AppleWatchシリーズ比較【Series3と5、どちらを買うか】

スポンサーリンク

AppleWatchが欲しい理由に関しては、こちらの記事になります。

このページでは、なんとか奥さんを口説き落としてApple Watchの購入許可が下りたものの、どれを買っていいかわからない方(私)のための情報をまとめています。

スポンサーリンク

2019年最新のSeries5の新機能

おしゃれなアップルウォッチ.png
アップルはおしゃれな見せ方が得意だな

まずは、2019年に登場したシリーズ5で搭載された新機能などをご紹介していいきます。

最新機能一覧

  • 常時表示Retinaディスプレイ
  • 触覚的な反応を返すDigital Crown
  • 電気心拍センサー
  • 第2世代の光学式心拍センサー
  • 転倒検出
  • コンパス
  • 64ビットデュアルコアS5プロセッサ
    ( S3プロセッサと比べて最大2倍高速)

WatchOS6でできること

補足ですが、シリーズ関係なく、新しいOSでできることもまとめておきます。

  • オーディオブック
  • ボイスメモ
  • 計算機
  • AppStore
  • アクティビティデータの連動強化
  • 騒音チェック

各機能の詳細

各機能の詳細情報です。特に興味がなければ読み飛ばしでOKです。

すごく長くなったので要点だけお伝えします。

見出し
  • 時計として使うなら「常時表示」が便利
  • 健康管理なら「心拍センサー」機能は十分
  • 方向音痴なら「コンパス」はありがたい
  • シリーズ4との機能差は薄い

常時表示が大事

まず、Series5にするかSeries3にするかを悩むことになりますが、用途として「時計」としての利用頻度が高いのか、iPhoneの補助ディスプレイとして使用したいのかによって、3なのか5なのかが決まってきます。

しろくまさん
しろくまさん

というよりも、時計として使うなら、常時表示が可能なSeries5一択となります。

心拍センサー機能が強化

電気心拍センサーが搭載

日本では搭載されていませんが、心拍数を測る場合は、電気心拍センサーの方が信頼性が増します。というよりも、健康を謳い文句にする以上、より精度の高い身体管理機能を搭載していくことは大変理にかなっています。

アメリカのApple公式サイトより

とは言え、医療機器としての精度は期待できない

これは、シンプルに装着位置の問題があります。

今回は、あくまでも「心拍数」だけなので医療機関で身体管理目的に使用されるECGとは目的が異なります。ただ、将来的に、家族の健康を守る場合は、しっかりと身につけられるスマートウォッチは確実に相性の良い製品となります。また、診断には「普段のデータ」が大事になるので、「今すぐ必要」ではない方にとっても、将来の自分の健康への投資としては大変価値のあるものだと思います。

当然病気の発見を保証するものでもない

Things you should know

・The ECG app cannot detect a heart attack. If you ever experience chest pain, pressure, tightness, or what you think is a heart attack, call emergency services immediately.  

・The ECG app cannot detect blood clots or a stroke.

・The ECG app cannot detect other heart-related conditions. These include high blood pressure, congestive heart failure, high cholesterol, or other forms of arrhythmia.  

・If you’re not feeling well or are feeling any symptoms, talk to your doctor or seek immediate medical attention.  

https://support.apple.com/ja-jp/HT208955
日本は非対応

しかし、残念なことに、本当に残念なことに、日本ではこの電気心拍センサーは非対応となっています。厚生労働省も医療機器の発展には協力的ではあるので、今後、「一般の人が使用しやすいツール」を普及させていくことにはやぶさかではないと考えられます。

ぶちくま
ぶちくま

審査期間も短縮目標があるしね。

ただ、それで精度や信頼性が疑われる製品を生み出しても社会は混乱してしまうので、丁寧な議論が必要でもあります。

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/zaitaku5.pdf

でも健康意識が高まることはいいこと

精度の問題はありますが、個人的な意見を申しますと、予防・早期発見段階での「偽陰性」ならびに「偽陽性」の有無は多少許容してもいいような気はします。(心電図異常があっても反応しない、心電図異常がないのに反応してしまう)。

ぶちくま
ぶちくま

健康に関心を持って、たまに出る異常に対して「あれ、病院行った方がいいのかな、最近検査受けてないな」という動機付けは大事だと思います。

検査の精度について

治療目的は別

一応、補足はしますが、循環器疾患がすでに持病にあり、治療目的としてスマートフォンに性能の悪い心電図センサーを用いるのはリスクが高いのでオススメしません。ただ、AppleWatchに関しては、「転倒通報」などの機能もあるので、こちらを併用して「非常事態の連絡ツール」を確保しておくのは有意義かと思います。

心拍計を使うべき人
  • ハードは運動を行い、かつ読み取った正確なデータから運動方法を改善するかた(プロ、セミプロ)
  • 心疾患に対して強度の心配がある方
  • 循環器系に不安がある方
心房細動を読み取る

ゴールドスタンダードの12誘導心電図で計測した心房細動の87.8%を観測できたというほど性能面も確立しています。

https://www.capa.co.jp/archives/29717
光学式心拍センサーとの違い

どちらがいい、というよりは個人的には「どちらもついていた方が信頼性が向上する」と考えています。腕時計式の場合は、心電図の波形を読み取っているわけではなく、あくまでも心拍数の変化をモニタリングしています。その場合は、光学式(光のセンサーで血管の動きや血液量を読み取る)でも十分です。

ぶちくま
ぶちくま

どちらかと言えば、光センサーは酸素飽和度(SpO2)の測定に用いられてきた経緯があるよね。

アップルウォッチは腕時計式で心電図まで読み取る
アップルウォッチが読み取った心電図ECG波形

少し、情報収拾のために英語版の公式サイトを読んでましたが、思ったよりもずっと心電図を読み取っていました。精度の保証まではできないものの、医療のプロが見ても「あれ、すごくね」と思うくらいにはデータが取れています。

電気心拍センサーを使って心拍を測定するには、心拍数 App を開いて、指を Digital Crown に載せます。このほうが、より高い精度ですばやく結果が出ます。5 秒おきではなく毎秒の計測結果が得られます。ヘルスケア App で心拍数の記録データを見ると、「心拍数の内容」に「心電図」と表示されます。電気心拍センサーを使って心電図 App で心電図をとることもできます。

心拍変動 (HRV) 計測は、中国本土、マレーシア、南アフリカ、トルコでは利用できません。現在、心電図 App は一部の国と地域でしか利用できません。心電図 App を利用できる国や地域については、こちらをご覧ください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204666

https://support.apple.com/ja-jp/HT204666

電気式の方が正確

しかし、敢えて言うなれば「胸部に電気式」の方がより正確な値をとることができます。これは、「光学式が運動や環境によって測定が不正確になる」ことと、「胸部から得られる心臓が発する生体電位の方が読み取りやすい」ということがあります。

結局は用途次第

ECGアプリが使用できないのは残念で、ものすごい長文になりましたが、アプリがなくてもAppleWatchによる心拍センサーはあなたの体のケアをサポートするには十分な機能を備えていると言えます。

  • 日本では心電図アプリは使えない
  • 日本で使えるようになると、シリーズ3では少し損した気分になる
  • 使えたとしても「日常の健康記録」程度であれば電子式はなくても差し支えない
  • 運動によるデータをプロレベルの管理でしっかりと記録したい場合は電子式も併用がベスト
  • 日常的なエクササイズのためだけであれば電子式は不要
  • 心疾患のモニタリングには及ばないものの、持病で心臓の働きに心配なことがある場合は間違いなく電子式
  • これから健康に対してのデータを取り始めるなら電子式

転倒検出が命を救う

よめくま
よめくま

なんだか壮大な煽り文みたいだけど、流石に命は救わないでしょ

これが、本当に緊急事態に役立った事例は存在します。

シドニー在住の三児の母ケイト・ドナルドさん(40歳)は2ヶ月前、ひとりで自宅にいた際にてんかんの発作が起こって転倒。それをApple Watchが検出して、夫のベンさんにテキストメッセージを自動送信したとのことです。

https://japanese.engadget.com/2019/08/01/apple-watch/

日本では前述の通り、心電図モニタリングまではありませんが、このような機能により通報とメディカルデータが連動されることで、より救急救命が円滑に行われるようになります。

ぶちくま
ぶちくま

データがあることで、誤報やいたずらを見分ける手段にも使えそうだしね。

転倒検出通知機能の詳細

転倒して大きな衝撃を受け、60秒以上動きがないことがApple Watchで検知されると、Apple Watchは緊急通報サービスに連絡するとともに、緊急連絡先に自動的にメッセージを送信します。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/watch/apd0d5d452ce/watchos

勝手に連絡が行くことがかえって心配な方は、転倒検出機能をオフにすることもできます。(65歳以上は自動でON)

他にも役立つことが

通報だけにフィーチャーされがちですが、意識状態を確認するために、手首に刺激を与えたり、呼びかけたりする機能があります。この機能は睡眠系の障害とも相性が良さそうですし、警告音によって他の人が緊急事態に気づいて「マンパワーを集める」作用も期待できます。

コンパスがあれば道に迷わない

よめくま
よめくま

コンパス、いる?

ぶちくま
ぶちくま

ごもっともな疑問ですが、地図が読めずに道に迷いやすい奥様こそ必要な機能ですよ。

GPSが搭載されている時点で、コンパスまで必要かな、と私も感じたところですが、「自分が歩いている方向がわからない人」は結構います。

ぶちくま
ぶちくま

私自身、「なんで道に迷う人がいるの」と鼻で笑っていた時期がありましたが、年齢を重ねて久しぶりに歩いてみると、見事に道に迷いました。世の中の方向音痴の方、すいませんでした。

わざわざ無駄に動き回る必要がない

カーナビなんかでもそうですが、自分の位置情報が曖昧なまま「とりあえず動き出して」ナビが反応してから逆方向に進んでいたことに気がつく、なんてことはよくあります。

ぶちくま
ぶちくま

コンパスがあることで、マップと連動して自分の向いている方向がわかるので、間違った方向に進むなんてお茶目な行動とはもうおさらばです。

これは、店の中にいても同様です。店舗内マップを見てもトイレが見つけられない人は、自分が北を向いて店舗マップと見比べることで、位置関係が把握しやすくなります。

DQウォークでモンスターを逃さない

別に、ポケモンGOでもいいんですけども。マップ上に現れたモンスターが、どこにいるのかが一発でわかるようになります

ぶちくま
ぶちくま

もう、はぐれメタルを逃すことがなくなるね!

プロセッサの違い

後述でも良さそうですが、サクッと。

  • シリーズ3はデュアルコアS3プロセッサを搭載
  • シリーズ5はS3プロセッサより2倍高速な64ビットデュアルコアS5プロセッサを搭載

ですが、注意点としては、シリーズ4からシリーズ5のプロセッサはマイナーチェンジで大幅な機能向上はないようです。

スポンサーリンク

シリーズごとのAppleWatchの基本情報

アップルウォッチシリーズ3と5の比較
見た目は、あまり変わらない?

この辺りは、サクッとした情報を、表やリストを使って視覚的にお届けしていきます。

発売日

新製品であるシリーズ5はナイキモデルがいよいよ登場ですね。

スポーツならNikeを選びたい、AppleWatch
モデル名発売日
Apple Watch Series 5 2019年9月20日(金)
Apple Watch Edition 2019年9月20日(金)
Apple Watch Hermès 2019年9月20日(金)
Apple Watch Nike 2019年10月4日(金)

価格

AppleWatchシリーズ5

  • 【Apple Watch Series 5】
    アルミニウムケース:42,800円(税別)から
    ステンレススチールケース:72,800円(税別)から
  • 【Apple Watch Edition】
    チタニウムケース:82,800円(税別)から
    セラミックケース:133,800円(税別)から
  • 【Apple Watch Hermès】
    アルミケースのみ:42,800円(税別)から
  • 【Apple Watch Nike】
    ステンレスケースのみ:133,800円(税別)から

AppleWatchシリーズ3

  • GPS + Cellularモデル
    30,800円(税別)から
  • GPSモデル
    19,800円(税別)から

スペック(性能)比較

比較項目Apple Watch Series 3Apple Watch Series 5
ケースサイズ 38mm、42mm 40mm、44mm
チップ S3(32bitデュアルコア) S5(64bitデュアルコア)
ワイヤレスチップ W2 W3
ストレージ容量 8GB(セルラーモデルは16GB) 32GB
常時表示機能 非対応 対応
光学式心拍センサー (第1世代) 第2世代
電気心拍センサー 対応(日本は非対応)
転倒検出 対応
Bluetooth 4.2 5.0
位置情報 GPS GPS、コンパス
バッテリー 最大18時間 最大18時間
スポンサーリンク

2019年にあえてSeries3を買う理由

では、ここまで読んでも、シリーズ5ではないとうっすら感じている方、ガジェットセンサーが鋭いですね。

ぶちくま
ぶちくま

正直、シリーズ3でもよくね?

そんな堅実的なあなたの背中をおす、シリーズ3を買うべき理由をまとめておきました。

シリーズ4からの進化が薄い

シリーズ4からの変化を比べると、思いのほか「マイナーチェンジ」に止まる変化でした。

ぶちくま
ぶちくま

これは、実質Siries4Sと言ってもいいレベル。

プロセッサは同レベル

同等品か、そもそも同じではないかという見解が示されています。Appleの謳い文句としても、どちらも「S3の最大2倍高速化」ですからね。

サイズ感も据え置き

全く同じなので表も省略します。

材質は「チタン」「セラミック」が追加
スペースブラックチタニウム、AppleWatch
スペースブラックチタニウム
セラミック、AppleWatch
セラミック

ただ、外観が全く同じなわけではなく、材質に「チタニウム」と「セラミック」が追加されました。実際に肌に触れる時計だからこそ、材質にもこだわりたい方は多いはず。

値段が安い

ぶちくま
ぶちくま

当たり前の話をして恐縮ですが、やはりSeries3を選ぶ一番の理由は、お金、ですね。

2万円で買えるコスパ最強のシリーズ3を見て、シリーズ5でできることを見比べて、2~4万円程度の価格差を補って余りある魅力を感じればシリーズ5、ほとんどの方にとってはシリーズ3で十分、という結論になるはずです。

必要最低限の機能性は確保

  • iPhoneのサポート機能としては十分
  • 音楽を聴く場合ストレージにはやや不満
  • 常時表示はないもののタップ程度の動作は許容できる
  • 身体管理まではAppleWatchにさせない

個人的には、よほどのことがない限りはシリーズ3で十分だし、「いや、そんなことはない!」と胸を張って言える場合はもうシリーズ5を腕にはめておいた方がいい。

スマートウォッチのお試しとして

このコスト感であれば、「まずは買ってみる」のもありだと思います。少し高めのいい腕時計だと思えば価格には納得できますし、アプリは進化することを考え、かつ生活改善にも役立つとなれば投資価値は十分にあります。

買い替えを頻回に行う

また、買い替えを頻回に行う場合は、シリーズ3からスタートして、次世代以降に期待するのもありです。

ECG搭載・対応を待つ

やはり、目玉機能と言えるECG読み取り・データ蓄積機能が日本で使えないなら、魅力は半減以下だと言えます。まぁ、私が医療関係の人間だから、というのもありますが。もっと皆さんに健康に関して興味を持っていただければ、将来的に我々の負担は減ると考えていますので。

ぶちくま
ぶちくま

つまり、日本でも心電図アプリが対応可能になった時に、最適なモデルを選べばいいってことだね

スポンサーリンク

シリーズ別お得なアップルウォッチの買い方

シリーズ5は当然新品がベストバイ

シリーズ5に関しては、やはりAppleストアで新品を買った方が気持ちがいいですね。セルラー対応なら各キャリアのショップでもいいと思いますが、やはりAppleStoreで購入するのが無難です。

保証はしっかりと

私はiPhoneの保証は不要派なのですが、AppleWatchに関しては、「常に身に付けるもの」で、かつ「動作に影響を受けやすい」ため、AppleCareに加入しておくことをお勧めします。

ぶちくま
ぶちくま

あるいは、デバイスまとめて保証に入れる「モバイル保険」に加入するのもアリですね。

シリーズ3の買い方は工夫が必要

新品がベスト?

シリーズ3に関しては、シリーズ4もすっ飛ばしているので、すでに中古市場に潤沢に商品が存在します。個人的には2万円であれば新品でもありかな、とは思っているところですが、「掘り出し物を探すのが好き」な方であれば、時間をかけてラクマやメルカリで探してみるのもお勧めできます。

中古市場の現状は

2019年秋の動向ですが。

シリーズ3が出品されるようになってきました。iPhoneほど業者の買い叩きが横行していないので、動きは緩慢です。

整備済品には並ぶの

日本のApple公式サイトの整備済品のカテゴリにはAppleWatchがないため、整備済品を期待して待つのは難しいところ。アメリカでは整備済製品リストに載っているのですが、日本での販売は余り期待しない方が良さそうです。

AppleWatch
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました