWindowsゲームがAppleシリコンでもいけそう

スポンサーリンク

M1Mac登場時にパソコンが壊れたので、Appleシリコン搭載Macbookを利用しているのですが、せっかくiOSアプリが起動できるのにディベロッパーは許可してくれないし、WindowsならプレイできるゲームがMacだとプレイできないという障壁がさらに高まってしまったことを嘆いています。

先日、WWDCにおいて「Game Porting Toolkit」について発表がありました。簡単に言えば、WineというMacでWindowsアプリを動かすソフトウェアをAppleが改良したものみたいな感じです。

しろくま
しろくま

これは、M1Mac(Appleシリコン)でWindowsでしかできないゲームができるようになるチャンス?

というわけで、早速人柱になってこようと思います。

Macゲームでおすすめのプラットフォームに関する記事をまとめたいと思います。読者が飽きずに内容がわかるような導入文を300文字程度で作成してください。

3行でわかる「Macゲームのプラットフォーム」
  • ゲームの互換性:Macにプラットフォームがあっても、ゲームが対応しているとは限らない
  • システム要件:Macがシステム要件を満たしていても、ゲームができるとは限らない
  • ゲームプレイと操作性:Macがハイスペックでも、実行環境が整いにくいので操作性はイマイチということもある

スポンサーリンク

基礎知識、AppleシリコンMacでゲームをプレイする

M1MacでiOSゲームをプレイするぞ、という記事は何個か書きました。

Mac OS Big SurでiOS アプリはできるのか
「M1」Appleシリコン搭載機のデビューとともに、MacOSX「Big Sur」で対応機はiOSアプリを起動できるようになりました。想定するのはゲームですが、有料アプリなども利用できると幅広く利用できそうです。

書いた後に色々対策をされたために、今ではAppStoreでディベロッパーが許可したアプリしかプレイできません。

バグとチート対策を考えるとコスパ悪くなると思ってなかなか日本の大手ディベロッパーは許可を出してくれません。

そもそもAppleシリコンとは

AppleのM1チップは、2020年にAppleが発表した最初の自社製シリコンチップで、それまでのIntelチップを置き換える目的で設計されました。M1は8コアCPUと最大8コアGPUを持つ統合型システムオンチップ(SoC)であり、16コアのNeural Engineを含む。Appleはこれを「世界で最も先進的なパーソナルコンピュータチップ」と称しています。

M1チップは、その高速なパフォーマンスとエネルギー効率の高さで高い評価を受けています。このパワフルさと効率性は、特に複数のアプリケーションを同時に動かすマルチタスクの状況や、リソースを大量に消費する高度なグラフィックタスクにおいて顕著です。そのため、一部のMacユーザーは、以前よりもはるかにスムーズなパフォーマンスを体験しています。

ゲームはプレイできるの?

M1 Macでゲームをプレイすることについて話すと、そのパフォーマンスは非常に優れています。ただし、全てのゲームがM1 Macに対応しているわけではありません。M1チップはARMベースのアーキテクチャを採用していますが、多くのゲームはまだIntel x86アーキテクチャに最適化されています。Appleはこの問題を解決するために、IntelアプリをARMアーキテクチャに動的に変換する「Rosetta 2」を提供しています。しかし、これによりパフォーマンスが若干低下する可能性もあります。

一方で、AppleのApp StoreやApple Arcadeは、M1 Macで最適に動作するゲームを提供しています。また、ゲーム開発者も徐々にARMアーキテクチャに最適化したゲームをリリースしています。

M1 Macでのゲーム体験は大いに改善されてきており、将来的にはより多くのゲームが最適化され、M1チップのフルパワーを引き出すことが期待できます。しかし、今の段階では、ゲーム選択の範囲が若干制限される可能性があります。特定のゲームをプレイしたい場合、互換性を確認することをお勧めします。

Windowsは利用できるの?

MacはMacOSで起動している上に、パソコンがものを考えるために使用する回路がWindowsとは異なるため、Windowsを使用することはできません。

ただ、MacにWindowsを起動できる仮想空間(Macで使用できるように翻訳してくれる場所)を用意することで、MacでもWindowsを利用することができます。

有名なところでは、Parallels Desktopです。ざっくりとした使い方だけ載せておきます。

準備編
  1. Parallels Desktopをダウンロードする: 公式サイトまたはAmazonなどから最新版の「Parallels Desktop 18 for Mac」を入手します。新規ライセンス、または14日間の無償トライアルを利用することができます。
  2. Parallels Desktopをインストールする: ダウンロードしたファイルを開き、「Parallels Desktopのインストール」をダブルクリックします。インストールが始まると、画面の指示に従い操作を進めます。また、使用許諾契約が表示されるので、内容を一読して「同意する」をクリックします。その後、「デスクトップ」「書類」「ダウンロード」の各フォルダへのアクセスを許可する必要があります。
  3. Windows 11をインストールする: Parallels Desktopのインストールが完了したら、「インストールアシスタント」画面から「MicrosoftからWindows 11を入手」をクリックします。その後、Windows 11の初期セットアップを進めます。この際、カメラやマイクのアクセスを許可する必要があるかもしれません。
  4. Parallelsアカウントの登録: 仮想マシンの利用を開始する際には、Parallelsアカウントの登録とサインインが必要です。新規ユーザーの場合はメールアドレスによる登録が可能で、Apple IDやGoogleアカウントなどのシングルサインオンにも対応しています。
  5. 製品のアクティベート: トライアル期間が終了した後は、ライセンスを購入して製品をアクティベートします。
  6. Windows 11のライセンス認証を行う: Windows 11は有償のため、ライセンスコードの購入と認証が必要です。Microsoftストアから直接ライセンスコードを購入するのが一番簡単です。ただし、AppleシリコンMacで使えるのは、Windows 11 ProかWindows 11 Enterpriseのいずれかです。
カスタマイズする


以下に仮想マシンのカスタマイズの方法と推奨事項をまとめます:

  1. 仮想マシンの構成を確認・変更するには、まずParallels Desktopの「処理」メニューから「ストップ」を選択し、Windows 11のシステムを一時停止します。その後、「処理」メニューの「構成」または「コントロールセンター」から設定画面を表示します。
  2. 初期設定では、インストールしたMacのスペックに応じて自動的にCPUコア数やメモリの割り当て量が設定されます。例えば、8コアCPUと8GBメモリを搭載したM1チップのMacBook Airでは、仮想マシンにはCPUが4コア、メモリは6GB割り当てられます。この設定では、ブラウジングや表計算などの一般的な用途には適しています。
  3. ただし、割り当てられた6GBのメモリの内、3GBはグラフィックスに用いられるため、実質的なメモリは3GBとなります。特に3Dを多用するゲームなどを動かすには、この設定では厳しいかもしれません。
  4. そのため、仮想マシンを快適に利用するには、16GBのメモリを搭載したMacがおすすめです。余裕のあるスペックであれば、「自動」から「手動」に設定を切り替え、作業に合わせて割り当て量を調整することが可能です。

Game Porting Toolkitについて

この部分を書くためにこの記事書いてます。

2023年WWDCにて発表

この「Game Porting Toolkit」のアップデートについての情報は、M1 Macでゲームをプレイする際の見通しをより良くするものですね。

このツールがAppleのM1チップ、特にM1 MaxとM2 Ultraに対応したMacにおけるゲームパフォーマンスを大幅に向上させると報告されています。WindowsゲームをMacに移植するための手間を大幅に減らすこのツールは、開発者にとって大きな助けとなります。特に、DirectX 12をリアルタイムでMetal 3に変換できる能力は、パフォーマンスとグラフィクスの質の両方を向上させる可能性があります。

このツールの存在は、ゲーム開発者がARMベースのMacにゲームを移植する際の障壁を大幅に下げ、より多くのゲームがMacでもプレイ可能になる可能性を示しています。そして、これらのゲームはM1チップの強力なパフォーマンスをフルに活用することができます。

具体的なパフォーマンス改善についても報告されており、それによれば「エルデンリング」のフレームレートがM1 Maxチップを搭載したMacで26fpsから32fpsに、そして「サイバーパンク2077」の平均フレームレートがM2 Ultra Macで8fpsから18fpsに向上したとのことです。これは、特にリソースを大量に消費するゲームにおいて大きな改善であり、ゲーム体験の質を高めることができます。

このツールの存在とアップデートは、AppleのM1チップを搭載したMacでのゲーム体験を大きく進化させる可能性があることを示しています。ゲーム開発者とエンドユーザーの両方にとって、これは非常に興奮するニュースと言えるでしょう。

Game Porting Toolkitの使い方

  1. まず、無料のApple Developerアカウントにログインします。通常の詳細を入力して、利用規約に同意します。
  2. macOS Sonomaがインストールされていることを確認します。新しいバージョンはまだベータ版ですが、ベータ版のソフトウェアをMacデバイスで実行することに問題がないことを確認します。
  3. Apple Developerのウェブサイトから必要なソフトウェアをダウンロードします。必要なソフトウェアは「Command Line Tools for Xcode 15 beta」と「Game Porting Toolkit beta」です。
  4. ダウンロードした後、Game Porting Toolkitをダブルクリックしてマウントします。次にいくつかのソフトウェアをインストールするためにこれが必要です。
  5. Spotlightメニューを開き、Terminalを検索します。
  6. Terminalを開いたら、以下のコマンドを実行してRosetta 2を更新します。
softwareupdate –install-rosetta
  1. 次に、以下のコマンドを実行して「shell」を起動し、Rosettaも有効にします。
bash

arch -x86_64 zsh
  1. Homebrewをインストールします。これはパッケージマネージャで、多くの重い作業を自動化してくれます。以下のコマンドを実行します。
bash

/bin/bash -c “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)”
  1. 次に、以下のコマンドを実行してHomebrewにファイルをインストールする場所を指示します。
bash

(echo; echo ‘eval “$(/usr/local/bin/brew shellenv)”‘) >> /Users/$USER/.zprofileeval “$(/usr/local/bin/brew shellenv)”
  1. AppleのGithubリポジトリから必要なものをインストールします。以下のコマンドを実行します。
bashCopy codebrew tap apple/apple http://github.com/apple/homebrew-apple
  1. すべてが整ったら、Game Porting Kitをインストールします。以下のコマンドを実行します。
bash

brew -v install apple/apple/game-porting-toolkit

このプロセスは時間がかかる可能性があります。

  1. ゲームをインストールするための準備をします。以下のコマンドを実行します。
bash

ditto /Volumes/Game\ Porting\ Toolkit-1.0/lib/ `brew –prefix game-porting-toolkit`/lib/
cp /Volumes/Game\ Porting\ Toolkit*/gameportingtoolkit* /usr/local/bin
  1. Game Porting Kitのセットアップを開始します。SteamやBattle.netなどのファイルを設定するには、以下のコマンドを使用します。
bash
WINEPREFIX=~/my-game-prefix `brew –prefix game-porting-toolkit`/bin/wine64 winecfg
  1. SteamやBattle.netをインストールするには、Windowsのインストールファイルを取得し、適切な場所に配置します。ダウンロードフォルダに配置した場合、以下のようにSteam.exeファイルを起動します。
javascript 
gameportingtoolkit ~/steam ~/Downloads/SteamSetup.exe
  1. これでSteamを起動できます。以下のコマンドを実行します。
bash
gameportingtoolkit ~/steam ‘C:\Program Files (x86)/Steam/steam.exe’

以上が、AppleのGame Porting Toolkitを使用してWindowsのゲームをmacOSでプレイするための基本的な手順です。しかし、これは開発者向けのツールであり、一部の高度なゲームでは期待するようなパフォーマンスを得られない可能性があることを理解しておくことが重要です。

詳細な下準備の手順

以下のサイトを参考にしています。

Game Porting Toolkit - Gaming on M1 Apple silicon Macs and MacBooks, bugs, fixes, compatiblity and troubleshooting guides - AppleGamingWiki
  1. macOS Sonoma (現在ベータ版) を使用することを推奨します。macOS Venturaは、steamwebhelper.exeのクラッシュという大量の問題を引き起こすため、推奨されていません。
  2. Apple Developer Downloadsサイトにアクセスします。これらのファイルは、ログインしたAppleアカウントを持っていれば誰でも無料でダウンロードできます。
  3. Command Line Tools for Xcode 15 betaを検索し、dmgファイルをダウンロードしてからインストールします。
  4. 古いバージョンのXcodeがインストールされている場合は、それを削除します。
  5. Game Porting Toolkitを検索し、ダウンロードします。dmgファイルを開き、pkgを実行します。
  6. 以前にHomebrewをインストールしたことがある場合は、ARM64のHomebrewを削除することが推奨されています。Homebrewのアンインストールスクリプトを使用するか、/opt/homebrew/bin フォルダを削除します。
  7. ターミナルを開き、以下のコマンドでRosettaをインストールします:

    css

    softwareupdate --install-rosetta
  8. 次に、以下のコマンドでx86_64のシェルに入り、以降のステップをRosetta環境内で実行します:

    bash

    arch -x86_64 zsh
  9. もしまだx86_64バージョンのHomebrewをインストールしていない場合は、以下のコマンドでインストールします:

    bash

    /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
  10. 次に、以下のコマンドでパスを設定します:

    bash

    (echo; echo 'eval "$(/usr/local/bin/brew shellenv)"') >> /Users/$USER/.zprofile eval "$(/usr/local/bin/brew shellenv)"
  11. そして、以下のコマンドでbrewコマンドがパスに存在することを確認します:bashCopy codewhich brew このコマンドが/usr/local/bin/brewを出力しない場合は、以下のコマンドを使用します:

    bash

    export PATH=/usr/local/bin:${PATH}
  12. Appleのタップをダウンロードするために以下のコマンドを実行します:

    bash

    brew tap apple/apple http://github.com/apple/homebrew-apple
  13. 次に、game-porting-toolkitのフォーミュラをインストールします。このフォーミュラは、いくつかの大きなソフトウェアプロジェクトをダウンロードしてコンパイルします。このプロセスの所要時間は、コンピュータの速度によります。Macの速度によりますが、1時間以上かかることもあります:

    bash

    brew -v install apple/apple/game-porting-toolkit
  14. もし、インストール中に「Error: game-porting-toolkit: unknown or unsupported macOS version: :dunno」のようなエラーが表示された場合、HomebrewのバージョンがmacOS Sonomaをサポートしていない可能性があります。その場合は、Homebrewを最新バージョンに更新し、再度試してみてください:

    bash

    brew update ; brew -v install apple/apple/game-porting-toolkit
  15. 次に、以下のコマンドを実行して、Game Porting Toolkitが最新バージョンであることを確認します:

    bash

    arch -x86_64 zsh brew update && brew upgrade apple/apple/game-porting-toolkit
  16. 以前にダウンロードしたGame Porting Toolkit dmgが/Volumes/Game Porting Toolkit-1.0にマウントされていることを確認します。次に、以下のスクリプトを使用して、Game Porting ToolkitライブラリディレクトリをWineのライブラリディレクトリにコピーします:

    bash

    ditto /Volumes/Game\ Porting\ Toolkit-1.0/lib/ `brew --prefix game-porting-toolkit`/lib/
  17. Game Porting Toolkit DMGから3つのスクリプトを取得し、次のコマンドで/usr/local/binに配置します:

    bash

    cp /Volumes/Game\ Porting\ Toolkit*/gameportingtoolkit* /usr/local/bin
  18. Wineプレフィックス(ツールキットとゲームをインストールする仮想的なC:ドライブ)を作成します。以下のコマンドを実行して、ホームディレクトリにmy-game-prefixという新しいWineプレフィックスを作成します:

    bash

    WINEPREFIX=~/my-game-prefix `brew --prefix game-porting-toolkit`/bin/wine64 winecfg

    「Wineの設定」ウィンドウが表示されるはずです。WindowsのバージョンをWindows 10に変更します。Applyを選択し、OKを選択してwinecfgを終了します。

    もし、「Wineの設定」ウィンドウが表示されない場合や、Dockに新しいアイコンが表示されない場合は、Homebrewのx86_64版とgame-porting-toolkitフォーミュラが正しくインストールされているか確認してください。

以上の手順を終えれば、このWineプレフィックスにランチャーや個々のWindowsゲームをインストールする準備が整いました。

STEAMをプレイする
  1. まず、SteamのWindows版をダウンロードし、ダウンロードフォルダに配置します。
  2. 次に、以下のコマンドをターミナルに入力してSteamをインストールします:javascript

    gameportingtoolkit ~/my-game-prefix ~/Downloads/SteamSetup.exe

    ここで”my-game-prefix”は自分で定義したワインプレフィックス(Wineのインストール先や設定の保存先となるフォルダ)の名前です。Steam以外のアプリケーションもこの方法でインストールする場合は、異なる名前を使用することをおすすめします。
  3. 次に、以下のコマンドでSteamを起動します:

    bash

    gameportingtoolkit ~/my-game-prefix 'C:\Program Files (x86)/Steam/steam.exe'
  4. Steamが起動したら、通常通りにログインします。ただし、Steamが黒いウィンドウのまま表示されるという問題が発生することがあります。その場合は以下の手順に進みます。
  5. Steamを別の方法で起動するためのコマンドは以下の通りです:

    bash

    MTL_HUD_ENABLED=1 WINEESYNC=1 WINEPREFIX=~/my-game-prefix /usr/local/Cellar/game-porting-toolkit/1.0.2/bin/wine64 'C:\Program Files (x86)\Steam\steam.exe'

    これでも引き続き問題が解決しない場合は、ターミナルウィンドウを閉じて再度開き、上記のコマンドを再度試すことを繰り返します。これを続けることでログイン画面が開くはずです。

これで、SteamからWindows版のゲームをダウンロードし、起動することができるようになります。ただし、ここで述べた手順はあくまで一例で、実際の結果は具体的なゲームやMacのモデルによって変わる可能性があります。また、このプロセスには一定のPCスキルが必要であることをご了承ください。

DMM GAME Playerを起動する

まだクラッシュが多いようなので、とりあえずmacOS Sonomaが正式リリースしてから試してみます。

Google Play Gamesを起動する

まだクラッシュが多いようなので、とりあえずmacOS Sonomaが正式リリースしてから試してみます。

スポンサーリンク

2023年Macゲームでおすすめのプラットフォームランキング

2023/07/17時点での情報収集で「いいな」と思った「」について紹介したいと思います。

Macユーザーが利用できるゲームプラットフォーム

  1. team: これは最も一般的なゲームプラットフォームの一つであり、数千のゲームを提供しています。多くのゲームはWindows専用ですが、多くのゲームがMacにも対応しています。また、新しく提供されたゲームポーティングツールキットにより、Windows専用のゲームもMacでプレイできるようになりました。
  2. Epic Games Store: こちらも多数のゲームを提供しています。無料のゲームも定期的に提供されています。ここでも一部のゲームはMacに対応しています。
  3. GOG.com (Good Old Games): このプラットフォームは、DRMフリー(デジタル著作権管理フリー)のゲームを提供していることで知られています。一部のゲームはMacに対応しています。
  4. Apple Arcade: Appleが提供する月額制のゲームサブスクリプションサービスで、100以上のゲームがプレイできます。これらのゲームはすべてMacに対応しており、広告やインアプリ購入もないため、ストレスフリーで楽しめます。
  5. Blizzard Battle.net: Blizzard Entertainmentが運営するプラットフォームで、World of WarcraftやOverwatchなどの人気ゲームがあります。これらのゲームの一部はMacに対応しています。
  6. Origin: Electronic Artsが運営するプラットフォームで、The SimsやBattlefieldなどのゲームがあります。一部のゲームはMacに対応しています。
  7. UPlay: Ubisoftが運営するプラットフォームで、Assassin’s CreedやFar Cryなどのゲームがあります。一部のゲームはMacに対応しています。
  8. DMM GAME PLAYER: 日本のプラットフォームで、日本のゲームを多く提供しています。一部のゲームはMacに対応しています。
  9. Google Play Games (Beta): Googleが運営するプラットフォームで、AndroidゲームをMacやPCでプレイできるようにするものです。Windows版をゲームポーティングツールキットで起動できる可能性があります。

プラットフォームを選ぶ基準

  1. ゲームの種類と選択肢: あなたが特にプレイしたいゲームやジャンルがある場合、それが利用可能であるプラットフォームを選ぶことが重要です。また、新しいゲームを常に試してみたい場合は、頻繁に新しいゲームをリリースするプラットフォームを選ぶことを検討すると良いでしょう。
  2. 互換性: ゲームプラットフォームはすべて、Macとの互換性を持っていますが、すべてのゲームがMacで利用可能なわけではありません。特定のゲームをプレイしたい場合は、そのゲームがあなたのOSと互換性があるか確認してください。
  3. 価格と価値: プラットフォームによってはサブスクリプションサービスを提供しているものもあり、定額で多くのゲームをプレイできるという利点があります。一方で、個別のゲームを購入することを好む人にとっては、個々のゲームのコストも重要な要素です。
  4. プラットフォームの機能: 一部のプラットフォームでは、友達とのマルチプレイ、実績、クラウドセーブなどの追加機能が提供されています。これらの機能が重要である場合は、これらを提供するプラットフォームを選ぶことを検討してください。
  5. ユーザーインターフェースと使いやすさ: プラットフォームのユーザーインターフェースと使いやすさも重要です。あなたが特に好むスタイルやデザインがある場合は、それを提供するプラットフォームを選ぶことを検討してください。
  6. カスタマーサポート: 何か問題が発生した場合に迅速かつ効果的なサポートを提供するプラットフォームは価値があります。

各プラットフォームの評価

現在は仮です。

プラットフォームゲームの種類と選択肢互換性価格と価値プラットフォームの機能ユーザーインターフェースと使いやすさカスタマーサポート
Steam5 (非常に多い)4 (大部分が対応)4 (販売・セールが頻繁)5 (豊富な機能)4 (比較的使いやすい)4 (充実している)
Epic Games Store3 (まずまず)4 (大部分が対応)5 (定期的に無料ゲームを提供)3 (基本的な機能はある)4 (直感的)4 (充実している)
GOG.com4 (多い)5 (全てのゲームがMac対応)4 (リーズナブルな価格)4 (多くの機能を提供)4 (清潔感のあるデザイン)4 (充実している)
Apple Arcade3 (まずまず)5 (全てがMac対応)5 (月額料金で全ゲームが遊び放題)3 (基本的な機能はある)5 (非常に使いやすい)5 (Appleの充実したサポート)

プラットフォーム:AppleArcade

2023/07/17時点でプラットフォーム:「AppleArcade」についてご紹介します。

「AppleArcade」の特徴

「AppleArcade」に関する情報は公式HPも参考にしてみてください。

また、当サイトでもApple Arcadeに関する記事を書いてますので参考にしてみてください。

「AppleArcade」の特徴は以下の通り。

  • 1. Apple Arcadeの概要 Apple Arcadeは、200以上のプレミアムなゲームを制限なしで楽しむことができるゲームサブスクリプションサービスです。新作、受賞作、App Storeの人気作品など、さまざまなジャンルのゲームを順次追加し、いつでもプレイすることが可能です。一度サブスクリプションに加入すれば、追加の課金や広告を気にすることなくゲームを楽しむことができます。
  • 2. Apple Arcadeの利用方法と料金 Apple Arcadeは、1か月間の無料トライアル期間後、月額600円で利用できます。さらに、Apple製デバイスを購入すると、Apple Arcadeを3か月間無料で体験できます。また、Apple Oneというサービスを利用すれば、Apple Arcade、Apple Music、Apple TV+、iCloudストレージの4つをセットにして、手頃な月額料金で楽しむことができます。さらに、これらのサブスクリプションは家族5人まで共有できます。
  • 3. Apple Arcadeのゲームラインナップと互換性 Apple Arcadeでは、パズル、ストラテジー、アドベンチャー、シミュレーション、ボード、カード、スポーツなどの多種多様なゲームが楽しめます。また、Apple Arcadeオリジナルのゲームや、App Storeで人気のゲームなどもプレイできます。ゲームは、iPhone、iPad、Mac、Apple TVといった複数のデバイスで楽しむことができます。さらに、Apple Arcadeには多くのゲームがゲームコントローラに対応しており、ゲーム体験をさらに向上させることが可能です。新作ゲームやコンテンツのアップデートは常に追加されており、最新の情報はApp Storeでチェックできます。

これらの情報により、Apple Arcadeの豊富なゲームラインナップ、手軽な料金体系、そして広範なデバイス互換性が明確になります。それぞれのユーザーにとって魅力的なゲーム体験を提供するためのプラットフォームと言えるでしょう。

かめ
かめ

実際、ほとんどApple Arcadeをする機会はないくらい、無料のゲームでも時間は潰せるので、「あえて、Apple Arcadeのゲーム、やる?」という気持ちはあります。

しろくま
しろくま

でも、飽きっぽい子供が「ちょっとゲームをしてみる」という時にはすごくおすすめ。App Storeは審査厳しい上に、Apple Arcadeはディベロッパーも厳選されているので、いい作品しかないから安心して選ばせてあげられます。

プラットフォーム:Steam

2023/07/17時点でプラットフォーム:「Steam」についてご紹介します。

「Steam」の特徴

「Steam」に関する情報は公式HPも参考にしてみてください。

取り扱っているゲームの種類と利便性

Steamは、世界中のゲームを数多く取り扱っているオンラインのゲーム販売・管理プラットフォームです。日本のゲームから海外のゲーム、大手ゲーム会社制作のゲームソフトから個人や小規模チームが制作したゲームソフトまで、様々な種類のゲームが購入し、プレイできます。物理的なメディア(DVD)を扱うことなく、ゲームを電子データとして購入することが可能で、そのため購入後は即時にプレイすることが可能です。この即時性がSteamの大きな魅力の一つです。

ゲームの管理とセール

Steamでは、購入したゲームを「Steamライブラリ」に登録して一覧管理できます。これにより、自分がプレイしたゲームやまだクリアしていないゲームを一目で確認でき、管理が非常に便利です。また、Steamは定期的に大規模なセールを開催しており、定価よりもはるかに安くゲームを購入する機会が頻繁に訪れます。これは、ゲームを遊び尽くした人、新しいジャンルに挑戦したい人、あるいは普段遊ばないようなマイナーなゲームに出会いたい人にとって、大きな魅力となっています。

コミュニティとフレンド機能

Steamでは、購入したゲームソフトだけでなく、ユーザー間の交流も重視しています。フレンド機能が充実しており、フレンドを登録することでグループチャットに参加したり、ゲームの情報を交換したり、マルチプレイを楽しむことが可能です。また、Steamの専用アプリケーションである「Steamクライアント」を通じて、ゲームの購入・管理はもちろん、コミュニティへの参加やゲームの実行など、Steamの機能を総合的に利用することができます。

以上、Steamの主要な特徴と魅力についてまとめました。種類豊富なゲームの取り扱い、便利なゲームの管理とセール、そしてユーザー間の交流を支えるフレンド機能とコミュニティ。これらはSteamが世界中のゲーマーから支持される理由であり、Steamを使うことでゲーム体験がより豊かになると言えるでしょう。

プラットフォーム:Epic Games Store

2023/07/17時点でプラットフォーム:「Epic Games Store」についてご紹介します。

「Epic Games Store」の特徴

「Epic Games Store」に関する情報は公式HPも参考にしてみてください。

以下、エピックゲームスについてのまとめです。

【エピックゲームスとは】

エピックゲームスは、デジタルゲームのストアであり、他のゲームプラットフォームでは遊べないタイトルが多く存在します。Epic Games ストアでの独占販売タイトルが多数あり、これらのタイトルを探すことが一つの魅力です。また、新作タイトルの中には、Epic Games ストアで先行配信されるものもあります。

【メリット】

エピックゲームスの大きなメリットとして、定期的に無料配布やセールを行っている点が挙げられます。話題のタイトルが通常より安く入手できるセールの情報は、ストアのトップページで確認することができます。また、無料ゲームコーナーでは、通常は有料販売されているゲームが期間限定で無料で入手できることもあります。

【ゲームプレイまでの流れ】

エピックゲームスでゲームを遊ぶまでの流れは次の通りです。まずは、Epic Games Launcherを動作させるスペックを備えたPCを用意します。次に、用意したPCにEpic Games Launcherをインストールします。その後、Epic Gamesアカウントを作成し、Epic Games ストアでゲームを購入します。購入したゲームは、Epic Games ストアから直接起動することが可能です。

注意点としては、オフライン環境では起動できない、他のゲームプラットフォームとのつながりがない、日本語がサポートされていないことがある、といった点が挙げられます。これらを考慮しながら、楽しいゲームライフをお過ごし下さい。

スポンサーリンク

Macで遊ぶゲームプラットフォーム

ここは完全にChatGPTに書かせているところです。

Macゲームのプラットフォームの選び方

Macでゲームを楽しむ際の重要な要素として、適切なゲームプラットフォームの選択があります。この記事では、Macゲームのプラットフォームの特性と選び方について詳しく解説します。

主要なMacゲームのプラットフォームとその特性

Macで利用可能なゲームプラットフォームはいくつかありますが、主要なものとしては「Steam」、「Epic Games Store」、「Apple App Store」などが挙げられます。

Steamは、多種多様なゲームが揃っており、日々新たなゲームが追加されています。また、コミュニティ機能が充実しており、他のプレイヤーと交流しながらゲームを楽しむことができます。

Epic Games Storeは、毎週無料ゲームが提供されるなど、ユーザーに対するサービスが充実しています。また、Epic Gamesが開発した「Unreal Engine」を用いたゲームが数多く揃っています。

Apple App Storeは、Appleが提供する公式のアプリストアで、Mac専用のゲームも多く揃っています。

Macゲームのプラットフォームの選び方

ゲームプラットフォームを選ぶ際のポイントとして、まず「提供されているゲームの種類」を確認します。どのようなゲームジャンルが好きか、具体的なゲームタイトルがあるかによって、適したプラットフォームが異なる可能性があります。次に「価格」を考慮します。定期的なセールや無料ゲームの提供があるプラットフォームを選ぶと、コストを抑えつつゲームを楽しむことができます。最後に「ユーザーサポート」の質も重要です。問題が発生した際のサポート体制や、ゲームのレビュー・評価を確認することができるかも確認しておきましょう。

Macゲームのプラットフォーム選びのポイントまとめ

  • 提供されているゲームの種類:好きなゲームジャンルや欲しいゲームタイトルが揃っているプラットフォームを選ぶ
  • 価格:定期的なセールや無料ゲームの提供があるプラットフォームを選ぶことで、コストを抑えることが可能
  • ユーザーサポート:問題が発生した際のサポート体制や、ゲームのレビュー・評価を確認できるプラットフォームが望ましい

スポンサーリンク

Macゲーム「プラットフォーム」に関する情報まとめ

Macゲーム「プラットフォーム」についての記事内容をまとめていきます。

Macゲーム「プラットフォーム」について知っておくべき3つのこと

  • ゲームの互換性: MacのOSはWindowsとは異なり、すべてのゲームが対応しているわけではありません。プラットフォームゲームがMacに対応しているか確認することは重要です。
  • システム要件: すべてのMacがすべてのゲームをサポートしているわけではありません。ゲームをプレイするためには、あなたのMacがゲームのシステム要件を満たしているかを確認する必要があります。
  • ゲームプレイと操作性: プラットフォームゲームは操作性が重要な要素となります。ゲームがMacのキーボードやマウス、またはゲームコントローラーと良好に連携しているか確認してください。

Macゲーム「プラットフォーム」に関するよくある質問(FAQ)

Macゲーム「プラットフォーム」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
Macで「プラットフォーム」ゲームはプレイできますか?
A

ゲームがMacに対応しているかどうかは、ゲームの公式ウェブサイトや販売店で確認できます。対応していない場合でも、エミュレーターや特定のソフトウェアを使ってプレイできる場合があります。

Q
「プラットフォーム」ゲームのシステム要件は何ですか?
A

ゲームのシステム要件は、公式ウェブサイトや販売店で確認できます。システム要件には、必要なオペレーティングシステム、CPU速度、メモリ量、空きストレージ容量、グラフィックスカードなどが含まれます。

Q
Macで「プラットフォーム」ゲームの操作性はどうですか?
A

ゲームの操作性はゲームによります。一部のゲームは、Macのキーボードとマウス、またはゲームコントローラーとの連携に特化しています。ゲームのレビューを読んで、他のプレイヤーの経験を参考にすると良いでしょう。

Q
Macで「プラットフォーム」ゲームをプレイするためには何が必要ですか?
A

ゲームをプレイするためには、ゲームがMacに対応していること、Macがゲームのシステム要件を満たしていること、十分なストレージ空間があることが必要です。また、良いゲーム体験のためには、快適なゲーム環境を整えることも重要です。

Q
「プラットフォーム」ゲームがMacで正常に動作しない場合、どうすればいいですか?
A

最初に、Macがゲームのシステム要件を満たしているか確認してください。次に、ゲームの最新アップデートがインストールされているか確認してください。それでも問題が解決しない場合、ゲームのサポートに問い合わせると良いでしょう。

Macゲーム「プラットフォーム」に関する各種SNSの口コミ・評判など

Twitterやinstagramで参考になりそうな口コミ情報や評判などをメモがわりに引用しておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「Mac ゲーム」と検索できます。

Macゲーム「プラットフォーム」に関して参考になる記事リスト

Macゲーム「プラットフォーム」に関連した当サイトの記事リンクは以下の通りです。

Macアプリに関する記事一覧

mac初心者設定
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

【PR】

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 

【PR】


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

シェアする
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「metal theft metal theft」に関する最新情報です。

    金属価格が急騰しており、金属窃盗も増加している。特に銅の価格が過去5年間で約30%上昇しており、金属窃盗は排水溝の蓋から銅配線まであらゆるものを狙っている。金属窃盗はインフラに大きな被害をもたらし、特に電化が進む現代ではさらに深刻化している。対策として、金属ディーラーのライセンス取得や写真付き身分証明書の提出が求められる法律が存在するが、適切な執行が課題となっている。金属窃盗を防ぐためには、警察やコミュニティとの連携が重要であり、予測型の警察活動やデータ分析を活用することが提案されている。金属窃盗の被害を最小限に抑えるためには、より効果的な対策が必要とされている。

    https://www.wired.com/story/metal-theft-epidemic-copper-steel/

  2. buchikuma-info より:

    「sap rise rise sap」に関する最新情報です。

    ENEOSは、SAPのクラウドERPである「SAP S/4HANA Cloud」を中核とするクラウドオファリング「RISE with SAP」を採用し、デジタル戦略の実現に向けて環境変化に対応できるシステム基盤として移行を選択した。具体的なテーマとして、デジタル人材育成やデータ活用、ITガバナンス、共創機会の強化に取り組んでいる。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2402/20/news046.html

  3. buchikuma-info より:

    「steam 交通量 交通量 調査」に関する最新情報です。

    ホラーゲーム『カウント427』は、交通量調査バイト中に恐怖と対峙するストーリーで、夜の街角で異変が起こる。主人公は交通量を調査しつつ異常を撮影し、生き残りを目指す。開発者はつりばしエフェクトで、Steamにてリリース予定。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240220-283096/

  4. buchikuma-info より:

    「プレイヤー steam 同時」に関する最新情報です。

    PS5/PC向けの協力型TPSゲーム『ヘルダイバー2』のSteam版が40万人の同時接続プレイヤー数を突破し、プレイヤー増加に対応するため同接続上限が設定された。開発元はプレイヤー数の増加に追われており、ゲームは好評を博している。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20240219-282954/

  5. buchikuma-info より:

    「apps eu web」に関する最新情報です。

    Appleは、EUでiPhoneのWebアプリ(プログレッシブWebアプリ)が機能しなくなったのはバグではなく、意図的なものであることを確認しました。開発者からの苦情や報道に続いて、最新のiOSベータ版をインストールした後にPWAsがEUで機能しなくなったという問題について、Appleは自社のウェブサイトを更新して理由を説明しました。その原因として、テックジャイアントは新たなEU規制であるDigital Markets Act(DMA)を挙げ、異なるブラウザエンジンを許可するというDMAの要件に関連する複雑さが根本的な原因だと述べています。

    https://techcrunch.com/2024/02/15/apple-confirms-its-breaking-iphone-web-apps-in-the-eu-on-purpose/

  6. buchikuma-info より:

    「アプリ gaming cloud」に関する最新情報です。

    Microsoft Gamingは、クラウドゲームサービス「Xbox Cloud Gaming」を提供していますが、EUの新規制により、iOSアプリを提供する予定はないことが明らかになりました。これは単純に儲けにならないためです。現在、「Xbox Cloud Gaming」はWebアプリとして提供されており、App Storeからの正式なアプリではありません。AppleはDMA施行後にクラウドゲームアプリを許可しましたが、それでもMicrosoft GamingはiOSアプリ化する予定はないと述べています。AppleのDMAによる変更は批判されており、手数料の減額も儲けにならないという意見があります。また、Webアプリがまともに動作しなくなる可能性もあります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc1MjMwL9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc1MjMwL2FtcC8?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「infinite desktop infinite desktop」に関する最新情報です。

    タイトル:Apple Vision Proのレビュー:無限のデスクトップ
    見出し:Apple Vision Proのレビュー:無限のデスクトップ、3500ドルのヘッドセットはまだ開発中であり、開発者によって生き残るか死ぬかが決まる未来の一端を示している、無限のデスクトップ、マルチタスキングの未来?、未来のMac、あなたの体はマジックマウス

    トピック1のオリジナルテキスト:
    Apple Vision Proのレビュー:無限のデスクトップ
    現在のバージョンのヘッドセットでは、ゲームは主要な要素ではありません。代わりに、AppleはVision Proが次のMacとなる未来を提示しています。Appleのデザインの無限のキャンバスは、むしろ無限のデスクトップとして機能します。スマートフォンのマルチタスキングの問題に対する反応としての側面もあります。スマートフォンの画面サイズの上限に達した感じがあります(私のキャリアで初めてではありませんが)。これが、折りたたみ式のデバイスが急にどこにでも現れる理由です。

    仮想の大画面で映画を観たりゲームをしたりすることは素晴らしいですし、無限のデスクトップも魅力的ですが、Vision Proの成功は、開発者がこの技術を活用してiPhoneやiPadではできない体験を提供するかどうかに大きく依存します。私は近々、自分自身のアプリ体験について

    https://techcrunch.com/2024/02/03/apple-vision-pro-review-the-infinite-desktop/

  8. buchikuma-info より:

    「apple meta support」に関する最新情報です。

    Meta Questは、Vision Proの発売に先駆けて、AppleのSpatial Videoに対応しました。Spatial Videoのサポートは、iPhone 15 Proデバイスが他のVRデバイスで視聴できるようになるため、Appleにとっては利点となります。しかし、既にMeta Questヘッドセットを持っている顧客や新しいVRギアを探している顧客にとっては、Vision Proに高額な費用をかけることに懐疑的な意見もあります。上位機種は、低価格帯のデバイスよりも優れたビデオ品質を提供するかもしれませんが、アップグレードにいくらの費用を支払う顧客がいるかはまだわかりません。

    https://techcrunch.com/2024/02/01/meta-quest-adds-support-for-apples-spatial-video-ahead-of-vision-pro-launch/

  9. buchikuma-info より:

    「apple meta support」に関する最新情報です。

    Meta Questは、Vision Proの発売に先立ち、AppleのSpatial Videoに対応しました。Spatial VideoのサポートがMetaによって追加されたタイミングは興味深いものであり、これにより他のVRデバイスで空間ビデオを視聴できるようになることで、iPhone 15 Proデバイスの購入がより魅力的になる可能性があります。しかし、既にMeta Questヘッドセットを持っているか、新しいVRギアを探している顧客にとっては、Vision Proへの高額な支出に懐疑的な気持ちを抱かせる可能性もあります。上位機種は低価格帯のデバイスよりも優れたビデオ品質を提供するかもしれませんが、アップグレードにいくらの価値を見出す顧客がいるかはまだわかりません。

    https://techcrunch.com/2024/02/01/meta-quest-adds-support-for-apples-spatial-video-ahead-of-vision-pro-launch/

  10. buchikuma-info より:

    「gpts invoke users invoke」に関する最新情報です。

    OpenAIは、ChatGPTの有料ユーザーに対して、チャット内でGPT(AIモデル)を直接呼び出す機能を提供し始めました。ユーザーは「@」を入力し、リストからGPTを選択することで、会話にGPTを組み込むことができます。選択したGPTは、会話全体の文脈を理解し、異なるGPTを異なる用途やニーズに応じて「タグ付け」することも可能です。これにより、以前に言及された内容を考慮した文脈を持つ関連するGPTを追加することができます。OpenAIは、GPTをAIモデルで動作するサードパーティのアプリケーションとして普及させるために、ユーザーが任意のチャットでGPTを呼び出せるようにしています。

    https://techcrunch.com/2024/01/30/chatgpt-users-can-now-invoke-gpts-directly-in-chats/

  11. buchikuma-info より:

    「apple epic fees」に関する最新情報です。

    Epic GamesのCEOであるTim Sweeneyは、AppleのDMA(デジタルマーケットアクセス)ルールを「悪意のある遵守」と呼び、さらに「ゴミのような手数料」で満たされていると批判しています。新しいルールに対して、Sweeney氏はAppleの条件を「反競争的」と指摘しています。彼は、Appleが「App Storeの独占とストアの条件の間で選択を強いており、これはDMAの下では違法であり、また新たなダウンロード時のゴミのような手数料や、Appleが処理しない支払いに対する新たなAppleの税金が満ちている、同様に違法な反競争的なスキームを受け入れることを強制している」と述べています。Appleの新しいルールは、EUで発効するDMAの一環として、Epicのような大規模な開発者を対象としており、彼らは新たな「コア技術手数料」として、1年間につき100万以上のインストールに対して0.50ユーロを支払わなければなりません。

    https://techcrunch.com/2024/01/25/epic-games-ceo-calls-out-apples-dma-rules-as-malicious-compliance-and-full-of-junk-fees/

  12. buchikuma-info より:

    「ios epic epic games」に関する最新情報です。

    Epic Gamesは、AppleがDMA(デジタルマーケットプレイスの公正なアクセス)対策を発表したことを受けて、年内に欧州でiOS向けアプリストアを立ち上げる予定であり、そこで2020年にApp Storeから削除された「フォートナイト」を提供すると発表しました。これは、iOS版「フォートナイト」がApp Storeの規約に違反する形でアプリストア外でのアイテム購入機能を追加したため、削除されたことによるものです。Appleは欧州でのApp Store以外のWebサイトからのアプリ購入を可能にすると発表し、これに応じてEpic GamesがiOS版Epic Games Storeを立ち上げることとなりました。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2401/26/news112.html

  13. buchikuma-info より:

    「ios epic epic games」に関する最新情報です。

    Epic Gamesは、AppleがDMA(デジタル市場の公正化)対策を発表した後、年内に欧州でiOS向けアプリストアを立ち上げ、2020年にApp Storeから削除された「フォートナイト」を提供する予定であると発表した。これは、Appleが欧州でApp Store以外のWebサイトからのアプリ購入を可能にすると発表したことに応じたものである。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbmV3cy9hcnRpY2xlcy8yNDAxLzI2L25ld3MxMTIuaHRtbNIBAA?oc=5

  14. buchikuma-info より:

    「games hup hup games」に関する最新情報です。

    HUP Gamesは、人気ゲーム「ファイナルソード」の開発会社として知られていますが、新作ゲーム「カジュアルファイト」を発表し、スマートフォン向けに配信を開始しました。この新作ゲームは、カジュアルな雰囲気で楽しめる格闘ゲームです。HUP Gamesの公式サイトや「カジュアルファイト」のダウンロードページからゲームを入手することができます。スマートフォンユーザーは、この新作ゲームを楽しむことができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNWh0dHBzOi8vd3d3LjRnYW1lci5uZXQvZ2FtZXMvNzY3L0cwNzY3MTYvMjAyNDAxMTUwNTQv0gEA?oc=5

  15. buchikuma-info より:

    「android android users far」に関する最新情報です。

    タイトル: iPhoneとAndroidユーザーの統合への闘いはまだ終わっていない
    見出し: iPhoneとAndroidユーザーの統合への闘いはまだ終わっていない、あなたも興味があるかもしれません…
    トピック1:
    トピックキーワード: android androidユーザー 遠い 闘い 闘い 統合 iphone iphone android 統合 統合 iphoneユーザー
    トップ段落:
    エンティティ: 8 2024 7:00 needed.これは、BeeperがAndroidのメッセージングサービスを逆エンジニアリングして、iPhone内の青いチャットバブルにアクセスできるようにしたものです。Appleは以前、Androidユーザーに割り当てられていた青いチャットバブルをBeeperに割り当てました。Beeperは、アプリ間のクロスアプリであり、まだアプリがセルネットワークを使用する場合があります。私たちが中旬に話したとき、Beeper Miniがローンチされたとき、私はあなたに何か反応を期待していました。Beeper Miniは、iPhoneの顧客とAndroidユーザーの両方を対象としています。以前の経験では、あなたは低品質のSMSプロトコルでAndroidにテキストを送信することができました。他の方法はあまりありません。品質が本当に奇妙です。Beeper Miniは、Beeperが私の他のアプリで簡単に入手できるSignalを実際に害したとは思いませんでした。だから、私はその

    https://www.wired.com/story/iphone-android-apple-imessage-beeper/

  16. buchikuma-info より:

    「chatgpt chatgpt 採用 アシスタント」に関する最新情報です。

    フォルクスワーゲンは、CES 2024で車載AIアシスタントにOpenAIの「ChatGPT」を採用すると発表しました。この音声アシスタント「IDA(アイーダ)」は、車内空調やナビゲーション、一般的な会話に利用できるとされています。これにより、フォルクスワーゲンの量産車にAIアシスタントが搭載される予定です。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2401/09/news066.html

  17. buchikuma-info より:

    「launch early early monday」に関する最新情報です。

    タイトル: United Launch AllianceとAstrobotic、月への早期月曜日の打ち上げに備える
    見出し: United Launch AllianceとAstrobotic、月への早期月曜日の打ち上げに備える
    トピック1:
    トピックのキーワード: 早期月曜日 月 Alliance Astrobotic 準備 打ち上げ
    トップの段落:
    エンティティ: United Launch Alliance Space Force Monday morning launch the
    キーワード: United Launch Alliance Astrobotic 準備 早期月曜日 打ち上げ 月 カウントダウン Vulcan Centaur ロケット ロールアウト 打ち上げ台 ケープカナベラル宇宙軍基地 早期月曜日の朝の打ち上げ ミッション 初の完全な民間宇宙船の月着陸に終わる可能性がある

    エンティティ: Space Force Monday morning launch the
    キーワード: カウントダウン Vulcan Centaur ロケット ロールアウト 打ち上げ台 ケープカナベラル宇宙軍基地 早期月曜日の朝の打ち上げ ミッション 初の完全な民間宇宙船の月着陸に終わる可能性がある

    エンティティ: If you’ve been following Astrobotic surpassed integrations. We are
    キーワード: フォローする lunar industry understand landing Moon surface incredibly difficult Astrobotic CEO John Thornton said press release last month said team continuously surpassed expectations demonstrated incredible ingenuity flight reviews spacecraft testing major hardware integrations ready launch landing

    https://techcrunch.com/2024/01/05/united-launch-alliance-astrobotic-ready-for-early-monday-liftoff-to-the-moon/

  18. buchikuma-info より:

    「公開 gpt gpt store」に関する最新情報です。

    OpenAIは、オリジナルの「GPTs」を公開できる「GPT Store」を開店する予定です。ビルダーには1月9日の週に開店する旨のメールが送られました。GPTsは、ノーコードで開発できるオリジナルの生成AIアプリです。これにより、業務部門が抱える課題をITで解決することができます。ただし、GPT Storeの開店は昨年11月に予定されていましたが、一連の騒動により遅れていました。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2401/05/news061.html

  19. buchikuma-info より:

    「制限 独占 apple」に関する最新情報です。

    2023年、AppleやGoogleなどのアプリストアに関する「サイドローディング」問題が話題になっています。この問題に対応するため、代替アプリストア強制法の議論が進んでいます。この新法は、AppleやGoogleの独占制限を制限することを目的としています。2024年には政府の審議が始まる予定です。この新法により、アプリの流通や決済方法に関する規制が行われることが期待されています。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2312/28/news081.html

  20. buchikuma-info より:

    「制限 独占 apple」に関する最新情報です。

    2023年、AppleやGoogleのアプリストアに関する「サイドローディング」問題が話題となっています。最新の動向をまとめた林信行氏によると、2023年は代替アプリストア強制法の議論が本格化する年となると予想されています。これにより、AppleやGoogleの独占制限が制限され、新たなアプリストアの登場が期待されています。政府の審議が始まり、2024年には具体的な制度が導入される可能性があります。これにより、アプリの流通や決済方法に関する規制が行われることが期待されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvcGN1c2VyL2FydGljbGVzLzIzMTIvMjgvbmV3czA4MS5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9wY3VzZXIvYW1wLzIzMTIvMjgvbmV3czA4MS5odG1s?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「new player bluesky」に関する最新情報です。

    Blueskyは、アプリ内のビデオと音楽プレーヤー、および新しい「投稿非表示」機能を導入しました。この新機能により、ユーザーは投稿を非表示にすることができます。また、Blueskyは、リンクに対応したアプリ内のビデオと音楽プレーヤーも提供しています。これにより、ユーザーはBluesky内で直接ビデオや音楽を再生することができます。これらの新機能は、Blueskyのユーザーエクスペリエンスを向上させるものであり、Twitterとの競争を強めるものとなっています。また、Blueskyは、フィードから投稿を削除し、ブロックすることも可能です。さらに、空のホーム画面の問題やクラッシュのバグも修正されました。

    https://techcrunch.com/2023/12/26/bluesky-rolls-out-in-app-video-and-music-player-for-links-and-a-new-hide-post-feature/

  22. buchikuma-info より:

    「sim 契約 支持」に関する最新情報です。

    楽天、UQ、ahamoなどの携帯会社の中で、SIMのみ契約が支持を集めています。IoTコンサルティングが実施した調査によると、格安SIMを提供する大手キャリアのサブブランドも多く登場しています。調査結果によれば、SIMのみ契約を利用している人が多いことがわかりました。特にUQモバイルが18.5%、ワイモバイルが16.8%の支持を得ています。一方、スマホセット契約を選んでいる人は少ないようです。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2312/27/news003.html

  23. buchikuma-info より:

    「sim 契約 支持」に関する最新情報です。

    楽天、UQ、ahamoなどの携帯会社がSIMのみ契約で支持を集めていることが分析データから明らかになりました。大手キャリアのサブブランドも多く登場しており、利用者はSIM単体契約を選ぶ傾向があります。特にUQとahamoが支持を得ており、それぞれ18.5%と16.8%のシェアを持っています。これは、利用料が安く、メリットが大きいためです。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvYnVzaW5lc3MvYXJ0aWNsZXMvMjMxMi8yNy9uZXdzMDAzLmh0bWzSAQA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「launch spacex february」に関する最新情報です。

    Intuitive MachinesとSpaceXは、月面着陸機の打ち上げ日を2月に延期することを発表しました。元々の打ち上げ予定は1月19日またはその直後でしたが、天候条件の影響で変更が必要となりました。新しい打ち上げウィンドウはまだ具体的には発表されていませんが、2月23日に予定されている民間の月面着陸機の着陸日と重なる可能性が高いとされています。これにより、2つの民間のアメリカの宇宙船が同じ週に月の表面に到達することになるかもしれません。

    https://techcrunch.com/2023/12/21/intuitive-machines-spacex-push-lunar-lander-launch-date-to-february/

  25. buchikuma-info より:

    「lander launch lunar」に関する最新情報です。

    Astroboticは、1月初旬にPeregrine月面着陸機を打ち上げる準備が整っている。Pittsburghに拠点を置くAstroboticは、商業的なプレーヤーの一つであり、繁栄する月面ペイロード配送サービス市場に賭けている。他の競合企業には、Intuitive MachinesやFirefly Aerospace、ispaceなどが含まれている。Peregrineは最終チェックと燃料補給が完了し、先月にはUnited Launch Alliance Vulcan Centaurロケットに結合された。1月8日に打ち上げが予定されており、歴史的な月面着陸に続くものとなる。

    https://techcrunch.com/2023/12/19/astrobotic-ready-to-launch-peregrine-lunar-lander-in-early-january/

  26. buchikuma-info より:

    「世界 見通し 2023」に関する最新情報です。

    Counterpoint Technology Market Researchによる調査結果によれば、世界の乗用電気自動車(BEV)の販売台数は2023年の第3四半期には前年同期比で29%増加しました。この成長は、欧州や東南アジア市場を牽引しています。

    また、2023年通期のBEV販売台数は1000万台弱になる見通しです。

    トップの販売メーカーは、1位がTesla、2位が比亜迪汽車(BYD Auto)、3位がVolkswagen(VW)となっています。その他には、吉利汽車(Geely Auto)、広州汽車集団(GAC Group)、ヒョンデ、上海汽車(SAIC)などがランクインしています。

    https://japan.cnet.com/article/35212973/

  27. buchikuma-info より:

    「beta viewstats analytics」に関する最新情報です。

    タイトル: MrBeastの分析プラットフォームViewStatsがベータ版でリリースされました
    見出し: MrBeastの分析プラットフォームViewStatsがベータ版でリリースされました
    トピック1:
    トピックのキーワード: ベータ版、ViewStats、分析、分析プラットフォーム、MrBeast、プラットフォーム、MrBeastの分析プラットフォーム、ViewStatsベータ版
    トップの段落:
    エンティティ: ViewStatsがベータ版でリリースされました、U.S.、MrBeast、Jimmy Donaldson、ベータ版で利用可能、ViewStatsは使用します
    キーワード: MrBeastの分析プラットフォーム、ViewStatsベータ版、トップのYouTuber、U.S.、MrBeast、Jimmy Donaldson、共同設立、新しい分析プラットフォーム、利用可能なベータ版、ViewStatsと似たツール、YouTube APIを使用してチャンネルの詳細な統計情報を明らかにする

    エンティティ: トップのYouTuber、MrBeast、Jimmy Donaldson、ベータ版で利用可能、ViewStatsは使用します
    キーワード: トップのYouTuber、U.S.、MrBeast、Jimmy Donaldson、共同設立、新しい分析プラットフォーム、利用可能なベータ版、ViewStatsと似たツール、YouTube APIを使用してチャンネルの詳細な統計情報を明らかにする

    エンティティ: MrBeastは偶然ではありません、動画はサムネイルが良い方がパフォーマンスが良い、口が開いているサムネイ

    https://techcrunch.com/2023/12/14/mrbeasts-analytics-platform-viewstats-is-out-in-beta/

  28. buchikuma-info より:

    「quest cloud cloud gaming」に関する最新情報です。

    タイトル: Xbox Cloud GamingがMeta Quest 2、3、およびProで利用可能に
    見出し: Xbox Cloud GamingがMeta Quest 2、3、およびProで利用可能に
    トピック1:
    トピックのキーワード: quest cloud cloud gaming gaming available available meta gaming available xbox meta meta quest
    トップの段落:
    エンティティ: Xbox Cloud Gaming on Meta Quest 2, 3 and Pro
    キーワード: Xbox Cloud Gaming available Meta Quest 2 3 Pro

    エンティティ: XboxはCloud Gamingを提供しています。Xbox Cloud GamingはQuest 2、Quest 3、およびQuest Proのヘッドセットに限定されています(OG Questの所有者には申し訳ありません)。
    キーワード: XboxがCloud Gamingサービスを提供しています。Meta Quest VRヘッドセットデバイス向けのもので、企業は今年の初めに最新のQuest 3ハードウェアを発売すると発表しました。Xbox Cloud Gamingアプリはベータ版のラベルが付いており、Quest 2、Quest 3、Quest Proのヘッドセットに限定されています。OG Questの所有者には申し訳ありませんが、このサービスは巨大なスクリーンの仮想クラウドゲーム体験を提供し、互換性のあるコントローラーとGame Pass Ultimateのサブスクリプションが必要です。

    エンティティ: 私はすぐに注意点を確認し、GTVのゲームプレイに基づいて参加することができました。
    キーワード: Meta Questストアからアプリを迅速にダウンロードし、テストランを行いました。うまく動作するかどうかを報告

    https://techcrunch.com/2023/12/13/xbox-cloud-gaming-now-available-on-meta-quest-2-3-and-pro/

  29. buchikuma-info より:

    「aiming launch blue」に関する最新情報です。

    ベゾスのブルーオリジンは、来週にも待望の打ち上げを行う予定です。ブルーオリジンは、15ヶ月の休止期間を経て、遂に活動を再開することを目指しています。新しい打ち上げ日は、12月18日に予定されており、NS 24というミッションで33の科学・研究ペイロードを搭載する予定です。また、ブルーオリジンは、FAAから修正された打ち上げ許可を受けたことにより、新たな打ち上げ日を実施することができるようになりました。

    https://techcrunch.com/2023/12/12/bezos-blue-origin-aiming-to-make-long-awaited-return-to-launch-next-week/

  30. buchikuma-info より:

    「google epic epic games」に関する最新情報です。

    Epic GamesはGoogleとの独禁法訴訟で勝利しました。この訴訟の違いは、Googleが裏取引を行っていたことです。Epic GamesはGoogleのガイドライン違反を理由にフォートナイトのアプリを削除されたと主張しており、Googleは独占禁止法違反を認めることを拒否しました。裁判では、Googleの収益分配協定や競争を妨害する行為が明らかにされました。この勝利により、Epic GamesはGoogleに対して具体的な是正策を求めることができるようになりました。一方、Epic GamesはAppleとの訴訟では敗訴しており、AppleとGoogleの対応は真逆であることが示されました。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiIWh0dHBzOi8vZnBzanAubmV0L2FyY2hpdmVzLzQ3MzIxNNIBAA?oc=5

  31. buchikuma-info より:

    「apple apple 裁判 epic」に関する最新情報です。

    Epic GamesはAppleとの裁判で敗訴しましたが、Googleとの裁判では勝訴しました。Appleとの裁判では、Epic GamesはApp Storeの独占禁止法違反を訴えましたが、陪審員はAppleの主張を認める判決を下しました。一方、Googleとの裁判では、Epic GamesはGoogle Playストアの手数料徴収に関して独占禁止法違反を訴えました。陪審員はGoogleの手数料徴収が競争を妨げる行為であると判断し、Epic Gamesの勝利となりました。裁判の違いは、AppleとGoogleのアプリストアの手数料や規約の違いによるものとされています。また、Epic GamesのCEOであるティム・スウィーニー氏がGoogleとの秘密協定や違法な削除の疑惑についても言及されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQWh0dHBzOi8vZ2lnYXppbmUubmV0L25ld3MvMjAyMzEyMTMtZXBpYy1nYW1lcy12cy1hcHBsZS1vci1nb29nbGUv0gEA?oc=5

  32. buchikuma-info より:

    「tv google play」に関する最新情報です。

    Googleは、2024年1月17日に「Android TV」搭載テレビ向けの「Playムービー&TV」アプリを終了すると発表しました。これに伴い、Google Playストアからも「映画&テレビ」タブが削除されます。現在、Android TVを利用しているユーザーは、購入したコンテンツを再生するために別の方法を探す必要があります。Googleは、関連するコンテンツを整理するためにこの決定を下したと述べています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2312/12/news095.html

  33. buchikuma-info より:

    「launch report faa」に関する最新情報です。

    タイトル:報告書:ロケット打ち上げが失敗した後のFAAの調査プロセスを改善すべき

    FAA(連邦航空局)は、ロケット打ち上げが失敗した場合の調査プロセスを改善すべきだとする報告書が出された。報告書によれば、21世紀の開始以来、ロケット打ち上げのミスハップが発生したほぼすべての場合において、FAAは打ち上げ業者に調査を任せてきたが、この慣行にはより厳格な監視が必要であると指摘している。

    2000年から2023年の間に49件のミスハップが発生したが、そのうちの1件を除いて、FAAは調査の主導権を打ち上げ業者に委ねていた。報告書は、2014年10月のSpaceShipTwoの事故を調査した際には、国家運輸安全委員会が主導権を持っていたと述べている。

    連邦政府の責任監査機関であるアカウンタビリティオフィスは、業者に依存した調査プロセスについて、FAAが効果的な基準を開発する必要があると指摘している。報告書によれば、FAAは業者に依存したミスハップ調査プロセスの有効性を評価していないという。

    https://techcrunch.com/2023/12/08/report-faa-should-improve-investigation-process-after-a-rocket-launch-goes-awry/

  34. buchikuma-info より:

    「meta image powered」に関する最新情報です。

    メタは、独立したAIパワードの画像生成ツールを発売しました。このツールは、メタの既存の画像生成モデルを利用して、自然言語でテキストプロンプトを入力することで高解像度の画像を生成することができます。ユーザーは無料で利用することができ、1つのプロンプトに対して4つの画像を生成することができます。以前にメタの画像生成ツールが問題を引き起こしたことがあるため、今回のツールには適切なセキュリティ対策が施されているかどうかについては懸念があります。しかし、メタはユーザーの利用状況を監視しており、問題が発生した場合には迅速に対処することを約束しています。

    https://techcrunch.com/2023/12/06/meta-launches-a-standalone-ai-powered-image-generator/

  35. buchikuma-info より:

    「expo ビジネスチャンス ビジネスチャンス expo」に関する最新情報です。

    株式会社SOKKINは、2023年12月6日から7日にかけて東京ビッグサイトで開催される「第3回 東京ビジネスチャンスEXPO」に出展します。このイベントは、珍しい商材や技術を持つ企業が一堂に会し、製品やサービスを紹介し、来場者や販路の開拓を目的とした総合展示会です。SOKKINは、人材マッチングサービス「SOKKIN MATCH」を紹介する予定で、ブースでの出展を行います。イベントの詳細は、公式サイトで確認することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000111846.html

  36. buchikuma-info より:

    「プレイ 先行 先行 プレイ」に関する最新情報です。

    大ヒットRPG『バルダーズ・ゲート3』のPS5日本語版先行プレイが注目を集めています。プレイ感想の翻訳もバッチリで、自由とスリルの冒険が楽しめると評判です。このゲームは日本でも人気が高まっており、12月21日に発売予定です。

    https://automaton-media.com/articles/reportjp/20231201-274086/

  37. buchikuma-info より:

    「beta apple fourth」に関する最新情報です。

    Appleは、開発者向けにmacOS Sonoma 14.2の第4ベータ版をリリースしました。このアップデートは、2週間前にリリースされたソフトウェアのテストを目的としています。また、公開ベータ版も利用可能です。Sonoma 14.2では、お気に入りのプレイリストに曲を追加できる「Favoritesプレイリスト」や、複数の人が共有できる協力的なプレイリストのサポートが追加されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSmh0dHBzOi8vd3d3Lm1hY3J1bW9ycy5jb20vMjAyMy8xMS8yOC9hcHBsZS1zZWVkcy1tYWNvcy1zb25vbWEtMTQtMi1iZXRhLTQv0gEA?oc=5

  38. buchikuma-info より:

    「game awards game awards」に関する最新情報です。

    The Game Awardsの主催者であるGeoff Keighley氏は、今年のイベントではセキュリティを強化すると明言しました。ステージ乱入などのトラブルを避けるための対策を取る意向です。Keighley氏は、質問に対してセキュリティ強化の計画を述べ、参加者や視聴者の安全を重視していることを強調しました。過去にステージ乱入の出来事があったため、今年はそれを防ぐための対策を取ることが決定されました。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231128-273630/

  39. buchikuma-info より:

    「12 配信 2077」に関する最新情報です。

    『サイバーパンク2077 アルティメットエディション』のダウンロード版が12月5日に配信されることが発表されました。また、PS5向けのパッケージ版は2024年2月15日に発売される予定です。このゲームはオープンワールド・アクションアドベンチャーで、巨大都市ナイトシティを舞台にしたサイバーパンクの世界を体験することができます。さらに、本作には拡張パック「仮初めの自由」も同梱されており、プレイヤーは新たなストーリーやミッションを楽しむことができます。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231121-273012/

  40. buchikuma-info より:

    「広告 ubisoft twitter」に関する最新情報です。

    Ubisoftは、イーロン・マスク氏の陰謀論支持発言による波紋を受けて、X(旧Twitter)上の広告を一時的に取り下げました。この決定は、Appleやディズニーなど他の大手企業に続くものであり、広告が取り下げられたことが報じられました。この広告は、Ubisoftが手がけるアサシン クリード ネクサスVRというゲームのプロモーションでした。イーロン・マスク氏は、反ユダヤ主義や陰謀論に関する発言で批判を浴びており、これが広告取り下げの発端となりました。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231122-273141/

  41. buchikuma-info より:

    「シス コミュニティ システム」に関する最新情報です。

    マネーフォワードは、情報システム部門担当者向けのコミュニティ「うちの情シス」を開設しました。このコミュニティでは、実務に役立つSaaSセキュリティデータベースの無料公開も行われています。また、マネーフォワード Adminaのチャット機能も提供されており、他社の担当者との交流が可能です。今後はコミュニティの参加者を増やし、チャット機能をさらに拡充する予定です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDExNTAuMDAwMDA4OTYyLmh0bWzSAQA?oc=5

  42. buchikuma-info より:

    「ロボコップ steam シティ」に関する最新情報です。

    『ロボコップ: ローグ シティ』は、Steam版が高評価を受けており、PS5版のリリースも迫っている。開発者には、Steam版の高評価の理由やPS5版の特色についてインタビューが行われた。Steam版は非商用ながら利用可能範囲が拡大され、買い切りプランも導入された。また、『Cities: Skylines II』では交通AIの問題が指摘され、開発元が弁解している。さらに、一部のゲームサイトがリアルマネーをかける対人戦を謳っていたが、実際にはBotとの対戦だったため、訴えられる可能性がある。GitHubの元CEOは、OpenAIの暫定CEOの就任依頼メールを受け取っていたが、気づかずに『スーパーマリオRPG』をプレイしていた。Nintendo Switch Onlineでは、ついに『ゴールデンアイ 007』が11月30日に追加される予定だ。『ゴーストランナー2』はPS5/Xbox/PC向けの一撃必殺アクションゲームであり、要素がてんこ盛りの「ハードコア・サイバーパンク遊園地」となっている。『サイバーパンク2077』の拡張パック「仮初めの自由」および大型アップデート2.0のレビューでは、ゲームがエッジの向こう側に到達し、最新ゲームとして生まれ変わることが期待されている。『アサシン クリード ミラ

    https://automaton-media.com/articles/interviewsjp/20231121-272979/

  43. buchikuma-info より:

    「2023 11 expo」に関する最新情報です。

    株式会社マネーフォワードは、11月25日に「お金のEXPO 2023」を主催します。このイベントでは、株式会社クレア・ライフ・パートナーズも出展します。クレア・ライフ・パートナーズは、ライフプランやマネープランに関するサービスを提供しており、自社株の選定や投資商品の手続きなどをワンストップで行うことができます。また、クレア・ライフ・パートナーズは、福利厚生サービスの導入が増加している企業向けにもサービスを提供しています。イベントの詳細やクレア・ライフ・パートナーズの情報は、公式ホームページで確認することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwNDIuMDAwMDU3MDAxLmh0bWzSAQA?oc=5

  44. buchikuma-info より:

    「profile prompts info」に関する最新情報です。

    Tinderはプロフィールページをプロンプト、情報タグ、クイズで再設計しています。この変更により、会話のスタートポイントを作りやすくし、より情報を提供することができます。ユーザーは自分自身についてのクイズを作成し、興味やペット、飲み物の好み、星座などの情報を共有することができます。TinderのライバルであるHatchedなどのアプリは、この方法を使ってプロフィールを明らかにしています。また、Tinderはプロフィールタグという新機能を追加し、ユーザーが興味やペット、飲み物の好み、星座などの情報を共有する方法を提供しています。

    https://techcrunch.com/2023/11/20/tinder-redesigns-profile-pages-with-prompts-info-tags-and-quiz/

  45. buchikuma-info より:

    「spacex launch launch starship」に関する最新情報です。

    タイトル:スペースXがスターシップを2回目のライブで見る方法
    見出し:スペースXがスターシップを2回目のライブで見る方法
    トピック1:
    トピックのキーワード:スペースX ランチ スターシップ ライブ 2回目 時間 見る方法
    トップの段落:
    エンティティ:スペースXを見る 24時間 スターシップ 7:00 AM のライブ 35分前にスペースX
    キーワード:スペースXがスターシップを2回目のライブで見る方法 24時間未満 スペースXはスターシップの2回目の打ち上げを試みる スペースXの公式な打ち上げウィンドウは土曜日の7:00 CSTに開き、20分間続く タイポ スペースXは明日のライブウェブキャストを35分前に開始し、スペースXのCEOエロン・マスクがビデオをホストする

    エンティティ:24時間 スターシップ 7:00 AM のライブ
    キーワード:24時間未満 スペースXはスターシップの2回目の打ち上げを試みる スペースXの公式な打ち上げウィンドウは土曜日の7:00 CSTに開き、20分間続く タイポ

    エンティティ:朝。プロペラントの積み込みのために進む。最初のスーパーヘビーは液体酸素と液体メタンで、次に上段は上段
    キーワード:明日の朝には、スペースXのフライトディレクター

    https://techcrunch.com/2023/11/17/how-to-watch-spacex-launch-starship-for-a-second-time-live/

タイトルとURLをコピーしました