ウォーターサーバーのついでに水素について調べた|溢れた情報でまとめが泥沼

スポンサーリンク
水素関連の記事のまとめ記事になります。
水素水なんかが流行りましたが、効果について検討してみました。
摂取方法についても、水素ガス吸入から、水素浴、化粧品までいろいろありすぎて、どうするのが一番正しい選択なのか考えてみました。

ウォーターサーバーのCoolQooについて調べていたら、「水素、案外よくね?」と思い。

ぶちくま
ぶちくま

色々調べ始めたら医療者としての血が騒いで文献を漁りまくってた。

結論から言う、「高額は出せないが、試してはみたい」というのが、今の水素についての考え。可能性は無限大の水素についてまとめました。

スポンサーリンク

水素総評

水素に関しての総評はこれ。

「期待されている効果はすごい。ただ、現在のところは期待されているような効果が確認されているわけではなく、その割にコストが高い」というのが結論である。

対コストが過剰

基本、健康を売りにする商品はえげつないくらい高い。

なぜなら、健康は金で買えるものではないし、買えないからこそ金を出す客がいるからだ。

世の中には、何が何でも金で解決したい人は意外と多いし、なんだったら金をとにかく使いたい、っていう人も多い。

効果が期待される水素の力

水素に期待されているのは、「抗酸化作用」である。

水素が抗酸化作用で期待される理由

  • 抗酸化剤として注目
  • 低コスト
  • 低分子量
  • 副作用がない(とされている)

将来、水素分子を医療現場でも用いられ、また日常生活の場 でおいても疾患予防に飲水や吸入ができるようになれば、現在問題とされてい るストレス関連疾患の予防あるいは治療に有効である可能性が高い。

抗酸化物質としての水素分子:”水素医学”の期待と展望

期待されている水素の力はすごい

水素の力は尋常ではない。

ざっくり言うと「体のところでいろんな悪さをしている物質を、体の隅々までかけつけてやっつける」のが水素に期待されている役目だ。

もちろん、期待されているところなので、研究が盛んに(主に日本と中国で)行われているし、医学的エビデンスまで届かないが、結果を出している報告もある。

水素水の実際の効用が知りたい|エビデンスは概ね不足。今後には期待
「水素水」は疑わしい。いろいろな商品が溢れかえっているので、調べてみました。 水素の研究は今も進んでいるところですが、正直エビデンス不足を感じずにはいられない結果となりました。 これから水素関連商品を買おうと考えている方はぜひ一度確認してもらいたい。

水素は安全か

水素ガス自体は安全だし注目されている業界

まぁ、注目されているのはエネルギーでしたが。

ただ、医療界でも、2000年代に太田博士という方が、「水素いいぜ」っていう論文を書いてから、世界中で注目されるキーワードとなりました。

アルカリイオン水との差別化

2016年くらいにも「高濃度水素水」というワードが出現し、いままでの「アルカリイオン水」とは違う、「水素ガスを高濃度に含んだ、なんかすごい水」として新たな効能が期待されビッグウェーブが到来した。

水素水の実際の効用が知りたい|エビデンスは概ね不足。今後には期待
「水素水」は疑わしい。いろいろな商品が溢れかえっているので、調べてみました。 水素の研究は今も進んでいるところですが、正直エビデンス不足を感じずにはいられない結果となりました。 これから水素関連商品を買おうと考えている方はぜひ一度確認してもらいたい。

反発記事もたくさん出て、国民生活センターが注意喚起したことで、2018年いま現在は、ブームは治まりつつある。

水素吸入が厚生労働省から治療法として認定の動向

ただ、医療業界自体は注目していて、慶應大学が心停止患者に対して水素ガス吸入療法をとりいれ、これが厚生労働省からの認定を受けたことで、「厚生労働省の認可をうけた水素ガス吸入」みたいな感じで、プチバズ(流行)した。

当然、商用の水素発生器具が承認を受けたわけではないし、効果が保証されたわけでもない。

水素ガス吸入療法と巷で流行中の高濃度H2発生器具を混同しないで
水素ガスを取り入れる方法としては、吸入が一番直接的で効果が高いと考えられている。 実際の商品を参考にした上で、最近承認された「水素ガス吸入療法」と混同しないでいただきたいという注意喚起も行なっていきたい。

ただ、なんとなく水素に対する期待感が再燃した感はある。

スポンサーリンク

水素の摂取方法

吸入なのか、飲用なのか、それともコスメ

水素を体内に取り入れる経路はどれが信用できるか|考察と効果まとめ
水素は、水素水を飲む方法はもちろんのこと、水素を取り込む方法は、「飲用」「吸入」「塗布」「入浴」など多岐にわたる。 でも、実際に効果的に水素を取り込むのはどんな方法がいいか、考察してみました。 水素に興味がある方は読んでもらいたいが、どちらかといえばつまらない記事です。

それぞれ記事を書いてみました。

結論としては飲用

結論から、ぶちくまが推奨するのは「水素水」の飲用である。理由はそれぞれの記事から見繕ってほしい。

水素水は経口での摂取が1番おすすめ|サプリメントとウォーターサーバー
水素入りのウォーターサーバーが気になってとことん調べてみました。 水素を摂取する方法として傾向の場合、一番楽なのはサーバータイプですが、 コストも結構かかるので考えものでした。 最近、ようやくデザインもいいものが出てきたので検討の余地はあるようです。
水素コスメって効果あるの?化粧品にH2を入れたがる人気の秘密を探る
水素関連のコスメってすごく人気あるけど実際のところ効果があるのか。 いかんせん、水素がアンチエイジングのテーマとマッチしすぎて美容と健康マーケットで怒涛の勢いでブームをつくった水素。 2018年現在、ようやく報道は沈静化したところで静かに息してる水素コスメをピックアップしてみました。

ウォーターサーバーでも水素発生させはじめてる

もし、このまま研究が進んで、水素が健康にたいして有効な結果を示すものが出れば、お手軽に取り入れられる健康法として、今度はブームではなく、身近な生活アイテムとして水素が存在するだろう。

ぶちくま
ぶちくま

そんな時、サーバータイプは便利である。

ちなみに、サーバーは各社水素に身を乗り出したところで、正直、玉石混交なところはある。

一応、お勧めとして3社は見繕ってみたので、ぜひ、各HPを比べてみて、水素ムーブメントを感じてみてほしい。

CoolQooの水素水コースはややコスト高めだがRO水が手軽に飲める

CoolQoo(クールクー)で配達すら不要のウォーターサーバー|水素水もいける
水素水コースのあるCoolQooが気になったので調べてみました。 コストの高さが目について断念しましたが、水道直付けでボトル交換なしでRO水が飲めて、しかも水素付加できるとか めっちゃすごいじゃん、でも高いじゃん。

ウォーターサーバー会社が「水素」を付加価値としてくっつけた、という感じです。

なので、水素濃度的には「761ppb」と、これをどう評価するか、がポイントになりそうです。


ノンボトル次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー

GAURA HⅡ(エイチツー)はデザイン及第点で一括で買えるかがキモ

一括購入19,800円が即決で出せるようであれば、かなり楽しい水素生活が待っている。

GAURAはスポーツ系、医療福祉系のサポートに力を入れていて、どちらかといえば、水素関連もその一環。HPはスタイリッシュでかっこいい。海外も視野に入れているようだ。


GAURA

miniタイプもあるので、置き場所は困らない。

ぶちくま
ぶちくま

miniはあるけど、コストはコンパクトじゃない。

ミライプラス マリアージュは自宅で28,000ppm生成

自動クリーニング付きでカートリッジの定期交換でメンテナンスが事足りる。

そして高濃度、水素ガス濃度が28,000ppmという驚異的な数値。

操作も簡単。


【高濃度水素水サーバー マリアージュ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました