Sarah(サラ)が低価格で利用しやすいフォトブックサービスだと聞いて

スポンサーリンク

自分に合うフォトブックサービスを探しています。

ぶちくま
ぶちくま

子供が産まれると、スマホのデータ容量が秒で無くなる。毎月依頼できる手頃な料金で、面倒くさがりな私でもトライしやすい適度なサービスはないものか。

面倒くさがりを直せばいいじゃないか、という意見はさておき、お金を払う覚悟はあるも毎月のことだとやはり低コストがいいな、と考えていたら、そんなサービスは思った以上にたくさんありました。それはそれで、選ぶのが大変なのです。

このページでは、sarahという「プチプラで簡単にフォトブックができる!」というサービスがあったのでご紹介します。

ぶちくま
ぶちくま

男性にはあまり「プチプラ」という形容詞に馴染みがないんだけど、ママだけを対象にしているサービスだとちょっと距離感出ちゃうよね。

アプリのダウンロードは無料!
sarah [サラ] フォトブック  プチプラ写真集

sarah [サラ] フォトブック プチプラ写真集

SHIMAUMA PRINT, Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

Sarah(サラ)の基本的な情報

サラのロゴ、sarah(サラ)のフォトブックサービス

まずは、どこのサイトでも書いてあるような基本的な情報を、どこのサイトにも書いているようにお届けしていきます。価格やサービスをざっくりと知っておきたい、という場合にご活用ください。

どんなフォトブックが作れるの?

sarahのフォトブックの特徴についてサラッと解説していきます。

サイズ

まず、大きく分けると2種類あります。

sarah
サラの標準的な価格、sarah(サラ)のフォトブックサービス

かわいいコンパクトサイズは写真整理や成長記録におすすめ。デザインが選べる巻カバー付き。1ページあたり4枚まで写真が配置できます。大切な方へのギフトとしても喜ばれています。

利用目的としては、写真のプリントアウトとしてのフォトブックとしての用途が第一。加えて、少し大きめのA5サイズも選択できるので、孫の写真を集めたフォトブックを祖父母にプレゼントする、なんて用途にも最適のようです。

Sarah +(サラたす)
サラたすのサイズ、sarah(サラ)のフォトブックサービス

白色の大判サイズは、イラスト・作品集やオリジナルブックにおすすめ。1ページ1枚画像の全面配置仕様。パソコンや入稿の知識がなくても、簡単に自分だけの1冊を作ることができます。

B5・A4サイズという、フォトブックにしては大きめのサイズに対応。これは、趣味でイラストを描いたり、写真を撮っているしている方がイラスト集やフォトブックとして利用するのにおすすめのサイズです。

しろくまさん
しろくまさん

最近は個人でも創作物を売りやすいし、SNSなどを利用して購入したいという需要を掴むこともできるようになってきました。

ぶちくま
ぶちくま

完全受注生産で、sarahbookを利用してイラスト集を販売してみたり、あるいはハンドクラフトの見本/サンプル集として小規模店舗や協力店に置かせてもらったりして、販売促進の道具として利用するのも良さそうですね。

しろくまさん
しろくまさん

コロナの影響もあって、飲食店もテイクアウトにシフトしてきているから、少しでも料理をおいしく見せるために、メニューをフォトブックにしてもいいかもしれませんね。

画質・デザインに関すること

  • 最新の印刷機・製本機を使用
  • 本を守るジャケットも添付
    • 耐久性を維持するため用紙を使用
    • コーティング加工
  • 無線綴じ製本
  • 背表紙印字
  • 個別包装
  • ブックカバー(150円/冊)

Sarahのサービスに関すること

とりあえず、評価は抜きにしてだいたいこんなサービスをやっています、というもの。

サラのサービス、sarah(サラ)のフォトブックサービス
  • 最短当日出荷
  • 複数配送先指定
  • お友達招待機能

Sarahの使い方

こちらもイメージしやすいポイントだけを抜き出しています。

  1. 写真を選択
  2. 自動でレイアウト
  3. 発送のための登録手続き
  4. 最短当日出荷

後半でしっかりとレビューはしますが、とりあえずはこんな感じで簡単にフォトブックが作れてしまいます。

sarahの価格

sarahの価格に関する情報です。

Sarah

SarahスクエアA5
実際のサイズ140 x 140mm148 x 210mm
24ページ275円429円
36ページ418円539円
48ページ528円649円
72ページ748円869円
96ページ858円979円

Sarah +

sarah+[サラたす]B5A4
実際のサイズ182 x 257mm210 x 297mm
12ページ440円550円
16ページ550円660円
20ページ660円770円
24ページ770円880円
32ページ880円990円
40ページ990円1,100円
48ページ1,100円1,210円

送料に関すること

項目ゆうメールゆうパケットレターパックゆうパック
税抜送料98円220円500円680円
出荷まで3営業日3営業日1営業日1営業日
出荷~受取まで1~7日1~5日1~3日1~3日
追跡なしありありあり
日時指定なしなしなしあり
受取方法郵便受け郵便受け郵便受け手渡し
割引キャンペーンがあることも

いつまで続くキャンペーンなのかはわかりませんが、毎月3のつく日にメール便分の送料が無料になるキャンペーンを行っています。メール便以外でも90円の割引がされるので、できれば3のつく日に注文したいところですね。

【サラの日キャンペーン概要】
■期間:毎月3、13、23日の23:59まで
■対象:ゆうメール、ゆうパケット、ゆうパックを対象に90円割引いたします。
※表示価格より割引されます。
※ご注文の際に割引の適用をご確認いただけます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000026848.html

類似サービスとの比較

比較項目sarahTOLOTプリミィノハナ
最安料金275円500円330円無料
送料105円無料110円275円
ページ数24ページ64ページ24ページ20ページ
1ページの 写真数4枚1枚1枚1枚
最大 写真枚数89枚62枚23枚21枚
アプリのダウンロードは無料!
sarah [サラ] フォトブック  プチプラ写真集

sarah [サラ] フォトブック プチプラ写真集

SHIMAUMA PRINT, Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

Sarahの使用感をレビュー!

sarahのいいところや悪いところなどの情報をまとめていきます。

sarahのいいところ

  • レイアウトが自動で設定されて簡単
  • 低価格フォトブックとして安心のコスパの良さ
  • 随所にこだわりのある手入れは可能

コスパ相応の製品

良くも悪くも、「プチプラ」を売りにしていることもあり、コスパの面では他の類似サービスと比較しても納得の価格設定だと思います。

ページ数は24ページと手頃な枚数で「毎月〜イベントごと」にフォトブックを作成するユーザーには利用しやすいあたりだと思います。

最低注文価格も275円(+105円)で、各種クーポンや送料無料キャンペーンなどを活用すればコスパの面では他のサービスの追随を許さないお得感。

それでいて、安っぽいわけではなく、適度な画質とジャケットなどの付随品で他のサービスよりも「ちょっといいかも」と思わせてくれるような品質を感じさせてくれます。

ぶちくま
ぶちくま

お金を出せばもっといいサービスがあるのは当然のことだけど、「最安値」あたりのフォトブックサービスで比較するなら、選んで後悔しないところにはあると思いますよ。

自動レイアウトの手軽さ

これは次にデメリットとしても書くのですが、レイアウトを自動で決めてくれるのは手間をひとつ減らしてくれる意味ではすごく優秀です。

日付などの情報から、ある程度のイベントのまとまりで写真を並べてくれるので、「表情はいいけど、似たような写真も選んだしな」という時に、とりあえず選んでおいてレイアウトで調整することができます。

sarahのお勧めできないところ

  • 操作性が少し面倒(修正が大変)
  • 装飾・カスタマイズ性に不満
  • 写真が小さく見えるレイアウト

自動じゃない部分の操作は大変

sarahじゃないフォトブックアプリでも似たような操作性ではあるのですが、sarahは自動でレイアウトされるため、ひとつ「いまいち」な画像があると、修正するのが少しばかり手間ではあります。

自動レイアウトで「日付」や「選択順」で勝手に並べてくれるのはいいのだけど、「ちょっと順番を入れ替えたいな」というときに簡単にできるような機能は2021年8月現在はありません。

装飾は少なめ

私はシンプルな無地で、かつ下手に手を加えられる要素がない方が注文までの行程が減らせていいのですが、「時間をかけた方が渡す相手に愛情が伝わる」という心情の方には少し物足りなく感じる装飾かもしれません。

ぶちくま
ぶちくま

フォトブックだから写真がメインになれば余白に装飾は不要だと思うけど、かわいいデザインに仕上げる時には、スタンプやラインなどを入れて少しでも「手が凝っている」感じを出したい場合には少し不満が残る仕上がりかも。

私の場合は、やるべきことがあると変に集中してしまって作業が進まなくなってしまうので、これくらいのカスタマイズ性能でいいとは思いますが、とにかく、手を入れられる場所が多いというわけではありません。

写真のサイズ感

上位グレードのsarah + を利用すればいいだけの話ではあるのですが、元々小ぶりなスクエアのフォトブックで、画像のレイアウト次第では余白が大きくとられて「思った以上に画像が小さい」と感じられることがあります。

悩んだら見本ガイドをもらう

フォトブック見本&ガイド、sarah(サラ)のフォトブックサービス

個人的には一度は注文してみるのが一番わかりやすいと思いますが、慎重派の方のためにフォトブックの見本も無料で手に入れることができます。

スポンサーリンク

sarahアプリの使用方法

sarahのアプリの使用方法と、使い勝手なんかの感想を書いておきます。

まずは、アプリをダウンロード!

とりあえず、アプリはダウンロードしておきましょう。解説を読むよりも自分で使ってみるのが一番手っ取り早いです。

アプリのダウンロードは無料!
sarah [サラ] フォトブック  プチプラ写真集

sarah [サラ] フォトブック プチプラ写真集

SHIMAUMA PRINT, Inc.無料posted withアプリーチ

アプリを立ち上げる

まずはチュートリアル画面が出てきます。

メニュー画面は類似サービスと似たような感じです。

sarahのメニュー画面、sarah(サラ)のフォトブックサービス

アルバムを作る

デザイン設定、sarah(サラ)のフォトブックサービス
アルバム手順「ページ編集」、sarah(サラ)のフォトブックサービス
アルバム手順、プレビューで確認、sarah(サラ)のフォトブックサービス

ざっくりと、「デザイン設定」「ページ編集」をやって、あとはプレビューで確認するという工程だけです。めっちゃ簡単で、5分でできます。

サイズを選ぶ

前述の通り、sarahとsarah+というふたつの種類から、大体のサイズ感を決めて、フォトブックを作成していきます。

さらのサイズ、sarah(サラ)のフォトブックサービス
sarahプラスのサイズ、sarah(サラ)のフォトブックサービス
ぶちくま
ぶちくま

育児の場合は、子供の成長を定時的にまとめていく感じになるので、少し安くて利用しやすいsarahがお勧め。サイズのことを考えるとA5サイズで分割写真も取り入れながらたくさん掲載したいところですが、この辺りはお好みで。

写真を選ぶ

写真を選びます。

写真を選択する、sarah(サラ)のフォトブックサービス
kここdこどこどm子供こどこ
ぶちくま
ぶちくま

Googleフォトも選べるのが嬉しいですね!

家族で写真を共有するための方法「データクラウドサービス」
私はiPhone使いです。ただ、Appleと添い遂げようとは思っていないので、基本的にはAppleのサービスだけには依存せずに、GoogleやAmazon関連のクラウドサービスなんかも利用しています。ぶちくまiCloud...

レイアウトは自動で作成

レイアウトは自動で作ってくれます。同じ日に撮影された似たような写真についてはまとめてくれたりしてくれます。

自動レイアウトが便利、sarah(サラ)のフォトブックサービス

表紙を作る

テキストなどもこだわれる、sarah(サラ)のフォトブックサービス
選べるフォント
  • 丸ゴシック
  • 角ゴシック
  • 教科書体
  • 手書き風

フォントなどは決して多いわけ絵はありませんが、手書き風のような独特のフォントもあるのが嬉しいですね。あまり手書き感はないような気もしましたが。

プレビューで確認する

フォトブックの編集画面、sarah(サラ)のフォトブックサービス
裏表紙のプレビュー、sarah(サラ)のフォトブックサービス

登録作業をする

ログインする、sarah(サラ)のフォトブックサービス

あとは、注文のための情報などを入力していくだけ。

iPhoneなら、サイトに住所と名前を入力するときに簡略化できる
iPhoneやiPad,Macで住所や名前、電話番号などの個人情報を入力する時に使える小技を紹介します。「連絡先」に「自分」の情報を登録し、Safariの「自動入力」の機能をONにすることで該当部に情報を埋め込んでくれます。

結局、sarahはお勧めなの?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ぶちくま
ぶちくま

なんとなく、フォトブックサービスって「ママ」向けな感じがして、パパはもっと無骨に一眼レフを構えてプリントアウトするしかないようなイメージすらあるけど、スマホで手軽に写真を撮れるからこそ、自分たちの育児記録としてプチプラのフォトブックサービスも利用していきたいな、と思いました。

最後に、まとめとして「こんな方ならsarahがお勧め!」というところだけ書いておきますので、正直読むの面倒でここまで読み飛ばしてきた、という方にも一発で納得できるようにまとめておきます。

sarahがお勧めな人

  • 低価格で納得できる仕上がりを求める方
  • 自由なプランで自由な枚数を選んでフォトブックを作りたい方
  • 手間暇かけずに、レイアウトまでお任せしたい方
ぶちくま
ぶちくま

使って便利だなと思ったのは、やっぱり自動レイアウトです。一回だけのイベントでフォトブックを作るならこだわりたいけど、毎日の瞬間を惜しみなく残しておきたいという場合はsarahがお勧めです!

アプリのダウンロードは無料!
sarah [サラ] フォトブック  プチプラ写真集

sarah [サラ] フォトブック プチプラ写真集

SHIMAUMA PRINT, Inc.無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました