PR

ペット用の暖房/ヒーター、つけっぱなしでも大丈夫?

「ペット用暖房/ヒーター」についてブログでまとめているのですが、「記事としてまとめるほどではないけど、情報としては共有しておきたい」新製品情報をまとめるページになります。

では、「ペット用暖房/ヒーター」の情報を見ていきましょう。

2024年の「ペット用暖房/ヒーター」新着情報まとめ

ペット用暖房/ヒーターについて調べているついでに見つけた「新製品情報」や「発売が噂されるもの」などの情報をざっくりまとめて置いておきます。

ペット用暖房/ヒーターに関する新着ニュース

ペット用暖房/ヒーターに関する新着ニュースをまとめています。

ペットのための冬の室内環境づくりと春先の寒暖差対策

2022年2月18日の、ペットの室内環境に関する情報をお届けします。

ペットにとって快適な「室温」で悩む人が約3人に1人!獣医師が教えるペットのための冬の室内環境づくり
1年の中でも最も寒いこの季節、室内で犬や猫(以下:ペット)と一緒に生活されている方は、ペットが快適に過ごせているかどうか気になることも多いのではないでしょうか。また、獣医師の茂木 千恵先生によると...
  • 三菱電機 霧ヶ峰PR事務局がペットの冬の室内環境に関するアンケートを実施。
  • 多くのペットオーナーがペットのための快適な室温や湿度について悩んでいる。
  • 獣医師の茂木 千恵先生が冬の室内環境づくりのポイントと春先の寒暖差対策についてアドバイス。
アンケート調査結果
  • 犬と猫それぞれのペットオーナー600名を対象に実施。
  • 64.1%が冬にペットのためのエアコン暖房の設定温度を意識。
  • 43.7%が湿度を意識して室内でペットと過ごす。
  • 34.6%がペットにとっての快適な室温がわからないと感じている。
ペットのための室内環境づくりのポイント
  • 犬におすすめの室温は20∼22℃。
  • 猫におすすめの室温は21∼28℃。
  • 犬のおすすめ湿度は40∼60%、猫の場合は50∼60%。
  • 季節の変わり目である春先は、寒暖差によるペットの不調が増える傾向。

老猫の冬の過ごし方と暖房器具についての獣医師のアドバイス

2022.12.09の、老猫の冬の過ごし方と暖房器具の選び方に関する情報をお届けします。

老猫が快適な冬の室温は「22~27℃」 獣医師がおすすめする暖房器具は?【獣医師に聞いた】
老猫は寒い季節が大の苦手。寒さで体調を崩してしまうこともあります。そんな老猫が快適に過ごせる生活スペースづくり、おすすめ暖房器具などを獣医師に聞きました。
  • 老猫は寒さに弱く、特に冬の寒さで体調を崩すことがある。
  • 「老犬元氣クリニック」の北野院長によれば、老猫が快適に過ごす室温は22℃~27℃。
  • 暖房器具やペットカーペットの使用時は低温やけどに注意。
老猫の快適な環境づくりのポイント
  • 成猫より筋肉量の少ない老猫は、体温が上がりにくく、寒さに弱い。
  • 猫の平熱は38~39度で、老猫は食事量が少ないため体温が少し低くなることも。
  • 老猫は低い位置で生活することが多いため、部屋の低い位置の温度をチェックすることが重要。
体を直接あたためる方法の注意点
  • ペットカーペットや湯たんぽを使用する際は、低温やけどに注意。
  • 体が熱いと感じたら、老猫がクールダウンできる環境を提供することが大切。
トイレの場所の工夫
  • 老猫が日常を過ごす部屋に、水飲み場やトイレを増設することで、トイレの利用を促進。
  • 寒い場所のトイレは避けることで、膀胱炎などのリスクを減少させる。
老猫のリラックス状態を尊重する
  • こたつの中などでリラックスしている老猫を無理に動かす必要はない。
  • 不安や心配を老猫に伝えるのではなく、リラックスしている状態を尊重し、見守ることが重要。

猫との快適な冬の過ごし方と節約方法

今日の日付に、猫との快適な冬の過ごし方とそのための節約方法に関する情報をお届けします。

  • 猫は寒さに弱く、快適な温度は21~28℃。
  • 一日中暖房をつけると、電気代がかさむだけでなく、猫にとっても危険な状況を生む可能性がある。
  • 暖房器具によるやけどや火事のリスク、乾燥による体調不良など、さまざまな危険が存在する。
猫が快適に過ごせる温度と湿度
  • 猫にとっての快適な室温は21~28℃。
  • 室温が20℃以下になると体温の維持が難しい。
  • しかし、暖房で室温を保つと湿度が下がり、猫の体調を崩す可能性がある。快適な湿度は50~60%。
節約しながら猫の快適空間を作る方法
  • 猫専用のホットカーペットやペットヒーター、猫ごたつなどの使用で、電気代を抑えながら快適空間を提供。
  • 人間用よりもワット数が少ないため、電気代の節約が期待できる。
  • その他、電気を使わない保温グッズや湯たんぽの利用も効果的。
猫の安全に配慮するポイント
  • 暖房器具やホットカーペットからのやけど、こたつ内でのやけどや脱水症状、ファンヒーターやストーブによる火事などのリスクが考えられる。
  • 猫専用のヒーターを使用する場合でも、電気コードをかじる、じゃれついて絡まるなどの危険があるため注意が必要。

ペットヒーターの電気代と選び方

今日の日付の、ペットヒーターにかかる電気代と選び方に関する情報をお届けします。

  • 寒さが増す中、ペットのためのヒーターの購入を考える人が増えています。
  • ペット用ヒーターの電気代は人間用に比べて高くなく、ペットの種類によって適切なヒーターの選び方がある。
  • 消費電力(W)をチェックし、計算式を使って電気代を確認することがおすすめ。
ペットヒーターの電気代詳細

以下の表は、1日10時間の使用を1カ月続けた場合のペットヒーターごとの電気代です。

ヒーター名消費電力 (W)1カ月の電気代 (円)
アサヒ ペットヒーター20W186.00
40W372.00
60W558.00
100W930.00
マルカン 保温電球20W186.00
40W372.00
100W930.00
三晃商会 パネルウォーマー8W74.40
14W130.20
16W148.80
32W297.60
貝沼産業 ユカペットEXSサイズ(25W)232.50
Mサイズ(30W)279.00
Lサイズ(55W)511.50
LLサイズ(130W)1,209.00
アイリスオーヤマ ペット用ホットカーペットSサイズ(10W)93.00
Mサイズ(11W)102.30
Lサイズ(18W)167.40
LLサイズ(33W)306.90
3Lサイズ(68W)632.40
ヒーターの電気代計算方法

ヒーターの電気代は次の計算式で求められます。

消費電力 (W)÷1,000×時間×31円/kWh=電気代消費電力 (W)÷1,000×時間×31円/kWh=電気代

例: 120Wのヒーターを10時間使用した際の電気代は 120W1,000×10×31円/kWh=37.20円1,000120W​×10×31円/kWh=37.20円 となります。

ヒーターの前の大渋滞猫ちゃんたちの意外な真相

今日の日付の、ヒーターの前で暖を取ろうとする猫たちに関する情報をお届けします。

ヒーターの前に大渋滞する猫ちゃん6匹、実は…… まさかのオチに「えっ!w」「おしくらまんじゅうですね」と爆笑の声
ヒーターの前に押しよせる猫ちゃんたちの様子がInstagramに投稿され、記事執筆時点で5万3000件以上の“いいね”を獲得。投稿は、「渋滞してますね」「癒やしの塊」「一緒にあたたまりたいです」と話題を集めています。6匹の猫ちゃんと暮らすあ...
  • Instagramに投稿されたヒーターの前の猫ちゃんたちの写真が5万3000件以上の“いいね”を獲得
  • 毎年の恒例となっているヒーター前の猫ちゃんたちの渋滞、しかし実はヒーターの電源はオフ
  • 窓を開けて部屋を換気していたため、ヒーターは切っていたが猫ちゃんたちはあたたまろうと前に集まっていた
詳しい状況

撮影者のあみさんによれば、窓を開けて部屋の換気をしていたため、ヒーターの電源は切っていた。しかし、猫ちゃんたちは暖を取ろうとヒーターの前に勢ぞろいしていた。猫たちは仲良く寄り添って暖をとっており、一致団結している様子が見られた。通常、ヒーターがついているときでも、猫たちは体が温かくなると自然と後ろに下がっており、火傷の心配はないとのこと。

ユーザーの反応

コメント欄には、ヒーターが切ってあるのに前で待つ猫たちの健気さや、その意外な真相に笑ってしまったユーザーの声が多く寄せられている。

その他の情報

あみさんのInstagramには、仲良しの猫ちゃんたちの日常や、「桜ちゃん」のクスッと笑えるシリーズも大人気とのこと。

ペット用暖房/ヒーターの新製品情報

ペット用暖房/ヒーターの新製品情報についてまとめています。

直近のペット用暖房/ヒーターのセール情報

ペット用暖房/ヒーターの商品で、「これはお得!」と感じたセール情報も残しておきます。購入の決め手となる価格の参考にどうぞ。

とりあえず知っておきたい「ペット用暖房/ヒーター」の基礎知識

記事構成上、一応書いて置いた方がいい「ペット用暖房/ヒーターとは」的な内容になります。

猫の暖房で知っておくべきこと

冬の寒さは猫にとっては快適ではなく、その寒さは健康を害する原因にもなります。特に猫がお留守番するときの寒さ対策や、注意すべき点について解説します。

猫は寒さが苦手

猫は寒さが苦手な動物であり、その祖先であるリビアヤマネコは砂漠地帯で生活していたため、暑さには比較的強いが寒さは苦手です。冬の気温が低いとき、猫は体調を崩しやすくなります。

  • 猫は寒さが苦手な動物である
  • リビアヤマネコのDNAを受け継いでいる
  • 乾燥した場所に適応しているため、冷たい雨や雪も苦手

猫の適切な室温

猫が気持ちよく感じる室温は25~28℃程度であり、室内の気温が22~23℃程度になると猫は寒さを感じ始めます。特に子猫や老猫の場合、22〜24℃を下回らないようにすることが推奨されています。

  • 25~28℃が猫にとっての快適な室温
  • 22~23℃以下で猫は寒さを感じる
  • 子猫や老猫は22〜24℃以上が適温

寒さ対策の重要性

寒さが厳しい地域、特に東北や北海道では、猫の寒さ対策は絶対に必要です。寒さ対策を怠ると、猫は膀胱炎や尿路結石などの病気にかかりやすくなります。また、適切な湿度も猫の健康を守るために重要です。冬は暖房器具を使うと室内が乾燥しやすくなるため、湿度を50~60%に保つことが推奨されています。

  • 寒さ対策は猫の健康にとって必須
  • 寒さ対策を怠ると病気のリスクが上がる
  • 湿度も適切に管理することが重要

ネコのお留守番におすすめの暖房とは

冬の猫の留守番では、寒さ対策はもちろん、安全性や湿度の管理も重要です。以下に、お留守番時の猫に適した暖房やその注意点について詳しく説明します。

猫の留守番時の暖房の選び方

猫がお留守番中に使う暖房器具は、火傷や火事のリスクが低いものを選ぶことが重要です。特に飼い主がいない間は、エアコンやオイルヒーターなどの安全な暖房器具を推奨します。

  • 火傷や火事のリスクを考慮して暖房器具を選ぶ
  • エアコンやオイルヒーターは安全性が高い
  • 乾燥対策も併せて行うことが重要

おすすめの暖房器具

さまざまな暖房器具が存在しますが、猫のお留守番に特に適しているものをいくつか紹介します。エアコンは部屋全体を均一に暖めることができるため、一般的に最も推奨される暖房器具です。また、オイルヒーターは乾燥しにくいという特長があります。湯たんぽやペットヒーターも選択肢として考えられますが、使用時の注意が必要です。

  • エアコンは部屋全体の温度を一定に保つ
  • オイルヒーターは乾燥しにくい
  • 湯たんぽやペットヒーターは低温やけどのリスクがあるため注意が必要

留守番時のその他の対策

留守番時の猫の快適さや安全性を保つための対策は、暖房だけでなく湿度の管理も重要です。加湿器を使うか、濡れタオルを部屋に干すことで湿度を適切に保つことができます。また、ケージでのお留守番は短時間に限定し、ケージ内の温度や湿度の管理にも注意が必要です。

  • 加湿器や濡れタオルで湿度を管理する
  • ケージでのお留守番は短時間に限る
  • ケージ内でも温度や湿度の管理を徹底する

犬の暖房と注意点

犬は毛皮を持っているため寒さに強いと一般に考えられがちですが、実際には小型犬や短毛犬、子犬、シニア犬など寒さに弱い犬も多く存在します。愛犬が快適に過ごすための暖房やその使用時の注意点について詳しく解説します。

犬の寒さ対策の必要性

犬の中には寒冷地域出身の大型犬など寒さに強い犬もいますが、小型犬や短毛犬は寒さに特に弱いです。さらに、子犬やシニア犬は体温調整が難しく、寒さ対策が特に重要となります。

  • 大型犬は寒さに強いが、小型犬や短毛犬は弱い
  • 子犬やシニア犬は体温調整が難しい
  • 寒さ対策が必要な犬種や年齢層も存在する

犬が寒いと感じるサイン

犬が感じる快適な室温は23〜26℃、湿度は45〜65%とされています。犬が震えていたり、鼻を隠して丸くなっている場合は、その犬にとって寒いと感じている可能性があります。そのようなサインを見逃さず、対策を講じることが重要です。

  • 快適な室温は23〜26℃、湿度は45〜65%
  • 震えや丸くなって寝る姿勢は寒さを感じているサイン
  • 寒さを感じるサインを見逃さないように注意する

ヒーター使用時の注意点

ヒーターは暖房器具として広く使用されていますが、犬がいる家庭での使用には注意が必要です。ヒーターを倒したり、近づきすぎて火傷をするリスクがあるため、その他の対策と併せて注意深く使用することが求められます。

  • 長時間の使用は控え、犬が外に出るときの急な温度変化を避ける
  • 過度な乾燥は皮膚トラブルの原因となるため、湿度の管理を徹底する
  • コンセントや燃えやすいものの周りでの使用は避け、必要に応じてケージやストーブガードで囲む

犬の寒さ対策でおすすめのグッズ

犬の寒さ対策として、多くのグッズが市場に登場しています。それぞれのグッズには、犬の生活環境や体調、大きさに合わせた特徴や使い方があります。以下で、おすすめの寒さ対策グッズを紹介していきます。

お留守番におすすめ「湯たんぽ」

湯たんぽは持続的な暖かさを提供するため、お留守番や夜の睡眠時にも適しています。犬が自分で温度を調整できる点も魅力ですが、長時間の使用には注意が必要です。低温火傷のリスクや適切な温度調整が求められるため、使用前の確認や定期的なチェックが大切です。

  • 持続的な暖かさが特徴
  • 犬が自分で温度調整可能
  • 低温火傷のリスクに注意

保温力抜群の「犬用洋服」

寒さに弱い犬には、保温力のある洋服がおすすめです。寒い時期の散歩や外出時に、犬の健康を守るために洋服を着せることが効果的です。

  • 寒さに弱い犬向け
  • 寒い気候での外出時に活躍
  • 犬の健康を守るためのアイテム

底冷えを軽減する「マット」

畳やフローリングの底冷えは、犬にとって不快なものです。特に冬場は底冷えを軽減するためのマットが有効です。さまざまなサイズや素材のマットがあり、ケージ内や室内での使用が可能です。また、持ち運びやすいものもあり、外出時にも活用できます。

  • 畳やフローリングの底冷え対策
  • ケージ内や室内で使用可能
  • 持ち運びやすく外出時にも活用できる

以上、犬の寒さ対策グッズとしておすすめのアイテムを紹介しました。犬の大きさや生活環境に合わせて、適切なグッズを選び、愛犬の快適な生活をサポートしましょう。

猫は寒がり?犬は喜ぶ?本当のこと

ペットの暖房や寒さ対策に関する一般的な認識とは異なることが多いことを知っていますか?実際のところ、猫や犬はどれほど寒さを感じるのでしょうか。また、彼らにとって最適な暖房方法は何でしょうか。以下では、ペットの寒さ対策としての知識や注意点について詳しく解説します。

猫と暖房:真実を探る

「猫はこたつで丸くなる」というイメージが強いですが、猫は実際には人が考えているよりも寒がりではないと指摘されています。過度な暖房は猫にとって快適でない場合もあるため、適切な暖房方法を知ることが重要です。

  • 猫は過度な暖房を好まない
  • 「猫ちぐら」や屋根付きベッドが猫にとっての暖房代替として効果的
  • 若い猫や高齢の猫は体温調節機能が弱く、適切な暖房が必要

犬の寒さ対策:知っておくべきこと

犬についても、一般的なイメージとは異なることが多いです。犬が寒さを感じるかどうかは、犬種や体の大きさ、年齢などによって異なります。寒がりな犬には適切な暖房や保温対策が必要です。

  • 犬の体温は人間よりも高いが、寒さを感じることも
  • 小型犬やスムースコートの犬、子犬や高齢犬は特に寒がり
  • 犬が寒さを感じているサインには注意が必要(震える、吠えるなど)

暖房器具とペットの安全:選び方と注意点

ペットを飼っている家庭では、暖房器具の選び方や使用方法にも注意が必要です。猫や犬が快適に過ごすためには、適切な暖房器具の選び方や使用方法を知ることが大切です。

  • オイルヒーターは風を出さないためペットに適している
  • 石油ファンヒーターは毛埃を巻き上げやすいため注意が必要
  • 接触暖房器具(ホットカーペットなど)は低温やけどのリスクがある

ペット用暖房/ヒーターの口コミ・評判

ペット用暖房/ヒーターの福袋情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

Twitterの情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「ペット用暖房/ヒーター」と検索できます。

ペット用暖房/ヒーターの知っておきたいよくあるQ&A

Q
ペット用暖房/ヒーターを使用するメリットは何ですか?
A

ペット用の暖房やヒーターを使用すると、ペットの体温調節をサポートし、冷えからくる病気のリスクを減少させることができます。特に高齢のペットや短毛種、小型のペットには、冬場の寒さ対策として効果的です。

Q
ペット用ヒーターの選び方のポイントは?
A

ペットの種類や大きさ、使用する場所に合わせて適切なサイズや出力のものを選ぶことが大切です。また、安全性を確保するために、オーバーヒート防止機能やタイマー機能がついているものを選ぶことをおすすめします。

Q
ペット用ヒーターの使用時の注意点は?
A

ペットがヒーターに直接触れないように配置することや、長時間の連続使用を避けることが必要です。また、ペットがヒーターの近くで長時間過ごす場合、低温やけどのリスクがあるため、定期的にペットの様子を確認してください。

Q
ペット用ヒーターと通常のヒーターの違いは?
A

ペット用ヒーターは、ペットの体温調節や安全性を考慮して設計されています。例えば、低温でゆっくりと暖める設定や、ペットが触れても安全な素材・設計がされているものが多いです。

Q
ペット用ヒーターの電気代は高くなる?
A

ペット用ヒーターの多くは低消費電力を意識して設計されているため、通常の暖房器具と比べても電気代の増加はそれほど大きくありません。しかし、使用時間やヒーターの出力によっては電気代が上がる可能性があるため、具体的な消費電力や使用時間を確認して計算することをおすすめします。

「ペット用暖房/ヒーター」に関して参考になる記事リスト

「ペット用暖房/ヒーター」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

空調関連家電の記事一覧

空調関連の記事リストです。

エアコン
ヒーター

暖房・ヒーターのセール情報まとめはこちら。主に年末年始の稼働ですが。

「ペット用暖房/ヒーター」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「シイラ 調査 シイラ 調査」に関する最新情報です。

    小浜市立西津小学校の5年生25名が地元のシイラについて大規模な調査を行いました。イベントでは、シイラの生態や小浜の海での変化や課題について学び、次世代への海の豊かさを伝える取り組みが行われました。参加者はシイラに関する講義や調査を通じて学び、海の保護や食文化の大切さについて考えました。また、シイラソテーを作り、教育長に試食してもらい好評を得ました。今後も若狭シイラ調査隊は活動を続け、地元の魚を全国に広める取り組みを行う予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002734.000077920.html

  2. buchikuma-info より:

    「wfp wfp 協会 アリス」に関する最新情報です。

    広瀬アリスさんが国連WFP協会親善大使に任命された。就任記者発表会では、アリス×JAWFPプロジェクトや新Webムービーが初公開された。アリスは途上国の子どもたちに学校給食を支援するプロジェクトに取り組み、親善大使として活動する意気込みを語った。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000417.000009064.html

タイトルとURLをコピーしました