ハイレゾを再現するために必要になるアイテム「自己満」

スポンサーリンク

ハイレゾのサブスク情報のタレコミがありまして、そちらは別記事にまとめたものの、いまいち釈然としない「ハイレゾ」の存在意義。

ぶちくま
ぶちくま

CD以上の音質は人間には近くできないみたいだけど、それでもハイレゾを求めることに果たして意味があるのだろうか。

そんな疑問を元に、とりあえずハイレゾ環境を整えるための費用を算定したく思いました。

スポンサーリンク

ハイレゾ環境をつくるために必要なこと

ハイレゾの定義的なものは先の「ハイレゾサブスク」記事に投げ入れておきましたのでここでは割愛しますが、「何で聴くか、どこで聴くか」でハイレゾのために集める物品が異なってきます。

ハイレゾのサブスクは高いだけ? moraとAmazonの比較
ハイレゾサービスもサブスクに参入してきていますが、Amazonとmora、どちらがいいのか比較してみました。結論としては、「そもそも、ハイレゾをサブスクで」みたいなところにいきついています。

なぜ、ハイレゾは機器にこだわる必要があるのか

そもそも、ハイレゾを求めるとややこしいのが、音楽環境を高スペック化しようとすると、「こだわり始めるとキリがない」状態になります。

ぶちくま
ぶちくま

最終的には、「呼吸と心拍音も雑音ノイズ」という結論になり、なんだかなとなるのですが、一応解説はしておきます。

ハイレゾ沼にハマるために必要なもの

まずは、基本的な知識として、ハイレゾ周辺機器にはどんなものがあるのか、準備すべきものは何かを調べていきます。

音源を用意する

まずは音源。音源は、サブスクのところでも説明しましたが、同じ曲でも「ハイレゾ音源」として入手し直す必要があります。(購入ずみの楽曲がハイレゾ対応した場合には無料の場合もありますが)

ぶちくま
ぶちくま

CD以上の音質(データ容量)となりますので、CDから音を取り入れたらそれはもうハイレゾではありません。現状は、ハイレゾ配信サイトから入手するのが基本です。

音源がハイレゾではないが、対応周波数などを高品質Ver.でマスタリングしてあたかも「ハイレゾ風」に売り出す場合もなくはないですが、可逆圧縮でもない限りは一度低音質で収録された音源の音質が復活することはありません。

しろくまさん
しろくまさん

逆に、FLACやALACは可逆圧縮と言われる方式でエンコードされるもので、分かりやすくいえば、「圧縮したあと、もとに戻しても品質は一緒」ということが可能になりました。

ハイレゾ配信サイト一覧

再生ソフトを用意する

ハイレゾ音源を入手したら、ハイレゾを再生するソフトウェアを手に入れます。多くの場合、ハイレゾ配信サイトが専用のソフトやアプリをリリースしているので、ご自分の利用環境に合わせて選ぶのがいいかな、と思います。

ソフトも選んだらキリがない

これも突き詰めたら、どの再生ソフトが一番いいのか、の話になって1記事じゃ済まなくなるので、詳しい選定方法は割愛。ただ、配信サイトが独自のコーデック(ファイル形式)を用意している可能性もなくはないので、とにかく購入元の再生ソフトが一番安定します

人気どころのハイレゾ再生ソフト
デバイス対応OSソフト名
PCWindowsfoobar2000
WindowsMediaMonkey
macVOX: MP3 & FLAC Music Player
スマートフォンAndroid、iOSHF Player
NePLAYER
AndroidRocket Player
ハイレゾ対応アプリ
高精度ハイレゾ音楽プレーヤー Onkyo HF Player

高精度ハイレゾ音楽プレーヤー Onkyo HF Player

ONKYO CORPORATION無料posted withアプリーチ

ハイレゾ対応 音楽プレイヤー[NePLAYER Lite]

ハイレゾ対応 音楽プレイヤー[NePLAYER Lite]

radius co., ltd.無料posted withアプリーチ

再生機器を用意する

再生機器は、まずソフトウェアを起動させるためのパソコンやスマホが必要になります。音楽の最終到達点は耳であり鼓膜であり神経組織ですが、機器としては「イヤホン」や「スピーカー」が想像しやすいところです。

スピーカーやイヤホンは楽器

この、イヤホンやスピーカーというのは、デジタル音源の指示通りに音を作り出すものなのですが、イヤホンやスピーカーというのは、いわば「楽器」に近いものです。

ぶちくま
ぶちくま

音楽として再生するためには、デジタルデータを楽器に読み取らせるためのDAC(Digital to Analog Converter)なるものが必要になります。デジタル信号を「楽譜」に置き換えるものだと思っていただければいいかなと。

スポンサーリンク

ハイレゾ対応の機器を揃えていく

DACってのがややこしくて、なかなかハイレゾ移行に踏み切れないのですが、何にせよ調べてみることにします。

スマホできく場合

スマホで聴く場合には、「スマホがハイレゾに対応している」か、「非対応スマホでポータブルDAC」に接続するか、という二つの方法があります。

ポタアン

何も考えずにポータブルアンプを購入すると、デジタルをアナログに変換させて増幅させるだけのものもあって間違えがち。先に申し上げたDAC機能を内蔵したポータブルアンプ(ポタアン)を選ぶようにしましょう。

ハイレゾ対応スマホ・ポータブルオーディオプレイヤー

ハイレゾ対応において、強いのはやはりSONYです。当然、SONYブランドのスマホ、Galaxyはハイレゾ対応。

iPhoneもiOS11でFLAC対応

少し面倒なので流し読みでいいのですが、Appleは独自のデータ(可逆)圧縮方式のALACというフォーマットがあるのですが、iOS11からFLACというスタンダードなハイレゾ形式に対応しています。

ぶちくま
ぶちくま

ですが、出力の際には「48kHz/24bit」にダウンコンバートされるので、元データ次第では音質が良くなったとは実感できないかもしれません。大概の場合は、全く気にならないレベルですが。

PCできく場合

PCの場合も似たようなものです。ただ、選択肢が増える分、面倒だし値段も高くなるので、お手軽に楽しみたいなら、DAC・アンプを内蔵したスピーカーも多く出されているので、USBで繋ぐだけでパソコンの音が劇的に向上するお手軽なものもあります。

ネットワークに対応する

私は、なるべく線は減らしたいのですが、音楽を本気で楽しむなら有線が基本です。

パソコンからスピーカーにBluetoothなどの無線で音楽を飛ばすこともできますが、だいたい、スピーカー側が対応できずにダウンコンバートされか非可逆圧縮してもはやハイレゾ云々どころではないほどに音質は劣化します。(圧縮されたものは、流石に音圧というか、音の厚みが違います)

NASとハイレゾは相性がいい

しかし、例えば、自分が持っている音源がハイレゾの場合で、NASなどネットワークに繋がっている記憶媒体、あるいはパソコンからルーターに音源データを飛ばしてルーターからWiFiで飛ばすなどすれば、無線LANを使ってネットワークオーディオプレイヤーに飛ばして、そこからアンプ・スピーカーに繋いで音楽を楽しむことができます。

ぶちくま
ぶちくま

このメリットは、ただでさえデータが莫大になるハイレゾ音源を、大容量HDDなどで安価に大量に保存したものを、面倒なデータの入れ替えなどせずに音楽を楽しむことができることです。

しろくまさん
しろくまさん

これから、ハイレゾ配信がサブスクになる時代になるのは間違いないので、提携している会社の配信を受け取れるネットワークオーディオプレイヤーがあれば、かなりシンプルなリスニング環境にできそうですね。

再生(音響)機器にもこだわる

図も用意していないので、理解できる方はほぼいないと思いますが、問答無用でとりあえずこのまま続けます。なんとか、DACアンプでハイレゾ音源をアナログ出力に変えることができたので、あとはお持ちのスピーカーで再生すればかなり音質は向上しています。

しろくまさん
しろくまさん

先ほども申し上げましたが、スピーカーは楽器なので、演奏方法を伝えてもらえればその通りに演奏してくれます。あとは、この再現力がどうかで、多様な音へと変化するので、スピーカーにこだわる方は多いと聞きます。

スピーカーの場合は、送られてきたデータを再生機器のためにアナログ信号に変換された後の話になります。ハイレゾ云々に対応しているかどうかは、DAC機能が含まれた製品でない限りはあまり関係がないのですが、再生できる音の限界もスピーカーによりけりです。

出せる音の限界はある

ピアノの鍵盤を想像してもらえれば、オクターブ違いの音を出すためにはその分鍵盤を増やす必要があります。そんな感じで、安いスピーカーだとある程度の音は再現できますが、再生周波数域次第では低音が響かなかったり、高音を再生することができなかったりします。

イヤホン・ヘッドホンにもこだわる

イヤホンとヘッドホンも、こだわり始めるときりがないのですが、私はイヤホンやヘッドホンは「使っていて疲れないか」というのが大事だと思っています。

スピーカーと同様に、イヤホンやヘッドホンも高価格帯の方が音の表現の幅が広いと考えていいと思います。

ぶちくま
ぶちくま

耳との距離が近いので、狙った音を出しやすく、音量は小さくてもいいのである意味では狙い通りの音を安定して楽しむことができるリスニング環境と考えられます。

ただ、イヤホン・ヘッドホンは聴いていると疲れます。耳が痛くなるし、ヘッドホンは重いので肩は凝るし、長時間音刺激から逃れられないのは神経系にも悪いような感じがします。

ぶちくま
ぶちくま

なので、個人的には、イヤホンとヘッドホンに関しては、何より使いやすいものが一番いいと思っています。

配線にこだわる

この辺りは、本当に好きな人が「妥協を許さない」ためにやることですが、配線・ケーブルも気になり始めたら音楽好きというよりは音楽機器マニアの方向性に進んでいます。

オーディオ用のUSBケーブル

キリがないのですが、USBケーブルからこだわるとノイズが減るらしいです。ただ、データの通信の問題なのに、ケーブルだけで一体どれくらい音質が変わるかは、実際に試してみて個人の満足度に合わせるのが良いかと思います。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、実際昔のDACアンプに繋いだケーブルが悪さして「プツプツ」音が鳴ることはありましたね。結構、萎えますよ。

信号劣化には金メッキ

金メッキがいいとのことです。接続端子部分が錆びるとよろしくないので、長時間使用するなら金メッキ仕様。

OFC値

OFCは無酸素銅のことですが、純度の高い銅の方が劣化が少ないらしい。

電源にこだわる

そういえば、音質にこだわり始めると、最終的に専用の電源が必要になるという話がありますね。

ぶちくま
ぶちくま

電信柱から用意するらしいので、本格的に楽しみたい方は専用の電気契約を得ることから始めましょう。

“マイ柱”電源」VS「燃料電池」、音が良いのはどっち? 話題の比較イベントを克明レポート

スポンサーリンク

お勧めハイレゾアイテム

お勧めも何も、まだハイレゾグッズを何一つ手に入れていないのですが、基本的には購入する前に情報を集めるスタイルなので、買ってからレビューを書きます。

ぶちくま
ぶちくま

こんな商品を買おうか悩んでいる、という感じで読んでいただければ幸いです。

DACアンプ

まずはDAC機能のあるアンプリファイアからご紹介します。

SONY UDA-1

まずは、SONYのUSB DACから。とりあえず、ハイレゾ関連はスペックを語られても訳が分からなくなるのですが、とにかく音質はいいらしい。レビューも好評。

しろくまさん
しろくまさん

デザインはすっきりしていてアンプらしいアンプ、SONY製品に限らず、どこのアンプセットでもすんなりと親和してくれそう。

ぶちくま
ぶちくま

生産完了品になっているけど、ラインナップを見るとUSB DACにはもう力を入れなくなってきているのかもね。

UDA-1 特長 : USB DACオーディオ | システムステレオ | ソニー
ソニー システムステレオ 公式ウェブサイト。システムステレオUDA-1の商品ページ。UDA-1の特長をご紹介いたします。

TEAC AI-301DA-SP

USB DACらしく、MACと並んで置いたら製品の一部にも見える高品質なステンレスシルバー。割とコンパクトな感じがしますが、入力も出力も十分にあり、そっとテレビの下に置いておけばすぐさまダイナミックな音が楽しめる、そんな予感がします。

ぶちくま
ぶちくま

価格帯でも割とフランクな感じがするので、「ちょっと本格的にパソコンでも音楽聴こうかな」と思った時の第一選択でいいと思います。

安くてもDSD音源対応アンプ

DSDの説明はまた今度にします。アナログに近い波形で記録ができるものです。間違えて買わないように、ここでも少しだけ紹介はしておきます。(前述のUSB DACも再生では対応しています。)

KORG DS-DAC-10R

DSDでレコーディングするならこのモデル。アナログレコードを直接接続できる「フォノ入力端子」を搭載しており、なんとなくハマってしまったレコード集めに拍車がかかること間違いなし。

ぶちくま
ぶちくま

レコード聴くのは落ち着くけど、やっぱりデジタル音源でも確保しておきたいしね。

しろくまさん
しろくまさん

DSDで限りなくアナログの波形を再現できるようになった今だからこそ、アナログレコードが劣化しなうちにレコーディングしておきたいところです。

再生するならKORG DS-DAC-10

ほとんどの人が、音楽は再生して楽しむものだとは思いますが、面倒な配線が不要なお手軽機種はKORGの DS-DAC-10だと思います。

USB端子で接続して、AudioGateという専用ソフトをインストールすれば、あとは自動で音源をDSDデータに変換してくれる。

ぶちくま
ぶちくま

パソコン上でデータ処理を行うので、負担が大きいのとパソコンの頑張ってる音がノイズになりそうなのが難点ですかね。

DENON DA-310USB

DCまで負帰還をかけることでDCオフセットを抑え、低域の利得低下や位相回転の原因となる出力カップリングコンデンサーの無いアンプ構成を実現しました。 

日本語なのに全く何も伝わってこないのですが、こういう漢字の説明文を読むと「なんだか騙されたような気分になる」ので、知らない単語から調べていくばかりです。

ハイレゾ対応のウォークマン・スマホの一例

SONYがmoraやってるわけなので、今後面白いのは圧倒的にウォークマン。

ぶちくま
ぶちくま

iPod touchあたりは、AppleMusicがどうハイレゾと関わるのかで評価が変わりそうです。

Xperiaが最善

やはり、ハイレゾに関してはSONY周りで固めるのが、一番スマートだとは思います。

スマホは、小さなパソコン並みのスペックがある上に、通信機器として最も優秀なデバイスです。今後、5Gで高速回線が無線化されると、音楽配信もハイレゾクラスの「ほとんど圧縮されないCD以上の音源」でストリーミング再生されることになると思います。

その際に、「ハイレゾ配信側のサービス」も、受け取るデバイスもグループ社内でできるのは強みです。規格の独占のような全時代的なシェアの取り方はしないと思いますが、ユーザーも難しいことは考えたくないので「全部ソニーが安心」というのは大きなメリットです。

iPhoneはどうなの?

Appleは、あくまでもこの辺りで十分、という感じでAppleMusicをリリースしている感じはあるしね。でも、Apple Digital Mastarsという実質ハイレゾサービスを特にアナウンスなくさらっとやっているところを見ると、「ハイレゾは特別なものではない」とも考えているのかもしれない。

iTunes - Apple Digital Masters - Apple(日本)
Apple Digital Masters。スタジオ品質のサウンドを、すべて&#1...

ちなみに、このPDFファイルは、クリエイターがApple Digital Mastersを使うための説明などが書いてありますが、一番分かりやすいと思います。要は、クリエイターの段階で、AACという流通ファイルをマスタリングするので、劣化プロセスが少ない配信が可能になるということ、らしい。

Apple Digital Masters スタジオ品質のサウンドを再現。

ぶちくま
ぶちくま

数値だけのハイレゾだと、もう信仰に近いものがあるけど、この辺りの理論上の音質改善は信じやすい上に「追加料金がないサービス」だけに、Appleやるじゃん、と思っちゃったね、うかつにも。

ポタアンの候補一例

個人的には、もうポタアンの時代は終わるんじゃないかと思っているので、さらっとした紹介だけ。

ぶちくま
ぶちくま

だって、有線でも無線でも、結局音質劣化するなら、ダイレクトに音源受け取れるスマホからそのままスピーカーやイヤホンに出力した方がシンプルだし快適だし容量取らないし、

Onkyo DAC-HA200

Onkyoのザ・ポタアン。アプリもHF PlayerでiOSでも最高品質のハイレゾが楽しめるようになる。

エントリーモデルでありながら、入力端子も豊富で満足度は最高峰。

ロジテック LHP-AHR192

何より、小さい。何より、安い。

サイズや値段を考えると、スマホスペックに依存した、ハイレゾ再生機と言った印象もありますが、音の表現の幅が広がった、というレビューも多く、それなりの実力はあるようです。

こだわり配線ケーブル

エレコム

ぞ対応はもちろんのこと、高純度OFC99.95%(無酸素銅)コードを使用しており品質の良さは折り紙付き。

フルテック

金メッキ処理はもちろんのこと、導線にはOCC素材という銀メッキなどを混ぜたものを使用。

オーディオクエスト

シルバーコーティングが施された導線で、レビューでも「こんなに音が変わるのか」という驚きの声で溢れており、業者の仕業なんじゃないかと疑ってしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました