AirPlayに対応しているお勧めのプロジェクター「iPhoneで使いたい」

スポンサーリンク

今しがた、「寝室に設置するプロジェクター」の記事を仕上げたところなのですが、調べていくうちに「無駄にAndroid TVなんかを搭載していなくても、iPhoneならAirPlayでもっと簡単にお安いモデルが見つかるんじゃなかろうか」と思ったので、もう少し探してみます。

面倒なプロジェクターの説明に関しては寝室にお勧めのプロジェクター記事にまとめておいたので、このページでは、「結局、iPhone ユーザーはどんなプロジェクターを買ったらいいの?」というあたりを掘り下げて考えていこうと思います。

スポンサーリンク

iPhoneと繋げるにはどの方法がスマートか

iPhoneには「AirPlay」という便利な機能がついているのですが、これを映像の転送に利用するのは対応デバイスが少なく、せっかくの機能を使いこなす機会には恵まれていません。

ぶちくま
ぶちくま

実質、AppleTVと繋いだテレビモニターくらいしか利用方法がないのが2021年の現状です。

せっかく高性能なプロジェクターが出ているのだから、この辺りの対応状況などを調べていきたいと思います。

MiracastとAirPlay、ついでにGoogle Castについて

プロジェクターを探していると「Miracast」には対応しているものの、AirPlayには対応していないというものが結構あります。

Miracast

Miracastというのは、WiFi Allianceという団体が用意した規格です。これから紹介するAirPlayやGoogleCastは、それぞれApple社とGoogle社の独自の規格であるのに対して、Miracastは各オーディオビジュアル系のメーカーの統一規格の様なものなので、対応している機器が多いのが特徴です。

AirPlay

AirPlay、iPhoneで手軽にホームシアター/プロジェクター生活

AirPlayはAppleの無線通信規格で、対応している機器同士でスムーズに音楽や動画を再生させることができます。スピーカーで対応しているものは多いのですが、映像に対応しているものはテレビでもLGとSONYだけ。

https://www.apple.com/jp/airplay/

Google Cast

GoogleCast、iPhoneで手軽にホームシアター/プロジェクター生活

Google Castはその名の通りGoogle開発の、Androidスマホなどでデバイス感で映像や音楽をやり取りするものです。コンテンツを送り出すのはAndroidスマホはもちろん、iOS系でもアプリをダウンロードすれば可能。さらに、MacやWindowsなどもChromeが利用できる環境であれば簡単に利用できます。

受信側はChromecastという専用のデバイスを接続したものであったり、AndroidTVを搭載したデバイスなどが該当します。最近はプロジェクター本体にAndroidTVを搭載しているものも多いのですが、比較的高級路線のプロジェクターに多いのでコストは高くつく場合があります。

iPhoneをプロジェクターで利用するには何を考えたらいい?

iPhoneと無線で繋ぐ場合には「AirPlay」に対応したプロジェクターを探すことになります。しかし、この数は決して多くはありません。

AirPlayに対応せずとも、OS搭載で利用したいアプリをインストールすればいい

最近ではプロジェクター本体にOSを搭載してアプリが利用できる様になっており、あえてAirPlayを使って無線で繋ぐ必要すら無くなってきています。

iPhone利用者の場合であっても、例えばネットフリックスなどのVODがみたい、というだけであればAndroid(TV)を搭載したプロジェクターに、利用するVODサービスのアプリをプロジェクターにインストールして、自分のアカウントでログインすれば特に不自由なく利用できます。

ただ、個人的にはせっかくAirPlayという機能があり、iPhoneで閲覧していた動画の続きをプロジェクターで再生する、ということをどうせならやってみたい、と思うわけです。

AppleTVを経由する場合

先に、シンプルにAirPlayで動画を楽しみたいという場合にはApple TVにプロジェクターを接続して視聴する、という方法があります。

スマートな様でいてそれほどスマートでもないのですが、簡単にいえばApple TV とプロジェクターをHDMI端子で有線接続して利用します。

Apple TVはホームハブとしてスマート家電を操作するリモコンの様にも使えるので、プロジェクター以外にも簡単にVODサービスとアクセスしたい、と考えている場合には便利な代物です。

私の場合は寝かしつけプロジェクターを探しているので、なるべく簡便に機器の接続をしたいのですが、AppleTVが寝室に常駐して、しかもプロジェクターを有線接続しているので、あまりスマートな感じはしません。

スポンサーリンク

AirPlay対応のお勧めのホームプロジェクター

いろいろ探しましたが、2021年現在は「Air Play」の映像受信に対応するデバイスはほぼありません。

Apple TV

唯一と言っていいAirPlayの映像受信機はApple TVです。要は、これに繋いだテレビモニターやらプロジェクターに、iPhoneから映像をAirPlay経由で送ればいいのです。さらにいえば、VODなどのサービスは、AppleTV単体で楽しむことはできるので、根本的にはAirPlayの必要性もないのです。

ぶちくま
ぶちくま

、、、そうなると、もうAndroidTVを搭載したプロジェクターを買えば良くないか?

これを言い出したらキリがないのですが、Apple TVと相性のいいプロジェクターなんかをパパっと紹介していきます。

「Apple TV」が、デバイスとアプリとサービスでごちゃごちゃする
お得なサブスク動画配信を探しているのですが、Apple TVはいろいろごちゃごちゃしすぎて一度まとめてみることにしました。使う分にはシンプルでいいんですけどね、説明がね。

AppleTV 4K

AppleTV 4K、iPhoneで手軽にホームシアター/プロジェクター生活

まずはApple TV 本体。機能面で言えば、4KとHDは画質以上の性能差があるので、基本的には4Kを購入しておく方がお勧め。

Apple TV HD

Apple TV HD、iPhoneで手軽にホームシアター/プロジェクター生活

具体的に何が違うのかって言えば、動画を再生する能力が全体的に4Kの方が高い。当たり前ではあるのですが、「ただ再生できる」のではなく、「より快適に、より滑らかに」再生される様になったのが4K。

もちろん、HDだから困る、というシーンは現状では4K関連の映像を再生するとき以外には感じることもないとは思いますが、これからの時代はスマホでも4K動画が撮影できる時代になることは容易に想像がつきます。

ちなみに、Apple TV HDは若干仕様が古いので、USB-Cが接続できる様になっていますが、出力用ではないので注意です。ちなみに、光デジタル端子も無くなっていますね。

HDMIケーブル

Apple TVと接続できるのは、有線ではHDMI(とギガビットEthernet)となります。無線ではWiFiとBluetoothが利用できるので、ほとんどの動画は「WiFi経由でAppleTVに直接ダウンロードして再生」することになります。ぶっちゃけ、iPhoneを挟む必要はありません。

しかし、あえてプロジェクターを利用するとなるなら、AppleTVからHDMIケーブルを使ってプロジェクターに繋ぐ使い方が想定されます。

HDMIに接続できるプロジェクター

プロジェクターは、ほとんどの製品でHDMI端子があります。ただ、一部のモバイルプロジェクターに関しては、無線か充電用のUSB-Cポートのみという製品も結構あるので、この辺りの接続方法は必ず確認することをお勧めします。

AirPlayに対応するプロジェクター

AirPlayに対応するプロジェクターを紹介していきます。

Anker Nebula Astro

私が子供のために買おうとしているのがこのNebla Astroなのですが、こちらはAirPlayに対応可能です。

ただ、何もせずに対応しているわけではなく、Nebula Astroのアプリ「AirPin」を利用することでAirPlayに対応しています。

レビュー内には「接続が途中で途切れる」というものもありましたが、製品の交換で良くなったとのことなので、製品個体差が影響するものなのかもしれません。ソフトウェアが原因じゃないというのも珍しい感じがしますが。

Anker Nebula Capsule II

Nebula Capsule 2、iPhoneで手軽にホームシアター/プロジェクター生活

基本、現在のところはAnkerしか対応していないのですが、Ankerも本体の機能ではなく基本的にはアプリで対応しています。

Nebula Capsuleでは、iPhoneやiPadでミラーリング/スクリーンキャストする場合はNebula Manager内からAirplay Recieverをダウンロードする必要があります。

Anker Nebula Cosmos Max

Nebula Cosmos Max、iPhoneで手軽にホームシアター/プロジェクター生活

寝室用では紹介しませんでしたが、とりあえず「高いな」という製品はなんとなく載せておきたくなるので。こちらもAirPlayにはNebula Manager内からAirPin(PRO)をダウンロードする必要があるので、まずは設定のほどを。

PC/MAC周辺機器
スポンサーリンク
スマホやPCの故障が心配なら

スマホに保険なんていらないっていう方も「意外に安いかも」という、キャリア(携帯会社)ではないスマホ保険について考えてみませんか?

故障が心配ならモバイル保険が便利

ここからは、私がお勧めするこれからの時代のスマホの保険に関する話題です。

しろくまさん
しろくまさん

今後は「ずっと同じ携帯会社」を利用するメリットはどんどん減るし、いつでも乗り換えられるようにスマホの補償サービスも「携帯会社ではないところ」にしておくほうがいいな、と。

ぶちくま
ぶちくま

色々と調べて、「スマホ保険は不要か」「保険はどこがお得か」などを記事にしましたが、長々とした解説は抜きにして、とりあえずお勧めをお伝えすると「モバイル保険」が一番でした。

「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

 


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました