「ファミリー共有」の知っておきたい裏技集

スポンサーリンク

iPhone/iPadユーザーが知っておくと便利な「ファミリー共有」に関する裏技情報についてまとめていきます。

スポンサーリンク

「ファミリー共有」の最新アップデート情報

iOSのアップデートにより、ファミリー共有でできることが増えましたので、まずはその情報についてまとめていきます。

最新iOSのアップデート情報

最新のiOSアップデート情報に関してはこちらの記事にまとめてあります。

iOS16アップデートのメリット、注意点とトラブル時の対処方法
iOS16が9月13日にリリースされることになりました。リリース当日に更新すべきではない理由と、トラブルが起きた時の対処方法についてまとめています。

最新iOSで改善された「ファミリー共有」の要点

最新iOSでファミリー共有の仕様が変更・改善されたところがあるので、まずは要点だけ解説していきます。

iOS 16のアプデでできるようになったファミリー共有

ファミリー共有は、はじめから適切なペアレンタルコントロールを設定して子どものアカウントを設定するための、より簡単な方法を提供します。これには、アプリケーション、映画、ブック、音楽などへのアクセスを年齢に応じて適切に制限する提案や、新しいデバイスのセットアップ時に既存のペアレンタルコントロールを自動的に適用する、よりシンプルなプロセスが含まれます。子どもからスクリーンタイムの延長をリクエストされた場合は、保護者はメッセージアプリケーション内ですぐに承認または却下できます。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2022/06/apple-unveils-new-ways-to-share-and-communicate-in-ios-16/
スポンサーリンク

ファミリー共有の知っておきたい裏技情報まとめ

ファミリー共有を利用する上で知っておきたい裏技・チート級のテクニックをまとめていきます。

ファミリー共有の裏技1:スクリーンタイムを解除する裏技

ファミリー共有をする際にしておきたい「スクリーンタイムを解除する方法」についての情報をまとめています。

ファミリー共有の裏技「スクリーンタイムを解除する裏技」の使い方

「スクリーンタイムを解除する裏技」の方法について手順を説明します。

まずは、本来のスクリーンタイムの解除方法。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「スクリーンタイム」の項目をタップ
    スクリーンタイムでパスコードが設定されていない場合は「スクリーンタイムをオフ」をタップすればOK
  3. 「スクリーンタイム・パスコードを変更」をタップ
    パスコードを入力すればOK
  4. 「パスコードをお忘れですか?」をタップ
  5. Apple IDとパスワードを入力
  6. 「OK」をタップ

つまり、「パスコード」か「Apple IDとパスワード」が自分で管理できていなければ、スクリーンタイムをオフにすることはできません。

Apple IDの解除はかなり難しい(できてしまうとクレジットカードなどの利用までできてしまう)ので、パスコードをオフにすればいいというわけです。

スクリーンタイムのパスコードは個別に設定されているので、iPhoneのロックを解除するものと共通ではありません。

「iPhoneを探す」をオフにすることで解除することができるという情報もありました。ただ、iPhoneを探すをオフにするのにも、Apple IDの入力やパスコードの入力を求められるので、結局のところ、誰かが管理しているiPhoneのスクリーンタイムを解除するのはかなり面倒です。

極論、iPhoneを初期化してしまえばスクリーンタイムの設定に関してもオフにはなります。

ただ、iPhoneは所有者の権限なくiPhoneを消去しても、復元後にApple IDの入力を求められるようになっているので、何にせよ、誰かの管理が必要とされてスクリーンタイムを導入されているのなら、ホストに交渉してスクリーンタイムを解除してもらうのが一番手っ取り早いです。

あえてスクリーンタイムを外側から解除するなら、「ロック解除系のリカバリーツール」を利用することでパスコードを回避できる可能性があります。

  1. iMyFone Lock Wiper
  2. AnyUnlock
  3. Dr.Fone

私の手持ちで言えば、Dr.Foneの「ロック解除」機能を使えばパスコードを回避できます。

スクリーンタイムのパスコードを解除するツール、iPhoneのファミリー共有

結局、スクリーンタイムを一時的に解除したところで、ホスト側でレポート確認されたらアウトなのであんまり意味ないっちゃ意味ないのですが、方法としては色々あるということで。

「スクリーンタイムを解除する裏技」をする際の注意点

  • スクリーンタイムは個別のパスコードでロックされている場合がある
  • スクリーンタイムのレポートが作成されなければホスト側で気づく
  • iPhoneの初期化はデータ消失リスクがある
  • iPhoneを初期化しても、復元後に認証が必要になる場合がある

ファミリー共有の裏技2:位置情報の共有をキャンセルする

ファミリー共有をする際にしておきたい「位置情報の共有をキャンセル」についての情報をまとめています。

ファミリー共有の位置情報などのプライバシーに関する情報はこちらの記事でもまとめています。

ファミリー共有の罠を解説|プライバシーを守る設定方法
AppleMusicをファミリーシップにグレードアップした都合、アカウントを妻と「ファミリー共有」したのですが、プライバシーを犠牲にする罠になりかねないので、お互いが心地よい距離感でお得に過ごす設定などの解説をします。

ファミリー共有の裏技「位置情報の共有をキャンセル」の使い方

「位置情報の共有をキャンセル」の方法について手順を説明します。

まずは基本の使い方。

「探す」で友達を探す/位置情報を共有する

家族と位置情報を共有する

基本的に、自分でApple IDのアカウントを操作できる方なら以下の方法で位置情報の共有や解除が可能になります。

位置情報を共有する方法
  1. iPhone、iPad、または Mac で「探す」App を開く
  2. 「人を探す」タブをタップまたはクリック
  3. 家族の名前をタップまたはクリック
  4. もう一度タップしてメニューを表示
  5. 「自分の位置情報を共有」をタップまたはクリック
全員との位置情報の共有をやめる
  1. 「探す」App を開く
  2. 「自分」タブを選択します。
  3. 「自分の位置情報を共有」をオフにします。
特定の人との共有をやめる
  1. 「探す」App を開く
  2. 「人を探す」タブを選択
  3. 位置情報の共有をやめたい相手を選択
  4. 下にスクロールし、「自分の位置情報の共有を停止」を選択
「友達リクエストを許可」をオフ
  1. 「探す」App を開く
  2. 「自分」タブを選択
  3. 「友達リクエストを許可」をオフ
子供用アカウントでの位置情報解除方法

子供用アカウントの登録方法はiOS16で変更予定です。

ファミリーアカウント作成時に「位置情報を共有」という項目があるので、iPhone購入時から設定されている可能性が高いですね。

また、AppleIDは13歳未満は作成できないので、小学生の時にiPhoneを購入してもらったりした場合は、基本的に本人(子供)アカウントは作成できません。親のアカウントに付随した子供用アカウントを作成します。

しろくま
しろくま

Appleとしては、13歳まではAppleデバイスも親の付帯品という位置付けなんですね。

「位置情報の共有をキャンセル」をする際の注意点

  • そもそもの位置情報を共有する必要性をファミリーメンバーが理解しているか
  • 共有の設定は変更できるが、結局、監視されるべき時に共有を切っていればやましさは残る
スポンサーリンク

「ファミリー共有」の基本仕様と設定に関する情報

ファミリー共有の基本的な仕様とおすすめの設定についての情報をまとめていきます。

ファミリー共有の基本的な設定

ファミリー共有の基本的な設定は以下のようになっています。特に変更の必要がなければ、まずは基本の設定を理解することで、ファミリー共有の使い方を学んでいくのが良いかと思います。

また、詳細なファミリー共有の情報はこちらの記事でもまとめているので、余裕がある時にでも確認してみてください。

ファミリー共有の罠を解説|プライバシーを守る設定方法
AppleMusicをファミリーシップにグレードアップした都合、アカウントを妻と「ファミリー共有」したのですが、プライバシーを犠牲にする罠になりかねないので、お互いが心地よい距離感でお得に過ごす設定などの解説をします。

ファミリー共有の基本仕様

あまり興味はないかもしれませんが、ファミリー共有が基本的にできることは以下のこと。

  • AppStoreで購入したコンテンツの共有
  • Apple のサブスクリプションを共有
  • ファミリーメンバーとの位置情報の共有(個別設定可能)
  • スクリーンタイムの共有(個別設定可能)
  • こどもアカウントの制限・許可などの処理

参考として公式HPの「ファミリー共有」の情報を一部引用しています。

iCloud+を共有してもプライバシーは守られる

以下のものはファミリー共有しても、相手と全ての情報が共有されるわけではありません。

  • 写真
  • ファイル
  • 書類
  • Apple Musicの設定、おすすめなど
  • Apple Fitness+の設定
  • Apple TV+ の設定、おすすめなど
  • 非表示設定した購入アイテム

ファミリー共有で設定可能な項目

ファミリー共有で設定可能な項目についてまとめておきます。

ファミリー共有の基本的な設定方法、iPhoneのファミリー共有

ファミリー共有に関する項目は、設定アプリの中でもさまざまな項目にまたがっているので、設定が色々と面倒ではあるのですが、基本的には設定アプリの「Apple ID」の項目から「ファミリー共有」を選択することで設定が可能です。

  • メンバーの追加
  • サブスクリプションの管理
  • 位置情報の共有設定
  • 購入アイテムの共有設定
  • iCloud+の共有設定(有料iCloudストレージの共有)

位置情報の共有設定は、「プライバシー」の「位置情報サービス」から設定することもできます。

また、各種サブスクリプションは「Apple ID」の「サブスクリプション」からファミリー共有したい項目を確認することもできます

変更しておきたいファミリー共有の設定・ルール

先に説明した基本設定では使い勝手が悪いと感じた時に、私なりに考えたおすすめの設定があるので、使いやすそうと思った項目に関してはぜひ真似してみてください。

iPhone「ファミリー共有」のおすすめ設定

子どものアップル製品の位置情報を登録する

子供のプライバシーに関しては色々と配慮してあげたいところですが、同時に子どもの安全を守るのは親の義務なので、どうしても比重としてはプライバシーは後回しとなってしまいます。

しろくま
しろくま

子どもを管理したいわけじゃないんだけどね。

例えば、子どもがまだ小さい時に最低限の連絡手段として利用をお勧めしたのはApple Watchです。ゲームなどはほとんどできないようなものですし、それでいて子どものヘルスケアとしても役立つので、スマホを持たせる前のモバイルデバイスとしては最適だと思います。

AppleWatchを子どもに持たせる際に知っておきたい共有方法
Apple Watchでのファミリー共有で、子供の連絡手段と防犯対策が一度にできてスマホ持たせるよりずっと安全で経済的だ、という話。ただ、Apple Watchが、高い。

子どもの位置情報は、いざという時に最も対応しやすい情報のひとつです。加えて、子どもが失くしたときに紛失防止の観点からも位置情報の共有をおこなっておくと発見までの道標となります。

サブスクリプションの共有

前述の通り、サブスクリプションを共有しても、iCloud内に保存された書類データや、写真や音楽などの情報まで筒抜けになるわけではありません。

サブスクリプション以外にも、親が購入した漫画や小説を、子供におすすめする際にも便利です。

しろくま
しろくま

今は電子書籍ばっかりになってきているから、子供に本棚をいじらせて成長に合わせて好みの小説が親から受け継がれていくといいよね。

ファミリー共有の知っておきたい上級テクニック

購入したアプリを非表示にする

ファミリー共有では、アプリのダウンロードやAppStoreで購入したものが表示されてしまいます。

根本的には、ホストが「購入アイテムをファミリーと共有」という項目をオフにすることで解除できます。あるいは、メンバーが「購入アイテムの共有を停止」することもできます。

ただ、一部のアプリだけは非表示にしたいというときもあると思います。何やかんや、ホストが一家の大黒柱で色々購入してくれるのを利用できるところもあるので。

自分が利用しているアプリに関しては、AppStoreのメニューから非表示設定することができます。

購入したアプリを非表示にする方法、iPhoneのファミリー共有
  1. AppStoreを開く
  2. 画面上部のアカウントボタンをタップ
  3. 「購入済み(自分が購入したApp)」をタップ
  4. 非表示にしたいアプリを左にスワイプ
  5. 完了をタップ

App Store で購入した App を非表示にする

これで、家族に購入(ダウンロード)したアプリを見ることはできなくなります。

非表示にしたアプリを表示する方法、iPhoneのファミリー共有

ちなみに、非表示設定しているアプリを再度表示する場合には、設定アプリかAppStoreから、AppleIDの項目を選び「非表示の購入済みアイテム」の項目を選ぶことで表示するアプリを選択することができます。

「ファミリー共有」を使っていて困ること

裏技のネタ探しにTwitterなどでの「ファミリー共有」の反応をまとめておきます。

「機能名」に関するTwitterの反応

ファミリー共有でプライバシーが筒抜け
ホストがApp課金を支払う
位置情報共有を活用する

ファミリー共有でできるようになったこと(過去ログ)

アップデート情報で古くなったものをここに載せておきます。

スポンサーリンク

まとめ:ファミリー共有のやっておくべきこと

最後までお読みいただきありがとうございました。

iPhoneユーザーは標準で利用できる機能であるファミリー共有ですが、プライバシーの問題や子供アカウント側からの「うちの親、余計なことしやがって」という悲鳴が特徴的な機能であると言えます。

おさらいとしてこのページの内容をまとめておきます。

ファミリー共有で知っておきたいことまとめ

  • プライバシーは設定次第で守られる
  • 13歳未満は親のiPhoneを使っているという認識なので、諦めも肝心
  • 年齢相応のプライバシー設定は親側が配慮すべき

ファミリー共有自体は、電子に移行してしまった家族内の(ビデオとか音楽とか)アクティビティ資産を、改めて家族内で共有しやすくした素晴らしい機能です。

ただ、ときに「位置情報の共有」や「アプリのダウンロード」などの面においては、制限される側としては煩わしく感じるものでもあります。

個人的には、あまり面と向かって相談するのは恥ずかしいものだとは思いますが、家族だからこそある程度のことは相談できる間柄であるべきだとも思います。

かめ
かめ

親は子供から相談されたときに「何かやましいものでもあるのか!」と叱責するのではなく、親に隠しておきたいものができたという成長を喜び、自分が子どもの時にされて嫌だったことは子供に強いることのないように配慮したルールづくりを心がけたいものですね。

ファミリー共有のよくあるQ&A

Q
ファミリー共有はiPhoneなら誰でも使えますか?
A

ファミリー共有はAppleIDを持っているホストが設定することで、誰でも利用可能です。

実際には家族である必要もなく、ホストが招待したApple IDであれば、友達やネット上の知人なんかでもファミリー共有は可能です。

Q
ファミリー共有は友達とも利用できますか?
A

仕様としては、血縁証明などを必要とする登録方法ではないので友人同士でもファミリー共有は利用することはできます。

ただ、これまで説明してきた通り、ファミリー共有は相手とのプライバシーに関わることまで共有を強いることができる仕組みになっています。

また、メンバーの購入アイテムがホストに請求される設定となっている場合もあり、トラブルの種は尽きないのでおすすめはできません。

Q
ファミリー共有で紹介されている機能が使えないのはなぜ?
A

まずはOSのバージョンをご確認ください。最新の機能に関してはOSのバージョンアップ(更新)が必要になる場合があります。

また、他のアプリやインストールを失敗することでエラー・バグが起きている可能性があります。

うまく復旧できない場合は、iPhoneの復旧ソフトに関する情報もまとめていますのでこちらもご参照ください。

Q
ファミリー共有が使えないiPhoneはあるの?
A

基本的にはファミリー共有はiPhoneの標準機能です。古い世代のiPhoneの場合、最新のiOSに対応していない可能性もあるのでご確認ください。

最新機種から現役でギリギリ使えるラインのiPhoneに関する情報はこちらの記事でまとめています。

Appleサービス
Apple製品を買うならちょっと待って!

Apple製品をご購入を検討の方におすすめの情報です。

楽天リーベイツで公式ショップのお買い物をすると

楽天リーベイツはご存知でしょうか。楽天経済圏に暮らす方にとってはポイントも「お金」と同じ価値になることは実感されるところだと思います。このポイントが溜まりやすくなるアプリです。

ぶちくま
ぶちくま

「ポイント貯めるのとか面倒」という方は、年間の損失額は結構えぐいことになっていますよ!

しろくまさん
しろくまさん

こういう細かいことをないがしろにできる人はサービス残業とかも平気そう。

面倒くさいな、と思った方も大丈夫。アプリで普通に買い物すればポイントがつく、くらいの感じなので本当に簡単ですよ。

普通はポイントがつかない公式ショップも対象

私が楽天Rebatesをお勧めするのは、ポイ活民でも二重取りしにくい「Apple公式オンラインショップ」をはじめとした「ほぼ定額の商品」でもポイントが発生すること。

しかも、やり方は簡単で、アプリ経由で気になる公式ショップをタップするだけ。リストは一例だけで、「あれはあるかな」は大体あります。

  • Apple
  • Microsoft
  • ヤマダ電機
  • Omni7/アカチャンホンポ
  • Edion
  • コジマネット
  • ノジマオンライン
  • Dyson
  • Joshin
  • Book-off
しろくまさん
しろくまさん

au Pay マーケットもポイントつくけど、複雑だけどお得なのはわかるね。

ぶちくま
ぶちくま

少し気になるだけの方も、情報収集で公式HPを眺めがてら、ぜひ利用してみてください!

全ての商品が対象というわけではないので、どういう商品が対象なのかも確認してみてください。

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rebates: 楽天リーベイツでお得にポイ活

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました