au修理代金サポート時代にAppleCareまで必要なのか

スポンサーリンク

auのスマートパスとAppleCareについては、もう散々語り尽くしたのですが、auがちょこちょこサービスを変更しやがるので、記事を新調することにしました。

スマートパスとAppleCare+を使い倒す【エクスプレス交換】
auのスマートパスの魅力は、AppleCare+との合わせ技でiPhoneの故障修理代金がキャッシュバックと言う、ただ1点のみ。プレミアムがiCloudと4年間補償で悩みどころ。
スポンサーリンク

故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージとは

長い見出しだ。もう少し、わかりやすくて親切でキャッチーなネーミングはなかったものか。

auの故障紛失サポート(Apple)の概要

これは、公式HPのまんま引っ張ってきましょう。

  • Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesの製品保証を4年間提供。
  • 紛失盗難時に新品同等品を受け取れる補償。
  • 無料iCloudストレージ(50GB)を4年間提供。

というわけで、このページを調べにきた人は「結局、このサービスはお得なのかどうか」ということだと思うので、その辺りのところを詳しく解説していきます。

サポートの注意点

まず、きっとauのお姉さんも説明したであろうけども、流し読みで全く頭に入っていない私のために、サービスを受ける上での注意点についてピックアップしていきます。

  • auショップ(au取扱店)のみ。
  • iPhone購入時のみ。
  • 48回の請求後に終了。
  • 紛失・盗難サポートは、故意・重過失による場合、災害(地震・噴火・津波・水害)などによる損害は対象外。
  • 日割計算なし。

故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ利用規約(558KB)

スマートパスも同時加入、は不要

さらに、スマートパスを利用していると、「あんしんサービス」の一環として、修理代金や紛失時の再購入負担金をサポートしてくれるサービスも受けられます。

ぶちくま
ぶちくま

、、、が、当然、スマートパス(プレミアム)の月額がかかります。しかも、補償を受ける時まで加入の必要があります。

「AppleCareサービスが4年間受けられる」のはお得なの?

まず、Apple公式の「スマホの保険」となるものがApple Care + です。

こちらは、普通に加入すると2年間まで(実質1年間の延長)なのですが、このApple Careが4年間提供されるます。

ぶちくま
ぶちくま

つまり、普通に契約するよりも3倍もお得、と考えられなくもないのです。

https://www.apple.com/jp/support/products/

端末の製品保証は元々1年間ある

ここで勘違いしやすいのが、AppleCareプラスに加入しなくても、ハードウェア(デバイス、端末)の保証はあります。

ぶちくま
ぶちくま

言い換えると、初期不良や、Appleに原因のある修理に関しては、Apple Care + に加入することなくAppleはちゃんと対応してくれます。

初期不良以外の故障は少ない

どんな製品でも、初期不良さえ乗り越えれば、端末に依存した故障の可能性はほとんど無くなります。

しろくまさん
しろくまさん

つまり、保証が必要かどうかは、「今まで、どれくらい端末を破壊したことがあるか」で考えればいいと思います。

ぶちくま
ぶちくま

私は、スマホごと洗濯したことがありますが、逆に画面をバキバキにしたことは未だかつてありません。

自分が起こしやすい事故・ミスには傾向があるので、画面割ったことがある人は加入おすすめです。

中古でiPhoneを売るなら必須

メルカリなどで中古のiPhoneを売る場合には、一度新品に交換した方が高く売れますし売却時のトラブルも少ないです。

iPhone7を中古で高く売る場合にやるべきこと【目標4万円達成】
iPhone7を高額売却するための方法を考えてみました。とは言え、基本的には情報収拾が物を言いますし、「端末交換」などの小技を聞かせる準備が大切です。

テクニカルサポートが嬉しい

Appleのテクニカルサポートの方が、実は嬉しい特典です。

ぶちくま
ぶちくま

Appleの場合は、電話相談も有償サービス(になったことは未だにありませんが、表向きはお金が必要)です。

スマホだとテクニカルサポートが必要な場面は少ないが

スマホの場合は、アプリの利用くらいで製品が起動しなくなるレベルの設定を変更することはほとんどありません。

しろくまさん
しろくまさん

不具合を起こすようなアプリなどは、そもそもApp Storeで配信されないような仕組みになっていますからね。

ぶちくま
ぶちくま

ですが、それでも突然iPhoneが立ち上がらなくなることはなくはない。

優先アクセスあり

AppleCare加入中は、サポートへの連絡もスムーズ(優先アクセス)なので、気になることがあればすぐに相談できる体勢があるのはとても安心するところです。

https://support.apple.com/ja-jp/complimentary

意外と少ない有償相談

有償とはいえ、Apple側のトラブルの場合は当然無償での対応になります。

有償になるのは、本当にテクニカルな問題で「どうやっても自分じゃ解決できない」パターンがほとんど。

仮に有償だろうと利用して損することはありません。

エクスプレス交換も嬉しい

Appleストアが近くにない、クソ田舎民の私のような人間だと、端末修理(新品交換)の時に、エクスプレス交換を利用して、家にいながら故障品の交換が受けられるのも便利です。

スマートパスとAppleCare+を使い倒す【エクスプレス交換】
auのスマートパスの魅力は、AppleCare+との合わせ技でiPhoneの故障修理代金がキャッシュバックと言う、ただ1点のみ。プレミアムがiCloudと4年間補償で悩みどころ。

バッテリー交換すら使わない

サービス内容にはバッテリー交換もあるのですが、端末を交換できるサービスがあるので、バッテリー単品で交換する場面はかなり少なくなってきました。

バッテリー自体の性能も上がっているので、容量80%未満になるのは数年かかると考えられます。

AppleCare+ for iPhone

紛失・盗難サポート付きってどういうこと?

AppleCare+では、ここまで説明してきた「端末の修理補償」と「テクニカルサポート」とは別途で、「盗難・紛失プラン」というものを付け加えたサービスもあります。

ぶちくま
ぶちくま

これは、言い換えると「端末が手元になくても新しいiPhoneと交換できる」という、禁断の補償サービスです。

利用規約を見ると、auの故障紛失サポート with AppleCare Servicesと、Apple純正のApple Care +では、微妙にサービス内容が異なるので注意て必要です。

Apple の紛失盗難保証つきケアプラスは

AppleCare+ 盗難・紛失プランでは、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスと、盗難や紛失に対する保証を、1回につき下記のサービス料で2回まで受けることができます。

https://www.apple.com/jp/support/products/iphone/
ぶちくま
ぶちくま

基本的なサービス内容は一緒ですが、保障期間はAppleCare+と同様なのと、iPhone購入時に盗難保障つきプランを選択する必要がありますね。

iPhoneを探すは有効になっている

AppleのApple Careの場合は、iPhoneを探すという設定がオンになっていることが条件です。

ぶちくま
ぶちくま

「iPhoneを探す」は、いじらない限りはオンになっていますが、念のため、注意はしてください。

盗難・紛失に対する保証を受けるには、デバイスの盗難または紛失が発生した時点で、そのデバイス上で「iPhoneを探す」が有効になっていることが必要です。

https://www.apple.com/jp/support/products/iphone/

というわけで、一応、紛失時の追跡が可能な端末に限定されるというものではあるようです。

auのApple Care Serviceは?

au経由の場合は、利用規約上はiPhoneを探すの設定に関する項目はありません。少し縛りがゆるい、とも考えられます。

ぶちくま
ぶちくま

たぶん、auのICカード・GPS機能などで不正利用などは追跡できる、ということなんだとは思いますが。

無料iCloudストレージ50GBはどうなの?

私は50GBでは全然足りないのですが、例えばファミリーシェアせずに、自分のiPhoneのバックアップを取るくらいなら十分です。

Appleのクラウドサービスは便利

ぶちくま
ぶちくま

クラウドサービスは、もう世の中に腐る程生み出されていますが、iPhoneユーザーであれば、iCloudのストレージ課金は必要経費だと思います。

家族で写真を共有するための方法「データクラウドサービス」
私はiPhone使いです。ただ、Appleと添い遂げようとは思っていないので、基本的にはAppleのサービスだけには依存せずに、GoogleやAmazon関連のクラウドサービスなんかも利用しています。ぶちくまiCloud...

iCloudストレージはiPhoneユーザーなら5GBは無料で利用可能です。ただ、5GBというと、写真のバックアップでもいっぱいいっぱいです。

しろくまさん
しろくまさん

面倒な操作が不要なのがiPhoneのメリットの一つとも言えるので、50GBに増量されるサービスがあれば少しは安心できます。

日本のiCloudストレージ料金リスト
  • 50 GB:¥130
  • 200 GB:¥400
  • 2 TB:¥1300
ぶちくま
ぶちくま

まぁ、たった130円、とも言えるのですが、固定費用で130円支払うのって何となく抵抗ありますよね。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201238

スポンサーリンク

アップルケアの故障紛失サポートにauユーザーは加入すべきか

というわけで、まとめに入って、auのApple Care Serviceに加入すべきか否かを評価します。

加入のメリットは薄い

au歴もiPhoneユーザー歴もそれなりに長い私の体感では、「普通にApple経由のAppleCare+を利用した方がわかりやすい」上に、「サービスに大きな変わりはなく、価格上もそれほどお得ではない」と感じました。

加入すべき人

では、いったいどのような立場にある方がこのサービスを利用すべきなのかを記しておきます。

ぶちくま
ぶちくま

分割支払いがしたい人、と書こうとしましたが、よくよく考えたら普通にiPhone買った時にAppleCareプラスをつけた状態で分割払いにすれば解決でしたね。

auスマートパスプレミアムに加入している

auスマートパス加入者の場合は、さらに修理代金の補填も可能になるので、AppleCareを利用した格安の修理代金11,800円すらauから補填されます。

ぶちくま
ぶちくま

申請が面倒ではありますが。

1年も使えば修理が必要な箇所は叩けば出てくる

もちろん、故障している状態が必要になりますが、だいたい、どのiPhoneも検査のためにiPhoneを解体すると水濡れ反応が出るので(そんなことはない)、水濡れの不具合による交換で修理代金は回収できます。

1年に一回は画面を割る

画面を割る人は、神経発達的に不注意が強い可能性があります。よくものを落とすという方は、本人の意識の問題を超えて、「ものを落としてしまう意識の仕組み」にあると考えてもいいと思います。

つまり、画面割れを経験したことがある方は、高い確率でもう一度スマホを割る可能性があると考えられます。

ぶちくま
ぶちくま

生命保険なら再発リスクの高い既往があると加入できないところですが、スマホの場合は加入できるのでありがたい話です。

逆に、(不注意は別として)スマホを扱う時に注意して保護シートを貼ったり頑丈なケースを買ったりする場合には、補償の必要性が低くなります。この場合は、無理にサポートに加入する必要はないと思います。

しろくまさん
しろくまさん

心配性の人ほど無駄な保険に入って、入るべき人ほどリスクに備えたお金の使い方ができなかったりするんですけどね。

お手頃価格のスマホ保険も

少しPRを挟んでおきますが、私がAppleCareよりもお得だと思って利用しているのが「モバイル保険」です。

ぶちくま
ぶちくま

詳細な記事も書きましたが、登録は簡単ですし、3台まで保障対象にできるのでファミリー向けです。

モバイル保険とjustInCaseを比較する「スマホの保険評価」
モバイル保険が便利すぎて、キャリアの端末補償やAppleCare+の必要性が薄れたのですが、現在はさらにお得な保険も出ているようなので比較してみました。

コストのお得さが知りたい

すでに結論で「お金的にもそんなにお得じゃないよ」と書きましたが、実際に、Apple純正保障とauの保障をお金の面で比べていこうと思います。

au経由のApple Care Serviceの月額料一覧表

端末月額料
iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max / iPhone XS / iPhone XS Max / iPhone X1,190円
iPhone 11 / iPhone XR / iPhone 8 Plus / iPhone 7 Plus / iPhone 6s Plus890円
iPhone SE(第2世代)/ iPhone 8 / iPhone 7 / iPhone 6s790円
iPhone SE(第1世代)707円

月額料が異なるのは、大元のAppleCare+のサービス料が異なるためですね。端末が高いほど、当然、月額費用は高くなります。

Apple Care プラスの価格リスト

カッコ内は盗難・紛失プランです。

  • AppleCare+ for iPhone SE:8,800円(10,800円)
  • AppleCare+ for iPhone 11 Pro Max:22,800円(24,800円)
  • AppleCare+ for iPhone 11:16,800円(18,800円)

ちなみに、これを4年間使用すると仮定した場合、単純な2倍ではないような気はしますが、iPhone 11 Pro Maxだと1033円/月になります。

ぶちくま
ぶちくま

au経由の場合は、セットでiCloudストレージ 50GBつくので、計算上はお得な感じもします。

期間は長いが内容は薄い

前述しましたが、AppleCareプラスは保証期間を1年間追加するサービスなので、補償期間に関してはより手厚くなった、とも考えられます。

しろくまさん
しろくまさん

ただ、補償回数は4年間で2回までなので、純正のAppleCareプラスに加入して、機種変更時にiPhone売って新機種に変えた方がお得なような気はします。

ぶちくま
ぶちくま

手間ですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました