家づくりでの失敗体験公開中!

パパにお勧めしたい育児アプリ【ディスられないイクメンになろう】

スポンサーリンク

イクメンって、もう完全にディスった単語になってきましたね。

ぼくイクメンなんで」とか言わせて、普通にワンオペさせている夫をさらして「おいおい、ふざけんなよ」みたいな流れをつくりだす、悪意のあるメディアが増えて来たように思います。

というか、そもそものハードルが低すぎたよね。育児に参加すればイクメンとか。

よめくま
よめくま

イクメン(笑)

そこで、家事も育児も仕事も頑張る、こどもからもママからも尊敬される「パパ」になるべく、イクメンブロガーのぶちくまが最適なアプリを紹介するよ。

よめくま
よめくま

イクメンブロガー(嘲笑)

ぶちくま
ぶちくま

ひどい。

スポンサーリンク

パパにお勧めしたい5つのアプリ

まず、先にお勧めしたいアプリをランキングでご紹介します

パパにお勧めアプリランキング

  1. パパninaru
  2. BabyTracker-育児ノート
  3. 手作り離乳食
  4. 予防接種スケジューラー
  5. ゆびつむぎ

上記と役割が被っているため好みで入れ替えを推奨するアプリ

とはいえ、「このアプリは自分にはあっていないな」というものもあると思うので、適宜入れ替えてもいいアプリも紹介しておきます。

  • 育児手帳
  • パパタイムズ
  • ぴよログ
  • ばぶメモ
余計なアプリを入れすぎると「あれ、どれ使ってたっけ」とか、不具合起きた時の原因探索が面倒になるので、最小限のインストールをお勧めしています。
スポンサーリンク

大事なことはまずインストールしておくこと

これはべつに読み終わってからでもいいのですが、おくさんに言われるよりも先にインストールして先手を打つことが何よりも大事です。

何だったら「こんなアプリ使ってみてるんだ」と会話のネタにしてもいいでしょう。

あかちゃんのために行動している雰囲気を出していくことが大事なんです。

よめくま
よめくま

いつまでたっても、わたしに確認しないと何もできないのが腹たつ

もしかしたら内心、ママはそんなことを思っているかもしれませんよ。
ただ、

ぶちくま
ぶちくま

俺まじパパ頑張るから、アプリめっちゃダウンロードしたから、なんでも聞いて

とか、口を出し過ぎてもプレッシャーかけるだけなんで、あくまでもほどほどに。

スポンサーリンク

アプリ選定の条件と理由

まず、基本的に、育児に必要なアプリは3種類あるよ、ということをママにお勧めしたいアプリの方で説明しましたのでご確認ください。
要は、これのパパバージョンなんです。

スポンサーリンク

情報系アプリには「パパninaru」を選出

「 ninaru baby 」はママの情報アプリとしてとても秀逸です。ママバージョンでも情報系アプリとしてお勧めさせてもらいました。

パパninaruスタート画面

パパninaruスタート画面

「パパninaru」はその名の通り、「パパ」のためのninaru baby。パパの情報サイトとしてとてもよくできています。

パパninaru-妊娠・出産・育児をサポートする無料アプリ

パパninaru-妊娠・出産・育児をサポートする無料アプリ

ever sense, Inc.posted withアプリーチ

 

こそだてハックの記事が満載!

記事のほとんどが「こそだてハック」からの流用になるので、つまりはいい具合に物販アフィリエイトが混ざり込んだ秀逸な広告記事です。

パパニナルは抱っこ紐だけでも記事がたくさん

パパニナルは抱っこ紐だけでも記事がたくさん

くわしいひと
なかのひと

すげぇだろ、抱っこ紐だけでこんなにたくさん記事があるんやで

ぶちくま
ぶちくま

ぶ、ぶちくまどっとこむだってありますよ、抱っこ紐の記事くらい。

はい、宣伝を兼ねた巧妙な茶番でした。

アフィリエイト自体が悪いわけではないので、年齢に合わせたおもちゃや、育児グッズを比較できるのはいいことです。

あくまでも、広告と連動しながら情報を発信していく、これからのアプリやサイトのあり方、ということですね。

ぶちくま
ぶちくま

参考になります。

アフィ記事ばかりじゃない参考になる記事盛りだくさん

その中にも、例えばこの時期であれば「熱中症対策」や、年齢に応じた「注意したい行動」、子供の成長を見守るための情報などの記事があります。

医療系の記事で、パパママ目線で参考になるようなレビューものは、今はほとんど検索からみつけられなくなりました。こういったサイトアプリでみつけられるのはいいですね。

パパへの応援コメントでモチベーションアップ

ぶちくま
ぶちくま

ママはいつもできていないことばかり指摘してきてつらい

甘えたこと言ってんじゃないよ、と言われそうですが、やはり褒められないとモチベーションは保てません。

そんなとき、そっとパパニナルを開いてみてください。

パパninaruは応援コメントから始まる

パパninaruは応援コメントから始まる

ちょっとタイミングがあれで普通のアドバイスコメントでしたが、たまにパパを応援してくれるコメントをしてくれます。

ぶちくま
ぶちくま

いつも見守ってくれるのはアプリだけや

よめくま
よめくま

あなたはまず、ちゃんとこどもを見守ってください!

スポンサーリンク

関東圏ならパパタイムズをフル活用

うちは田舎で対応できてないのでオススメにはしませんでしたが(苦笑)

パパタイムズ」も情報系アプリです。ほとんどがママの情報サイトの流用のようで、様々なサイトの記事を厳選して読むことができる、というスタンスです。

パパタイムズ:子育て・育児中のパパ応援アプリ

パパタイムズ:子育て・育児中のパパ応援アプリ

Lifetimes, Inc.無料posted withアプリーチ

 

ママタイムズ-妊娠週数、子供の月齢に沿った情報を無料配信

ママタイムズ-妊娠週数、子供の月齢に沿った情報を無料配信

Lifetimes, Inc.posted withアプリーチ

 

関東圏に限らず、福岡などの大都市系はおさえているようですが、裏日本までは勢力は届いていません。

パパタイムズは守備範囲狭め

パパタイムズは守備範囲狭め

まぁ、人口比率で言えばカバー率は高そう。

パパ情報を厳選しているわけではない

私は使っていて「別にこれ、パパ向けのアプリじゃなくね?」と思うことはしょっちゅうあります。どちらかというと、こども向けの情報を「ママタイムズ」と「パパタイムズ」に名前を変えているだけ、のような。

それでも、それなりの情報は集まってくるので、たまにのぞいたりはしています。

パパタイムズのトップ画面

パパタイムズのトップ画面

新潟の情報はどうしたらいいんだ、と頭に浮かびましたが、それこそ私が随時発信すべき立場でした。すいません。

スポンサーリンク

育児記録にはBabyTrackerを使っていこう

パパの育児記録に必須の機能がありますね。

そう、家族共有機能

これが搭載されているアプリは、「ぴよログ」「ばぶメモ」があります。
ですが、ぴよログは可愛すぎるし、ばぶメモは機能が不十分。

ピヨログの記録画面

ピヨログの記録画面

というわけで、パパ向けにお勧めしたいのは「BabyTracker-育児ノート」という育児記録アプリ。

BabyTrackerの育児ノート記録画面

BabyTrackerの育児ノート記録画面

Baby Tracker 育児ノートでできること

何ができるかというと。

  • おっぱいやミルクをどれくらいあげたか
  • オムツ交換はいつしたか
  • ご飯はどれくらい
  • 睡眠はどれくらい

といった内容を簡単に記録できます。
記録を振り返りたいな、と思った時にはアプリの方でチャートにしてくれるので、

  • いつもこのくらいの時間におなかがすくんだな
  • しばらくうんちが出ていないな
  • 夜中にお腹をすかして泣くから、寝る前のミルクはそろそろ増やしても良さそうだな

といったことに気付きやすくなります。

育児ノートの家族共有機能

実は、BabyTrackerは有料で600円の「Pro版」と、無料版があります。

無料版は機能が制限されていて、すぐにグラフを確認できなかったり、家族共有機能がロックされていたりします。

でも、同期機能は使えるので、DropBoxを使用すればドロップボックスにバックアップをとりつつ、家族で共有することもできます。

DropBoxを使用して家族共有する方法

これには、「DropBox」で家族共有アカウント(子供用でもいい)を作成する必要があります。

そして、基本的にアプリは各端末ひとつずつなので、普段からDropBoxを使用している場合は使い勝手が悪くなります。

クラウドはDropboxを選択

クラウドはDropboxを選択

  1. DropBoxでアカウントを作成する
  2. 「育児ノート」の設定を開く
  3. 「バックアップ・同期」をタップ
  4. クラウドにリンクするをチェック
  5. どのクラウドにリンクするか選べるので、Dropboxを選択
  6. 共有のDropBoxアカウントを設定してください

次に同期設定です。同期したい端末で「育児ノート」を開いてください。

クラウドにリンクして共有する

育児ノートのクラウドにリンクする

育児ノートのクラウドにリンクする

基本的にやることはシンプル。

クラウドにリンクするように設定して。

育児ノート新しいグループを作る

育児ノート新しいグループを作る

グループに参加するだけ。

  1. 先ほどと同じように、設定から「バックアップ・同期」を選択します。
  2. さっきと一緒ですが、まずはクラウドにリンクしてDropboxの共有アカウントをリンクしてください
  3. リンクしたら、「同期」を選択してください。
  4. 同期をトグルをタップして有効にしてください。
  5. すると、同じDrobboxにすでにデータがある場合は、「シード」が選択できるようになっています。
  6. ここに自分のアカウントのこどもがあればそちらを選択。

同期されました!

育児ノートを別端末と無料で同期する

育児ノートを別端末と無料で同期する

今回は、iPadとの同期にしたのでこんな感じ。同じ要領で、ママとパパがクラウドでリンクすればOKです!

Dropboxはたまに共有エラーがあるから注意

ただ、個人的に、Dropboxの同期システムは、微妙なラグがあることがあって、端末で同時にいじるとうまく反映しないことがあるので、オススメまではできません。(このアプリに関しては今のところ大丈夫ですけどね)

心配な場合は、おとなしく有料版を購入してもいいと思います。有料版を購入する際には、ママバージョンファミリー共有の記事を読んでおくことをお勧めします。

ぴよログやばぶメモのことも書いてあるのでぜひぜひご覧ください!

スポンサーリンク

離乳食作りはパパが活躍できる仕事

ぶちくま
ぶちくま

普段料理をしていなくても離乳食はつくれるから大丈夫!

離乳食作りは積極的にパパがおこなうべき育児です。

ぶちくま
ぶちくま

ママにはおっぱい差で負けていたけれど、離乳食はパパの主権奪取のチャンスです!

どれだけ普段、スキンシップしていても、最終的にはおっぱい差でパパは負けてしまいます。

ぶちくま
ぶちくま

本気で豊胸手術を考えました。まぁ、それでも母乳は出ませんが

エルゴベビーの記事でも書きましたが、うちの子はパパの場合は前向き抱っこしか許してくれません。これもきっとおっぱいのせい。

よめくま
よめくま

それはこどもの気分のせいでしょ

まぁ、いずれにせよ、離乳食はパパがやるべき仕事です。

これまで料理の経験がなくても、やることはシンプルだし味付けなんてほとんどしないでいいから、いい機会だと思って挑戦していきましょう!

離乳食作りには「手作り離乳食」がお勧め

離乳食作りをパパにお勧めするにあたり、やはり重要なポイントは

  • 「簡単にできるレシピがある」
  • 「月齢に応じて食べていい食材が一目でわかる」

ことが大事だと思います。

手作り離乳食はデザインが優秀

手作り離乳食はデザインが優秀

よめくま
よめくま

そんな便利なアプリ、本当にあるんですか?

ぶちくま
ぶちくま

あるんです! それがこちら!

はい、「手作り離乳食」ですね。

手作り離乳食/初期・中期・後期レシピが740以上の無料アプリ

手作り離乳食/初期・中期・後期レシピが740以上の無料アプリ

EVER SENSE, INC.posted withアプリーチ

「手作り離乳食」は一目でわかる月齢食事一覧表があり簡単にチェックできる

手作り離乳食の食材チェック画像

手作り離乳食の食材チェック画像

これはいいですね。

ちなみに、月齢で食べていい食材が書いてあってチェックできるアプリはわりとたくさんあるのですが、レシピと連動しているとなると数は限られてきます。

手作り離乳食/初期・中期・後期レシピが740以上の無料アプリ

手作り離乳食/初期・中期・後期レシピが740以上の無料アプリ

EVER SENSE, INC.posted withアプリーチ

 

アレルギーにも対応したレシピが秀逸

食材からレシピが探せる

食材からレシピが探せる

アレルギーにも対応しています。

アレルギーチェックに関しては、すこしだけ下記で紹介します、「ステップ離乳食」の方が便利です。

でも、レシピ検索で使えるのはありがたい機能です。

 

食材チェックリストは家族共有できるとなお良かった

たとえば、カラダノートの「ステップ離乳食」だと家族共有機能があるので、「あれ、この食材ってたべたことあったっけ、でもママは仕事中だし」なんて時でもチェックできるのでいいですね。

ステップ離乳食の家族共有機能

ステップ離乳食の家族共有機能

ただ、レシピはないので、パパには少しハードルが高いかもしれません。

レシピさえあればとても素敵アプリだった「ステップ離乳食」

どうせだから一応紹介しますと、「ステップ離乳食」も使い勝手はいいです。

ステップ離乳食の食材チェック画面

ステップ離乳食の食材チェック画面

先ほどの「手作り離乳食」とほとんど同様に、あかちゃんが食べられる食材をチェックしていくことができます。

ステップ離乳食はシールで食材の好みとアレルギーがわかる

ステップ離乳食はシールで食材の好みとアレルギーがわかる

こんなかわいいシールで、食材にたいしてのあかちゃんの反応も記録しておくことができます。

「好き」「嫌い」だけじゃなく、「アレルギー」チェックもしていけるのがいいですね。

 

ステップ離乳食-子育てを応援する赤ちゃんのアレルギー記録-

ステップ離乳食-子育てを応援する赤ちゃんのアレルギー記録-

Karadanote Inc.posted withアプリーチ

ステップ離乳食と合わせるなら「きほんの離乳食」

きほんの離乳食はレシピが豊富

きほんの離乳食はレシピが豊富

わたしはあまりアプリをごちゃごちゃさせたくないんですが、もし離乳食レシピだけ別アプリにするなら、「きほんの離乳食」あたりをインストールしておくと便利です。

「きほんの離乳食」なら月齢に合わせた離乳食の進め方がわかりやすい

このあたりはアプリを信用しすぎて勝手に進めずママと相談することをお勧めしますが。
月齢によって「そろそろ硬さをあげてみようかな」とかそういった目安がわかるようになっています。

きほんのレシピ|月齢に合わせたアドバイスがたくさんある!

月齢に合わせたアドバイスがたくさんある!

これは我々新米パパにもとても役に立つ情報だと思います。

素材からの検索もできるので、冷蔵庫で使いきってしまいたい食材がある時に、レシピの参考になったりもします。

レシピもわかりやすい「きほんの離乳食」
きほんの離乳食はレシピが見やすい

きほんの離乳食はレシピが見やすい

まず、画像が綺麗ですね。食材のツヤまでよくわかります、画質抑えているので伝わらないとは思いますが。

シンプルなレシピでわかりやすいキノンの離乳食

シンプルなレシピでわかりやすいキノンの離乳食

 

きほんの離乳食 管理栄養士が監修のレシピ&基本情報

きほんの離乳食 管理栄養士が監修のレシピ&基本情報

Palsystem Consumers’ Co-operative Unionposted withアプリーチ

スポンサーリンク

予防接種スケジューラー

予防接種は「わざと混乱させようとしているんじゃないか」というくらいに、スケジュールを立てるのが難しいです。
ママバージョンでも説明しているので、パパ用の説明だけ簡単に。

予防接種のためにパパが準備しておくこと

予防接種のスケジュールは、一度ズレ始めると修正が大変です。
こどもが熱をだして延期になる場合は仕方がないのですが、もしママの体調不良になった場合は、「べつに次の機会でよくね」よりも、「おれが休みとって連れてこうか」が言えた方がイクメンです。イケメンです。
いずれにせよ、連れていくのも結構大変なので、もし多少おやすみが取れるお仕事であるなら、一緒に予定を考えて2人で連れて行けるのがいいかなと思います。
泣きますしね。
勘のいい子だと、様子がいつもと違うだけで泣きますからね。
スケジューラーを活用して、「あれ、そろそろ麻疹の接種時期じゃない?」と言えるパパになりましょう。(自戒)

小児科医推奨!予防接種スケジューラー赤ちゃん・子育て母子向け

小児科医推奨!予防接種スケジューラー赤ちゃん・子育て母子向け

「VPD(ワクチンで防げる病気)を知って、子どもを守ろう。」の会posted withアプリーチ

スポンサーリンク

遊び系のアプリとして「ゆびつむぎ」

まぁ、iPhoneアプリのベストセラーになっていたので、ほとんどの方が知っているかもしれませんが。

ゆびつむぎは、適度な刺激と飽きのこないイラストで、「適度な時間」集中して遊べるお勧めアプリです。

ゲームゲームしすぎてると、こどもは熱中しすぎますし、まったく何も刺激がないと興味も持ちませんし。

「ゆびつむぎ」とは

「ゆびつむぎ」は画面をタッチすると「どうぶつ」やら「おさかな」やらがただ出てくるアプリです。それ以上のものではありません。

さわると画面が反応してアニメーションがでて動物が鳴いたり、動いたりします。

音も合わせて出るので、こどもは結構楽しくて、10分くらいは夢中で遊びます。
んで、結局それだけなので、飽きます。

ただ、これくらいの熱中度がいいのかな、と思って私はお勧めしました。

スマホもいいが「何度も遊べる」身近なものへの関心が大事

あくまでも、スマホアプリで遊ばせる時は「補助的」なくらいがいいのかなと思います。

絵本も古本でいいから、とにかく触れさせて、パパが読んだり、自分で読ませたりする刺激の方がこどもにとっては楽しいと思います。

アプリや動画はダウンロードすればどんどん新しい刺激にはなります。ただ、学習を深めるには「同じもので何度も遊ぶ」という体験が必要です。

適材適所ではありますが、とりあえず「ゆびつむぎ」は適度な刺激で1歳未満でも遊んでくれる優秀なアプリだと思いました。

 

人気絵本作家の絵を触って遊べる ゆびつむぎ

人気絵本作家の絵を触って遊べる ゆびつむぎ

Xtone Ltd.posted withアプリーチ

子育てアプリ
スポンサーリンク
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント