新潟で太陽光発電は大損?【各市町村の支援制度を利用すべし】

スポンサーリンク

FIT(固定価格買取)が、令和2年は21円/kWhまで下がり、当初と比較すると半額以下に。

ぶちくま
ぶちくま

もう、太陽光はやめておいた方がいいよね?

でも、電気料金自体はじんわりと高騰し続けており、「自家発電して、自分たちで使う」ことで、かなりお得に過ごすことはできます。

よめくま
よめくま

太陽光は設置費用もあるから、結局、お得なのかどうかがわからん!

新潟で、家庭用太陽光発電をすべきか否か、検討していきたいと思います。

一般住宅における太陽光発電の基本的な構造|太陽光パネルとは
一般住宅における太陽光発電の基本的な構造

画像はソーラーフロンティア様から引用しています。

ソーラーフロンティアとは?
ちなみにソーラーフロンティアは、昭和シェルを筆頭株主とする日本の会社で、高品質なソーラーパネルの開発をしています。

ソーラーパネルも中国に勢いがあるので、ぜひ日本の会社にも頑張ってもらいたいものです。

スポンサーリンク

太陽光発電のデメリット

メリットはわかりやすいので、先にデメリットからまとめていきます。

  • イニシャルコストが高い
  • メンテナンスコストも高い
  • 太陽光パネルの重さで家に負荷がかかる
  • 売電価格は制度頼り
  • 新潟は雪国のためメリットは半減

では、以下詳細を説明していきます。

① イニシャルコストは半端ない

よく、「10年くらいで取り返せますよ」と言われている、太陽光発電のイニシャルコスト。

設置費用は大体150万円くらいからそれ以上になってくるとされています。

ぶちくま
ぶちくま

補助金が出るかとは思いますが、最近はZEHの補助金も引き下げられるし、あれは一応2018年までの制度だったので、今後いくらになるかは言及しないでおきます。

太陽光設置についてはどのタイミングでも何かしらの補助はあるかと思います。
無いようであれば少し待つのもいいかも。

簡易のやつなら安いのにね

太陽光パネルを使ってスマホのバッテリーなどを充電するくらいなら、今はだいぶ安いものが出ています。もちろん、売電はできません。

ソーラーパネルで抜かりなし、災害時の電源確保
今、災害に備えるために備品を調達しているのですが、悩ましいのが電源確保。よめくま蓄電池を調べたら少し大袈裟すぎる。ぶちくま大容量モバイルバッテリーが使い勝手が良さそうだけど、どうやらソーラーパネル(ソーラーチャージャ...

② メンテナンスコストもかかる

年間15,000円くらいだと思ってもらえれば計算しやすいかと思います。

定期点検は基本不要とのことだが

定期点検は不要とのことですが、普段目につかないところで目視による確認が難しい上に、自分で屋根の上に登るのはちと不安。

ほいで、屋外ですから雨ざらしですし、暴風による器質的なダメージも考えられる。

日々劣化は進んでいく。

自分でメンテナンスできない=業者委託でコストがかさむ

ということで、ほとんどの場合、何か不具合があればプロにお願いすることになります。大体4年に1回くらい、2万円くらいかかるとされています。

周辺機器もメンテナンスおよび交換が必要

さらに、パネルだけじゃなく、パワコンなる「電力を使える形にする交換装置」みたいなものがあります。

これも20年では交換が必要。

③ 家自体への負担も大きい

パネルは、今後軽量化に電力創生も最適化されるので、今よりももっと軽くなることが期待されます、んが。

しろくまさん
しろくまさん

パネル、結構重たいんですよね。

「雨漏り」についての心配もよく聞かれますし、そうでなくても、少なからず屋根への負担は大きいです。
もちろん、ソーラーパネル業界的にはOKとしてますけどね。

新潟だとさらに積雪が入るので負担は倍増

積雪のある地域ではさらに注意が必要です。

もちろん、地域の設置業者に依頼すれば積雪対応をしてくれますが、新築の際には最初から太陽光パネルを載せたことを想定した設計にしておくことがベターです。

④ 制度の変更の影響が大きい

ぶちくまが家を建てる段になって、売電保証がなくなっていく方針となりました。

固定価格買取価格制度が変わりました|資源エネルギー庁

ぶちくま
ぶちくま

もともと家づくりにそれほどお金はかけられない状態ではあったので、「逆に即決で不要」となったのでよかったのですが。

ハウスメーカーの方で売電保証(何年間かは固定いくらで買い取りますよ)してくれているところもありますが、それも信用できるものとは言えません。

しろくまさん
しろくまさん

もちろん、制度の補助がなくとも、自家発電は今後も続くので有用ですけどね。

⑤ 新潟は冬場でも得することあるの?

そもそも、新潟では色々と不便なことがあるのは事実。

積雪が多い地域では、様々なトラブルが想定されております。

まずは先ほども書きました、積雪による重みの増加。これは上の③の家への負担にかかるところですが、積雪によって重みは倍以上となります。

積雪滑落による事故リスク

また、パネルの上って摩擦がないので、雪がスイーっと滑りやすくて、隣の家の窓ガラスまで勢いよく滑り落ちて破壊した、なんて可能性もあります。

積雪による発電量低下

一番大きいのは、積雪により発電量が減る(なくなる)こと。

まぁ、新潟の場合は、そもそも冬の期間の晴れの日を期待できないので、これは事前に想定しておくべきことではあります。

中には、「雪が積もっても晴れているときは発電するよ」と書いている記事も多くみられますが、新潟県民の皆様はご存知の通り、そもそも半分以上は曇りや雨、雪の日となるので山を越えた関東平野の皆様とは比べものにならないわけです。

また、屋根に太陽光パネルを置くことで、「屋根の上の雪かき」がより危険なものとなります。

ぶちくま
ぶちくま

いや、もうこのご時世、屋根に登って雪かきをする構造にしちゃダメだと思うんだよね

雪止めなど、対策をしっかりとって、あえて太陽光パネルで雪を溶かす・滑らせる方法を検討するのもありなのかもしれませんがね。

太陽光パネルは強化ガラスですので、溶けた水分も合わさって、恐ろしく滑ります。また、雪かきの際に太陽光パネルを破損する危険性もあります。

イニシャルコストが増えることも

また、イニシャルコストも増える可能性があります。

積雪に耐えられ得る太陽光パネルを設置するのであれば、専用のパネルとなりますので、少しお値段が上がります。また、上述したように、落雪対策や雪処理のための設備もあるとより便利でしょう。

市町村のサポート

新潟県内も各市町村がサポートしてくれているので、デメリットを緩和する方法としてはお勧めできそうです。

新潟市が何にもないようなので、ご紹介できないのですが、豪雪地の長岡・上越あたりはちゃんと支援制度が充実しているようです。

団体名制度名称助成制度の概要
方法対象限度額・利率
長岡市省エネルギー設備等設置事業補助金補助金・市内に住宅を有する者または住宅を新築する者(建替え・購入を含む。マンション等集合住宅も対象。)で、当該住宅に太陽光発電設備を設置する者

・市税の滞納がない者

・補助率:導入経費の1/3以内

・限度額:1kWあたり5万円、5kWまで

上越市環境保全設備整備促進事業補助金補助金市内の住宅に住宅用太陽光発電システムを設置する個人(受給最大電力が10kW未満のもの)太陽電池モジュールの最大出力値1kWあたり4万円(上限12万円)
上越市住宅リフォーム促進事業補助金・市内に居住し、本市の住民基本台帳に記載されいる方、または個人が定住を目的に空き家住宅を再生する方(市外の方も含む)

・市税を滞納していないこと

・リフォームする住宅に住宅用火災警報器が設置されていること

・公共下水道等の共用開始区域内に住宅がある場合は、公共下水道等に接続済み、又は当該工事で接続すること

・申請者が所有し、かつ居住している市内の住宅等(個人が定住を目的に再生する市内の空き家住宅含む)

・市内に本社を有する法人又は住所を有する個人事業者が施工すること

太陽光発電システムの設置・交換工事費の20%(上限10万円)

市町村の太陽光発電導入に関する支援制度【一般住宅】はこちらをご覧ください。(Excel形式 56 キロバイト)

この他にも、以下の地域では平成30年度は支援制度があるようなので、ぜひご活用ください!

  • 三条市
  • 柏崎市
  • 新発田市
  • 小千谷市
  • 十日町市
  • 見附市
  • 村上市
  • 燕市
  • 糸魚川市
  • 妙高市
  • 五泉市
  • 上越市
  • 魚沼市
  • 胎内市
  • 湯沢町
スポンサーリンク

太陽光発電のメリット

ここからは、太陽光発電によるメリットを説明していきます。

  1. 売電収入が得られる!
  2. 蓄電池も合わせれば安定した創エネができる
  3. 電力自由化が追い風となって、売電競争が起きるかも

①電気が造れる、売れる

太陽光パネル自体の性能も上がっているので、このメリットがどんどん強化されていくことでしょう。

くわしいひと
くわしいひと

その一方で、売電価格の固定買取額は年々下がっていますけどね

一般家庭では月に15,000円程度お得になるというデータもありますが、これはもうそれぞれの家庭と設置場所によるところがあると思う。

ぶちくま
ぶちくま

ぶちくま家みたいに、2世帯だったり、割合屋根面積を広く取れる家、管理のしやすい平屋なんかにすると、また変わってくることでしょう。

オール電化の方がメリットを享受しやすい

電気への依存度もあります。オール電化にしていれば、一番恩恵を受けやすいでしょう。

また、現在、原子力発電も縮小していく傾向にあり、そもそもの電気生成については見直されていく世情となっています。

しろくまさん
しろくまさん

安定した電力供給を受けるためには、自分たちでも電気を作る→ZEHにつながっていくわけですね。

新潟県のZEH対応メーカーについて【メリットとデメリットのまとめ】
新潟県のZEH対応状況や、「そもそもZEH基準を目指すべきなのか」という点についてあれこれ考えてみました。

売電価格の変遷

年度10kW未満
出力制御対応機器設置義務なし 出力制御対応機器設置義務あり
2017年度(参考) 28円 30円
2018年度 26円 28円
2019年度 24円 26円
2020年度 21円 21円
調達期間 10年間 10年間

令和2年度(2020年度)の調達価格及び調達期間についての委員長案

売電価格計算方法

計算方法がよくわからないかと思いますが、基本的には一般家庭では10kW未満となります。試算としては2018年度は26円に、売電できる量が、だいたい電力消費量の7割程度と考えるのが妥当です。

つまり、計算式は以下の通り。

年間平均発電量×0.7=約4,000kWh
26円×約4,000kWh=104,000円

参考値に参考値を掛けて計算しているので、かなりアバウトな数字ではありますが。

さらに、新潟県などの雪国の場合は冬季には思ったような発電量にはならないことも想定しておきましょう。

ぶちくま
ぶちくま

ハーバーハウスのソレイユでも売電価格の参考値を出しているけど、新潟県の会社でありながら積雪を考慮しない値で出しているのはちょっと不親切かな。

ついでに太陽光発電もふまえたお勧めの住宅会社は

ハーバーハウスはお勧めのハウスメーカーですが、この点は少し残念でしたね。

2018年は他にもお勧めのハウスメーカーをまとめています。ご参考になれば。イシカワのGROWなんかに太陽光を載せてもいいと思います。

だいたい発電量ってどんな感じなの

あくまでも参考値です。

項目1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
日数312830303130313130313031
日射量1.732.623.674.524.854.484.554.913.873.372.251.56
発電量261.2339.3529.1654.7721.2630.6620.4678.8517.6476.0291.7229.1

やはり、冬季の日射量が減るのが残念なところです。

ただ、意外と夏場は日射量が稼げるので、年間を通せば差は少し縮まります。

東京と新潟の日射量の違い
東京と新潟の日射量の違い

東京と新潟の日射量比較|新潟県

②蓄電池とのダブルコンボ

太陽光発電の周辺機器との関連性・関連図解説
ソーラーフロンティアHPより引用

今や蓄電池も性能が上がっており、ほとんど電力的なロスがない状態で蓄電池が使用できます。

これも導入・維持にはお金がかかりますが。

売ることを想定しなくても、自分たちで使い切る分を昼夜関わらず電気を使用できるのはいいことです。

③電力自由化により売電価格が見直される可能性も

東北電力など、これまでの電気会社は太陽光売電価格を引き下げる方針できていますが、世の流れは電力も自由化。

ぶちくま
ぶちくま

(減る可能性もありますが)売電価格が見直されて、より高価格で電力が売れる時代となる可能性があります。

基本的には売電価格は下がる見通し

売電価格は下がるという見方が主流です。今までは、高い売電価格は、国民全体が電気料金に上乗せして負担している「再生可能エネルギー促進賦課金」があったから実現していました。今は、電力自体は高騰していますが、買取価格は適正価格に向けて下がり続けています。

しろくまさん
しろくまさん

自家消費の方がお得なので、家庭用蓄電池の需要が高まっているのは、そのためですね!

災害・停電対策と蓄電池の考え方【補助金利用を考えてもまだ高い】
自然の脅威はあるものとして備えることが大事だと感じた昨今、まずは「避難生活を自宅で過ごす」ことを想定して、家庭用の蓄電池について調べてみました。結論としては「時期尚早」なので代替策を考えます。

民間電力会社の新規顧客獲得

民間の電力会社の顧客獲得のキャンペーンとして、電気の買取価格を高めに設定している場合があります。

ぶちくま
ぶちくま

卒FIT(固定買取が終わったあと)、電力会社の顧客の移動が激化します。この際に新規顧客を獲得したい民間の電気供給会社は、「電気買取価格」を餌に、顧客獲得を狙っています。

スポンサーリンク

太陽光発電に関する基本的な情報

太陽光発電に関する情報を自由に書きすぎたので、少し手直しをしてまとめます。

再生可能エネルギーと組み合わせる

京都議定書の目標となっていた2020年が終わり、2021年からは2030年のパリ協定で掲げられた「脱炭素社会」に向かって本格的に動き出すことになります。新しいエネルギーについては別記事でも紹介しています。

知っておきたい「世界のエネルギーの話」、家づくりの参考
家づくりをしていると、いろいろなことを調べなくていけなくて頭がパンクしそうになります。今、エネルギー問題があるのはわかるけど、この先、どうなるかはわかりづらい。というわけで、エネルギーの今後について関連しそうな情報をまとめました。

また、家づくりに関してのエネルギーの考え方についてもまとめてみました。

これからの時代の「新築とエネルギー」の考え方
私の「家づくり」は反省の多い結果になりましたが、家は建てたら終わりではないと言うことも学んでいるところです。今後も新しい技術が開発されていくことを期待すると、「現在の完璧」は、数年後の標準でしかなく、さらには未来のスタンダードから...

再生可能エネルギーという言葉の認知度は高まりましたが、「実際、何なの?」と聞かれて答えられる人は少ない。最低限、家づくりに関するエネルギーの話だけは知っておくと「未来で損することはない」ということで、簡単に情報をまとめておきました。

家庭用燃料電池と太陽光発電の関係

家庭用燃料電池としてエネファームの利用が進んでいますが、水素を使った家庭での発電には注目したいところです。

W発電としても注目されていましたが、「電気を作る家」とする場合は、自宅でエネルギーを全て賄うつもりであれば燃料電池の併用はありだと思います。

しろくまさん
しろくまさん

一時期は「オール電化」にして電気で全てをやりくりすることも考えましたが、天然ガス利用という既存のシステムを活かした「水素社会」の実現のことを考えると、電気以外のエネルギー源にも注目したいところですね。

ぶちくま
ぶちくま

最終的には、家電の利用などで「電気」というエネルギーの汎用性は高い。電気の作り方を工夫することが大事ということですね。

水素発電が可能な燃料電池は普及するのか|家づくりと補助金の話
エネファームを躊躇なく購入できる人生が良かった。私はコストの面から家庭用燃料電池であるエネファームの搭載は見送りましたが、世の中はどう考えても「再生可能エネルギーを取り入れる」方向に動いています。ぶちくま今後、電気代は高くなると...

地熱発電と太陽光の関係

地熱発電に関する情報はこちらにまとめました。

地熱発電と日本の家づくりの関係性を考える
地熱発電と家づくりに関する情報をまとめています。

地熱発電は、個人で取り組めるものではありませんが、自治体などで電気共有できる地熱発電施設ができるなら、家庭に太陽光発電は不要になるかもしれません。

今まで話がなくても、これからの社会、再生可能エネルギーを取り入れために背中を突かれている状況です。お住まいの地域が既に「温泉」などで地熱を利用している場合、少しだけ未来のことを想像してみてはいかがでしょうか。

地中熱利用

地中熱と地熱がややこしいですが、地面の中は温度変化が少なく、地上との温度差を利用して冷暖房や給湯などの省エネに貢献することができます。

太陽光発電では家庭の電力を全て賄うことはできないかもしれません。消費電力を抑える施策とは相性がいいと思うので、地中熱利用の並行は十分に検討範囲内です。

地中熱を家づくりに役立てる情報についてはこちらにまとめてあります。

地中熱ヒートポンプって自宅に使えるの? 採算が取れるか調査
地熱発電と地中熱利用は全く別物だったので、我が家としては「融雪」や「暖房補助」として地中熱は結構ありなんじゃないかと思っています。検討内容などをまとめています。

小型風力発電

自宅に風力発電は実現可能性は低いですが、我々新潟県民は「冬場の日射量は期待できない」ため、太陽光発電と太陽熱利用が難しい地域と言えます。少しでも発電の助けにならないかと、風力発電についても調べてみました。

自宅で風力発電は可能か「売電や投資で儲かる」
太陽光発電が「どうせ冬場は曇るからな」と躊躇していたのですが、世の中の動向を考えると再生可能エネルギーに一枚噛んでおきたい。そんな中、小型風力発電なら個人宅にも導入できそうだけど、どうなの?

太陽熱利用

太陽光を期待できる地域の場合、太陽光発電だけではなく、太陽熱を利用することも可能です。太陽熱利用は昔から存在する技術ですが、太陽光発電との相性も考えてハイブリッドに活用する方法についても開発が進められています。

太陽熱利用給湯システムってなんだ? 自然エネルギーと家づくり
太陽熱利用自体は新しい技術ではありませんが、太陽光発電の売電価格が今後も下がることを考えると、シンプルに「給湯・暖房」のための熱源として有用だと気づきました。

新潟における太陽光パネル設置まとめ

新潟においてはデメリットも大きくなりますが、「自分で電気を創る」ということにメリットを感じる方は、ぜひ太陽光発電を導入することをお勧めします。

ZEHという、自分の家のぶんの電気は自分たちで作ろう、という国の政策もあります。

売電によるメリットについて考えると、今後はあまり高価買取はないだろうなぁ、と二の足を踏むところですが。

安定した電力供給や、社会情勢の変化に左右されない家づくりを考えれば、太陽光パネルはあり、です。

ただし、あまりに設置条件が悪い家に関しては、設置しない方がお得な場合は多分にあるので、設置会社と相談してみることをお勧めします。

エネルギー基礎知識
スポンサーリンク
住宅会社で失敗しない秘策
ぶちくま
ぶちくま

なんか、住宅会社からめっちゃぼったくられてる。。。

住宅会社選ぶで失敗するのは、情報戦で負けるからです。まずは、簡単にできることで「住宅の知識」を楽しく学んでいきましょう!

しろくまさん
しろくまさん

資料請求は面倒に感じるかもしれませんが、このブログを読むよりはずっと簡単。得られる情報はもっとたくさんなので、せっかくなのでトライしてみてはいかがでしょうか。

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。

ぶちくま
ぶちくま

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

しろくまさん
しろくまさん

さらに、土地探しの相談もしてもらえます

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

ぶちくま
ぶちくま

「家づくりをする」メリットを、最大限に活かしましょう!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

複数の住宅会社の資料を一括請求

これはどこの資料請求サイトを利用しても一緒です。

資料請求サイトのデメリットも考えると、いたずらに資料請求をして対応に疲労困憊ひろうこんぱいするよりも、家づくりの大事な参考書ともなる資料を回収しながら、対応は一回で終わらせてしまったほうが圧倒的にお得です。

タウンライフの入力フォーム

タウンライフは入力も簡単

ぶちくま
ぶちくま

入力フォームは簡単なので、まずは自分の家づくりを楽しく想像しながら、プランを相談する気持ちで入力してみましょう!

しろくまさん
しろくまさん

基本的には「選ぶだけ」なので、漏れなく簡単に入力できますね。

3種の神器が簡単にもらえる

3種の神器、というのは少し話を盛っていますが、住宅会社に本当は相談してみたいけど、一度訪問すると営業地獄に入って面倒くさそうってこと、ありますよね。

  • 間取りのこと
  • お金のこと
  • 土地のこと

みんな素人だからこそ、なかなか遠慮して聞けないこれらのことが、タウンライフの資料請求では解決できる、かもしれないのです。

間取りプランも作成してくれる

自分たちでもあれこれ考えてみるけど、本当にできるのかどうかはわからない。自分たちの理想のマイホームを「机上の空論」で終わらせないのがプロの「間取りプラン」です。

プロの間取りプラン

プロの間取りプランが無料

資金計画の相談

これは私も当サイト内で散々語っているのですが、無理のある資金計画は、最悪の場合だと、数年で自宅を手放すリスクになります。あれだけ時間をかけて家を建てても、売るときはかなり資産価値を落とします。

資金計画のお手伝い

資金計画って本当に大事

ぶちくま
ぶちくま

みんな、なぜか自分がずっと健康で、しかもずっと雇用されているつもりで住宅ローンを組むけど、怪我も病気も社会情勢も住宅ローンに関係なく訪れますからね。

しろくまさん
しろくまさん

どれだけ保険をかけても対象疾患じゃなければ保険は降りない。でも、うつ病だと本当に働けなくなるからね。精神疾患、ほとんどの保険が降りないからね。

家づくりは、期待に胸が膨らむことではありますが、適度な不安を持つことは必要です。特に、資金計画に関しては失敗が許されないので、慎重であって当然。

でも、ついつい「新築ハイ」で」でイケるような気がしてくるのも事実。

客観的な視点の資金計画書を土台にしてから、家づくりを始めて「妥当なライン」を維持していくのが大切だと私は思います。

土地の情報はプロだけが持っている

家づくりと並行して「土地」も探されている方も多いと思います。

この土地ってのは存外に厄介でして、有名なハウスメーカーが「自社囲い」して情報をキープしている場合がほとんど。言い換えると、「いい物件情報は住宅会社が握っている」わけです。

住宅会社の土地情報

住宅会社の土地情報を引き出す

一括資料請求サイトのいいところは、住宅会社も「一括請求されている=他社と競合している」ことがわかるところ。つまり、情報の出し惜しみはせずに「自社の土地情報」の切り札を早々に持って来れることです。

しろくまさん
しろくまさん

各社とやりとりしながら、交渉術のことまで考えると、本当に手が回らなくなっちゃうからね。最初に一括してできると情報の整理がラクですよね。

ぶちくま
ぶちくま

我々施主も暇ではないので、貴重な休みを有効活用するためにも、タウンライフは早めに利用しておきたいところですね!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富です!

タウンライフにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

ぶちくま
ぶちくま

こちらも当然、無料で利用できます!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

  1. […] 新潟でも太陽光発電で得することってあるの? […]

タイトルとURLをコピーしました