Amazonサイバーマンデーも今日で終わり!12月11日1:59まで。注目アイテムまとめました!

ステーツ【STATES】口コミや評判と2018年動向を探る

スポンサーリンク
だいぶ初期に書いた記事なので荒くれていますね。
ステーツはイシカワグループの母体を持ち、ローコストでありながら、
顧客のニーズに合わせてデザイン性の高い提案もできることをモデルハウスが証明しています。
新しい商品展開によりテコ入れしており、今後の展開に期待です。

ステーツをお調べの方、ステーツはイシカワグループでありながら、グループを超えたなかなかに高クオリティに会社ですよ。

ただ、ベストな選択かどうかお悩みの場合、チェックするポイントは「口コミ」よりも、あなたのニーズにあった商品提案力があるかどうか、に注目してみましょう。

スポンサーリンク

ステーツ(STATES)ってどんな会社?

なんと、HPからはまったく会社の概要が分からず、イシカワグループに属していることしかわからない。そういう時はリクルート情報も要チェック。

どうやら、住宅建築業を専門とするために生まれた会社らしい。

イシカワとの違いは提供地域

イシカワグループの中で、住宅建築業を専門に扱う会社として生まれたのが、ステーツです。
違いとしましては、ステーツはイシカワで扱っていない北陸甲信地方を中心に展開しておりますので、それらの地域にお住まいでイシカワグループの住宅をご希望される方には、弊社が対応させて頂く形となっております。

ということらしいです。

スポンサーリンク

ステーツの個人的な印象

  • 母体のイシカワグループで言えば、イシカワよりやや高くややかっこいい。
  • 先日のハーバーハウスよりはやや高くて一方でチャレンジした面白い物件も多い
  • 展示場も広告もがっつりあるが県内トップ母体なのでローコストを維持
  • 大きい母体でローコストにありがちな、営業の質・大工の腕の当たり外れが大きい(ようなイメージ)


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

他の住宅会社とどこが違うのか

ローコストを検討するときに、イシカワ、ハーバーあたりと競合すると思いますが、新潟のステーツと他の会社、どこが違うのか一言で説明すると、

ぶちくま
ぶちくま

ちょっとおしゃれでちょっと高い

こんな感じだと思います。

あくまでも、個人的な感想にはなりますが、イシカワやパパまるよりもできる範囲が広く、ハーバーハウスよりも(ほんの)ちょっと高い。

ただし2016年の体験なので、2018年現在だとまた少し方向性が変わっているかもしれません。
スポンサーリンク

安心の価格設定。その背景にあるもの。

さすがイシカワグループです。価格に関しては安心そのもの。

イシカワといえば、良質住宅。質の高い家でも、他社と比べて「半分の価格でつくる」ってやつです。

それがステーツだと、ちょいとポップでおしゃれに紹介されています。

新築を検討するならイシカワは無難な選択|着工棟数新潟1位の実力や如何に
イシカワは新潟でも最頂点に君臨するローコストハウスメーカーです。 他の住宅会社も追いつけ追い越せで優良なHMが増えたこともあり、 着工棟数に若干の変動はある様子ですが、 イシカワは過度な値引きやキャンペーンは行わず安定した運営力があるので、 いつでもお勧めできる建築会社です。
スポンサーリンク

ステーツの商品展開を探る

ラインナップを見てみましょう。

  • プレミアム
  • スタンダード
  • エコノミー

の3ランクが用意されています。

ぶちくま
ぶちくま

なんか、シンプルすぎてかっこ悪い

いやいや、新幹線の座席じゃねぇんだから、と少し肩透かしにあったようなネーミング。おかしいな、こんなだったかしら。

しろくまさん
しろくまさん

CARENとか、ZENとか、そういうスタイリッシュな商品名じゃなかったの?

じつは、商品展開が変わりました。ネーミング自体は、以前よりもわかりやすくなった気がします。ただ、こうね、ワクワク感が足りないよね。

過去の商品展開についての詳細は「クリック表示」に書きました。



ただ、これが分かりやすいというか、ハーバーの商品欄を見てると、いまいち特徴がはっきりしてこないというか、
「結局、わたしって今どの商品をプレゼンされてるの」ってなるところなんだけど。
自由設計で、値段伝えてプランニングするから、あんまり商品名って重要じゃないんだよね。
この価格差が、実際にどのような違いになるのかがあんまり見えてこないのだけど、どうなんでしょう。
我々、エコノミー症候群に侵されたくまとしては、やはり比較するべきは
エコノミーでしょう。
30坪で1250~1400万円。
写真はおよそ豪勢すぎて、これただのモデルハウスじゃねぇの、エコノミー感ないんだけど。
どうでもいいけど、カーテン付きじゃん。これってすごいよ。
カーテンって、うちだと別枠、というか紹介枠で結局家づくりの外のお金になるんだけど、
予想外に高いというか、建ててから慌てる感じなんだよね。
カーテン入ってるのかぁ、素敵だなぁ。どんなカーテンなんだろ、結局オプションかかるようじゃマイナス印象よ。
あとは、概ね特筆なしかしら。ハーバーのEXYとどっこい。
スポンサーリンク

エコノミーと、スタンダード、プレミアムの違いは

記事内容が古い可能性があります。

んで、200万近く上げて、クラスを変えるとどうなるのか。
長期優良住宅に対応します。
実生活に役立つ部分ではないけど、住宅ローン金利で優遇されたりするし、何よりひとつ外部の基準をクリアするのは
ローコストで建てるうえでは安心材料の一つです。
あと、ユニットバスが1.25坪になりました。
これはどれくらい違うのか、また別の記事にしましょう。
プレミアムのほうは、さらに断熱性能も一段階上になった感じ。
断熱が変わると、換気システムにもお金をかけなきゃいけないので、
やっぱりありました、「24時間全熱交換型換気システム」
あと、ユニットバスに浴室乾燥機脳が付きました。お値段たしか10万円くらい、だったような。
ぶちくまが泣く泣く諦めたやつや!

スポンサーリンク

個人的な活動記録、実際に見てみて


ステーツは展示場もあり、見学会もあるのでどういう家を建てているのか実際に見ることができる機会も多いです。
ぶちくま個人としては多くを見る前に他社様で契約したのでもっとたくさん見ておきたかったのですが、
数件お邪魔した限りでは
かっこいいお宅が多かったという印象です。
まぁ分母に対してサンプルが少ないのでなんとも言えないところではありますが、
作ることができるということは大事なところです。
家づくりをしてみて思ったことは、
しっかりと「こういう家をつくりたい!」というイメージを持っている方はそれをコスト内でつくってくれるハウスメーカーを探せばいいのですが、
私のような優柔不断で知識もない愚かなくまが家を建てる場合は
担当のセンスが多分に影響することを念頭においてください。
担当のセンスって大事よ
大事なことなので色を変えました。
頭の中にあるイメージを言葉で伝えるのは難しく、好みが合わないと一向に話が伝わらないし、
こちらにとっては大事なところでも、相手の印象が薄いと忘れられたりして
いや、ほんとに大変なのよ。
脱線しました。

なぜステーツの話をしたかというと
チラシが入ってて、
パッケージングされた商品というのはやっぱり安いと思ったからです。
これだけ見ると500万くらい安く建つんじゃねぇのかと思ってしまったのですが、

そう甘くないんだからねっ!

大事なところなのでツンとして伝えてみました。
いや、でも安いなこれは。

そう言えば、ステーツも
○棟限定で○○つけます」キャンペーンをしていましたが、
そういうのは僕は好きじゃないです。
検討中の方はぜひ営業にすっきりするまで聞いてみてください。

一応恒例の口コミまとめ、しときますか。

スポンサーリンク

ステーツの評判、口コミってどうなの

気になるステーツの評判です。
あくまでも口コミの引用ですのでご参考までに。


  • 引き渡しまでバタついた。
  • 引き渡し前日までゴミが片付いていなかった。
  • うちはきれいでしたけどね。
  • 住み始めてすぐに外壁にひびが。しかも5年間一度も点検に来たことがない。

https://m.e-mansion.co.jp/thread/10483/

ここは、多くの施主様がご滞在なされていますね。 だいたい、建てた家に満足している方は、自分が建てた会社の口コミってあまり見にこないんですよね。 個人的な経験として、建てた後も心配なことが多いと、口コミを見に行く回数が増える

もちろん、フォローの回答も何個かありましたが、いったいどこまで本物やら。 悪いことがいっぱい書いてあるようですが、確かに一時期のステーツは金額以前に、 施工に問題あり、みたいな評判を多く聞きました。

そして、それが改善されてきている、とどこかの担当が言っていたような気がします。 こればかりは、建ててみるしかわからないのですが、 どこのメーカーにするにしても、施工時のチェックは怠れませんね。

スポンサーリンク

ステーツ新展開!「ONE’s」、「G-HOUSE」、「SUS±INA」

2018年。HPを見てみると、ステーツの商品展開が一新されておりました。

  • デザインを売りにした「ONEs
  • 耐震を売りにした「G-HOUSE
  • 省エネに特化した「SUS±INA

上記3つのモデルが登場し、かつそれぞれの使用を組み合わせることもできるみたいです。

ステーツ新商品の展開

画像はステーツHPより引用

ちなみに、同時並行のスタンダードモデル「WITH」については、これまでと同価格帯で、38坪1470万円の展開です。耐震と省エネの「G-HOUSE」「SUS±INA」をセットにするといくらくらいでしょうかね。

WITHを基本料金として、それぞれオプション料として90万円ずつ。
それぞれ90万円プラスで耐震と省エネつけられるなら、これら2つはできればつけたいところですね。

デザインというのがやや不透明ですが、HPにきちんと仕様が説明されています。
http://www.states.co.jp/lineup/details_13.html

造作と無垢床はいらないので、「ONE’s」は家の機能としては不要です。むしろ、そこは交渉の余地として、アクセントクロスくらいはおまけでつけてもらいましょう

スポンサーリンク

ステーツのまとめ

  1. ハーバーより気持ち高め。
  2. コミコミにカーテンが含まれるという驚き。
  3. 結局イシカワとどう違うのかはよくわからん。
  4. 新商品の展開はわかりやすくて自分の必要なものをカスタマイズできる。

ステーツならSUUMOで資料請求できます!

SUUMOなら他の気になる会社と一緒に資料請求できます。
同じような価格帯だと、ハーバーハウス、パパまるハウスとなります。必ず比較してから、モデルハウスに行くようにしましょう。


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

イシカワ/ステーツハウスメーカー・工務店
スポンサーリンク
住宅会社で失敗しない秘策

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

もちろん住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。

これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。

今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。詳しく知りたい方は、最後にリンクを貼っておきます。

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

さらに、土地探しの相談もしてもらえます。

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

家づくりをすることを、最大限に活かしましょう!


【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②LIFULL HOME'Sの無料で「はじめての家づくりブック」をGET

ライフルホームズがお勧めできるのは、「初めての家づくりブック」が無料でプレゼントされるからです。

設計プランも気軽に相談でき、資料請求も建物価格を参考にしながら一括で簡単にできます。

バナー原稿imp
【LIFULL HOME'S】で簡単資料請求!

③【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富!

タウンライフやライフルホームズにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

こちらも当然、無料で利用できます。


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. […] ステーツ […]