Amazonブラックフライデーは11月26日から、本当にお得か気になったらこちらの情報を!

2022年の家電量販店「初売り/福袋(お年玉箱)」情報

スポンサーリンク

2021年の福袋動向から、2022年に買うべき福袋をピックアップしていきます。

ぶちくまびっk
ぶちくまびっk

もはや毎年恒例の記事更新で、お正月休みが潰れることが確定しています。。。

スポンサーリンク

2022年の家電量販店福袋はどうなる?

2021年を総括するとこんな感じ。

  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴い「大型店舗での福袋・初売りはほぼ自粛」
  • 小型店舗では予約販売・日付/販売時間をずらして密集を避ける対策
  • 目玉らしい目玉はないが、営業利益が取れた企業も多く内容は安定
ぶちくま
ぶちくま

2020年は「コロナ対応」のためのリモートワーク関連商品が売れたけど、2021年は少し鈍化した感じがありますね。

しろくまさん
しろくまさん

新しい生活様式から懐古的な巻き戻し状態になって、デルタ株の感染脅威もあって家電量販店にとってもいい動きではないですね。

2022年の家電量販店福袋の販売日程表

2022年は暫定版ですが、この表をみながら私も行動しているので情報共有しておきます。随時更新予定。

家電量販店オンライン予約/抽選開始日実店舗販売日発表日備考
ヨドバシカメラ2021年11月29日例年は元旦・営業初日に販売2021年11月27日2020年は2回開催
ビックカメラ2020年12月11日例年は元旦・営業初日に販売未定2021年は7日ごろにゲリラ販売
ソフマップ2020年12月11日例年は元旦・営業初日に販売未定2019年はサーバー落ち
コジマ2020年12月28日例年は元旦・営業初日に販売未定
エディオン2020年12月26日例年は元旦・営業初日に販売未定
カメラのキタムラ2021年1月1日例年は元旦・営業初日に販売未定2021年はオンラインは正午に販売開始
ヤマダ電機2021年1月2日例年は1月2日・営業初日に販売未定
ケーズデンキ2021年1月2日例年は1月2日・営業初日に販売未定2021年は元旦に発表
ノジマ2020年12月31日18時例年は元旦・営業初日に販売未定ブラックフライデーでお楽しみ袋を販売
ジョーシン2020年12月26日10時2020年12月26日2020年12月25日2021年はプレセールで先行

2022年、チェックしておきたい家電量販店の福袋リスト

2022年の下準備は整いましたので、年末ごろには随時更新を開始します。

例年通りであれば、12月上旬にヨドバシカメラが先発し、ついでビックカメラ&ソフマップ系列(コジマもあるかも)、12月26日にはジョーシンやエディオン、大晦日あたりからヤマダ、ケーズデンキという流れが予想されます。

ぶちくま
ぶちくま

今年は張り付きますので、「いろいろ探すのは面倒だな」という方は是非当サイトをご利用ください。

Apple製品が欲しいなら

Apple製品は定価からなかなかセール対象にならないので、iPadやAppleWatchを初売りや福袋で購入することを考えている方も多いかと思います。とはいえ、いろんな家電量販店のセールをチェックするのは大変、ということで、まとめページ、作りました。

年末年始、iPadやAppleWatchを買うなら福袋?初売りセール?
Apple製品さえラインナップに入れておけば大変賑わうのが福袋業界。年末年始はお得なセールも多いので、「どこでAppleデバイスを買うのが一番か」悩んだ際に知っておきたい情報などをまとめてみました。

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラのお年玉箱は2022年は11月29日に抽選開始予定!

2022年のヨドバシカメラお年玉箱、中身の予想とネタバレ報告会場
2022年のヨドバシカメラの初売り情報・お年玉箱情報をまとめていきます。11月29日に抽選開始が発表されました。発売日まで随時更新、ネタバレも可能な限りは追っていきます。

ビックカメラ・ソフマップは12月11日から週末まで

ビックカメラソフマップグループは、オンラインのみでの福袋の販売となります。昨年は12月11日に抽選受付開始。

ビックカメラ
【2022年版】ビックカメラの初売り・福箱情報とネタバレ中身公開情報
ビックカメラの福袋情報をまとめています。2022年は随時更新。2021年はゲリラ販売(ミス?)により出だしから混沌とし始めた模様です。また、店頭での販売見合わせも正式に発表があり、もうここにかけるしかないよね。
ソフマップ
2022年ソフマップの新春福箱情報「ビックカメラと何が違う?」
ビックカメラの完全子会社で、福袋の傾向にも共通点はあるソフマップ、どの福袋を狙うべきかなどの考察や過去の福袋の情報などをまとめています。個人的には中古ゲームソフト福袋が面白かったのですが、ラインナップの転換期にあります。
コジマ

コジマネットの福袋情報「ビックカメラとどっちがいい?」という記事を2022年用に書いています。

コジマネットの福袋情報「ビックカメラとどっちがいい?」
家電量販店のコジマの福袋情報です。ペットショップのコジマではありませんがどちらも人気の福袋。ビックカメラ系列になったコジマの場合、どちらで買うべきか、なんて考察なんかもしています。

エディオン

新潟にはエディオンがないので実感が湧かないのですが、エディオンについても福袋ウォッチしているついでに情報拾っていきます。

2022年、エディオン(Edion)の福袋情報「おもちゃ系が狙い目」
エディオンの福袋についての情報をまとめています。エディオンは低価格帯の福袋の満足度が高い傾向があり、おもちゃ系も豊富な取り扱いがあって全世代に受け入れやすい内容に仕上がっています。

カメラのキタムラ

カメラのキタムラは、2021年は元旦正午販売開始となりました。

カメラのキタムラは中古カメラはチェックしておきたいところ。正午販売なので注意。

カメラのキタムラ福袋・初売り情報【2022年のトレンド】
ここで買えないと2020年の福袋記事が書けなくなっちゃうので、かなりガチで狙いに行きます。カメラのキタムラの2019年福袋・初売り情報をまとめました。オンラインショップでは1月1日0時から、実店舗でも開店時間に合わせて元旦から発売される福袋を中心に、初売りお得な商品を総チェックしました。

Amazon

初売りと同時にAmazonが福袋販売します。2021年実績は1月2日に初売りスタート。

例年通り、見えるやつと見えないやつがあるので、ラインナップくらいはチェックしておきたいところです。

Amazon 2022年の新春初売りセール情報
Amazonの初売り情報をまとめています。Amazonのお得なスマートスピーカーやタブレットから、Apple製品や人気家電メーカーなど取扱いの幅が広いので、欲しいアイテムを探すまでにも時間がかかってしまいます。とりあえずみておきたいおすすめ品などをまとめてみました。
Amazonの福袋は「見える」「見えない」2タイプ発売【2022年】
Amazonの初売り情報の「福袋」についてまとめています。当サイトは夏頃からひたすら福袋の予想をしています。これまでのAmazon福袋の、お得度などが分かるように努めています。

ヤマダウェブコム・ヤマダ電機

例年通り、1月2日はヤマダ電機もチェックしておきたいところです。ウェブコムは10時販売開始なので自宅待機組は一緒に張り付きましょー。

2022年、ヤマダ電機の初売り・福袋と他店お得度比較ページ
ヤマダ電機の福袋情報をまとめたよくあるアフィリエイトページのふりをして、2022年の今後の福袋がどう変化していくかを占う、実に社会経済学的なページに仕上がりました。ただの福袋情報まとめです。

ケーズデンキ

ケーズデンキも例年通りであれば1月2日スタートです。

ケーズデンキの福袋情報、2022年バージョン
ケーズデンキの福袋情報を更新していきます。ただ、ケーズさんはサプライズ演出が少なくて、「おぉ!」とならないのであんまり楽しみでもなかったりする。

ノジマ

ノジマの福袋についてはこちらのページでまとめています。

2022年、ノジマ(nojima)の福袋情報「お楽しみ箱」
ノジマの福袋についてまとめています。現在は2021年のネタバレ情報と2022年の情報更新に向けてスタンバっています。例年だと12月末日からオンラインストア、年始の営業開始から実店舗販売となるが果たして。

ジョーシン

ジョーシンの福袋情報はこちらのページでまとめています。

2022年のジョーシン(Joshin)の福袋情報「ガンプラと鉄道模型」
ジョーシンの福袋は、比較的人気の高く程よく行列もできますが、買えないほどでもないので狙い目です。ガンプラや鉄道系の福袋に関しては注目度も高く、購入方法や狙いどころなどを解説しています。

楽天市場の福袋も攻略したい

楽天のポイント還元セールとかち合えば、かなりお買い得に福袋がゲットできます!

楽天市場でお得な福袋をゲットする!

楽天市場には、ビックカメラやトイザらスなどの、実店舗よりも協力なオンラインストアが入っているので、年末年始も気を抜かずに要チェックです。楽天市場の福袋情報もまとめています。

30代男性が楽天市場でお勧めできる福袋を探してみる【有象無象】
楽天市場にも福袋が溢れていたので、少し整理してみました。ファッション関係は楽天ブランドアベニューで安心して選ぶことができます。この辺りはYahoo!よりは選びやすい。グルメ関連や雑貨も取り扱いが多いので、年末年始は外出しないで福袋ショッピングを楽しみましょう。

Yahoo!ショッピングで福袋を探してみる

Yahoo!ショッピングにはLOHACOで日常的なお買い物までポイント還元しやすい仕組みができていますね。

Yahoo!ショッピングの福袋もまとめていますので、是非ともチェックしてみてください!

随時更新!Yahooショッピングで狙うべき福袋【30代男性チョイス】
Yahoo!ショッピングで販売される人気の福袋をピックアップしていきます。随時更新し、最新情報をお届けするよう努めています。今回は、30代男性チョイスとして、奥さんに絶対に怒られない、グルメ系から仕事のお供に欠かせないコーヒー、子供へのプレゼントも。

コーヒー飲んでちょっと一息

こちらは家電量販店ではないのですが、コーヒー系の福袋についてはこちらに情報をまとめました。

「2022年対応」コーヒー・紅茶の福袋カレンダー・日程をまとめたページ
コーヒーや紅茶の福袋情報をまとめています。とりあえず予約日・発売日だけわかればあとは自分で何とかする、という方のためのページになります。最新の情報になりますが、新年の情報がない場合は旧年の情報を参考として掲載します。

飲食店系のお得な福袋情報

私はコーヒー系だけ買えればよかったのですが、子供ができてからは自分しか飲まないコーヒーよりも家族で過ごせる時間が大事だと思い、飲食店系の福袋もまとめてみました。

2022年、飲食店系の福袋情報まとめページ(スイーツやファストフード)
ファストフードから、ファミレス、スイーツなど、とりあえず気になった飲食店の福袋を片っ端から調べていったので、福袋巡りする時の参考にしてください。私も流石に全部はいきませんが、絶対欲しいところの目星をつけるためにまとめました。

またコロナで自粛なのか

2021年10月現在の状況で考えると、2022年の初売りは多少の入場制限を実施すれば福袋販売もできそうですが、福袋の本来の役割が「人を集める」ことなので、どうしても感染予防とバッティングする項目となります。

しかし、根本的にリモートワークの促進は家電業界にとっては新しい分野への販売促進を刺激するので、福袋販売にとっては向かい風でも、業界全体で考えればコロナは追い風です。

福袋販売のあり方を根本から見つめ直すべきであったものが、コロナ対策の長期化によって「一時的な対策」から「生活様式の改革」へとシフトしてきているのを肌で感じます。

企業もウィズコロナの時代というよりは、その後の「脱炭素社会」を見据えたトータルバリューを得られる社会変革の波に乗ることを想定しています。

ややこしいことを抜きにすれば、もう「これまでの生活の維持」よりも「新しい社会への適応」を企業も消費者も考えている段階にあると言えます。

だから、福袋販売も、今までのように「さぁ、お店に来てお得な福袋を買おう!」ではなく、福袋を購入するためのステップにオンラインストアの利用を促すような仕組みづくりを考えていく段階に来ていると思います。

しろくまさん
しろくまさん

簡単に言えば、福袋はオンラインストアに呼び込む施策として機能させていこう、というふうになりそうですね。

ぶちくま
ぶちくま

福袋も、例えばお得な福袋をゲットできればそれでいいし、ダブルチャンスとして期間限定のお得なクーポンをアカウントに付与して、そのままオンラインストアで買い物できるような仕掛けが欲しいですよね。

しろくまさん
しろくまさん

年間の買い物利用回数でスタンプを貯められるようにして、福袋購入の投票券にしたりとか、まぁ考えればオンラインストアと結びつけて福袋を起点に購買意欲を刺激する施策はいくらでも取れそうですよね。

2022年の福袋で狙っておきたい家電

余談はさておき、2021年の家電業界の動きを考えた上で「この福袋があったら狙い目」というものを書いておこうと思います。

スマート家電

私もHomePodをあれこれいじって、スマートホーム化を進めていますが、家電のIoTは今後も進んでいくと思います。しかし、実際にあるのはIoTを積極的に取り入れていく人たちと、いまいち流れに乗れずにモノはあっても活用できない人たちとの分断があります。

実際、スマートホームで何ができるのか、というのは想像しづらいところですし、そのセットアップが面倒なのも事実。ただ、この面倒臭さを一挙に引き受けてくれるのがスマートハブ、スマートスピーカー。音声操作の認知向上により、スマートホームは今以上にとっつきやすい存在に進化してくれると考えられます。

スマートスピーカーってどれ買ったらいいの、否、そもそも、いる?
スマートスピーカーを使いこなすと便利ですが、世間一般では「スピーカーと喋ったところで生活が変わるわけがない」という認識が色濃いわけで。人生が変わるスマスピの選び方をお伝えします。
ぶちくま
ぶちくま

今は、指定したコマンド・キーワードを起点に「こう話しかければこうしてくれますよ」というのをユーザーが覚えないといけないので、だったらリモコンの方が直感的でいいや、となってしまいます。

しろくまさん
しろくまさん

これが、スマートハブの方でユーザーの意図を的確に拾い上げてくれるのはもちろんのこと、普段のユーザーの動きを学習してハブの方から提案してくれるようになるのがスマートホーム普及の第一歩になると思います。

というわけで、今後家電を買う場合は、少し「スマートスピーカーでの操作」も意識しておくことをお勧めします。HomeKit対応、やAlexa対応なんてものを選んでおくと、数年後に今よりずっと活用できるようになるかもしれません。

Homekit最新製品2021「HomePodやAppleTVと一緒に」
Homekit対応製品がぐいぐいと増えてきています。個人的にはAlexaには敵わないと思うところではありますが、HomePodもあることだし、早くホームアプリで管理したい、という願いを込めて情報収集しています。

パパの育児・家事サポート家電

これは私が育児・家事をしていて感じているだけのことなのですが、家事・育児を主戦場にする男性はリモートワークの加速も相まって劇的に増えてくることが予測されます。そして、実際に自分たちで家事・育児を始めると、男性ってばやっぱり「自分が使う道具」にこだわり始める生き物なんですよね。

教育のICT

育児に関しては、まず教育のICTが加速することで、モニターや音響設備、学習機材などの関連商品の需要が高まると思います。得意な女性はいますが、苦手な女性にとっては「男性の仕事」として機材の選択を男性が担うことは容易に想像できます。

まず、モニターの大型化とカメラ性能は向上すると思います。私はプロジェクターの活用が加速すると踏んで記事に仕込んでいますが、今後は家庭学習の重要性が高まることを考えると、入力を簡易化・多彩化する高性能タブレットなんかも需要が増すと思います。

授業を進める上では、やはりダイレクトに書き込んだ内容がフォローできた方がオンタイムの指導がしやすいですからね。

タブレットやプロジェクターは、パパの使い勝手の良いものを家族と共有で使うと良いと思います。

子供におススメしたいタブレット端末はどれ?
実は、当サイトではすでに結論としてiPadが「教育目的」としては最上位だという結論を出していました。とはいえ、子供にとってのタブレットは、「エンタメ」目的というか、つまり「おもちゃ」であるべきだとも思うのです。おもちゃとして買い与...
在宅時間が増えて家事から逃げられなくなる

すでに男性の中でもいらっしゃると思いますが、在宅が増えるということは、家事にコミットする時間も増えます。もう、男性だからと家事から逃れることは共同生活の中ではあり得なくなることと思います。

ただ、家電は進歩していて、大変な家事というのは以前に比べればそう多くはありません。夫婦二人で家事をすれば、当然、ハウスワークで利用される家電への投資額は増えることになりますし、そこに男性の意見も軽んじられないようになっていくと思います。

そのため、家事用の家電もユニセックス化していくことが考えられます。今までは「ママが使いやすい」を売りにしていた家電がほとんどでしたが、デザインも性能も、男性をターゲットとして意識した家電が増えてくると思います。なんか、美容系も男性の取り込みのために化粧品売り場感がなくなってきていますよね。

専門色の強い家電

抽象的なことばかり書いて恐縮ですが、これからは多機能から単機能特化に移行していくと思います。家電の専門化ですね。

これはスマートホームにもつながるのですが、まず、根本的に家電が多機能化するのは、それほど多くの家電を持たずに、ひとつの家電で機能を賄う必要があったからです。多機能にするためには、家電ごとに統括するシステムを用意する必要があり、操作するボタンも複雑化していくわけですが、今の時代は「考える力はスマホ(スマートハブ)に任せればいい」というのがスマートホームの考え方になってきます。

ぶちくま
ぶちくま

誰もがパソコン並みに賢い「スマホ」を持つ時代だからこそ、操作やモニタリングの考える部分をスマホに任せることができるようになったわけだね。

加えて、多様性が叫ばれるようになった社会背景もあります。これまでは「みんなが使えるものが一番いい」でとりあえず便利な機能を盛り込めば消費者に響くものがありましたが、今は何が必要かを個人が自分で選んで、カスタマイズする時代です。

しろくまさん
しろくまさん

ほとんど料理はしないからガスコンロはいらないけど、鍋料理だけは好きだからホットクックのような電気調理鍋にはしっかりお金をかけよう、みたいな選択もありになってきたってことですね。

例えば、パナソニックのビストロのNE-UBS5A「マイスペック」なんかはわかりやすい形になったと思います。最近のレンジは超多機能でボタンが増えて、液晶が増えて、話もできるような有様ですが、レンジ自体はできればシンプルに使いたいのが本音です。必要になったものを後から付け足せるのは「選択肢を残す」「必要なものを選ぶ」というユーザーの自在性を尊重しているわけですね。

スポンサーリンク

過去の家電量販店系の福袋考察

古くなった情報はこちらに残しておきます。毎年更新しているんだなこの人ってことだけ確認してもらえれば幸いです。今年も元気です。

2021年に買うべき福袋

まず、先に申し上げますと、私個人の成績としては、2020年は2019年に引き続き、ビックカメラもヨドバシカメラも惨敗でした。

ぶちくま
ぶちくま

しかも、お正月はほとんど勤務で、実店舗にもいけない始末。。。

医療職・シフト制の悲しいところは、福袋商戦に参加するためのシフト勤務の抽選にも勝ち残らないといけないところ。

発売が確定した家電量販店

とりあえず、ここに各家電量販店の動きを書いておきます。

  • ヨドバシカメラは12月1日からオンライン抽選を受付開始
  • ビックカメラ・ソフマップは12月11日から週末まで
  • カメラのキタムラは元旦正午販売開始!
  • 1月2日はAmazon福袋
  • 同じく1月2日にヤマダウェブコム・ヤマダ電機が勝鬨をあげる

コロナ時代に福袋は販売されるの?

家電量販店の業績などをみていると、コロナによる「新しい需要」と「通販の好調」により、一部の量販店は業績を伸ばす結果となりました。

福袋としての影響で考えると、1年間で大きく「需要」が変化した年であり、売れるはずではなかったものが売れて、慌てて発注したら需要が落ち着いて供給過多になった、というパターンが考えられます。

供給過多はつまり在庫の発生であり、言い換えると福袋の内容を決める大事な要素なのですが、この点ではリモートワーク関連のデバイス・ガジェットの福袋登場が期待されます。

実店舗では販売されるのか

需要と供給とは別に、福袋には「来客を促す」ための役割もあります。いわば撒き餌イベントを設置して、店舗での初売りセールで別商品の同時購入を狙うものです。ネット販売だとこの動機付けが少し弱く、「必要なものだけ」を買う傾向にあります。

しろくまさん
しろくまさん

送料無料などで同時購入を促す施策はありますが、送料を上げすぎると他店舗に逃げられるので、この辺りの采配は難しいところですね。

ヨドバシカメラは割とオンラインショップが強く、最近はビックカメラも楽天市場あたりの出店も合わせてECサイトに力を入れ始めています。間違いなくオンラインでの福袋販売はあると考えられますが、ビック・ヨドバシ以下の地域系の家電量販店がどう動くかは見逃せないところです。

ぶちくま
ぶちくま

カメラのキタムラはもともとそんなに期待できる福袋販売をしていませんでしたが、勢力図を入れ替えるために「中古カメラ」あたりで何か仕掛けてこないかと期待しているところです。

カメラのキタムラ福袋・初売り情報【2022年のトレンド】
ここで買えないと2020年の福袋記事が書けなくなっちゃうので、かなりガチで狙いに行きます。カメラのキタムラの2019年福袋・初売り情報をまとめました。オンラインショップでは1月1日0時から、実店舗でも開店時間に合わせて元旦から発売される福袋を中心に、初売りお得な商品を総チェックしました。

また、地方に大型店舗を出店していた「ヤマダ電機」や「ケーズデンキ」あたりは、都会での集客には伸び悩んだところはあるようですが、比較的早期にコロナが落ち着いて「ちょっとしたお買い物」ポイントとして客足はつかんでいたようです。

しろくまさん
しろくまさん

ただ、もともと実店舗は下り坂にはあったところなので、この辺りの店舗がどのように福袋を販売するかは気になるところですね。

感染予防上の「福袋販売」の注意点

注意点を列記するとこのような感じ。

コロナ対策と福袋販売のポイント
  • 店舗の対策よりも個人の対策
  • 対策のない店舗には行かない
  • 予想される人混みには飛び込まない
  • 時間帯をずらす、事前予約などの対策をする
  • クラスター発生時の対策をしておく

福袋のお得度よりも、コロナ感染の方が圧倒的に高くつきます。「自分は大丈夫」と思って行きたくなるところですが、感染が流行している中で「自分が大丈夫」と外出する方達が密度を高くすることを考えると、コロナ感染のリスクは普通の混雑時よりもずっと高いものだと考えられます。

しかも、コロナに感染した時に「福袋を買いに」とはかなり言いにくいと思います。社会的な信用も考えれば、混雑の予想される福袋の販売、及び購入はかなりのリスクではあることは口を酸っぱくして申し上げておきます。

行列対策と福袋販売は矛盾

ちなみに、医療職として福袋販売を感染の問題から考えると、長時間の列を作るような販売の仕方はNGです。

結果的に列ができてしまう場合は仕方がないと社会も認知してくれますが、福袋販売で行列ができるのは事前にわかることで、しかも他店も販売方法を「予約制」に変えるなど工夫している中なので、現在のコロナ第3波がきていることを考えると、実店舗販売はかなりの制限が必要だと考えられます。

時代は「自己防衛」に

各店舗対策は取ると思いますが、第3波移行のコロナに関しては「自己防衛」を考えて、過度には恐れず、自分が加害者にも被害者にもならないような感染対策をしていくことが必要だと考えられます。

場合によっては、年末年始の「外出自粛」も大いに考えられる事態になっていますが、仮に「自粛」という曖昧な言葉で具体的な制限が出ていなくても、「混雑するところにはコロナあり」という気持ちで、もし自分が正月にコロナに感染したら、ということを考えて、最小限の外出と、外出時の3密回避と感染予防策の実施を心がけたいところです。

人混みのリスクをアセスメントする

先に申し上げましたが、福袋販売に殺到してしまうような人混みは「コロナリスク」は高いと考えた方がいいです。同様に、コロナの感染対策をあまり考えずに例年通りの営業をしようとしてしまう店舗に対しても嗅覚鋭く「危ない店だ」と考えた方がいいと思います。

顧客の非難はあっても臨機応変に「福袋販売を中止」できればいいですし、もっと言えば事前にガイドラインを作っておき、「感染発生時」「顧客密度が過剰な時」「クレーム客が炎上した時」などの対応は事前にシミュレートしておきたいところです。

販売店だと、顧客がマスクを着用していない時に入店拒否などしづらいとは思いますが客観的な指標は事前に提示して、発熱・風邪症状などが発覚した顧客がいたときに毅然とした対応が取れるかどうかは、2021年のコロナ禍での福袋販売の見どころではあると思います。

しろくまさん
しろくまさん

咳をしているだけで、他の客が「追い出せ」ってクレーム入れてきたりも考えられそうだしね。

福袋販売でのクラスター把握

ちなみに、コーヒー系の福袋は来店してもらうことも目的ではあるのでオンラインor事前予約で当日は予約時間での来店などの対処をしています。

これはクラスターを把握する観点からも重要で、つまりコロナ患者(は9割9部いる)が発生した時に、来店時間が把握できていると同じ時間帯に来店した顧客への報告なども行えます。接客した従業員なども出勤停止などの判断も即座に行うことができます。

家電量販店の場合は、ポイントカードがあるので、おおよその来店時間はつかめますが、福袋販売以外に初売りセール商品をみて回ることを考えると、クラスターの特定が大雑把となり、(実際には接客していない従業員も含めて)全面的に休業する必要性が出てくるかもしれません。

ぶちくま
ぶちくま

予約制にして商品の受け渡しだけにすれば、従業員と顧客同士での接点はかなり少なく抑えられます。ただ、それやるならもうオンラインで販売しちゃえよという気持ちも出て来ますね。

店舗側のメリットを考えれば、やはり来客してもらい後日でも使用できる「割引クーポン」などで姑息的に対応しながら、密集度を考えてなんとか上手に福袋販売をしていきたいところではあります。

CoCoaなども利用する

長々書きましたが、私自身は福袋大好きなので、感染対策に注意しながら、楽しく福袋販売が楽しめれば一番いいなと考えています。

最低限のエチケットとして、福袋販売に参加する以上「コロナクラスターに身を置いた」と考えて数日は体調をケアしながら自宅待機し、調子が悪ければ会社を休み、外出を控えるなどの対応は必要かと思います。

感染すること自体は仕方がないので、最低限、誰にも移さないように配慮した生活を心がけ、コロナ追跡アプリなども導入しておけば他の感染者の早期発見にもつながるので、その辺りの配慮ができていればいいのかな、なんて気持ちはしています。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA – 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare – Japan無料posted withアプリーチ

病院に行かなければいけないようなリスクを避ける

これは医療者としてのお願いですが、重症患者の受け入れ自体が困難になってくると考えられます。

気をつけていても事故は起きますし、病気にもなりますが、例えば年末にハメを外してアルコールを大量に摂取して「急性アルコール中毒」になったり、脳血管・循環器系への負担がかかるような「寒暖差」のない生活を心がけていただけると、救急患者を減らすことにはつながります。

交通事故も、早めのタイヤ交換や無理な運転を控えるなどするだけでも、事故の確率は減らせます。タイムプレッシャーは危険運転にもつながるので、時間に余裕のある移動を心がけていただくだけでも医療現場としてはありがたいです。

福袋に関して言えば、やはり感染予防が第一ですが、購入の際には寒くなりますし体調も崩れやすいので、無理だけはしないようお願いします。

減らせるリスクに関しては減らす行動をとっていただくだけで、医療者としては嬉しい限りです。ご協力をお願いします。

なんだかんだ言ってもヨドバシ・ビックの二強

2020年は、福袋の検索からようやく解放されて、適度に更新しながら状況を眺めておりました。昨年の慌ただしさからは嘘のようで、(とは言え、それでも毎時間数百人がサイトに押し寄せるので、それなりに最新情報は届けられるようにしていましたが)

2019年は検索に見事に引っかかってしまい、事故的に破滅的に絶望的に忙しく福袋記事を更新し続ける羽目になってしまいました。しかし、調べれば調べるほど、結論は「やっぱりビックとヨドバシの福袋は桁違い」ということでした。

ぶちくま
ぶちくま

2021年は、また忙しく頑張れるように、まずは検索に載れるようにしっかりと記事を作り上げていこうと思っています!

2021年は「おもちゃ」は奪取したい

とうとう、我が子もおもちゃをフルで遊び倒す年齢になってしまいました。つまり、私もとうとう「おもちゃ福袋争奪戦」に参加します。

おもちゃの注目はヨドバシ

もうね、決めました。ヨドバシのトミカ福袋は絶対にゲットします。この辺りはヨドバシは安定感があって、お得確定の札が貼ってある。

対抗のトイザらスLEGOも必須

それと、やっぱりLEGOで遊びたいですよね。最近、子供がおもちゃでブロック遊びできるようになって一緒に遊んでて楽しくなりました。そうなると、できれば手に入れたいトイザらスのLEGO福袋

しろくまさん
しろくまさん

イオンにもLEGO福袋が出るんだけど、やはりトイザらスの方が一枚上手感がある。

スポンサーリンク

どうして人は福袋を買うのかという考察

この数年間、年末年始は全て福袋にかけた30代男子のタワゴトです。

初売りに並ぶのって得なの?

これはぶっちゃけ損ですよね。

大晦日という貴重な時間を、福袋を買うのに並ぶのは、時間の浪費ですし、正直、福袋で数万円安く手に入ったとしても、コスパは悪いです。

だいたい、余計なものを買いますし。風邪なんてひいたら最悪です。良い子は黙って家でドラえもん見てましょう。

福袋はあくまでも祭り

そんなことはみんな気づいて、並んでいるんです。いわゆる、祭りに参加するみたいな。冠婚葬祭は無駄だからやめようって(心の中で思っていても)ならないのと一緒です。

初売りを葬式結婚と並べるなって話ですが。

福袋を買う権利を勝ち得るだけで大変

だいたい、希望のものを購入する(権利を得る)為には、前日の閉店前には並んでいたという情報もあります。

ぶちくま
ぶちくま

権利、ですからね。それ、当たりとは限らないからね。それでも人は並ぶんです。

メルカリに転売されたものを買った方が低カロリー高コスパ

勝ち組は欲しいものをメルカリで安くなってから買う人です。いや、いっそ何も買わないのが勝ち組なのかもしれない。

ぶちくま
ぶちくま

月給もらって働いている人だったら、だいたい日当1万円からだとは思うけど、あの寒い中並んで実益1万切ったらアウトとか、もふもふの毛皮で包まれているぶちくまでも行かないね。

毛皮をもたない一般市民だったら凍死するレベル。

2022年版、メルカリで福袋を取り扱う方法と買う場合の注意点
2021年の福袋商戦で、在庫処理に困っていませんか?どうせ家で腐らせるくらいなら、「福袋熱」が熱いうちにメルカリで売ってしまうのはいかがでしょうか。この記事では福袋についてのメルカリ攻略法を購入者視点、出品者視点で書いています。心理戦で勝つための方法です。

ヨドバシカメラとビックカメラの実店舗に並ぶなら

ヨドバシカメラとビックカメラの実店舗比較記事になりますが、2019年はビックカメラ、2020年と2021年はヨドバシカメラがお得だったな、という考察などもしています。

実店舗版、家電量販店の福袋の狙い方「元旦に行くべき家電屋さん」
実店舗にいく場合に、大晦日の夜から並ぶ価値のある優秀な店舗を検討したいと思います。そこで、筆頭に挙げられるヨドバシとビックカメラだったらどちらに並ぶべきか、昨年の福袋内容なども合わせて検討していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました