家づくりでの失敗体験公開中!

スマホでの写真撮影が便利すぎてデジカメ買わずにいたことを後悔する

スポンサーリンク

年末年始はひたすら「福袋」と「初売り」情報をまとめていました。

おかげさまで、今までにないくらいに当サイトを読んでいただける機会に恵まれまして、

ぶちくま
ぶちくま

もう自分のための記事を書きたい

と発狂しそうなので、今日は息抜き記事にします。ちなみに、おすすめのカメラだけ手っ取り早く知りたい、という方のために別記事もあります。

お遊戯会・発表会で求められるデジタルミラーレス一眼カメラのスペック
子供のお遊戯会や発表会の撮影に必要なデジタルカメラについてひたすら解説しています。ママ向け、パパ向け、価格帯で選べるようにおすすめもまとめてみました。2019年に更新しています。

 

スポンサーリンク

スマホの写真撮影が便利すぎる罠

なんとなく、当サイトの訪問者様も同様かと思いますが。

ぶちくま
ぶちくま

デジカメよりもスマホで写真撮影していませんか。

私はiPhoneユーザーで、iCloudなんかも月額マシマシ課金しているくらいで、ほったらかしでバックアップまで取ってくれる環境に甘えております。

デジカメで写真撮っても結局、見ない

スマホで写真撮影の何が便利かって、写真が見たい時に見れることなんですよね。

ぶちくま
ぶちくま

夜勤の休憩中に、寝ながら子供の動画見るのが好きなんや!

というわけで、だらだらと昔の写真を見たくなった時に、デジカメ撮りに行くのは相当面倒だし、そもそも職場にデジカメ持っていかない。

 

写真データ転送するのすら面倒

デジカメの起動回数が減ると、写真見たい時に、デジカメを充電することから始めないといけないんですよね。

んで、写真転送するにはアプリでWiFi経由で飛ばすか、PCに直挿しして転送するかすればいいんだけど。

ぶちくま
ぶちくま

どっちも面倒でツライ

WiFi転送は簡単なはずなんだけど、アプリ経由のせいなのか、めっちゃ時間かかる。あれはダイレクトにNASかクラウドサービスに飛ばせるようにならないとだめだ。

防水加工されているのはデジカメよりもスマホ

うちの子をあやす時に、写真を見せることが多々あります。

よだれ水没事故頻発

これはうちの子だけだと思いますが、うちの子はよく電化製品を水没させます。

ぶちくま
ぶちくま

よだれ、すごいんです。

ベビくま
ベビくま

スピー

それなりの耐水性能を誇るiPhone7も、修理に出したら水没反応出てましたしね。

ぶちくま
ぶちくま

Appleの姉さんには言わなかったけど、あれはうちの子のよだれやで

そう考えると、子供と一緒に画像を見る時に、水気に弱いデジカメはあまり近づけたくない。

というわけで、やはりスマホが優位なのです。

バックアップも他のデバイスへの連携も楽チン

家族共有がとにかく便利

前述、私はiCloud200GBを家族で分け合うファミリープランを適応しております。めっちゃ便利です。

各々が撮った写真は勝手にバックアップされます。多分、うちの奥さんはPCにスマホ繋いだことないと思う。それでもバックアップが取られている安心ときたら。

家族用のフォルダを作っておけば、それぞれよく撮れた写真をフォルダに投げ入れるだけで、家族全員で閲覧することができます。

フォルダ共有で離れたところに住む祖父母へも

例えば、離れたところに住んでいるスマホに疎いジジババには安いiPadをフォトフレームとしてプレゼント。勝手にフォルダも更新されるので、いつでも孫の成長を眺めることができます。

つまりデジカメいらないという結論

だから、デジカメ持ってても使わないんすよ。マジでスマホ最高、、、と思っていたのですが。

結論が覆る時、それは動画撮影

いやぁ、私は大きな勘違いをしておりました。
デジカメ、というよりもスマホ撮影の限界を感じた出来事が先日、2件ありました。取り急ぎご報告します。

スポンサーリンク

保育園イベントはデジカメ必須イベントだった

我が子はまだ小さいのですが、保育園に通わせていただいております。先日、お遊戯会がありまして、鑑賞しに行ってまいりました。

保護者のガチカメラ展に圧倒

きっと都会に行くほど如実にその傾向は表れると思うのですが、保護者のカメラやばい。
どこの記者会見会場かと思いました。

うちはクソほど田舎なので、会場は多少ゆとりがありますし、子供の数が少ない=親の数も少ないので、都会に行くほど、会場が狭く人数は多くなり、人口対レンズカメラの割合もえげつないことになるのでしょう。

ちなみに、田舎だとジジババも見に行くから、実はそれなりに混み合うんですけどね。

場所取りは必須だが、争ってもいけない

こうなると、早めの場所取りも大事になってくるのですが、むしろ大事なのは「いかに波風立てずに、撮影しやすい場所をキープするか」ということになります。
この辺りのことは、遊戯会に必要なカメラのスペック記事を書きますので、そちらをご参照ください。

しかし、場所をとるにせよ、私のようなコミュ障くまは保育園カーストでも低下層で呼吸にあえいでいるくらいです。

とにかく周りの迷惑にもならないように配慮しないといけません。

スマホ撮影では、倍率に限界を感じたのでした。

陰ながら行われるカメラマウント

実は、ここで収入層も値踏みされてまして、やはり気合入ってお遊戯会にもおしゃれしていくようなセレビリティなファミリーにお近づきになるには、それなりのカメラを用意しておくことが大事です。

しろくまさん
しろくまさん

つまり、カメラの値段でマウンティングされるわけですね

あまりガチすぎてただのカメラ小僧だと思われるとそれはそれで距離を置かれるわけですが、さっと取り出したカメラが最高スペックのミラーレス一眼とかだとかっこいいですよね。(そんなことはない)

ちなみに、小さい子たちの撮影ではスマホ撮影結構いましたけど、年長さんくらいになるとみんなおっきなデジカメやビデオカメラで撮影しとりましたわ。

ぶちくま
ぶちくま

ありゃ、「うちの子と一緒に〇〇くんも写ってて、すごくいい写真だったから」って言って配るやつや。

スポンサーリンク

将来のことを考えたらデジカメ

スマホで撮影された画像や動画、だいたい見るのはそのままスマホで見ますよね。これ、意外と盲点で、将来、大損するかもしれません。

子供が見るときのデバイスも考えないといけない

私は、スマホで見ることを前提に、スマホで撮影しているから気づかなかったのですが。これ、結構危険です。

何故なら、スマホの形なんて、すぐに変わるから。みなさん、動画、スマホ縦持ちで撮影してやいませんか?

ジジがパパの子供の頃のビデオを見せてくれるの巻

子供が生まれると、孫の顔見せとしてしょっちゅう実家に帰るじゃないですか。

んで、実家に帰っても実際やることないし、そんなに会話もないから孫と戯れるかお菓子つまんでるかしかなくて、退屈で死にそうなんですよ。

それはいいとして、そんな状況に耐えかねたのか、うちのジジが昔のビデオをブルーレイに焼き直して見せてくれるというイベントが発生しました。

うちのジジ(私の父)は、割合ハイスペックで放っておいてもそういうことをやってくれるんですよね。

んで、まぁ、見ているとただの辱めではあるのですが、それなりに楽しいんですよね。

ぶちくま
ぶちくま

あっ、うちの子より俺が子供の頃の方が可愛い

とか、意外な発見が。。。

よめくま
よめくま

そんなことないで、そんなこと、本当に、ないで

ベビくま
ベビくま

だー!

どのデバイスで見るかはすごく重要

写真もビデオもそうなのですが、将来的に何で閲覧することになるか、はしっかり考えておいた方がいい。

冒頭でも触れましたが、スマホで撮影するとき、うっかり縦持ちで撮影しがちなんですよね。すると、それなりの画質であっても、テレビで見ると、なんだか残念な気持ちに

テレビなんかがうちの子供が大人になった時にまだ存在しているかは疑問ではあるものの、大画面の動画閲覧デバイス、テレビはどう考えても横長です。

動画や静止画のアスペクト比を考えよう

動画や写真に関しても、「子供が大きくなって見る時」のことを考えて、アスペクト比を考えた構成で撮影した方が良い、ということに気がついたのでした。

できることならなるべく高画質で保存

んで、ついでに子供が大人になった時に、つまり自分がおじいちゃんになって、孫と一緒に子供の小さい頃の動画を見るという場面を想定します。

20年後にVHSビデオデッキで見るつもりあるの

先ほど書いたように、私が子供の頃は8mmビデオカメラの時代だったと思います。新しい物好きの父がビデオカメラ欲しさに母を説得して最新のカメラを購入している姿が、今なら容易に想像がつきます。

ちなみに、友人が貸してくれたいかがわしいビデオ見たさに物置に侵入し古びたビデオデッキを発見して意気揚々と自室に持ち込んだところ、ビデオがデッキに入らず、そこで初めて「VHS」と「ベータ」のビデオ規格戦争が昔あったことを知りました。当然、いかがわしいものを見ることは叶いませんでした。ベータ規格のビデオデッキを恨めしく思ったものです。

高画質なら将来色々なデータ活用はできるかも

話は完全にそれましたが、昔のVHSを居間のテレビで見ると、「懐かしい雰囲気」を楽しむことはできますが、見づらいは見づらいです。

多分、我々が爺さんになっている頃には、居間の撮影スタイルで保存された動画記録も、同じように古めかしいものとして取り扱われることでしょう。最低でもVR。

なので、少しでも画像・動画のクオリティは高めておいた方がいいと思います。少しでも見やすいようにね。

高画質で撮ると容量オーバーで保管も金がかかる

由々しき問題ですが、高画質で撮影したものは、データとしてもものすごく嵩張ります。スマホでも、動画撮影するとすぐに容量いっぱいになっちゃいますよね。

例えば、外部のクラウドサービスを利用して保存している場合、動画じゃなく写真でも、高画質のものは圧縮して保存されている可能性があります。なので、本当は自分でNASなり外付けHDDなりで、高画質のまま保存していくことが望ましいですね。

大画面になると手振れで吐ける

あと、スマホで見ているとあまり気づかないのですが、大画面でスマホで撮影した動画を見ると、手振れがすごすぎて見てると画面酔いしてすごく気持ち悪くなります。

自分用で小さい画面で見ているうちはいいんですけどね。将来、少しでも大画面で見る可能性があるなら、この辺りも考えておく方がいいかも。

最近のスマホは、カメラレンズに手ぶれ補正がなくても、データ上で手振れを軽減してくれる処理がされているから、前ほど酷くはないんだけどね。

つまり子供のためにデジカメ入門することにした次第

というわけで、オススメのデジカメを見繕っているところです。

こどもが保育園に入ったら用意しておきたいおすすめカメラ

書きあがりました。保育園の発表会やお遊戯で使いたいカメラを、値段帯やパパママなどおすすめしたい人向けにまとめてみました。

お遊戯会・発表会で求められるデジタルミラーレス一眼カメラのスペック
子供のお遊戯会や発表会の撮影に必要なデジタルカメラについてひたすら解説しています。ママ向け、パパ向け、価格帯で選べるようにおすすめもまとめてみました。2019年に更新しています。
スマホやPCの故障が心配なら

故障が心配ならモバイル保険が便利


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

修理保証は実は無駄が多い

AppleCare+に代表される「端末故障に対する有料保証サービス」、あれよりもお得なのが「モバイル保険」です。

そもそも、端末修理保証というのは、言ってみれば故障に対する「保険」です。

iPhoneに限らず、端末の初期不良に対してはこう言った有料サービスに加入しなくても対応してもらえます。

しろくまさん
しろくまさん

iPhoneの場合は、AppleCare+に入らなくても1年間は保証期間があるしね

高額の修理費用はかなりの負担

とは言え、スマホに関しては常に故障のリスクが付きまといます。私はうっかりスマホを洗濯してしまったことが何度かあります。

例え有料保証に加入していても、過失による修理は一回で3万円くらいかかります。保証が使えなければ、ほぼ端末料金くらいの修理代がかかってしまうこともあります。

毎月少しのお金でスマホに保険をかけよう

というわけで、シンプルにスマホにはスマホにふさわしい保険をかけることにしました。

「モバイル保険」は月々700円で、年間最大10万円の保険金を受け取ることができます。

ぶちくま
ぶちくま

なんだ、高いじゃないか!

そう感じられたと思いますが、実は、WiFiにつながる端末であれば、1契約で3台まで登録することができます!

よめくま
よめくま

つまり、実質1台あたり233円!

契約者の家族端末でも保険にかけられるので、共有のタブレットやカメラ、ニンテンドーSwitchなんかを登録してもいいですね!

登録できる端末一例

  1. スマートフォン
  2. タブレット
  3. ノートパソコン
  4. スマートウォッチ
  5. 音楽プレイヤー(モバイル)
  6. 携帯ゲーム機(Switch含む)
  7. モバイルルーター


「モバイル保険」の詳しい情報をみる

 

ミラーレス
スポンサーリンク
ぶちくまをフォローする
スポンサーリンク
関連おすすめ記事



ぶちくまどっとこむ

コメント