PR

「MyEdit」レビュー: ボイスチェンジャーアプリの使い勝手

スポンサーリンク

「MyEdit」は、革新的なボイスチェンジャーと画像編集ツールを提供するオンラインサービスです。

このツールは、AI技術を活用して、誰でも簡単に高度な編集作業を行えるように設計されています。

ブラウザ上での直感的操作とダウンロード不要の利便性は、クリエイターやビジネスプロフェッショナル、趣味のブロガーにとって魅力的です。

この記事では、MyEditの特徴、機能、そして実際の利用シーンについて詳しく解説し、あなたがMyEditを使うべき理由を明確にします。

ボイスチェンジ関連のソフトレビューをしています。

今回は、ボイスチェンジャーソフトとして「MyEdit」についての情報をまとめます。

スポンサーリンク

ボイスチェンジャーソフトを有効活用してみる

まず、「そもそも、ボイスチェンジャーソフトなんて必要なのか」について考えていきたいと思います。

「ボイスチェンジソフトについての興味深い情報」

ボイスチェンジソフトは、私たちが普段使う声を変化させ、さまざまな場面で利用されるユニークな技術です。この記事では、「ボイスチェンジしたくなる瞬間ベスト5」というテーマで、ボイスチェンジソフトの魅力を探ります。

YouTubeやライブ配信でのエンターテインメント

配信者が自分の声を変えることで、視聴者に新しい楽しみを提供できます。ボイスチェンジソフトを使えば、リアルタイムで声を変え、視聴者を驚かせたり楽しませたりすることが可能です​​。

オンライン通話での個性的な声

友人との通話やビデオ会議で、ボイスチェンジソフトを使って声を変えると、会話にユーモアや驚きを加えることができます。この技術は、LINE、Zoom、Google Meetなどの通話アプリで特に人気です​​​​。

性別やキャラクターの声の変更

ボイスチェンジソフトを使用すると、性別の違う声や、ロボットの声など、さまざまなキャラクターになりきることができます。これにより、1人2役やバーチャルキャラクターの演出などが可能になります​​​​。

バーチャルキャラクターへのなりきり

特にバーチャルYouTuberやオンラインゲームのキャラクターとして活動する際には、ボイスチェンジソフトが欠かせません。異なる声を使うことで、キャラクターのリアリティを高め、視聴者やプレイヤーに新たな体験を提供します​​。

まとめ:ボイスチェンジソフトの多様な魅力

ボイスチェンジソフトは、単に声を変えるだけでなく、クリエイティブな表現やコミュニケーションに新たな可能性をもたらします。リアルタイム配信やオンライン通話での利用、性別やキャラクターの声の変更、バーチャルキャラクターへのなりきりなど、多彩なシーンでその価値が認められています。ボイスチェンジソフトは、私たちの日常やエンターテインメントの領域において、楽しみと創造性の幅を広げています。

ボイスチェンジャーソフトにはどのような使い方があるか

ボイスチェンジャーが「おもちゃ」としてではなく、誰もがコンテンツクリエイターになれる時代だからこそ必要とされる理由について解説していきたいと思います。

女性の利用シーンには需要が満ちている

ボイスチェンジャーは、私たちのオンラインコミュニケーションに革命をもたらしています。特に女性の利用者には様々なメリットと利用シーンが存在します。この記事では、女性がボイスチェンジャーソフトを活用する背景やメリットを詳しく探っていきます。

メタバース時代のボイスアバター

現代のテクノロジーは、ユーザーが音声を自由に演出し、声の特徴を拡張できるよう進化しています。

  • 声を低くしたり、高くしたりする
  • エコーなどのエフェクトを追加
  • コミュニティーが作成した象徴的なキャラクターボイスを利用
  • オンラインで性別を隠すための実用的な利用

特に女性のボイスフィルターは、MMOゲームなどでのキャラクターロールプレイにおいて、リアルな演技を可能にします。

女性がボイスフィルターを使う理由

女性の声を変えることで、オンライン上のハラスメントやプライバシーリスクを回避できるだけでなく、別のペルソナを楽しむことができます。多くのVTuberや歌手はボイスチェンジャーを活用しており、彼女たちのように声をカスタマイズすることで、より魅力的なコンテンツを提供できます。

ボイスチェンジャーの利用メリット

ボイスチェンジャーの存在は、多くのシーンで利用者の声をより魅力的に、また安全に変化させることができます。

  • 本当の声が隠せる: 配信中の身元を隠すために役立つ
  • キャラクターに合わせる: コンテンツのキャラクターの声を最適化
  • コンテンツを面白くできる: ボイスエフェクトを利用してコンテンツの質を高める

ここまでの利用シーンでも説明した通り、「手軽に、誰かになれる」ことが考えられます。それは時にコンテンツの幅を広げたり、利便性を高めたりしてくれます。

特に女性にとっては安全にも繋がります。利用者本人の安全のみならず、女性スタッフを雇用している管理者にとっても有益な使い方ができることと思います。

ボイスチェンジに利用できるソフト/ツール例

ボイスチェンジャーソフトは、無料のものから有料のものまでさまざまな選択肢があります。この記事では、オススメのボイスチェンジャーソフトを紹介していきます。

ソフト名ファイル形式価格対応OS主な機能
VoicemodMP3またはWAV形式基本無料 / 有料プランありWindowsボイスチェンジャー、サウンドエフェクト、サウンドボード
恋声WAV無料Windows音声変換、音声録音
バ美声WAV2,000円(無料体験版あり)Windows音声変換
AV Voice Changer SoftwareMP3、WMA、WAV12,000円(税別)Windows 7/8.1/10(32ビット/64ビット)リアルタイム音声変換、音声ファイル変換、バッチ処理、効果設定、ボイスレコーダー、オーディオエディター
Voidol 2MP3、WAV12,000円(税抜)Windows 10 / 8.1 / 7, macOS 10.12リアルタイム音声変換、音声合成エンジン、音声録音

Voicemod

『Voicemod』は簡単に操作できるボイスチェンジャーで、サウンドエフェクトやサウンドボードの機能も備えています。

  • ファイル形式: MP3またはWAV形式
  • 価格: 基本無料 / 有料プランあり
  • 対応OS: Windows
  • 主な機能: ボイスチェンジャー、サウンドエフェクト、サウンドボード

恋声

『恋声』はVTuberデビューにも利用される声変換ソフトで、男性の声を女性に、女性の声を男性に変換することができます。

  • ファイル形式: WAV
  • 価格: 無料
  • 対応OS: Windows
  • 主な機能: 音声変換、音声録音

バ美声

『バ美声』はリアルタイムで声を変換できるソフトで、シンプルな操作性が魅力です。

  • ファイル形式: WAV
  • 価格: 2,000円(無料体験版あり)
  • 対応OS: Windows
  • 主な機能: 音声変換

AV Voice Changer Software

『AV Voice Changer Software Diamond』は100万ユーザ以上が愛用する、多機能なボイスチェンジャーソフトです。

  • ファイル形式: MP3、WMA、WAV
  • 価格: 12,000円(税別)
  • 対応OS: Windows 7/8.1/10(32ビット/64ビット)
  • 主な機能: リアルタイム音声変換、音声ファイル変換、バッチ処理、効果設定、ボイスレコーダー、オーディオエディター

Voidol 2

『Voidol 2』はリアルタイムで音声を変換するソフトで、音声合成エンジン「CRIMSON X」を搭載しています。

  • ファイル形式: MP3、WAV
  • 価格: 12,000円(税抜)
  • 対応OS: Windows 10 / 8.1 / 7, macOS 10.12
  • 主な機能: リアルタイム音声変換、音声合成エンジン、音声録音

ボイスチェンジャーソフトの選び方には、使用目的や予算、必要な機能など様々な要因が考慮されるでしょう。

今回は選ぶのは大変という方のために「MyEdit」をご紹介しますので、少しでも参考になれば幸いです。

ボイスチェンジソフトのおすすめ

ボイスチェンジソフトについて当サイトで調べた内容を以下のリンクとして載せておきます。

スポンサーリンク

ボイスチェンジソフトで「MyEdit」をお勧めする理由

ここからは「MyEdit」をお勧めする理由についてお伝えしていきます。

「MyEdit」をお勧めするポイント

MyEditは、AI技術を駆使した画像・音声編集サービスで、多くのユニークな機能を提供しています。以下にその特徴と活用シーンをまとめます。

MyEditの特徴

  • ブラウザベースでの利用: インストール不要で、直接ブラウザから利用可能です。
  • 直感的な操作: 初心者でも使いやすく、画像・音声編集が直感的に行えます。
  • AI技術の利用: 画像の高画質化や音声のクリア化など、AIによるプロフェッショナルな編集サポートを提供します。
  • 商用利用も可能: リーズナブルな料金プランで、個人利用からビジネス利用まで対応しています​​。

MyEditのAI機能

  • AIアバター作成: スタイリッシュ、リアル、アートスタイルのアバター作成が可能。
  • 画像の高画質化: AIを使用して画像を鮮明にします。
  • AI画像生成: テキスト入力に基づいた画像生成が可能。
  • AIシーン: 風景写真の季節変更やアメコミ風画像の生成。
  • AIイラスト化: 人物や物をコミック風にイラスト化する機能​​。

MyEditを活用するシーン

SNSやウェブサイトでの投稿

アイキャッチ画像の作成やプロモーション資料の短時間作成に便利です。AI機能を使って、魅力的なビジュアルコンテンツを簡単に作成できます。

YouTube動画やゲーム実況

2023年のアップデートで追加されたボイスチェンジャー機能を使い、男声を女声に、女声を男声に変換することができます。動画の魅力を高めたり、プライバシーを保護するのに役立ちます​​。

ビジネス用途

商用利用可能で、プロモーションやマーケティングに有効です。リーズナブルな料金プランでビジネスニーズに対応し、効果的なプレゼンテーションや資料作成をサポートします。

「MyEdit」は購入すべきか?

MyEditに関する購入情報をまとめて、その価値を考察します。

「MyEdit」のコスパに関する情報

MyEditの価格や料金プランを検討することで、購入の妥当性を判断します。

「MyEdit」の「価格/料金プラン」
  • 無料版: 基本的な画像と音声編集機能が利用可能。
  • プレミアム版:
    • 写真編集機能のみ: 1か月 1,460円, 12か月 6,960円
    • 音声編集機能のみ: 1か月 1,080円, 12か月 4,680円
    • 画像+音声編集セット: 1か月 1,780円, 12か月 9,240円​

MyEditのスペックに関する情報

MyEditの機能と仕様を紹介します。

MyEditのスペック表
機能説明
利用プラットフォームオンライン(ブラウザベース)
主な機能画像編集(トリミング, 切り取り, 反転など)、音声編集(AI効果音生成, AI文字起こしなど)、AI技術利用(AIイラスト化, AI背景透過・切り抜きなど)

MyEditは、使いやすさとコストパフォーマンスに優れたツールです。無料版は基本的な機能が利用でき、プレミアム版ではさらに多様な機能を享受できます。ブラウザベースでの利用が可能なので、特別なダウンロードやインストールは不要です。これらの点を踏まえると、MyEditは個人利用からビジネス用途に至るまで、幅広いニーズに応える便利なツールであり、購入を検討する価値は高いと言えるでしょう。​

「MyEdit」の使用方法

MyEditの操作方法を分かりやすく説明します。

「MyEdit」の設定方法

MyEditを使用する際の準備と設定について解説します。

  • ブラウザベース: MyEditはブラウザ上で動作するため、特別なソフトウェアのダウンロードやインストールは必要ありません。
  • 利用開始: MyEditのウェブサイトにアクセスして、必要な操作を行うことで直接編集を開始できます。

ボイスチェンジャーの使用方法

MyEditのAIを活用したボイスチェンジャー機能の使用方法について説明します。

  1. 音声ファイルのアップロード: MyEditに音声ファイルをアップロードします。
  2. ボイスチェンジャー機能の選択: 男声を女声に、または女声を男声に変換するオプションを選択します。
  3. 変換の実行: 変換を実行して、新しい音声を生成します。

この機能はYouTube動画、ゲーム実況、ボイスオーバー、ポッドキャスト制作などに便利です。音声ファイルの対応形式は多岐にわたり、最大10分の長さ、100MBのサイズまで対応しています​​。

ボーカルリムーバーの使用方法

MyEditのボーカルリムーバー機能の使用方法を紹介します。

  1. 音楽トラックのアップロード: MyEditに音楽トラックをアップロードします。
  2. ボーカルリムーバーの選択: 任意の音楽トラックからボーカルを削除するオプションを選択します。
  3. ボーカルの削除と伴奏の抽出: AIが自動的にボーカルを削除し、伴奏部分を抽出します。

この機能はカラオケの伴奏作成や音楽制作に有効です​​。

以上のように、MyEditはブラウザベースで簡単に利用でき、AI技術を活用した多様な音声編集機能を提供しています。ユーザーはこれらの機能を用いて、創造性を発揮し、多様な音声コンテンツを作成することができます。

実際に「MyEdit」を利用した感想

「MyEdit」の口コミ・評判

MyEditに関するレビュー情報を複数のソースからまとめました。

「MyEdit」のポジティブな意見

  1. 操作の簡単さ: MyEditは直感的に操作でき、誰でも簡単に利用可能です​​。
  2. オンラインでの利用可能性: MyEditはWeb上で作業ができ、アプリのインストールが不要です。この点は他のサービスと比べて異なります​​。
  3. 無料で利用できる機能の多さ: MyEditは無料で利用できる機能が多く、AI技術を使った画像編集や音声編集も可能です​​。

「MyEdit」購入時に注意すること

  • 無料プランの制限: 無料プランの場合、保存できる枚数が1日1枚までに制限されているため、趣味やブログ用の画像の修正程度であれば無料プランで十分ですが、それ以上の利用を考えている場合は有料プランを検討する必要があります​​。
  • 有料プランの利用価値: 有料プランに登録すると使用できる機能が増えます。そのため、頻繁な使用や高度な編集機能が必要な場合は、有料プランへのアップグレードを検討する価値があります​​。

総合的に、MyEditはオンライン上で気軽に利用できる多機能な編集ツールとして評価されています。ただし、無料プランと有料プランの間には明確な機能差があるため、個々の使用目的に応じたプラン選択が重要です。

Twitterの「ボイスチェンジソフト」や「MyEdit」に関する情報

Twitter検索用リンクはこちらです。「ボイスチェンジソフト/MyEdit」と検索できます。

スポンサーリンク

まとめ:MyEditは「」

最後までお読みいただきありがとうございました。

ボイスチェンジソフトの便利な点や、MyEditの特徴をまとめました。購入の参考になれば幸いです。

MyEditの特徴まとめ

「MyEdit」の活用方法

  • 直感的な操作: 誰でも簡単に使えるユーザーフレンドリーなインターフェイス。
  • オンライン利用: アプリのダウンロード不要で、ブラウザ上で編集作業が可能。
  • 多機能性: 画像編集、音声編集、ボイスチェンジャー、ボーカルリムーバーなど豊富な機能。
  • AI技術の活用: AIを使った高度な編集が可能、音声ファイルのノイズ除去や風切り音除去機能など。

ボイスチェンジソフトの「MyEdit」を使うべき人、シチュエーション

  • クリエイター: YouTube動画やポッドキャスト制作における音声の編集や調整に。
  • ビジネスユーザー: プレゼンテーションやプロモーション資料の作成に。
  • 趣味のブロガー: 趣味やブログ用の画像や音声編集に、無料プランでも十分な機能を提供。
  • 音楽愛好家: カラオケの伴奏作成や音楽制作におけるボーカルの除去に利用可能。

「MyEdit」のプレゼンテーション

🌟 MyEditの魅力を全力プレゼンテーション!

あなたのクリエイティブなアイデアを現実に!

MyEditは、AI技術を駆使したオンライン編集ツールです。直感的な操作で誰でも簡単に使用でき、ダウンロード不要!ブラウザ上で即座に編集作業を開始できます。

豊富な機能で無限の可能性を

  • ボイスチェンジャー: YouTube動画のボイスオーバーやポッドキャストでの音声変換が可能。男声を女声に、またはその逆に変換できます。
  • ボーカルリムーバー: あなたのお気に入りの曲からボーカルを除去し、カラオケトラックを作成。音楽制作にも最適!

特定のユーザーに最適

  • YouTuberやポッドキャスター: 独自の音声で動画やオーディオコンテンツを際立たせます。
  • ビジネスプロフェッショナル: プレゼンテーションやマーケティング資料のビジュアルコンテンツを素早く簡単に作成。
  • 趣味のブロガー: 画像や音声の編集が無料プランでも可能。ブログやSNSの投稿に一味違ったエッセンスを加えます。

誰でも、どこでも、いつでも

無料で利用できる多彩な機能と、直感的な操作性。MyEditはあなたのクリエイティブなアイデアを現実にする強力なツールです。あなたの創造力の限界を、MyEditで広げてみませんか?🌈✨

MyEditに関するよくある質問

Q
MyEditはどのようなプラットフォームで利用できますか?
A

MyEditはブラウザベースのオンラインサービスです。特別なダウンロードやインストールは不要で、インターネットブラウザから直接アクセスして利用できます。

Q
MyEditの無料版と有料版の違いは何ですか?
A

無料版は基本的な画像と音声編集機能を利用できます。有料版では、さらに多様な編集機能が利用可能になります。

Q
MyEditのボイスチェンジャー機能はどのように使いますか?
A

音声ファイルをMyEditにアップロードし、男声を女声に、または女声を男声に変換するオプションを選択して変換を実行します。

Q
MyEditのボーカルリムーバー機能は何に使えますか?
A

ボーカルリムーバー機能は、音楽トラックからボーカルを削除し、伴奏だけを残すことができます。これはカラオケの伴奏作成や音楽制作に有効です。

Q
MyEditはどのようなユーザーに適していますか?
A

MyEditはYouTuber、ポッドキャスター、ビジネスプロフェッショナル、趣味のブロガーなど、幅広いユーザーに適しています。直感的な操作と豊富な機能が特徴です。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「yoshikitty 2024 キャラクター」に関する最新情報です。

    yoshikittyが10年連続でノミネートされた『2024年サンリオキャラクター大賞』の投票が開始され、5月26日まで毎日1回投票可能。また、『YOSHIKI CHANNEL』ではyoshikittyスペシャル生放送が行われ、ゆうちゃみ、ゆいちゃみ姉妹もゲスト出演する。投票期間は4月11日から5月26日までで、WEB投票は毎日1回可能。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000487.000021123.html

  2. buchikuma-info より:

    「ai google cloud」に関する最新情報です。

    Google Cloud Next 2024のキーノートでは、Google Cloud CEOのThomas KurianがAIに焦点を当てた内容を紹介しました。Googleは企業がAI時代に参入するための取り組みを発表し、AI搭載のチャットボットからクラウドアプリケーションへの生成AIの実装まで幅広いトピックをカバーしています。

    https://techcrunch.com/2024/04/09/watch-the-google-cloud-next-keynote-live-right-here/

  3. buchikuma-info より:

    「山形県 キャラクター ごみ」に関する最新情報です。

    山形県のキャラクター「きてけろくん」と海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」がコラボして、ごみ拾い活動を推進する取り組みが行われました。参加者はSNSにごみ拾いの写真を投稿し、意識を高めると共に参加者を増やし、海洋ごみ削減に貢献しました。これからも「きてけろくん」とのコラボ企画が検討されており、地域の環境保全に向けた取り組みが続けられる予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002557.000077920.html

  4. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    Appleが生成AI分野で年収4,500万円の基本給で人材を採用し、競合他社に焦りを感じている背景があることが報じられている。AppleはAI技術者の獲得に力を入れており、マルチモーダル技術など最新のAI開発に注力している。競合他社が新しいAI搭載サービスを展開する中、Appleは技術の差別化を図り、市場での競争力を維持しようとしている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vbmV3cy5teW5hdmkuanAvYXJ0aWNsZS8yMDI0MDMzMS0yOTE4MDE2L9IBAA?oc=5

  5. buchikuma-info より:

    「creators shorts youtube」に関する最新情報です。

    YouTubeは、有料の購読者とだけ共有できる短編動画「Shorts」の機能を導入した。この新機能により、クリエイターは有料の視聴者とだけ短い動画を共有することができる。これにより、購読者はカスタム絵文字、バッジ、ライブストリームなどの追加コンテンツにアクセスできる。クリエイターは、これらのShortsを公開コンテンツよりもカジュアルでよりオーガニックに保つことが推奨されており、購読者はクリエイターの生活や活動により親密に見えるようになるだろう。購読者は、専用のShortsタブ、購読フィード、クリエイターのチャンネルで独占的な短編動画を見ることができ、そのコンテンツは星マークで表示され、有料の購読者のみがアクセスできることが示される。

    https://techcrunch.com/2024/03/28/youtube-exclusive-shorts-paying-subscribers/

  6. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    Salesforceの生成AI戦略「RAG」の実装により、Salesforceが提供する「Einstein 1 Studio」と「Salesfore Data Cloud」に新機能が追加された。具体的には、非構造化データにも対応したData Cloudや、ノーコードで生成AI活用を支援する「プロンプトビルダー」などが導入された。これにより、生成AIの業務利用がさらに進化し、文脈に即した結果を返すことが可能になる。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2403/25/news113.html

  7. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    日立製作所の徳永副社長によると、生成AIはあらゆる産業や活動に大きな影響をもたらすテクノロジーであり、これまでにないイノベーションをもたらす可能性があると語っている。企業にとっては、生成AIの活用が今後の成功に大きく関わっており、日立はビジネスとマネジメントの両面で積極的に生成AIの活用を進めている。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2403/25/news112.html

  8. buchikuma-info より:

    「実行 ai 生成」に関する最新情報です。

    米AMDは、RyzenやRadeonを搭載したPCで生成AIのアプリケーションを実行する方法を公開した。具体的には、GPTベースのLLMを使用したAIチャットbotの実行、ローカルでカスタマイズ可能な検索拡張生成(RAG)の導入、そしてプログラミングにおけるコーディングアシスタントの実行方法が紹介されている。この取り組みは、NVIDIAが提供するAIチャットbotツールに対抗するために行われており、AMD製品でも同様の処理が可能であることをアピールする狙いがある。

    https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2403/21/news138.html

  9. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    NHN テコラスは、Google Cloud の生成 AI ソリューションパートナーに選出され、Gemini や Vertex AI を活用した業務効率向上と自動化のサポートを強化しています。C-Chorusでは、Google Cloud の生成 AI 活用支援サービスを提供し、Google Cloud 利用料が10%OFFになるキャンペーンも実施中です。これにより、企業の生成 AI 活用を促進し、業務効率や品質の向上を支援しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000045365.html

  10. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    フリービット株式会社がスマートフォン上で動作する「エッジ型LLMによる生成AIシステム」を開発し、子供のSNS利用の危険度を判断するテクニカルプレビューを公開した。このシステムは、スマートフォン内で危険度を判断し、外部サーバーに情報を送信せず、プライバシーを重視している。さらに、高精度の分析が必要な場合は、フリービットのデータセンター内の生成AIシステムと連携することも可能である。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000026195.html

  11. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    アップルが300億パラメータのマルチモーダルAI「MM1」を発表し、生成AI関連の重要論文5本を解説する連載記事が公開された。記事では、音楽を含むマルチモーダルAIモデル「AnyGPT」やAIの“パラメータ”を生成するAI「P-diff」など、さまざまな重要論文が取り上げられている。また、1時間超のYouTubeを解釈できるオープンなマルチモーダルAI「LWM」やWindowsをプロンプトで自動操作するMS製AI「UFO」なども解説されている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8zLzcvMzU5Xzdfcl8yMDI0MDMxOF8xNzEwNzI3MTcyOTA3MDU40gEA?oc=5

  12. buchikuma-info より:

    「アイデア tokyo プレゼン」に関する最新情報です。

    学生や若者を支援するプロジェクト「TOKYO IDEATION JAM」が3月27日にイベントを開催。プレゼンの極意を学び、アイデアを共有する場を提供。パネルディスカッションやワークショップが予定されており、学生や高校生が参加可能。プロジェクトは定期的にイベントを通じてアイデアを生み出し、成果を発表する活動を展開している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004995.000052467.html

  13. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    KDDIは3月7日、LINEアカウント「auサポート」のチャットボットに生成AIを導入し、商品やサービスに関する問い合わせに迅速に対応する。これにより、カスタマーサポート領域での生成AI活用は国内主要企業で初めてとなる。生成AIの活用により、ストレスのない問題解決を目指す取り組みとなる。

    https://japan.cnet.com/article/35216203/

  14. buchikuma-info より:

    「サポート ai 生成」に関する最新情報です。

    KDDIはLINEアカウント「auサポート」に生成AIを導入し、長文や短文に対応できるようになった。チャットbotが解決できない場合は人間が対応し、会話を生成AIが要約して引き継ぐことで効率的な対応を実現。また、担当者の研修にも生成AIを活用し、実践的なシミュレーションを行っている。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2403/07/news091.html

  15. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    株式会社アクトは30周年を迎え、生成AIとセキュリティリスクに関するコラムを公開しました。コラムでは、生成AIの悪用による個人情報漏洩やフェイクニュースの拡散、詐欺行為の増加などのリスクについて取り上げられています。さらに、アクトは日本テレビ系列の番組「世界一受けたい授業」で生成AI制作に協力しました。アクトはサイバーセキュリティ事業を展開し、企業へのセキュリティ支援を行っています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000076503.html

  16. buchikuma-info より:

    「アイデア update award」に関する最新情報です。

    アクシスコンサルティング株式会社は、「NIPPON INNOVATION AWARD」に協賛し、地球のUPDATEを目指すイノベーターを表彰するビジネスコンテストを開催する。コンテストは、地球をUPDATEするアイデアや技術を持つ個人や団体を対象にし、受賞者には賞金や特典が提供される。このコンテストは、起業家の育成や成長支援を目的としており、様々なジャンルのアイデアや技術を募集している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000026996.html

  17. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    2024年までに、Gartnerによると「AI PC」と生成AIスマートフォンの世界出荷台数は計2億9500万台に達すると予測されている。AI PCはAIタスクをローカルで処理するための専用デバイスであり、生成AIスマートフォンはスマートフォン上で生成AI主導の機能を実行することができる。これにより、AIおよび生成AIワークロードの処理性能と効率が向上する見込みだ。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vYXRtYXJraXQuaXRtZWRpYS5jby5qcC9haXQvYXJ0aWNsZXMvMjQwMi8yNy9uZXdzMDcyLmh0bWzSAQA?oc=5

  18. buchikuma-info より:

    「line ai 質問」に関する最新情報です。

    LINEヤフーは、iOS版の「LINE AI Q&A」を提供開始した。このサービスでは、LINE内でOpenAIのAPIを利用した生成AIに質問ができる。ユーザーは専用ページから自由に質問をし、AIが短時間で回答する。質問者と回答者はそれぞれ独自のプロフィールを設定し、質問カテゴリーは「学校/教育」「仕事」「恋愛/結婚」「グルメ」「お笑い/コメディ」などで今後拡大予定。回答方法はLINE内で操作し、回答後はLINE公式アカウントから通知が届く仕組み。初めて利用する場合はプロフィール設定や利用規約の同意が必要。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2402/22/news142.html

  19. buchikuma-info より:

    「ai cloud google」に関する最新情報です。

    クラウドエースは、Google Cloud主催のGenerative AI Summit ‘24 Tokyoに登壇し、データエンジニアがいなくても可能な生成AIの内製開発方法を解説する。具体的なユースケースを交えたAI導入から学習までのプロセスを紹介する。クラウドエースはGoogle Cloudプレミアパートナー企業であり、無料WEBセミナーも開催中。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vY2xvdWQtYWNlLmpwL25ld3MvMjAyNC8zMDQ0Ni8_cmVmPXRvcNIBAA?oc=5

  20. buchikuma-info より:

    「youtube pages creators」に関する最新情報です。

    YouTubeは、TVアプリ上でクリエイターのチャンネルページのデザインを変更することを発表しました。変更点には、「登録」などのアクションボタンへのアクセスの改善、より現代的なデザイン、昨年秋にアーティストのページ向けに行われた他の調整が含まれます。このアップデートは、より没入感のあるレイアウトデザインを提供し、「最も関連性の高いコンテンツを提示」し、登録ボタンをより簡単にアクセスできるようにすることを焦点としています。アップデートは全てのクリエイターに展開されますが、全ての視聴者に表示されるまで数週間かかる可能性があります。変更はTV上のチャンネルページにのみ影響するとのことです。

    https://techcrunch.com/2024/02/20/youtube-rolls-out-new-channel-pages-for-creators-on-its-tv-app/

  21. buchikuma-info より:

    「生成 ai 生成 ai」に関する最新情報です。

    バーガーキングが2024年2月5日に「Million Dollar Whopper Contest」を開始し、消費者に自分だけのワッパーを作らせて賞金100万ドルを獲得するチャンスを提供。生成AIを使用してカスタマイズされたハンバーガーを作成し、ソーシャルメディアで共有できる画像やビデオを生成。これにより、ブランドの伝統であるカスタマイズされたハンバーガーの提供を現代的なやり方で実現している。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2402/21/news077.html

  22. buchikuma-info より:

    「アート アート ミュージアム ミュージアム」に関する最新情報です。

    東京都港区の麻布台ヒルズにオープンしたデジタルアートミュージアム「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソンチームラボボーダレス」では、セイコーエプソンが提供する560台のプロジェクターと540台の高性能パソコンが使用されている。このミュージアムでは、チームラボが光を使ったデジタルアート作品を展示しており、プロジェクターを使って作品を映し出している。作品は動き、鑑賞者の動きに反応して変化する。エプソンは、オフィスや教育現場以外の新しい市場の開拓を目指している。

    https://toyokeizai.net/articles/-/734298?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  23. buchikuma-info より:

    「sns 利用 インターネット」に関する最新情報です。

    イオレが実施したシニア世代のインターネット・SNS利用調査によると、60歳以上の人々の間でもSNSの利用が広まっており、SNSを主要な連絡手段として活用している人も増えていることがわかった。調査では、スマートフォンを91.2%、パソコンを77.5%の人が利用しており、約3割の人がタブレットも利用していることが明らかになった。利用目的としては、メールが最も高く85.9%であり、次いでインターネット検索が85.2%、SNSの利用が67.4%となっている。また、LINEが最も認知度が高く、97.7%の人が知っていると回答した。テレビCMの影響が大きいことがわかり、SNS広告も約2人に1人が頻繁に見ていると感じていることが分かった。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKmh0dHBzOi8vdGltZXMuYWJlbWEudHYvYXJ0aWNsZXMvLS8xMDExNDA5NNIBAA?oc=5

  24. buchikuma-info より:

    「youtube rss feed」に関する最新情報です。

    YouTubeでは、ポッドキャストクリエイターが自分のRSSフィードをアップロードすることができるようになりました。ポッドキャストクリエイターは、YouTube Studioにアクセスし、「作成」ボタンをクリックしてから「RSSフィードの送信」を選択することで、YouTubeにRSSフィードを送信することができます。また、コンテンツタブで既存のポッドキャストをRSSフィードに接続するオプションもあります。新しいエピソードがRSSフィードに追加されると、YouTubeは自動的にビデオをチャンネルにアップロードし、購読者に通知します。Googleは先週、YouTube MusicとYouTube Premiumの有料ユーザーが1億人を超えたことを発表しました。

    https://techcrunch.com/2024/02/08/podcasters-can-now-upload-their-rss-feed-to-youtube/

  25. buchikuma-info より:

    「software ai 40」に関する最新情報です。

    ストックホルムのスタートアップ企業であるXensamは、8年間自己資金で運営してきたが、ソフトウェア資産を管理するAIに40億ドルの資金を調達した。ソフトウェア資産管理は、企業がお金を節約するためのITの一部であり、その分野には多額の資金が投資されている。XensamはAIベースのツールを提供し、企業がソフトウェアの使用状況を理解し追跡することを支援している。この40億ドルは、Xensamが設立してから初めての外部資金調達となる。

    https://techcrunch.com/2024/02/08/bootstrapped-for-8-years-xensam-has-now-snapped-up-40m-for-ai-that-manages-software-assets/

  26. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    フォルクスワーゲンは、2024年第2四半期から生成AIの「ChatGPT」を車内の音声アシスタント技術に統合する予定である。これにより、ドライバーは音声でカーナビゲーションや空調、位置情報、オーディオ、ビデオなどの操作が可能となる。自動車メーカー各社は、生成AIを活用して情報提供を迅速化し、管理負担を軽減することに注目している。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2402/09/news060.html

  27. buchikuma-info より:

    「ai 生成 ai 生成」に関する最新情報です。

    FacebookとInstagramは、AIによって生成された画像に対して新しいラベルを追加する予定です。これにより、ユーザーはAIが関与していることを認識することができます。この取り組みは、悪意のあるアクターがAI画像生成ツールを悪用する可能性を考慮しています。他の企業もAI生成画像にシグナルを埋め込む取り組みを行っていますが、動画や音声に関してはまだ対策が進んでいないようです。Metaは、動画や音声を生成する際にAIを使用したことを開示し、適切なラベルを付ける機能を追加する予定です。

    https://japan.cnet.com/article/35215006/

  28. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    2023年には生成AIの導入が急速に進んでいるが、2024年にはGPUの不足が大きな障壁となる可能性がある。しかし、CIOにとってはGPUの手配よりもAI導入の下地を整えることが重要な課題となっている。生成AIモデルの微調整にはデータや人材、ツールの収集が必要であり、クラウドベースのAIサービスやSaaSアドオンの選別も行われる。現時点では、生成AIツールの導入を検討する企業やCIOはまだ半導体不足に対する危機感を持っていないようだ。

    https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/2402/07/news006.html

  29. buchikuma-info より:

    「動画 youtube ゲーム」に関する最新情報です。

    現代の子どもたちにとって、YouTubeやゲームは身近な娯楽となっています。しかし、一部の家庭では、子どもたちがこれらのメディアに集中しすぎることを懸念し、禁止ルールを設けているケースもあります。しかし、YouTubeやゲームが悪であるとは限りません。今回の記事では、YouTubeやゲームとの上手な付き合い方について考えていきます。また、学びにつながるおすすめのYouTube動画も紹介されています。

    https://toyokeizai.net/articles/-/730526?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

タイトルとURLをコピーしました