家づくりでの失敗体験公開中!

住宅会社に聞いた、エネファームでモトは取れない理由【メリットとデメリット紹介】

スポンサーリンク

エネファーム、ややこしいですよね。

省エネ系は安易なネーミングが多くて、エネ〇〇に混乱している方も多くいらっしゃるかと思います。

エネファームは、ガス会社がこぞってお勧めする「省エネ」製品です。

具体的な説明は後回しにしますが、大事なことがひとつだけあるので、それだけお持ち帰りください。

「エネファームで金銭的にメリットを生み出すことは難しい」

これだけ覚えておいてもらえれば、家づくりでは大きな失敗はしないはずです。

スポンサーリンク

エネファームは太陽光よりメリット少ない

と、我が家を建ててくれた営業担当が言ってました。

本当にそうなのでしょうか。

最近、ぶちくまのお知り合いの方から、「太陽光発電とかエネファームとかってどうなの」と聞かれました。

確かに疑問が多いこのあたりの問題を少しばかり深く掘り下げていこうと思います。

太陽光はほとんどの住宅会社が積極的に取り組んでいる

太陽光発電はハウスメーカーによっては力を入れているところもあり、ハウスメーカー選定にも大きく関わってきます。

ぶちくま
ぶちくま

でも、一方のエネファームって、あんまり住宅会社がお勧めしている印象はないよね

エネファームをつけるかどうかでハウスメーカーを決める方はほとんどいないかと思いますが、つけるつもりであれば、どこにつけるのかなど間取りも考慮せねばなりませぬので、はやい段階でつけるかどうかは考えなければいけません。

太陽光発電をお勧めする理由

太陽光発電の方が住宅会社としてもメリットが大きかったりします。

  • 売電価格が固定されていたので「数字のメリット」を語りやすかった(今は違う)
  • ZEH対応に必須
  • オール電化でも対応できるしメリットが深まる

エネファームは、ガス併用住宅にしか対応できませんからね。太陽光発電の方が扱いやすいというのが実情です。

新潟でも太陽光発電で得するのか【各市町村の支援制度を利用すべし】
最初に言うべきなのは、雪国は太陽光発電のデメリットは大きい。倍増と言ってもいい。ただ、設置に反対するわけではなく、メリットも多いということは知っておくべきかと思います。意外と夏場は新潟も東京よりも日照量があるというデータもあるので、年間の差は縮まります。

ちなみに、ZEHについても、エネファーム単体でZEH基準を満たすのは至難の技となるのに対して、今でも創エネの基本は「太陽光」です。

新潟県のZEH対応メーカーについて【メリットとデメリットのまとめ】
現在、ぶちくまが契約しましたハウスメーカー様について(重い腰を上げて)ようやく書き始めました。 その中で、どうしてもZEHについて調べねば気が済まない事態になったので記事を分配しました。 ZEHとは、新築住宅の基準となるもので、「省...

 

ぶちくま
ぶちくま

では、エネファームってどうなのでしょうか

スポンサーリンク

エネファーム導入前に知っておきたいこと

エネファーム導入前に必ず知っておきたいことは、「お湯と発電の関係」です。

自分の家がどれくらい給湯を必要とするかで、エネファームが必要かどうか判断できます。

給湯の時しか発電しない

エネファームは、給湯の際に発電します。いや、発電の際の熱を利用して給湯している、というのが正しいのか。

エネファームが発電する方法

難しい説明は抜きにして、簡単に説明します。

  1. ガスの中には水素があります。
  2. これを利用して電気を作ります。
  3. 電気をつくるときの熱を利用してお湯を沸かします。
  4. 電気をつくって、お湯を沸かすことができました!

ちなみに、その分、ガスも使用されています。

たくさんお湯を使うならギリギリ得する場合も

つまり、電気をつくろうとすると熱も発生するからどうせだからお湯沸かしちゃおうぜ、っていうのがエネファームなのです。

なので、電気をつくろうとすればするほど、お湯が沸きます。無駄なお湯を沸かす必要はないので、十分なお湯があれば電気はつくられません。

給湯をあまり必要としないような人数の少ないご家庭には不向きです。

むしろ、エネファームを利用しようとすることで、エネルギー効率が悪くなった、なんて計算も出ているみたいです。

みんながみんな得をするわけではないので、利用者を選ぶ、とも言えますね。設置者を選ぶ高飛車なエネファームさまさま。

エネファームを4人家族で利用した場合の料金シミュレーション

ちなみに、試算になりますが。

一般的な4人家族のご家庭では、ガス代がプラス6000円程度、一方、電気代はマイナス70,000円に。

また、こちらのエネファーム使用時のシミュレーションがわかりやすいですね。

  • 購入電力量は約66%に
  • ガス代は年間13,070円増加
  • 電気代は年間90,560円削減
  • トータルで約77,000円お得!

エネファームタイプS登場|西武ガス

ということらしいですが、ソースはどちらもガス会社発表のもの。実際のところはどうなのでしょうか。

まず、比較対象となっている一般的なご家庭は少し電気代などが割高な気がします。

大体、最近の家電は省エネ製品を取り入れてますし、エコジョーズなど給湯時より高効率な給湯機も出ています。

そのあたりと比較した場合の利率はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

省エネ系のエネ〇〇のカタカナがややこしい件について

どうでもいい話ですが、エネファームとエコジョーズって似てるじゃないですか。

さらにエコキュートも入ってくるとややこしいですよね。

エコジョーズはガスの給湯

エコジョーズはガスの給湯システムになります。

お湯を沸かすときの熱を無駄にしないようにすることで省エネしよう、というものになります。

エコキュートは電気の給湯

エコキュートは、エコな給湯システムでエコキュート。

大気の熱をうまく利用することで、熱を効率よく移動させたり、圧縮して高熱にしたりして省エネするものです。

エネファームはガスによる発電

エネファームはガスによる発電機だと考えてもらっていいと思います。

つまり、エネファームとエコジョーズは畑が違うわけです。

これ知ってると打ち合わせの時に話が早いですよ。

スポンサーリンク

エネファームでイニシャルコストを回収することができるか

エネファームでもとはとれるのでしょうか。

仮に毎年6万円ずつ節約できるとしたら、120万円のイニシャルコストが償却できるのは20年後。

20年後というのはちょうどエネファーム本体の寿命ですね。

保証の効く10年間で償却するには、本体導入費を60万円に設定しないといけないね。

スポンサーリンク

エネファームのデメリット

エネファームのデメリットをまとめてみました。

騒音問題

低周波騒音の原因になる可能性があり、近隣への配慮が不可欠とのことです。

設置場所は、平らで安定した土地であることにくわえて、近隣住宅との距離や振動の伝わり方など配慮しないと、思わぬトラブルに発展する可能性もありますね。

イニシャルコスト高し

導入に100万円以上かかります。

加えて、オーバーホール(修理)なんぞしたら結構な修理代がかかるそうです。

仮に導入費を少し抑えられたとして、自分の持ち物になったら自分で修理せねばなりませんから。

しかも、意外と壊れやすいという話も聞きますし。

こちらのブログなんかは参考になりそうです。

エネファームの価格とか発電量とか考えると|ずしおの部屋

記事内では漏水メンテナンスを行ったとのことなので、エネファーム本体の問題ではないようですが。

10年間は修理無料、なんて情報もあるみたいですが、エネファーム自体の寿命は20年程度みたいです。(8年とするところもあるようですが)

うちの営業さんは、60万円くらいまで安くなってようやく検討できるもの、といっていました。ガス会社と懇意なHMでは説明も変わってくるのでしょうが。

ちなみに、冒頭部の知り合いの方は、HMから40万程度で導入できると勧められているそうです。

たぶん、40万で設置したらどこかで割の合わない話になっているはずですが、どこが負担しているにせよ、最終的に帳尻を合わせられてしわ寄せは消費者に来るようになっているはずです。

本来値引きされるべき金額がそちらに充当されているかもしれないですしね。

「そこ安くするなら、別のところを安くしてくれよ」と言いたくなるところですが、まぁ聞いてはもらえないよね。

知り合いの方は話を聞いているところ、予算はあるみたいなのでたぶんどこかの大手の話なんだけど、大手はW発電なる、太陽光とエネファームの発電で売電するのがいいみたいな話をするみたいです。

というか、もはや使えるお金は根こそぎ使わせようとしているようにしか見えないのだが。

ちなみに、エネファームは売電に使えないらしく、さらにW発電では売電価格も下がってしまうのだとか。

もちろん、エネファームでつくられた電気を自宅用に使うことで、太陽光の売電量を増やすことができる、という理論な訳なのです。

2018年追記:導入費用は減少傾向

流石に底値にどこかで行き着くかとは思いますが、東京ガスのエネファームの初期費用は、2011年に267万円、2013年に190万円、2015年に167万円と年々減少傾向にあるとのこと。

こちらのサイトは参考になります。

ZEHの創エネ設備まとめ 燃料電池編 – 東京都の注文住宅ならリガードへ
ZEHなら「燃料電池」の導入も視野に入れよう ZEHには創エネが欠かせません。創エネには、エネルギーを創る設備が必要不可欠ですので、その設備についてご紹介します。 過去の記事では、「太陽光・風力」で創...
スポンサーリンク

結局どうしたらいいかといえばエネファームはスルーが堅実

悲観的なポイントが多くなってしまいましたが、これから先のことを考えると、自分たちで発電する方法があることはいいことです。

売電収入は以前ほど期待できなくなったけれども、電気代が何かの拍子に高騰する可能性はあるので、(同時に、ガスが高騰する可能性も十分にあるのだが)電気を自炊できるポテンシャルを有することは心強いことです。

エネファームを推奨できるタイミング

ぶちくま家では、暖房にガスによる温水ルームヒーターを導入しているので、ガスに対する依存度は高いです。

正直、エネファーム導入も本気で考えましたが、まだ時期尚早かなという印象を受けました。

ガス会社としては、住宅の暖房機能に対しても発電量向上するように改良してもらえれば、「ガス暖房+省エネ給湯+自家発電」で、トータルメリットが大きくなると思うのですが。

ぶちくま
ぶちくま

でも、イニシャルコストがこれ以上増えるのは歓迎できないね

企業努力により、だいぶ本体価格が下がっているようですが、率直な感想としては、「ローンを組んでまで取り入れる設備ではない」というところです。

都市ガスでガス代が安い、本体価格が30万円程度の格安、蓄電池の寿命が延びる、の条件がそろったときに、エネファーム導入はようやく検討の土台に上がれそうです。

10数年後に、エコジョーズが壊れた時に、エネファームが安くなったり、エネファームに代わるものが現れていることを期待しています。

スポンサーリンク

2018年追記:ZEHとの相性は

ZEHで大事なことは、エネルギー消費を抑えるよりも、どのようにエネルギーをつくるか、と言うところにあると思います。

新潟県のZEH対応メーカーについて【メリットとデメリットのまとめ】
現在、ぶちくまが契約しましたハウスメーカー様について(重い腰を上げて)ようやく書き始めました。 その中で、どうしてもZEHについて調べねば気が済まない事態になったので記事を分配しました。 ZEHとは、新築住宅の基準となるもので、「省...

エネファームでは、家の電気の半分に満たない程度の発電力なので、これ一つではZEHは成り立ちません。

売電もできないので、あくまでも太陽光発電などの補助的な使い方となりそうです。

 

基礎知識
スポンサーリンク
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント