PR

Aqaraでスマートホーム「コスパの良いHomekit製品」

スポンサーリンク

スマートホーム機器の「Aqara」に関する情報をまとめています。

かめ
かめ

スマートホームで、自動で空調が管理されたり、家にいない時に子供の様子だけでも確認したいんだけど、何からしていいかわからない。

しろくま
しろくま

iPhoneユーザーなら「Homekit」という規格に対応した製品を買えば、あとは標準アプリ「Home」や音声アシスタントの「Siri」を使って簡単に管理することができるよ!

かめ
かめ

でも、我が家で使っている家電はひとつもHomeKitなんて対応してないよ?

しろくま
しろくま

日本のメーカーは対応してないことが多いよね。だから、コスパの良いHomeKit対応製品をリリースしているブランド「Aqara」について紹介しようと思います!

Homekit対応製品はそれほど選択肢は多くないのですが、Appleの認定を受けた製品であれば品質は高く、iPhoneで快適に操作することができるようになります。

また、今後「Matter」という統一規格が主流になったとしても、AppleはMatterに対応するメーカーのひとつなので、むしろ対応製品が増えていくことが期待できます。

そこで、このページでは以下のポイントに絞ってお話しさせていただこうと思います。

  • スマートデバイスブランドの「Aqara」とは
  • Aqaraを選ぶべき理由
  • Aqaraの活用方法

少しでも情報収集に役立てば嬉しいです!

スポンサーリンク

スマートホーム機器ブランド「Aqara」について

スマートホーム機器メーカーの基礎知識や、Aqaraに関する情報をまとめています。

スマートホームブランド「Aqara」はどんなメーカーなの?

スマートホームブランド「Aqara」はどんなメーカーなの?

Aqaraは、スマートホーム製品を開発・販売するグローバルブランドであり、美しくデザインされた製品を提供し、ユーザーニーズに対応することを目指しています。

豊富な製品ラインナップ

  • スマート照明、センサー、カメラ、カーテンドライバー、スイッチ、スマートロックなど30以上のカテゴリー
  • 1100以上の完全統合型スマートデバイスを提供
  • ホームセキュリティ、家電管理、エンタテインメント、介護、見守りなどの課題を解決

広範なプラットフォーム互換性

  • Apple HomeKit、Google Assistant、Amazon Alexa、Samsung SmartThingsなどに対応
  • Matter統一規格への早期段階からの対応
  • 60を超える製品がMatterサポートを完了

HomeKit対応デバイスの主要メーカー

  • センサー、スイッチ、カメラ、カーテン、ドアロックなど280以上のHomeKit対応デバイス
  • iPhone、iPad、Apple Watch、Siriを通じてデバイス管理が可能
  • ホームキー、セキュアビデオ、アダプティブライティングなどの独自機能の体験

Aqaraが日本メーカーよりも信頼できる理由

Aqaraが日本メーカーよりも信頼できる理由

私自身は日本人なので、本音で言えば日本のメーカーに頑張ってもらいたいと思っています。

ただ、現状の日本はiPhoneと親和性の高いHomekit対応はおろか、これから世界のスマートホーム統一規格となるMatter対応に関しても出遅れている現状があります。

しろくま
しろくま

今の現状を考えるなら、日本メーカーの「自社ブランドでしか使えない家電アプリ」で選択肢を狭めるなら、AqaraのようなHomekitに対応したものを選んでおくほうが安心かもしれないね。

日本はスマートホーム製品で出遅れているの?

かめ
かめ

簡単に状況を説明すると、日本メーカーは「自社製品を使ってもらいたいから、自社アプリを開発する」けど、他のメーカーでは使えない。開発費はかさばるから、機能性は高くてもコスパは悪くなる。

しろくま
しろくま

スマートホームは、「スマホ」や「スマートスピーカー」で操作することを想定しているから、統一規格としてMatterという規格が海外メーカー主導で作られています。

ふくろう
ふくろう

スマートホーム管理はスマホを使うことになるから、iPhoneに最適化されたHomekitという規格のものだとiPhone標準アプリで登録も簡単、操作はスマホでSiriも使えるから、将来的には「日本メーカーのアプリ」は使われなくなるんだよね。

スマートホーム規格はスマホ同様、海外に主導権を握られる

日本はスマートホーム機器分野において、世界的な動きにやや遅れをとっています。特に、スマートホームの新しい通信規格である「Matter(マター)」の登場により、世界のスマートホーム市場は大きな変革期を迎えています。

Matterは、Amazon、Google、Appleなどの大手企業が相互接続性を重視して共同で開発した通信規格であり、スマートホームデバイスの相互操作性を大幅に向上させることが期待されています。

自社エコシステムへの誘導が逆効果

日本のスマートホーム関連メーカーは、Matterへの対応が遅れていると言われています。これまで日本のメーカーは、独自のプロトコルや閉じたエコシステムを構築する傾向にありましたが、これがスマートホーム市場の成長を妨げる要因の一つとなっている可能性があります。

また、日本メーカーのHomeKit対応製品も少なく、Appleのエコシステムに深く統合されたスマートホーム体験を提供することに関しては、出遅れていると言えるでしょう。

「日本メーカーがいい」は時代遅れに

一方で、Aqaraのような海外のメーカーは、HomeKitやMatterなどの国際的なスマートホーム規格への対応を積極的に進めています。

これにより、ユーザーはより多様なデバイスを組み合わせて、柔軟で便利なスマートホーム環境を構築できるようになります。

特にiPhoneユーザーにとっては、HomeKit対応のAqara製品を選択することで、安心感や使い勝手の良さを享受できるでしょう。

Aqaraを選ぶことが強みとなる理由

  1. HomeKit対応製品の豊富さ: AqaraはHomeKit対応デバイスの最大のメーカーの一つであり、センサー、スイッチ、カメラ、カーテン、ドアロックなど280以上の製品があります。これに対して、日本メーカーのHomeKit対応製品はまだ限られています。
  2. 先進的なスマートホーム規格への対応: Aqaraは、スマートホームの新しい通信規格「Matter」への対応を早期段階から積極的に進めており、60を超える製品がMatterサポートを完了しています。これにより、異なるブランドのデバイスとの互換性が高まり、より柔軟なスマートホーム環境を実現できます。
  3. グローバルな実績と信頼性: Aqaraは、世界170以上の国と地域で1,200万以上のお客様に愛用されており、グローバルな実績を持っています。これにより、品質と信頼性が保証されています。
  4. デザインと機能性のバランス: Aqara製品は美しいデザインと高い機能性を兼ね備えており、iF デザイン賞、レッド・ドットデザイン賞、グッドデザイン賞などの世界有名デザイン賞を受賞しています。
  5. 幅広い互換性: Aqaraの製品は、Apple HomeKitだけでなく、Google Assistant、Amazon Alexa、Samsung SmartThingsなどの主要なサードパーティプラットフォームにも対応しています。これにより、様々なスマートホームエコシステムとの統合が容易になります。

日本メーカーのHomekit製品対応状況

日本メーカーのHomeKit対応製品は以下のとおりです。(2024/04/02時点)

  1. エアコンとヒーター:
    • なし
  2. 空気清浄機:
    • なし
  3. ブリッジ:
    • なし
  4. カメラ(HomeKitセキュアビデオに対応):
    • なし
  5. ドアベル(HomeKitセキュアビデオに対応):
    • なし
  6. 換気扇:
    • なし
  7. 水栓:
    • なし
  8. ガレージのドア:
    • なし
  9. 加湿器:
    • なし
  10. 照明:
    • なし
  11. 鍵(ホームキーの対応):
    • なし
  12. コンセント:
    • なし
  13. AirPlay対応レシーバー:
    • Onkyo
    • Pioneer
    • Yamaha
  14. ルーター:
    • なし
  15. セキュリティシステム:
    • なし
  16. センサー:
    • なし
  17. AirPlay対応スピーカー:
    • Yamaha
  18. スプリンクラー:
    • なし
  19. スイッチ:
    • なし
  20. サーモスタット:
    • なし
  21. AirPlay対応テレビとビデオアクセサリ:
    • FUNA
    • Hitachi
    • JVC
    • Toshiba(REGZA)
    • Sony
  22. 窓とブラインド:
    • なし

Aqara Homekit対応製品リスト

一方、AqaraのHomeKit対応製品としては、以下が挙げられます:

製品名通信方式Aqara hub必要性(子機の場合)Matter対応Homekit対応Alex対応Google Home対応
スマートリモコン M2ハブWi-Fi+ z3.0 C + BLE使用可 (bridge only)使用可 (Hub, Security System)◯ (Hub, IR controller)◯ (Hub, IR controller)
スマートカメラ E1Wi-Fi6 + BLE××使用可 (+ HSV)
温湿度計z1.2Bridge使用Bridge使用
開閉センサーz1.2Bridge使用Bridge使用
開閉センサー P2Thread + BLE×使用可Matterを使用して対応可Matterを使用して対応可Matterを使用して対応可
振動センサーz1.2Bridge使用Bridge使用×
リモートミニスイッチz1.2Bridge使用Bridge使用×
スマートカメラ G3ハブ5GHz Wi-Fi + z3.0 C使用可 (bridge only)使用可 (Hub, HSV, Security System)◯ (Hub, Streaming, IR)◯ (Hub, Streaming, IR)
スマートビデオドアベル G4Wi-Fi×2024使用可
カーテンドライバー E1 トラックバージョンz3.0Bridge使用Bridge使用
カーテンドライバー E1 ロッドバージョンz3.0Bridge使用Bridge使用
人感センサー P1z3.0Bridge使用Bridge使用
人感センサー FP2Wi-Fi + BLE×2024使用可
水漏れセンサーz1.2TBDBridge使用
ローラーシェードドライバー E1z3.0Bridge使用Bridge使用
シーリングライト T1Mz3.0Bridge使用Bridge使用
スマートキューブ T1 Proz3.0Bridge使用Bridge使用×
LED テープライト T1z3.0Bridge使用Bridge使用
人感センサー P2Thread + BLE×使用可Matterを使用して対応可 (人感,光量)Matterを使用して対応可 (モーション)Matterを使用して対応可

Homekitに対応していると嬉しいこと

なぜ、Homekitにこだわるのか。それはiPhoneユーザーにとって、使い勝手もセキュリティも将来性も、全てにおいて高いクオリティでサービスが展開するからです。先にいえば、このメリットのために、他のスマートホームデバイスよりも高くなる傾向があります。

しろくま
しろくま

今回紹介するAqaraはコストパフォーマンスが他の製品に比べて良いので、Homekitの恩恵を受けながら、いろいろなデバイスを組み合わせつつ、コストは抑えたいという時の選択肢としては最適だと言えますね。

Homekit対応の魅力

  1. Apple製品との高い親和性:
    • HomeKitはAppleのエコシステムにネイティブに組み込まれており、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVなどとシームレスに連携します。これにより、Apple製品ユーザーにとっては、他のスマートホームシステムよりも使い勝手が良いと言えます。
  2. 安全性とプライバシーの保護:
    • HomeKitはセキュリティとプライバシーを重視して設計されています。通信はエンドツーエンドで暗号化され、外部からの不正アクセスを防ぎます。また、Appleはユーザーのプライバシーを尊重することで知られており、HomeKitでもその方針が貫かれています。
  3. クラウド依存度が低い:
    • HomeKitはクラウド依存度が低く、ローカルネットワーク内での直接通信を主としています。これにより、インターネット接続が不安定な場合でも、家の中でのデバイス操作が可能です。また、外部接続が必要な場合でも、HomePodやApple TVがホームサーバーとして機能し、安全な外部アクセスを提供します。
  4. アプリの使いやすさ:
    • HomeKitのユーザーインターフェースは直感的で使いやすく、Appleのデザイン哲学が反映されています。ホームアプリはiOS、iPadOS、macOSに標準搭載されており、スマートホームデバイスの管理や操作が簡単に行えます。
  5. 自動化と連携の充実:
    • HomeKitはショートカットアプリやSiriとの連携が充実しており、様々な自動化や音声操作が可能です。これにより、日常生活をより快適で便利にするスマートホーム環境を構築できます。

Homekitネイティブな製品が多いAqaraの魅力

Aqaraのスマートホーム製品がHomeKitに対応していることは、iPhoneユーザーにとって大きな魅力です。HomeKitはAppleが提供するスマートホームプラットフォームで、セキュリティとプライバシーを重視しながら、様々なスマートホームデバイスを簡単に操作できるように設計されています。

HomeKit対応製品を使用することで、iPhoneやiPad、Apple Watchから直接デバイスを制御できるほか、音声アシスタントのSiriを使って声で操作することも可能です。また、Appleの「Home」アプリを使えば、複数のデバイスを一元管理し、自宅の照明やセキュリティシステムなどをシームレスに連携させることができます。

さらに、Aqaraの製品はハブ機を必要とせず、HomeKitに直接接続できるため、初期投資や設置の手間を大幅に削減できます。従来のスマートホームシステムでは、各デバイスを制御するための中心となるハブ機が必要でしたが、Aqaraの製品ではこのハブ機が不要になります。これにより、スマートホームを手軽に始めることができ、設置場所の制約も少なくなります。

例えば、スマートカメラG3ハブはその名の通り、カメラ機能だけでなくハブ機能も兼ね備えており、他のAqaraのセンサーやスマートデバイスと連携して、より包括的なスマートホーム環境を実現できます。これにより、セキュリティの強化、省エネルギーの実現、生活の快適化など、さまざまなニーズに対応することが可能です。

かめ
かめ

簡単にいえば、「AqaraHome」で他のAqara製品ともつながるし、iPhoneのHomeを利用してAqara以外のデバイスとも連動できるのは最大の魅力ですね!

しろくま
しろくま

特に、初心者にとっては「何を買っていいかもわからない」という状況から、「とりあえずAqaraの製品を買えば、自分のスマホやスマートスピーカーと繋げて利用できる」という安心感もありますね!

Aqaraの製品は、対応製品の敷居が高いHomeKitに対応している点で他の製品よりも選ぶべき理由があると思います。

利便性とハブ機不要の手軽さを兼ね備えており、スマートホームを始めたいと考えている方にとって理想的な選択肢と言えるでしょう。

スポンサーリンク

Aqaraの製品ラインナップ

Aqaraが販売している製品に関する情報をまとめています。

Aqaraの取扱商品リスト

Aqaraの取扱商品リスト

まずは参考程度ではありますが、Aqaraが取り扱っている商品について2024/04/02時点での情報をまとめておきます。

  1. スマートリモコン M2ハブ
    • 概要:Matter&HomeKit対応済み、RJ-45 LAN接続可能で赤外線リモコン機能つき、最大128の子機に対応できるZigbee 3.0スマートホームハブ
    • 小売価格:8,980円
    • 販売ページ
  2. スマートカメラ E1
    • 概要:HomeKit セキュリティビデオサポートで、1296pの解像度、双方向通話、ナイトビジョン、パン&チルトによる360°の視野角、人間検知などを特徴とするスマートカメラ
    • 小売価格:6,480円
    • 販売ページ
  3. 温湿度計
    • 概要:高精度センサー搭載で、気圧センサーとしても利用可能な2年間のバッテリー寿命を持つスマート温湿度計
    • 小売価格:2,980円
    • 販売ページ
  4. 開閉センサー
    • 概要:ドア、窓、引き出しなどの開閉状態を検出し、防犯&自宅のスマート化に利用できる開閉センサー
    • 小売価格:2,980円
    • 販売ページ
  5. 開閉センサー P2
    • 概要:スマートホーム共通規格MatterをネイティブにサポートしたApple HomePod、Amazon Echo 4に直接接続でき、Threadプロトコルを採用したAqara最新の開閉センサー
    • 小売価格:4,480円
    • 販売ページ
  6. 振動センサー
    • 概要:振動、傾き、落下を検知し、アラーム通知を送信する振動センサー
    • 小売価格:2,980円
    • 販売ページ
  7. リモートミニスイッチ
    • 概要:1回押し、2回押し、または長押しで様々なスマートアクセサリーを管理でき、コンパクトなデザインと省エネを特徴とするリモートスイッチ
    • 小売価格:2,480円
    • 販売ページ

スマートカメラG3ハブ

スマートカメラG3ハブ
  • 3 in 1マルチ機能スマートデバイス(防犯カメラ、スマートリモコン、スマートホームハブ)
  • Matter対応で幅広い互換性
  • AI顔認識とジェスチャー認識
  • 2K 1296pの高解像度、360度の視野角
  • 2.4 / 5 GHz Wi-Fi同時対応、ナイトビジョン
  • 物理シャッターによるプライバシー保護
しろくま
しろくま

Homekit対応なので、ハブ機がなくても使えます!

スマートビデオドアベルG4

スマートビデオドアベルG4
  • Apple Homeなどと連携可能なバッテリー駆動のHomeKitセキュアビデオドアベル
  • ローカルAI顔認識
  • 工事不要で取付簡単、バッテリと配線に同時対応
  • 双方向通話と高解像度、クラウドとSDカードによる2種類の保存方法
  • マスキングエリア設定、ボイスチェンジャー
しろくま
しろくま

Homekit対応なので、ハブ機がなくても使えます!

人感センサーFP2

人感センサーFP2
  • 先進的なミリ波レーダーテクノロジーを採用
  • ゾーニ分割で約40平方メートルの部屋をモニタリング
  • 多人数同時検知、最大で5人の目標を同時に検出
  • サードパーティエコシステム連携(HomeKit、Alexa、Google Home)
  • 転倒感知アラームと睡眠観測
  • 光センサー内蔵による光感知、人数カウント
しろくま
しろくま

Homekit対応なので、ハブ機がなくても使えます!

スポンサーリンク

Aqara製品でつくるスマートホーム環境

発売されているAqara製品を組み合わせて、どのように活用することができるのか、使用事例をまとめてみました。

置き配ボックスに近づいた人を記録する仕組み

物流のマンパワー不足もあり、今後はさらに「置き配」を利用する機会が増えると思います。しかし、いくら日本が安全だとはいえ、荷物が持っていかれたり、あるいは悪戯されたりするリスクはつきものです。

Aqaraのスマートデバイスを組み合わせることで、置き配ボックスの荷物が届けられた時に通知する仕組みや、カメラで人物を記録したり特定したりするシステムを簡単に作ることができます。

セットアップ

  1. スマートカメラG3ハブを玄関付近に設置し、ボックスを常時監視できる位置に調整します。このカメラは、顔認識機能を持ち、不審者の顔を記録することができます。
  2. 人感センサーFP2を玄関やボックスの近くに取り付けます。このセンサーは、ミリ波レーダーテクノロジーを利用して、人の動きを正確に検知できます。
  3. スマートビデオドアベルG4を玄関ドアに取り付けます。これにより、訪問者の顔を確認し、リアルタイムで通話することが可能になります。
しろくま
しろくま

システムを稼働するだけならドアベルG4を宅配ボックス付近に貼り付けておくだけでOK!カメラで顔認識andベル押下や滞在記録が残せるので「宅配ボックスの記録だけ家のインターホンではなくてスマート化したい!」という時に便利です。

活用事例

  • 荷物の到着確認:配達員が玄関に近づくと、人感センサーFP2が動きを検知し、スマートカメラG3ハブが録画を開始します。同時に、スマートフォンに通知が届き、ユーザーはリアルタイムで配達の様子を確認できます。
  • 不審者の検知と記録:スマートカメラG3ハブの顔認識機能により、知らない人物がボックスに近づいた場合、その顔を記録し、ユーザーに通知します。これにより、盗難やいたずらを未然に防ぐことができます。
  • 通話による対応:スマートビデオドアベルG4を使用して、不在時でも訪問者との双方向通話が可能です。配達員に対して、荷物をボックスに入れるよう指示することができます。
  • 配達の記録:荷物が配達された時間、配達員の顔、荷物の状態など、すべての情報がスマートカメラによって記録されます。後から確認することができるため、万が一のトラブルに備えることができます。

スポンサーリンク

まとめ:AqaraでiPhoneを利用したスマート環境

最後までお読みいただきありがとうございました。

スマートホーム機器メーカーの「Aqara」の特徴をまとめました。

まとめ:Aqaraの解決方法

スマートホーム機器メーカー/Aqaraに関するページ内の情報をまとめていきます。

知っておきたい「Aqara」まとめ

  • Aqaraは、スマートホーム機器の開発・販売を行うブランドで、30以上のカテゴリの製品を展開しています。
  • 製品は、スマート照明、人感センサー、開閉センサー、見守りカメラ、カーテンドライバー、スイッチ、スマートロックなど多岐にわたります。
  • Aqaraの製品は、Apple HomeKit、Google Assistant、Amazon Alexa、Samsung SmartThingsなどの主要なサードパーティプラットフォームに対応しています。
  • スマートホーム統一規格「Matter」にも対応しており、幅広い互換性を持っています。
  • Aqaraは、HomeKit対応デバイスの大手メーカーの一つであり、センサー、スイッチ、ホームセキュアカメラ、スマートカーテン、スマートドアロックなど、280を超えるデバイスがHomekitに対応しています。

スマートホーム機器メーカーの「Aqara」の活用

  • Aqaraの製品を活用することで、家のセキュリティ強化、エネルギー管理、快適な生活環境の実現などが可能です。
  • 例えば、人感センサーとスマートカメラを使って、玄関に設置した「置き配ボックス」のセキュリティ管理を行うことができます。これにより、配達時のセキュリティや不審者の検知が可能になります。
  • スマートカメラG3ハブは、顔認識機能を持ち、不審者の顔を記録することができるため、防犯対策として有効です。
  • 人感センサーFP2は、ミリ波レーダーテクノロジーを利用して人の動きを正確に検知できるため、高齢者の見守りや屋内のセキュリティ管理に役立ちます。
  • Aqaraの製品は取り付けが簡単で、屋外でも利用できるため、DIY好きな人やスマートホーム初心者にもおすすめです。

Aqaraの知っておきたいよくあるQ&A

Q
Aqaraの製品はどのようなスマートホームプラットフォームと互換性がありますか?
A

Aqaraの製品は、Apple HomeKit、Google Assistant、Amazon Alexa、Samsung SmartThingsなどの主要なスマートホームプラットフォームと互換性があります。また、スマートホーム統一規格「Matter」にも対応しています。

Q
Aqaraの製品を設定するのは難しいですか?
A

Aqaraの製品は、ユーザーフレンドリーな設計がされており、取り付けや設定は比較的簡単です。専用のアプリを使用して、スマートフォンから簡単に製品を管理・操作できます。また、製品によっては、QRコードをスキャンするだけで簡単にセットアップできるものもあります。

Q
Aqaraの製品で家のセキュリティを向上させるにはどうすればいいですか?
A

Aqaraのスマートカメラ、開閉センサー、人感センサーなどを利用することで、家のセキュリティを向上させることができます。例えば、開閉センサーをドアや窓に設置して、不正な開閉を検知した場合にアラートを受け取ることができます。また、スマートカメラを設置して、家の内外を監視し、異常を検知した場合に通知を受け取ることができます。これらの製品を組み合わせることで、より高度なセキュリティシステムを構築することが可能です。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「iphone 利用 google」に関する最新情報です。

    2024年4月12日、GoogleのAI写真加工機能がiPhoneでも利用可能になることが発表された。この機能には「マジック消しゴム」や「編集マジック」が含まれ、被写体の移動や写真編集が可能となる。AppleとGoogleは写真へのAI活用において異なる方向性を目指しており、Googleの遊び心ある写真編集機能が提供されることが期待されている。提供は5月15日から順次開始され、一部の機能にはiPhone X以降のモデルでRAM容量3GB以上が必要となる。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NjQ4L9IBKGh0dHBzOi8vaXBob25lLW1hbmlhLmpwL25ld3MtNTc4NjQ4L2FtcC8?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「環境 maloop maloop project」に関する最新情報です。

    2024年4月10日、丸紅が繊維業界向けの環境配慮型ビジネスプロジェクト「MALOOP PROJECT」を開始し、ウェブサイトを公開した。このプロジェクトは環境に配慮した商品開発や再生素材の活用など環境課題に取り組む取り組みであり、具体的な取り組み例も示されている。丸紅はグローバルネットワークを活かし、持続可能な社会の実現と新しい価値の創出を目指す。ウェブサイトではプロジェクトの詳細や丸紅の取り組みが紹介されており、環境配慮型ビジネスの可能性を追求し、地球環境の保全に貢献する姿勢を示している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000062542.html

  3. buchikuma-info より:

    「dji rs セットアップ」に関する最新情報です。

    DJIが新型ジンバルRS 4シリーズを発売し、素早いセットアップと直感的な操作、長いバッテリー駆動時間、LiDARフォーカス制御が可能となっている。RS 4は3kgまでのセットアップに対応し、パワフルな安定化性能を持ち、プロレベルの撮影を実現する。RS 4 Proは4.5kgの積載性能を持ち、安定性やモータートルクが向上しており、効率的な撮影が可能となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMmh0dHBzOi8vd3d3LmRyb25lLmpwL25ld3MvMjAyNDA0MTAwMjA3MDQ4NTczMy5odG1s0gEA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「ブランド プロミルソープ ヘアケア」に関する最新情報です。

    ヘアケアブランド「Promille(プロミル)」から、乾燥しがちな春の肌に潤いと香りを与える新商品『プロミルソープ』が登場。4月15日より直営サロンで限定販売される。このボディケア石けんは、天然由来成分を使用し、乾燥しやすい肌をしっとりと潤わせる効果があり、クラシックブーケの香りが特徴。価格は1,980円(税込)で、容量は120g。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000097261.html

  5. buchikuma-info より:

    「abeja 活用 google」に関する最新情報です。

    ABEJAは、Google Cloudの先進的なAI技術を活用して生成AIの利活用を推進する取り組みを新たに定めた。具体的には、AIの社会実装をGoogle Cloudを活用して実現し、生成AI開発サービスの提供やABEJA LLM SeriesとGoogle Cloudの連携強化などの取り組みを進める。ABEJAとGoogle Cloudは、AI技術や製品を提供し、生成AIの利活用を推進していくことを目指している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000156.000010628.html

  6. buchikuma-info より:

    「明和町 活用 プロジェクト」に関する最新情報です。

    AVITA株式会社は、三重県明和町と共に推進する「めいわデジタルプロジェクト」において、アバターや生成AIを活用した地方創生を行っている。プロジェクトでは、デジタル技術を活用して明和町の魅力を広く知らせ、雇用を創出している。今後は他自治体との連携も視野に入れ、地方創生に興味のある方に向けて取り組みを展開していく。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000085375.html

  7. buchikuma-info より:

    「pad sleeping nemo」に関する最新情報です。

    Nemo Tensor Ultralight Insulated Sleeping Padは、軽量で暖かさを提供する価値のある寝具であり、2024年にリニューアルされた新しいラインナップがあります。3つの異なる厚さとR値を持つパッドがあり、特定のバックカントリーのニーズに合わせて設計されています。中でも、All-Seasonモデルは夏だけでなくショルダーシーズンでも快適に過ごすことができるオールラウンドな寝具であり、R値を増やすことで重量がわずかに増加するものの、コストパフォーマンスに優れています。また、新しいTensor Extreme Conditionsは、寒冷地でのキャンプや雪の上での使用に最適な寝具であり、軽量で暖かさを提供する優れた性能を持っています。

    https://www.wired.com/review/nemo-tensor-ultralight-insulated-sleeping-pad-2024/

  8. buchikuma-info より:

    「cm テレビ テレビ cm」に関する最新情報です。

    4月5日より、テレビ東京系列の番組「ガイアの夜明け」のスポンサーとして、AI音声認識「AmiVoice®」のテレビCMが放送される。番組は日本経済の再生を目指し、ビジネスパーソン向けに情報を提供している。CMはAmiVoiceの理解促進と次世代UIの可能性を伝えるもので、会社のビジョンを訴求する。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000489.000020223.html

  9. buchikuma-info より:

    「サケ 横転 トラック」に関する最新情報です。

    アメリカ・オレゴン州でタンクローリーが横転し、大量の若いサケが放出された事故で、8割近くのサケが生き延びた。事故で2万5529匹のサケが死亡し、約7万7000匹が川に流れ込んで生き延びた。この事故はイムナハ川のサケを増やす取り組みの一環であり、2024年に放流予定だったサケの約2割に相当する数が死亡した。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/oregon-salmon-live-river_jp_660dff5ce4b083254eaad3c2

  10. buchikuma-info より:

    「サケ 横転 トラック」に関する最新情報です。

    アメリカ・オレゴン州で起きたタンクローリーの横転事故では、約10万匹の若いサケが放出されましたが、そのうち約8割が生き延びました。事故で2万匹以上のサケが死亡しましたが、残りの約7万匹は川に到達し、生存することができました。この事故は、サケの生息数を増やすための取り組みの一環であり、死んだサケは2024年に放流予定だったサケの約2割に相当します。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/oregon-salmon-live-river_jp_660dff5ce4b083254eaad3c2

  11. buchikuma-info より:

    「air gas natural」に関する最新情報です。

    Terraform Industriesが、電気と空気を使って初めて合成天然ガスに変換することに成功した。この技術は、有限で取得が難しい炭化水素資源を減らす代わりに、電気と空気を使用して資源を生産するものであり、そのシステムはTerraformerと呼ばれている。このスタートアップは、デモンストレーターTerraformerを稼働させ、初めて合成天然ガスを生産したことを発表している。

    https://techcrunch.com/2024/04/01/terraform-industries-converted-electricity-and-air-into-synthetic-natural-gas/

  12. buchikuma-info より:

    「ロック 新しい 自宅」に関する最新情報です。

    自宅で使用していたスマートロックが突然故障し、3年半経過していたため修理ではなく新しいスマートロックに取り換えることにした。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2404/02/news117.html

タイトルとURLをコピーしました