iPhone使用時に消していいauアプリ【アンインストール推奨】

スポンサーリンク
ぶちくま
ぶちくま

auでiPhoneを購入するとプレインストールで最初からいろんなアプリがダウンロードされているんだけど、これってどうしたらいいの?

というわけで、au歴とiPhone歴を足すとちょうど年齢になる(わけはない)私がお答えします。

スポンサーリンク

アプリのプレインストールについての基礎知識

そもそも、なぜ、買ったばかりのスマホにアプリが勝手にダウンロードされているのか。

よめくま
よめくま

誰か他の人が乗っとったり、お店の人がすでに使ってたりしているわけ?
怖い!

というわけで、うちの嫁を脅かす存在は弾劾すべきなので、ちゃんと理由について説明します。

プレインストールとは

プレインストールというのは、スマホ端末に事前にアプリなどをインストール(搭載)させておくこと。この場合、auで購入したスマホには2パターンのアプリがインストールされています。

プレインストールされているアプリの種類

  • iPhoneに標準搭載されたAppleのアプリ
  • au独自のサービス関連のアプリ

アプリを消して悪いことはあるのか?

基本的に、消して不都合になるようなアプリは、簡単に消せるような設定にはなっていないので大丈夫です。

Appleの標準搭載アプリに関しては、消去というよりはアイコン表示をなくす、といった意味合いの方が強い。

AppStoreでサイドダウンロード可能

また、仮に間違えて消したとしても、必要になった時にAppStoreで該当のアプリを再度ダウンロードすることは可能です。

データは消える

とは言え、例えば「連絡先」アプリを消した場合、外部にバックアップを取っていないようであればデータは消えます。

今のご時世、大概、携帯会社のクラウドサービスやiPhoneであれば起動してApple IDにログインすればiCloudにデータがバックアップされます。データを移行した方法次第ですが、データ移行する際に、データがいずこかに保存されている可能性はあります。

パソコンのデータ復旧ソフトを使ったり、iPhoneからデータを救い出す方法もあるので、それは別記事をご参照ください。

再度インストールするときは有料になったりしないの?

Androidを使用したことがないので、iPhoneの場合になりますが。

iPhoneは自分のApple IDで購入したものを、再度ダウンロードするときは基本的にはお金はかかりません。サブスクリプションのデータも残ります。まして、プレインストールされたアプリはほぼ無料なので、当然有料になったりはしません。

プレインストールの目的

au(携帯キャリア会社の策略)

自社サービスへの誘導目的です。アプリを事前にインストールしておくことで、自社サービスの露出を増やし、アクセスを誘導することができます。自社サービスを利用することは大きなデメリットはありませんが、「最前策」でもありません。

しろくまさん
しろくまさん

漫然とキャリアのサービスを使うより、目的にあった適切なアプリを使ったほうがいいですよ!

スマートパスへの誘導は常套手段

一番有名なのが、スマートパスへの誘導。現在は、「機種代無料」が規制されつつありますが、「スマートパス入会で割引」は根強い。スマートパスは実質的にはクーポンを利用した「広告」効果で、利用者とクーポン商品を結びつけながら、かつユーザーから月額固定費を巻き上げる素晴らしいシステムです。

Apple(スマホ会社)の温情

OS(iOSやAndroidのこと)に準拠したアプリや、スマホメーカー(SONYとか)が自分のスマホを使いやすくするためのアプリが事前にインストールされていることも多いです。

Androidの場合はわかりませんが、iOSに標準搭載されているアプリは使い勝手がいいのでそのまま使用しても差し支えありません。ただ、より高い機能性を求めて他のアプリに置き換えることも可能です。

スポンサーリンク

iPhone購入時にプレインストールされているアプリリスト

アンインストールする前に、どれがAppleで、どれがauのアプリか区別しておきます。

Apple標準アプリ

  • メール
  • 電話
  • カレンダー
  • Safari(Webブラウザ)
  • カメラ
  • 写真
  • マップ
  • 計測
  • App Store
  • ファイル
  • メモ
  • ボイスメモ
  • メッセージ
  • ミュージック
  • ヘルスケア
  • 天気
  • iBooks
  • コンパス
  • FaceTime
  • 時計

au関連アプリ

au関連でプレインストールされているアプリです。AppStoreへの誘導のためのものもありますが、だいたいこんな感じです。数が多いのでカテゴライズしておきました。

au基本サービス

  • auメール
  • My au
  • デジラアプリ
  • au STAR
  • au Wallet

月額サービス

  • ニュースパス
  • ビデオパス
  • うたパス
  • ブックパス
  • ディズニーパス

au用のユーティリティアプリ

  • au まちモニ
  • au カーナビ
  • auナビウォーク
  • au ゲーム

EC(ネット通販)

  • au Wallet Market
  • Wowma!

関連会社のサービス

  • Relux
  • SPORTS BULL
  • じぶん銀行
  • auでんき

2017年からは必要なものだけダウンロードする形に

初期設定時にお客さまのご契約内容に応じたアプリが自動配信されるほか、「以前にご利用のアプリ」「おすすめアプリ」からお客さまに必要なアプリがダウンロードできるようになりました。

https://www.au.com/action/news/20171129-01
スポンサーリンク

アンインストールしてもいいアプリ

ここからは、消去してもいい、むしろ消去してしまいたいプレインストールアプリを解説付きで紹介していきます。

アンインストールする理由

  • スマホの記憶容量を節約する
  • バックグラウンドでの通信を節約する
  • 余計なサービスに誘導されない
  • アイコンが多すぎて目障りなので整理する

バックグラウンド通信については、iPhoneの設定で節約することもできるのでそちらもご参考までに。

アンインストール推奨基準

Apple標準アプリはアイコン整理などの目的がなければ消さない

Apple標準搭載のアプリは、iPhoneを利用するメリットでもあるほど優秀なものが多いので、無理に消すことはありません。

それと、iPhoneのなかに組み込まれている要素なので、消したところで「アイコンが非表示」になるくらいで、データや通信の節約になるような効果はほとんど期待できません。

au関連はほぼ全消去でOK

au関連に関しては、ほとんどがAppStoreにダウンロードを促すだけの見せかけだけのアプリや、月額サービスへの誘導線なので、とりあえず消してしまって大丈夫です。各サービスが必要になったら、他のもっと使える専用アプリを導入するか、再度ダウンロードすればOKです。

アプリの消去方法

iPhoneの場合で恐縮です。

auのプレインストールアプリを消す方法
長押しふるふるは基本
  1. 消したいアイコンを長押し
  2. アイコンがふるふるする
  3. アイコン左上に現れた「×」をタップ
  4. 消去する

消去するまでもない場合はフォルダ化

上の画像で、私がauアプリは全てフォルダに投げ込んでいることがバレました。もしかしたら、最初からフォルダ化されていたかもしれませんが、もしまだアイコンが散在しているようであれば、フォルダ化しておいてもいいでしょう。

アイコンのフォルダに入れる方法
  1. アイコンを押してアイコンが浮き上がらせる(ふるふる手前)
  2. アイコンが移動できるようになるので、まとめてフォルダに入れたいアイコンに重ねる
  3. フォルダが自動で作られる
  4. 名前を付け直す

アプリ消去時の注意点

もしかしたら、機種変更時や新規利用契約時に、うっかり契約しているものがあるかもしれません。

しろくまさん
しろくまさん

1ヶ月は無料ですので、使わなかったら契約解除しても大丈夫です

というパターンですね。

まずはMy auや公式HPでご自分の契約を確認することをお勧めします。そして、1ヶ月ないし1週間、まったく利用していなければ今後も使うことはありません。更新の通知など無駄なデータ通信や容量を使用しないためにも、さくっとアンインストールしてしまいましょう。

契約型のアプリは契約解除を忘れずに

月額料金を契約している場合、別途月額サービスを解除する手続きが必要になります。

残しておいたほうがいいアプリ

  • デジラアプリ
  • My au

以上です。全く残りませんでしたね。他のアプリの方が優秀です。

スポンサーリンク

消去後に入れ替えたいアプリリスト

ビデオ関連のアプリ

ビデオパスは、最近定額制の月額動画サービスがまさに全盛期ですので、圧倒的に他のサービスに切り替えたほうが懸命です。

など、豊富な選択肢があります。

2歳までの子守り用動画配信サービスはAmazonプライムビデオで十分【Netflixと比較】
プライムビデオは本当に罠。この価格でこんなに安いはずがない。というわけで、私は数年間Amazonプライム会員としての活動(プライムビデオで時間を潰す)に勤しんできました。ぶちくまあかん、これ本当に廃人になる!決...

とはいえ、動画もYouTubeだけで十分、という方も多いので、いずれにせよさくっとアンインストールで大丈夫です。

読み物アプリ

auと契約している場合、たしかに「ブックパス」や「ニュースパス」は便利なサービスです。私はサービスは一本化してシンプルにしたいので、利用するのであれば「ブックパス」や「ニュースパス」でも十分やっていけると思います。

ぶちくま
ぶちくま

ニュースはどこのサイトでも概ね同じような内容ですしね。使い勝手も大差ない。

ただ、電子書籍を利用されている方であれば、一本化するのであればむしろこちらの電子書籍のアプリに「読み物機能」を集約した方がいいと思います。

楽天KOBOとの比較

一本化を考えた時は楽天のほうがサービスは充実していますね。ただ、楽天系のサービスに関しては、幅広くカバーはできているものの、質的に他のアプリの方が優秀であることが多いです。auユーザーがむりに楽天サービスに寄せる必要もありません

楽天サービスとauブックパス

これは、私自身が長年auユーザーでありながら、楽天モバイルに移行を考えているので、比較したいなと思っていた項目でした。

ぶちくま
ぶちくま

1年間も引導を渡せず、だらだらとauを使ってしまっている。

楽天の場合はKOBOとマガジンで別サービス

楽天系のサービスは、本当に幅広くカバーしているので、無いサービスは無い、と言ってもいいでしょう。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、あるサービスがいいかっていうと、それは別の話なわけで。

auでまとめた方が便利ではある

そう考えると、実はauのブックパス、ニュースパスの方が使い勝手の点だけで言えば、いいところがあります。auのブックパスは先ほどの雑誌のようなものから、いわゆる漫画や小説のような電子書籍も豊富に取り揃えており、かつ同一のサービスで利用することができます。

ぶちくま
ぶちくま

auのポイントを流用することができるので、auユーザーでありながら、中途半端に楽天を利用するよりは、auのサービスでポイントを集めてしまった方がトータルコストとしてはどっこいですね。

ECサイト関連

auには、DeNAから買収したWowma!というEC(ネット通販)事業がありますが、これがなかなか力をつけてきています。とはいえ、すでに開拓しきってユーザー数の囲い込みに入っている楽天市場と比べると、まだ心もとない部分もあります。

楽天市場とWowmaは桁違い

ネットストアの販売網も、auは整えつつあります。

ぶちくま
ぶちくま

長年auユーザーをやってますと、なんでだかよくわからないけど、いつのまにかポイントがたまっており、しかもいつも期限切れ間近、ということはよくあることです。

ポイント消費ができる

いままではギフトカタログのようなものから強引にポイント消費してきたのですが、Wowma!の品揃えが良くなってきていることもあり、ふつうに欲しかったものがポイントで買えるようになりました。

これを考えると、楽天ポイントで生活しようと考えていた私としては、「あれ、auも意外とよくね」と考えるところで、つい、楽天モバイル移行を先延ばしにしてしまうのです。

本職の楽天にはまだ及ばず

ただ、楽天市場との市場規模が違うので、やはり生活に根ざすネットストアサービスは、楽天市場に勝るものなし、といったところですね。

Reluxは旅行系サービスとしては使いやすい

よめくま
よめくま

急にReluxとかいうアプリが紛れ込んできたけど、これはいったい何者?

Relux(リラックス) - 宿泊予約

Relux(リラックス) - 宿泊予約

Loco Partners Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

詳細は別記事で紹介しますが、ここではさわりだけ。

これも楽天との比較がわかりやすいと思いますが、楽天には楽天トラベルがあります。auはLoco Partners という会員制宿泊予約サービスを運営する会社を買収、子会社化しています。

ぶちくま
ぶちくま

auは本格的に、au経済圏にユーザーを囲い込もうとしているね

使いやすいデザインが好印象

うちは、子供ができてからでも、近場に旅行に行きます。旅行サイトはたくさんありますが、Reluxは洗練されたデザインで、他の旅行系アプリみたいにごちゃごちゃしておらず「大人のゆったり旅行」の気分を高めてくれるので好きで使ってます。

スマホやPCの故障が心配なら

故障が心配ならモバイル保険が便利


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」です。

iPhoneに限らず、端末の初期不良に対してはこう言った有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるしね

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、ほぼ端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

「モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

登録できる端末一例

  1. スマートフォン
  2. タブレット
  3. ノートパソコン
  4. スマートウォッチ
  5. 音楽プレイヤー(モバイル)
  6. 携帯ゲーム機(Switch含む)
  7. モバイルルーター


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

 

auアプリ
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました