ウォーターサーバーのアクアファブが使いたい【アクアクララはサーバーがリニューアル】

スポンサーリンク

正直、アクアクララはお勧めできないなと思っていました。

あの、むき出しのペットボトルの、「旧態依然のウォーターサーバー感」。少なくとも、新築の家にはおけない。

ということでアクアクララに関してはウォーターサーバーの検討対象からは早々に除外されていたのですが、「アクアファブ」という、かなりスタイリッシュなデザインのサーバーが追加されたので、新築向けウォーターサーバーとしてエントリーしてもらいました。

スポンサーリンク

アクアファブの知っておきたい情報

まずは、簡単にアクアファブについて解説していきます。

ぶちくま
ぶちくま

何より、デザインがいいね!

アクアファブのデザインについて

まずは、個人的には絶賛しているアクアファブのデザインから見ていきましょう。

ウォータートレイが収納できる

アクアファブのトレイは収納できる
アクアファブのトレイは収納できる

何がいいって、ウォータートレイが収納できることによって、これまでの野暮ったさが一新されましたね。

ちなみに、目的はデザインではなく、あくまでも「どんな容器にでも対応できる」という実用性から来たもの。

まさに、機能美

着脱式ボトルカバーでようやく主戦場に立てた

アクアファブのボトルカバー
アクアファブのボトルカバー

なぜ、今までボトルカバーの存在をないがしろにして来たのか。

着脱式ボトルカバーをようやく実装し、リビングにおけるウォーターサーバーになりました。
実用性としても、スリットが入って残量確認もできます。

ホワイトとブラックでシックにもポップにも対応できる

アクアファブのカラーバリエーション
アクアファブのカラーバリエーション

まだ手元でみることができていないのでなんとも言えないので画像をみてください。

たぶん、つや消しのプラスチック素材だと思うんだけど、なかなかにいい味を出しているし、むき出しの蛇口部分(フォーセット)もシンプルでありながらステンレスがいいアクセントになってる。

アクアファブのフォーセット(蛇口)
アクアファブのフォーセット(蛇口)

アクアファブのデザインは「お勧めできる」レベル

アクアファブならキッチンではなくてリビングに置きたいデザインですね。
設置面積も小さいので、新築じゃなくても、一人暮らしにもお勧めできます。

アクアクララはサーバー改善でお勧めできるように

急にアクアクララが検討候補になったので、慌てて調べ始めました。

アクアファボのサーバー機能

昨今は、ウォーターサーバーは水を飲むための機械ではなく、「炭酸水カートリッジをセットしてお酒やジュースに」してみたり、あるいは「コーヒーメーカーがセットになって朝のコーヒータイムをもっと優雅に」なんて製品も登場しています。

【Slat+cafe】ウォーターサーバー買おうと思ったらコーヒーメーカーだった話
Slat + Cafeに関する情報です。リモートワークも含めて自宅にいる時間が長くなってきたからこそ考えたい、おうちでのカフェタイム。もっと充実した時間に昇華してくれる贅沢ライフについてのご提案です。

こうなってくると、ただの水出し器ではいけないんじゃないかと思い、各社ともにサーバー機能の拡張に力を入れています。

エアフィルターを搭載

エアフィルターを搭載、アクアクララのアクアファボ(AQUA FAB)

まずは一番知りたい「安全・衛生面」のこと。アクアファボはエアフィルター構造を取り入れており、タンク内にちりやほこりが侵入することを防いでくれます。

ぶちくま
ぶちくま

天然水の中には、水道水には当然入っている汚染防止用の添加剤が入っていません。そのため、少しでもゴミが中に入らないような工夫が必要なのです。

しろくまさん
しろくまさん

アクアクララの場合は天然水のように採水せずにRO膜を通したデザインウォーターなので、他の天然水系サーバーよりも汚染リスクは少ないのですが、さらに家庭内でも汚染しない工夫がされていることは安心材料ですね!

SIAA/SEK抗菌マーク認証

SIAA/SEK抗菌マーク認証、アクアクララのアクアファボ(AQUA FAB)

アクアファブはSIAAマーク(一般社団法人抗菌製品技術協議会)およびSEKマーク(一般社団法人繊維評価技術協議会)の認証を受けています。

ぶちくま
ぶちくま

これだけ読むとよくわかりませんが、主要な部品に関しては第三者機関で承認されるくらいの抗菌性・安全性がありますよ、ということですね。

もちろん、安全性も衛生面でも、基本的には本人の管理によっては危険にも不衛生にも変わります。最低限の安心が保障されているだけだということには常々注意してメンテナンスしていきたいところです。

サーバースペック表

項目詳細説明
機能チャイルドロック SIAA/SEK抗菌マーク認証
(エアフィルター、フォーセット(取水口)、冷水タンク用樹脂部材)
PSEマーク適合
外形寸法(幅)286mm (奥)350mm (高)1,320mm
重量16kg(ボトルカバーを含む)
容量冷水/3.3L 温水/1.8L
消費電力冷水/105W 温水/465W
定格電圧AC100V
水温・湯温水温/5~12℃ 湯温/80~90℃
メンテナンスサーバー洗浄(専門スタッフによるメンテナンスを実施):2年に1度
原産国韓国

アクアファボの価格

後半でも「アクアクララのサービス価格」あたりについてまとめた情報を載せておきますが、とりあえず「アクアファボっておいくらなの?」くらいな簡単な情報だけ載せておきます。

あんしんサポート料

アクアクララの場合は、メンテナンスなどが込みでレンタル料が設定されています。

  • 2年割プラン:1,430円/月(税込)
  • 通常プラン :1,650円/月(税込)

ボトル料金

ボトル代、アクアクララのアクアファボ(AQUA FAB)

この辺りの高いか安いかは、各社が「自社が安いように」情報提供してくるので比較は面倒ですが、個人的には「サーバー無料で料金をボトル代に上乗せ」しているところよりは、サーバーレンタル料金は別会計で天然水が安い、方が利用しやすいです。

しろくまさん
しろくまさん

もちろん、これはケースバイケースですが、天然水の飲料によって使い分ける意識を持つとウォーターサーバーが選びやすくなりますね。

ぶちくま
ぶちくま

サーバー代込みにされちゃうと、自分でコントロールできる出費じゃなくなってしまうんだよね。

スポンサーリンク

アクアクララのサービスについて

アクアクララのサービス、アクアクララのアクアファボ(AQUA FAB)

ここからは、アクアクララのサービスについて解説していきます。

安心サポートという名のサーバーレンタル料とられる

こちらは引っかかる人にはひっかかる、「月額料金体制」です。

私が思うところ、結局ウォーターサーバー置きたい我々、結構怠惰な人間なわけですよ。水買いに行くの大変だったり、掃除が面倒だったり。

ぶちくま
ぶちくま

安心サポートでお金取られるけど、メンテナンス関連を任せられるのはメリットと捉えてもいいかもしれない。

機種レンタル代はあった方がいいのかない方がいいのか

レンタル代金が水料金に加算されているパターンというのは基本的に以下の理由からです。

  • サーバー機種がシンプルな構造(お金がかかっていない)
  • サーバー開発を自社で行なっていない(機種自体の魅力がない)
  • 自社サーバーが少ない(高級機と廉価品の価格差が少ない)
  • 総額を安くみせたい(少ない水で契約したケースにすると安く見えるので)

必要ないと思った時に、やめる手続きが面倒ではない人にはおすすめです。

RO水は一定品質維持のため高評価

アクアクララで届けられる水は、いわゆる「天然水」とは違って、わかりやすくいうとフィルターのようなもので極限までろ過し、さらにミネラル分を調整した、「デザインウォーター」なのです。

ぶちくま
ぶちくま

これは賛否分かれるところだとは思いますが、個人的には一定品質を保証しやすいRO水は高評価です。

RO水と天然水を比較した場合

天然水とRO水、どちらがいいかと言われれば、答えは割とシンプル。

「天然水を試飲して、味で納得すればその天然水。赤ちゃんにミルクを作るならRO水(が無難)」

理由については他の記事に書きましたので、ご参照ください。

赤ちゃんのためなら天然水よりもRO水が優秀|ミネラル調整済
RO水とかミネラルウォーター買う意味なさそうですが、赤ちゃんの安全を基準に考えるなら「RO水」の方が製造工程を考えると安心できます。ただ、水質管理と衛生管理が信用できる会社かどうかが問題。
アクアクララはそのまま調乳にも使える

個人的には「安全なミルク作り」としてのパーフェクトな方法としてはお勧めしませんが、アクアクララとしては煮沸なく調乳に使えると記述されています。

アクアクララのお水は、RO膜(逆浸透膜)でろ過したきれいなお水なので、煮沸の必要なく、温水がそのまま調乳に使えます。

https://www.aquaclara.co.jp/about/safe-secure/

粉ミルク自体は、70度以上の温水であればある程度の雑菌は消毒可能としてWHOも厚生労働省も推奨しています。RO水であるアクアクララの水も、何の汚染も無い状態であれば大丈夫だと思いますが、自宅での管理が悪いとサーバー接続時やタンク内が汚染してしまう可能性は十分に考えられます。

ぶちくま
ぶちくま

言い始めたらキリがないので、私個人としてもアクアクララに同意で、赤ちゃんが下痢しなければ使っていいと思いますけどね。

体にも吸収しやすいやさしい水

また、ミネラル分は、「電解質」という体の細胞などの水分量を調整したり、体内に吸収されやすくしたりする効果があります。

これが異常値を表すような水だと、体にも悪影響があります。(よほどのことがない限りはそんなことはありませんし、本来体内で調整されるものです)

ただ、バランスよく配合されることはいいことだと思います。

ぶちくま
ぶちくま

お勧めです!

ボトルは回収式なので自宅保管が必要【ゴミたまる】

環境への配慮もあっていいことなのですが、実際に自宅で使用するとボトルが回収されるまで保管の必要があるので、正直、ちょっと邪魔です。

専用ボトルが作られる理由

専用ボトルっていうのは、もちろん環境面に配慮してゴミの削減などのメリットはあるのですが、根本的には「サーバーだけ借りられて、もっと安い市販のボトルをセットされないように」するための仕掛けのようなものです。

ぶちくま
ぶちくま

アクアクララはレンタル料金が取られるので、この目的で専用ボトルを用意しているわけではないと思いますが、大体の会社はそういった「海賊版」の水を使わせないための方法でもあるのです。

衛生面としては専用ボトルを使った方がいい

補足しておくと、例えばお湯が出るウォーターサーバーが欲しいというだけで、ボトルは注文せずに市販品を買ったとします。この場合、「類似品のボトル」だと規格が合わずに不衛生となる可能性があります。

また、ボトルを使い回して使用する場合も、今度は漏水して故障の原因ともなります。根本的に不正な使用方法となるので利用規約に違反、という形になる可能性が高いです。

ぶちくま
ぶちくま

根本的に、何故、ウォーターサーバーを契約しているのか、という話になるので、無茶はやめましょう。

子供がいても安心のウォーターサーバー

あくまでもアクアファブ利用の前提です。

チャイルドロックはJDSA適合で安心

JSDAはチャイルドロックがちゃんとしてますよってウォーターサーバーにつけられるマークです。

具体的なロック機構の説明がないので詳細は説明できません、すいません。

湯温は80〜90℃なので、ミルク用70℃機能はないですね(なくてもいいような気はするが)

衛生管理も自慢できる品質保持

基本的な衛生管理のシステムがしっかりしている上に、ウォーターサーバー洗浄は専門スタッフがメンテナンスしてくれます。

これが一番大きいですね。ただ、機種の機能が向上したという理由で2年に一度のメンテナンスになりました。2年に一度だと、有って無いような感じがしますが、故障に気づかずに使い続けてしまうことも添えはそれで怖いので、定期的にみてもらいましょう。

詳しい料金設定をシミュレートする

アクアクララの基本的な料金体系は「あんしんサポート=レンタル代+メンテナンス代」と「ボトル代」になります。

あんしんサポート料

あんしんサポート料、アクアクララのアクアファボ(AQUA FAB)

あんしんサポートがアクアクララの特徴的なサービスになると思います。レンタル代を含めて、メンテナンス関連の費用がまとめられています。

このあんしんサポートはサーバー代金が含まれるので、逆に言えばいいウォーターサーバーを選ぶほど高くなってしまいます。

サーバーごとの価格

アクアファブとアクアウィズ、アクアクララのアクアファブ(AQUA FAB)
アクアスリム、アクアクララのアクアファボ(AQUA FAB)
項目アクアファブアクアウィズアクアスリム
通常プラン¥1650¥3300¥1100
2年割プラン¥1430¥2200¥1100
価格差¥220¥1100¥0
税込価格です

ボトル料金

これは先ほども紹介しましたが。

ボトル料金、アクアクララのアクアファボ(AQUA FAB)
ぶちくま
ぶちくま

当たり前ではありますが、2年割の恩恵は結構大きいですね。

公式HPでシミュレーションする

詳しいコスト面もお伝えしたいのだけど、やはり各家族によってお値段が変わってくるので、実際にシミュレーションしていただくのが一番かな、と思います。

ぶちくま
ぶちくま

タイミングによってはお得なキャンペーンをやっているのですが、私がみている時はいつもやっていないので、キャンペーン中はチャンスですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました