家づくりでの失敗体験公開中!

MVNOについて1番最初に知るべきこと|キャリア呪縛からの脱却

スポンサーリンク

MVNOは格安でスマホが使えます。

もはや2018年現在、そんなことはみんな知ってますが、なぜ高いお金を出してまで大手通信会社から移動しないからというと、面倒、やり方がわからないから、今困ってないから、です。

ぶちくま
ぶちくま

わかります。もう毎月余分なお金払った方がラクな気がします

実際にはMVNOへの移行はそれほど面倒ではありません。

移行後の方が面倒が減ってすむのですが、今回はまずは知識から蓄えましょう。

スポンサーリンク

今回はMVNOを選択する基礎となる知識編です

どうも、ぶちくまです。
よめくまさんがスマホに替えるといったので、これを機会に格安スマホについて調べてみました。

本当の最初の基礎知識まとめ

長い記事だったので、2018年のぶちくまが簡単にまとめます。

楽天モバイルかそれ以外

MVNOの会社選びは、まず大きく「楽天モバイル」か「そうでないか」です。楽天モバイルについてはまた別の記事を用意します。

これは楽天がお得、というよりは、「楽天モバイルはもうMVNOではない」からです。つまり、Docomo、au、Softbankと同じ仲間です。

ただ、その中でも楽天は差別化して自社ポイントがたまりやすく、かつ「中価格帯」で、「キャリア並みのサービス」を目指しているようです。

ようは、ちょっと種類が違うな、と思ってもらえればOK。


【楽天モバイル】

機種端末は選ぶポイントにはならない

我々の時代では「あのメーカーの機種は、このDocomoじゃないと売ってないから」とかいう理由でも会社を選んでいました。
今はスマホの機種で会社を選ぶことはないです。

最新機種を使いたいという方は「Simフリー」のものを自分で買ってしまうのが一番シンプルです。

前は携帯端末はキャリア(通信会社)を経由しないと買いづらかったのですが、今は自由にスマホを買う時代です。端末機種はMVNO会社選びのポイントにはなりません。

サービスは重要なポイント

サービスといっても色々あります。

電波とか、通話とか、アプリの使い勝手とか。

個人的には、何もしなくても勝手にお得なものがいいと思います。ポイントはまた別の記事にしますね。

最後はやっぱり価格

価格については「わかりやすいところ」が一番いいですよ。
「いつまでは割引だけど、2年目からは」みたいな感じだと、将来的に乗り換えの手間が出てきます。
長く付き合える会社は、価格もシンプルです。やはり最後の決め手は値段です。

スポンサーリンク

ぶちくまと一緒にMVNOについて学ぶ

以下は2017年の記事になります。
最初に自分で調べたので、だいぶ文章がまわりくどいですが、
参考までに。

結論だけ言えばmineoにしました

mineoにしました。
理由はよめくまさんの直感がひとつ(笑)
あとは、ユーザーフレンドリーなところですね。
2018年現在のベストチョイス、まではいかないけども、
mineoは使いやすいし、安定感あるんでいいですよ!


【mineo】の公式HPで調べる

スポンサーリンク

まずは機種選考:MVNOにお勧めの機種はある?

格安スマホを提供するキャリア、というかいわゆるMVNOは星の数ほど出てきたので、キャリア選定の前にまずは機種について。

これでよめくまがなんでもいい、安ければいいなどと宣うようでしたら、それこそ星の数ほどあったので大変でしたが、幸いにしてiPhoneがいいとのことで、iPhoneが使えるキャリアということになる。

iPhoneにもいろいろ機種があるけど何がいいの?

iPhoneであれば、選べるほど機種があるわけではないので、概ねの使い方と、サイズと、容量さえわかればほぼ決まったも同然。

iPhoneお勧め容量

容量は今の最低ラインの32Gで十分。これにどうせ契約することになるiCloudの容量をつけ足せばほぼ事足りる。

iPhoneお勧めサイズ:SEがお勧め

次に、サイズ。これもこだわりがないということで、女性だし小さめがいいだろうと思いSEに決定。

SEはぶちくまの愛した5Sと同サイズなので、なじみやすいし、使いやすい。
5sよりはプロセッサが高性能なので、もう何年かは持つと思う。ケチって5s買ってもあと1年半フォローされるのが関の山。

まぁ次のiOS11ではまだ5sをフォローするので、1年半は安泰と言い換えてもいい。6sあたりと競合しそうなので、そこは悩ましいところ。ぶちくまは7ユーザーですが、デザインはSEのほうが好きだったりする。

いずれにせよ、ぶちくまが使うわけではないので、安いほうとする。

iPhone8は待たないの?

待ちません。8が出てもお高いのは必然。ただ、相対してSEが安くなる可能性はあるので悩みどころ。
でもよめくまが欲しいといったら、もうその時に契約してあげるべきです。

iPhone SE2が出るらしいけど

ちょこちょこ噂には聞きますが、いまだ発表されないのが、iPhone SE 2(仮)ですね。

iPhone8程度の昨日で、かつサイズが小さめのSEサイズなら欲しいんだけどなぁ。

なぜアップルはiPhone SE2を出さないのか

ん、てゆーか、SIMフリーならどこのキャリアでも使えるんでねーの?

調べて一瞬で壁に突き当たった。
iPhoneの取り扱いなど大した問題ではなく、近年でたiPhoneはすべてSIMフリーにできるとか。

そもそもSIMフリーが何なのかはぶちくまは知らんのだけれど。
つまり、それって安いの?

スポンサーリンク

SIMフリーとは

SIMフリーについては一言だけ。

今までは各端末は購入したら、購入先のキャリアにしばられていたけど、それがない状態をSIMフリーという。違法ではない。

まずはSIMフリー端末を手に入れる

つまり、選択肢に中古のiPhoneが出てきてしまった。
よめくまさんも別に中古でもいいとおっしゃっている。

残念なことに、アンドロイド端末ほど値下げ幅は小さいものの、iPhoneとて、発売してしばらくたつ端末に関しては多少は値が下がる。

特に、新製品が出るタイミングではない今、あえて端末を買うようであれば、新製品出ちまったよショックを少しでも小さくできる、という感覚がぶちくまにはあります。

中古のiPhone SEだと、大体3万円台といったところ。新品のSIMフリーだとAPPLE STOREで4万5千円程度。メルカリで3万円台がちらほら。ロック解除してなければ2万円台から、といったところ。うーん。

バッテリーと保証のことを考えたら新品でよさそう。

スポンサーリンク

MVNOで直接購入するのはいかが

MVNOでもスマホとセットで契約することができるところもある。
ただ、あくまでもMVNO側の姿勢としては、スマホは自分で用意する、SIMはこちらで提供する。

電波はキャリア(大手三社)が用意するので、それに合うSIMを提供する会社(MVNO)を利用者側で選びましょう。

そういう気持ちでいたほうがいいみたいです。
何よりMNNO会社が多すぎる。

スポンサーリンク

MVNOの会社の決め方

MVNOの電波はどうなの

その際に検討しなければいけないのは、今利用しているスマホのSIMがどこのキャリアの電波なら使えるか。

もちろん、SIMフリーであればどこでもいいけど、フリーになっていなくてもキャリアが提供している電波に合っていれば使える、ようなニュアンスに受け取っています。

とはいえ、そしたらスマホを新しく用意するor中古であってもキャリアが適合しているものを用意すればいいわけで、今回はそこは選択の決め手にはならなそう。

快適な電波の比較表(モバレコ調べ)

モバレコの速度比較が一番参考になりますよ!

「快適に通信できるか」という基準で格安SIMを点数付けしています|モバレコ

モバレコ調べ快適スコア
UQ-mobile

81

NifMo

64

LinksMate

61

LINEモバイル

53

楽天モバイル

52

BIGLOBEモバイル タイプD

50

IImio タイプD

47

mineo

43

MVNOの通話サービス

そしたら、次は、電話をするかどうか。

MVNOの中には、データ通信だけに制限しているところもあるので、携帯電話番号をもって、しっかりと通話をしたいという目的であれば、それに適ったMVNOを選ばねばならん。

MVNO5社の通話サービス簡易比較

通話サービスの比較
楽天モバイル楽天でんわで半額
BIGLOBEモバイル「BIGLOBEでんわ」で通話料を半額。月額650円で1,200円分の通話ができる「BIGLOBEでんわ 通話パック60」も
IIJmio「みおふぉんダイアル」で通話料が半額
UQ-mobile「おしゃべりプラン」は5分間かけ放題、「ぴったりプラン」は無料通話つき
mineo「LaLa Call」が月額基本料金無料

必要な通信料

これは、各社高速通信できるデータ容量を制限して、ひと月当たりの利用額を決めています。データ容量を超えると高速通信が利用できなくなりますが、スマホが使えなくなるわけではない。

ただ、高速が取れた通信が一体どんなものなのかは体感したことないので知りませんので、基本的には適切な容量を選ぶことが重要みたいです。

ブラウジングしかしないようであれば1GBもあれば十分ですが、動画をみるなど、容量を酷使する場合は5GBくらい検討したほうがよさそうです。

ちなみに、ぶちくま個人は、ネットはほとんど見ないのだけど、スマホゲームと、APPLE MUSICで音楽聞いてるときは基本的に通信している状態なので、意外と5GBちょうどくらい。

APPLE MUSICはダウンロードしておく体制にすれば2~3GBでいける、そんな感じです。

よめくまはおそらく2GBで足りると予想。できればプラン変更で2GBから1GBに変更できるとなお良し、といったところでしょうか。

最終的にお値段比較

正直、MVNOはどこでも安いので、500円程度の差であれば通信サービスやプラン適応で選んだほうが精神衛生にはよさそう。
僅差のサービス内容であったときに、初めてお値段如何で決めればよろし。

音声通話対応のプランの料金一覧|モバレコ

1GB3GB5GB6GB
BIGLOBE¥‎ 1,400¥‎ 1,600¥‎ 2,150
IIJmio¥‎ 1,600¥‎ 2,220
LINEモバイル¥‎ 1,200¥‎ 1,690¥‎ 2,220
mineoAプラン¥‎ 1,310¥‎ 1,510¥‎ 2,190
UQ-mobile¥‎ 1,680
楽天モバイル¥‎ 1,600¥‎ 2,150
スポンサーリンク

比較対象に上がるMVNOは9社

いまや、どこのサイトもアフィリエイト契約しているのか、
恐ろしい数の比較検討サイトがあります、
我々の作業は、まずどこの比較検討サイトを選ぶか、というところになりそうなので、
まずは有名3社あたりから見ていきましょう。

LINE MOBILE

通信方法をLINEを多用するなら、これはもうLINE一択です。
LINEを使用している以上はカウントフリーでデータ容量気にする必要ないので、
音楽もLINE MUSICで聞くようにすれば、もう何もいらない。
個人的にLINEが嫌いなぶちくまのようなひねくれものでなければ、もうLINEで決定です。
ぶちくまがLINEを使用しない以上、よめくまも却下で(暴論)
ちなみにどこも回線。

DMM モバイル

DMMはSIMカードを増やして3枚まで利用できるところが特徴でしょうか。家族でシェアする使用方法を考えるようであれば
割といい候補になりそう。音声通話もできます。
ぶちくま的にはどうでしょうか。まだぶちくまは移行する気はないので、とりあえず保留、
という名の今回は却下で。ちなみにドコモ回線。

EXCITE

使用量に応じてお値段が変わるというところ。最低の500MBじゃなくてもそれなりに安いというのもいい。
ドコモ回線。キャッシュバック特典などもやっているので選ぶ際はいろいろなサイトをチェック。
プロバイダ系。

AEON

とにかく違約金がかからない。意外と下り速度が速い。

BIGLOBE

プロバイダ系。とにかく下り速度が速い。

IIJmio

みおふぉん。mio同士だと通話が安い。これも家族でシェアする形にするとお得。AU回線使える。SIMフリーならiPhone SE使える。
クーポン(高速通信のことだと思う)を使いたくないときは簡単にON/OFFできる。わりと好印象。みおふぉんはなんとなく口なじみが良く、
みおふぉんといいたくなる。

mineo(マイネオ)

AU系大手。マイネオ同士でデータ容量を分け合える。
つまり、ぶちくまとよめくまで低めのデータ容量に設定しておけば無駄なくデータを使い切れるというのはメリット。
ここも通信を低速か高速か切り替えられる。
専用アプリマイネオを使うと電話通話料が30秒10円に。
電話かけ放題的なサポートも豊富。ここも好印象。


【mineo】の公式HPで調べる

UQ MOBILE

KDDI参加、だからなのか電波が安定している評価を多く聞く。
データシェアはできない。
電話通話料が30秒20円。
電話かけるならマイネオのほうが優位。
だが、ぶちくまはほとんど電話しないし、よめくまに至っては電話もしない。
ややマイネオに軍配が上がる感じか。
CMの印象が強い。「ユーキュー」って言いたくなる。

楽天MOBILE

大本命の楽天。何よりシェア率高く急成長中。だし、母体が楽天の安心感。さらに、楽天ポイントを貯めやすくなる。AMAZON派のぶちくまも、楽天カードを申し込んでしまうくらい国内サポートが充実。

オプションも豊富で、自分好みにカスタマイズしやすい。WIFIスポットまで無料で着くので、ほぼキャリア的な使い方も提案できる。

データシェアもオプション(有料、108円/月)でできる。

通話サポートも豊富。

ぶちくま
ぶちくま

いいとこばかりじゃねぇか。

しいて言うなら、12か月縛りがある。


【楽天モバイル】

スポンサーリンク

au回線にはこだわる必要もない

ぶちくまのスマホはiphone 7なので、そもそもがSIMフリー化できる端末です。

ただしキャリアの縛りがあるので、縛り解除後なら回線にこだわることもない。

ぶちくまはこのiPhone7を長く使いたいと考えているので、apple care にAUスマートパスという万全の保証てんこ盛り状態なので、2年間は使いたいと思っている。

auのSIMロック解除条件
2015年5月1日以降発売のSIMロック解除対応端末であること
端末購入日から180日以上が経過していること

ということらしいので、2年後は問題なしなのである。ロックを解除すればいいのである。

テザリングが使えなくなる?

これが非常に残念。

DOCOMO版のiPhoneならテザリングもできるとのことなのだけど、マイネオでAU版iPhoneを使用する場合はテザリングに対応していないとのこと。

とはいえ、SIMフリーのiPhoneなら対応しているMVNOも多いので、これもあまり気にすることはないかもしれん。というかなぜダメなのマイネオ。

スポンサーリンク

結局どこにするか

つまり、現時点でぶちくまとしては、

  1. AU回線に縛られているわけではない。
  2. 端末はiPhoneが使えればいいので、つまりこれもどこでもいい。
  3. DOCOMO回線を含めれば、もはやMVNOは無制限。つまりどこでもいい。
  4. つまり、購入する端末も無制限。
  5. つまり、手ごろな中古iPhoneを探し、いいものがなければアップルストアでSIMフリーのiPhone SEを買えばよろし。

ということになります。
さーて、今週は中古屋を回ってみようかと思います!

次回、見つかった端末に合わせて、最終的なMVNO選定に入りたいと思います。

ではでは。

MVNO
スポンサーリンク
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント