金利の違いがわからずとも住宅ローンは借りれる|もれなく一生の後悔つき

こんにちわ。ぶちくまです。

ぶちくまの頭を振ってみてください、スカスカと空気が抜けたような音がするでしょう?
頭にはこぶしひとつ分ほどの綿しか詰まっていないのです。

そんなぶちくまが今回はローンの話をお届けします。

低金利で住宅ローンは有利といいますが

前回の記事が、ちょうど住宅ローンの話でした。

家の準備段階ではローンのことまでは煮詰めて考えなくてもいいのですが、ローンの相談もハウスメーカーにする点で注意しておかないこともあるのでHM選定に絡めながらローンについての下知識を深めておきましょう。

今、金利が低いのは家を検討されているみなさんなら、なんとなくご存知でしょうか。

ぶちくま
ぶちくま

しりません

私はくまなので経済活動には滅法興味が湧きません。

未だにローンの話となると頭の上にある両耳をグニっと塞いでしまいます。
そんな私ですので、特に深く考えずにローン決めてしまいました。
これは大変に危険な行為です

そして今更になって、ブログ記事作成のためにちまちまとローンについて調べ始めたのですからおかしな話です。

ローンを借りる際には、金利の話が出てきます。

変動金利 or 固定金利についてですが、これは答えの出ない話なので、ぶちくまがどう決めたのか、それを書いて皆さんの判断の参考のほんのちょいとの足しにしてください。

ハウスメーカーの営業が変動金利を勧める理由

まず、HMさんは変動金利を勧めてきました。

理由としては、

きつね
某営業

これからしばらくは金利は上がらないし、固定金利にしても金利が上がった時には上がる。ちなみに知人の銀行員も変動でローンを組んだ。私もそうする

とのことです。

なんだかもっともらしいことを言っているような感じがします。

しかし、よく見てみると、それほど具体的な内容はありません。

加えて、我々顧客が把握しておかなければいけないことは、HM側としても、契約前においては変動金利を計算したい理由があるのです。

見積もりは変動金利で立てた方が支払額が少なく見える

という点については知っておいた方がいいでしょう。

変動金利は我々がリスクを背負う分、金利は安いので「月々これくらいなら返せるかも」と感じやすくなるわけですね!

でも変動金利を選んだ場合のリスクは大きい

ただし、金利が急上昇した場合、5年間は支払額は一緒なのですが支払わなければいけない金利分は上がっているためお金を返しているつもりになっていても実際には元金は全く減ってなかったという恐ろしい事態もありうるのです!

銀行が固定金利を勧める理由とは

銀行に行った時は固定金利を勧めらてました。

理由は

きつね
きつね

金利は概ね下がりきったのでこれからは上がっていくリスクが高い。固定にしておいた方が安心して暮らせる期間が長くなる

みたいな感じでした。これも至極真っ当な理由に聞こえます。

ちなみに銀行員の方は円熟した魅力ある方で閉店ギリギリに話を伺ったにもかかわらず丁寧に説明してくれて好印象でした。

銀行は自分たちが儲かるために固定金利を勧める

しかしぶちくまは疑り深いたちでして、銀行員は自行の利益を考えなければいけないことを考えれば

ぶちくま
ぶちくま

あのお歳まで銀行という殺伐とした社会の中で生きてきたのだから、何かしらの老獪な策を駆使して無知なくまを籠絡させるのかしら

などといらぬ妄想をしたものです。

銀行としては、固定金利の場合、金利上昇時のリスクを背負わねばなりません。
つまり、金利が上昇した時に本来もらえるはずに利率で利子が取れるはずのものが
もらえなくなってしまいますからね。

しかしそれでも固定金利を勧めてきたのは、銀行の予測としてはまだ金利は上がらないと踏んでいるか、彼が余程の客思いの老紳士だったかのどちらかですね。

ぶちくま
ぶちくま

…どっちだったんだろ。

正解はわかりません。

返済はライフスタイルとライフプランと同時並行

あと、手前側の事情としては、ご両親が健在なうちは奥さんも働くとのことで、理想的には纏まったお金が出来たら繰上げ返済をしていきたい、などの事情もあり。

結局のところは変動金利の方に心が傾きました。

金利の選択については、
それぞれのリスクを考えた上でどの期間の負担を減らし、かついつお金を払いたいのか
その辺りのライフプランを立てるのが大切だということですね。

ぶちくまは決めてからライフプランを立てましたが、それでも何とか毛皮にしがみついて生きております。

みなさまは後悔のないよう目一杯悩んで決めてみてください!

追記:金利はわずかに上昇

何か月かぶりに金利が上昇しましたね。

これが刺激となってがんと上がる可能性がなくはないですが、市場の混乱のない程度に上がってそのあたりで落ち着くのではないでしょうか

一般論としては、手元資金に余裕があり、繰上返済により10年~15年程度で返済できるのであれば、変動金利あるいは当初10年固定金利型で借り入れてるのが有力候補です。

10年間は繰上返済をせずに住宅ローン控除の恩恵を最大限に受けて、10年経過後に繰上返済を活用して短期間で返済するのがいいでしょう

目いっぱい借り入れて25~35年間といった長期間で住宅ローンを組む場合は、長期金利が史上最低水準まで低下しているメリットを活かして、フラット35などの長期固定が選択肢の一つです。

THE GOAL 様のサイトの記事が非常に参考になりましたので、一部引用しました。

また、10年間は繰り上げ返済をしない、という部分に加えて、わりと最初、頑張って繰り上げ返済をしたが、結局、子供のために学資ローンを組んだりしては無意味だという意見もあります。

まぁ、住宅ローンのほうが低金利ですからね。

住宅ローンを返すために、より金利の高いローンを借りては仕方のない話です。
これは車のローンにも言えること。

みなさまも参考にしてみてください。

住宅ローンの資料請求でまずは見積もりしてみる

なんでも実践が一番です。

フラット35を含めて、固定金利と変動金利、ネット銀行と地方銀行とメガバンク、何年で借りたらいいのか、実際にどんな金額を毎月返済していけばいいのか。

ぶちくま
ぶちくま

うん、頭がパンクするね。

シミュレーションが一番わかりやすいです。

住宅ローンの一括仮審査申込は「住宅本舗」が簡単です

新潟だと北越銀行があるのがいいですね!
業務提携したら第四銀行もいけるようになるかしら。
個人的なおすすめは、
地銀枠で「北越銀行」、
フラット35枠で「ARUHI
ネット銀行枠は(なるべくたくさん申請した方がいいが)「住信SBIネット銀行」「イオン銀行
メガバンク枠で「三井住友銀行」といったところでしょうか。

ではでは、よい家づくりを!

予算決定住宅ローン基礎知識
住宅会社で失敗しない秘策
ぶちくま
ぶちくま

なんか、住宅会社からめっちゃぼったくられてる。。。

住宅会社選ぶで失敗するのは、情報戦で負けるからです。まずは、簡単にできることで「住宅の知識」を楽しく学んでいきましょう!

しろくまさん
しろくまさん

資料請求は面倒に感じるかもしれませんが、このブログを読むよりはずっと簡単。得られる情報はもっとたくさんなので、せっかくなのでトライしてみてはいかがでしょうか。

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。

ぶちくま
ぶちくま

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

しろくまさん
しろくまさん

さらに、土地探しの相談もしてもらえます

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

ぶちくま
ぶちくま

「家づくりをする」メリットを、最大限に活かしましょう!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

複数の住宅会社の資料を一括請求

これはどこの資料請求サイトを利用しても一緒です。

資料請求サイトのデメリットも考えると、いたずらに資料請求をして対応に疲労困憊ひろうこんぱいするよりも、家づくりの大事な参考書ともなる資料を回収しながら、対応は一回で終わらせてしまったほうが圧倒的にお得です。

タウンライフの入力フォーム

タウンライフは入力も簡単

ぶちくま
ぶちくま

入力フォームは簡単なので、まずは自分の家づくりを楽しく想像しながら、プランを相談する気持ちで入力してみましょう!

しろくまさん
しろくまさん

基本的には「選ぶだけ」なので、漏れなく簡単に入力できますね。

3種の神器が簡単にもらえる

3種の神器、というのは少し話を盛っていますが、住宅会社に本当は相談してみたいけど、一度訪問すると営業地獄に入って面倒くさそうってこと、ありますよね。

  • 間取りのこと
  • お金のこと
  • 土地のこと

みんな素人だからこそ、なかなか遠慮して聞けないこれらのことが、タウンライフの資料請求では解決できる、かもしれないのです。

間取りプランも作成してくれる

自分たちでもあれこれ考えてみるけど、本当にできるのかどうかはわからない。自分たちの理想のマイホームを「机上の空論」で終わらせないのがプロの「間取りプラン」です。

プロの間取りプラン

プロの間取りプランが無料

資金計画の相談

これは私も当サイト内で散々語っているのですが、無理のある資金計画は、最悪の場合だと、数年で自宅を手放すリスクになります。あれだけ時間をかけて家を建てても、売るときはかなり資産価値を落とします。

資金計画のお手伝い

資金計画って本当に大事

ぶちくま
ぶちくま

みんな、なぜか自分がずっと健康で、しかもずっと雇用されているつもりで住宅ローンを組むけど、怪我も病気も社会情勢も住宅ローンに関係なく訪れますからね。

しろくまさん
しろくまさん

どれだけ保険をかけても対象疾患じゃなければ保険は降りない。でも、うつ病だと本当に働けなくなるからね。精神疾患、ほとんどの保険が降りないからね。

家づくりは、期待に胸が膨らむことではありますが、適度な不安を持つことは必要です。特に、資金計画に関しては失敗が許されないので、慎重であって当然。

でも、ついつい「新築ハイ」で」でイケるような気がしてくるのも事実。

客観的な視点の資金計画書を土台にしてから、家づくりを始めて「妥当なライン」を維持していくのが大切だと私は思います。

土地の情報はプロだけが持っている

家づくりと並行して「土地」も探されている方も多いと思います。

この土地ってのは存外に厄介でして、有名なハウスメーカーが「自社囲い」して情報をキープしている場合がほとんど。言い換えると、「いい物件情報は住宅会社が握っている」わけです。

住宅会社の土地情報

住宅会社の土地情報を引き出す

一括資料請求サイトのいいところは、住宅会社も「一括請求されている=他社と競合している」ことがわかるところ。つまり、情報の出し惜しみはせずに「自社の土地情報」の切り札を早々に持って来れることです。

しろくまさん
しろくまさん

各社とやりとりしながら、交渉術のことまで考えると、本当に手が回らなくなっちゃうからね。最初に一括してできると情報の整理がラクですよね。

ぶちくま
ぶちくま

我々施主も暇ではないので、貴重な休みを有効活用するためにも、タウンライフは早めに利用しておきたいところですね!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富です!

タウンライフにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

ぶちくま
ぶちくま

こちらも当然、無料で利用できます!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました