【HS105レビュー】スマートプラグで家中快適にはならない

スポンサーリンク

スマートプラグ、ご存知でしょうか。

ぶちくま
ぶちくま

どんな家電も、コンセントに接続するものであれば、IoTでスマートな音声コントロールデバイスに変換してくれる優れものだよ!

という、幻想を抱いて購入してみたが、我が家はスマートにならなかったのでご報告します。

スポンサーリンク

スマートプラグって何もの?

スマートプラグと聞いても、いまいちピンとこないので、いつ、どこで、何に使うものなのか解説していきます。

スマートプラグとは

スマートプラグは、最近流行りのIoTに乗っかったアイテムで、「生活に関する身の回りのもの、というか家電が全部インターネットで操作したり、情報がわかるようになったらいいよね」と言った希望を、どの家電にも対応できるように商品化されたものです。

しろくまさん
しろくまさん

スマートコンセント、とも言います。

とはいえ、やってることは実にシンプルで、「コンセントのON/OFFをスマホアプリで管理する」と言った程度のものです。

スポンサーリンク

スマートプラグが必要とされるシーン

よめくま
よめくま

ん、それ、リモコンがあればできるんじゃないの?

御察しの通り、いってしまえば、スマートプラグなんてカッコつけていってるけど、実質スマホがリモコンになっただけみたいなものです。

ぶちくま
ぶちくま

そう、使えるシーンが少ないし、適応となる家電はかなり限られています。

スマートプラグが適応となるものは

  • リモコン操作のないもの
  • 電源コードの抜き差しで、オン/オフが切り替えられるもの
  • 安全装置などないもの
  • 電圧が高くない・アース線の接続が必要のないもの
しろくまさん
しろくまさん

全く想像がつきませんね、今時、そんな家電あるんですかね。

ぶちくま
ぶちくま

はい、「今どき」の家電はほぼ適応外だと思ってください。つまり、スマートプラグの役割は、手元のスイッチで操作したり、電源をぶっこぬいたりして電源を切っていた「昔ながらの家電」ということになります。

想定される家電リスト

  • 加湿器・除湿機
  • ホットカーペット
  • こたつ
  • 扇風機
  • PCの遠隔OFF
  • 照明・電気スタンド
  • イルミネーション
  • 省エネ目的でWiFiルータ
  • リモコンをなくしたテレビ
  • 子供がゲームやりすぎた時にファミコンの電源を切る
  • いやらしいビデオ・DVDを突っ込んだデッキの管理
しろくまさん
しろくまさん

うーん、やっぱり思ったほどはないですね。今の家電なんて、扇風機にもリモコンがありますからね。

ぶちくま
ぶちくま

外出中に、うっかりAV入れたままのビデオデッキのことが気になった時とかは、アプリでON/OFFが管理できるから、家族がデッキを使おうとした時に強制的にシャットダウンさせるという裏技はあるよね

スポンサーリンク

スマートプラグが使えない家電

逆に、「使えると思ったらダメだった」となりがちな家電は以下の通り。

  • 加湿器試そうと思ったけど、人がいない時にONになると家事の原因になりそうでやめた
  • コンセントを入れても「電源ボタン」を押さないと起動しない家電だった
  • コンセント(電源プラグ)の形状が違った・対応していなかった

リモコンがあって外で操作したい家電は

ちなみに、リモコンがある家電を、外出中に操作したい場合は圧倒的に「スマートリモコン」の方が便利なので、そちらもご贔屓に。

スポンサーリンク

スマートプラグの使い方

スマートプラグの実際の使い方をシーン別で考察していきます。

リモコンがわりに使用する

まずは、シンプルにリモコンがわりに使用します。

ぶちくま
ぶちくま

ただのリモコンではなく、スマホで操作でき、かつ外出中でも管理できる、という点がポイント。

家に着く前に少し部屋を暖めたい

個人的には、人がいない時に熱源となるヒーターのようなものに使用するのは心配ですが、使い方としては「あと少しで家に着くから、脱衣所を少し暖めたい」なんて時に便利です。

ぶちくま
ぶちくま

セラミックファンヒーターと相性がいいですね。

脱衣所・浴室の暖房にはセラミックファンヒーターで対応できる
二世帯住宅に住む者としては脱衣所・洗面所でのヒートショックが怖い。というわけで、お勧めのセラミックファンヒーターについて開設しました。購入した商品はパナソニックのコンパクトヒーターになります。加湿の必要はないので機能は最低限でOKですし、十分暖まりました。

PS1を起動させておいてロード時間を待たなくてもすむ

同様に、家に着く前に起動させておきたい、といえばPS1ですね。ロードに時間がかかるので、数分前には起動させておきたいところ。

プラグ(コンセント)の状態を知る

リモコンではできないのが、「コンセントの状態を知る」ことです。これは、外出先で「あっ、扇風機つけっぱなしじゃね?」と思った時に便利です。

消費電力を計測するものも登場

あとで、お勧めのスマートプラグも紹介しますが、スマートプラグの機能のひとつに「消費電力を計測する」というものがあります。

省エネのため

意外と大事なのが、省エネ。例えば、外出中は絶対に使わないけど、電源の管理はしないなってものは意外とあると思います。

  • WiFiルータ
  • 差しっぱなしの充電器
  • あまり見なくなったDVD/BDなどのデッキ
  • スピーカー
  • 長期外泊の時の冷蔵庫

これらの「外出中には必要ない家電」の電源は、スマートプラグの根元に差したマルチタップなどでまとめておき、外出した途端に電源を切る、なんて使い方は非常に地球に優しいですね。

よめくま
よめくま

でも、電源オフにするくらいマメにやればできるし、そもそもその操作を忘れちゃいそうじゃない?

いえいえ、その辺りが「スマート」なコンセントである理由なんです。

外出時をトリガーにできる

KASAアプリで外出時を設定
ちなみに今回のプラグは面倒な設定が必要

何がスマートかっていうと、電源管理に関しては、いろいろな「条件付け」をすることで自動で管理してくれるんです。

ぶちくま
ぶちくま

例えば、「外出した時」というトリガー(条件が達成された時に起動する仕掛け)を設定しておくと、対応しているスマホが検出されなくなると電源操作を自動で行う、という感じですね。

よめくま
よめくま

よくわからないけど、「こういう時には、こうしてね」っていうのが登録できるってことね。朝起きたら目覚まし鳴らして、みたいな。

セキュリティ管理

WiFiルータなんかはセキュリティが甘いと、集合住宅だとPCやスマホが乗っ取られたり変なウイルスを仕込まれたりする危険性があります。不要な時は物理的に電源を切ってしまうことが最もセキュリティ対策としては優秀です。

外出中の電気をつける

いわゆる、ホームアローン的な感じで、外出していても電気スタンドをつけたりしてみることで「誰かがいる」ようにカモフラージュすることができます。

ホーム・アローン DVDコレクション(5枚組)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥5,392(2019/09/24 03:22時点)
スポンサーリンク

TP-Linkのスマートプラグ【HS105】を買ってみた

と、いうわけで前置きは長かったですが、スマートプラグを買ったのでレビューします。

TPLINKのスマートプラグは2個入りがおトク

HS105を購入するメリット

今の所は、これといったメリットは感じていません。ただ、製品が悪いというよりは「スマートプラグ」という製品のコンセプトを使いこなせていないだけのような気もしますが。

アプリはスマート

シーンで簡単にセットアップできる、KASAアプリ

アプリでできることは、シーンの設定と、スマートプラグのOn/Offという感じです。この状況になったら登録した操作を行う、といったシーンを登録することができます。

スマートスピーカーとの相性はいい

以下の音声コントロールに対応しています。

  • GoogleAssisutant
  • Microsoft Cortana
  • Alexa
Siriでも操作できる

できます。できますが、IFTTTの知識がないとかなり厳しいです。一応手順だけ。

  • iPhoneなどでSiriを呼び出す
  • Siriに「やってほしいこと」を伝える
  • 「やってほしいこと」はWebhookアプレットに登録しておく
  • Siriショートカットで「やってほしいこと」をトリガーにしてWebhookを実行
  • HS105の電源がWebhookで操作される

こういったややこしい操作を乗り越えられる人しか今の所は使用できません。

Home Kitの普及が鍵

ですが、HomePodも日本で発売されて、ようやくHomeKitの下準備が整ったところ。Alexaの「スキル」のように、そのうち「機能を選ぶだけで簡単に設定できる」ように調整されていくはずです。

ぶちくま
ぶちくま

あるいは、Siriとのやり取りだけで最適なHomeKitスキルを選択して全Apple製品で簡単に共有できるようになるかもね。

HS105のデメリット

買わなきゃよかったな、と思う点です。

極性付きコンセントしか対応していない

これは我が家にとっては大きな罠でした。TP-LinkのHS105は、コンセントの極性を合わせて使用する必要があります。

よめくま
よめくま

コンセントの極性とは何だ?

コンセントには極性がある

実は、コンセントは、よく見ると穴の大きさが違います。

大体の家電は電圧の調整など必要ないので、コンセントの差す方(差込プラグ)は左右同じ大きさなので、差す方向はきにする必要がありません。ですが、HS105は、差込プラグにも左右差があるので、「決まった方向」で「極性のあるコンセント(テーブルタップ)」にしか使用することができません

延長コードとの併用はできない
スマートプラグを使うためにコンセントを自作する

んで、何が実害かっていうと、言ってしまえば延長コード先で使用することができない、ということです。

ぶちくま
ぶちくま

頑張って極性対応のテーブルタップ(延長コード)を見つけるか、自分で作るかすればいいのですが、そこまでの根気はありません。

延長コードをつなぐことはできる

ただ、延長コード→HS105のつなぎ方ができないだけで、HS105→延長コードのように、根元がHS105になる使用はできます。

ぶちくま
ぶちくま

ただし、その場合はHS105を消すと延長コード先の家電も丸ごと使えなくなるので、微調整ができなくなる感じですね。

カチカチ音がうるさい

ほとんど気にならないレベルではありますが、電源が入ったり消えたりする時にカチカチとクリック音みたいなものが聞こえます。物理的な操作が中で行われているようです。

家族は使用しない

だいたい、買った当人は盛り上がってるのですが、家族はアプリをダウンロードすらしないものです。

「電源を消す人」になる

というか、なんだったら電源管理をする人、という大任を任されることになるので、どちらかといえば面倒が増えるだけだったりします。

電源かついてるか消えてるかなんて外出中に気にしない

繋いでいる家電が、それほど重要度の高くないものだと、そもそも外出中に気にかけたりなんかしません。

よめくま
よめくま

別に、それはこのスマートプラグが悪いわけじゃないでしょ

ぶちくま
ぶちくま

スマートっていうくらいだから、この電気製品にこの電圧をかけすぎるとやばいぜ、みたいな感じで勝手に止まってくれるとばかり。。。

期待しすぎでした。

買うべきかどうか

使うシーンがしっかりと想像できている場合には、TP-LinkのHS105は一番お勧めできるスマートプラグではあると思います。

しろくまさん
しろくまさん

何より、安いですしね

スポンサーリンク

オススメのスマートプラグ

HS105以外のスマートプラグも簡単に紹介して終わりにします。

TECKIN

消費電力のモニタリングまでしてくれる

消費電力のモニタリングで省エネ効果もアップ、というよりはシンプルに「あれ、電源きれてなくね」ということに気付けるのが大きいかと。

JULES.V

2個口を探している場合には一番お勧め

2個口でありながら、それほど野暮ったくないデザインなのが好印象です。海外では、割と普及しているようで、2個口が便利とのこと。

Meross

マルチタップタイプをお求めの場合

USBポートも備えており、4口のコンセントがあるので、「使いたい家電」が一箇所にまとまっている場合には大変便利。しかも、安い。

しろくまさん
しろくまさん

Line Clovaにも対応しているのが地味にポイント

スマホやPCの故障が心配なら

故障が心配ならモバイル保険が便利


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」です。

iPhoneに限らず、端末の初期不良に対してはこう言った有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるしね

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、ほぼ端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

「モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

登録できる端末一例

  1. スマートフォン
  2. タブレット
  3. ノートパソコン
  4. スマートウォッチ
  5. 音楽プレイヤー(モバイル)
  6. 携帯ゲーム機(Switch含む)
  7. モバイルルーター


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

 

PC/MAC周辺機器
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました