M.Kプランニングのマゴコロハウス【新潟最安値で家を建てる方法】

スポンサーリンク
マゴコロハウスは新潟圏内でも最安値クラスのローコストハウスメーカーです。
ターゲット層も年収300万円から、しかも月々4万円の返済を想定した、
かなり格安で正直ちょっと心配になるレベルの住宅会社です。
しかし、安いは正義、一部口コミも紹介します。

マゴコロハウス、安いです。
新潟は南区を本拠地として据え置き、かつラッピングバスまで走らせて、
新潟市内でも知名度はそれなりにある。
でも、あまりの安さにちょっと心配になりますよね。

実際のところ、どうなのよ、という記事です。

スポンサーリンク

マゴコロハウスは新潟ローコストハウスメーカー

パパまるハウスに手を出したので、ローコストを紹介するうえでは避けては通れない、
というか、ローコストについて調べ始めたときに一番気になったといっても過言ではない会社。
M.Kプランニングのマゴコロハウスについて今回は調べたいと思います。

スポンサーリンク

ホームページからすでに漂うローコスト感

マゴコロハウスのHP等の広告をみるといつも思うのですが、
こいつはスーパーのチラシなのかい、と思うほどに潔く安さを売りにしています。
多少、におうような書き方をされていても、「まぁこれくらい安いなら仕方がないか」と有無を言わさず納得させるような妙な説得力を感じます。

ある意味、我々が目指していた住宅会社とはこういうものなんだと、なんだか気付かされた思いです。

ぶちくま
ぶちくま

いやいや、でも一生に一度の買い物を
こんなに安く済ませていいのかなぁ

かめ
かめ

ローン返済を何年も続ける人生と、
10年くらいで完済して次の住処を考えるというのも、
ひとつの価値観とも言えるかもしれんのう

価格は安くターゲットも年収300万円台

ターゲット層も年収300万円台と、
まさにブログタイトル通りに社会人3年目でも十分に建てられる値段設定。
家賃よりも安く建てられるのは、本当にここだけなんじゃないかと、ぶちくまは感心しております。

年収300万で家建てて大丈夫なの

年収300万円って手取りで250万くらいですよね。
ただ、日本の40%くらいが、だいたいこの年収なんですよね。

きつね
きつね

ただし、男女比で大きく違うから、
実際にはパート社員なんかもこのあたりの主体層になりそうだな。

ぶちくま
ぶちくま

このくらいの収入から建てられるっていうのは、
日本にとっても未来がひらけそうだね

スポンサーリンク

経営基盤とか大丈夫なんですか

広告はいろいろなところから出している

ちなみに、あまりにも安くて心配になりますが、ハウジングこまちにもたまに載ってたりします(広告削減と矛盾しとりますが)。
SUUMOにも賃貸物件とか出しているから、それなりに安定した収益はあるのだろう。


【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

スポンサーリンク

標準装備の家の詳細

標準装備からはとりあえず風呂とトイレとキッチンはつくらしいということ以外にはもやは何が建つのかはわからん。

おそらくアパート的な設備にはなると思うが、アパート賃貸にお金を溶かしていくくらいなら、まぁ自分の家を建てますわな。

安さの秘密も、他のローコストのうたい文句と大差はないのですが、ここもはっきりと「打ち合わせコストの効率化」を打ち出しています。
超ローコストはこうでないといけませんね。

HP内にもいろいろと突っ込みたいところは山ほどありますが、「プロの一言」は、いったいどこのなんのプロの一言何だい、とか、ご来場者7大特典で毎月3棟限定プランのご案内があるけど、年間建築棟数が30棟なんだから定員割ってるじゃねぇか、とか、マックカード1000円分がついてくるとかもう胸アツですわ。

それで、マゴコロハウスってどんな家なの?

うっかり商品の説明を忘れていました。
最低価格を768万円とし、月々4万円の返済、自己資金0で建てられるみたい。
ローンの算定を固定金利で出しているのは少し好感が持てますね。(変動のほうが見かけは安く見せられるので)

HPを探しても768万円のプランがみつからないので、基本価格は人気No1のMK-32、1360万円だと考えたほうがいいみたい。標準装備は先ほど述べた通り、最低限。おそらく造作家具などは期待できませんが、そんなものはあとで棚でも買えばいいのです。

家があれば内装は自分のセンスで家具揃えられる

私が思うに、おしゃれな家は造作家具や窓の大きさ、外構できまると思っています。
それはつまり無駄にお金がかかる部分と言い換えてもいい。
それは端から期待せずに、箱だけ作って、あとはその中を自分好みに着飾ればいいのです。
「おしゃれだな」と思われるためだけに、他所に頼んで500~1000万円もローンを組むよりは、
身の丈に合った生活の中に、小さな彩を加えればいいと、ぶちくまは思っています。

スポンサーリンク

口コミはあまりあてにならないサイトしか出ない

HPのお客様の声だけを信用するのは流石に忍びない

評判としては、お客様の声しかみつからないので、何とも言えないところですが、最初から過度な期待をしていない分、クレームも少ないのかもしれません。

対応が遅い、なんてのはありましたが。それはどこのハウスメーカーも一緒です。
というか、なんでハウスメーカーって、普通レベルの接客ができないんだろうね。

まごころハウスwww|Bakusai.com

人との約束は守るっていうのは当たり前のことだと思うんだけど。
逆に言えば、最初の打ち合わせの段階で、しっかり自分の予定表に目もできる人とか、
それをお客さんと共有できているとか、そういうところは営業のチェックポイントになりうるかもしれませんね。

かろうじて見つけたのは地域口コミサイトのみ

みつけたので一応貼っておきますが。
あまり内容はありませんでした。

http://bakusai.com/thr_res/acode=4/ctgid=104/bid=330/tid=4611945/p=3/tp=1/

私個人としては、標榜していること以上のものは望まないというのがハウスメーカーを選ぶうえで重要だと思います。

たぶん、売り込みの時には、「このほかにももっと頑張りますので」などと甘いことをささやかれると思いますが、はっきりと約束したこと以外は、(というか、約束したことでも)してくれないことがほとんどです。

支払う金額はここまで、標準装備以上のものは装備されない、高気密・高断熱は期待しない(施工力に左右されるので)。

ローコストで建てるということはそういうことです。

スポンサーリンク

マゴコロハウスとパパまるハウスだったらどっち

個人的にいうなれば、マゴコロよりは断熱性能とハウスメーカーの底力の差でパパまるに軍配を上げますが、紹介いただける土地や、安く建売が買えるようであれば検討の余地は十分にありそうです。

口コミ的には当然規模の差でパパまるの方が悪い情報がみつかりますが、そこはあまり気にしなくてもいいかと。

ではでは。

ハウスメーカー・工務店
スポンサーリンク
住宅会社で失敗しない秘策
ぶちくま
ぶちくま

なんか、住宅会社からめっちゃぼったくられてる。。。

住宅会社選ぶで失敗するのは、情報戦で負けるからです。まずは、簡単にできることで「住宅の知識」を楽しく学んでいきましょう!

しろくまさん
しろくまさん

資料請求は面倒に感じるかもしれませんが、このブログを読むよりはずっと簡単。得られる情報はもっとたくさんなので、せっかくなのでトライしてみてはいかがでしょうか。

3分でわかる、住宅の資料請求の極意教えます

みなさん、自分が建てる家にいくらの広告費がかけられているか、ご存知ですか?

住宅会社によりますが、1件あたりに7%以上をかけているというのが相場。これだと、3,000万円の家だと、200万円以上も広告のために払っていることになります。

このうち、住宅資料(カタログ)にもかなりのお金がかけられています。

せっかく家を建てるのであれば、たくさんの資料をもらっておいた方が、デザインの参考にもなるし、勉強にもなるので情報力で営業に負けなくなる

ぶちくま
ぶちくま

資料を制するものは家づくりを制す

名言です。

無駄なく資料請求するなら住宅情報サイトを利用しよう!

私がおすすめしたい住宅資料を一括でできるサイトが2つあります。今回は、一番無駄なく、サービスももれなくもらえる方法を簡単にお伝えします。

ぶちくま
ぶちくま

まずは3分で、一番お得に住宅資料を一括請求しちゃいましょう!

①【town life】タウンライフで間取りと資金計画の計画書をもらおう!

資料請求の際に、タウンライフのサービスを受けずに終わってしまうのは、あまりにももったいないです。

なぜなら、資料請求が一括でできる上に、無料で、間取りプラン住宅費用の計画書を作ってもらえるからです!

しろくまさん
しろくまさん

さらに、土地探しの相談もしてもらえます

「本当に無料なの?」と思ってしまうところですが、住宅会社の広告料があるからこんなサービスも受けられるのです。

ぶちくま
ぶちくま

「家づくりをする」メリットを、最大限に活かしましょう!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

複数の住宅会社の資料を一括請求

これはどこの資料請求サイトを利用しても一緒です。

資料請求サイトのデメリットも考えると、いたずらに資料請求をして対応に疲労困憊ひろうこんぱいするよりも、家づくりの大事な参考書ともなる資料を回収しながら、対応は一回で終わらせてしまったほうが圧倒的にお得です。

タウンライフの入力フォーム

タウンライフは入力も簡単

ぶちくま
ぶちくま

入力フォームは簡単なので、まずは自分の家づくりを楽しく想像しながら、プランを相談する気持ちで入力してみましょう!

しろくまさん
しろくまさん

基本的には「選ぶだけ」なので、漏れなく簡単に入力できますね。

3種の神器が簡単にもらえる

3種の神器、というのは少し話を盛っていますが、住宅会社に本当は相談してみたいけど、一度訪問すると営業地獄に入って面倒くさそうってこと、ありますよね。

  • 間取りのこと
  • お金のこと
  • 土地のこと

みんな素人だからこそ、なかなか遠慮して聞けないこれらのことが、タウンライフの資料請求では解決できる、かもしれないのです。

間取りプランも作成してくれる

自分たちでもあれこれ考えてみるけど、本当にできるのかどうかはわからない。自分たちの理想のマイホームを「机上の空論」で終わらせないのがプロの「間取りプラン」です。

プロの間取りプラン

プロの間取りプランが無料

資金計画の相談

これは私も当サイト内で散々語っているのですが、無理のある資金計画は、最悪の場合だと、数年で自宅を手放すリスクになります。あれだけ時間をかけて家を建てても、売るときはかなり資産価値を落とします。

資金計画のお手伝い

資金計画って本当に大事

ぶちくま
ぶちくま

みんな、なぜか自分がずっと健康で、しかもずっと雇用されているつもりで住宅ローンを組むけど、怪我も病気も社会情勢も住宅ローンに関係なく訪れますからね。

しろくまさん
しろくまさん

どれだけ保険をかけても対象疾患じゃなければ保険は降りない。でも、うつ病だと本当に働けなくなるからね。精神疾患、ほとんどの保険が降りないからね。

家づくりは、期待に胸が膨らむことではありますが、適度な不安を持つことは必要です。特に、資金計画に関しては失敗が許されないので、慎重であって当然。

でも、ついつい「新築ハイ」で」でイケるような気がしてくるのも事実。

客観的な視点の資金計画書を土台にしてから、家づくりを始めて「妥当なライン」を維持していくのが大切だと私は思います。

土地の情報はプロだけが持っている

家づくりと並行して「土地」も探されている方も多いと思います。

この土地ってのは存外に厄介でして、有名なハウスメーカーが「自社囲い」して情報をキープしている場合がほとんど。言い換えると、「いい物件情報は住宅会社が握っている」わけです。

住宅会社の土地情報

住宅会社の土地情報を引き出す

一括資料請求サイトのいいところは、住宅会社も「一括請求されている=他社と競合している」ことがわかるところ。つまり、情報の出し惜しみはせずに「自社の土地情報」の切り札を早々に持って来れることです。

しろくまさん
しろくまさん

各社とやりとりしながら、交渉術のことまで考えると、本当に手が回らなくなっちゃうからね。最初に一括してできると情報の整理がラクですよね。

ぶちくま
ぶちくま

我々施主も暇ではないので、貴重な休みを有効活用するためにも、タウンライフは早めに利用しておきたいところですね!

【TOWN-LIFE】で資料請求してみる

②【SUUMO】スーモで気になる住宅会社を一網打尽!

SUUMOは大手リクルート社ということもあって、掲載数がとにかく豊富です!

タウンライフにはなかった住宅会社も掲載しているので、最後に「まだ気になる住宅会社」がある方は、ぜひチェック!

ぶちくま
ぶちくま

こちらも当然、無料で利用できます!

【SUUMO(スーモ)】で情報収集する

ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました