Amazon最大SELLのサイバーマンデーは12月6日(金)から!

iPhone7ユーザーが8もXもスルーした理由|機能向上に需要なし

スポンサーリンク

結論から言えば、ぶちくまはiPhone8もXも「いらないな」と感じました。

みなさんは今回はご購入の予定でしょうか。
それともスルー?

iPhone9にすべきかどうかのポイントも書きます。

スポンサーリンク

iPhoneXも8もいらない理由

それなりに機能は向上していると思います。欲しいと思わせる引力もあると思います。Xに関してはインパクトもありました。でもいらないです。

理由は、「需要が追いついていないから」です。

今回の大きな変更点は、

  • 顔認証
  • ワイヤレス充電

だと思います。

どちらも革新的ではあるのですが、「顔認証」の受け入れが整っていないのと、「ワイヤレス充電」に対応する周辺機器がまだ高い状況。

なのでやめました。

スポンサーリンク

iPhoneX

エックスではなく、10らしいですけど、エックスのほうが好み。

有機ELを贅沢にもフル前面に配したフラッグシップモデル。
物理ボタンもなくなって、つまりホームボタンもなくなりました。

指紋認証ができなくなった代わりに、顔認証できるようになったみたい。なんだか照れちゃうね。顔の凹凸をみているそうなので、写真でなりすましなんかはできないそうよ。

防水なのかどうかはちょっとわからんけど、11万越えのスマホになると、お風呂場に持ち込んだりはそうそうできないね。

でも、せっかく物理ボタンがなくなったんだから、今後は防水機能も格段にあがりそうですね。

スポンサーリンク

iPhone8/8plus

話題性は当然、10周年記念モデルのiPhoneXに集中していますが、iPhone8はどんなモデルなのでしょうか。

外観的には、ほぼiPhone7らしいので、もうこれはほとんどiPhone7sなんじゃないかと思うところですが、背面ガラスを取り入れるなど、かつてのiPhoneに回帰する形となり、喜んでいるファンの方も多いかと思います。

残念なことといえば、カラーバリエーションが3色とちょっと無機質な感じです。

ゴールド系の新色が出るという噂はいったい、いずこ。

全機種、ワイヤレス充電に対応するということなので、当然、iPhone8も対応ですね。ホームボタンは健在。

スポンサーリンク

各新機能を解説

独自開発のA11 Bionicには注目

個人的に注目すべきはApple独自開発という「A11 Bionic」ですね。
従来GPUより約30%の性能向上が見込まれており、
CPUは70%性能向上を実現しているとか。
これ、比較しているのがiPhone7世代ですからね。
当然、現役バリバリ機種です。いまだにサクサク動いてますよ、うちの7plus。
これは、今後展開していくARあたりを処理するの必須の規格なんでしょうね。
どんどん高性能になっていくなぁ。

ワイヤレス充電

個人的には、このワイヤレス充電は胸アツなんですけども、今回は有線でも充電できるみたいですね。

ハード面の進化がある場合は、ちょっと様子見してもう少しサプライが充実してからのほうが賢明ですが、それでも、「ポンと置くだけで充電」できるようになるのは、なんだか近未来的。

最終的には、外部と交通する穴は全部ふさがって、完全防水になることをぶちくまは望んでいます。そのあたりは来年以降のほうが期待できそうですね。

iPhoneXのポートレートモード

  ポートレートモードとは
人物を目立たせるための機能です。背景をぼかして、人物をよりくっきりと際立たせることができます。まるで一眼レフでとったような仕上がりに。
スポンサーリンク

ほんで、買うべきなの?

iPhone7ユーザーは不要

iPhone7の人は、上の特徴を見て胸が躍らなかったら当然スルーでいいと思いますが。

5あたりの人はそろそろサポートなくなるから買い換えよう

5sの人は買い替えよう。まだサポートがあるとはいえ、あんたの5sのバッテリーはもう限界のはずだ。

iPhone6は買い替えでもいい

iPhone6代の方たちは悩ましいところですね。わたしとしては買い替えをお勧めします。まず、もうサポートが薄くなっていること。

Appleのいいところは、サポートがある限りは古い機種でも快適に使えるところですが、2018年後半の現在、次のiOSで5sあたりがサポート切れとなる場合、6のカウントダウンも始まることになります。

バッテリー交換お勧め

バッテリー交換は今年いっぱいまで安いので、買い替えない決意があるならバッテリー交換くらいはしておこう。

買うならやっぱりiPhoneX

iPhoneXはたぶん欲しくても品薄でしばらく変えないと思いますが、やっぱり買い替えるというならエックスのほうが欲しいですね。

カラーが少ないですが、エックス自体がプレミアムなので見せびらかしたいですね。

カラバリは減ってるけど、結局背面カメラが出っ張っている限りカバー必要になるから、本体色なんてのはシンプルでいいんです。

そういうわけで、iPhone6世代は買い替えでもいいんじゃないでしょうか。
2年縛りもなくなるろうから、キャリア契約の人たちも格安simにうつるいい機会でしょうし。
なんだか、mineoもキャンペーンで今ならめっちゃ安いみたいだし。


【mineo】の公式HPで調べる

先月契約したのがバカみたいな安さですな。楽天モバイルあたりがだいぶ力付けてきてるから焦りがあるのか、マイネオさん。

スポンサーリンク

iPhoneの性能比較【7と8とX】

性能/機種iPhone7iPhone 8iPhone X
ディスプレイサイズ4.7インチ4.7インチ5.8インチ
CPUA10 BionicチップA11 BionicチップA11 Bionicチップ
本体サイズ

(高さ×幅×厚さ)

138.3×67.3×7.1

(mm)

138.4×67.3×7.3

(mm)

143.6×70.9×7.7

(mm)

重量138g148g174g
認証方式Touch IDTouch IDFace ID
背面カメラ12MP(1200万画素)12MP12MP(広角+望遠カメラ)
フロントカメラ7MP7MP7MP(True Depthカメラ)
手ぶれ補正光学式手ぶれ補正光学式手ぶれ補正光学式デュアル手ぶれ補正
背面カメラのポートレート写真××
ワイヤレス充電×
フロントカメラのポートレート写真××
ビデオ撮影4Kビデオ撮影4Kビデオ撮影4Kビデオ撮影
防塵・耐水性能
Apple Pay

iPhoneのモデルを比較する|Apple

スポンサーリンク

iPhone8とXの中古市場

iPhone8のメルカリ価格

2018年8月現在、iPhone8は6万円台で多く出品が見られています。出品する側としては、5万円台の覚悟が必要です。

iPhoneXのメルカリ価格

2018年8月現在だと、8万円台から取引が出ています。10万円台がメインで出品されています。最安だと6万円台もあり、新製品発表を前に、そろそろ掘り出し物がで始める季節となったようです。

iPhoneオークション(ヤフオク)

2018年8月現在、iPhoneXは7万円台の即決が目を引きますが、基本的には10万円台を覚悟しなければいけない現状です。

iPhone8とXの中古買い時おすすめ時期

新製品情報はおそらく秋口9月ごろかと思われます。

つまり、8〜9月は価格変動期

一気に供給が高まる値下げ時期とも言えます!

売り抜く場合には早めの対応が必要になりそうです。

スポンサーリンク

iPhone9はどうなるの?

8sの可能性もあるけど。

しばらく停滞するような気もするけど、Appleには頑張ってほしいなぁ。

さらに言えば、日本の企業に一番頑張ってほしいんだけどね。

マイナーアップデートはもちろんのことだけど、来年以降も革新的な変化を望みたいところです。

とりあえず、Apple Musicのハイレゾ化と、アップルカーとの連携の強化だな。

もうカーナビいらんようにしてくれ。

そして、完全自動運転にしてくれ。新潟県民心からの願いです。

自動雪かき機能も付けてくれ。ホッカイロ機能は、、、今の発熱量なら十分だな。

ではでは。

スマホやPCの故障が心配なら

故障が心配ならモバイル保険が便利


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」です。

iPhoneに限らず、端末の初期不良に対してはこう言った有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるしね

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、ほぼ端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

「モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

登録できる端末一例

  1. スマートフォン
  2. タブレット
  3. ノートパソコン
  4. スマートウォッチ
  5. 音楽プレイヤー(モバイル)
  6. 携帯ゲーム機(Switch含む)
  7. モバイルルーター


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

 

iPhone/iPad 最新情報
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント

タイトルとURLをコピーしました