【Slat+cafe】ウォーターサーバー買おうと思ったらコーヒーメーカーだった話

スポンサーリンク

「dewo mini」がいい、と書いて数年が経ったのですが、子供のミルク作りも一段落して「もうウォーターサーバーはもうなくてもいいかな」と思ったところで、ちらっと物欲を刺激しやがるサーバーを見つけてしまいました。

ぶちくま
ぶちくま

Slatに、コーヒーメーカーがついてる!?

このページでは、ミルクを作り続ける製造機となって数年、ようやく赤ちゃん育児から解放された、と思ったらヤンチャ坊主との戦いが始まって、

ぶちくま
ぶちくま

ちょっとくらい一息つけるタイミングってないものかね?

と頭を抱えるあなた(私)のために、「もっと気軽にブレイクタイムを」というコンセプトのもとにフレシャスのSlat+Cafeの購入を考えるページになります。

スポンサーリンク

Frecious Slat + Cafeってなんだ?

まずは、Frecios Slat + Cafeの情報をさっくりとまとめていきます。

Slat + Cafeの概要

まずはSlat + Cafe(スラットプラスカフェ)について基本的に知っておきたいことをまとめておきたいと思います。

Freciousってなんだ?

スラットは部屋にも馴染む、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

先に、ウォーターサーバーのメーカーとしてのフレシャスについてサラッと紹介します。詳細に解説したのは「ミルク作りで一番おすすめできるウォーターサーバー」であるdewo miniで紹介しています。

子育て世代夫婦が選ぶ、時短・節約に適したウォーターサーバー
ミルクづくりのためのウォーターサーバー選びを完結させました。とりあえずこれだけ読めば、少なくとも後悔することはない。簡単で時短できれば自分の時間もつくれてパパもミルクを作ってくれるようになり一石二鳥以上の効果が期待できます。
Dewoは子育て世代の救世主【フレシャス】
理想のサーバーとなったフレシャスの紹介記事です。「新築」した家のデザインに干渉せずに、かつ「ミルク作り」にもベストマッチ。フレシャスのdewo miniは寝室のカウンターに置けるサイズだし、何より、静粛性への気配りに涙が溢れる。
フレシャスのおすすめポイント
  • 自分に合った天然水を3種類から選べる
  • グッドデザイン賞受賞したインテリアとしても高品質のデザイン性
  • クリーニング機能搭載したサーバーの選択肢の多さ
  • 嵩張るボトルではなく、小さくまとまるパック式
  • 配送料無料、注文スキップが簡単なお手軽サービス
ぶちくま
ぶちくま

というわけで、ウォーターサーバーとしてはフレシャスを選んでおけば後悔はしない、というレベルでおすすめできるのです。

Frecisouの中ではSlatはおすすめできる?

ミルク作りではdewo miniをお勧めしましたが、我が家のように子供が大きくなってくると、今度は「あまり高いところにおくと配線を引っ張ってdewo miniが滑落する」危険性が出てきます。

ぶちくま
ぶちくま

そうなってくると、もうdewo miniじゃなくてもいいな、という気持ちが出てきたり。

そうなってくると、ウォーターサーバーの性能としてはSlat一択なのですが、簡単にほかの機種についても紹介しておきます。

dewo
シックな佇まいもかっこいいdewo、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」
dewo
dewoの特徴
  • 新色「ローズトープ」が穏やかで華やぐ色合い、カラーバリエーションが豊富
  • 軽量7.2Lのパック式
  • キッズデザイン賞を受賞した、安全に配慮されたチャイルドロックなどのボタン設計
  • フレッシュ機能でクリーンでフレッシュな水を楽しめる
SIPHON+
SIPHON+の外観、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」
SIPHON+の特徴
  • UV-LED殺菌でいつでも綺麗な天然水を
  • レンタル料が無料なので、天然水料金のみの支払い
  • 停電時でも給水は可能

コーヒー以外に知っておきたいこと

置いている部屋の影響はある、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

Slat + Cafeの話に入る前に、コーヒー云々の機能よりも「ウォーターサーバーとしてSlatはどうなの?」というところにも簡単にお答えしておこうと思います。

エコ機能がちょうどミルクに最適な70度に

ミルクに最適なお湯の温度は70度ではない、という記事も書いたのですが、基本的にWHOや厚生労働省が推奨するお湯の温度は70度以上です。70度ではサカザキ菌が死滅しない、ということを不安に感じたら、80度以上の設定にすればいいだけなので、いずれにせよボタンひとつで設定可能です。

ぶちくま
ぶちくま

我が家は電気ケトルで沸騰したお湯でミルクを作っていたけど、あれだと冷ますのに時間がかかるしあっついしで70度くらいがちょうどいいな、とは思います。

今回は特に紹介しませんが、「常温水」にも対応したり、「リヒート機能」でお湯を再加熱してから給湯できるのでカップラーメンも熱々のお湯で作ることができます。

熱湯を循環させることで常にフレッシュ

基本的に、フレシャススラットはエアレス構造なので「外部から雑菌が混入しづらい」構造です。これだけでも十分ではあるのですが、ミルク作りを念頭に入れた場合だと、飲むのは赤ちゃんですから念には念を入れた衛生対策が必要。

しろくまさん
しろくまさん

天然水は添加物がない分、雑菌が繁殖しやすい水なので、何重にも安全対策が施してあった方が安全ですよね。

清流を想像していたければいいと思いますが、基本的には「水が滞ると腐りやすい」です。何かしらの有機物が混入すれば、雑菌も入り込んでいる環境となり、内部の微細な傷などに汚れとして溜まっていき、雑菌の繁殖したタンクとなってしまいます。

お湯が循環する仕組み、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

フレシャスの場合は、温水と冷水のタンクが分かれているのですが、このタンク内の水が滞留しないように定期的に循環する機構となっています。

ぶちくま
ぶちくま

80度以上の温度であれば煮沸消毒の効果が得られるので、水の通り道に関しては除菌効果も期待できるわけですね。

使いやすい「足元ボトル収納」

ウォーターサーバー、巨大ボトル式で上部配置のものは絶対にお勧めできません。あれ、ウォーターサーバーの重心バランスが悪くて転倒しやすいんですよね。しかも、重たいボトルを持ち上げる必要もあるので、絶対にお勧めしない。

水の下置きタイプ、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

フレシャスは足元にパックを収納するタイプなので、重心が本体の下方にいくので転倒しにくい構造です。それでも子供が誤ってぶつかったり悪戯する可能性はあるので、しっかりと固定することをお勧めしますけどね。

Slat + Cafeの機能

Slatでもいいか、くらいの気持ちになってきた方もいらっしゃるかもしれません。違うんです。今回は「ウォーターサーバーでコーヒー飲めたら手軽でいいんじゃないか」という記事なのです。

ぶちくま
ぶちくま

美味しい水が飲めるのは当然だとして、それ以上の価値が「Slat + Cafe」にあるのか、ってのが大事な話でした。

美味しいコーヒーは作れるのか

ぶっちゃけ、私自身は「インスタントコーヒーでも美味い」ところがあるのと、コーヒーがそもそも「気つけ薬」というか目覚ましのような役割で飲んでいるところがあるので、「美味しいかどうか」は二の次になりつつある。

ぶちくま
ぶちくま

流石に、美味しいコーヒーはカフェに行かないと飲めないよね。インスタントの延長みたいな機能だよね。

水が美味しいとコーヒーも変わるのか

味覚のバグっている私がいうとちょっと信憑性に欠けるので余計なことは書きませんが、インタビュー記事によれば「軟水で淹れたコーヒーは飲み口が柔らかく、まろやかな味わいになる」とのこと。

しろくまさん
しろくまさん

水の時点で厳選されているから、我が家の水道水で飲むよりはずっと美味しそうだけどね。

最適化されたマシンドリップ

何度も言いますが、私は大体のコーヒーは「苦い」し「美味い」ので、味の評価はご自分で、あるいはプロに任せるのが一番です。

ぶちくま
ぶちくま

ただ、私がよくやらかすのが、「粉の量の調整」だったり、お湯をじっくりとかけることが我慢できないことなんですよね。だから、毎回味が違って「にがすぎてしんどい」なんてことがよくあります。

UCCドリップポッド、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

FRECIOUS Slat + Cafeでは、専用のUCCドリップポッドをセットして使用できるようになっています。(後述しますが、専用フィルターで市販の豆(粉)をセットすることもできます)

ぶちくま
ぶちくま

1杯あたり63円なので、自宅でインスタントコーヒーを飲むよりは高くつきますが、自宅がカフェになると考えるなら安いような気もします。

何よりも、手軽さ

私が気になっているのは、何より「簡単にセットできて、何も考えずに美味しいコーヒーが飲める」という点です。

タッチボタンで簡単操作、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」
ぶちくま
ぶちくま

湯量の調整もワンタッチ、あとは自動で抽出してくれるので、本当に放っておくだけでプロの淹れたコーヒーが楽しめるわけですね。

コーヒーの作り方

簡単に、コーヒーの作り方もまとめておきます。本当に簡単にできるものかチェックしてみてください。

1.まずはポッドを取り出す
STEP1カプセルのラベルを剥がす、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」
2.専用ホルダーにセットする
STEP2専用ホルダーにセットする、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」
3.専用ホルダーをウォーターサーバーにセットする
STEP3ホルダーをセットする、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」
4.水量を設定する
STEP4水量メモリを設定する、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」
5.音が鳴るまで抽出で完了
STEP5抽出する、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」
専用フィルターでいつものコーヒーも
専用フィルターで挽いた豆も対応できる、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

ぶちくま
ぶちくま

普段洗ったりするのは専用ホルダーくらいなので、コーヒーメーカーに比べたら格段に楽ちんですね。

アイスコーヒーの作り方

ちなみに、アイスコーヒーは一般的なコーヒーメーカーと一緒で「たっぷりの氷に濃いコーヒー(湯量1)」で出来上がります。

Slat + Cafeの価格

さて、気になるSlat + Cafeのお値段を調べていきましょう。

Slatの価格比較表

2021年7月現在の情報です。割とちょこちょこキャンペーンしているのでチェックしてみてください!

Slatの料金体系、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」
2021年7月現在
サーバーは買っちゃうべきか

個人的には将来の自分を信用していないので、支払いを後回しにするのが嫌で一括で購入しちゃいます。あとで「あっ、でもコーヒーメーカーと比べてみようかな」という検討もしているので、お時間があればこのまま読み進めてみてください。

天然水の価格、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

dewo miniよりも「500mlあたりの天然水の価格」が抑えられるので、本格的にウォーターサーバーを始めて飲み水の確保をされる場合はSlatの方がお勧めです。

36回払いの場合は税抜1,583円(税込1,741円)、36回目のみ税込1,765円/一括払いの場合は税抜54,000円(税込59,400円)

https://www.frecious.jp/slat/slatcafe/price/buy/

一括払いの価格は税抜54,000円。サーバーとしては高めです。ちなみに、Slatは税抜45,000円なので価格差は9,000円です。

ぶちくま
ぶちくま

UCCのドリップポッドを買うよりは安い、くらいなんですね。

しろくまさん
しろくまさん

価格差を抜きにしても、有名コーヒーメーカーを買うよりサーバー機種代は安いとも考えられるね。

専用ドリップコーヒーはいくら?

専用ドリップ、価格はもちろんまちまちですが、私のような「スーパー底値層」に生きる者としてはやや高めには感じます。とはいえ、この辺りは「コーヒー」ではなく「穏やかでたおやかな気持ちでコーヒを飲むという体験」にお金を投資しているとも考えられるので、まぁ、価値観次第ですね。

ぶちくま
ぶちくま

目覚まし用のコーヒーはインスタントでお湯で溶かせばいいし、仕事終わりや子供の寝かしつけが終わった時に「1日のご褒美」を演出するなら専用ドリップ、みたいな使い分けがいいですね!

よめくま
よめくま

リモートワークも増えたので、おうちでのカフェタイムを充実させるのは悪いことじゃないですよね!

ちなみに、フレシャスの会員ページからだと特別価格で購入できるので、是非ともチェックしてみてください!

SPECIAL BLEND
SPECIAL BLEND、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

通常価格:1杯63円

MANDHELING & BRAZIL
MANDHELING & BRAZIL、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

通常価格:1杯63円

MOCHA & KILIMANJARO
MOCHA & KILIMANJARO、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

通常価格:1杯63円

BLUE MOUNTAIN BLEND
BLUE MOUNTAIN BLEND、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

通常価格:1杯150円

ICED COFFEE
ICED COFFEE、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

通常価格:1杯63円

SHIZUOKA GREEN TEA
SHIZUOKA GREEN TEA、フレシャスのウォーターサーバー「Slat + Cafe」

通常価格:1杯63円

スポンサーリンク

なぜウォーターサーバーでコーヒーを飲むのか

記事を書きながらうっすら気づいていた「別にコーヒーメーカーでいいんじゃないか」という気持ちに正直になって粗探しをしていこうと思います。

ぶちくま
ぶちくま

やっぱり、高いもんは高いからね。天然水じゃないコーヒーでも満足していた背景もあるわけですし。

もし、ちょっと読むのが面倒に感じてきていたら、既に心はSlat + Cafeに心傾いているのかもしれません。私のようにケチな人間は、決断のために余計な時間をかけてしまうので損しがち。

コーヒーメーカーについて

まずは、コーヒーメーカーについても少し。

コーヒーメーカーでできること

コーヒーメーカーも機種によってできることは様々です。まずは大雑把に分類しておきます。

コーヒーメーカーのざっくり分類
  • 「ドリップ式」「エスプレッソ」「カプセル式」の3種類
  • ドリップ式は「ミル」があるかないかと、「全自動」かどうか
  • エスプレッソモデルでカフェスタイルが完成する
  • 簡易なモデルとして「カプセル式」でインスタントに楽しむ
ぶちくま
ぶちくま

この辺り、ピンキリすぎるのと「自分がどれくらいコーヒーを楽しみたいのか」で決めていくのですが、私はここの決心がつかずコーヒーメーカー購入から逃げてしまいました。

しろくまさん
しろくまさん

実際、豆を買いに行くのが面倒だったりするしね。だんだん、やらなくなってほこり被っちゃう。

手間にお金をかけるかどうか

詰まるところ、コーヒーを飲む障壁っていうのは「手間」にどこまで耐えられるかどうか、ということになります。私も最初は「フィルター式だとペーパーを買わなくていいぞ!」と思っていたのですが、自分でじんわり抽出とかやっているとだんだん面倒になってくるんですよね。

ぶちくま
ぶちくま

洗い物も放って置けないタチで、「コーヒー飲む前に洗っちゃおう!」なんてやっているとコーヒーが緩くなっているし、私の場合、コーヒー淹れたことも忘れてもう一回お湯沸かしたりしますからね。

だから、今回ウォーターサーバーにコーヒーメーカーがセットされているのをみて「これなら一発やん!」とピンときたわけです。

ぶちくま
ぶちくま

ドリップポッドも簡単だし、ホルダーも洗うくらいならカップを洗うついでに行けるから、これなら私でも面倒じゃないかも!

対応できる豆ってどっちがいい

何度も言いますが、私自身は「コーヒーは1日4〜5回飲むくらいには好きだけど、豆には拘らない」です。

ぶちくま
ぶちくま

コーヒーを楽しむ要素って「豆を選ぶ」「ブレンドする」「挽く」「抽出」「蒸らす」あたりになります。これのどこを楽しみたいかってことですよね。

豆から対応できること自体は、コーヒーを楽しむ要素を増やせるってことになるのですが、逆にいえばコーヒーを楽しむまでのハードルは増えるということにもなります。

しろくまさん
しろくまさん

飽き性だと、数回やってみて案外美味しくなくて「これならカプセル式で簡単に作れるやつの方が飲みやすくていい」ってなったりするんですよね。

豆からこだわるならコーヒーメーカー

美味しいコーヒーは貰い物だけで十分。だからSlatでいいか、と思っているところもあるのですが、本格的にコーヒーを楽しむ場合は「香り」も重要なので、その点ではコーヒーを淹れている時から楽しいコーヒーメーカーに分があると思います。

時間がなければSlat

逆にいえば、「豆から拘りたい」という気持ちはあっても、結局いつも時間がなくてインスタントコーヒー飲んじゃっている私のような人間だと、願望ばかりを掲げていても満たされないので、むしろコーヒーへのハードルを下げる取り組みの方が人生の質を上げてくれるんだなって、つくづく思います。

ウォーターサーバーとのコスパ

コスパについて考えてみます。

ぶちくま
ぶちくま

先に書いておくと、ウォーターサーバーのメリットに、コーヒーの要素+「天然水の美味しさ」がプラスされることには着目したい。

まずは、コーヒーメーカーを利用する場合のコストについてサラッと考えていきます。

オススメのコーヒーメーカーと比較する

UCC 上島珈琲 ドリップポッド

まずは一番比較しやすいのが、「ドリップポッド」の商品。Slatに装着できるのが「UCCのドリップポッド」なので、これは単純に機種価格の比較として参考にできます。

しろくまさん
しろくまさん

ウォーターサーバーの端末を購入もできるフレシャスなら、初期費用の負担についても考えたいところですもんね。

ウォーターサーバーは「水を貯める」「お湯を作る」あたりは元来、得意な機種が多いので、あとは「適正温度への調整」「湯量の調整」「お湯の注ぎ方」あたりがポイントになってきます。この辺りは普通のウォーターサーバーでは難しいところ。

ぶちくま
ぶちくま

Slat + CafeはUCCの技術が活かされているので、この辺りは遜色なく使えるところがポイントですね。

エスプレッソマシン DeLonghi マグニフィカS

少し極端な例で言えば、家でエスプレッソまでやりたいという場合の価格として参考になるのがエスプレッソマシンの購入です。

ぶちくま
ぶちくま

ドリップポッドでもプロの一杯まで表現されてはいますが、やっぱり本格的なエスプレッソを楽しみたいとなると、こんな感じになりますよ、ということで。

ラテまでするなら完全自動モデルもあります。

このポイントは「水は自分で買わないといけないこと」でウォーターサーバー側にポイントがつくのと、「結局、コーヒーを豆から選んでセット・後片付けも自分でしないといけない」という面倒なデメリットはあるということ。

ぶちくま
ぶちくま

高いお金出して、面倒なことまで引き受けるのは嫌だなぁ。

しろくまさん
しろくまさん

もちろん、豆を選んだりブレンドしたりってのは楽しいことでもありますからね。

ぶちくま
ぶちくま

子育てしていると、その「買い物」も満足にできないんですけどね。

いっそ、インスタントでもいい話

そうなってくると、電気ケトルでお湯をさっと沸かして、子供がアニメに夢中になっている隙を見計らってコーヒーを作り、飲み始めたところで「遊んでー」とせがまれて、気がついた頃にはホットコーヒーが「ぬるめのアイスコーヒー」に変わっている、という感じになります。

ぶちくま
ぶちくま

スタバの豆を丁寧に抽出して蒸らしているのが、全て水の泡になるやつね。

飲みたいものはコーヒーだけなのか

少しだけ、別の角度から情報を足していきます。

ぶちくま
ぶちくま

私はブログを書いているので、色々な商品情報が耳に入ってくるのですが、ウォーターサーバーでできることも増えているわけですよね。

もしウォーターサーバー選びに悩まれている方は、もっと悩んでしまう結果になるかもしれませんが、悩んだ分だけ知識は増えるので、今後の他の買い物で役立てたりするので、存分に悩んで決めていきましょう。

子供が楽しめるなら炭酸水メーカー

例えば、Kirala Waterの場合は「炭酸カートリッジ」をセットすることで家で「炭酸水」を飲むことができます。

しろくまさん
しろくまさん

糖類の入らない炭酸水なので、健康にもいいので子供の飲用水にもおすすめできることと、お腹は膨れるので食事量の調整にも向いていますね。

ぶちくま
ぶちくま

私はお酒を割るのに楽しみますけどね。

対抗馬となるのは「炭酸水メーカー」で、これも家電としては「人生の幸福度を高めてくれる」ので、結構おすすめです。

粉ミルクセットしたりできないものか

流石にウォーターサーバーに粉ミルクメーカーがついているものは私には確認できていないのですが、粉ミルクを自動で作ってくれるものはあります。

ただ、どちらかといえば「液体ミルク」を使い始めればある程度ミルク作りの負担は緩和されるのと、調乳ポット・ボトルウォーマーあたりの導入である程度解決するような気もしています。

調乳ポットやボトルウォーマーで液体ミルクを温めると楽チン
調乳ポットの使い道を考えた挙句、「ポットよりもボトルウォーマーで液体ミルクを哺乳瓶で温めた方が楽じゃね」ということに気がついたという情報をお届けします。多機能モデルは消毒もできてやることなくなる。

無限に出てくるジュースみたいにならものか

私も子供の頃から「蛇口をひねればジュースが出てくる」をやってみたいとは思っているのですが、これはもうウォータージャグで個別に解決していくしかないですね。

ぶちくま
ぶちくま

子供とやると楽しいんですけどね。ただ、ジュースは腐りやすいのと洗いの残しから雑菌が繁殖するので、洗浄時には注意してください!

あとは、自分でジュース作るならジューサーですね。当たり前の話をしていて恐縮ですが。ジューサーで自分でジュース作るより買った方がコスパいいはあるある。

ブレンダーにしておけば、離乳食作りにも困らないのでおすすめ。

何が言いたいかって、選択肢は無限大ということ

少し話を脱線させましたが、ウォーターサーバー買うにしても、結局、選択肢は無限大だということです。

ぶちくま
ぶちくま

ウォーターサーバーだって、ミネラルウォーターを500mlペットボトルで買った方が持ち運びもできて保存も効くから便利だとも考えられるし。

しろくまさん
しろくまさん

コーヒーだって、缶コーヒー大量に買えば案外コスパ面では優秀だしね。

でも、そういうことじゃないんだよなぁ、って気持ちは、もっと生活を豊かにしたいという気持ちだと思います。

ぶちくま
ぶちくま

子育てして痛感したけど、自分の時間って本当に限られている。その限られた時間を楽しくできるかどうかって話なんだよね。

よめくま
よめくま

実際、買い物も含めて「やらなきゃいけないこと」の負担を少しでも減らすと、子供と接する時もゆとりがもててあんまり怒らなくなったもんね。

我々、普段から時間に追われすぎなので、どこにお金をかけてどこは手を抜いていいのか、ここをしっかり考えるのが一番のライフハックなんだな、って最近つくづく思うわけです。

結局、Slatはどうしたらいいのか

長い文章をめげずにここまでお読みいただき、ありがとうございました。

ぶちくま
ぶちくま

どんなに「いい情報」があっても、ブログの記事って最後まで読んでくれる人は1割くらいなんです。つまり、あなたは10%の選ばれた方!

ちょっとポジティブな声かけもしつつ、感謝の気持ちでまとめに入りたいと思います。読み飛ばしただけ、という方もここだけ読めば本質は読み取れるようにしておきます。

Slat + Cafeが欲しいと思ったら考えておきたいこと

  • Slat + Cafeは「ウォーターサーバー」と「カプセル式コーヒーメーカー」のいいとこ取り
  • 逆に言えば、一杯あたりのコスパは高い
  • 家カフェを再現する「体験」を購入すると考えるかどうか
ぶちくま
ぶちくま

私の結論としては、家でいる時間が長くなるほど、家カフェの投資はありなんじゃないかなって思っています。

ウォーターサーバーとしてフレシャスはいいのか

  • 天然水系のウォーターサーバーとしては一番の安定感
  • 安心・安全でクリーン設計は子育て世代におすすめしたい
  • いざというときの「水」のキープにも重宝
しろくまさん
しろくまさん

フレシャスは何年も前からずっとお勧めできているので、他のウォーターサーバーと悩んでいたらいい決め手になったのかな、と思います。

ぶちくま
ぶちくま

私自身、ウォーターサーバーってお金の無駄だなって思っていたけど、子供と関わる時間が増えるほど、「出していいお金には惜しまない方が幸せになれるんだな」って痛感しています。

ウォーターサーバーは必ずしも全ての世帯に「正解」という方法ではありませんが、コスパを考えても幸福度は高めてくれるものだと思いますので、ぜひ、この機会に検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました