PR

間取りシミュレーションサイト・アプリを比較する

スポンサーリンク
ぶちくま
ぶちくま

間取りなんて、エクセルの表で簡単に作れるんじゃね?

そう考えていた愚かな私は消えて無くなればいい。

今の世の中、エクセルのセルを小さくして、背景色や枠線を駆使してまで間取りを作ろうという愚か者はいません。簡単に、サイトやアプリで間取りのシミュレーションが可能です。

このページでは、間取りのシミュレーションが可能なサイトから、シミュレーションを依頼できるサービス、簡単に使えるアプリなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

間取りのシミュレーションサイト

間取りのサイト自体は無数にあります。何せ、そのまま「新築の購入」につながる案件です。

ハウスメーカーが自社の商品(家)を紹介するためのものから、アフィリエイトや広告収入で成り立つサイトまで様々です。

とりあえず、用途に合わせて2パターン、「ブラウザで自分勝手にシミュレートできるソフト」と、「間取りの制作を依頼してプロのシミュレーションを楽しむサービス」を分けて紹介します。

シミュレーションソフトをブラウザ上で使う

シミュレーションソフトをブラウザ上で起動させて使うものです。運営サイトは広告収入がメインなので、無料であることがほとんど。ただ、会員登録などで個人情報を集めにかかるところもあるので、それなりに慎重に利用することを勧めます。

madreamMaker

部屋や建具をはめ込んでいくので、シミュレーションらしいシミュレーションができる。

madreamMakerの特徴
  • ログインが必要(個人情報の入力が必要)
  • 家具などの配置も可能
  • 3Dで立体に立ち上げることもできる
  • 他のユーザーの間取りも楽しめる
  • サイト運営は2017年で終了。(利用は可能)

3Dへの立ち上げも可能

http://madream.net/modules/madoriplan2/

マイホームクラウド

3Dでの間取り作成にも対応しているが、出来上がった3Dはやや前時代的でのっぺりとしている。でも、ARにも対応しているというから、普及版のベータ版としてのサービスということでしょうか。

クラウドに対応

出来上がっている間取りを3Dに起こして自分のいえを想像して見る分にはおすすめだし、クラウドの名の通り、他の人とも共有できるので、実家の建て替えに家族が間取りに悩んでいたらこういったツールを使って相談することも可能。

https://myhome-cloud.net

住宅間取り設計

動画解説あり。テンプレ・プラン集があるので、ゼロから作らなくてもいいのはポイント。UIが平成チックだが、文句は言わない。

https://www.madori.org

シミュレーションを依頼できるサービス

シミュレーションを売りに、顧客の囲い込みをはかるサイト。

タウンライフ

間取りを相談できるサイト。

シミュレーションではなくなっているので気軽さは皆無だが、提携しているハウスメーカーが、普通に契約とりにガチの間取りを提案してくれる。

当サイトでも「土地相談からできる」としておすすめの資料請求サイトとして紹介している。言い換えると、シミュレーションサイトではない。

【PR】

ハウスメーカー間取り集

実質、シミュレーションの依頼になるのだけど、サイト上で簡単に確認ができるので気軽。

ユニバーサルホーム1000のひらめき

外観デザインと間取りで、合計1000通りのスタイルを閲覧可能。今回は間取りだけの話なので、100通りは確認できる。

https://www.universalhome.co.jp/lineup/1000inspirations/

セキスイハイム

セキスイハイムなので、私の家から考えるとすでにミスマッチなのですが、こんな家が建てられたらなぁと空想するのは自由。画像を見るのも自由。プラン設計を依頼するところまでは無料。

セキスイハイムの間取りプラン

https://www.sekisuiheim.com/madori/

ミサワホーム

「あたりまえの間取り集」と銘打って、なんのことかはさっぱりわからない。あたりまえ、という依頼者の希望を現実にする、というコンセプトなのだと察し、参考になる実例集を集めたもののようです。

https://www.misawa.co.jp/madori/

アイダ設計

アイダ設計の間取り集。我が家にとっては現実的なコストで、現実的な間取りを突きつけられる。みていて参考になるが、みていて胸は踊らない。

https://www.aidagroup.co.jp/order/madori_plan/

高橋開発株式会社

関西圏の住宅会社。間取り実例が豊富なので、本気の参考になるやつ。

http://www.takahashi-k.ne.jp/plan/

住友林業

住友林業の間取りシミュレーション

住友林業といえば、見積もりが有料だということで有名ですが、ちゃんと無料で利用できる間取り例もあります。利用するにはログインを促され新規登録してしまいますが、さっと見るなら登録不要です。

https://sfc.jp/ie/lineup/fs/sim/

https://sfc.jp/ie/lineup/grandlife/terracestyle/plan/

パナソニックホーム

間取り集。間取りのサイズが少し見づらい。

パナソニックホームの間取りライブラリー

https://homes.panasonic.com/ie-yakudachi/library/

一条工務店

ただの実例集でした。間取りは確認できませんでした。

https://www.ichijo.co.jp/lineup/

ヘーベルハウス

こちらも実例集。

https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/index.html/

ダイワハウス

間取りの考え方。

https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/lifestyle/

スポンサーリンク

内装をシミュレートする

完全に蛇足になりますが、内装をシミュレートする際に便利なアプリなんかも紹介しておきます。

IKEA Place

イケアですね。

IKEA PLACEの家具を置く

IKEA PLACの自分の部屋に置いて見る

イケア製品のシミュレーションなら最高峰だし、他の家具なんかのイメージをする際にも有効。なんだかんだで良くできたアプリ。

IKEA Place

IKEA Place

Inter IKEA Systems B.V.無料posted withアプリーチ

RoomCo

自分の部屋に家具をシミュレーションできるアプリ。

RoomCoの人気ブランド家具提携

RoomCoのブランド家具を選ぶ
RoomCoの部屋に試着

人気ブランドが提携しているので、割と実情に沿ったシミュレーションが可能。物欲への刺激も半端ない。

ブランド対応数は随一

対応ブランドは20以上、大塚家具やカリモクなんかもあります。イケアと組み合わせれば無双だが、そこまですると面倒だなという感じもする。

RoomCo AR(ルムコエーアール)

RoomCo AR(ルムコエーアール)

Living Style, Inc.無料posted withアプリーチ

ホームデザインメイクオーバー

ホームデザインメイクオーバーのプレイ画像

リフォームチームになってお客様の希望に沿った部屋に生まれ変わらせるゲームアプリ。今回は、そういう話ではないので説明はしない。調べ物の際にうっかり遊んでしまったのでついでに紹介しておく。

ホームデザイン メイクオーバー

ホームデザイン メイクオーバー

Storm8 Studios無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

アプリで間取りをシミュレートする

すでに家づくりで便利なアプリを紹介した記事があるのですが、まとめついでに載せておきます。

家づくりでお勧めしたい厳選アプリ集【注文住宅・新築必見】
家づくりで実際に役立つアプリを新築をやり遂げた30代男性ブロガーが紹介します。「家づくり」は実際には複数のカテゴリの専門知識が必要となるので、アプリを便利に使うことで実に効率よく新築・注文住宅を計画できます。

Planner 5D

最近は、ちょっと高精細なくらいの3Dだと驚かなくなってきたけど、手軽に家具配置ができて、バリエーションも豊富なのに、AR対応とかべつの世界線を歩み出した感じはする。

カスタマイズの幅が広い、Plannner 5Dの室内シミュレーション

間取りもみやすい、Plannner 5Dの室内シミュレーション

操作が簡単でいい

家具は置くだけ、Plannner 5Dの室内シミュレーション

使い勝手のいいUIで、ドラッグ&ドロップで簡単操作が可能。間取りにも使える2Dモードもある。

普通の部屋だけではなく、バスルームからオフィス内装までイメージできる。

プランナー 5D- インテリアデザイン クリエーター

プランナー 5D- インテリアデザイン クリエーター

Planner5D, UAB無料posted withアプリーチ

Home Design 3D

実用的でありながら、かなり精度の高い再現性で人気のアプリ。

写真のような精度のHomeDesign

アレンジの幅が広いHomeDesign
Home Design 3D

Home Design 3D

Anuman無料posted withアプリーチ

間取りTouch

すでに別記事で紹介したが、使い勝手は一番。いまだに iPhoneにしかリリースがないのが不思議で仕方がない。

間取りTouch+ お部屋のデザインに役立つ図面作成アプリ

間取りTouch+ お部屋のデザインに役立つ図面作成アプリ

Magichour Corporation無料posted withアプリーチ

FloorPlan Creator

Googleのみ。シミュレーションのやりやすさはレビューでみればわかるのだけど、説明が英語なのと、課金要素があるようなので、おすすめはしづらい。

Floor Plan Creator

Floor Plan Creator

Marcin Lewandowski無料posted withアプリーチ

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「ダイワ ugo ai」に関する最新情報です。

    ugo株式会社とダイワ通信株式会社がセキュリティ向けのAI連携を開始する業務提携を締結した。ugoの業務DXロボットにダイワ通信社のエッジAI端末を搭載し、監視業務の効率化や新たな警備ソリューションの構築を目指す。両社は新たなAIソリューションの提供を通じて、産業や生活領域における可能性を拡大する考え。ダイワ通信社はサービスロボットの普及に意義を見出し、ugoはロボットを通じた業務の遠隔化・自動化を推進してきた。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000034305.html

  2. buchikuma-info より:

    「イースタン 巨人 高橋」に関する最新情報です。

    イースタンリーグの開幕戦で、巨人の高橋礼と楽天のドラフト1位ルーキー古謝樹が良いスタートを切った。高橋礼はローテーション入りが決定し、古謝樹も好投を見せた。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiSWh0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS82LzEyLzQwNF8xMl9yXzIwMjQwMzE3XzE3MTA2NTA5OTE4MzM5NzLSAQA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「hour glucose test」に関する最新情報です。

    国際糖尿病連盟からの新しい立場声明によると、1時間の75g経口ブドウ糖耐性試験(OGTT)を使用することで、糖尿病リスクのある人々をよりよく特定できると勧告されています。1時間の血漿グルコースは、高リスク個人を早期に特定するためのより感度の高い生体マーカーであることが示されています。しかし、1時間のテストが従来の2時間のテストよりも便利であるとしても、OGTTを忙しい臨床現場に取り入れることは依然として物流上の問題を引き起こす可能性があり、最終的な結果を改善するとは限らないとの指摘もあります。

    https://www.medscape.com/viewarticle/1-hour-glucose-test-better-predicting-t2d-risk-2024a10004jn

  4. buchikuma-info より:

    「iphone aiwa 14」に関する最新情報です。

    IIJmioは、aiwa製タブレット「aiwa tab AB10L」と未使用品の「iPhone SE(第3世代)」、「iPhone 14」を販売開始した。iPhone SE(第3世代)とiPhone 14は128GBモデルで、付属品も含まれている。IIJmioモバイルサービスのギガプランを利用する場合、MNP転入と対象端末の同時申し込みで1契約者あたり1台までのりかえ価格で購入可能。価格は一括払いや24回払いのオプションがあり、iPhone SE(第3世代)は一括払いが4万9800円、24回払いが月2076円で購入可能。iPhone 14は一括払いが9万9800円、24回払いが月4160円で購入可能。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2403/01/news171.html

  5. buchikuma-info より:

    「iphone aiwa 14」に関する最新情報です。

    インターネットイニシアティブ(IIJ)は、3月1日にaiwa製タブレット「aiwa tab AB10L」と未使用品の「iPhone SE(第3世代)」と「iPhone 14」の販売を開始した。iPhone SE(第3世代)とiPhone 14は128GBモデルで、IIJmioモバイルサービスのギガプランに加入し、対象端末を同時に申し込むと、りかえ価格で購入可能。iPhone SE(第3世代)の通常価格は6万7800円、iPhone 14の通常価格は10万9800円。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vd3d3Lml0bWVkaWEuY28uanAvbW9iaWxlL2FydGljbGVzLzI0MDMvMDEvbmV3czE3MS5odG1s0gE5aHR0cHM6Ly93d3cuaXRtZWRpYS5jby5qcC9tb2JpbGUvYW1wLzI0MDMvMDEvbmV3czE3MS5odG1s?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「ex 提案 シミュレーション」に関する最新情報です。

    パナソニックアーキスケルトンデザインは、テクノストラクチャーEXという耐震性の高い建築構造を提供し始めました。この新しい構造は、耐震等級3に適合し、シミュレーションによってその効果を確認することができます。テクノストラクチャーEXは、制震ダンパーを採用しており、震度7の人工地震波に対しても安定した性能を発揮します。これにより、建物の変形を最小限に抑え、安全性を高めることができます。

    https://www.housenews.jp/equipment/25757

  7. buchikuma-info より:

    「手帳 2024 planner」に関する最新情報です。

    NeoLABは、Google、Apple、Outlookカレンダーと連動可能な手帳「N planner」の2024年版を発売しました。この手帳は、紙の手帳に書きたいけど、管理はデジタルが望ましい人に最適です。Neo smartpenと専用アプリ「Neo Studio」を使用することで、手書きの予定をデジタルデータに転送することができます。N planner 2024は、3,300円で販売されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiHmh0dHBzOi8vZGltZS5qcC9nZW5yZS8xNjk3NTU4L9IBAA?oc=5

  8. buchikuma-info より:

    「ブランド コンセプト アレンジ」に関する最新情報です。

    ゴールデンコンセプトの兄弟ブランドY-24が日本に上陸し、アップルウォッチを自分仕様にアレンジすることが注目されています。Y-24のアレンジされたアップルウォッチは高級なデザインと保護機能を併せ持ち、セレブたちにも愛用されています。このブランドはスウェーデンのGOLDEN CONCEPTによって展開されており、日本で初めて登場しました。アップルウォッチ7/8の45mmサイズに対応したY-24のケースは、3万3000円で購入することができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJmh0dHBzOi8vd3d3Lmdvb2RzcHJlc3MuanAvbmV3cy81NTIyMzMv0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「10 qoo qoo 10」に関する最新情報です。

    Qoo10では、中古のFlip4や新作スマートフォンをお得に購入することができます。Qoo10メガ割では、最大1万円の割引や20%の割引クーポンを利用することができます。また、株式会社ソアルソが運営するQoo10店舗では、2023年9月1日から9月12日までメガ割セールが開催されます。中古のFlip4や新作のスマートフォンは、人気の折りたたみスマホであり、価格もお得です。株式会社ソアルソは、韓国に本社を置く企業であり、日本支社も設立されています。中古のGalaxyスマートフォンも多数取り扱っており、価格の提供も実現しています。特に注目の商品は、中古のGalaxy Z Flip4 256GBで、コンパクトなサイズでありながら機能も充実しています。Qoo10での購入は、お得な価格で手に入れることができます。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiLWh0dHBzOi8vd3d3Lm5pc2hpbmlwcG9uLmNvLmpwL2l0ZW0vby8xMTIyNDYxL9IBAA?oc=5

  10. buchikuma-info より:

    「dac dac note note」に関する最新情報です。

    インフラ点検現場で使用するタブレットCADアプリ「DAC-NOTE」のサービスサイトが公開されました。このアプリは、アナログの操作感を再現し、現状の課題を解決するために開発されました。具体的には、橋梁やトンネルなどのインフラ点検現場でCAD図面に直接書き込みができる機能や、作業効率化を図るための操作方法などが紹介されています。また、DAC-NOTE株式会社の会社概要や代表者情報も掲載されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiOmh0dHBzOi8vcHJ0aW1lcy5qcC9tYWluL2h0bWwvcmQvcC8wMDAwMDAwMDcuMDAwMTEzMzY2Lmh0bWzSAQA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました