わがやの家づくりノートを公開!Wordで簡単にまとめるポイント

スポンサーリンク

おそらく、実践編の中で一番役に立つ記事になったと思います。

わたしが家づくりの際に使用した「家づくりノート」を、作り方の解説を踏まえて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

Wordで家づくりノートをつくる最大のメリット

わたしは、手書きの家づくりノートよりも、Wordなどの文書作成ソフトで作ったほうがメリットが大きいと思います。

Wordで作る理由

大きく5つの理由があります。

  • 無料見積もりの際に、住宅会社のヒアリングシート(アンケート、要望書)記入作業がカットできる
  • データの追加が容易にできる
  • スマホで確認できる
  • ノートを参考に担当と打ち合わせができる
  • 画像の挿入が簡単

メリット盛りだくさんです。

このメリットを考えると

ぶちくま
ぶちくま

家づくりノートってつくってみたいけど面倒そうだからやめとこうかな

という方にこそお勧めしたい内容になっています。

デメリットもあります

  • スマホがないとできない
  • パソコンがないと捗らない
  • 「家づくりノートを見せてください」と言われた時にスマホを見せると拍子抜けされる

以上です。個人的には、ほぼデメリットは感じませんでした。

ぶちくま
ぶちくま

でも、ただでさえスマホだって使いこなせてないのに、そんなに綺麗なノートは、まとめられない!

わたしは割とパソコンでの資料作りが好きなのですが、とにかくズボラです。そんなわたしと、スマホすら持っていなかった機械音痴のよめくまが一緒に作業できたので、皆さんにもできるはずです!

よめくま
よめくま

今はもうスマホくらい持ってるよ!

スポンサーリンク

何よりも「簡単さ」と「手軽さ」に磨きをかける

きっかけは「アンケート」の煩わしさ

ヒアリングシートとも言いますが、施主の新築の希望を書いてもらうものです。
これ、文量を求められる上に、手を抜くと今度は希望がうまく伝わらなくなってしまいます。

無料見積もりの段階では、そんなに多くの打ち合わせはできません。大切な一回の面談がとても大事です。

その会社のことをよく知れなかったり、希望を伝え直して「また後日」なんて調子だと、休みが減っていくばかりでストレスがたまるし、それを何社も並行しておこなっていくと。。。

ぶちくま
ぶちくま

地獄の沙汰です。

はい。
そういうわけで、この煩わしさを少しでも解消すべく「どうせ書かなきゃいけないなら、要望をまとめて各社同じやつを渡そう」と思いました。

そんなきっかけで、わたしの「家づくりノート」は誕生しました。

しろくまさん
しろくまさん

面倒臭さから生まれたってわけね。

手抜きが最優先、デザインは二の次

わたしの家づくりノートの最大の特徴は「手抜き」です。
基本的には、画像をWordにぽんぽんと入れていくだけで、たまにコメントを記入するくらいなもんです。

家づくりノートに画像とコメントを入れるとこんな感じになる
家づくりノートに画像とコメントを入れるとこんな感じになる

画像の集め方もとにかく手抜き

スマホで雑誌やカタログから参考にするための画像を撮る
スマホで雑誌やカタログから参考にするための画像を撮る

画像に関しても、基本的には取り寄せた資料家のカタログを読みながら、「この感じいいねぇ」と思ったら、写メ(死語)もといスマホでパシャりと撮るだけ。

新興住宅地を散歩して、かっこいい家があったら変な人に見られない程度に「ふふふん」とふたりで鼻歌でも歌いながら写真撮影して、それを保存しておくだけ。

画像検索して、気に入った家の画像があれば「画像を保存」して、「家づくり用」の共有フォルダに入れるだけ。

共有フォルダに入れたら奥さんも見ることができるので、「いい感じ」と思ったらいいねしてもらいます。夫婦二人とも気に入ったら「寝室」とか書いたWordファイルに入れるだけ。

ぶちくま
ぶちくま

とにかく面倒なことは一切しませんでした

スポンサーリンク

実際につくってみた家づくりノートを紹介

家づくりノート寝室バージョンと書き方
寝室バージョン

こんな感じのノートができます。

基本的な作り方

あくまでもわたしの場合ですが。

  1. 画像共有フォルダをつくっておく(わたしの場合はiCloudでファミリー共有して、奥さんを招待するだけ)
  2. 二人で適当に画像を投げ入れていく
  3. ふたりとも気に入れば、「家づくりノート」と出したWordファイルの中に投
  4. Wordファイルは事前に「リビング」「お風呂」などの部屋ごとにカテゴリ分けしておき、該当する場所に画像を貼り付けていく
  5. 「いいね」と思った理由があれば「吹き出し」などを使ってコメントを記入する
  6. 必要時はプリントアウトして住宅会社の打ち合わせ時に渡す
  7. iPad購入後はWordの「家づくりノートファイル」自体をクラウドに入れておくと共有が便利
  8. 契約後の住宅会社との打ち合わせ時は、iPadで画像を見せたりして印刷の手間すらなくす
  9. 打ち合わせで決まったことは、iPhoneとかにメモしておけば、そのままコピペでノートに貼り付けられる

こんな感じで、もりもりと家づくりノートが育っていく形になります。

手作りノートだと、写真は切ったり貼ったりしないといけないし、ページを挿入する時も一苦労。
Wordなら画像を挿入するだけでいいのは便利でした。

ヒアリングシートもテンプレートを使えばなおさら楽チン!

ヒアリングシートやアンケートでも使える
ヒアリングシートやアンケートでも使える

テンプレートも作ってみました
こういったヒアリングシートにも、簡単に画像挿入できるのがいいですね!

テンプレートは表を丸ごとコピーしてもいいですし、各項目をリスト(箇条書き)にしてもいいですね。

また、見出しなどを設定しておくと、デザインを変更する時に勝手にWordが作ってくれるのでお勧めです。

見出しをうまく使うと勝手にデザインが整う
見出しをうまく使うと勝手にデザインが整う

わたしはこんな感じで、見出しに「玄関」などの部屋の名前をつくって貼っていきました。

表のセルの中に画像を挿入すると綺麗に並ぶ
表のセルの中に画像を挿入

写真を綺麗にならべる時はを使ったりすると適当なサイズに合わせてくれるので手抜きできますよ!

よめくま
よめくま

手抜きの話ばっかりしてる!

スポンサーリンク

スマホでWordやPagesを使う場合

スマホのWordで家づくりノートを作る
スマホのWordで家づくりノートを作る

スマホの場合だと、利用権限の都合でWordはログインが必要なのが少し面倒ですね。
iPhoneユーザーなら、AppleのWordである「Pages」でもほぼ同様の動きができる上に、Wordに変換もできるのでお勧めできます。

ちなみに、スマホで完結するために「メモアプリ」を使うこともお勧めした記事があります。

スマホでもWordを使うメリット

  • メモアプリよりもできることが多い
  • PDFなど他のファイルへの変換も簡単
  • PDF変換できると、印刷も簡単
  • 画像などのサイズ調整もできる
  • ファイルの共有も以前より簡単になった
メモアプリの方が連動はしやすくて、適当に画像入れたりコメント入れるのは簡単なのですが、どうしても印刷がうまくいきませんでした。

スマホでWordを使うデメリット

  • スマホだと文字が打ちづらい
  • 少し重たいのでアプリの起動に時間がかかる

画像を貼ったりするだけならスマホのアプリでも十分できます!

WordアプリでPDFをつくって印刷する

これは、メモアプリと併用した場合、最終的な調整をWordやPagesで行う場合にも使えます。

使用する場面は「印刷」

初めての無料見積もりのための面談で、間取りの希望などをもれなく伝えるために「家づくりノート」をプリントアウトして持っていきたい時。

メモからWordにノートを移動させる方法

メモからWordに写す時は、方法はいろいろありますがとりあえず難しいこと考えずに、「全て選択」して、データを全部コピーしてください。

PDF化する方法

Wordのメニューアイコンをタップ
Wordのメニューアイコンをタップ
  1. Wordアプリの該当するファイルを開いてください。
  2. 上部のメニューバーに「」と三つ点が並んでいるアイコンがありますので、こちらをタップしてください。
  3. 「エクスポート」というところがあるので、こちらを選択してください。
  4. 「OpenDocumentテキスト」と「PDF」を選べるので、「PDF」にしましょう。
  5. PDFができました。

PDFにすると、プリンタがなくてもコンビニで印刷できたりするので便利です。

スポンサーリンク

家づくりノートを作るための資料をお探しなら

家づくりノート
スポンサーリンク
住宅会社で失敗しない秘策
ぶちくま
ぶちくま

なんか、住宅会社からめっちゃぼったくられてる。。。

住宅会社選ぶで失敗するのは、情報戦で負けるからです。まずは、簡単にできることで「住宅の知識」を楽しく学んでいきましょう!

しろくまさん
しろくまさん

資料請求は面倒に感じるかもしれませんが、このブログを読むよりはずっと簡単。得られる情報はもっとたくさんなので、せっかくなのでトライしてみてはいかがでしょうか。

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。

ぶちくま
ぶちくま

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

しろくまさん
しろくまさん

さらに、土地探しの相談もしてもらえます

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

ぶちくま
ぶちくま

「家づくりをする」メリットを、最大限に活かしましょう!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

複数の住宅会社の資料を一括請求

これはどこの資料請求サイトを利用しても一緒です。

資料請求サイトのデメリットも考えると、いたずらに資料請求をして対応に疲労困憊ひろうこんぱいするよりも、家づくりの大事な参考書ともなる資料を回収しながら、対応は一回で終わらせてしまったほうが圧倒的にお得です。

タウンライフの入力フォーム

タウンライフは入力も簡単

ぶちくま
ぶちくま

入力フォームは簡単なので、まずは自分の家づくりを楽しく想像しながら、プランを相談する気持ちで入力してみましょう!

しろくまさん
しろくまさん

基本的には「選ぶだけ」なので、漏れなく簡単に入力できますね。

3種の神器が簡単にもらえる

3種の神器、というのは少し話を盛っていますが、住宅会社に本当は相談してみたいけど、一度訪問すると営業地獄に入って面倒くさそうってこと、ありますよね。

  • 間取りのこと
  • お金のこと
  • 土地のこと

みんな素人だからこそ、なかなか遠慮して聞けないこれらのことが、タウンライフの資料請求では解決できる、かもしれないのです。

間取りプランも作成してくれる

自分たちでもあれこれ考えてみるけど、本当にできるのかどうかはわからない。自分たちの理想のマイホームを「机上の空論」で終わらせないのがプロの「間取りプラン」です。

プロの間取りプラン

プロの間取りプランが無料

資金計画の相談

これは私も当サイト内で散々語っているのですが、無理のある資金計画は、最悪の場合だと、数年で自宅を手放すリスクになります。あれだけ時間をかけて家を建てても、売るときはかなり資産価値を落とします。

資金計画のお手伝い

資金計画って本当に大事

ぶちくま
ぶちくま

みんな、なぜか自分がずっと健康で、しかもずっと雇用されているつもりで住宅ローンを組むけど、怪我も病気も社会情勢も住宅ローンに関係なく訪れますからね。

しろくまさん
しろくまさん

どれだけ保険をかけても対象疾患じゃなければ保険は降りない。でも、うつ病だと本当に働けなくなるからね。精神疾患、ほとんどの保険が降りないからね。

家づくりは、期待に胸が膨らむことではありますが、適度な不安を持つことは必要です。特に、資金計画に関しては失敗が許されないので、慎重であって当然。

でも、ついつい「新築ハイ」で」でイケるような気がしてくるのも事実。

客観的な視点の資金計画書を土台にしてから、家づくりを始めて「妥当なライン」を維持していくのが大切だと私は思います。

土地の情報はプロだけが持っている

家づくりと並行して「土地」も探されている方も多いと思います。

この土地ってのは存外に厄介でして、有名なハウスメーカーが「自社囲い」して情報をキープしている場合がほとんど。言い換えると、「いい物件情報は住宅会社が握っている」わけです。

住宅会社の土地情報

住宅会社の土地情報を引き出す

一括資料請求サイトのいいところは、住宅会社も「一括請求されている=他社と競合している」ことがわかるところ。つまり、情報の出し惜しみはせずに「自社の土地情報」の切り札を早々に持って来れることです。

しろくまさん
しろくまさん

各社とやりとりしながら、交渉術のことまで考えると、本当に手が回らなくなっちゃうからね。最初に一括してできると情報の整理がラクですよね。

ぶちくま
ぶちくま

我々施主も暇ではないので、貴重な休みを有効活用するためにも、タウンライフは早めに利用しておきたいところですね!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富です!

タウンライフにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

ぶちくま
ぶちくま

こちらも当然、無料で利用できます!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました