PR

モンハンNow最適解の位置情報修正ツール「iAnyGo」レビュー

位置情報ゲームをプレイすると、どうしても「今日は外に出たくない」という日があります。雨の日しかり、風邪の日しかり。

しろくま
しろくま

ゲームアプリは「毎日プレイしてもらう」ことを目標に設計されていることもあって、日課をこなすことが大事!

かめ
かめ

でも、どうしても家から出たくない時ってあるんですよね。今日、台風来てるんですけど。

このページでは、私が実際に「iAnyGo」という位置情報修正ツールを利用してモンハンNowやドラクエウォーク、信長の野望 出陣、ポケモンGoといったゲームをプレイしてみた感想などをまとめていきます。

「位置情報偽装ツールはチートだから、アカウント停止になるんじゃないの?」や、「興味はあるけど知らないメーカーのソフトをパソコンに入れるのは怖い」と感じている方にとって役に立つ情報になっていると思います。

ちなみに、今回はiAnyGoはTenorshare 様から提供いただいた1ヶ月ライセンスを利用させていただきました。PR記事となりますのでみなさまの参考になれば幸いです。

Tenorshare 「iAnyGo」は位置情報を操作するツール

Tenorshare iAnyGoは、iPhone/Androidでの位置情報を簡単に偽装できるソフトウェアです。特定の位置情報ゲーム(LBS)やアプリケーションでの位置情報を変更することが可能となっています。

(一部の位置情報変更機能に関しては2023年10月現在はiOSのみ対応とのこと)

また、ただ位置情報を移動させるだけではなく、さまざまな便利機能を利用することができます。ちなみに、同様の位置情報操作ツールでは「位置を移動させる」ことは基本的にできますが、最近は多機能化・特定のゲームに特化した機能を搭載していることもあるので、この辺りを比較していくとどれを選ぶべきか参考になると思います。

iAnyGoにできること

iAnyGoは、iPhoneやAndroidのGPS情報を操作できるソフトウェアです。ここでは、iAnyGoの主な機能とその使い方について詳しく解説します。

先に簡単に申し上げると、位置情報ゲームをアカウント停止されずにプレイするなら一定時間内に長距離の瞬間移動を行わないように配慮する必要があります。

しろくま
しろくま

この点を考慮すると、iAnyGoでは「クールタイム」を設定してアラート表示させたり、移動速度の調整をすることで歩行/自転車での移動を偽装できるのでお勧めできる機能性を持っていると言えます。

位置情報の変更モード

位置情報を変更、Tenorshare 位置情報偽装ツールiAnyGoのレビュー

このモードを使用すると、ワンクリックでデバイスのGPS情報を任意の場所に変更することができます。具体的な手順は以下の通りです。

  • コンピュータでiAnyGoプログラムを起動する。
  • デフォルトモードとして「位置情報の変更」が選択されていることを確認する。
  • プログラムがPCに接続されているデバイスを検出するので、使用するデバイスを選択する。
  • マップ上に変更したい場所を入力または選択し、「変更開始」ボタンをクリックする。

シングルスポット移動モード

シングルスポット、Tenorshare 位置情報偽装ツールiAnyGoのレビュー

「シングルスポット移動」モードを使用すると、2点間の移動をシミュレートすることができます。移動速度や往復回数も設定可能です。

  • メインメニューから「シングルスポット移動」モードを選択する。
  • 地図上で目的地を選択または住所/座標を検索バーに入力する。
  • 移動速度や往復回数を設定し、「移動開始」ボタンをクリックする。

マルチスポット移動モード

マルチスポット、Tenorshare 位置情報偽装ツールiAnyGoのレビュー

このモードでは、複数の地点を経由する複雑な移動をシミュレートできます。移動速度や往復回数、経由地点の設定も可能です。

  • ホーム画面から「マルチスポット」を選択する。
  • 地図上で複数の地点を選択し、移動速度や往復回数を設定する。
  • 「移動開始」ボタンをクリックし、設定したルートをシミュレートする。
しろくま
しろくま

他のメーカーの偽装ツールも使ってみましたが、iAnyGoは「移動中のルートの微調整」がやりやすいと思いました!

かめ
かめ

他社製品だと、ルート決定後にはルートの位置を変更できないものが多いので、「あっ、少しだけルートを変更してあのモンスターを倒したい!」ということができないんですよね。この点でiAnyGoは使いやすいと思います。

ジョイスティックの移動モード

ジョイスティック、Tenorshare 位置情報偽装ツールiAnyGoのレビュー

「ジョイスティックの移動」モードを使用すると、マップ上のジョイスティックを操作してリアルタイムでの移動をシミュレートできます。

  • 移動速度をスライダーで設定する。歩き、自転車、車の速度から選択でき、最高速度は時速72キロメートルです。
  • 中央のジョイスティックを操作して、GPSの移動方向や速度をリアルタイムで変更する。

iAnyGoは買うべき?

iAnyGoを購入するかどうか悩んだ際に役立つ情報を簡単にまとめておきます。

iAnyGoは私のデバイスでも利用できる?

iAnyGoの基本的な仕様について簡単にまとめます。

読むのが大変なので、基本的には「最新OSにも即座に対応」してパソコンと繋げば誰でも利用できるツールにはなっていると思います。

また、操作方法などがわからないときは無料版を利用したり、日本語の公式ガイドがあるのでサポートに関しても安心できると考えて良いと思います。

しろくま
しろくま

あと、ブログを長くやっているとこういった依頼はちょこちょこ来るのですが、この時に「きちんと対応してくれる」メーカーは国産ソフトじゃなくても安心できます。むしろ、国内の方がひどい時ある。

パソコンはWindows版とMac版がある

iAnyGoはWindows版とMac版が用意されているので、パソコン側では一般家庭にあるものであれば問題なく利用することはできると思います。

iPhoneやAndroidの対応状況は?

Tenorshare iAnyGoは2023年10月現在で最新のiOS17を正式にサポート。基本的には最新のアップデートに対応してくれているようです。

Androidは現在、2023年10月現在、位置情報ゲーム(LBS)に対応していないため、購入の際には用途を検討しておきましょう。

詳細については公式HPで確認していただけると幸いです。

しろくま
しろくま

Androidは偽装方法が豊富にあるけど、iOSでも最新版に対応しているのは嬉しいですね!

iAnyGoの料金に関することが知りたい

製品版と体験版の違い、Tenorshare 位置情報偽装ツールiAnyGoのレビュー
無料版と有料版(製品版)の違い

iAnyGoは無料でダウンロードすることができます。

無料ですべての機能を解放できる訳ではなく、「位置情報の変更」「シングルスポット移動モード」「マルチスポット移動」の各機能の試行回数は3回まで、「ジョイスティックの移動」は2時間利用することができます。

かめ
かめ

あくまでも「お試し版」として、ツールの使い心地やパソコンで利用できるかを調べるためのものと考えた方がいいですね。

しろくま
しろくま

実際に使ってみると、「実際に歩く機会が減っちゃった」というくらいに便利なツールな訳ですが、考えてみるとゲームのやりたくない部分を代行してもらう経費として考えると格安だな、と思いますね。

料金プラン

料金プランは以下のように設定されています。

Mac版
プラン名価格対応デバイス備考
月間更新ライセンス¥1,7801 MAC、5デバイス自動更新、無料アップデート
三ヶ月更新ライセンス¥2,9801 MAC、5デバイス自動更新、無料アップデート、イベント対象
年間更新ライセンス¥5,9801 MAC、5デバイス自動更新、無料アップデート、イベント対象
永久ライセンス¥8,9801 MAC、5デバイス自動更新、無料アップデート、イベント対象
Windows版
ライセンス種別価格利用台数更新・キャンセル情報付加情報
月間更新ライセンス¥1,2991 PC、 5デバイス自動更新、いつでも解約できる無料アップデート
三ヶ月更新ライセンス¥2,9801 PC、 5デバイス自動更新、いつでも解約できる無料アップデート
年間更新ライセンス¥7,9801 PC、 5デバイス自動更新、いつでも解約できる無料アップデート
永久ライセンス¥8,9801 PC、 5デバイス自動更新無料アップデート
購入に関するよくある質問
Q
コンピュータを新しくした場合は再度ライセンスを購入する必要がありますか?
A

1PCのライセンスを購入した場合はサポートセンターにご連絡ください。

Q
ひとつのライセンスコードをMacとWindowsの両方で使うことはできますか?
A

ライセンスはOSを跨いでの利用ができません。Windows向けのライセンスはMacでは利用できません、逆も同じです。

Q
利用料金は継続課金でしょうか?
A

お支払いはご購入時のライセンスによります。月間や年間のライセンスは自動購入が設定され、永久ライセンスは一回きりの支払いです。継続課金の場合、解除も可能です。

Tenorshare iAnyGoで実際に位置情報ゲームを遊んでみる!

Tenorshare iAnyGoを使用すると、LBSゲームでの位置情報を偽装し、実際の位置とは異なる場所でゲームを楽しむことができます。

ゲームアプリで安全に位置偽装をするための方法

私はかれこれ数年ほど「位置偽装」を利用してドラクエウォークやポケモンGoのレビューを書いているのですが、この辺りの経験談を加味しながら「iAnyGo」を使って安全にプレイするための方法をまとめておきます。

基本的な「アカウント停止」になる条件

すべてのアプリ運営が同じ基準という訳ではないのですが、有名位置情報ゲームがいわゆる「アカウント停止=垢BAN」を判断する要因について簡単に説明したいと思います。

  • 移動できないスピードで移動する
  • 人間では再現しづらい移動距離/移動時間となっている
  • 特定のアイテム(ご当地限定のものやレアモンスターなど)の獲得個数が逸脱している
  • 上記異常値を記録したままランキングに入賞している
かめ
かめ

基本的には「普通の人ならできないことをしている」場合はアカウント停止となることが多いですね。

しろくま
しろくま

ただ、瞬間移動したから即刻アカウント停止になることはまれで、ランキング入賞や入手個数を制限しているアイテムが乱獲された場合に警告が出ることが多いようですね。

異常な移動距離、移動時間、スピードに注意

あまりにも急な位置の変更は、偽装を検知される原因となる場合があります。基本的には長距離の位置情報の修正を実施する際には「位置情報アプリを立ち上げない」状態で実行することをお勧めします。

アプリによっては「バックグラウンドでの移動情報も提供する」こともできますが、この場合はGPS情報よりはヘルスケア(つまり歩行距離など)を利用したものになります。いずれにせよ、利用したいアプリを立ち上げる前に位置情報を調整することをお勧めします。

しろくま
しろくま

iAnyGoなら移動距離や移動速度も簡単に調整できるので便利ですね!

クールダウン時間との関係

位置情報の変更後、再度変更するまでの「クールダウン」時間が必要です。

私の経験上では、ポケモンGoで乱獲しない限りは、クールダウンは「実際に可能な移動距離」をしっかり守れば安全にプレイできます。

しろくま
しろくま

電車に乗っているときは高速で移動しますが、これがすべて警告を受けることはほとんどないので、移動速度や距離だけで即刻アカウント停止になることはほとんどありません。アプリ側の不具合の可能性もありますし。

たとえば、ドラクエウォークにおいて「メガモン」のような個数限定で地域に出現するモンスターを討伐するようなものに関しては、移動速度よりも「討伐個数」が異常にならないように注意することが大事です。

また、運営が目視で確認した時に明らかに異常な移動経路となっている場合もアカウントが停止されやすくなります。基本的には「異常値」とならないように討伐数/獲得数を調整することがアカウントを守るためには重要だと考えています。

クールダウン、Tenorshare 位置情報偽装ツールiAnyGoのレビュー
かめ
かめ

iAnyGoであれば、急な移動となる場合には「クールダウン」機能を利用してアラートを出すこともできます。より安全なプレイでアカウントを守ることができる訳ですね!

しろくま
しろくま

ゲーム中は、ついつい欲張って「あのレアモンもゲットしちゃおう!」となりがちですが、クールダウンタイムをしっかり守ることで大切なゲームデータを守ることができるのです。

ソフトウェア/ツールの安全性にも配慮しよう

ゲームデータの安全性を保持することも大事ですが、チートツールなどを利用する際には「ソフト/ツールの安全性」にも気を配りたいところです。

かめ
かめ

ゲームをプレイしていると、「無料で〇〇がたくさんもらえる!」や、ちょっと怪しい広告が増えることが多いですが、つまり客層的に詐欺やマルウェア/ウイルスの対象にして騙しやすいと考えられがちなんですよね。

ズルをすることが「安直な行動」に繋がりやすいためだと思いますが、とにかく、こういったツールは「不正」なものや詐欺に関するものも多いので、ちゃんとしたメーカーのものを利用することをお勧めします。

個人データの取り扱い

Tenorshare iAnyGoは、ユーザーのプライバシーを尊重し、個人データを第三者に提供することはないと明記されています。

しろくま
しろくま

海外ソフトウェアメーカーだと「どこが優良か」は見分けづらいところですが、私のように直接やりとりする機会があると信頼できますよね。

かめ
かめ

そもそもブログをやっている人も怪しい感じがしますが、一応、趣味のブログ運営でまっとうにいろんな記事を書いてきた実績はあるのでそちらを信頼していただければ嬉しい限り。

スマホのデータを改変する都合、位置情報という重要な個人情報を取り扱うことになりますが、iAnyGoは安心して利用できるツールだと言えると思います。

iAnyGoを使って位置情報ゲームでできるようになること

では、実際にiAnyGoのような位置情報を操作できるツールを利用するとどんなゲームプレイが可能になるかについて考えてみましょう。

モンハンNowだとどんなことができるようになる?

  • 家の中で討伐可能
  • 田舎でも人が多い都会での協力プレイが楽しめる
  • 一部アイテムに関しては自動で入手可能
  • スイッチコントロールなどの操作ツールと組み合わせれば完全自動化も可能
かめ
かめ

モンハンは手動操作部分が多いので、「自動で強くなる」という点ではあまり期待はできません。ただ、スイコンなどでタップ操作を自動化させると弱いモンスター相手なら倒せるので多少は融通を聞かせることもできます。

ドラクエウォークだとどんなことができるようになる?

  • おみやげ、ご当地ほこら/スライム、心珠などの「ご当地限定アイテム」を獲得できる
  • 家の中で「メガモンスター」を討伐できる
  • レベル上げはオートプレイ可能
しろくま
しろくま

ドラクエウォークは移動距離/時間がレベリングに直結するので、歩行を偽装できるiAnyGoのようなツールはかなり便利です。

信長の野望 出陣だとどんなことができるようになる?

  • 実際に移動せずに資源を獲得できる
  • 未占領の土地で合戦を行い、領地を増やすことができる
  • 実質的なオートプレイ
  • 天候に関わらず継続プレイ
  • 昼夜問わず、時間の制限なくプレイ可能
しろくま
しろくま

信長の野望 出陣は、位置偽装とゲーム性がマッチしすぎて歩くのがバカバカしくなるほど便利になります。ただ、運営がアカウント停止措置を取ることは明言しているので使い過ぎには注意。

まとめ:iAnyGoは価格に見合った働きをしてくれる

iAnyGoは有料ツールなので「ゲームのチートにお金をかけるのも、なんだかもったいないな」と感じる方は多いと思います。

一方で、「今日はお金払ってでも外に出たくないな」という時や「ゲームは好きだけど作業は嫌い」という部分的に代行してくれる機能があればお金を出しても利用したいということはあると思います。

しろくま
しろくま

率直な感想としては「もっとゲームを楽しむ為の投資」としては全然ありだと思います。シンプルに、ゲームをやらされる部分に関して、他のことができるようになるのは有意義ですから。

かめ
かめ

ただ、本当に「歩かなくなる」ことがデメリットなので、運動を習慣化したいと考えている場合には逆効果なのでご注意を!

iAnyGoの知っておきたいよくあるQ&A

「iAnyGo」に関するよくある質問FAQを5点作成してください。Google検索でランク付けされる形式を意識してください。

Q
iAnyGoってどんなソフトウェアですか?
A

iAnyGoは、iPhoneやAndroidの位置情報を1クリックで簡単に変更することができるソフトウェアです。娯楽やセキュリティの目的で位置情報を変更したい場合に便利です。

Q
iAnyGoを使用する際の注意点はありますか?
A

はい、特にポケモンGOのプレイヤーは、GPSの位置を頻繁に変更しないよう「クールダウン」機能を使用することをおすすめします。これはアカウントの安全を保つためのものです。

Q
iAnyGoで位置情報を変更した後、実際の位置に戻る方法は?
A

iAnyGoの画面の右下隅に「現在地に戻る」というボタンがあります。このボタンをクリックするだけで、簡単に実際の位置に戻ることができます。

Q
iAnyGoはGPXファイルをサポートしていますか?
A

はい、iAnyGoはGPXファイルのインポートやエクスポートをサポートしています。これにより、複雑な移動ルートを計画したり、保存したりすることができます。

Q
iAnyGoの使用にはどのような環境や条件が必要ですか?
A

iAnyGoを使用するには、対応するiPhoneやAndroidデバイス、そしてそのデバイスを接続するためのUSBケーブルやWi-Fi環境が必要です。また、iPhoneを使用する場合は、パソコンとの「信頼」の設定、Androidの場合はUSBデバッグの設定が必要です。

iAnyGoの買うかどうか悩んだら

このページの情報を最後にまとめておきます。

iAnyGoを購入すべきかた

  • アカウント停止だけは避けたい、ゲームデータは大事
  • 毎日、ちょっとした時間だけ位置情報操作を利用したい
  • ゲームの作業は時間の無駄だと考えている

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「位置 現在 現在 位置」に関する最新情報です。

    新しい「探す」アプリの「持ち物を探す」タブでは、スマートタグを使って物を見つけることができます。スマートタグには音を出す機能があり、アプリと連携して現在位置を特定できます。iPhoneやiPadに標準インストールされている「探す」アプリや日本語オリジナルアプリ「GH Smart」を使用することで、Android機器でも利用可能です。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiNmh0dHBzOi8vd3d3LnNvdXJjZW5leHQuY29tL3Byb2R1Y3QvMjAwMDAwMTI0Ny8_PXB0X3JlY9IBAA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「広告 情報 位置」に関する最新情報です。

    スマートニュースは2024年3月21日、新しい広告サービス「SmartNews Hyper Local Ads」を提供開始した。このサービスは、ジオロジックが保有する高精度な位置情報ターゲティング広告配信技術を活用しており、位置情報に基づいた広告を個別に配信する。これにより、広告主のニーズにマッチした広告配信が可能となる。

    https://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/2403/21/news103.html

  3. buchikuma-info より:

    「広告 情報 位置」に関する最新情報です。

    スマートニュースは2024年3月21日、新しい広告サービス「SmartNews Hyper Local Ads」を提供開始した。このサービスでは、位置情報に基づいた広告を個別に配信し、広告主のニーズにマッチングする。ジオロジックの高精度な位置情報ターゲティング広告配信技術を活用し、アプリ上で様々な広告配信方法を行っている。これにより、ユーザーにとって有益な情報を提供すると同時に、ローカルの情報も提供している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiQGh0dHBzOi8vbWFya2V0aW5nLml0bWVkaWEuY28uanAvbW0vYXJ0aWNsZXMvMjQwMy8yMS9uZXdzMTAzLmh0bWzSAQA?oc=5

  4. buchikuma-info より:

    「放送 信長 信長 野望」に関する最新情報です。

    コーエーテクモは、2024年3月26日に『信長の野望 覇道』の公式生放送を実施する。声優の堂坂晃三さんがゲスト出演し、MCを務めるのは吉﨑智宏さんと黒田運営プロデューサー。放送ではアップデート内容や新武将の情報が公開される予定。

    https://gamebiz.jp/news/383423

  5. buchikuma-info より:

    「広告 位置 位置 情報」に関する最新情報です。

    2024年4月から、ブログウォッチャーの位置情報ターゲティング広告がゼンリンマーケティングソリューションズの事業戦略ツール「ArmBox」と接続される。これにより、商圏分析、広告配信、結果の確認がワンストップで可能になり、位置情報データを活用した広告・分析サービスが提供される。提携アプリから得られた位置情報データを使用し、位置情報ターゲティング広告サービスやプラットフォームを展開。ゼンリンマーケティングソリューションズとの協業により、ArmBoxに位置情報ターゲティング広告機能を搭載し、集客施策の効率化を図る。Yahoo!広告での配信も可能になり、2024年4月に位置情報ターゲティング広告機能の搭載を予定している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJWh0dHBzOi8vd3d3LmF0cHJlc3MubmUuanAvbmV3cy8zODgyNDLSAQA?oc=5

  6. buchikuma-info より:

    「広告 情報 位置」に関する最新情報です。

    2024年2月22日、株式会社OTisが位置情報(GPS)を活用したジオターゲティング広告サービス「スマオリ」の代理店契約を提供元の株式会社MOBIENTと締結したことを発表しました。この契約により、消費者ニーズと事業者サービスをマッチングするマーケティング手法として「スマオリ」を提案することが可能となりました。ジオターゲティング広告は、位置情報データを活用して特定の地理的領域や場所に関心を持つターゲットに広告を配信する手法です。株式会社OTisは、広告事業やICT事業などを展開する企業であり、様々な取引先との関係を持っています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiL2h0dHBzOi8vd3d3LnZhbHVlLXByZXNzLmNvbS9wcmVzc3JlbGVhc2UvMzMyNzQ30gEA?oc=5

  7. buchikuma-info より:

    「払い 不正 不正 利用」に関する最新情報です。

    大阪府警国際捜査課は、ベトナム食料品店の実質経営者であるレ・ドゥック・ロン被告を再逮捕しました。彼は他人名義のスマートフォンを使用して、NTTドコモの電子決済サービス「d払い」を不正利用し、架空の決済を繰り返して約1千万円をだまし取りました。これにより、府警はレ容疑者を含む22〜30歳のベトナム人グループの男5人を逮捕し、実態解明を進めています。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2402/05/news158.html

  8. buchikuma-info より:

    「ゲーム やっ やっ 信長」に関する最新情報です。

    位置情報ゲーム「第3の波」が登場し、その中には「信長の野望・出陣」というゲームも含まれている。このゲームの地図表現は進化しており、実際の地域や建物と連動している。また、コミュニティとの関係も重要であり、開発者は地域の管理者と連絡を取り、トラブルや安全性に配慮している。位置情報ゲームは人々が移動することで新たな人や地域と出会えるため、コミュニティを大切にしながら活動していく意向を示している。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiRGh0dHBzOi8vaW50ZXJuZXQud2F0Y2guaW1wcmVzcy5jby5qcC9kb2NzL2NvbHVtbi9jaGl6dTMvMTU2MzEwOS5odG1s0gEA?oc=5

  9. buchikuma-info より:

    「位置情報」に関するYouTubeの話題です。

    – タイトルには「位置情報」に関連するキーワードが含まれていないため、具体的な位置情報の話題は含まれていない可能性がある。
    – タイトルには日本軍の軍火庫の位置が暴露されるという内容が含まれている。
    – タイトルには王牌特工(エリートスパイ)が敵のキャンプに侵入して情報を盗むというストーリーが含まれている。
    – タイトルには霹靂嬌娃(チャーリーズ・エンジェル)が野外で王牌特工を殺すというシーンが含まれている。
    – タイトルには抗日(日本に対する抵抗)とMMA(総合格闘技)や功夫(中国の武術)が関連する要素が含まれている。
    – タイトルには体脂肪を減らす方法や運動に関する情報が含まれている。
    – タイトルには羽田の衝突事故に関する情報が含まれている。
    – タイトルにはアジアの夜市での食べ物に関する情報が含まれている。
    – タイトルには沖縄や石垣島でのグルメや

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=位置情報

  10. buchikuma-info より:

    「位置情報」に関するYouTubeの話題です。

    – ドラクエウォークにおいて、究極の選択について話題があり、優先順位が一つだけあるという意見がある。
    – 沖縄のリゾートエリアではなく、右側のエリアに行ってみた結果、思っていたイメージとは全く違ったことがわかった。
    – 1月25日のアップデートでは、新しいマップや3つのアクティブスキルとジェットパックが追加される予定。
    – 2024年1月19日の天気や地震情報について、関東地方、東海地方、北日本では日差しが届くとの情報がある。
    – 雪上でヒグマが4日連続で出没している町では、ヒグマ防除隊がハンター試験に殺到している。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=位置情報

  11. buchikuma-info より:

    「位置情報」に関するYouTubeの話題です。

    – 「位置情報権で挟み撃ちをくらい爆走するやまと」は、位置情報に関連したトピックを取り上げた動画のようです。
    – 「ドラクエウォーク」において、強化バフをほぼ使用せずにセミオートで20万ダメージを出す方法が紹介されているようです。
    – 来週は寒気が南下し、名古屋周辺でも雪が降る可能性があるようです。
    – 「Developer_Direct 2024」は、開発者向けのイベントのようです。
    – 2023年に起こるとされる奇病についての解説動画があり、その原因が「プールで泳いだこと」とされています。少女が脳を喰われる悲劇が描かれているようです。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=位置情報

  12. buchikuma-info より:

    「位置情報」に関するYouTubeの話題です。

    – ドラクエウォークのプレイ動画で、天使の断頭台というアイテムを試し打ちした結果、予想外のものが表示されてしまった可能性がある。
    – ドラゴンクエストモンスターズ3の新たな冒険が始まったことを紹介する動画。
    – 新課程入試の情報Ⅰの配点が高い大学と低い大学を紹介する動画。
    – 7DTD DarknessFalls α21というゲームの実況プレイ動画で、壁の向こう側を透視して敵の位置を把握できる便利なアイテムの紹介。
    – 本州各地で雨が降っており、石川県では土砂災害に警戒が必要となっている。また、週末には関東地方で雪の可能性がある。

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=位置情報

  13. buchikuma-info より:

    「位置情報」に関するYouTubeの話題です。

    – 逆鬼ごっこにおいて、位置情報権が重要な役割を果たすシーンがある
    – ドラクエウォークで新しい武器「天使の断頭台」が登場し、暗黒皇帝ガナサダイが復活する
    – ドラゴンクエストモンスターズ3の新たな冒険が始まる
    – ドラゴンクエストウォークの新情報が「スマートウォーク」のエピソード85で紹介される
    – 高校の偏差値別に勉強法の注意点が紹介されるが、現実は厳しいという話題が取り上げられる

    関連するYouTube検索: https://www.youtube.com/results?search_query=位置情報

タイトルとURLをコピーしました