わがやの家づくりノートを公開!Wordで簡単にまとめるポイント

スポンサーリンク

おそらく、実践編の中で一番役に立つ記事になったと思います。

わたしが家づくりの際に使用した「家づくりノート」を、作り方の解説を踏まえて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

Wordで家づくりノートをつくる最大のメリット

わたしは、手書きの家づくりノートよりも、Wordなどの文書作成ソフトで作ったほうがメリットが大きいと思います。

Wordで作る理由

大きく5つの理由があります。

  • 無料見積もりの際に、住宅会社のヒアリングシート(アンケート、要望書)記入作業がカットできる
  • データの追加が容易にできる
  • スマホで確認できる
  • ノートを参考に担当と打ち合わせができる
  • 画像の挿入が簡単

メリット盛りだくさんです。

このメリットを考えると

ぶちくま
ぶちくま

家づくりノートってつくってみたいけど面倒そうだからやめとこうかな

という方にこそお勧めしたい内容になっています。

デメリットもあります

  • スマホがないとできない
  • パソコンがないと捗らない
  • 「家づくりノートを見せてください」と言われた時にスマホを見せると拍子抜けされる

以上です。個人的には、ほぼデメリットは感じませんでした。

ぶちくま
ぶちくま

でも、ただでさえスマホだって使いこなせてないのに、そんなに綺麗なノートは、まとめられない!

わたしは割とパソコンでの資料作りが好きなのですが、とにかくズボラです。そんなわたしと、スマホすら持っていなかった機械音痴のよめくまが一緒に作業できたので、皆さんにもできるはずです!

よめくま
よめくま

今はもうスマホくらい持ってるよ!

スポンサーリンク

何よりも「簡単さ」と「手軽さ」に磨きをかける

きっかけは「アンケート」の煩わしさ

 

ヒアリングシートとも言いますが、施主の新築の希望を書いてもらうものです。
これ、文量を求められる上に、手を抜くと今度は希望がうまく伝わらなくなってしまいます。

無料見積もりの段階では、そんなに多くの打ち合わせはできません。大切な一回の面談がとても大事です。

 

その会社のことをよく知れなかったり、希望を伝え直して「また後日」なんて調子だと、休みが減っていくばかりでストレスがたまるし、それを何社も並行しておこなっていくと。。。

ぶちくま
ぶちくま

地獄の沙汰です。

はい。
そういうわけで、この煩わしさを少しでも解消すべく「どうせ書かなきゃいけないなら、要望をまとめて各社同じやつを渡そう」と思いました。

そんなきっかけで、わたしの「家づくりノート」は誕生しました。

しろくまさん
しろくまさん

面倒臭さから生まれたってわけね。

手抜きが最優先、デザインは二の次

わたしの家づくりノートの最大の特徴は「手抜き」です。
基本的には、画像をWordにぽんぽんと入れていくだけで、たまにコメントを記入するくらいなもんです。

家づくりノートに画像とコメントを入れるとこんな感じになる

家づくりノートに画像とコメントを入れるとこんな感じになる

画像の集め方もとにかく手抜き

スマホで雑誌やカタログから参考にするための画像を撮る

スマホで雑誌やカタログから参考にするための画像を撮る

画像に関しても、基本的には取り寄せた資料家のカタログを読みながら、「この感じいいねぇ」と思ったら、写メ(死語)もといスマホでパシャりと撮るだけ。

新興住宅地を散歩して、かっこいい家があったら変な人に見られない程度に「ふふふん」とふたりで鼻歌でも歌いながら写真撮影して、それを保存しておくだけ。

画像検索して、気に入った家の画像があれば「画像を保存」して、「家づくり用」の共有フォルダに入れるだけ。

共有フォルダに入れたら奥さんも見ることができるので、「いい感じ」と思ったらいいねしてもらいます。夫婦二人とも気に入ったら「寝室」とか書いたWordファイルに入れるだけ。

 

ぶちくま
ぶちくま

とにかく面倒なことは一切しませんでした

スポンサーリンク

実際につくってみた家づくりノートを紹介

家づくりノート寝室バージョンと書き方

寝室バージョン

こんな感じのノートができます。

基本的な作り方

あくまでもわたしの場合ですが。

  1. 画像共有フォルダをつくっておく(わたしの場合はiCloudでファミリー共有して、奥さんを招待するだけ)
  2. 二人で適当に画像を投げ入れていく
  3. ふたりとも気に入れば、「家づくりノート」と出したWordファイルの中に投
  4. Wordファイルは事前に「リビング」「お風呂」などの部屋ごとにカテゴリ分けしておき、該当する場所に画像を貼り付けていく
  5. 「いいね」と思った理由があれば「吹き出し」などを使ってコメントを記入する
  6. 必要時はプリントアウトして住宅会社の打ち合わせ時に渡す
  7. iPad購入後はWordの「家づくりノートファイル」自体をクラウドに入れておくと共有が便利
  8. 契約後の住宅会社との打ち合わせ時は、iPadで画像を見せたりして印刷の手間すらなくす
  9. 打ち合わせで決まったことは、iPhoneとかにメモしておけば、そのままコピペでノートに貼り付けられる

こんな感じで、もりもりと家づくりノートが育っていく形になります。

手作りノートだと、写真は切ったり貼ったりしないといけないし、ページを挿入する時も一苦労。
Wordなら画像を挿入するだけでいいのは便利でした。

ヒアリングシートもテンプレートを使えばなおさら楽チン!

ヒアリングシートやアンケートでも使える

ヒアリングシートやアンケートでも使える

テンプレートも作ってみました
こういったヒアリングシートにも、簡単に画像挿入できるのがいいですね!

テンプレートは表を丸ごとコピーしてもいいですし、各項目をリスト(箇条書き)にしてもいいですね。

また、見出しなどを設定しておくと、デザインを変更する時に勝手にWordが作ってくれるのでお勧めです。

見出しをうまく使うと勝手にデザインが整う

見出しをうまく使うと勝手にデザインが整う

わたしはこんな感じで、見出しに「玄関」などの部屋の名前をつくって貼っていきました。

表のセルの中に画像を挿入すると綺麗に並ぶ

表のセルの中に画像を挿入

写真を綺麗にならべる時はを使ったりすると適当なサイズに合わせてくれるので手抜きできますよ!

よめくま
よめくま

手抜きの話ばっかりしてる!

スポンサーリンク

スマホでWordやPagesを使う場合

スマホのWordで家づくりノートを作る

スマホのWordで家づくりノートを作る

スマホの場合だと、利用権限の都合でWordはログインが必要なのが少し面倒ですね。
iPhoneユーザーなら、AppleのWordである「Pages」でもほぼ同様の動きができる上に、Wordに変換もできるのでお勧めできます。

ちなみに、スマホで完結するために「メモアプリ」を使うこともお勧めした記事があります。

スマホでもWordを使うメリット

  • メモアプリよりもできることが多い
  • PDFなど他のファイルへの変換も簡単
  • PDF変換できると、印刷も簡単
  • 画像などのサイズ調整もできる
  • ファイルの共有も以前より簡単になった
メモアプリの方が連動はしやすくて、適当に画像入れたりコメント入れるのは簡単なのですが、どうしても印刷がうまくいきませんでした。

スマホでWordを使うデメリット

  • スマホだと文字が打ちづらい
  • 少し重たいのでアプリの起動に時間がかかる

画像を貼ったりするだけならスマホのアプリでも十分できます!

WordアプリでPDFをつくって印刷する

これは、メモアプリと併用した場合、最終的な調整をWordやPagesで行う場合にも使えます。

使用する場面は「印刷」

初めての無料見積もりのための面談で、間取りの希望などをもれなく伝えるために「家づくりノート」をプリントアウトして持っていきたい時。

メモからWordにノートを移動させる方法

メモからWordに写す時は、方法はいろいろありますがとりあえず難しいこと考えずに、「全て選択」して、データを全部コピーしてください。

PDF化する方法

Wordのメニューアイコンをタップ

Wordのメニューアイコンをタップ

  1. Wordアプリの該当するファイルを開いてください。
  2. 上部のメニューバーに「」と三つ点が並んでいるアイコンがありますので、こちらをタップしてください。
  3. 「エクスポート」というところがあるので、こちらを選択してください。
  4. 「OpenDocumentテキスト」と「PDF」を選べるので、「PDF」にしましょう。
  5. PDFができました。

PDFにすると、プリンタがなくてもコンビニで印刷できたりするので便利です。

スポンサーリンク

家づくりノートを作るための資料をお探しなら

コメント

タイトルとURLをコピーしました