ガラガラ、ガラポン、福引に裏技あり|重さの違いを利用せよ!

スポンサーリンク

どうも、ぶちくまです。

ガラガラ、ガラポン抽選会に行ってきました。
余りの待ち時間の長さにガラガラの当て方を調べてみたところ、あたりとハズレの玉の重さの違いを利用して当てる、という秘技があるとのこと。
実践してみたところ、見事に外れました。

というオチになります。

スポンサーリンク

ガラガラ、ガラポンの極意4つ

すでにオチが出ているのに、記事を書く必要があるのか、という疑問を残しつつ、一応、ガラガラの裏技をまとめておきます。

正直、ちょいとオカルト的な要素もあるような気がするのだけれども。

ガラガラの基本構造を理解しよう

ちなみに、このガラガラ、正式には(新井式)回転抽選器、という大層立派な名前がつけられております。

大体の構造はこうなっています。

絵が下手なのはご愛嬌として、とりあえず、事実としてガラガラや福引といわれるものの基本構造はこのようになっています。

  • 「当たりとハズレの玉の重さが違う」
  • 「当たりは軽くてはずれが重い」
  • 「重い玉は下に溜まるので出やすい」

これだけ理解していただければいいのです。

①逆側にまわす

まずは、そこに溜まったハズレを攪拌する必要があります。

その方法として、「逆側に回す」という裏技があります。

180度程度でも回すと結構混ざり合うみたいです。

だいたい、係員は「この方向に回してください」と声掛けしたり、ガラガラの本体にも矢印が付いていたりします。

係員の誘導を無視する必要があるので、それなりの勇気はいりますが、説明の前に勢い余って回しちゃった、みたいな顔しておけば良いです。

②素早く回す

よくありがちなガラガラの回しかたとして、「ゆっくり回す」ことが多いですよね。

はりねずみ
はりねずみ

実は、これが間違い!

ゆっくり回すと、重いはずれが下に行きやすいので、ぐいっと勢いよく回すといいです。

ただし抽選器が壊れると周囲から白い目で見られるうえに、弁償することになるので、あくまでもほどほどに。

③ハズレが減った頃合いに挑戦する

これは確率論ですね。

このように、偏りのある抽選器の場合は、必然的に後に当たりが残りやすいので、前半よりは後半の方が、はずれが減って当たりを引ける割合が高くなったりします。

ただし。

(今はなき)商店街などの福引だと、平気でハズレを足したりするので、この限りではない。

くわしいひと
謎のひと

実は、今だからこそ言えますが、大当たりは別口で用意しておいて、最終日までは大当たりが出ないように調整していました。

子供を喜ばせるために、小口のあたりを引かせたり、愛のある商店街でした。これはちなみに、福引形式のお話です。

④最終日を狙う

これは運営側の都合なのですが、やはり、大当たりがないガラガラは面白くないので、最終日まで当たりを(別口で)とっておいたりします。

上のガラガラ構造もそうなのですが、やはりある程度は当たりの出る割合を調整したいのが運営側の意図です。

先ほども書きましたが、大当たりがなくなると並んでまで福引したい人はがくっと減るので、運営としては面白くない。

人を惹きつける商品が最終日まで残っているのは、色々と諸事情があるようです。

スポンサーリンク

なんだか騙されたような気になるけどそれがくじ引きってもの

つまり、係員の誘導通りに、「右回しにゆっくりまわしてくださいね」という言葉がすでにミスリードな訳で、この言葉を鵜呑みにして回すと外れる可能性が高まる、ということだったりします。

子どもが福引やガラガラでよくあたりを出す理由

逆に、ルールの知らない子供がなんだか当たりやすいっていうのは、「純粋だから、物欲センサーが反応しなで当たる」とかではなくて、ルールや常識を度外視した勢いがあるから、当たりやすくなっていたわけですね!

スポンサーリンク

ぶちくまの実践編

ちなみに、先日イオンに行った際に、よくあるじゃないですか、「1000円以上買ったら、抽選券1枚!」みたいなイベント。

ぶちくまもさりげなく元旦にイオンで買い物していたので、抽選券が3回分だけあったんです。

ぶちくま
ぶちくま

まぁ平日なら空いてるだろうし、せっかくの抽選券がムダになるのもなぁ。

と思って行ったわけですよ。

そしたらね、やっぱりみんな考えることは一緒で、平日にもかかわらず、抽選日にはイオンモールを一周するくらいの行列ができててね。

たかが3回ガラガラするために1時間程度待たされるという、大変奇特なイベントに参加してきました。

ほいで、並んでる間に、ガラガラについて調べたのが上記。

んでね、もうガラガラしてやるために上腕と手首の準備運動を始めた時にね、ようやく気づいたね。

「あっ、これ、がらがらじゃなくてただのくじ引きや」ってね。

あの、抽選ボックスのなかに手を突っ込んで、くじ引くやつね。

ぶちくま
ぶちくま

おいは、ガラガラしたかったんじゃぁー!

というオチでした。

やはり、ガラガラは攻略されてきた感じがあるので、最近はあまりみなくなりましたね。

ティッシュをもらうのに1時間

くじ引きの景品として、ポケットティッシュをもらうために、1万円くらい買い物して、1時間くらい並んで。。。

まぁ、一番賢いのは結局はイオンさまーってことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました