サンダーボルトとライトニングがややこしい|最新MacのUSB-Cケーブルを選ぶ

スポンサーリンク

Macを買い替えたら、まず困ったのが「iPhoneと繋げなくなった」ことです。

ぶちくま
ぶちくま

データは全てiCloudに飛ぶからそれほど困りはしないのだけど、Macから給電したり、動画の大元のデータをモバイルデバイスからMacに移動したい時には、やはり有線でMacとiPhone/iPadを繋いだ方がいい、という気がしなくもない。

というわけで、このページでは、今からUSBケーブルをポチろうとした私に立ち塞がる「USB規格」と「Linghtningやサンダーボルトというややこしい言葉」について理解を深めようと思います。

スポンサーリンク

iPhoneとMacを繋ぐために買うべきUSBケーブル

先に結論を書くと、これを買っておけばいいというケーブルだけ紹介すればいいことに気がつきました。解説など不要です。理論は空論に過ぎず、我々はとにかく実体を持ってしてデータという空虚なる戯れを紡げばいいのです。

これだけ知っておけばいい「買えばいいケーブルの条件」

USBケーブルの選び方、買い方

最新のMacbookから、USB4ポートにThuderbolt 3規格での通信が可能となりました。なんのこっちゃですが、何も知らなくても以下の点に注意して購入すれば間違いありません。

  • コネクタの形状(MacのUSB Type-CとiPhoneのLinghtningケーブル)
  • 対応機種を確認する(Macbookと使いたいデバイス)
  • Apple MFi認証(LightningケーブルはApple規格のため)
  • 耐久性(ケーブルは破損しやすい)

ちなみに、iPadは着実にUSB-Cコネクタに移行しています。iPhoneは最新の12もLinghtningコネクタですので、お間違いのないように。

耐久性の評価は難しいのと、ケーブルは基本的に消耗品で考えた方がいいので、ここにはあまりこだわることはないと思います。むしろ、過剰な機能性は価格と見合うかは注意したいところ。

USB Type-CとLinghtningコネクタを繋ぐケーブルのお勧め

とりあえず、私がポチったものはこちら。使用レビューは暇なら書きます。

Anker

まずは安定のAnker製品から。

第3世代となるAnkerのPowerLine。耐久性が大幅に向上し、25,000回の折り曲げテストもクリアしているそうです。

Amazon Basic

私は割とよく利用するAmazonベーシックモデルのケーブル。適度に安く、それなりに品質が良く、数年ではちゃんと千切れる。ちなみに、4,000回の折り曲げテストなので、Anker製品がむしろ耐久性高すぎる。

Belkin

Belkinはカリフォルニアの会社ですね。ガジェット系は強いイメージがあります。特に、スマートホームに関するアイテムは豊富にあるので、当サイトでもよく取り上げております。

以降、ベルキンは原点を変えず、シリコンビーチとして知られるカリフォルニア州のプラヤビスタに拠点を置いています。

https://www.belkin.com/jp/aboutus/

ESR

なんか中国っぽいなと思ったらやっぱり中国でした。別に、中国製でも構わないのですが、中国感をあえて消してくるのはあまり好きではない。

ぶちくま
ぶちくま

ブロガーやアフィリエイトを対象とした募集もおこなっているようなので、言い換えると実体以上にレビューが多いかもしれません。

会社概要

2009年の会社の創立以来、弊社の商品は主にAmazon、AliExpress、Tmall、JDなどのオンライン市場を通じて世界中で販売されており、5,000万人以上の人々に信頼して購入していただいています。

https://www.esrgear.jp/about/
住所

登録住所: 香港九龍湾新蒲崗大有街3号万迪広場19H3 
営業所住所: 中国広東省深圳市宝安区西郷航空路梧桐島10B棟5~7階

https://www.esrgear.jp/contact-us/

UGREEN

こちらも中国。商品画像に中国語が多いのでこれはわかりやすくてむしろいい。商品タイトルはもっと短くしてくれていい。

インフルエンサーの依頼やアフィリエイトプログラムには参加しているようです。ネットの露出は多めかも。個人的には、無駄にTVコマーシャルを打つよりは効果的だと思いますが。

Location

UGREEN Building, Longcheng Industrial Park, LongHua District, Shenzhen, China 518109

https://www.ugreen.com/pages/contact-us

何度も言いますが、別に中国は嫌いじゃないんです。中国がもっと製品クオリティを上げてブランド化して戦っていけばいいと思っているだけです。いつまでも中国製は劣化品というイメージが抜けないので。

ぶちくま
ぶちくま

とはいえ、やはり「Made in China」を全面に出すと売上に響くんでしょうね。

スポンサーリンク

USBとThunderboltに関するややこしい用語を知る

ここからは退屈な基礎知識編です。書いている私も頭がこんがらがるのであまり考えたくない、USB規格の話。

最初に知っておくべきこと

まず、基礎知識を入れる前にUSBで知っておきたいことは以下のこと。

  • USBの形状としての名前
  • USBの役割(速さ)としての名前

USBの形状ってなんだ?

USBのコネクター形状として使われているのは「TYPE-C」「TYPE-A」「TYPE-B」という言葉です。さらに、差込む方と差し込まれ方で「オス」「メス」、通信の方向性から「親機側」「子機側」なども利用されます。

さらに、モバイル端末の小型化により「Mini」や「Micro」といったUSB端子のサイズの変遷もあります。

購入時はコネクタの形状は必ずチェックする

買う時に気をつけるのは、例えばMacならUSB 4に対応している的なことが書いてありますが、コネクタ形状は「TYPE-C」になります。このUSB Type-CコネクタとiPhoneを繋げる場合は、(これまたややこしいのですが)「Linghtning」ケーブルを利用します。

ぶちくま
ぶちくま

コネクタとして適合するのは「USB-C」と「Lightning」に繋がるケーブルです。

モバイル端末に使われるUSBコネクタ形状
  • Lightning
  • micro-USB
  • Type-C

USB-Cタイプは、薄型で天地無用の上下どちらでも挿入できるものです。そのため、スマホより少し大きめの端末ではUSB-Cコネクタ形状が採用されていることが多いです。

LightningケーブルはAppleの独自規格で、USB-Cよりやや小型に設計されています。転送規格がUSB2.0相当だと考えられているので、通信速度としては頭打ちとなっているような感じですが、

USBのデータ転送の規格

次に、USBのデータ転送に関わる規格名で、ここが素人にはわかりづらい。これは後で丁寧に解説しますが、該当する用語としては「Thunderbolt」や「USB-数字」のような言葉になります。

USB規格がややこしすぎる

これはどこのサイトでも説明されていますが、どこのサイトを読んでも「んで、結局どういうことなの?」という感想しか持てないのですよ。

私のサイトでのこの記事での目標は「最新MacとiPhoneを繋ぐことができるUSBケーブルが欲しい」ということなので、結論だけ知りたい方は前述の買うべきものだけ読んだらいいと思います。

USB4とは

名前の通り、USB3.2までの規格から数えて最新になるUSB規格です。何が変わったかと言えば、転送速度が上がったこと。

ぶちくま
ぶちくま

想像しやすいのはパソコンのバックアップなどでデータを外付けHDDなどに移送する時ですが、まず、この時のデータ転送がスムーズに行えます。

しかし、ただの大容量ストレージへのデータ移動以上に影響が大きいと考えられるのが、4Kなどの高画質モニターへの画像・動画データの通信です。

まず、前述のようにデータの転送速度が速くなることで、高画質になってデータ容量が増えた画像・動画に関しても質を落とすことなく、かつレイテンシーを極限まで抑えることが可能であるとされます。

ぶちくま
ぶちくま

そして、またよくわからないことなのですが、このUSB4は後述するThunderbolt 3の仕様をベースとしています。

ここで目的に立ち返ると、現状(2020年12月)最新のMacbookには、以下の記述で仕様解説されています。

2つのThunderbolt / USB 4ポートで以下に対応
  • 充電
  • DisplayPort
  • Thunderbolt 3(最大40Gb/s)
  • USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)

DisplayPortってなんだ?

話がややこしくなるので放っておきたいのですが、DisplayPortという言葉が出てきてしまいました。パソコンに詳しい方は問題ないと思いますが、私は少し引っかかってしまいました。

しろくまさん
しろくまさん

これを解説するには、一度話を戻して、「液晶ディスプレイとの繋ぎ方」になってきてしまいます。

液晶ディスプレイの接続コネクタ形状には、昔懐かしVGAケーブルや、D端子、HDMIなんかが含まれます。HDMIは音声も混合なので別カテゴリに入りそうですが面倒なのでおいときます。

ぶちくま
ぶちくま

ちょっと前までのパソコンは、何やらいっぱい接続口が搭載されていたけど、これらの端子に対応するためにやたらめったらポートが用意されていたのですね。

この、映像をモニターに送るための接続口がDisplay Portです。つまり、このポートを利用して映像を遅れますよ、ということなのです。

ただ、最新のMacbook M1機は(カタログ上は)映像出力として拡張ディスプレイに使用できるのは(特に操作を加えなければ)1つしかできないのでご注意を。

しろくまさん
しろくまさん

YouTubeなどでは4台の接続に成功したとする動画もありますので、どこまでが使用なのかは不明です。

話がそれましたが、とにかくDisplay Portは動画を送る機能だとざっくり把握しておきます。

この「映像を送ることができる」機能が、MacbookのThunder3/USB4 ポートには搭載されているということです。というか、充電も映像出力も全部一つのポートにまとめましたというのが手っ取り早い説明です。

ぶちくま
ぶちくま

アナログのヘッドフォン端子だけは残しているのは、きっとAppleの中の人が好きなヘッドフォンがあるんだろうね。

ThunderboltとUSB3.1 Gen 2

ここがややこしポイントですね。Thunderboldについてはこの次に解説しますが、USB 3.1 Gen 2がもう全く意味不明ですね。

USB3あたりのこのあたりはマジでカオスなのですが、これは途中で名前の変更があったためです。変更後は「USB3.2 Gen○」の○部分の数字で新旧を見ていくのですが、その際にはUSB3.2 Gen 1(3.0)などと書かれるのでもう馬鹿にしているとしか思えない。

最も新しい企画が USB3.2 Gen 2×2となります。これは、デュアルレーンで動作するということで、まぁ、ざっくり言えば2倍すごいみたいなことです。

USB規格一覧表

USB規格制定年新規格名旧名称転送速度マーケティング商標
USB 2.02000年480Mbps、12Mbps、1.5Mbps
USB 3.02008年USB 3.2 Gen 1USB3.1 Gen 15GbpsSuperSpeed
USB 3.12013年USB 3.2 Gen 2USB3.1 Gen 210GbpsSuperSpeed 10Gbps
USB 3.22017年USB 3.2 Gen 2×2(Type C),Gen1 ×1,Gen2×1,Gen1×220GbpsSuperSpeed 20Gbps
転送速度ブランド

あまりにもややこしくなり過ぎたし、一般の人には「何がすごくなったのか」もわかりづらいといことで、転送速度を識別するためにブランド名が用意されました。

  • SuperSpeed USB
  • SuperSpeed USB 10Gbps
  • SuperSpeed USB 20Gbps

そして、最終的にはUSB4で40GBになるので、倍々にすごくなっているということだけわかればよくて、選ぶ際にはこちらの転送速度スピード名を見ながら、お手持ちのデバイスが対応しているかをチェックすればいいということです。

MacbookはUSB 3.1 Gen 2に対応

話を戻して、最新のMacbookですが、USB規格として対応しているのは最大10GbpsとなるUSB 3.1 Gen 2[SuperSpeed USB 10Gbps]となります。

もう無線で良くね?

そもそも、有線よりも無線でのデータ通信を考えているAppleとしては、WiFi6にも対応したし、デバイスの充電も磁気対応したんだから接続口とかなくそうぜ、という流れには持っていきたいんだと思います。

外部に開放している口がない方が見栄えもいいし小型ができるし故障は減るしいいことばかりです。

Thunderbolt とは

Thunderboltは、インテルとAppleが共同で開発したデータ伝送技術です。そして、このThuderbolt の第3世代であるThunderbolt 3をベースにしたのがUSB4だという話をしました。

このため、USBとThunderboltが統合したような形になるのですが、Thunderboltという名前が消えることはなく、今後も棲み分けをするようではあります。

コネクタはUSB Type-Cと一緒

まず、Thunderboltと聞くと、「USB」とは別のケーブルの話のようではあるが、Thuderbolt3 はType-Cと同じ形状のコネクタになります。ただ、機能面では上位互換であり、通常20Gbps、追加レーンを使用すると最大40Gbpsとなる高速通信規格となるわけです。

しろくまさん
しろくまさん

ややこしいですが、形はUSBと一緒で、通信速度だけさらに次のレベルのものだったということです。これが、USBの次の規格にも採用された、というのが大筋の流れ。

MacbookはThunderboltに対応していればなお速い

話を戻してMacbook。MacbookではUSB4のポートとなっています。

これはまずコネクタ形状として「Type-C」を採用しており、さらに通信規格では、USB4のベースとなったThuderbolt 3となります。(冒頭の件に戻りました。)

このため、Thuderbolt 3の規格に対応したケーブルを使用して接続するデバイスもThuderbolt3に対応しているという条件下で、Thuderbolt 3の最大40Gbpsという高速でのデータ通信が可能になるということです。

しろくまさん
しろくまさん

USBのType-Cコネクタ同士なら、USB3.2 Gen 2相当に対応しているので、10Gbpsの通信速度が期待されるということですね。

ぶちくま
ぶちくま

旧式のUSBの場合は、利用できないわけではなく、対応する通信規格での速度に対応する(遅くはなる)ということです。

USB4が一般的な規格になればThuderbolt3の速度が期待できる?

今後は、USB4に対応するデバイスが増えるため、実質規格が同じであるThuderbolt 3の通信にも対応し、高速通信が可能となることが将来的に期待できます。

今後はどのような表記になるかわかりませんが、USB4、Thunderbolt3に対応と書かれていれば、Macbookとの有線通信では40Gbpsでのデータのやり取りができると考えていいのではないでしょうか。

WiFi 6は最大通信速度 9.6Gbps

そういえば、せっかく無線も高速化されているのに有線使うのもなぁ、と思ったところ。最新のWiFi6だと最大通信速度が9.6Gbpsらしです。

しろくまさん
しろくまさん

無線なので、有線よりも環境に影響を受けやすいとは思いますが、ほとんどの場合は無線でも十分高速通信は可能な時代になりましたね。

ぶちくま
ぶちくま

とはいえ、最大40Gbpsと比較すれば、有線の進化もすごいということになりますね。

くわしいひと
くわしいひと

結局は総合的な環境整備が必要で、そもそものネット回線が遅かったり、ルータやデバイス、ケーブル全てを対応させていくのはそれなりにお金もかかりますし、このあたりは環境に合わせて適宜買い換えていくしかなさそうですね。

Thunderbolt 4も登場する

予定ではありますが、すでにインテルは次世代規格となるThunderbolt 4も発表しています。

https://newsroom.intel.co.jp/news/introducing-thunderbolt-4-universal-cable-connectivity-everyone/?wapkw=Thunderbolt#gs.muqef3

ざっくりとThuderbolt 4 の特徴を挙げると以下の感じ。

  • USB 4仕様を準拠
  • USB Type-Cポートを利用
  • Thunderbolt 3との互換性
  • 多様なデバイスと接続可能
  • 2020年後半よりJHL8×40(Thunderbolt4コントローラー)を提供

これからUSB4を作るパーツのようなものが公開されて、実機で利用できるように開発される感じですね。速いともう世に出てそう。

ぶちくま
ぶちくま

というか、ありましたわ。

スマホやPCの故障が心配なら

故障が心配ならモバイル保険が便利


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」で、初期不良などは有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるから、ほとんどの場合は、大丈夫なんだけどね。

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

ぶちくま
ぶちくま

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

モバイル保険や、類似サービスを比較した記事もありますので、こちらもご贔屓ひいきに。


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

MacBook
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました