VideoProcの父の日キャンペーン情報、安く購入するために

スポンサーリンク

動画編集ソフトのVideoProcで検索されることも多くなり、ありがたいことに、Digiatryというソフト会社からキャンペーン告知の依頼が来ました。

ぶちくま
ぶちくま

長くブログやってると、こういうこともあるのですね!

動画編集ソフトの中では抜群に操作が軽快で、「子供の長めの動画をサクッと短めに編集したい!」なんて時におすすめですね。

VideoProcを使用してみた感想【コスパ最高】
VideoProcを使用してみたレビューです。動画サイトからのダウンロードを補助してくれる機能や、iPhoneの画面を録画する機能など盛りだくさん。しかも経過な動作で操作は簡単、んでめっちゃ安いとかナニコレ。
スポンサーリンク

父の日キャンペーンの概要

Digiatryの父の日キャンペーン概要

では、父の日キャンペーンの簡単な説明だけしていきます。

キャンペーン内容

そもそも、VideoProcはコスパが良い製品です。たまにSELLで安くなったりもするので、そのタイミングで購入できるとほっこりとした気持ちになれます。

ぶちくま
ぶちくま

とはいえ、せっかくキャンペーンの告知をするからには、本当にお得かどうかは調べておきたいところですね!

ツイートするだけでクーポンもらえる

まず、今回のキャンペーンですが、ツイートするだけなのでワンタップでお手軽。

ぶちくま
ぶちくま

これだけで、確実に500円安くなるクーポンがもらえます!

クーポンコード例、VideoProc
ツイートだけででクーポンがもらえます
セールとの重ねがけも可能

そして、大概、こういったクーポンは「セール品は除く」などの注意書きがこっそりと付け加えられているのですが、幸い、「セール中の4,000円OFF」に加えて、さらに500円割引になります。

しろくまさん
しろくまさん

つまり、定価8,980円が4,480円まで安くなりますね

抽選でAmazonギフト券も

ぶちくま
ぶちくま

これは、私にもチャンスがあるんですかね?

抽選で3名さまという狭き門ですが、Amazonギフト券が5,000円当たる、可能性があります。

しろくまさん
しろくまさん

たった3名様の中にキャンペーン告知記事書いている人が入ってきたらしらけるでしょ。

というわけで、私がもらえない分、みなさんで美味しいお肉でも食べてみてください。Amazonでも買えますから。

ツイートはただ、時間も一瞬

というわけで、キャンペーン内容としては、「時間拘束も少ないし、やることもシンプルなので、VideoProcが気になるならTweetして損なし」だと思います。

ぶちくま
ぶちくま

キャンペーンと重なってこんなにお得なら、今のうちに購入しておきたいところですね!

スポンサーリンク

父の日とは

どうでもいいのですが、「父の日」についても簡単に調べてみました。

父の日とは

父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。アメリカのドッド夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために白いバラを贈ったのが始まり。

https://ja.wikipedia.org/wiki/父の日

てっきり、母の日があるなら父の日も作ろうぜ的な感じの日本だけの記念日だと思っていました。

ぶちくま
ぶちくま

ホワイトデーのノリかと。

こうなると、そもそもドッド夫人ってのは誰なんだ? というのが気になるところですが、Wikiの巣窟に迷い込んでいる時間はないのでこの辺りで。

2020年は6月21日

毎年、6月の第三週が父の日となるので、2020年は6月21日が父の日となります。

ちなみに、Wikipediaによれば、日本以外の多くの国(つまりドッド夫人を起源とする父の日)が同じ日が父の日となります。

一方で、韓国では5月8日(両親の日)、台湾では語呂合わせで8月8日、ブラジルでも夏に父の日があります。

母の日の方が強い

蛇足ですが、やはり母の日の方が強いです。

アメリカでは南北戦争終結直後の1870年、女性参政権運動家ジュリア・ウォード・ハウが、夫や子どもを戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がり「母の日宣言」(Mother’s Day Proclamation)を発した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/母の日

父の日は、「母の日があるなら、父親に感謝する日も欲しい」という発祥起源でしたが、根本の母の日は、「子供や夫を戦場に送らない」という強い意志の現れでした。愛に溢れております。

父の日プレゼントの由来

先ほどの「父の日」の由来に関連しますが、「バラ」を送るのが一般的とされていました。

しろくまさん
しろくまさん

父の日を作りたいと言った方が、父親のお墓にバラを贈ったことが由来とされています。

動画編集ソフトもいいじゃない

ただ、あくまでも由来なので、私が子供の時でも、ネクタイピンやらハンカチやらが一般的となっていました。

しろくまさん
しろくまさん

今考えると、父親の本当に欲しいものなんてわからないもんだな、と思うところです。

ぶちくま
ぶちくま

ネクタイなんて送られたら「働けってことか」と怒り出しそう。

働いている父親しかみたことがなかったので、「欲しいもの」を想像しづらく、なんとなく母の日よりもハードルが高く感じていたのを覚えています。

ぶちくま
ぶちくま

シンプルに欲しいもの、使い勝手の良いもので良いと思いますが、今回のVideoProcのように、動画編集して孫の様子なんかを伝えるビデオアルバムを作るのも良いかと思います。

良い感じにまとまりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました