モリタ装芸の口コミについて調べてみた【新潟と仙台にある住宅会社】

スポンサーリンク

私の好きなハウスメーカーのひとつ、モリタ装芸。今回は、デザインに定評のある「デジも?」含め、家づくりを依頼してもいい会社なのかどうか、調べてみました。

2021年、新潟でオススメのローコストハウスメーカーを紹介!
2021年版の新潟ローコストメーカーまとめを作りました。まずは会社選びのために必要な知識を簡単にまとめてあります。大手メーカー3社としてハーバーハウス、パパまるハウス、イシカワ/ステーツをチョイス。小中規模のお勧めもどうぞ。
スポンサーリンク

モリタ装芸ってどんな会社

注文住宅ブランド「デジモ?」で展開しており、家雑誌を眺めたことがあれば知ってる方もいらっしゃる、というかほとんどの人が折り目つけてチェックしてるんじゃないでしょうか。

お家デザインの参考書こと、モリタ装芸をご紹介。

とにかくデザインありき

もうね、自分で言っちゃってるからね。

私たちモリタ装芸は、創業以来数多くの店舗設計に取り組み、 デザイン力を培ってきたビルダーです。 東京・大阪などの大都市での仕事も多く、高級ホテルのラウンジや客室、 ショールームやカフェなど、高いデザインセンスや繊細さを求められる 設計を数多く手掛けております。 そんな実績を持つ弊社の注文住宅ブランド「デジモ?」、リフォームブランド 「デジモ?リフォーム」は、デザイン性の高さを強みとしています。
http://www.dejimo.co.jpより引用

もうね、どんだけ言うねん、一生分の「デザイン」使い果たしたわ、ってくらい。

ぶちくま
ぶちくま

でも、これはもう自信の現れだよね!

実際にカッコいい家、建てるしね。なんだったら、建ててる施主たちもかっこいいしね。逆に、ハードル上がるよね。

スタッフブログが大好き

ぶちくま
ぶちくま

スタッフブログ、チェックしてますか?

新潟の住宅会社・工務店の「スタッフブログ」の読み方
新潟の住宅会社・工務店・ハウスメーカーを選ぶ際に、参考になるのが「スタッフブログ」です。4年間ひたすらスタッフブログを読みこなした私の経験から、家づくりに役立つ情報が得られる「良いスタッフブログ」についての情報をまとめました。

なんだって、家づくりが終わったぶちくまが、よそ様のスタッフブログなんかのぞいているかっていうとね、やっぱりかっこいいサイトはいいんですよ。

デジモは家づくりが好きな、いい記事書く

だいたいね、ハウスメーカーの社員ブログって、写真ボーンの日記ちょこっとで終わるんですよ。完全に業務化されているんです。それか、ほんと普通に「天気」の話とか、「日記」とか書いたりしてね。ブログの私的濫用ですよ。自分のフェイスブックでやっとけっていうね。

ぶちくま
ぶちくま

モリタさんはね、もっとこう、写真も贅沢に使ってくれるしね、何より、いろんなスタッフの方がいろんなコメント書いていて、彩あって楽しいんですよね。

なんだって、こんな褒めてるんだろうね。

ブログ更新頻度はハウスメーカー評価の重要ポイント

でも、本当に、ブログの更新頻度と書いてある内容って大事でね。

写真の掲載方法って大事

まず、ブログ記事に、作業内容が映る写真を惜しみなく出せるところは、いい会社である傾向にあります。

見せてもいい、むしろ見せたいって自信のあるところが多い会社、ということになります。隠さなきゃいけないところが多い会社だと、写真公開が命取りになりかねないし、細かい部分までチェックできない。

ブログの更新頻度って大事

あとね、更新頻度。

現場担当がどれくらい、ちゃんと現場に行っているのか、あるいはどんな資格を持った人が、どんな相談に乗ってくれているのか、契約した後でしかわからないことが、意外とブログに載ってたりして楽しいんです。

これくらいにしておかないと、逆に「お前、社員じゃねぇだろうな」って怪しまれそうなので。

家づくりに興味がある顧客を掴む、スタッフブログの書き方
スタッフブログの読み方に続き「書き方」にも注目することで、顧客側としても「誠実な会社」を選ぶ尺度として利用できると思い書いてみました。顧客に喜ばれるブログ、Webマーケティングについて。
スポンサーリンク

この値段でデジモしていいの? ROMOの魅力

細かい仕様が載っていないのは本当に残念。

デザインの会社だからね、最悪ね、こう、断熱材入ってないくらいを覚悟しておかないとね、んなわけないけどね。

ROMOの価格

Romo(プラン例)新潟仙台
27坪 1280万円
30坪 1450万円 1380万円
32坪 1480万円 1480万円
35坪 1580万円 1580万円

ROMO27坪は暮らせるか

27坪だとだいぶコンパクトではありますが、LDKに17坪確保してますし、割と住みやすそうな間取りを書いていますね。

これで1,250万は激安ですね。マジで仕様気になる。

ROMO35坪ならゆとりある生活が

35坪では書斎も取り入れられてかなり贅沢空間が演出できますね。

個人的にはこんなに広くなくていいから、評価の高い造作家具をふんだんに入れるね。

ぶちくま
ぶちくま

1,500万かぁ。。。

実質は1,700くらいで考えておけば、まぁゆとり持てそうかな。

スポンサーリンク

口コミが愛に溢れすぎていて少し怖い

いいですね、口コミサイトも盛り上がってます。

ここは、一度建てた人も見にきてくれるところみたいで、質問があればしっかり答えてくれているようです。

施主はもうほぼスタッフ

というか、これは施主もスタッフばりに働いている。

こんなに長文でやり取りしているHM口コミ板はあんまりないね。
イシカワくらいだろうかね。

新潟の「デジモ」って会社は?

口コミからわかる標準建具

施主です。ROMOは機能にも優れていますよ。
断熱材も吹きつけですし、サッシの性能もいいです。
設備もリクシルです。

https://www.e-kodate.com/bbs/thread/11789/res/1-1000/

キッチンはリクシルのASでした。いずれもROMO仕様です。うちは部分的に変更しましたが、差額をお支払いする形なので、設備でそんなに金額あがりませんでした。

https://www.e-kodate.com/bbs/thread/11789/res/1-1000/

どうやら標準建具はリクシルのようですね。

スタッフが素敵らしい

本当にそうですよね。見学会の時は、若手のスタッフさんが多いですが、プランナーさんはなんでも相談にのってくれて、心強いですし、設計の方は的確で素晴らしいアドバイスや助言もくれて、本当に頼れますよ‼︎
アフターもばっちりです。だからこそ、建てた後もモリタ装芸の手掛けた家が気になり、ブログを見てみたり、オープンハウスに出かけてしまうんです笑

https://www.e-kodate.com/bbs/thread/11789/res/1-1000/

スタッフに対する評価も良好です。

まず、工事の日にちが大幅に遅れました。なんの連絡もありません。その前にモデルハウスに行って見積もりを出してもらえますかと頼んだけど2ヶ月近く放置されました。

https://www.e-kodate.com/bbs/thread/11789/res/1-1000/

一方で、こんな意見もありますが、口コミで両方の意見が出てくるのは悪くない証拠です。

モリタ価格

他社で同じ坪数だと2~300万くらい高かったです。ただ、総二階とそうでない差はありますが。それも含めて効率的な作り方かと。軒下とかほしいとダメでしょうし、何を求めるかでしょうかね?

https://www.e-kodate.com/bbs/thread/11789/res/1-1000/

やはり他社に比べると少し高めということですが、ROMOになると総二階デザインが基本となるので、安くすることができます。

総二階建てといえば、新潟には北海道規格のジョンソンホームズのフランチャイズ、COZYもありますので、そちらの記事も参考にしてみてください!

新潟のCOZY(ジョンソンホームズ)でコンパクトハウスを楽しもう
家の形として最強なのは、表面積を最小限に抑えた総二階建ての立方体形状のものです。 家に必要な性能は、最低限「保証された」断熱性能です。 これさえ乗り越えていれば、あとは値段が抑えれればそれでいい。 そんな会社がありました。今回はふたつのコージーハウスを紹介します。

家の性能について

私が伺ったのは、耐震等級は依頼すれば最高の3獲得もできるとのことです。ただ、費用対効果が出ないので、わざわざ取らないと。通常は等級2程度と聞きました。

https://www.e-kodate.com/bbs/thread/11789/res/1-1000/

あと、家の性能的なところでは他社の方が強い、みたいな意見もちらほらあります。ありますが、実際のところ、建具などの個別の住宅性能に関しては、結局のところはメーカー品になるので、大手ハウスメーカーとは大差はないはずです。

造作家具の満足度が高い

造作家具を褒める口コミが多いこと!

ぶちくま
ぶちくま

やっぱり造作家具っていいですよね。

スポンサーリンク

モリタ装芸の情報まとめ

絶賛しましたが、いかがでしたか。ちょっと口コミの分量が多すぎて、サクッとまとめになってすいません。

モリタ装芸のここがお勧め!
  • 仕様や設備のグレードの確認は必須
  • だけど、家の性能よりもまずデザイン、という方にオススメ。
  • モリタで建てなくても、HPを見てるだけで勉強になる。

まぁ、ここはぶちくまブログでみるより実際にHP見てきた方がいいね。

モリタ装芸

ハウスメーカー・工務店
スポンサーリンク
住宅会社で失敗しない秘策
ぶちくま
ぶちくま

なんか、住宅会社からめっちゃぼったくられてる。。。

住宅会社選ぶで失敗するのは、情報戦で負けるからです。まずは、簡単にできることで「住宅の知識」を楽しく学んでいきましょう!

しろくまさん
しろくまさん

資料請求は面倒に感じるかもしれませんが、このブログを読むよりはずっと簡単。得られる情報はもっとたくさんなので、せっかくなのでトライしてみてはいかがでしょうか。

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。

ぶちくま
ぶちくま

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

しろくまさん
しろくまさん

さらに、土地探しの相談もしてもらえます

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

ぶちくま
ぶちくま

「家づくりをする」メリットを、最大限に活かしましょう!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

複数の住宅会社の資料を一括請求

これはどこの資料請求サイトを利用しても一緒です。

資料請求サイトのデメリットも考えると、いたずらに資料請求をして対応に疲労困憊ひろうこんぱいするよりも、家づくりの大事な参考書ともなる資料を回収しながら、対応は一回で終わらせてしまったほうが圧倒的にお得です。

タウンライフの入力フォーム

タウンライフは入力も簡単

ぶちくま
ぶちくま

入力フォームは簡単なので、まずは自分の家づくりを楽しく想像しながら、プランを相談する気持ちで入力してみましょう!

しろくまさん
しろくまさん

基本的には「選ぶだけ」なので、漏れなく簡単に入力できますね。

3種の神器が簡単にもらえる

3種の神器、というのは少し話を盛っていますが、住宅会社に本当は相談してみたいけど、一度訪問すると営業地獄に入って面倒くさそうってこと、ありますよね。

  • 間取りのこと
  • お金のこと
  • 土地のこと

みんな素人だからこそ、なかなか遠慮して聞けないこれらのことが、タウンライフの資料請求では解決できる、かもしれないのです。

間取りプランも作成してくれる

自分たちでもあれこれ考えてみるけど、本当にできるのかどうかはわからない。自分たちの理想のマイホームを「机上の空論」で終わらせないのがプロの「間取りプラン」です。

プロの間取りプラン

プロの間取りプランが無料

資金計画の相談

これは私も当サイト内で散々語っているのですが、無理のある資金計画は、最悪の場合だと、数年で自宅を手放すリスクになります。あれだけ時間をかけて家を建てても、売るときはかなり資産価値を落とします。

資金計画のお手伝い

資金計画って本当に大事

ぶちくま
ぶちくま

みんな、なぜか自分がずっと健康で、しかもずっと雇用されているつもりで住宅ローンを組むけど、怪我も病気も社会情勢も住宅ローンに関係なく訪れますからね。

しろくまさん
しろくまさん

どれだけ保険をかけても対象疾患じゃなければ保険は降りない。でも、うつ病だと本当に働けなくなるからね。精神疾患、ほとんどの保険が降りないからね。

家づくりは、期待に胸が膨らむことではありますが、適度な不安を持つことは必要です。特に、資金計画に関しては失敗が許されないので、慎重であって当然。

でも、ついつい「新築ハイ」で」でイケるような気がしてくるのも事実。

客観的な視点の資金計画書を土台にしてから、家づくりを始めて「妥当なライン」を維持していくのが大切だと私は思います。

土地の情報はプロだけが持っている

家づくりと並行して「土地」も探されている方も多いと思います。

この土地ってのは存外に厄介でして、有名なハウスメーカーが「自社囲い」して情報をキープしている場合がほとんど。言い換えると、「いい物件情報は住宅会社が握っている」わけです。

住宅会社の土地情報

住宅会社の土地情報を引き出す

一括資料請求サイトのいいところは、住宅会社も「一括請求されている=他社と競合している」ことがわかるところ。つまり、情報の出し惜しみはせずに「自社の土地情報」の切り札を早々に持って来れることです。

しろくまさん
しろくまさん

各社とやりとりしながら、交渉術のことまで考えると、本当に手が回らなくなっちゃうからね。最初に一括してできると情報の整理がラクですよね。

ぶちくま
ぶちくま

我々施主も暇ではないので、貴重な休みを有効活用するためにも、タウンライフは早めに利用しておきたいところですね!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富です!

タウンライフにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

ぶちくま
ぶちくま

こちらも当然、無料で利用できます!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました