iPhoone/iPadの消えたデータをMobiSaverを使って復活させる

スポンサーリンク

モバイルデバイスのデータはとにかく消えやすいです。

だけど、どれだけバックアップの重要性を理解していても、面倒でやっていないのが現状です。

MobiSaverというデータ復元ソフトがとにかく便利だったので、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

Mobisaverとは

MobiSaverは、かなり使いやすい上に使用頻度高いのでぜひご紹介させていただきたい。

以前紹介したEaseUSのData Recovery Wizardが思いのほかよかったので、同社のiOS復旧ツールも試してみました。その、iOS復旧ツールというのが、MobiSaverという製品。

データが消えやすいのは、どちらかといえばモバイル製品の方でして、しかもバックアップが取れていないという事態が起こりやすいのも、iPhoneやiPadといった製品。

落として壊したり、水没させるのも、携帯電話やスマホ、デジカメなんかが多いよね

そういうわけで、今回は熱烈にMobiSaverをご紹介したい。

モバイルデバイスのデータが死にやすい問題

私は寝ても覚めてもiPhoneユーザーですが、アップデートのたびに何かしらのデータが死んだり、iCloudと同期ミスが起きてメモが死んだりと忙しいです。

iCloudという強力なバックアップシステムが存在しながら、そのiCloudの同期によってまるっとデータが死んだ時の悲しさと言ったら無いね。

この、自動で上書きするというシステムが、私のような、iPadもiPhoneもMacもフル活用してブログ記事を書く人にとって、かなり便利であり、うっかり消した時の衝撃はひどい。

全部のデータが連鎖して死んでいくんです。とんだ生物兵器やで。

iCloudの同期で連鎖事故

よくあるのが、メモからブラウザに移そうとして、作成したテキストを全選択してコピーする時。

悪気はないんですけど、なぜか全消去しちゃうんですよね。

いや、すぐにUndo(取り消す)すればいいんですけどね。気づかない時が結構あってですね。

別デバイスで見たときに、「あれ、メモ死んでね?」みたいなことがよくあります。

ぶちくま
ぶちくま

時間よ、ロールバックしてくれ!

なんて時があまりにも頻回。

iOSアップデートで連絡先が消える

これはアップデートによる事故で、iOS12に変えた方に多く見られた事象です。私は連絡先をそもそも確認していないガチのコミュ障なので、気づいてもいませんし、気づくこともありませんが。

こう言った時も、バックアップがあれば全く問題ないのですが、バックアップ探すより消えたデータを復元した方が圧倒的に早いので、そんな時には復旧ソフトを使うことも検討しましょう。

データ消失トラブルにはMobiSaver

なぜ、MobiSaverがいいのかといえば、私個人としては、すでに利用していたEaseUSのデータ復旧ツールが使い勝手が良かったので、安心感があったことが一点。

さらに、無料であったのが好印象だったので評価がぐんと上がり。

一番お勧めできるのが、3つの方法で復元できる多様性。

MobiSaverは3つの方法で復元できる

  1. iOSデバイスからの復元
  2. iTunesバックアップからの復旧
  3. iCloudバックアップからの復旧

私の場合は、ほぼiTunesにつなぐことがなくなってしまったので、iCloudのバックアップから復元がかけられるのがありがたいですね。

これは故障時にも言えることで、iPhoneがご臨終された時に、またiPhoneに移動するならいいのですが、流石に長年iPhone使ってると飽きてくることもしばしば。あるいは、2台持ちするにしても、iPhoneに入れたデータを手軽にAndroidスマホに入れたい、という場合は多いと思います。

そういう時に、データを取り出せておけると選択肢が広がっていいですよ。

スポンサーリンク

MobiSaverの実際の使い方

実際に使ってみたレビュー部分になります。最初に注意点から書いていきます。

データを暗号化してあるとうまく使えない

iTunesバックアップが暗号化されていると使いづらい|MobiSaverの使い方

iTunesバックアップが暗号化されていると使いづらい

画像が暗くて申し訳ない。ナイトビューモードにしています。

まず、注意点がひとつ。iTunesバックアップを使用する場合、バックアップデータに暗号をかけておくことがあるのですが、これをやっていると少なくとも私の環境ではうまくデータを拾い上げることができませんでした。

ちなみに、MobiSaver上でもこの暗号化されたバックアップに侵入する際にはパスワードが要求されます。iTunesでバックアップを暗号化する際に設定したパスワードを入力する必要があります。

iCloudにログインできるけどセキュリティが少し怖い

MobiSaverで iCloudにあるバックアップからデータ復元ができる

MobiSaverで iCloudにあるバックアップからデータ復元ができる

iCloudにあるデータも、MobiSaverから直接取り出すこともできますが、私はこれは少し怖かったのでできませんでした。

ぶちくま
ぶちくま

iCloudのログインパスワードとアカウントの入力を要求されるからです。

これ、考えようによっては、めっちゃ大事なデータがEaseUS経由で抜かれるってことですよね。製品情報を送信する機能もあるわけだし。

 

まぁ、そもそも復旧ソフトウェア経由で、復元するデータどころかiPhoneなどの個人情報もまるっと抜き取ろうとすればできるんでしょうけど。考え始めたらきりがありませんが、それなりにセキュリティに関しては考えた方が良さそうですね。

EaseUSはプライバシーを大事にしている

ダウンロードページには、

EaseUSはお客様のプライバシーを大事に思っています。アップルアカウントの情報がデータ復元作業の場合のみ使用されます。

という記載があります。言葉の意味を裏返せば、データは抜き取られているということにもなるのですが。

ぶちくま
ぶちくま

私も、EaseUSを疑ったりはしていないのですが、EaseUSがハッキングされた時の情報漏洩が心配です。

iPhoneから復元できるデータの種類

  1. 写真
  2. ビデオ
  3. メッセージ
  4. WhatsAppメッセージ
  5. 連絡先
  6. 通話履歴
  7. メモ
  8. カレンダー
  9. リマインダー
  10. Safariブックマーク
  11. メッセージ添付ファイル
  12. カメラロール

もう、めっちゃ復元されます。

4ステップで復旧完了

データを復旧・復元するまでの道のりはたった4歩。

  1. PCやMacにMobiSaverをダウンロードする
  2. 復旧したいデバイスをMacに接続する
  3. スキャンを開始する
  4. 必要なデータを復元する

MobiSaverをダウンロードするページ

当サイトのほとんどのユーザーがiPhoneユーザーなので、Mac用のMobiSaverダウンロードページをご紹介しておきます。

EaseUS®Mac用の無料iOS端末データ復元ソフト - EaseUS MobiSaver Free for Mac
【EaseUS(イーザス)公式サイト】Mac機種から写真、連絡先、SMSなどのiPhoneデータを無料で復元する、とても使いやすい且つ安全なデータ復活サービスをご提供しております。

ちなみに、Amazonには有料ライセンスバージョンの取り扱いがあります。

画像でMobiSaverの使い方を解説

使い方は簡単なので、無料版をダウンロードして実際に使ってみるのが一番わかりやすいと思います。

ただ、イメージは大事なので、画像で簡単に解説します。画像はイーザスさんところからちょっと拝借します。(自分の名前にモザイクをかけるのが面倒なので)

復元したいデータへの接続方法を選びます
iPhoneのデータを復旧する方法|MobiSaver

iPhoneのデータを復旧する方法

今回は、iPhoneから直接データ復旧をかけたい、という場合を想定してみます。

ご覧のように、MobiSaverが立ち上がると、左側に「iOSデバイス(iPhoneやiPad)」、「iTunesバックアップ」、「iCloudバックアップ」の3項目が並びます。

iPhoneを直接PC/Macに繋いで復元したいので、一番上のタブを選択します。

データを選んで「復元」をクリックするだけ
復旧したいデータファイルを選んでポチッとクリックするだけ|MobiSaverで

復旧したいデータファイルを選んでポチッとクリックするだけ

復元したいデータを保管する場所を選択する

あとは、復元したデータを保管しておく場所を決めるだけです。必ず、2媒体以上に保存しておくのがバックアップの鉄則!

 

スポンサーリンク

MobiSaverを使わなくてもiCloudがあれば十分

ほとんどのケースではiCloudでのバックアップで大丈夫です。私のように、個別のファイルを取り出したい、などの特殊な要件があると、こういったデータ復旧ソフトがあると便利ではありますが。

MobiSaverをお勧めしたいひと

逆に、誰にお勧めしたいのかまとめておきました。当てはまる人は、復旧ソフトというものがあることは知っておきましょう。

  • 暇さえあればiPhoneを落とす
  • 汚れたら洗濯すればいいと思っている
  • すでにiPhoneやiPadが起動不能である
  • 新しい端末を用意するのを待っているわけにはいかない
  • Appleに魂を握られるわけにはいかない
  • 外付けHDDも結局消耗品だからクラウド上に保存すると決めている
  • 本当のことを言うと、iTunesとかiCloudとか何を言っているのかよくわからない
スポンサーリンク

そのほかのバックアップ系製品・サービス

私の結論はMobiSaverでしたが、他にも類似商品はたくさんあるのでご紹介しておきます。

ぜひ、利用する際の比較対象としてご検討ください。

PhoneRescue

試していないのでなんとも言えないのですが、暗号化してあるデータに関しても救出できるという夢のような復旧ソフト。

HPも可愛くて、ブロガーとしては大変参考になるサイトです。

無料版もあります。PhoneRescueのダウンロードページをご確認ください。

FonePaw

FonePawは、概ねEaseUSのMobiSaverと機能面は一緒かと思います。

ただ、ソフトが「iOS転送」と「iPhoneデータ復元」の二つに分かれているのが少し手間ですかね。

この辺りで、「どこを選ぶか」は、信頼できる会社かどうかというポイントになるかと思います。

ぜひ、Fone PawのiPhoneデータ復元のページをご確認ください。

Wondershare

お勧めの無料復元ソフトランキングというページがあるのですが、ページで紹介されている復元ソフトの1位がWonderShare社でして。

よく見てみたら、そのHP自体が、WonderShare社のHPという罠。こういうの、日本人は結構嫌いだから気をつけてくれ。

少し引っかかった部分はあったが、dr.foneというソフト自体は、綺麗なデザインなので使いやすいとは思う。

まずは、Dr.foneのHPをチェックしていただきたい。

 

スマホやPCの故障が心配なら

故障が心配ならモバイル保険が便利


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」です。

iPhoneに限らず、端末の初期不良に対してはこう言った有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるしね

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、ほぼ端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

「モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

登録できる端末一例

  1. スマートフォン
  2. タブレット
  3. ノートパソコン
  4. スマートウォッチ
  5. 音楽プレイヤー(モバイル)
  6. 携帯ゲーム機(Switch含む)
  7. モバイルルーター


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

 

トラブル対処法
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました