家づくりでの失敗体験公開中!

住宅ローン

住宅ローン

30代男性の私が、固定金利ローンに借り換えようか本気で悩む理由

私は変動金利で住宅ローンを借りました。しかし、今後金利が上がることを想像するだけで恐ろしくて夜も眠れない。というわけで、固定金利に借り換えることについて本気で考え始めました。今後、金利が上がる可能性と借り換え先はどこの銀行にすべきか考えてみました。
2018.11.29
住宅ローン

住宅ローンで疾病保証を金利上乗せする?【悩むようであれば不要】

住宅ローンはネット銀行が参入して空前の低金利も重なって、かなりサービスが過激化しております。だから、各行様々なサービスを展開していて、「なんか得なのはわかったけど、どこが一番得なの」となりがち。特に、疾病保障については「お得」な反面、どうしたらいいのか悩むのも事実。記事内で疾病保障についての考え方をまとめました。
2018.08.20
予算決定

ローコスト注文住宅の適切な予算と、安全圏ローンの考え方|年収300万円

注文住宅なんて年収300万円じゃ無理、と思っていた私も、実際に予算を計算してもらうと意外と住宅ローンって組めるんだなと思いました。ただ、そこからが悪夢の始まりで、しっかりとした予算計画をたてて家づくりを始めた方がいいんだと痛感しました。解決策としては、相談窓口を用意することですね。
住宅ローン

借りるべきネット銀行の住宅ローンをライフスタイルでわけてみる

ネット銀行の住宅ローンをライフスタイルでわけてみました。資産運用の為の住信SBIネット銀行。ポイントで賢くがっちり楽天銀行。アフターフォローのソニー銀行。イオンはイオンのイオン銀行。au利用のじぶん銀行。個人的には資産運用で総合的なサポートができるSBIがオススメですね。
お金/資産

【フラット35Sで住宅会社を揺さ振れ】新潟で住宅ローンを組むフローチャート

新潟で住宅ローンを借りるときの必勝フローチャートを考えました。 まずはフラット35Sを借りたいとハウスメーカーに伝えるところから始まります。 フラット35Sは全期間固定金利で、今後金利の上昇が予測される昨今ではお得です。 また、フラット35Sは、申請できる住宅に条件があり、技術基準をクリアする必要があります。 手続きも少し面倒なので住宅会社は敬遠しがちですが、だからこそ一度申請を打診することに意味があります。
2018.06.24
お金/資産

新潟で住宅ローンを始めるためのフローチャート【結論はネット銀行】

住宅ローン申請の最終結論はやはり金利でお得なネット銀行でした。 団体信用生命保険の保障も手厚いですし、ネット銀行自体が便利ですし。 銀行の将来についても思案した結果、地方銀行で借りるのは得策とは言えません。 ただ、サービスの良さは馴染みの地銀のメリットもあります。
2018.06.24
お金/資産

【地銀で借りるメリット】新潟で住宅ローンを借りるフローチャート③

金利や特典でメリットの強いネット銀行を利用せずに、地方銀行を利用するメリットについて考えてみました。 だいぶ長い文章を書きましたが、金銭的なメリットはないものの、 書類作成のお手伝いから、地域活性に役立てるという結論となりました。 でも、一応ネット銀行の仮申請はしたほうが後悔ないですよ。
タイトルとURLをコピーしました