Amazonサイバーマンデーも今日で終わり!12月11日1:59まで。注目アイテムまとめました!

パパまるハウスと比較すべきメーカーはどこ【タマホーム編】

スポンサーリンク

どうもどうも。ぶちくまでございます。

同じような価格帯にあるローコストハウスメーカー、「パパまるハウス」と「タマホーム」を価格と機能・性能面で比べてみました。
結論から言えば、パパまるに軍配をあげました。
その理由は「価格が明確」「Z空調とアクアフォームの相性が抜群」というところでした。
タマホームも安くて「熱交換できる換気」は魅力でした。

今回は、パパまるハウスとタマホームを比べてみることにしました。
何故かって、価格帯が似ているから。
何が違うかというと、新潟の会社か、全国区の会社か。
どちらもCMもしてるし、それなりにモデルハウスも建てているけど、
それなのにローコスト。
理由なきローコストは慎重に検討せよって誰かが言ってた(無責任)
ただ、どちらがいいかは責任を持って考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

パパまるハウスの価格は

パパまるは規格住宅なので値段は明確です。
ベーシック 33坪 1020万円
安いね。相変わらず、安い。
ただ、実質価格はやっぱり1500万はいくようだから、
そのくらいの値段帯だなぁ、でインプットしといて。

スポンサーリンク

パパまるハウスと比較するならタマホーム

まずはタマホームでしょうね。

新潟でタマホームを評価する【ローコスト以上の価値を見出せるか】
テレビCMでもお馴染みのタマホームについての情報・気になる事をまとめてみました。壁紙がはがれるという口コミはタマの問題ではないと思いますが、欠陥住宅の可能性について営業に聞いてみるといいかも。 コスト管理は流石優秀で、設備関連も必要十分でありっちゃあり。

タマホームにとっては少し不利な勝負となりそうですね。
パパまるは新潟の会社ですから、地の利を活かした展開ができます。
一方のタマホームは全国区。新潟に活かせる技術と、そうでないものがあります。
それが無駄になる場合もあれば、総合的な研究力でよりいい商品展開や手の届きやすいパッケージングがされていることも期待できます。
具体的にみていきましょう。

スポンサーリンク

気になる価格はタマもパパもローコスト

もうね、どっちも安いんだけどね。その安さがどういう意味合いなのか、というところだろうね。
新潟でのタマは「大安心の家」を売り出しているんだけども。
大安心の家の価格情報はどうなっているのか。

坪単価も35~45万円代になっており、家全体になると800万円ほどになります。
さらに、オプションなども付けていくと1500万~2000万円ぐらいになると思いましょう。
https://hirayadate.net/tamahome/entry1666.html

ワン吉之丞さんのサイト作りは参考になりますな。多分、次世代の家づくりのバイブル的なサイトになると思う。
と、いうわけで、今回は1800万円くらいかなぁ、と考えておきます。
ぶちくま過去記事でも40坪で2000万円、なんて情報もありましたが、
一般的な家で40坪は結構広め、内装にもこだわりがあることでしょう。
32坪〜35坪くらいなら1500万円でもいけそうな感じですね。

ちなみにプレミアムもあるんですけど「大安心の家」との違いって何?

このプレミアムがね、一体何がプレミアム仕様なのかがわかりづらいんだよね
まずHPから読み取れるのがね。

「重厚感あるファサードと上質の居住空間。充実の設備を兼ね備えた、自由設計・注文住宅」

らしいんだけどさ。
いや、それ、大安心の家でも謳っとるやん。
だいたい、ファサードって何だよ、悪い上級魔導師みたいな名前使いやがって。
、、、と思ったら、正面玄関などのデザインのことを「ファサード」っていうんだって。
勉強になるね。口が悪いね、ぶちくまさん。

というわけで明確に違う部分。

  • サッシの上部ラインを整えた
  • 外壁材が窯業系のシーリングレスサイディング採用になった
  • LOW-E ペアガラス採用
  • 屋根は軒の出1000mm、3.5寸勾配
  • 瓦が選べる(三州陶器瓦・スレート瓦)
  • 強化ガラスのバルコニー

こんなところ。
むしろ、LOW-Eペアグラスはプレミアム仕様から入ってくるのか、という小さな驚き。
寒冷地仕様なら必須です。プレミアムじゃなければオプション仕様かな。

シーリングについては、劣化が激しい部分だからシーリングレス仕様は嬉しいところですね。
ニチハで言えば「Fuge」ですね。
気になるのは旭トステムの「ガーディナル」です。
外壁はニチハ、という先入観があるくらいにニチハしか知らなかった私ですが、
旭トステムの「ガーディナル」は心惹かれるものがありますね。
詳しいこと書きたいところですが、今回はやめておきます。
まぁ、いい素材ですよ。
とりあえず、結構プラスポイントなんです、シーリングレス。

「大安心の家 プレミアム」な価格は一体おいくらですか

坪単価55万円前後ではないか、という話が出ております。

30

1,650万前後

40

2,200万前後

50

2,750万前後

http://house-lowcost.info/2017-cost/#_PREMIUM

30坪の家で、300万の差。
40坪の家で、400万の差。
これをどう捉えるか、ですね。
個人的には、LOW-Eペアグラスは必須です。
オプション扱いでどのくらいの価格差で処理されるかですね。
外観デザイン料としては高い
タマホームにして外観いくら頑張っても、
「タマホーム」の名前が消えるわけじゃないから、
それならもう他のメーカーにしたほうがいい。

タマホームの価格についてはかなり詳細な検証もされている

タマホーム v.s. 一条工務店 タマホームの諸経費って高いの?:見積書を比較してみよう3
こんばんは。さすけです\(^o^)/   ここまで、住友林業、積水ハウス、一条工務店の見積を見てきま…

ぶちくまが実際に家を建てているときにかなりヘビーにお世話になった、サスケさんのサイトです。
多分、一条工務店関連で右に出る者はいない、というくらいかなり綿密な記事を書かれる方です。
ちょいとお言葉拝借します、有難やー。

一般にハウスメーカーで家を建てる場合は、ハウスメーカーが言う住宅本体価格の10%程度の「その他費用」が掛かると言われていますが、タマホームの場合は、本体価格に+30%以上ものその他費用が発生していることになります。

というわけで、何だか巧妙な罠を目の当たりにしたような気分にはなるのですが、
建てる前段階での情報収拾で知っておけば、なんとか咀嚼して納得できる情報ではあります。
ただ、打ち合わせが結構進んだ段階で見積もり値段でガツンと提案されたら、
ちょっとコメカミがピクピクなりそうだなぁ、とは思う。

ただ、それでも安い。そこを裏切らないタマホームはやはりローコストの牽引者である。

スポンサーリンク

値引きはしないパパまるハウスとタマホーム

パパまるもタマホームも、基本的には値引きには応じないスタイル。
ただ、やっぱり世の中にはタイミングっていうのがあるので、
「基本的には応じない、けれども?」なときもあるかもしれないので、
基本ないよ、いや、本当にないっすからね。
、、、でも、今回は特別に、、、というやりとりは容易に想像できるので
ないとは言い切れない、と言うに止める。

スポンサーリンク

タマホームは新潟で4営業所、パパまるは5営業所で展開

だからどうしたんだ、というデータではあるけども。
新潟では、タマホームは新潟東西、長岡、上越の計4カ所。
パパまるは、新潟、長岡、上越に、燕三条と新発田を足して計5ヶ所。
あんまり変わらないようではあるけど、パパまるはさらにモデルハウス展開が各地でされていて、
まぁこれが結局建て売りになるわけだけど。
不動産情報でも価格帯が把握できるのは、ある意味では良心的だよ。

スポンサーリンク

パパまるとタマ、機能面はどう評価する

パパまるはヒノキヤ傘下なので、Z空調とアクアフォーム利用できるので、
価格帯の割に高機能と評価していました。

一方のタマホームは、やはり第一には「長期優良住宅対応」。
対応、ということはもちろん設計次第ではある。
あと、「剛床工法」はタマホームの強みでしょうね。

1階と2階の床には、剛床工法を採用。24㎜の構造用合板を土台や梁に直接留めつけて、床全体を一体化します。一般的な根太工法に比べ、横からの力に対する強度が2倍になり、地震の横揺れにも効果を発揮します。また、2階の床には遮音マットを敷き詰めて防音対策を施しています。

何だか、あまりしっくりこない説明ではあるんだけれども、
とにかく強度を上げるための工法らしい。
これだ、と思った人には魅力的なのだろう。

あと、「換気システム」も結構気合入ってる。

「大安心の家」は、全熱交換型全館セントラル24時間換気システムを標準装備。室内の汚れた空気を排出し、新鮮な空気だけを取り入れます。2時間に1回の割合で、家中の空気をむらなく交換。外気に含まれるPM2.5や花粉・黄砂はフィルターでカットするため、アレルギー体質の方も安心です。また、排出する空気と取り込む空気を熱交換するので、冷暖房のランニングコストも削減できます。室内の最適な空気環境を作るため、1邸ごとに換気システムを設計します。

ということなので、これはしっくりくる説明だ。
24時間換気システムで、熱交換は大事、すごく大事。
どんなに気密性と断熱あげても、熱交換できなきゃ意味ないから。

スポンサーリンク

タマホームとパパまるハウスの比較をまとめる

つまり何が言いたいかっていうと、
かなり微妙な背比べなので比較は難しいのだが、
ややパパまるに軍配があがる、あくまでもローコスト的な意味合いで。

まず、パパまるの方が価格設定が安定しています。
タマホームはどうしても価格が見えてこない。
実売価格が、口コミに頼らざるを得ない状況は、施主にとっていい状況ではない。
このリスクを抱えた状態で、機能面の評価をすると、
パパまるは「Z空調」と「アクアフォーム」の売りがベストマッチしているんですよね。
断熱と換気は表裏一体で、どちらかが欠けると、導入する意味すらなくなる
タマホームのセントラル24時間換気システムもいいんだけど、
それを支える、気密性、断熱性が少し心もとない。
多分、全部整えると結構なオプションになる。
パパまるのZ空調オプション次第ではあるけれど、
標準設備と価格の安定感から、パパまるハウスに軍配をあげる。
あくまでも、ぶちくま的な評価なので悪しからず。
逆に言えば、タマホームに見積もり取ってもらって、契約の最後の最後まで、
1円の(疑問の残る)値上げがなく、気密・断熱性能が信頼に足るものであれば、
胸を張ってタマホームをお勧めします!

スポンサーリンク

一括で資料請求したい場合は

大手メーカーしか取り扱いがないのが残念ですが、一括で資料請求できるところもあります。

TOWN-LIFE

タウンライフでは、ただの資料請求ではなく、 様々なサービスを複合して行ってくれます。

大手ハウスメーカーを視野に入れている方であれば 自分に合うハウスメーカー探しのお手伝いをしてくれます。

客観的な意見をもらえるのは、住宅づくりではかなりのメリットになります。

ぶちくま的には、たとえローコストメーカーで検討中であっても、 一度は大手ハウスメーカーについても調べる価値はあると思っています。

と、いいますのも、ローコストは取捨選択になりますから、 「何を捨てて、どれだけ安い家にできるか」ということになります。

一度、大手ハウスメーカーで見積もりを取ってもらうと、 そのあまりの価格の高さに驚きますし、 また、その金額を出しても惜しくないと思わせる大手メーカーの魅力もあります。

そういったわけで、とりあえずデメリットがないなら様々なサポートを使い倒す価値はあるかなと。

ちなみに、タウンライフでは、

  1. 希望条件の間取りプランの作成
  2. 注文住宅の資金計画・見積もりの無料作成
  3. 土地探し
をしてくれるので結構お得です。

【TOWN-LIFE】で資料請求

持ち家計画

「持ち家計画」は、想像通りの資料一括請求サイトです。 資料請求のシンプルさは持ち家計画の良さであります。

新潟での取り扱いHMが少ないのが残念。

【持ち家計画】で資料請求

ハウジングバザール

大手メーカーだけではなく、星野工務店(見附市)、クーディーホーム:アスカ創建(上越市)、石澤建築事務所(新潟市東区)、大滝工務店(新潟市東区)などの工務店が参加しているのが特徴です。

工務店の情報を一度に集めるのは大変です。

小規模なので情報も閉ざされがちで1年間の建築棟数も少ないため、 しっかり探そうとしないと出会えないんですよね。

ただ、それぞれこだわりと、自社大工の丁寧な施工を売りにしているため、 ハウスメーカーよりも細やかな気配りができることがメリットですね。

個人的には大規模HMで建てるよりも、ずっと自分らしい家に出会える可能性があると思います!

【ハウジングバザール】で資料請求

ハウスメーカー・工務店
スポンサーリンク
住宅会社で失敗しない秘策

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

もちろん住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。

これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。

今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。詳しく知りたい方は、最後にリンクを貼っておきます。

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

さらに、土地探しの相談もしてもらえます。

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

家づくりをすることを、最大限に活かしましょう!


【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②LIFULL HOME'Sの無料で「はじめての家づくりブック」をGET

ライフルホームズがお勧めできるのは、「初めての家づくりブック」が無料でプレゼントされるからです。

設計プランも気軽に相談でき、資料請求も建物価格を参考にしながら一括で簡単にできます。

バナー原稿imp
【LIFULL HOME'S】で簡単資料請求!

③【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富!

タウンライフやライフルホームズにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

こちらも当然、無料で利用できます。


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント