ミルクづくりのために浄水ポットを使う場合の注意点

スポンサーリンク

赤ちゃんにミルクをあげる。古来より行われてきたこの行為を「いかに手抜きするか」を考え、しかし流石に我が子を危険に晒すわけにもいかないので「安全性」も犠牲にできない。

ぶちくま
ぶちくま

なんとかして、煮沸の手間くらいは回避できないだろうか

というわけで、このページでは浄水ポットを使用してミルクを作ってみたいと思います。

本当に安全な粉ミルクの調乳方法と手抜きで最短・簡単レシピを比較
これでもかというくらいに安全なミルクの作り方と、これならまぁぎりぎり大丈夫かという簡単で手抜きな調乳方法をまとめました。わたしの経験で言えば、元気な赤ちゃんでお腹を壊していなければ多少手を抜いてもいいんじゃないかと思いますが、WHOガイドラインやミルクメーカー各社のおすすめ方法などを網羅して調べてみました。
スポンサーリンク

ミルクづくりに浄水ポットを選ぶ理由

ミルクの作り方は以前にもご紹介したのですが、思いのほか検索されて、検索された挙句に「ウォーターサーバー」や「浄水器」のアフィリエイト広告の記事に「このミルクの作り方は危ないですよ!」といった使われ方をされる羽目に。

ぶちくま
ぶちくま

いや、情報拡散はありがたいんだけど、不安を煽りたかったんじゃないのよ

浄水する手間考えたらウォーターサーバー?

まず、先にウォーターサーバーについて説明しておきます。

ミルクづくりにはウォーターサーバーが一番簡単

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーのカテゴリ解説ページになります。おすすめのウォーターサーバーメーカー、ミルク作りに良い方法などをまとめています。

当サイトでもウォーターサーバーを紹介しています。

アフィサイト多すぎ、情報操作しすぎ
ぶちくま
ぶちくま

自分で書いておいて言うのもなんですが、どうにもミルクの作り方を探すと「とにかくウォーターサーバーがいいから契約しとけ」という記事が多すぎて、私自身困っています。

よめくま
よめくま

いやいや、このサイトでも紹介してるじゃん。

まぁ、一時期お金が欲しくてブロガーとしての魂を売った時期はありました。ですが、結論から言えば、ウォーターサーバーなしで育てた子供は、今日も元気にイヤイヤ期です。

ベビくま
ベビくま

だー!

情報混乱させて楽しいの?

しかし、思ったんです。

世の中の人は、こういう広告記事(アフィ記事)に情報操作されて「ウォーターサーバーって使わないとやばいんじゃないか」とか余計な出費を捻出するわけじゃないですか。

しろくまさん
しろくまさん

それはお金に余裕がある人だからまあいいとして(いいんかい)。

子育てで必要な情報を知って安心したいのに、余計に不安な情報を仕込まれて混乱してるんじゃないかって。だから、どうせあまり検索されない記事ですけど、少しくらいは利益度外視にして世の中に役立つ記事があってもいいんじゃないかって、最近思うようになりました。

便利は事実

ただ、結論から言えば、やはりウォーターサーバーで作るミルクは(宣伝されるほど安心ではないとは言え)圧倒的にラクではあります。

全てのアフィサイトが嘘をついているわけでもありません。読者を不安に煽る情報を厳選してお届けして、いかに自サイトのリンクを踏ませて契約まで持っていき、ウォーターサーバー会社からユーザーが支払う月額以上の広告料をいただいている、それだけの話です。

というわけで、途中でウォーターサーバーの広告ははさみましたが、とにかく浄水ポットでもミルクづくりをラクできる方法を探っていきます。

浄水ポットのメリット

  • 安い
  • 維持費も安い
  • どの家庭でも簡単に取り入れられる
  • 基本的には水を入れて放っておくだけ
  • おしゃれっちゃおしゃれ

やはり、「簡単に導入できてしかもやすい」が浄水ポットのメリットですね。

フィルターは日々高性能化

また、値段の割に、フィルターは進化しているので、不純物の除去能力は年々上がっているのにも注目です。

浄水ポットのデメリット

  • 掃除が手間
  • フィルター自体が汚染する可能性がある
  • 満水時は重たい
  • フィルター交換が必要
  • 有害物質の一部は除去できないor時間がかかる
  • なんやかんやで煮沸が必要になる
  • フィルター通さない部分で汚染したら元も子もない

結局、煮沸が必要?

後述しますが、浄水ポットのデメリットは「せっかく不純物を除去した悪くなりやすい水」が「普通に洗浄されただけのポットで保存される」ことにあります。

ぶちくま
ぶちくま

逆にいえば、ポットをしっかりと除菌した状態で保てればとても優れた製品です。でも、私のようなめんどくさがりが、面倒だからと買ったはずの浄水ポットに手を煩わされてしまっては本末転倒なのです。

スポンサーリンク

浄水ポットの効果はミルクづくりに十分なのか

浄水ポットは知れば知るほど魅力的な商品です。ですが、ミルク作成となると首を傾げてしまうところもあるので、その辺りの情報を考察していきます。

フィルターでろ過できるもの

BRITA

浄水性能

革新的なBRITA MicroDisc テクノロジー:

・数百万の微細孔が塩素などの味に影響するその他の物質を除去

・マグネシウムやカルシウムなどのミネラル分はそのままに

・ヤシ殻を使用した天然の圧縮活性炭を使用

TORAY トレビーノ

トーレの高性能フィルターのちから、浄水ポット
水を通すだけで、こんなにも除去されるとは
おいしさ項目
  • 遊離残留塩素
  • 2-MIB(かび臭)
安心項目
  • CAT(農薬)
  • クロロホルム
  • 溶解性鉛
  • テトラクロロエチレン
  • ブロモジクロロメタン
  • 総トリハロメタン
  • トリクロロエチレン
  • ジブロモクロロメタン
  • 1.1.1トリクロロエタン
  • プロモホルム

濾過量200mlに対して除去率80%

一番悪いのは浄水器の過信

個人的には、蛇口取り付け型の浄水器が一番危ないと思います。出てくる水は綺麗っちゃ綺麗ですが、蛇口部分の雑菌が繁殖しやすいため、「最終的に口に入る水はやっぱり汚い」可能性があります。

mitte(CJ)のキッチンに浄水器が不要になるポイント【TOTO蛇口は好き】
TOTOの普及版キッチンmitte(過去のCJ)をお使いの方は、 浄水器をつけるべきか悩んでいると思いますが、基本的には不要です。 ウォーターサーバーや浄水ポットといった代替案がたくさんあるうえに、 イニシャルコストとメンテナンスコストがかかるからです。

特に、純正品ではなく外部品を蛇口にくくりつけたタイプは、余計な凹凸、掃除のしづらい形状になるため、ただの雑菌の温床を確保しているだけになってしまいます。

塩素が除去されることで「腐りやすい水」になる

そもそも、なぜカルキ、塩素といった消毒剤が付加されているかと言えば、「水の安全を保つため」です。これをフィルターや煮沸によって除去してしまえば、雑菌の繁殖しやすい水になります。1日以上経過したものは使用しないようにするのが大切です。

浄水しても煮沸は避けて通れない

まず、本題であった「煮沸の手間をなくす」はかなり難しそうです。

というのも、やはり浄水ポットの中はどれだけ洗浄しても、医療的にも「不潔区域」(無菌状態でなければ全部不潔なのが医療界の常識です)。どれだけ除菌をしたとしても、全く菌がいない状態にするのは一般家庭ではかなり難易度が高いです。また、浄水ポットの場合はどうしても「浄水時間」がネックとなります。

浄水ポットの水の変化

  1. 水道水(不純物、塩素あり)
  2. フィルター濾過(不純物、塩素除去)
  3. 浄水ポットの中(水道から不純物を取り除いた水=腐りやすい、ポット内には雑菌が微量にいる)
  4. 浄水濾過のための時間経過(雑菌の繁殖)
  5. 浄水ポット内は時間経過した雑菌が繁殖した、腐りやすい水
  6. コップにイン
しろくまさん
しろくまさん

やはり、この水は飲ませられないですね。。。

ぶちくま
ぶちくま

あくまでも、丁寧に洗わなかったポットに、必要以上に水を放置した場合ですからね。

なんだったらカビが生えやすい

スポンサーリンク

浄水ポットを使った場合のミルクの作り方

さて、ではせっかく買ってしまった浄水ポットをどうしたらいいのか、と言えば、むしろ使ってあげてください。ただ、どうしてもまだ月齢が満たない赤ちゃんには、念のためにミルクに使うお湯には煮沸の工程だけは挟んでください。

本当に安全な粉ミルクの調乳方法と手抜きで最短・簡単レシピを比較
これでもかというくらいに安全なミルクの作り方と、これならまぁぎりぎり大丈夫かという簡単で手抜きな調乳方法をまとめました。わたしの経験で言えば、元気な赤ちゃんでお腹を壊していなければ多少手を抜いてもいいんじゃないかと思いますが、WHOガイドラインやミルクメーカー各社のおすすめ方法などを網羅して調べてみました。

フィルター効果でおいしい水を赤ちゃんに

前述のように、フィルターをくぐり抜けた濾過水は、不純物といわれるものに関してはフィルターがわで除去してくれています。例えば、不純物の中にはトリハロメタンという発がん性物質が含まれており、これは少し煮沸したくらいでは除去されないという研究結果があります。

浄水器は安全策を増やした、と考える

完全に安全とするには、煮沸やら除菌やらなんやらかんやらと、やり始めたらきりがないのですが、親として「これだけはしてあげよう」ということでセーフガードを「無理ない範囲で」増やしてあげられればいいのかな、と思います。

なので、浄水ポットの水は「水道水から直接」よりは体に優しい水だとして、その後、必要分だけ煮沸してあげれば赤ちゃんは喜んで飲んでくれます。

いるかいらないかでいえばいらない

いってしまえば、浄水ポットの工程はなくてもいい、と考えてもいいけどね。

我が家は新潟なので、正直、水道水もかなり綺麗なんです。ですが、お住いの地域によっては匂いがあったりカルキが強かったり、あるいはマンション住まいで配管や貯水槽に難があったりで「安心した水ではなさそう」と感じるものがあるかもしれません。その場合は、浄水ポットが非常に役立つと思います。

浄水ポットを使用したおいしいミルクの作り方

  • 浄水ポットは使用する前にミルトン消毒する
  • 水道水を浄水ポットに入れておく
  • 浄水ポットの水を煮沸(できれば10分)する(ヤカンなど蒸気が逃げる機構のもので)
  • 煮沸したお湯でミルクの必要量より少し少ないくらいでミルクを溶かす
  • 必要量に足りるくらいの水は、煮沸したお湯から湯冷ましを作っておく
  • 湯冷ましとミルクを溶かしたものを合体
  • 調温(必要があれば人肌程度まで冷ます)

こんな感じです。

電気ケトルを買うなら

ミルクにオススメの電気ケトルの記事、あります。

ミルクを作るために電気ケトルを選ぶ 安全性ならタイガー
赤ちゃんにミルクを作ってあげるため、速攻でお湯が沸かせて、かつ安全な電気ケトルを探してみました。ひとつだけ電気ケトルでつくるデメリットがありますのでそちらも。結論から言うと、タイガー製の「わく子さん」が一番安全で、しかもお買い得。なのに、一番人気は「T-fal」の調温機能のついた最新式。

ミルクの時期に必要なものも知っておきたい

私がミルクを飲ませる時期に必要になったものをまとめたページが、あります。

授乳・ミルク期に必要なものリスト【負担とストレス軽減にはお金をかけよ】
結論は「休養」と「夫のサポート」になった授乳・ミルク期に必要なものリストなのですが、これだけ読むと「なに媚び売ってんだ馬鹿野郎」と妻に怒られそう。ちゃんと説明すると、少しでも負担軽減になるグッズなら、使用期間は短くても買って損はないよという記事になります。
スポンサーリンク

おすすめ浄水ポットをご紹介

と、ここまで来て「あれもう浄水ポットいらないんじゃね」となっている方も多いと思いますし、私自身、もうこの記事いる?と感じているところですが、おすすめの浄水ポットはしっかり紹介しておきましょう。

今回はレビューできなさそう

ちなみに、だいたいレビュー書くと一個くらいは購入して実体験レビューするのですが、奥さんに話したら「いや、手間増えてるなら書く必要ないじゃん、買う必要なし」とバッサリ切られましたので、皆様はご家族とご相談の上、適宜購入してみてください。いいのあったらコメントで教えてください!

ブリタ

鉄板のBRITAの【アルーナ】

  • おいしい水をつくるMAXTRA+(マクストラプラス)MicroFlow Technology(マイクロフローテクノロジー)
  • 信号機と同じカラーでカートリッジの交換時期をお知らせする、革新的なBRITA Smart Light
  • モダンでなめらかなデザイン
  • シリコンストラップが付いたフリップトップ式のふたで、簡単に注水

https://www.brita.co.jp/ポット型浄水器/styleスタイル

というわけで、浄水ポットの弱点である「カビや水垢の繁殖」を抑えるという、MAXTRA plus MicroFlow Technologyがカートリッジの機能としてついています。

カートリッジ

ブリタ最上位クラスのStyle

しかし、ミルクづくりの必須品ではない、といいがながら最上クラスもしっかり情報提供する私とは。

アルーナとの違い
  • デザイン
  • シリコンストラップがついたフリップトップ式のふたを搭載

TORAY(トーレ)

PT304SV

トーレのトレビーノの高除去タイプは、先のフィルター除去機能で、不純物を取り除き、かつおいしさを保ってくれます。

カートリッジ

三菱レイヨン(ケミカル)

クリンスイ CP013

https://www.cleansui.com/shop/g/gCP013-GR

弱アルカリ水が作れるという浄水ポット。水素水あたりの記事で散々弱アルカリ水については調べましたが、お腹には優しい。

トリハロメタンの除去は強力に行えるとのこと(80%)。赤錆の混じった水も透明になるまでろ過できる高性能フィルター搭載。

カートリッジ

象印

炊飯浄水ポット MQ-JA11

象印の浄水ポットが面白い

ご飯が美味しくなる、という切り口で展開する象印奈良でのは浄水ポット。三菱レイヨン(クリンスイ)と協力して作ってるから、クリン水でいいんじゃね、という気はする。

https://www.zojirushi.co.jp/syohin/rice-polishing-machine/mqja

カートリッジ

MQ-JAK01

パナソニック

TK-CP21

ミネラル浄水をポットで実現できる。スピード濾過(0.09L)が自慢。除去率80%。

JETERY

うっすら、「どこのメーカーも一緒じゃね」という気がしてきたので、安くて機能性は保たれてそうな商品情報も。しかし、レビューを見てると「交換用カートリッジがない(ある)」と書かれていますが、確かに、ノンブランドだとその心配があるなと一考。

コメント

タイトルとURLをコピーしました