家づくりで失敗してしまった、「3つの過ち」を公開しました。新築の際のご参考に。ここをクリックすると読めます!

2019年の初売り/福袋(お年玉箱)はヨドバシよりビックカメラ

スポンサーリンク

という気が早い記事になります。また年の瀬にでも更新します。

スポンサーリンク

2018年の反省を2019年に活かそう

いやぁ、とうとう初売り、終わっちゃいましたね。

ぶちくま
ぶちくま

少し寂しい気もします。

ぶちくまどっとこむでは、ヨドバシとビックの戦いを追って行きましたが、皆様は結局どちらの初売りに行きましたか?

 

ビックカメラの圧勝に終わってしまった2018年の福袋戦争。ヨドバシはネットの事前抽選方式はよかったのですが、当選できなければ退屈でした。

ぶちくまは、そもそも仕事でしたので行けませんでした。来年は有給とるか仕事辞めるかして初売りに参加したいと目論んでいます(本末転倒)。

どうでもいいけど、そもそも初売りに並ぶのって得なの?

これはぶっちゃけ損ですよね。

そんなことはみんな気づいて、並んでいるんです。いわゆる、祭りに参加するみたいな。冠婚葬祭は無駄だからやめようって(心の中で思っていても)ならないのと一緒です。

まぁ、初売りを葬式結婚と並べるなって話ですが。

だいたい、希望のものを購入する(権利を得る)為には、前日の閉店前には並んでいたという情報もあります。

権利、ですからね。

それ、当たりとは限らないからね。それでも人は並ぶんです。

勝ち組は欲しいものをメルカリで安くなってから買う人です。いや、いっそ何も買わないのが勝ち組なのかもしれない。

月給もらって働いている人だったら、だいたい日当1万円からだとは思うけど、あの寒い中並んで実益1万切ったらアウトとか、もふもふの毛皮で包まれているぶちくまでも行かないね。

毛皮をもたない一般市民だったら凍死するレベル。

ヨドバシカメラとビックカメラの実店舗に並ぶなら

ヨドバシカメラとビックカメラの実店舗比較記事になりますが、やはり並ぶのも2018年の様子をみると、ビックを優先させるべきかと思います。

【実店舗版初売り福袋争奪戦】ヨドバシとビックカメラどちらに行くべきか
近年の福袋はネットで買えるのは大変素晴らしいシステムだと思います。 加えて、「抽選式」というのも、サーバーに影響されませんし、新年の運試しのような感じがしてとても楽しいです。 無印良品なんて、当選すればかなりお得な福袋がゲットで...
スポンサーリンク

2018年で買ってよかったもの悪かったもの

Macbook Pro入りのMac福箱手に入れた猛者は大勝ち

ちなみに、大当たりだったMacbook Proは10万円以下で、うまく行けば14万くらいで取引されるかもしれない一品でした。

4万くらいのメリットがあったということですね。

実売だと20万超えるらしいぜ。

MacBook Proの福袋にはMNQF2J/A

TouchBar付きで、しかも526GB、SuperDriveとMagicMouse2が付いているとか、聞いたときはちょっと吐き気をもよおしたね。

個人的には、実用にはちょいとスペックアップしたいところだから、まぁ売っちゃうとは思うけども。

ブログ更新などの使い方としてはもちろん十分だけど、Proとしてのスペックで長く使うなら、(TouchBarはいいから)メモリを16GBにあげたいかなぁ。

いずれにせよ、福袋(福箱)に入っていたらたまげる代物であったことに間違いはない。ただ、並んでも抽選だったらしいから、ギャンブル性は高かったと言わざるを得ない。

Surface争いに関しては(微妙に)ヨドバシに軍配

ヨドバシはSurface Pro m3

Surfaceの具体的なスペックはどこまで求める層が多いのかは不明ですが、これでも十分そうな気がします。

ビックカメラはSurface Pro4 i5

どっちがお得か、ちょっと微妙なところではあるけれど、現行機であるProの方が、不具合少なめ、ファンレスということで使い勝手は良さそう。

4がついてた方が強そうなのにね。

ただ、ビックも旧世代にせよ、タイプカバーやアークタッチマウスなど付属品もついていたし、どっちにしろゲットできた人おめ、って感じで。

ヨドはメンズウォッチで話題をかっさらった

ヨドバシはね、今回は(も)メンズウォッチの画像挙げられてて笑わせてもらった。クソダサいやつ出た、みたいな感じでシチズンだとかIndependentの時計が出ていました。

いい思い出になりました。

まぁ、個人的にはうっかり買ってしまいそうなくらいには好きなデザインですけどね。
値段的にもお得ではあるしね。買わないけどね。

争奪戦になったiPad対決は

流石にProは紛れ込まなかったけど、それはもうMacでお腹いっぱいだ。来年は絶対に入ってくるね。

というか、ヨドバシの巻き返しに期待。ちなみに、結果。

ヨドバシがiPad 2017

2017年製ですね。バランスのとれたいい廉価版だと思います。

ビックカメラはiPad Air2

これは前年度の評価を受けて、実際よりもやや過剰に人気が出た感じがしました。

2019年はApplePencilに対応した廉価版iPadが入ってくれば胸アツです。

スマホは完全にビックカメラの一人勝ち

Zenfone 3 Laser

P10 Lite

事前の噂だと、Zenは2だったはずだったし、P9だったはずだけど、どっちも予想を超えてきた。

ぶちくま
ぶちくま

どっちも2万越えだもんなぁ。

SimがBicなので(1年縛りらしいけど)そちらで儲けようというものなんだろうけど、これも今回は驚かされました。

スポンサーリンク

ひっそりと売られていたブルーレイレコーダー福袋

もはや、買う方が損なんじゃないかと思われるのだけれど、世の中では、まだ「テレビを録画する」なんてことが行われているのですね。

最近になってNHKの連続テレビ小説なんかを見始めるようになって、録画機能をフル活用しているのは内緒。

ヨドバシカメラのブルーレイレコーダーの夢(ダブル)30000円

パナソニックDMR-BRW1020

東芝DBR-Z620

ヨドバシのブルーレイレコーダーの夢(トリプル)45000円

シャープ BD-NT1000

パナソニックDMR-BRZ1020

ヨドバシのブルーレイレコーダーの夢(UHD対応トリプル)50000円

シャープBD-UT1100

ビックカメラのブルーレイ500Gの1チューナー 22800円

パナソニックDMR-BRS520

ビックカメラのブルーレイ500Gの2チューナー 29800円

シャープBD-NW510

ビックカメラのブルーレイ1Tの2チューナー 35800円

シャープBD-NW1100

ブルーレイ1Tの3チューナー 39800円

パナソニックDMR-BRZ1020

ブルーレイ1Tの3チューナーUHD対応 39800円

シャープUT1100

スポンサーリンク

カメラもビックカメラに軍配が

ビックカメラの一眼レフのなかに、D5500が入っていました。こちらは割と高評価でしたね!羨ましい。

D5500を入れ込んだビックカメラ

D5500

一方のヨドバシカメラはD3300

D3300

結構型落ち。いいのか、ヨドバシ!

スポンサーリンク

オーディオ関係はそれほど話題にならなかった

期待していたオーディオ関係に関しては、そもそもそれほどの話題もなく終わってしまいました。

BOOMが入っていたり、Flipが入っていたり、ハイレゾオーディオはなんとなくハズレ感がなくはなかったけども、とにかく大きな損はしなかったオーディオ関連。

個人的には、ビックカメラのフルワイヤレスがガチで欲しいEratoだった。

まぁ、アポロじゃないんだけども。

スポンサーリンク

タブレットは概ねハズレ

Surface、iOSを除いたタブレットはあまり魅力的なものはなかったようですね。

Androidでいいんじゃね的なこと言ってしまいましたが、やはりある程度の使い勝手は欲しいところです。

ZenPad 380M

ちなみに、メモリが1GBらしい。

何に使えるかっていうと、Webブラウザは使える。アプリは落とせても使用できるかは疑問。

スポンサーリンク

2019年はどうする?

2018年はビックカメラの圧勝で、ヨドバシの福袋は終わり、世代交代を印象付けた一年でした。

というか、この福袋システム自体が、およそ一部の人しか得しないという、いったいどれだけの経済効果があるのかは疑問ですが、なくなったら寂しいとは思う。

転売という問題

いらないものがメルカリやオークションで売られるのはいいんです。

むしろ、福袋を狙いにメルカリやオークションを狙うのだって年始の楽しみの一つ、という記事を書きました。

でも、最初から転売目的で利益出そうとして世に流すのは残念な気持ちが大きいですね。まぁ、買う方も買う方だよなぁ、とも思うんだけどね。

これは、メルカリやオークション側でもしっかり取り締まれるシステムがあるといいんだけどね。

今回もヨドバシはネットで抽選を取り入れたり、ビックカメラも実店舗の方で人気商品は抽選という手段をとりました。

抽選だからフェアなのか、はやや尚早な結論なような気がしますが、ぶちくま自身は、正月勤務もあり、その中でヨドバシのネット抽選は結構楽しめたので来年も期待しています。

来年はあえてヨドバシカメラに行ってみよう!

2019年は、ヨドバシの巻き返しを期待しています。

今回のあたりと言われるビックの品々は、あくまでも抽選なので、正直店頭で当選発表している懸賞と変わらん。

2019年、何がオススメになる商品

もちろん、2018年が始まったばかりの今(2018年1月2日に書き始めました)おすすめも何もないわけですが、今年はApple製品で言えば、iPhoneXのSimフリー版が型落ちで出ると胸熱ですね。

また、iPadに関しても、今より高性能でかつ1万円程度安い、かなりリーズナブルな廉価版が出るという予想が出ています。

→2018年3月に新しいiPadが発表されました!

なんと、ApplePencilに対応した教育向けの廉価版ということで、iPadでやってみたいことが、4万円代から使うことができるという。

これが入ってくる福袋は絶対に争奪戦ですね。
わかってるな、ヨドバシ、ビックさん(ちらっ)。

あとは、VR元年でしたし、スマートスピーカー元年でしたので、この辺りの関連製品、主力商品の展開が面白いところです。

 

福袋
スポンサーリンク
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント